スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


やせ過ぎに「No」! イタリアで大御所写真家が広告キャンペーン


やせすぎ、反対広告写真
が、反響を呼んでるね・・

でも、この写真の人って、フランスの女優さんで、イザベル・カーロ(Isabelle Caro)さんって

言うんだ。。

で身長165センチ、体重わずか32キロ・・の拒食症・・・

自ら「病気」であることを自覚してて、

「この機会に、私の病気を通してメッセージを送ることができればと思った。『やせていること』が表すイメージと、それが引き起こす死の危険性を伝えたい」

って言ってるんだって、、

ほんとに、これだけ、「やせ過ぎて」よく、生きていられるよな〜〜〜

違うちょっとした病気(少し重い風邪とか)をしても、免疫力や、抵抗力が相当弱っているだろうから、すぐ亡くなっちゃうリスク

が滅茶苦茶大きいよね、、

みなさん、くれぐれも、ダイエットは、ほどほどに。。。




【9月25日 AFP】伊アパレル大手ベネトン(Benetton)の広告キャンペーンで知られる写真家オリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani)が24日、

センセーショナルなビジュアル広告の「やせ過ぎ防止」キャンペーンを展開した。


■「やせ過ぎに“No”」

 やせ細った女性の裸体の上に「やせ過ぎに“No”」というスローガンが描かれたこの広告は、伊アパレル「NOLITA」がスポンサーとなり、

24日付けの全国紙レプブリカ(La Repubblica)に掲載された。イタリア保健省の支援も受けており、全国の広告看板にも掲示される予定だという。


 トスカーニは「長い間、拒食症に関心を持っていた。誰の責任なのか?メディアか?テレビか?ファッション業界か?だからこそファッションブランドが

この問題の重大さを理解・認識し、この広告のスポンサーになることは、非常に重要なことだ」とANSA通信に語った。


■地中海的な美を求めて

 06年末、イタリア政府と国内のファッション業界は、反やせ過ぎキャンペーンを展開し、「健康的で快活で寛大な地中海のような美しさ」への回帰をうたった。


 トスカーニは、ベネトンが制作する、人種主義などの難しい問題を取り上げた強烈な広告宣伝の考案者として知られている。(c)AFP


(写真)2007年9月24日、レプブリカ紙に掲載された、オリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani)による反やせすぎをうたった広告。(c)AFP/Alberto Pizzoli

トスカーニ氏、「やせ過ぎ警鐘」広告への批判に反論


「やせ過ぎ警鐘」広告
 Photo by 
オリビエーロ・トスカーニ
・・・って話題だけど

この写真、ちょっと刺激的やね、、

これをみて、本物の拒食症の少女たちが、どう反応するかは、とっても微妙なんじゃないかな??

これを撮った写真家のトスカー二氏は、もっともらしいことを色々言ってるけど、センセーショナルな写真、で話題を取ろう、、

としてる意図を感じ取るのは、サムライだけだろうか??

(まあ、どこかでは、ほんとに、時代の証言者になろうとしてる部分もあるんだろうけどね・・・・)



【9月27日 AFP】伊アパレル「NOLITA」が全国で展開した「やせ過ぎへの警鐘」キャンペーンに対し、「拒食症の少女たちが広告のモデルとなったフランス人女優

イザベル・カーロ(Isabelle Caro)さんをお手本にする危険性がある」という批判が出ている。

これに対して26日、写真家オリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani)氏が反論した。


■「現実を反映したもの」

 「過激な手段に訴えると、反対する者が必ず出てくる」とトスカーニ氏。さらに、これは人に無意味な衝撃を与えるものではなく、現実を反映したもの」とつけ加えた。
 
 やせ細った女性の裸体の上に「やせ過ぎに“No”」というスローガンが描かれたこの広告は、「NOLITA」がスポンサーとなり08年春夏ミラノ・コレクション期間中の24日に、

全国紙レプブリカ(La Repubblica)に掲載された。

 「私の写真を使った広告を拒食症の少女が見たら、『無理なダイエットをやめなければ』と考えるのが普通だ。写真が彼女らに危害を加えることなどあり得ない」


■カメラマン=時代の証言者

 トスカーニ氏が、拒食症問題に関心を持ったのはファッション界で働くようになってからだという。

 「ファッション界の独特の環境が、少女たちに『やせよう、ダイエットしよう』という気持ちを起こさせる。2006年にロカルノ映画祭(Locarno film festival)で

上映された、拒食症にかかった16歳の少女の短編映画を撮っている間に、この問題を研究した」


 トスカーニ氏は冷静な姿勢で拒食症問題に臨んでいるという。

「拒食症に衝撃を受けたり、強い影響を受けたことはない。カメラマンは時代の証言者であるべき。宣教師のように説教をして回るのではなく、

ジャーナリストして自分の仕事を通じてこの問題を訴えていく」と語った。(c)AFP


(写真)2007年9月26日、ローマ市街に掲げられたオリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani)による反やせすぎをうたった広告。(c)AFP/ANDREAS SOLARO






オリビエーロ・トスカーニとは




オリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani, 男性, 1942年- )は、イタリア 、ミラノ生まれの写真家。

ベネトンの広告キャンペーンの作品を手がけたことで世界的に知られる。

チューリッヒで写真を学び、ローマの広告代理店に入社、『エル』、『ヴォーグ』等の雑誌でファッション写真を撮り、1983年よりベネトン社と契約、ベネトンでは、およそ従来のファッションブランドの広告写真からはかけ離れたAIDS、人種差別、戦争、死刑制度等を正面から取り上げ、その強烈な作品は世界各地で大きな議論を呼んだ。

目 次

1 反人種差別キャンペーン

2 著作

3 関連項目

4 外部リンク


[1] 反人種差別キャンペーン

彼のベネトンにおける最初の業績は1989年に始められた反人種差別キャンペーンである。

黒人女性が白人の赤ん坊に授乳をしているポスターであり、彼はこのポスターに「人種の混交」という考え方を込めたという。

このポスターに対し、未だアパルトヘイトが存続していた南アフリカ共和国のベネトン代理店は難色を示し、ポスターの再製作を依頼したがルチアーノ・ベネトンはこ

れを拒絶した。

後に南アフリカ初の黒人大統領になったネルソン・マンデラは彼らを賞賛し、南アフリカに彼らを招待している。



[2] 著作

『広告は私達に微笑みかける死体』 La Pub est une charogne qui nous sourit (紀伊国屋書店刊)



[3] 関連項目

広告写真

報道写真


[4] 外部リンク

オリビエーロ・トスカーニ公式サイト(イタリア語)

UNITED COLORS OF BENETTON.公式サイト(広告キャンペーン)

オリビエロ・トスカーニによるベネトンの広告

この「オリビエーロ・トスカーニ」は、人物に関する書きかけ項目です。
(ウィキプロジェクト 人物伝)

カテゴリ: イタリアの写真家 | 1942年生 | 人物関連のスタブ項目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<やせ過ぎモデル問題>21歳のブラジル人モデル、拒食症で・・・なぜそこまで、、


やせ過ぎモデルさん
が、

ダイエットし過ぎ、、の拒食症で、とうとう、他界されたそうだ・・・

拒食症、、って言うと、ちょっと古くは、カーペンターズのカレン・カーペンターを思い出しますね。。。

こちとら、過食症(と多飲酒症?ってアル中だろうが!!)、、のメタボ腹で悩んでいるんで、

なぜ、こんなに奇麗なモデルさんが、そんな悲しい事態にまで追い込まれちゃうのか・・・

不思議であり、超悲しい気分ですね、、、

世の中、ダイエットが、流行り過ぎてんじゃないっすかね、そもそも、

痩せている=美しい=もてる、成功・・・

なんて、変な方程式が、現代人の頭と心に、刷り込まれちゃってんじゃないっすかね、、

いろんな、会社のコマーシャルとか、雑誌とか、マスコミが作り上げた「幻想」に、すっかり

騙されているんじゃないかと・・・・

サムライは、基本的に、痩せすぎの女の子も、太りすぎも、好きくないですね、、

ほどよい、中肉中背が、理想なんじゃないかと、、

おなかなんか、多少ポッチャリしてる方が、パッツン、パッツンに、天パッテルお腹より

好きですけどね・・・

そうそう、ついでに、マスコミや、企業のコマーシャルベースに完全に世の中の女の子が
騙されてる神話に、

「巨乳」神話ちゅうのがありますね。

そりゃあ、まあ、ほんとに、ホルスタインみたいな乳が大好きな男も、中にはいるし、

ちょっと見る分には、洗濯板よりは、まあ、目だって、人眼を引くのは確かですけど、

普通の男は、たいてい、あんまり大きい胸、乳は、そんなに好きじゃないことの方が多いですよね。。

普通サイズ、そう、お椀くらいの、が、ベスト、、、ちゅうう男子が、圧倒的多数なんじゃないかと、、

まあ、話が脱線しましたけど、世の中の変な吹聴、商業主義的プロパガンダ(って、何だかロシア共産党みたいですが・・・)

に、乗らず、自分のオツムで、考えて、普通に、行動できるようになりたいもんですよね。。




拒食症(神経性無食欲症)とは



神経性無食欲症(しんけいせいむしょくよくしょう、anorexia nervosa: AN)は精神疾患のうち、摂食障害の一種である。一般には拒食症(きょしょくしょう)とも言われる。

若年層に好発し、ボディ・イメージの障害(「自分は太っている」と考えること)、食物摂取の不良または拒否、体重減少を特徴とする。神経性食欲不振症、神経性食思不振症とも言う。

目  次

1 総論

2 疫学

3 症状

4 診断

5 原因

6 治療

7 参考

8 関連項目

9 参考文献



[1] 総論

神経性無食欲症は、心理的要因・社会的要因・生物学的要因によって生じる、摂食行動を主な表現形とする精神疾患である。

特に、心理的要因(ストレス)によるところが多く、慢性経過をとることが多い。近年、日本において増加傾向にあり、また経過途中で抑うつを伴ったり身体的疾患を合併することもあり、社会に与える影響も大きい。

典型的なANの患者では、体重を落とすために始めたダイエットで達成感が得られ、体重を落とすことを止められなくなってしまう。

低体重であっても自分の体重を多すぎると感じ、さらに体重を減らすことを望む。鏡を見ても「まだまだ痩せられる」と感じるのみであり、体重が低すぎるとは考えない。

宗教上の理由から断食をする場合、政治的目的から断食によるストライキを行う場合、あるいはカロリーを制限することで長寿が達成できるという健康上の信念を持っている場合に、食事を摂らないか極端に食事の摂取量を減らす例があるが、これらはANではない。

時にANは、神経性大食症(過食症)や、その他非定型性の摂食障害へと、病像が変化する場合がある。


[2] 疫学

社会的要素を含む疾患であるため、その病態は国によっても異なる。ダイエットが若年層の一大関心事である日本におけるANは、若年層、特に青年期の女性に非常に多いことが特徴である。

若年男性でのANの発症も見られることがあるが、男女比はおよそ1対20である。発症年齢が年々低年齢化しており、小学生での発症も増加している。治療は一般に困難であり、長い時間がかかる。合併症や自殺のために経過の途中で死亡する例もある(5%〜15%程度)。

一方で、近代的なダイエットとは無縁のアフリカの地方部においてAN様の病像を呈する症例の報告があり、宗教的信念との関連が考えられている。


[3] 症状

ANは、精神神経疾患の中では、致死率が最も高い疾患のなかのひとつであり、最終的な致死率は5%-20%程度である。主な死因は、極度の低栄養による感染症や不整脈の併発である。

患者は自己の体重が減少することに満足できるため、自殺が死因となることは神経性大食症(過食症)と比較して少ないが、 抑うつ症状を伴うこともあり、自殺企図をきたす症例もある。

極度の体重減少

女性の場合、無月経

活動性の上昇、易興奮性、睡眠障害

抑うつ症状

食物への興味の上昇…しばしば料理関係の情報を収集する

強迫的な思考

自傷行為

手掌・足底の黄染(高カロテン血症)

低血圧

便秘、腹痛

電解質異常、特に低カリウム血症

骨粗鬆症

続発性甲状腺機能低下症

電解質異常は、特に利尿剤の乱用が見られる症例では起こりやすく、時に低カリウム血症から致死性の不整脈をきたし、急激に死に至ることがある。


また、これらの個人に属する症状に加えて、極度の体重減少や易刺激性が、周囲との関係不良をもたらすことも大きな問題となる。


[4] 診断

DSM-IVの診断基準では、

「標準体重の85%の値を維持することを拒否する」

「体重が減少しているときでも、現在の体重が増加することに対して恐怖がある」

「標準体重に満たない場合も、自分自身の体重を多すぎると感じる」

「(初潮後の女性の場合)3周期以上に渡る無月経」の4項目を診断基準としている。


さらに、

活動性の亢進があること。体重を落とすため、必要以上の運動・活動を行うこと。

現在の病状、深刻性について、認識に乏しいこと。

を組み合わせて診断を行う。

診断基準に完全には合致しない場合に、非定型摂食障害(特定不能の摂食障害)の診断になることがある。

例えば月経が不順ながら存在し、その他はANの基準を満たす場合、非定型摂食障害と診断される。


摂食障害の患者は時に診療を拒否し、問診の際に症状を隠す傾向にあるため注意が必要。


ANは、以下の2種類のサブタイプに分類される。

制限型神経性無食欲症(AN-R)
制限型のAN(restricting type)では、食物を口にすることを重度に制限するが、AN-BPに見られるような行動は行ったことがない。


無茶食い-排泄型神経性無食欲症(AN-BP)
無茶食い-排泄型のAN(binge-eating/purging type)では、食物を過量に摂取した後、自分で嘔吐を誘発して、あるいは利尿剤、下剤等を用いて、食物の排泄を試みる、
というエピソードを行う。(しかし、下剤や利尿剤では食物の吸収をほとんど妨げることはできない。)

排泄する代わりに、無茶食いの後に数日間絶食する場合もある。


2002年の「DSM-IV-TR」の診断基準も同様である。

その他の診断基準として、厚生労働省の診断基準やICD-10の診断基準も存在する。


[5] 原因

ANの発生原因については議論があるが、生物学的要因・心理的要因・社会的要因の3つの要素があると考える人が多い。


生物学的要因についても様々な研究が報告されている。

器質的な脳の病変の存在は明らかにされていないが、二卵性双生児よりも一卵性双生児の方が一致率が高いこと、AN患者の家族にはうつ病、アルコール依存、

強迫性障害や摂食障害が多いことから遺伝的要因の関与も考えられている。

ANの発病に関連する遺伝子もいくつか見いだされてはいるが、結論は出ていない。視床下部におけるドパミン、ノルアドレナリン活性の異常を指摘する研究もある。

出産時の合併症(頭蓋内出血、低体重など)がANの罹患率を増加させるという疫学的研究もある。


心理的要因が発病に影響しているのは明らかであり、ANの発病前には、発病に関連する何らかのエピソードが見出されるのが通常である。

海外の研究において、摂食障害の患者は健常者よりも高い確率で幼少期に性的虐待を含む虐待を受けた経験をもつという報告もあるが、他の精神疾患においても

高い確率で性的虐待の既往が報告されており、摂食障害と性的虐待を直接的な因果関係は不明である。


またかつて、1970年代などの初期の研究において、高学歴や家庭の経済状態がよいことなどがANの罹患率と相関するという報告がなされ広く信じられていたが、

その後の研究ではこの説を支持しないか、むしろ逆の結果が示されることもある。

その他にも精神力動学的に様々な考察がなされている。


性的な成熟に対する恐怖・女性であることの否定:女性は第二次性徴を迎えると、皮下脂肪をたくわえ身体が丸みを帯び、乳房がふくらむなど身体が変化する。

これらの身体変化を受容できず嫌悪・拒絶する心理からANを発症する場合もある。


肥満恐怖:肥満への恐怖・嫌悪が存在することが多い。「太っている」などとからかわれることが発症のきっかけとなる場合も多い。

また女性の場合、第二次性徴によって皮下脂肪の蓄積するため、前述の性的成熟拒否と肥満恐怖が混合している場合も多い。

母親からの分離の問題・母親の拒絶:食べ物が母乳などを含む「母親のよい部分」を象徴するとみなすことができ、摂食拒否によって母親を拒絶しているという説。


対人関係の障害:原因なのか結果なのかは不明であるが、対人関係に障害を有する症例が多い。

失感情症(アレキシサイミア):自らの感情に気づくことができない・できにくいことを「失感情症(アレキシサイミア)」という。

ANも失感情症の要素があることが指摘されており、自らのストレスやつらい気持ちに気づかず(否認して)、その代わり身体症状で表現しているという可能性がある。

完璧主義・強迫性も、AN患者においてしばしばみられる。


嗜癖(依存症)としての要素:ANの初期に、摂食量を制限して体重が減るという結果を得て満足し、更に摂食量制限にふけり、独特の気分高揚を示すことがある。

この心性は薬物依存やギャンブル依存などの嗜癖行動との共通点があると言われている。


社会的要因もANの発症に関与している。

メディアにおいてやせた女性、元気で快活な女性が賞賛され、内面よりも外見を重視するような風潮は、ANの発症の大きな要因であろう。

実際に、12~21歳の2862人の思春期少女を18か月間追跡調査したところ、90人が摂食障害を新たに発症したが、発症に関与した因子として一人で食事をすること、

少女雑誌をよく読むことやラジオをよく聴くことが挙げられたという研究もあり、メディアの影響がうかがわれる。


芸能界やモデル業界などの美を競う業界や、痩せていることが重要だと考えられているスポーツ選手においてANにかかる患者がいることが注目を集めている。

2006年現在、当疾患および神経性過食症をあわせた「中枢性摂食異常症」は厚生労働省の特定疾患に該当し、重点的に研究が進められている。



[6] 治療

他の精神疾患がそうであるように、ANも社会的・精神的・肉体的な要素を併せ持つ複雑な疾患である。早期の治療は治療の成功率を高める。

治療法は、入院・外来での疾患教育、認知行動療法や集団療法などの心理療法、薬物療法、家族のカウンセリングなどが中心となる。

患者が病気であることを否認する場合や、ANの存在を容認したとしても治療には拒否の姿勢を示す場合はよくみられる。

さらには、治療を認める姿勢を見せて、実際には出された食事を隠れて捨てる、などの行為も少なからず見られる。

治療にあたっては、体重増加のみを治療目的とすべきではない。「とにかく食べろ」といった強硬な姿勢を家族や治療者が見せることは、通常逆効果となる。

長い間ANと戦っている患者にとって、食物を食べること自体が大変な苦痛・恐怖につながるためである。


また体重増加以外にも、患者の主体性を重視し、人間としての成熟、対人関係の充実、実生活での適応などを援助することが重要だからである。

以上のように、適切な医師-患者関係、家族-患者関係を築くことが最も大切である。


インターネット等で摂食障害患者、元患者との交流を持つことがよい影響をもたらす場合もある。

治療により軽快した場合、再発や、神経性大食症の発症に注意する必要がある。

厚生労働省の特定疾患に該当し(前述)、治療法についても重点的に研究が進められている。


[7] 参考

オーストリアのエリーザベト皇后も、嫁姑問題を契機にANを発症したといわれている。

日本では、ANは一般的には「拒食症」の名前で知られており、その患者の実態は、たびたびドキュメンタリーとしてマスコミに取り上げられることがある。

カーペンターズのカレン・カーペンターが拒食症から心臓発作を起こして死亡した際に、本症は日本やアメリカで大きな注目を浴び、注目される疾患となった。


東電OL殺人事件の被害者女性も慶應義塾大学を卒業し総合職として東京電力に入社した30代独身のエリート社員であったが、

セックス依存症の性癖とANの双方を発症していた。


[8] 関連項目

精神疾患

摂食障害

神経性大食症

線維筋痛症

慢性疲労症候群

精神科

心療内科

東電OL殺人事件

カレン・カーペンター

宮沢りえ


[編集] 参考文献
^ Cnattingius S, Hultman CM, Dahl M, Sparen P. (1999). "Very preterm birth, birth trauma, and the risk of anorexia nervosa among girls.". Arch Gen Psychiatry. 56 (7): 634-638. PMID 10401509.
^ Deep AL, Lilenfeld LR, Plotnicov KH, Pollice C, Kaye WH. (1999). "Sexual abuse in eating disorder subtypes and control women: the role of comorbid substance dependence in bulimia nervosa.". Int J Eat Disord. 25 (1): 1-10. PMID 9924647.
^ Gard MC, Freeman CP. (1996). "The dismantling of a myth: a review of eating disorders and socioeconomic status.". Int J Eat Disord. 20 (1): 1-12. PMID 8807347.
^ Martinez-Gonzalez MA, Gual P, Lahortiga F, Alonso Y, de Irala-Estevez J, Cervera S. (2003). "Parental factors, mass media influences, and the onset of eating disorders in a prospective population-based cohort.". Pediatrics. 111 (2): 315-320. PMID 12563057.

カテゴリ: 精神疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM