スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


チャン・ツィイーって、清楚な感じでいいじゃん!

チャン・ツィイーって、そうですか、あの「至福のとき」に出ててた・・

この「至福のとき」は、ほんとに、いい映画です。

とにかく、泣けます、、感動します。

あんまり、ひとさまに、映画お勧めしないんですけど、サムライは、この「至福のとき」だけは
ダマされたと思ってでも、TUTAYA行ってでもいいんで、見てほしいですね・・

何度見ても、サムライは、泣いちゃいますね・・・

ほんとに、いいっすよ!

心が洗われます!!


▼至福のとき〜DVD▼


▼チャン・ツィイーと、オダギリジョーの「オペレッタ狸御殿」


▼あなたの自信回復に!「BD.X」効きます




▼チャン・ツィイーとは

章 子怡
チャン・ツィイー
出生 1979年2月9日(29歳)
中国・北京
職業 女優
各種表記
簡体字 章子怡
繁体字 章子怡
ピン音 Zh醇Fng Z醇by醇^
発音転記 チャン・ツーイー
英語名 Zhang Ziyi

章 子怡(チャン・ツィイー、簡体字: 章子怡, 署x音: Zh醇Fng Z醇by醇^。1979年2月9日 - )は、中国・北京出身の女優。中央戯劇学院表演科(大学本科)卒業。身長164cm。体重49kg。

中国では、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、徐静蕾(シュー・ジンレイ)、周迅(ジョウ・シュン)の3人を加え、四小名旦(四大若手女優)として知られている。

また日本では、"チャン・ツィイー"の表記が一般的である。 これは、発音記号であるピンイン "Zh醇Fng Z醇by醇^" を英語読みした場合の発音から来ているが、実際の中国標準語の発音は、どちらかというと "ヂャン・ヅーイー" に近い。

日本語吹き替え版では魏涼子が吹き替えることが多い。
目次
[非表示]

* 1 プロフィール
o 1.1 来歴
o 1.2 私生活
* 2 エピソード
* 3 主な出演作品
o 3.1 映画
o 3.2 テレビ
o 3.3 CM
* 4 脚注
* 5 外部リンク

[編集] プロフィール

[編集] 来歴

父は電信局職員で、母は幼稚園教諭。体が細かったため「丈夫になって欲しい」という母の勧めで8歳から舞踊を始め、11歳のとき北京舞踊大学附属中学に合格し、16歳で全国青年ダンス・コンテストで優勝した。中学校卒業後、北京の名門演劇学校中央戯劇学院に入学。1994年に全国桃李杯舞踏コンクールで演技賞を受賞した。

1996年に『星に願いを〜星星点灯』(放送時は『蛍火』)の主役で女優としてデビュー。1999年に張芸謀(チャン・イーモウ)監督の映画『初恋のきた道』で語り手である青年の母(この映画の主人公)を演じ、映画初出演を果たす。この作品が第50回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したことから、脚光を浴びるようになる。

アカデミー外国語映画賞を受賞した『グリーン・デスティニー』、ジャッキー・チェンやクリス・タッカーと共演した映画『ラッシュアワー2』でアジア以外の国々でも広く知られるようになり、国際的な知名度を得るようになる。

2005年にロブ・マーシャル監督の映画『SAYURI』で主演を務め、ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。翌年の第59回カンヌ国際映画祭では審査員を務めた。

俳優以外の活動では、メイベリンやシャングリラホテルなどの広告塔や「関愛児童組織(Care for Children)」という慈善事業を行っている[1]。

2008年8月に開催された北京オリンピックの公式サイトの特派員記者を務め[2]、また大手ポータルサイトの搜狐(SOHU)の派遣により、同年3月末にギリシャのオリンピア遺跡で行われた聖火採火式のリポーターを務めた[3]。

[編集] 私生活

過去に香港のビジネス王ヘンリー・フォックの孫(Fok Kai-shan)と交際していた。2007年5月からはニューヨークで投資会社を経営するイスラエル人のヴィヴィ・ネヴォと交際しており、2008年7月に婚約を発表[4]。このヴィヴィ・ネヴォは映画会社ワインスタイン・カンパニーの株主であり、今後ワインスタイン・カンパニーで彼女の主演作が3本制作される[5]。

[編集] エピソード

* 『ラッシュアワー2』撮影時は英語が話せず、ジャッキー・チェン等に通訳してもらいつつ撮影に臨んだ。また、共演者だったロセリン・サンチェスから英語を習おうとしたが、ロセリンから「私の英語は訛りがあるから、真似するとハリウッドで仕事がなくなる」と言われ、断念したこともある。その後英語の必要性を痛感し、後に勉強を始めて約2年間で習得した。また、エミネムの曲を聴いて英語を覚えたと発言している。
* 大変なマスコミ嫌い。以前映画のプロモーションのために複数のインタビューを受けたが、どのインタビュアーも妊娠説[6]や張芸謀との恋愛の噂などばかりを質問したために、報道関係に不信感を持っている。また、近年は中国国内においても「無断で写真を撮影しない」「交際している富豪に関する質問はしない」など10以上の細かいルールに従うという契約書にサインしなければ取材には応じないハリウッド形式の取材方法をとっている。単に興味本位の質問は嫌うためであるとされるが、このことでより一層、彼女の発言や本音が聴ける機会が少なくなった。
* 2005年には、当時交際していた香港人の男性が北京の清華大学に北京語を学ぶために留学していたため、大学の寮によくお忍びで会いに来ていたという目撃情報が多数あった。
* 2007年9月、香港政府による住民拡大制度「優秀人材入境計画」に申請し、香港の居住資格を取得した。と報じられた[7]。
* 2008年2月6日から7日にかけて行われた「春晩(=春節聯歓晩会)」で「天女散花」という歌をソロで歌った[8]。この春晩は、春節(=旧正月)の年越しに放映される番組で、中国国民のほとんどが見るといわれている。また登場する際、テロップが中国語の発音では同じの「張子怡」になっていた。とも報じられた[9]。

[編集] 主な出演作品

[編集] 映画

* 初恋のきた道 我的父親母親 (1999)
* グリーン・デスティニー 臥虎藏龍 (2000)
* ラッシュアワー2 Rush Hour 2 (2001)
* 天上の剣 The Legend of ZU 蜀山傳 (2001) ※日本では劇場未公開
* MUSA -武士- 무사 (2001)
* HERO 英雄 (2002)
* パープル・バタフライ 紫蝴蝶 (2003)
* ザ・ブライド 花嫁はギャングスター2 조폭 마누라 2 (2003) ※日本では劇場未公開
* LOVERS 十面埋伏 (2004)
* 2046 2046 (2004)
* ジャスミンの花開く 茉莉花開 (2004)
* オペレッタ狸御殿 狸御殿(2005)
* SAYURI Memoirs of a Geisha 、藝伎回憶錄(2005)
* 女帝[エンペラー] 夜宴 (2006)
* ミュータント・タートルズ -TMNT- TMNT 、忍者神龜(2007) ※声の出演(女忍者kara役)、日本では劇場未公開

[編集] テレビ

* 星に願いを〜星星点灯 星星点灯 (1996) ※放送時は『蛍火』

[編集] CM

* 花王 「アジエンス」 (2003 - 2006)

[編集] 脚注

1. ^ 中国情報局 (2007年12月12日). "チャン・ツィイー、里親チャリティーに参加" 2008年8月15日 閲覧。
2. ^ 中国情報局 (2008年3月25日). "チャン・ツィイー、聖火リレーをアテネからレポート" 2008年8月29日 閲覧。
3. ^ 中国情報局 (2008年3月24日). "北京五輪採火式:リポーター、チャン・ツィイー登場" 2008年8月29日 閲覧。
4. ^ 中国情報局 (2008年7月15日). "チャン・ツィイーついに婚約、恋人が認める" 2008年8月15日 閲覧。
5. ^ VOGUE.com (2006年6月20日). "ワインスタイン兄弟がチャン・ツィイーと大型契約" 2008年8月15日 閲覧。
6. ^ レコードチャイナ (2007年3月28日). "ひょっとして妊娠?ふっくらしたチャン・ツィイー" 2008年8月15日 閲覧。
7. ^ 中国情報局 (2007年9月17日). "チャン・ツィイー:香港の居住資格取得、活動の幅拡大" 2008年8月29日 閲覧。
8. ^ 中国情報局 (2008年2月7日). "ツィイーの歌はちょっとツライー!「中国の紅白」出場で" 2008年8月29日 閲覧。
9. ^ 中国情報局 (2008年2月20日). "チャン・ツィイー「中国の紅白」で名前間違えられる" 2008年8月29日 閲覧。

[編集] 外部リンク

* Official Website(中国語)
* Zhang Ziyi - Internet Movie Database(英語)
* チャン・ツィイーのイメージ検索 中国語サイトでのニュース写真、壁紙など
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






JUGEMテーマ:芸能



ユマ・サーマンって、誰?・・ああ、キル・ビルの、、なら、BD.X必要っしょ!

ユマ・サーマンって、誰やねん??

って思ったし、写真見ても、「だれ???」ちゅう感じでした・・正直なところ、、

でも、下の記事で「キルビル」主演の!!!

あの、女優さん!!!

で、はっきり分かりましたねえ!!

キル・ビル、、言わずと知れた、鬼才タランティーノの、傑作・バイオレンス映画!!

この映画、キル・ビル、、、サムライ大好きだな〜〜

でも、主演女優の名前も知らないんじゃ、本物のファンに怒られそうじゃ!!

千葉真一の演技も良かったし、栗山千明のバトル・ロワイヤル真っ青のこわ〜〜い女子高生も印象的でしたねえ。。

でも、このユマ・サーマンって、キル・ビルVol.1の時、ほんとに妊娠して、撮影が1年も延びたって知らんかった・・

まあ、実生活でも、3度目のご結婚おめでとさん・・だけど、

キル・ビルに出てくるユマ・サーマンみたいに、不死身な女性と結婚するなら、夜は、絶対、これ

必要ね、、そうBD.X、、男のアソコを大きく強くする、ペニス増強サプリ!!

BD.X、あなたも、どうぞ!!

BD.Xの詳しい情報は、下記画面をクリックしてね!▼



◆ユマ・サーマンがスイス人の富豪と3度目の結婚へ

ユマ・サーマンがスイス人の富豪と3度目の結婚へ
【ロサンゼルス28日AFP=時事】米芸能誌ピープル(電子版)が27日報じたところによると、映画「パルプ・フィクション」や

「キル・ビル」シリーズなどで知られる米女優ユマ・サーマンさんがスイスの投資家で富豪のアーパッド・ブッソン氏と婚約した。

 サーマンさんの代理人が2人の婚約を確認した。

サーマンさんは3度目の結婚となる。最初、英俳優のゲーリー・オールドマンさんと結婚したが1992年に離婚。

その後、俳優のイーサン・ホークさんと再婚して2人の子供をもうけたが2003年に離婚した。


 ブッソン氏は05年まで交際していたスーパーモデルのエル・マクファーソンさんとの間に子供が2人いる。

(6月29日11時3分配信 時事通信)



◆キル・ビルとは

キル・ビルはアメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督、ミラマックス配給。

2本の作品であり、キル・ビル Vol.1(Kill Bill: Vol.1)は、2003年10月10日アメリカ公開。日本公開は10月25日。

キル・ビル Vol.2 (Kill Bill: Vol.2, 邦題:キル・ビル Vol.2 ザ・ラブ・ストーリー) は2004年4月16日アメリカ公開。日本公開は4月24日。

目 次


* 1 概要

* 2 キル・ビル Vol.1
o 2.1 あらすじ
o 2.2 エピソード
o 2.3 オマージュ

* 3 キル・ビル Vol.2
o 3.1 あらすじ
o 3.2 エピソード
o 3.3 オマージュ

* 4 テレビ放送

* 5 スタッフ

* 6 登場人物・キャスト

[1] 概要

* 当初はVol.1とVol.2がひとつの映画になる予定だったが、上映時間が長すぎるということで結局は2本の作品になった。

* 主演のユマ・サーマンが撮影中に妊娠し、キル・ビル Vol.1の撮影が1年ほど延期された。

* Vol.1では残酷なシーンを廃止させて全年齢指定にした「欧米公開版」と、15歳未満上映禁止・残酷なシーン解禁・オープニングに深作欣二に対して哀悼の意を述べている「アジア公開版(ジャパニーズバージョン・完全版)」があるのが特徴のひとつである。

DVDについては、完全版がアメリカで発売されなかったために、一部のファンから反感を買ったといわれる。

Vol.2では日本版や海外版などもなく年齢制限もなくなっている。


* 登場人物の過去をアニメーションで描いていることも話題を呼んだ。

アニメパートを制作したProduction I.Gは、事前連絡もせずに突然会社に訪れたタランティーノのオファーを最初は断っていたが、タランティーノの熱意に押されてアニメパートの制作を決めた。

こちらのアニメパートは「第9回AMD Award/Digital Contents of the Year '03」で「Best Visual Designer」を受賞している(タランティーノが、I.G制作の『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の大ファンだったため、アニメパートを依頼した)。

* Vol.1の舞台は日本、Vol.2の舞台はメキシコ・南アメリカ・中国(回想シーン)である。

注意:以降の記述で物語・作品に関する核心部分が明かされています。


[2] キル・ビル Vol.1
キル・ビル
Kill Bill Vol.1
監督 クエンティン・タランティーノ
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
エリカ・スタインバーグ
イー・ベネット・ウォルシュ
製作 ローレンス・ベンダー
脚本 クエンティン・タランティーノ
出演者 ユマ・サーマン
音楽 レザ
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 サリー・メンケ
配給 ギャガ=ヒューマックス
公開 2003年
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
フランス語
制作費 $55,000,000 (概算)
興行収入 $70,098,138 アメリカ合衆国の旗
次作 キル・ビル Vol.2

[2−1] あらすじ

妊娠を機に殺し屋稼業から足を洗った主人公ザ・ブライドは結婚式の最中、属していた殺し屋組織のボスであるビルとその配下である4人の殺し屋から襲撃を受ける。

夫を殺され、妊娠していた自身も凄惨なリンチにより、4年間の昏睡状態に陥るほどの重傷を負わされる。

昏睡から目覚めたザ・ブライドは、ビルと4人の殺し屋への復讐に動き始める。


[2−2] エピソード

* 日本が舞台ということで、ユマ・サーマンやルーシー・リューはカタコトの日本語をしゃべっている。

特にリューの「ヤッチマイナァ!」という台詞はテレビなどでよく聞くことになった(更に日本におけるDVD発売時のTVCFでは「カ(買)ッチマイナァ!」とされていた)。



* 服部半蔵役の千葉真一が女優たちに日本刀の指導をしたが、殺陣のシーンでは呼ばれず、千葉抜きで撮影された。

オーレン石井が履物を脱ぐのは千葉のアイデア。


* 本作撮影の為に来日したタランティーノに北村一輝が直接出演交渉をして同映画に出演(2役)させてもらった。


* やはり来日した際にTHE 5.6.7.8'Sの生演奏を見て本作で演奏舞台を作りそこで生演奏をさせた。


* 劇中に出てくる「Pussy Wagon」という車はタランティーノの私物。


* 主要の出演女優にはタランティーノが用意した日本映画やアニメを見せて、本作のイメージを理解させた。


* タランティーノがまずユマ・サーマンに観せた映画はジョン・ウーの「狼/男たちの挽歌・最終章」である。


* テーマ曲の『新・仁義なき戦い』を利用する際には、作曲者の布袋寅泰に使用の承諾を取りに行ったところ、布袋側から「それなら新曲を作成する」と逆に申し出られた。

しかしタランティーノは辞退し、そのまま『新・仁義なき戦い』をテーマ曲として使った。

* クレイジー88構成員役の田中要次は、後にTVドラマ『マイ★ボス マイ★ヒーロー』でユマ・サーマンが着用した服と同じ柄のジャージを着用している。

* タランティーノはLily Chou-Chou(現:Salyu)の『回復する傷』に非常に惚れ込み、同曲を挿入曲に使用した。

* 千葉真一は役名が服部半蔵であることに躊躇したが、監督に押し切られた。

* タランティーノは、三池崇史監督の『殺し屋1』を見て、田中親分役に國村隼、弁田親分役に菅田俊、青葉屋の女主人役に風祭ゆきの起用を決めた。

* GOGO夕張が最期に血の涙を流すのは栗山自身のアイデア。

* 日本では廃刀令が無くなっているという設定であり、飛行機内には刀ホルダーがあり、バイクに刀を差して走行するシーンがある

(これらについてタランティーノは、本作は自分が10代の頃に見た映画の記憶だけで作った作品であり、実際と比較されても困る、と雑誌のインタビューで冗談めかして語っている)



[2−3] オマージュ


Vol.1は日本映画へのオマージュが多い。例を挙げると−

* GOGO夕張を演じる栗山千明に、彼女の出演作である『バトル・ロワイアル』のシーンを再現させた。

* GOGO夕張の名はタランティーノが参加し楽しんだという夕張映画祭と、『マッハGoGoGo』からとられた。

* 『修羅雪姫』(梶芽衣子版)を彷彿とさせるシーンが多い。

* 梶芽衣子の『修羅の花』を挿入歌、『怨み節』をエンディングソングに起用した。

* 「オーレン・石井」の名は、タランティーノの好きな日本人映画監督がイシイばかり(石井輝男、石井聰亙、石井隆、石井克人)なのと、『影の軍団IV』の登場人物(お蓮)から。

* ブライドがヴァニータを倒したあとに千葉真一のナレーションは『柳生一族の陰謀』のオマージュである。

* 半蔵の弟子が師とのやり取りの中で言う「ハゲじゃない、剃ってるだけ」は、大葉健二が劇場映画版『コータローまかりとおる!』で演じた天光寺輝彦のセリフに因んでいる。

* 東京に向かうブライドの乗る旅客機が夕焼けに染まる空を飛ぶシーンは東京/調布の日活スタジオで撮影され「吸血鬼ゴケミドロ」からの引用で、コックピットのショットへの切り返しもそっくりである。これには東宝映画のゴジラチームのミニチュア特撮班が抜擢された。



香港・台湾映画のオマージュも多い。


* オープニングでファンファーレとともに現れるSBのロゴマークは、タランティーノのお気に入りである香港の映画会社ショウブラザース社のものである。

なお、日本では未発売であった同社の映画DVDは『キル・ビル』公開後キングレコードからリリースが決定し、本作品の影響度を証明することとなった。

* ジョニー・モーに扮するゴードン・リューは、かつてショウブラザースの看板俳優であった。

* GOGO夕張の使う武器は、ジミー・ウォング(王羽)主演の『片腕カンフー対空とぶギロチン』に登場する「血滴子(英名:空とぶギロチン)」のオマージュであり、効果音もそのまま使われている。

また『片腕カンフー対空とぶギロチン』のオープニングテーマの『NEU!』の曲も劇中で使用されている。


* ショウブラザース社の代表的カルトカンフー映画『五毒拳』は、猛毒を持つ動物の名を冠した武術を使う五人の拳士が主人公である。

本作ではこの設定から毒蛇暗殺団が生まれ、また作品中のサウンドエフェクトにも『五毒拳』からの流用が見られる。

* ファイトシーンにもショウブラザースの影響が見られる。ブライドとヴァニータのナイフバトルの元ネタは、カンフー映画『ヴェンジェンス 報仇』、ブライドの床上回転斬りは『新片腕必殺剣』が元ネタである。


* ブライドが着用する黄色いトラックスーツはブルース・リーへのオマージュである。



[3] キル・ビル Vol.2

キル・ビルvol.2
Kill Bill: Vol. 2
監督 クエンティン・タランティーノ
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
エリカ・スタインバーグ
イー・ベネット・ウォルシュ
製作 ローレンス・ベンダー
脚本 クエンティン・タランティーノ
出演者 ユマ・サーマン
音楽 レザ
ロバート・ロドリゲス
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 サリー・メンケ
配給 ギャガ=ヒューマックス
公開 2004年
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
中国語
スペイン語
制作費 $30,000,000 (概算)
興行収入 $66,207,920 アメリカ合衆国の旗
前作 キル・ビル
allcinema
Variety Japan
allmovie
IMDb
表示

[3−1] あらすじ

ザ・ブライドは結婚式を襲撃してきた4人の殺し屋の内、オーレン石井とヴァニータ・グリーンの2人に復讐を果たした。

残った2人、ビルの実弟で現在は酒場の用心棒として働いているバドと、ビルの現在の愛人であるエル・ドライヴァー、そして結婚式襲撃の首謀者と思われるビルに復讐するため、ザ・ブライドはまず手始めにバドが住んでいるテキサスの地へ向かう。

[3−2] エピソード

* 当初パイ・メイは監督本人が演じる予定だったが、アクションができないためゴードン・リューが演じることになった。

* Vol.2では、ビルとザ・ブライドとの恋愛話やザ・ブライドの本名など前作では語られなかったシーンなどがある。

* タランティーノの頭の中には、"Vol.2"から10年後の世界を描く"Vol.3"があるという。

"Vol.3"は、GOGO夕張の双子の片割れ(本編には登場していない)、ヴァニータ・グリーンの娘ニッキ、暗殺集団のボスになった盲目のエル・ドライバーの話になるとダリル・ハンナは語っている。

なお、GOGO夕張の双子の片割れは柴咲コウを予定して脚本も作られていたが、上映時間の関係上、撮影前に削除された。柴咲が断ったためとも言われている。

* エンディングソングは『キル・ビル Vol.1』でも起用されていた、梶芽衣子の『怨み節』である。エンディングの後に数秒のNGシーンが収録されていた。

* 前作とは対照的に全体的にシリアスな映画となっている。この点は監督が「アクションを抑えて、ラブストーリーを描いた。

一作目とは違う映画だとして観て欲しい」との旨を述べている。そのため全体的な評価は安定しているものの、独特なアクションシーン演出に魅せられた前作ファンの評価はやや厳しい。


[3−3] オマージュ

* パイ・メイはショウブラザース社の映画シリーズでロー・リェが演じた白眉道人へのオマージュである。

服部半蔵と同じくこのパイ・メイも史実を無視しており、実際は明末清初に実在した人物である。千年前に生きていたというのは無論間違い。

* ズームアップしたときにカメラのピントがずれる部分も含め、パイ・メイ修行編のほとんどがショウブラザース社製カンフー映画へのオマージュである。

* ブライドとエルのトレーラー内での対決は、『ジャッカス』へのオマージュであるが、フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラをアクションの参考にするよう二人に見せた。


[4] テレビ放送

* 自主規制強化される中、テレビ放送は不可能と思われたが、日本テレビと大阪朝日放送(ABC)が日本公開版をローカル枠深夜でノーカット放送し

ファンから喝采をあびた。


[5] スタッフ

* 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ

* 制作:クエンティン・タランティーノ、ローレンス・ベンダー

* アニメーションキャラクターデザイン:石井克人、田島昭宇

* アニメーション美術監督:西田稔

* 美術監督:種田陽平、デヴィット・ワスコ、ツァオ・ジュウピン

* 武術指導:ユエン・ウーピン

* 音楽:The RZA、ロバート・ロドリゲス

* 照明:(日本篇のみ)中須岳士


[6] 登場人物・キャスト

Vol.1

* ザ・ブライド/ブラック・マンバ:ユマ・サーマン

ビルとその部下らに対し復讐に燃える女。本名が分かるのはVol.2から。コッパーヘッドとの立ち回りや、オーレン石井と対峙した時に本名が語られてはいるが、この時音声は消されている

(冒頭でビルが彼女と対話する際に姓を呼び、空港での航空券にはフルネームが明記されている)。


* オーレン石井/コットンマウス:ルーシー・リュー

米軍基地生まれの中国系アメリカ人と日本人のハーフで、女殺し屋。日本刀の使い手で、狙撃も得意。

ブライドが昏睡状態に陥った後、ビルの協力により東京を仕切るヤクザの親分に成長した。

なお、祖先や自分の出身国、国籍に関して他のヤクザから揶揄された際、そのヤクザを秒殺した事から、ヤクザたちの間ではその話題はタブーとなっている。

英語が母語であり、日本語があまり上手ではないので、簡単な事は日本語で話すが、難しい事は弁護士兼通訳のソフィーに通訳をしてもらっている。


* ビル:デビッド・キャラダイン

世界最強の暗殺集団DiVASを従え、殺し屋界の頂点に君臨する男。ブライドの結婚式場を部下と共に襲うように指示した男。その真意が分かるのはVol.2から。


* エル・ドライバー/カリフォルニア・マウンテン・スネーク:ダリル・ハンナ

元CIAの碧眼・隻眼の女殺し屋。毒を使った暗殺、だまし討ちが得意。性格は極めて残虐で、ブライドとは自他共に認める犬猿の仲。


* ヴァニータ・グリーン/コッパーヘッド/ジーニー・ベル:ヴィヴィカ・A・フォックス

ナイフを持たせたら右に出る者はいないと言われる女殺し屋。ブライド昏睡後に殺し屋稼業を辞め、医者と結婚し、娘・ニッキーを生む。


* バド/サイドワインダー:マイケル・マドセン

ビルの実弟で、DiVAS唯一の男性メンバー。刀の使い手で、ビルから服部半蔵の刀を貰うほどの実力がある。


* 服部半蔵:千葉真一

『影の軍団』シリーズの主人公で伝説の殺し屋・刀鍛治。

彼の打った刀は高い実力を持つ殺し屋で無ければ授かれないため、殺し屋たちの中である種のステータスになっている。

現在は引退し、マズい寿司屋を沖縄で経営している。ブライドの依頼で彼女のために刀を打つ。


所々セリフを噛むシーンがあるが、これはこの映画に頻出するB級映画らしさを狙った故意の失敗演出の一つであるとされている。


* GOGO夕張:栗山千明

オーレン石井のボディガードをしている女子高生で、性格は好戦的で冷血。本名は不明。

長い鎖で棘付の鉄球(フレイル型のモーニングスター)を振り回す、「ゴーゴーボール」という武器を使う。

短刀にストラップを付けている所が女子高生らしい。高校生ながら日本酒を一升瓶でラッパ飲みし、車の運転もする。


* ジョニー・モー:リュー・チャーフィー(ゴードン・リュー)


オーレン石井の部下。オーレン石井直下の殺人集団、クレイジー88を指揮する。


* ソフィ・ファタール:ジュリー・ドレフュス

オーレン石井率いるヤクザ組織のNo.2であり親友でもある、弁護士及び通訳。

フランスと日本のハーフ。携帯電話で話している時が多く、教会でのザ・ブライド虐殺の現場でも携帯電話で平然と他人と話すという、

クール過ぎる一面を持つ。着メロは「蛍の光」。

作中では紺のZ32型フェアレディZ(初期型)に乗っている事が多い。


* 半蔵の弟子:大葉健二

服部半蔵のマズい寿司屋でずっとお茶くみばかりやらされているスキンヘッドの男。

半蔵が刀を打つときにもちゃんと助手として付き従っている。

寿司屋での千葉真一とのやりとりは二人の完全なアドリブ。クレジットでは“Bald man(=はげの男)”という表記であったが、

設定上は「シロー」という名前がある。


* 田中親分:國村隼

オーレン石井が半分外国人の血を引いている為(母親が中国系アメリカ人)、杯を交わす際に反発し、オーレン石井に見せしめのために

首を切り落とされる。

ちなみに切り落とされた首の人形であるが、のちに國村自身が持ち帰り首供養したらしい。


* 小澤親分:麿赤児

* 弁田親分:菅田俊

* 小路親分&クレイジー88構成員(2役):北村一輝

* クレイジー88構成員:田中要次

* クレイジー88構成員:真瀬樹里

* クレイジー88構成員:高橋一生

* 青葉屋の女主人:風祭ゆき

* チャーリー・ブラウン:佐藤佐吉

* アニメパート/子供時代のオーレン・イシイ(声優):前田愛

* アニメパート/松本親分(声優):楠見尚己

* アニメパート/プリティ・リキ(声優):緑川光

* クレイジー88構成員のひとり:クエンティン・タランティーノ


一瞬のため非常に確認しづらいが、倒れている大柄な構成員がタランティーノ自身である。

ほかのメンバーが黒髪が多い中、彼は濃いブラウンの髪色であるため、頭部や彫りの深い顔立ちに注目して探すと発見しやすいと思われる。

このクレイジー88版タランティーノはフィギュア化もされている。

ちなみに緑色の看護師服装をしたタランティーノのスチル写真もあるがこの姿での出番は無い。


Vol.2


* ザ・ブライド/ブラック・マンバ:ユマ・サーマン

復讐に燃える女。


* ビル:デビッド・キャラダイン

長身白髪の紳士。ブライドのかつての恋人であり師匠。


* エル・ドライヴァー/カリフォルニア・マウンテン・スネーク:ダリル・ハンナ

隻眼の女殺し屋。残虐非道で打算的。


* バド/サイドワインダー:マイケル・マドセン

ビルの実弟。ブライドの事件以降ビルと袂を分かち、酒に溺れ居酒屋の用心棒に身をやつす。


* バイ・メイ:ゴードン・リュー

ブライド、ビル、エルの中国拳法の師。数百年生きていると噂されている。

傲岸不遜な性格で、女とアメリカ人が嫌い。長いあご髭をなでる癖がある。


* エステバン:マイケル・パークス

ビルの過去を知る唯一の男。


* オルガン奏者:サミュエル・L・ジャクソン

ブライドの結婚式の打ち合わせの時に来ていたオルガン奏者。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





JUGEMテーマ:芸能


JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス



ダミアーニ銀座旗艦店が移転オープン、ソフィア・ローレンも祝福

イタリアが生んだ、世界の大女優、、ソフィア・ローレン!なんだか、とっても久し振りに見た気がしますね・・

74歳には、見えませんね、、ソフィア・ローレンって言えば、サムライがたしか中学生の頃、みた「ひまわり」の画面いっぱいに広がる、ひまわり畑のシーンがあまりにも印象的でしたね〜〜、

当時は、カトリーヌ・ド・ヌーブなんかも一世を風靡してましたね・・アラン・ドロンと、「リスボン特急」なんて映画で共演してたりして、

そいうえば、ソフィア・ローレンも、MM、、マルチェロ・マストロ・ヤン二なんかと良く共演してたような、、

古いお話ですな〜〜


ソフィア・ローレンとは

ソフィア・ローレン(Sophia Loren、1934年9月20日 - )は、イタリアの女優。本名はソフィア・ヴィラーニ・シコローネ (Sofia Villani Scicolone) 。

アレッサンドラ・ムッソリーニは妹アンナ・マリアの娘である。美貌は「イタリアの太陽」と称えられた。本来はローレンよりもロレーンに近い発音である。

・プロフィール

イタリアの首都であるローマで、ロミーダ・ヴィラーニとリカルド・シコローネの間に生まれた内縁の子であった。

幼少時はナポリ近郊のポッツオーリで貧困の中成長し、1950年代初頭にヨーロッパ映画に端役として出演した。

その当時の芸名はソフィア・ラッツアーロであった。彼女は後の夫となるカルロ・ポンティに見いだされ、彼の制作する多くの映画に出演した。

彼女の初期の主演作の一つは、1953年の『Due notti con Cleopatra』であった。同作は他の初期主演作と同様に、彼女の肉感的な体を強調した物であった。

さらに幾つかの作品にはトップレスで出演した。それらの作品は当時のヨーロッパでは受け入れられたが、イギリスやアメリカではそのような場面はカットされた。

彼女は1951年にハリウッドの超大作『クオ・ヴァディス』に端役で出演したが、1957年の『島の女』が公開されると彼女は国際的スターと見なされるようになった。

この作品において、彼女の水に濡れて体のラインが浮き立つシーンは象徴的であった。

彼女はその初期のハリウッド作品『楡の木蔭の欲望』(ユージン・オニールの演劇)、『月夜の出来事』(ケーリー・グラントとのロマンティック・コメディ)、『黒い蘭』(アンソニー・クインとのロマンチック・ドラマ)でセックスシンボルとしてだけではなく、演技力と喜劇的な実力をも証明した。

ケーリー・グラントとは恋愛関係にあったことを、のちに発表した自伝「生きて愛して」で公表した。

1960年代までに、ローレンは世界で最も人気のある女優のうちの一人としてハリウッドとヨーロッパの両方で作品に出演した。

1960年の『ふたりの女』でアカデミー主演女優賞を受賞。同年公開の『求むハズ』では共演のピーター・セラーズとのロマンスが報じられた(彼女は否定している)。

この作品のプロモーションでローレンとセラーズは共にアルバムをレコーディングした。

ローレンは喜劇王チャーリー・チャップリンの作品に出演したことがあり、マーロン・ブランドと夢の共演を実現した。

その作品『伯爵夫人』(1967年)は既にチャップリンがアメリカ即ちハリウッドを追放された後にイギリスで製作、公開された作品であまり知られていない。

長い間、妻のいるカルロ・ポンティとは不倫の間柄だったが、彼の離婚が成立した1972年に正式に結婚した。

二人の息子がいる。ポンティの脱税容疑事件の後、ジュネーヴに住んでいる。事件でイタリア当局に没収されていたポンティ所有の絵画を、遺産として取り戻すとして裁判を起こした。

2006年、トリノオリンピックの開会式でオリンピック旗を掲揚する際の旗手を務めた。

SSCナポリの熱心なサポーターである。セリエA昇格が期待される2007年には「SSCナポリが昇格したらストリップショーを開いてもいい」と発言した。

日本でも彼女は大人気で、日本のCMに出演したことがある。また、来日もしており、過去の来日時には今川焼きがとても気に入ったそうである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


中国警察当局、人気女優ヌード写真流出で10人逮捕

もう、またまた、香港映画界、芸能界を大騒動に巻き込んでいる、人気女優、人気歌手らのいやらしプライベート写真のネット流出事件についてじゃいな。。。

そろそろ、騒ぎが収まってもいいんじゃねえ、、って腐食気味なのは、オイラだけでしょうかねえ、、

でも、下記のケリー・チェンのコメントは、被害者なのに、ずいぶんとしっかりした内容に思えるねえ、、

そう、この問題は、インターネットが世界中に普及してて、誰の、どんなプライベート写真や、動画が、いつ、どんな形で、世界中に「配信」されてしまうかもしれないちゅうう、まさに深刻な社会問題をはらんでるよね、、

そう、あなたも、私も、隣のみよちゃんの、プライベート写真がいつネット上を飛び交うかも分からないってことさ、、

まあ、でも、オイラの入浴シーンの動画が、万が一、ネット上を流れても、誰も関心しめさないだろうし、こんな問題にもなんねえよな、、あったりまえだ!!

でも、若き女性は、気をつけた方がいいよね、有名じゃなくたって、彼氏に、あられもない姿の写真や動画なんて間違っても、撮らせないこったね!!


<写真流出>ケリー・チャン、エディソン引退に大賛成!「責任重大」厳しく批判―台湾

21日、主演映画「江山美人」のPRのため、台湾を訪れているケリー・チャンが、当日行われたエディソン・チャンの謝罪会見について語った。

2008年2月21日、主演映画「江山美人」のPRのため、台湾を訪れているケリー・チャン(陳慧琳)が、当日行われたエディソン・チャン(陳冠希)の謝罪会見について語った。

一連の「わいせつ写真流出事件」で21日、雲隠れしていた「主役」のエディソンが初めてメディアの前で謝罪し、芸能界からの引退を表明した。

エディソン会見について、ケリーは「引退が彼なりの罰で、それで心が安らぐのなら、いいことじゃない?」と話し、賛成と理解を示した。【 その他の写真 】

今回の流出事件について、「エディソンだけの罪じゃない。これは、深刻な社会問題」と眉をくもらせたケリーは、「エディソンには、自分の行為の重大さをよく考えてほしい」と、手厳しい意見を述べている。

また、今回流出したような露出写真を、“恋人に撮らせるのはOK?”と質問されたケリーは、「やめてよ!ありえないわ!」と、大きく手を振って否定していた。(翻訳・編集/Mathilda)
2月22日17時27分配信 Record China





女優ヌード流出事件、俳優エディソン・チャン、香港映画界から引退を宣言

えっ!「インファナル・アフェア」の、あの青年警官役だった、エディソン・チャンが
香港人気女優やら歌手やら7人との、あられもない写真を撮った張本人だったなんて!!

インターナル・アフェア、、大ファンだったんで、オイラ物凄いショックじゃ!!
ううううん、エディソン・チャンが、この件で、責任を取って、香港映画界ちゅううか、
全てのエンターテイメント界から、無期限に引退するなんて、更にショックじゃいな・・

無間道・・インターナル・アフェアの原題は、そうたしか、「ムゲンドウ」=「無間道」
だった。。詳しい意味は知らんが、インターナル・アフェアが大ヒットしてた頃、香港に出張して地元の香港人の友人に、飲みながら、映画の話になって、「ム・ゲン・ドウ」って言うんだよ・・

と教えてもらったのを、昨日のことのように、思い出す。

ありゃ、本当に、いい映画で、面白かった。。

どっちにしても、エディソン・チャンが、今回の騒動の責任を取って完全引退するってのはある意味、とっても潔いけど、一方で、何もそこまでしなくったって・・という思いも強いね、、

1ファンとしちゃあ、さあ・・

確かに、7人もの人気美人女優やら、人気歌手との、やらしい関係を、写真や、動画(きっと)に撮ること自体、どうなのよ?? このスケベ野郎が・・羨ましい、、(??)

って感じだし、写されて、インターネットで世界中(?)にばら撒かれちゃった、本人や家族は表を歩けないくらい、中国や香港じゃ衝撃的なショッキングな事件で、彼女らを深く傷つけたのも事実だろう。

でも、ちょっと待てよ、確かにエディソン・チャンは、悪いけど、何も犯罪行為を犯した
訳じゃないんだろう、、これが、万が一にも、「故意に、インターネット上に自分でばら撒いた」ってなら問答無用の無間道だけど、そうじゃないんだから、当面の芸能活動の自粛、、レベルの謝罪の仕方でもいいんじゃねえか、ってサムライは思うけどね・・


インファナル・アフェア
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『インファナル・アフェア』(無間道)(音読み:むけんどう)は、2002年の香港映画で、「香港ノワール(香港製犯罪映画)」の代表的作品である。監督はアンドリュー・ラウ。2003年10月11日日本公開。

インファナル・アフェアは、その後3部作のシリーズとして製作された。

インファナル・アフェア (1作目: 原題 『無間道 Infernal Affairs』 2002年・香港)
インファナル・アフェア 無間序曲 (2作目: 原題 『無間道 Infernal Affairs II』 2003年・香港)
インファナル・アフェアIII 終極無間 (3作目:原題 『無間道掘Ы極無間 Infernal Affairs III』 2003年・香港)

・ストーリーと概要
潜入捜査官としてマフィアに入り込むヤン(トニー・レオン)と、そのマフィアから警察に潜入するラウ(アンディ・ラウ)の物語。マフィアの人間に染まりながらも本来の自分に戻ろうとするヤンと、組織を裏切り本来の自分を捨てて善人になろうとするラウが対照的に描かれている。

本作品の脚本は世界各国から高い評価を受け、2006年アメリカでマーティン・スコセッシ製作、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン主演で、「ディパーテッド」という作品名でリメイクされ、アカデミー賞やゴールデングローブ賞など各賞を受賞した。

3部作の第1作はヤンとラウを中心に、マフィアの壊滅とヤンを含む仲間の死までを描き、第2作ではヤンとラウの若かりし頃を香港返還までの時代を背景に描き、第3作ではヤンの死後と第1作では描かれなかった新事実を描いた。




香港の人気女優ヌード写真流出事件で、ネット検索大手「百度」に厳しい批判

話題になっちゃってますねえ、この香港美人女優さんの、プライベートな映像が流出しちゃった事件・・

あれまあ、それにつけても、7人の男優(こっちも有名らしいですけど)と、いたしてる映像が中国の百度に流れてたなんて、知りませんでした。

まあ、中国もお堅いお国柄なんでしょうから(日本じゃ、それもどき、、がほとんどスパム化してあまりにも曼延し過ぎっすねえ、迷惑千万ですけど!)、当局が、注意しても一顧だにしないとなるとこりゃあ、お咎めを受けちゃうのも仕方なしでしょうねえ、、

でも、この香港女優さんって、日本でいえば、どのクラスのどの位有名な女優さんなんでしょか?


・百度

百度(バイドゥ、Baidu、NASDAQ: BIDU)は中国の百度公司が運営する検索エンジンである。創業は2000年1月。本社は北京にある。

全世界の検索エンジン市場において、百度はGoogle、Yahoo!に続き第3位のシェアを誇る(米comScore社、2007年10月調べ)。

また、中国国内においては、Google(谷歌)、Yahoo!(雅虎中国)を押さえ、中国最大の検索エンジンとなっている。

1)企業背景
創業者のロビン・リーは、北京大学を卒業後にニューヨーク州立大学へ留学。Dow Jones& Company,Inc.やInfoseekなどを経て、中国帰国後の2000年1月に百度公司を創業している。その後急成長を遂げ、2005年5月NASDAQに上場した。

公開初日、公募価格の27ドルから122.54ドルまで急騰。当日の上げ幅は354%までのぼり、アメリカの証券市場、IPO初日に最多利益を上げた株式のひとつに数えられている。

なお、2007年10月には時価総額が118億ドルに上っている。

2006年12月に日本法人である百度株式会社を設立し、2007年3月にはBaidu.jpのベータ版サービスを開始している。

2007年6月には百度公司の社外取締役としてソニー前会長の出井伸之が就任。

2008年1月23日に日本での本格サービス開始。一般の新聞やテレビのニュースでも取り上げられている。


2)提供サービス
中国国内で提供されているサービスは現在までに35に上る。中国語検索の強みに加え、若者に人気のあるコミュニティやマルチメディアサービスを拡充したことが、中国ユーザーを引き付けている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





香港人気女優、ヌード写真流出事件で「認識甘かった」と謝罪

▼『BESEL G200(ベゼルG200)』で、あなたのペニスはデカクなる!




▲『BESEL G200(ベゼルG200)』ノーベル生理学・医学賞の一酸化窒素理論をサプリに応用。

『BESEL G200(ベゼル)』は、欧米で、380万人以上の愛用者がいる効果実証済みの

ペニス増大サプリの決定版!



香港の、有名女優、歌手のヌード写真(濡れ場か・・)流出事件・・


パソコンも、うかつに修理に出せませんな〜〜

って、サムライのヌード入っとらんし、万が一入ってても、誰も見たくないだろうし

ましてや、CDにして売れないよね。。

まあ、犯罪行為だから、捕まるのは当然だと思いますけどねえ・・・

何で、逮捕がやり過ぎで、香港じゃあ、デモまで起こるのか、チト理解に苦しみますけど。。




7月21日は、世界中が“ハリー・ポッターの日” - 英国

7月21日は、世界中が“ハリー・ポッターの日〜ハリー・ポッターが死んじゃうって本当?

▼34%値引き!『クレア-CLEA』キャンペーン価格!



△『クレア-CLEA』効果で、ナシなら全額返金保証付き商品!更に、代引き手数料無料!!




▽記事全文▽

英出版社ブルームズベリー(Bloomsbury)は1日、世界的に人気のファンタジー小説「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの最終作を、7月21日に発売すると発表した。

 『Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の聖人) 』と題されたシリーズ第7作目は、1人の少年魔法使いをめぐる物語の完結編となる。ブルームズベリーは同作を「最も期待されている本」と称し、前作までの各作品が記録した驚異的な売り上げすら塗り替えるだろうと予想する。

■完結編で登場人物のうちの2人が死ぬ

 先に著者のJ・K・ローリング(J.K.Rowling)さんは、完結編で主な登場人物のうちの2人が死ぬ予定だと述べた。ファンの間では、そのうちの1人は同作でホグワーツ(Hogwarts)魔法魔術学校の最終学年に在籍する主人公のハリー自身ではないかとの憶測が駆けめぐっている。

 英BBC放送が電子版で主催するインターネット・チャットには次のような書き込みがされ、できるだけ早く新作を入手するため、発売日に多くの若いファンが徹夜で書店の外に並ぶ様子がうかがえる。

「当然でしょ! 今までで最高の盛大なお祭りだもの、参加しないわけがないわ。私は8歳の時から、この瞬間を想像してきたのよ!」
「もし早く手に入れることができたら、間違いなくパパが迎えに来てくれるわね。そうすればパパも早く読むことができるから。もっとも、私が走って家に帰るという可能性もあるけど」

■7月21日は、世界中が“ハリー・ポッターの日”

 英書籍小売大手ウォーターストーンズ(Waterstone’s)は、発売初日の売れ行きを50万部と見積もる。

 同社児童書部門のWayne Winstone部長は、「史上最高売り上げを達成するのみならず、史上最速売り上げも記録することでしょう。ぐずぐずしていれば、(物語の中で)何が起きたのかを友達から聞かされる危険がある。好きこのんでそんなことをする人は、そうはいません」と話す。

 米オンライン小売り大手アマゾン・ドットコムの英法人、Amazon.co.ukも、発売日が発表されたことで先行予約注文が殺到すると見る。

「7月21日は、世界中で“ハリー・ポッターの日”となるでしょう。他の作品がこれほどの期待と注目と需要を集めるには、かなりの時間がかかるのではないでしょうか」(アマゾンUK書籍部門のChristopher North部長)

 「ハリー・ポッター」シリーズは世界中63か国語で売上総数3億2500万部を達成する大ベストセラーとなった。ダニエル・ラドクリフ(Daniel Radcliffe)主演の映画化も好評で、5作目が書籍版最終巻の発売1週間前に公開される。著者のローリングさんは同シリーズの印税で、英国史上最も多くの報酬を得た女性となったといわれる。

 7月21日に発売されるのは英語版のみで、他の言語については発売日は未定。【ロンドン/英国 1日 AFP】

 写真は映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のワンシーン。(c)AFP/WARNER BROS
関連情報ハリー・ポッター

ハリー・ポッターとは



『ハリー・ポッターシリーズ』(Harry Potter Series)は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングによる子ども向けのファンタジー小説。映画化もされている。

目 次

1 概要
2 作品リスト
2.1 『ハリー・ポッター』シリーズ本編
2.2 J・K・ローリングによる解説書
3 主要な各国版の出版形状等について
4 原作版にまつわる問題
4.1 ハリー・ポッターへの批判
4.2 宗教的批判
5 日本語版にまつわる問題
5.1 翻訳に関する問題
5.2 その他の問題
6 映画
7 関連項目
8 外部リンク



[1] 概要
20世紀末のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学園生活や、ハリーの父母を殺害した仇でもあり、世界の支配を企む強大な魔法使いヴォルデモートとハリーとの戦いを描いた物語。

第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』がロンドンのブルームズベリー出版社から1997年に刊行されると、全く無名の新人による初作であるにもかかわらず、瞬く間に世界的ベストセラーになった。子供のみならず多数の大人にも愛読され、児童文学という分野を越えた文学作品として、世界的な社会現象となった。

日本語版のタイトルは、例外なく『ハリー・ポッターと○○の△△』という形である。 最終巻原書の発売日が2007年7月21日と発表された(日本語版は発売日未定)。


[2] 作品リスト

[2.1 ] 『ハリー・ポッター』シリーズ本編
第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』
(Harry Potter and the Philosopher's Stone)
(Harry Potter and the Sorcerer's Stone) US版
単行本ISBN 4-915512-37-1 携帯版ISBN 4-915512-49-5
英国での"the Philosopher's Stone"が、米国では出版社の強い要求で"the Sorcerer's Stone"に変更されて出版された。イギリスの英語では"philosopher"という単語で「魔法使い」(錬金術師)というニュアンスが読者に伝わるのに対して、アメリカの米語では"philosopher"で読者が哲学者を連想し「魔法使い」につながることがほとんどない、という英語と米語の違いが米国側の主張する理由であった。

第2巻『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
(Harry Potter and the Chamber of Secrets)
単行本ISBN 4-915512-39-8 携帯版ISBN 4-915512-54-1
第3巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)
単行本ISBN 4-915512-40-1 携帯版ISBN 4-915512-55-X
第4巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
(Harry Potter and the Goblet of Fire)
単行本ISBN 4-915512-45-2
第5巻『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
(Harry Potter and the Order of the Phoenix)
単行本ISBN 4-915512-51-7
第6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
(Harry Potter and the Half-Blood Prince)
単行本ISBN 4-915512-57-6
第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』
(Harry Potter and the Deathly Hallows)
英では2007年7月21日に発売予定

[2.2] J・K・ローリングによる解説書
J・K・ローリングが印税を慈善事業に寄附する目的で書き下ろした本。ホグワーツ魔法魔術学校の教科書や図書館蔵書の体裁をとっている。『ハリー・ポッター』シリーズに登場する魔法動物の解説や、物語で大きな位置を占めるクィディッチという架空のスポーツの歴史が書かれており、『ハリー・ポッター』シリーズの理解を助けるものとなっている。日本語版については期間限定出版だったため既に絶版となっており現在は書店在庫のみの販売となっている。現在静山社のホームページで在庫が残っている書店を調べるサービスが行われている。 原作国イギリスでは出版社売り上げの100%を、日本の出版元である静山社は70%を慈善事業に寄付している。

ホグワーツ校指定教科書1『幻の動物とその生息地』
Fantastic Beasts and Where to Find Them
単行本: ISBN 4-915512-43-6
ホグワーツ校指定教科書2『クィディッチ今昔』
Quidditch Through the Ages
単行本: ISBN 4-915512-44-4

[3] 主要な各国版の出版形状等について
日本語版
全巻揃っているのは単行本のみ(静山社が出版権をもつ)。第4巻まで携帯版 (新書版サイズのソフトカバー) が出版されている。訳者はいずれも松岡佑子。『ハリー・ポッター』シリーズ各巻の表紙画と章ごとの挿し絵はアメリカ人画家ダン・シュレシンジャーによる。
英語版
主要な英語版としては作者J・K・ローリングの母国イギリス版 (ブルームズベリー社) と各国版中最大の出版部数のアメリカ版 (スコラスティック社)が存在する。作者はイギリス人なので原稿はイギリス英語で書かれている。イギリス版では原稿のオリジナルの表現をそのまま生かして出版しており、一方アメリカ版は原稿のうちイギリス英語独特の表現や単語についてアメリカ英語風に修正して出版している。また、イギリス版は挿し絵がないのに対し、アメリカ版はメアリー・グランプレによる挿し絵が随所に挿入されており読者の文章理解の助けとなっている。

[4] 原作版にまつわる問題

[4.1] ハリー・ポッターへの批判
マグルやスリザリン寮および主人公らの敵視する人物への扱いが、時に差別的とさえ言える描かれ方をしているとして問題視する向きもある。
作品が必要以上にハリー主観で描かれており、客観的に見れば不公平な状況・主張であっても、作中ではなんら否定的に扱われない。
以上の2つの問題点が、主な読者層とされる児童に悪影響を与えるのではないかと懸念する声も少なからずある。

[4.2] 宗教的批判
大ベストセラーになるにつれて、オカルトを助長するという批判が起こった。ローリング女史はこれらの団体からの指摘について、作品のファンの子供達は『オカルト』を支持しているわけではないと否定している。


--------------------------------------------------------------------------------

注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


--------------------------------------------------------------------------------


[5] 日本語版にまつわる問題
翻訳者である松岡佑子は、元々は国際会議などにおける同時通訳の専門家であり『ハリー・ポッター』以前に文学作品を翻訳した経験は皆無である。そのため、書記言語を専門に扱う翻訳とは似て非なる「通訳」の手法をそのまま『ハリー・ポッター』の翻訳に用いており、一般的な文学作品とは異なる性質の誤訳問題を多く抱えている。

[5.1] 翻訳に関する問題
松岡佑子による翻訳については、英語原文を読み違えてしまっている誤訳のみでなく、日本語としても文法的・語法的に間違っている箇所もかなり多い。また、作品は1990年代のイギリスを舞台にしているにも関わらず、1990年代において非日常的な古めかしい表現・死語・訳語・人称が多用されており、原書の世界観から逸脱しているとの批判がある。読者から指摘される主な問題点の例としては以下のようなものがあげられる。

出典の明記:この記事や節の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。出典を明記するためにご協力をお願いします。
原文の単純な誤訳
かなり簡単な単語にも関わらず元の英語の意味を理解しないで訳しているとしか思えない箇所や、複数の意味を持つ単語から前後の文章の意味にそぐわない訳語を選択している箇所、単語ごとの訳は正しいが文章全体では意味の通らない日本語になっている箇所が多く、結果として原文本来の意味とはかなり違った訳になっている文章が非常に多い。
第1巻第8章、原文「several booming barks」を「ブーンとうなるようなほえ声」と訳した。「booming」は「音が響く、音が反響して大きく聞こえる」と言う意味であり、直後に犬が登場することから、その犬のうなり声が聞こえていたことを表現している。また、犬のうなり声を「ブーン」と表現することは、日本において一般的ではない。
第1巻に出てくるスネイプの謎解きパズル(第16章)を完全に誤訳したため、原書ではきちんと筋が通っているパズルが日本語版では解けなくなっている。これに関しては出版当初から「解けないパズルを出すなんて、やはりハリー・ポッターは低レベルな児童書の域を出ない」との批判があったが、これはあくまでも日本語版の誤訳による。(桜花学園大学教授によるパズルの検証、ネタバレ注意[1])
第4巻33章、原文「we will recall the banished giants...」を「消え去った巨人たちも呼び戻そう……」と訳した。「banished」は「追放された」と言う意味であり、「vanish(消えた)」と取り違えたものと推測される。
原文の俗語や慣用句を直訳したことによる、不可解な日本語の文章
第2巻第11章、原文「Professor McGonagall conjured a large fan out of thin air」を「マクゴナガル先生が空気で大きなうちわを作り上げて」と訳した。「out of thin air」は「何もないところから」と言う意味の慣用句であり、空気を材料にうちわを作ったわけではない。
第3巻第3章、原文「a faintly green witch」を「魔女が緑色の顔を青くして」と訳した。この場合の「green」は「顔色が悪い」と言う意味の慣用語であり、バスの車内のシーンであることから、車酔いで顔色が悪くなったことを表現している。
原文の意味にそぐわない、不適切な日本語による表現
スネイプが「ヒョコヒョコ歩く(prowling walk、実際には音を立てずにすべるように忍び歩く感じ)」、「冷たい猫撫で声(soft cold voice)」など。
現代日本語ではあまり会話に登場しない「赤むけ」という言葉が実に様々なシーンで別の意味で使われている。
第4巻(上)第8章、原文「Dimitrov skins Moran」を「ディミトロフがモランを赤むけにしました」。スポーツの接触寸前プレイの場面。
第4巻(下)第27章、原文「cruel winds skinned their hands and faces every time」を「風が情け容赦なく手や顔を赤むけにした」。冷たい風にさらされたときの説明文。
第5巻(上)第12章、原文「They'll be keeping your noses so hard to that grindstone, they'll be rubbed raw,」を「先生たちは君たちの神経を擦り減らして赤剥けにする」。人生を左右する試験に向けた、厳しい試験勉強が待っていることを予告する台詞。
誤訳ではないが、現代ではあまり使われない日本語や、現代ではカタカナで通じる単語の古い訳語による表現
後生だから(お願いだから)、唐傘(パラソル)、朝餉(朝食)、厨(台所)、竈(ガス台)、若様(ある店主が名門出身の少年に対して使った呼称)、手水場(バスルーム)など。
訳語の不統一
第3巻第14章、ヒッポグリフが「ferret」を食べてその骨を吐くシーンで、食べたferretを「スカンク」、骨となったferretを「イタチ」と訳した。このため、一つの継続したシーンでありながら、ヒッポグリフが「スカンクを食べて、イタチの骨を吐いた」と言う不可解な現象が起こっている。後の刷では訳語が「スカンク」に統一されたが、舞台であるイギリスに「スカンク」はいないため、このシーンの誤訳問題が完全に解決したわけではない。
一つの名称・人名などの固有名詞がその時々によって違うカタカナ表記で書かれている。
恒星の名に由来する兄弟の名前を、兄はラテン語発音の「シリウス」、弟はアメリカ英語発音の「レギュラス」と記述している。恒星の名としてラテン語発音に準じれば「シリウス」「レグルス」が正しく、英語発音に準じれば「シリアス」「レギュラス」が正しい。これ以外でも固有名詞のカタカナ表記がイギリス英語発音、アメリカ英語発音、ラテン語発音、イタリア語発音、等々、統一性がまるで見られない。訳者によると「日本で一番なじみのある発音を適用している」としているが、必ずしもそうでないケースも多く、何を基準として表記をしているのか不明。
日本語の誤った表現
日本語の単語が、標準的な日本語の意味とは異なる意味で使われている箇所が多々ある。
ハーマイオニーの姿を頭から消し去る事ができないハリーについて、「(ハーマイオニーの姿が)目にこびりついて離れない」と記述。これは「目に焼きついて」と「頭にこびりついて」を混同したものと思われる。
ディメンターの「口」について、「がっぽりあいた穴」と記述。穴があいてる状態は「がっぽり」ではなく「ぽっかり(あるいは、ぽかり)」とするのが正しい日本語。また、宿題の量が多いという意味でも「がっぽりと宿題が出た」と書かれている箇所もあり、訳者が「がっぽり」という言葉の持つ本来の意味・ニュアンスを誤解したまま使っているという指摘もされている。
日本語の拙い表現
第3巻第17章、原文「They exchanged a last look, a last nod.」を「二人はいよいよだと、三度目の目配せをし、三度目のコックリをした。」と訳した。「コックリをした」の原文「nod」は「(承諾して)頷く」の意味。
前後の文章と繋がらない日本語
「主語と述語がつながっていない」「文がつながっていない」「疑問形で始まって肯定形で終わっている」等、日本語としての文章構成に問題がある箇所が多い。このようなミスはプロの校正者によるチェックがあれば、すぐに見つかるようなレベルのものである。
第3巻第7章、「それでは、最初の問題ですが、まね妖怪のボガートとはなんでしょう?」と記述。質問の台詞(ボガートって何?)に答え(まね妖怪のボガート)が含まれており、日本語として質問文が成り立っていない。
第5巻第30章、「アンブリッジが教室に入ってくるだけで、生徒は気絶するやら、吐くやら、 危険な高熱を出すやら、さもなければ鼻血がどっと出てくる生徒が続出した。」と記述。主語の「生徒」が重複している。
原書への誤解を助長する、訳者の個人的解釈に基づく脚色
第4巻第34章、不死鳥の歌と声がハリーに呼びかけるシーンで、不死鳥の声をダンブルドアの言葉遣いで訳し、ハリーの返答もダンブルドアに対するときの口調で訳したため、多くの日本語版読者に「その場にいないダンブルドアが、テレパシーのようなものでハリーに呼びかけている」と言う誤解を与えた。原文にはダンブルドアがハリーに呼びかけていると思わせるような記述は一切ない。
登場人物の年齢や性格などに合わない言葉遣い
一人称に代表されるように、日本語では表現が他の言語と比較して多様であり、同一の意味を持つ単語のみを並べ文章を構成した場合でも、性別や年齢、性格などによって全く異なる表現になることも珍しくない。そのため、日本語では言葉遣いが個性を示す要素として機能しているが、ハリー・ポッター・シリーズでは「言葉遣いが示す個性」と「登場人物の個性」が一致しない場面も多い。
日本語版ではティーンエイジの少女が「おやまあ」、「後生だから」などと、非常に年寄り臭いしゃべりかたをしたり、同様の年頃の少年がまるで幼児のような話し方をしていることが多い。また一人の少年がその時々によって昭和初期の古臭いギャグ(例:おったまげー、おっどろきー)を使ったかと思うと、別の場面では90年代頃の流行語を使ったり(いずれもわざとそうしているわけではない)していることもある。
また、少し世俗離れした雰囲気の少女のせりふがまるで知的障害がある子供のようなしゃべりかたになっていたり、原作ではしゃれたインテリ風の校長が日本語版ではまるで昔の田舎の老人のような年より臭いしゃべりかたとなっているなど、不適切な言葉遣いのために原作と日本語版ではまるで印象が違ってしまっている登場人物が多い。
なお、様々な人称や語尾などの言葉遣いは、日本語独自の表現である。原書でもその人物の性格や出身等々によって「言葉遣いの違い」(含・訛りや語彙など)はあるものの、日本語版では原書における登場人物のもつイメージにそぐわない言葉遣いになってしまっていることが実に多く、日本語版読者と原書版読者の登場人物像に著しい差異が生じてしまったり、日本語版読者がその人物の心理状態や言動の意味を読み込む上で大きな妨げになってしまっている例が多い。
以上はあくまでもごく一部の例であるが、第1巻から最新刊第6巻に至るまで、上記のようなミスや訳者の独善的解釈による余計な演出が散見されており、不適格な人称や時代錯誤な用語、せりふ等とあいまって、日本語版は原作とはかなりかけ離れたイメージのものとなってしまっている、との指摘が少なくない。 これらの問題点は、松岡佑子が自ら社長を務める静山社の、翻訳文学の出版において異例とも言えるずさんな体制に基づくものではないかと推測される。

本来ならば専門家である第三者が行うべき校正作業を、翻訳者である松岡佑子と下訳チームが行なっている可能性が極めて高い。あくまで推測の域を出ないが、「仕上げには友人の湯浅とんぼ(ソングライター)親子のチェックが入った(第1巻あとがき)」「編集は、編集者やボランティアの校正者といく晩も徹夜で作業した(第2巻あとがき)」となどと松岡佑子が自ら述べているため、信憑性は高い。
翻訳チームのトップである松岡佑子が、同時に出版社である静山社の社長であるため、パワー・ハラスメントを恐れ誰も問題点を指摘できない、あるいは指摘された問題点を松岡が無視している、と推測する者もいる。これは、静山社直営のファン向け交流掲示板が、当初公開制だったものを後に会員制とし閉鎖的にしたことや、読者カードによる誤訳の指摘を無視した松岡の発言などから、「静山社あるいは松岡が、自身に都合の悪い意見を黙殺しているのではないか」と類推された説であり、真実は定かでない。
どのような翻訳作品でも多少の誤訳や、原作とイメージが異なる訳語・表現などがいくつかあるのはある程度、しかたのないことである。しかし、松岡によるハリー・ポッターの翻訳はそのような不適切な訳、あるいは日本語としてすら不適切な表現が野放しにされているため、文章の巧みさでも高い評価を受けている原作とはかなり雰囲気も質も異なったものとなってしまっていることは否めない。


以上のような誤訳・日本語の誤用など、日本語版を刊行するに当たっての翻訳にまつわる問題についてはさまざまなところで批判されており、ハリー・ポッター・ファンを子供に持つ保護者の中にはこうしたベストセラー作品で間違った日本語が多く使われていることに対して懸念する声も強い。また読者カードなどを使って静山社に不満を直接訴えた読者もいるが、改善の気配は一向に見られないどころか、過去のいくつかのインタビューで誤訳批判について質問された際には常に「翻訳についての批判は受けた事がない」との発言を繰り返し、世界的ベストセラー作品の翻訳を請け負っていることに対する静山社の企業としての姿勢について問題視する声も強い。


[5.2] その他の問題
第4巻以降、返品を不可とする「買い取り制」を強いているため、経営体力のない中小書店には厳しい。この点については、発行元である静山社自体が小さな出版社であるため、大量発注を受けた結果として大量の返品を抱えた場合のリスクが小さくないという出版社側の事情もある。
第4巻まで出版されている携帯版のあとがきで松岡が続編の内容のネタバレをしてしまい、携帯版読者から不満の声が上がった。また第5巻出版後の広告では「シリウスよ、星になれ」というコピーを使ってストーリーのかなり重要な部分をネタバレしてしまうなど、マーケティングの方法があまりにも稚拙なのではないかと指摘されている。
第2巻 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の和訳中に、先天的疾患に対する差別的な表現があるとして、66刷以降はその部分が削除されている。問題となったのは“バンドンの泣きようかいを追い払った魔女は「兎口(みつくち)」だった”という表現。また、第6巻は予約開始時には『ハリー・ポッターと混血のプリンス』という原題(『Harry Potter and the Half-Blood Prince』)直訳の仮称をつけていたが、出版の際には『ハリー・ポッターと謎のプリンス』に題を変更している。作中では「半純血のプリンス」と言う語を使用している。原作者は謎のプリンス(Mysterious Prince)の訳の使用を認めているが、日本の過剰な言葉狩りであるとの批判がある。

--------------------------------------------------------------------------------

以上で、作品の核心的な内容についての記述は終わりです。


--------------------------------------------------------------------------------


[6] 映画
ハリー・ポッターシリーズの映画化はワーナーブラザーズが行っている。ハリー・ポッター役はダニエル・ラドクリフ、ロン・ウィーズリー役はルパート・グリント、ハーマイオニー・グレンジャー役はエマ・ワトソン。2001年に映画ハリー・ポッターと賢者の石が公開され大反響を呼んだ。その後も続編が次々と製作され、現在は5作目の製作を行っている。

『ハリー・ポッターと賢者の石』
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
『ハリーポッターと謎のプリンス』 (2008年12月公開予定)

[7] 関連項目
ハリー・ポッター魔法一覧
ハリー・ポッターの登場人物

[8] 外部リンク
公式サイト
ウィキメディア・コモンズに、ハリー・ポッターシリーズに関連するマルチメディアがあります。J.K.Rowling Official Site - Harry Potter and more
J.K.ローリング公式サイトテキスト版 (英語)
静山社
ブルームズベリー社
スコラスティック社
ハリー・ポッター公式ウェブサイト(Warner Bros. 映画)
ホグワーツ校友の会
Harry Potter Official Shop
Quick QuotesとMadam Scoop's IndexJ・K・ローリングの言行録が検索できるサイト。公式サイトに収録されていない発言も載っている。
ここがおかしい、ハリポタ日本語版ハリーポッター日本語版の誤訳・珍訳を徹底的に洗い出したサイト。
ここヘンハリポタ続まとめここがおかしい、ハリポタ日本語版の続サイト。
表・話・編・歴ハリー・ポッターシリーズ
各作品: 賢者の石 - 映画 | 秘密の部屋 | アズカバンの囚人 | 炎のゴブレット | 不死鳥の騎士団 | 謎のプリンス | 死の秘宝
魔法・魔法薬・人物: 魔法一覧 - ホークラックス - 破れぬ誓い | 魔法薬一覧 - ポリジュース薬|人物
用語: マグル - スクイブ - 秘密の守人 - パーセルタング- パーセルマウス
地理・建造物等・汽車等: ダイアゴン横丁 - ホグズミード - リトル| 魔法省 - アズカバン - 漏れ鍋 - 病院 - 9と3/4番線| ホグワーツ特急
学校: ホグワーツ - ダームストラング - ボーバトン
架空の生物: 吸魂鬼 - 屋敷しもべ妖精−魔法生物一覧
クィディッチ: クィディッチ - 箒 - シーカー - ブラッジャー
植物・お菓子・ジュース: 鰓昆布 | 蛙チョコレート - 百味ビーンズ | かぼちゃジュース| 悪戯グッズ一覧
教育令・ペット: 教育令第24号 | ヘドウィグ - クルックシャンクス
組織・寮: 不死鳥の騎士団 - 死喰い人 - ダンブルドア軍団| グリフィンドール - スリザリン - レイブンクロー - ハッフルパフ  
書籍: 書物一覧
ファン・作者関係: ポッタリアン | 松岡佑子 - J・K・ローリング


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA" より作成
カテゴリ: 一部転記 | 出典を必要とする記事 | ハリー・ポッター | 未完の作品 | ファンタジー小説 | 児童文学 | イギリスの小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(ハリー・ポッター から転送)
JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス



<MTV・ムービー・アワード2007>会場に有名人が到着

<MTV・ムービー・アワード2007>会場に有名人が到着



豪華メンバーじゃ・・・


▽記事全文▽

音楽専門チャンネルMTVが主催する映画祭、MTV・ムービー・アワード2007(2007 MTV Movie Awards)の授賞式が3日、ユニバーサル・シティ(Universal City)のギブソン・アンフィシアター(The Gibson Amphitheatre)で開催され、受賞者や関係者を始め多くの有名人が出席した。(c)AFP/Getty Images
【6月4日 AFP】

▼MTVムービー・アワードとは▼


MTVムービー・アワード(MTV Movie Awards)はMTV主催の映画賞。1992年に設立され、毎年1回、6月に開催されている。一般の視聴者の投票によって決められる。

MTVの視聴者の多くは10代から20代と比較的若いため、彼らの選ぶ賞は文芸作品などよりもコメディやアクション映画が多く、他の賞レースにはのらなかった映画が選ばれることも多々ある。アメリカの若者たちの間では何が本当にヒットしたのかを見ることが出来る。たとえば2005年の最優秀映画はアメリカでヒットした青春コメディ映画「バス男(Napoleon Dynamite)」、2006年は「ウエディング・クラッシャーズ」であったが、両作品とも日本では公開すらされなかった。

カテゴリにもベストキス賞など、遊び心のある賞もあってか、セレブリティたちも普段着で出席するような気楽さがある。

毎年、その年にヒットした映画のパロディが披露される事でも有名。またミュージシャンによるパフォーマンスもある。

目 次

1 カテゴリー

2 2003年の受賞作品

3 2004年の受賞作品

4 2005年の受賞作品

5 2006年の受賞作品

6 外部リンク



1.カテゴリー

最優秀映画 (Best Movie)

最優秀男優 (Best Male Performance)

最優秀女優 (Best Female Performance)

最優秀新人男優 (Best Breakthrough Performance Male

最優秀新人女優 (Best Breakthrough Performance Female)

最優秀チーム (Best On-Screen Team)

最優秀悪役 (Best Villain)

最優秀コメディ・パフフォーマンス (Best Comedic Performance)

最優秀楽曲 (Best Song From a Movie (Best musical performance))

ベスト・キス (Best Kiss)

ベスト・ファイト (Best Fight)

最も優れたアクション・シーン (Best Action Sequence)

最も優れた恐怖演技 (Best Frightened Performance)

最優秀新人監督 (Best New Filmmaker)

Lifetime Achievement Award


2.2003年の受賞作品

最優秀映画:ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

最優秀男優:エミネム(8 Mile)

最優秀女優:キルスティン・ダンスト(スパイダーマン)

最優秀新人男優:エミネム(8 Mile)

最優秀新人女優:ジェニファー・ガーナー(デアデビル)

最優秀チーム:イライジャ・ウッド、ショーン・アスティン、アンディ・サーキス(ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔)

最優秀悪役:デイヴィー・チェイス(ザ・リング)

最優秀コメディ・パフォーマンス:マイク・マイヤーズ(オースティン・パワーズ ゴールドメンバー)

ベスト・キス:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト(スパイダーマン)

ベスト・ファイト:クリストファー・リー、ヨーダ(スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃)

最も優れたアクション・シーン:ヘルム峡谷での戦闘シーン(ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔)


3.2004年の受賞作品

最優秀映画:ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

最優秀男優:ジョニー・デップ(パイレーツ・オブ・カリビアン)

最優秀女優:ユマ・サーマン(キル・ビル Vol.1)

最優秀新人男優:ショーン・アシュモア(X-MEN2)

最優秀新人女優:リンジー・ローハン(フォーチュン・クッキー)

最優秀チーム:アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア(50回目のファースト・キス)

最優秀悪役:ルーシー・リュー(キル・ビル Vol.1)

最優秀コメディ・パフォーマンス:ジャック・ブラック(スクール・オブ・ロック)

ベスト・キス:オーウェン・ウィルソン、カルメン・エレクトラ、エイミー・スマート(スタスキー&ハッチ)

ベスト・ファイト:ユマ・サーマン、栗山千明(キル・ビル Vol.1)

最優秀ダンス:ショーン・ウィリアム・スコット(アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦)

最も優れたアクション・シーン:ゴンドールでの戦闘シーン(ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還)

最優秀カメオ出演:サイモン・コーウェル(最‘狂’絶叫計画)


4.2005年の受賞作品

最優秀映画:バス男

最優秀男優:レオナルド・ディカプリオ(アビエイター)

最優秀女優:リンジー・ローハン(ミーン・ガールズ)

最優秀新人男優:ジョン・ヘダー(バス男)

最優秀新人女優:レイチェル・マクアダムス(ミーン・ガールズ)

最優秀チーム:リンジー・ローハン、レイチェル・マクアダムス、 レイシー・シャベール、アマンダ・セイフライド(ミーン・ガールズ)

最優秀悪役:ベン・スティラー(ドッジボール)

最優秀コメディ・パフォーマンス:ダスティン・ホフマン(ミート・ザ・ペアレンツ2)

最優秀ミュージカル・パフォーマンス:ジョン・ヘダー(バス男)

ベスト・キス:レイチェル・マクアダムス、ライアン・ゴズリング(きみに読む物語)

ベスト・ファイト:ユマ・サーマン、ダリル・ハンナ(キル・ビル Vol.2)

最も優れたアクション・シーン:ロサンゼルスの破壊シーン(デイ・アフター・トゥモロー)

最も優れた恐怖演技:ダコタ・ファニング(ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ)



5.2006年の受賞作品

最優秀映画:ウエディング・クラッシャーズ

最優秀俳優:ジェイク・ギレンホール(ブロークバック・マウンテン)

最優秀新人:アイラ・フィッシャー(ウエディング・クラッシャーズ)

最優秀チーム:ヴィンス・ヴォーン、オーウェン・ウィルソン(ウエディング・クラッシャーズ)

最優秀悪役:ヘイデン・クリステンセン(スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐)

最優秀コメディ・パフォーマンス:スティーヴ・カレル(40歳の童貞男)

ベスト・キス:ジェイク・ギレンホール、ヒース・レジャー(ブロークバック・マウンテン)

ベスト・ファイト:アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピット(Mr.&Mrs. スミス)

ベスト・ヒーロー:クリスチャン・ベール(バットマン・ビギンズ)

最も優れた恐怖演技:ジェニファー・カーペンター(エミリー・ローズ)

最もセクシーな演技:ジェシカ・アルバ(シン・シティ)



6.外部リンク

MTV

アメリカ合衆国の文化賞

著名な賞 映画 : アカデミー賞 | 音楽 : グラミー賞 | テレビ番組 : エミー賞 | 演劇 : トニー賞 | 報道 : ピューリッツァー賞

映画賞 ゴールデングローブ賞 | ニューヨーク映画批評家協会賞 | MTVムービー・アワード

インディペンデント・スピリット賞 | ナショナル・ボード・オブ・レビュー(アメリカ映画批評会議賞)

アニー賞 | AFI賞 | ゴールデンラズベリー賞

音楽賞 アメリカン・ミュージック・アワード | MTV ビデオ・ミュージック・アワード | ロックの殿堂入り授賞式

ビルボード・ミュージック・アワード | BETアワード ラジオ・ミュージック・アワード | ソウル・トレイン・ミュージック・アワード

文学賞 全米図書賞 | ペン/フォークナー賞 | フィリップ・K・ディック記念賞 | MWA賞

その他の賞 演劇 : オビー賞 | ヘレン・ヘイズ賞

TV/PCゲーム : ゲーム・オブ・ザ・イヤー | ゲーム批評家賞

ファッション : コティ賞

"http://ja.wikipedia.org/wiki/MTV%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89" より作成
カテゴリ: 映画の賞


▼MTVとは▼


MTV: Music Television(エムティービー: ミュージックテレビジョン)はニューヨークとロンドンに本部を置く、アメリカの若者向けのケーブルテレビ・チャンネル。24時間ポピュラー音楽のビデオクリップを流し続ける音楽専門チャンネルとして誕生し、この形態の音楽番組の代名詞的存在となった。そのため、MTVはケーブルテレビの音楽専門チャンネルの通称として使われることもある。

ワーナー・コミュニケーション社(現在のタイム・ワーナー社)とアメリカン・エキスプレス社が共同で出資し設立したワーナー・アメックス・サテライト・エンターテイメント(WASEC)によって1981年8月1日午前12時1分に放送開始。COOジョン・ラックによる"Ladies and gentlemen, rock and roll!" の言葉と共に、ジョナサン・イライアス作曲のMTVオリジナルテーマソングが最初に流れ、12時15分に最初の音楽ビデオ(バグルスの「ラジオ・スターの悲劇」)がオンエアされた。(開局日のオンエアリスト)

1984年にWASECは MTV Networks に社名を変更し、翌1985年にバイアコム社に買収され現在に至っている。

番組としてのMTVは、現在、リアリティ番組やソープオペラが中心の若者向けエンターテイメント番組に変わっており、従来の音楽ビデオ中心の番組はMTV2というチャンネルに分割されている。

1980年代から90年代にかけて、MTVはロックを中心としたポピュラー音楽の重要なプロモーターであり、アメリカの大衆文化の推進力としてしばしば考えられるほど圧倒的な影響力があった。しかし1996年にMTVとMTV2に分かれてから、その影響力は劇的といっていいほど下がってきている。


1.日本での展開

1984年10月、朝日放送(ABC)がで米MTVのPV番組を編集した「MTV:Music Television」の放送を開始(〜1988年4月)。末期には島田紳助司会のトーク番組「紳助のMTV倶楽部」でPVが流れる程度であった(朝日放送とMTVとの提携解消により番組名を「CLUB紳助」に変更)。

1988年10月より、TBSで「MTVジャパン」の放送を開始。当初は朝日放送同様、米MTVの番組の編集版であったが、後に日本のVJがPVを紹介する形に改められている。

1992年12月、パイオニア・TDKなどが出資するミュージック・チャンネルにより、音楽専門のCSチャンネル「MTV」の放送を開始。(以降はMTVジャパンの項参照)



2.関連項目

MTVジャパン

MTV Video Music Awards

MTVムービー・アワード

MTV世代

産業ロック

音楽専門チャンネル一覧

MTV Headbangers Ball

ジャッカス

iフィルム


3.外部リンク

MTV

MTVI マイスペウス

MTVI

MTV マイスペウス


"http://ja.wikipedia.org/wiki/MTV" より作成

カテゴリ: 音楽関連のスタブ | アメリカ合衆国のテレビ局 | ポピュラー音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ハリー・ポッター』のテーマパークが2009年、フロリダにオープン

▼「シトルリンΩ」で、あなたもデッカクなれる!▼



△『シトルリンΩ』・ペニス増大サプリ・↑新医薬成分でペニス増大


ハリー・ポッター (架空の人物)とは▼


ハリー・ポッター(Harry James Potter)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ、及びその派生作品に登場する架空の魔法使いであり、本作の主人公である。

目 次
1 人物
1.1 属性・年齢等
1.2 出身・家族等
1.3 性格・才能
1.4 周囲との関係
2 各学年でのできごと
3 交友関係
3.1 肉親・尊敬する人物
3.2 友人・親しい人物
3.3 ハリーに好意を抱いている人物
3.4 宿敵・嫌いな人物
4 ペット
5 映画
6 関連項目



人物

属性・年齢等
ホグワーツ魔法魔術学校の生徒。寮はグリフィンドール。第6巻現在で6年生 (16歳) 。誕生日は1980年7月31日。(第1巻第3章P.67参照) ミドルネームはジェームズ。

髪の毛はまっ黒で、瞳の色は深緑。同年代に比べ小柄で痩せている(3巻では5〜6cm、5巻で背は約10cm伸び、6巻では30cm伸びていることになってはいるが、本当にこの通りに身長が伸びていたのだとすると、今のハリーの身長は著しく高すぎてしまうので、この表現は身長が昔からだいぶ伸びた、と言う意味の作者の比喩だと思われる)。額に稲妻の形の傷があり、丸い眼鏡をかけている。糖蜜パイが好物である。

魔法界では「生き残った男の子」 (The Boy who Lived) と呼ばれている。また六巻から「選ばれし者」(The Chosen One)と呼ばれるようになる。


出身・家族等

ゴドリック谷の魔法族のポッター家に生まれる。父親は魔法族(純血)のジェームズ・ポッター、母親は「マグル生まれ」の魔女リリー・ポッター。いわゆる「混血」 (half-blood)。名付け親(キリスト教における宗教上の親、後見人)は父の親友で同じく魔法族のシリウス・ブラック。

1歳の頃、両親がヴォルデモートに殺害されたため、リリーの妹・ペチュニア・ダーズリーの家に預けられる。しかし自身が魔法使いであることを知らされず、ダーズリー家にとって厄介者であった両親は自動車事故で死んだと聞かされ、魔法使い嫌いのマグル (非魔法族) のダーズリー家で冷遇され、叔母ペチュニアとその夫バーノンの息子 (ハリーの従兄) ダドリーに虐められながら育った。

11歳の誕生日に、ホグワーツ魔法魔術学校への入学案内書を手にやってきたルビウス・ハグリッドから初めて真実を知らされ、ホグワーツ入学と同時に魔法界へ戻ることとなった。夏休みには必ずダーズリー家に帰省することになっている。

ハリーの両親は多額の遺産を残しており、それらは魔法界唯一の銀行グリンゴッツの貸し出し金庫に預けられている。

そのためハリーは、魔法界でホグワーツの学費や小遣いに困ることはない。 また名付け親シリウス・ブラックの死亡(ただし彼の死についての明確な表現はされていない)とともに、シリウスの遺言によりブラック家の遺産も相続した。


性格・才能
勇敢で思慮深い。しかし頑固で意地っ張りな面もあり、不満が募ると感情が爆発してしまう。たまに無鉄砲な行動を取って周囲を巻き込んでしまうが、基本的に友達想いの優しい少年。

14〜15歳ごろ(第4巻、第5巻)には、思春期であることとヴォルデモートとの精神的な絆とで、情緒不安定で捉えどころのない性格も見られたが、16歳(第6巻)になってヴォルデモートとの絆が遮断されてからは落ち着きを取り戻した。

父親の血を受け継いで、箒の飛行に関する才能は誰よりも優れている。得意なスポーツは、クィディッチ、ポジションはシーカー(6巻で兼キャプテン)。

また、3年生の時13歳という若さで、一人前の魔法使いにも困難とされるパトローナス・チャーム(守護霊の呪文)を成功させ周囲を驚かせた。

ヴォルデモートがハリーを殺そうとした際、彼の能力がハリーに移った。そのためハリーは、蛇語使い(パーセルマウス)になった。


周囲との関係
かつて非魔法界では、自己中心的いじめっ子でガキ大将だった従兄ダドリーのせいで学校でも孤立しており、叔母一家以外に親しい人物は全くいない。

その一方、魔法界では赤ん坊のとき史上最凶の闇の魔法使いヴォルデモートを倒し、暗黒時代を終わらせた伝説の魔法使いとして有名。ハリーが赤ん坊だった当時、一家がヴォルデモートに襲われ両親は殺されたが、ハリーは額の傷ひとつだけで生き残り、その直後ヴォルデモートは失踪した。彼に関する書物や報道記事も多い。

ヴォルデモートが他人を殺すのに特別な理由を必要としなかったため、一般に、ヴォルデモートがハリーを殺そうとした理由について深く追求されることはあまりない。

両親がヴォルデモートへの対抗組織「不死鳥の騎士団」の一員であったことから、単に邪魔なポッター一家の抹殺をヴォルデモートが自ら行っただけと考える者もいる様子。

真実は、ヴォルデモートが予言を盗み聞きしたセブルス・スネイプを通して「自分を倒す者」についての予言を知り、予言された人物として赤ん坊だったハリーを殺そうとした。

父ジェームズはそれを阻止するためにヴォルデモートと戦い、死亡。母リリーも身を挺して息子を護ろうとし、ヴォルデモートに殺される。しかし母の愛情に基づいた自己犠牲が、呪いに対する強力な防御魔法として作用し、ハリーを襲ったヴォルデモートの呪いを跳ね返す結果となった。

宿敵ヴォルデモートとは、額の傷の呪いを通じて精神的に繋がっている。第5巻では、ダンブルドア校長がスネイプの個人授業「閉心術」を受けるように命じるが、さまざまな要因が重なって術の習得に失敗する。

ロン・ウィーズリーは、ホグワーツ魔法魔術学校入学前にホグワーツ特急のコンパートメントで一緒になって以来、「炎のゴブレット」事件で一時的に絶交したものの、ハリーにとって一番の親友であり続けている。生粋の魔法族であるロンは、非魔法族(マグル)育ちのハリーにとって、魔法界の基礎知識・一般知識を教えてくれる良い先生でもある。

ハーマイオニー・グレンジャーはハリーにとってロンと並ぶ親友。ある事件がきっかけで親しくなり、以来、ロンも加えた3人で行動することが多くなる。ハーマイオニーについてはハリーのガールフレンドと新聞や雑誌で報道されたこともあるが、ハリーはこれを否定。いつでもハリーに適切なアドバイスをしてくれる頼れる友人。 

レイブンクローの1つ年上の美少女チョウ・チャンのことを3年生の時から意識しており、5巻ではなんとかデートする仲までこぎつける。しかし考え方の違いやチョウの精神的な幼さなどからすれ違いが多くなり、結局自然消滅という形になってしまった。

6巻ではロンの妹ジニー・ウィーズリーを意識するようになり、二人は付き合いだす。ジニーはホグワーツ入学時からずっとハリーのことが好きだったが、彼の前では何もしゃべれなかったことからハリーが彼女を意識するようになるのにはある程度の時間を要した。

また、彼女がロンの妹であることで、ロンから恨まれるかもと悩んでいた時もあった。結局6巻最後で、ヴォルデモートとの決着をつけるためにホグワーツに戻らないと決めたハリーはジニーに別れを告げるが、この後どうなるのかは気になるところである。

色恋沙汰に関しては妄想癖があるようで、自分の一番の見せ所になると、勝利した自分がチョウやジニーにお祝いされたり愛の言葉を紡がれたりするという妄想をしている場面もある。


各学年でのできごと

1年生--ハリーポッターと賢者の石
ホグワーツ魔法魔術学校入学。友人たちと出会う。賢者の石をヴォルデモートの魔手から守った。

2年生--ハリーポッターと秘密の部屋
「秘密の部屋」に潜むスリザリンの怪物を退治し、ジニー・ウィーズリーの命を救った。その功績で、ロンと共にホグワーツ特別功労賞を贈られる。

3年生--ハリーポッターとアズカバンの囚人
グリフィンドール寮代表クィディッチ・チームを優勝に導く。また、共にハリーの両親の同級生でもあるリーマス・ルーピン教授と名付け親シリウス・ブラックに出会う。ルーピンから守護霊の呪文を教わる。

4年生--ハリーポッターと炎のゴブレット
「三大魔法学校対抗試合」にホグワーツ代表として参加し、同じくホグワーツ代表、セドリック・ディゴリーと同時優勝を果たす。復活したヴォルデモートに殺されそうになるが辛くも難を逃れる。

5年生--ハリーポッターと不死鳥の騎士団
ヴォルデモートの復活を公表し警鐘を鳴らすが世間から白眼視される。しかし、周囲の助けにより彼の主張が正しいことを証明する。5年生の終わりにハリー自身に関する重大な秘密を知らされて衝撃を受ける。

6年生--ハリーポッターと謎のプリンス
クィディッチチームのキャプテンとなる。ヴォルデモートの分割された魂をダンブルドアと共に取りに行くが、それは偽物であったことが判明した。最後には、両親の仇をとるため今年でホグワーツ魔法魔術学校を去ると発言している。

交友関係

肉親・尊敬する人物

ジェームズ・ポッター(父)
リリー・ポッター(母)
シリウス・ブラック(名付け親)
アルバス・ダンブルドア(恩師)
リーマス・ルーピン(恩師)

友人・親しい人物
ロン・ウィーズリー
ハーマイオニー・グレンジャー
ネビル・ロングボトム
ジャスティン・フィンチ・フレッチリー
ルーナ・ラブグッド
ルビウス・ハグリッド

ハリーに好意を抱いている人物
チョウ・チャン(第四巻〜第五巻)
ジニー・ウィーズリー(第二巻〜)
パーバティ・パチル(第四巻)
ガブリエル・デラクール(第四巻〜)
ロミルダ・ベイン(第六巻〜)
嘆きのマートル(第二巻〜第四巻)

宿敵・嫌いな人物
ヴォルデモート
セブルス・スネイプ
ドラコ・マルフォイ
ベラトリックス・レストレンジ
死喰い人

ペット
ヘドウィグという美しい白ふくろう(雌)をペットにしている。ヘドウィグは天涯孤独のハリーを慰める心の友である。


映画
ダニエル・ラドクリフが演じている。


関連項目
ネギ・スプリングフィールド
赤松健の漫画『魔法先生ネギま!』の主人公。風貌や一部設定がハリーに通じるものがある。
針生光太(はりう こうた)
テレビ朝日系列で放映されたミステリードラマ『TRICK』第2シリーズのエピソード4「天罰を下す子」の登場人物で、名前が「ハリー・ポッター」のパロディ。ちなみにふくろうの置物が置いてある。
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC_%28%E6%9E%B6%E7%A9%BA%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%29" より作成
カテゴリ: ハリー・ポッターの登場人物
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM