スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【動画】<第60回カンヌ国際映画祭>授賞式間近、パルム・ドールは誰の手に?

12日間にわたり開催されてきた第60回カンヌ国際映画祭(60th Cannes Film Festival)が27日に閉幕を迎える。
当日午後8時からは授賞式と閉幕式が行われ、世界中が注目する中、スティーブン・フリアーズ(Stephen Frears)審査委員長の
口から今年度パルム・ドール(Palme d’Or)受賞作品が発表される。
記念すべき60周年目のパルム・ドールは誰の手に渡るのか?(出典 : AFP BB NEWS)
【5月26日 AFP】

▽今日の豆知識▽

◎パルム・ドール◎

パルム・ドール(Palme d'Or)は、カンヌ国際映画祭(1946年-)の最高賞の名前。

当初は、最高賞を「グランプリ」(Grand Prix du Festival International du Film 、世界の映画のグランプリ)としていたが、1955年にトロフィーの形にちなんだ「パルム・ドール」(黄金のシュロ)を正式名称とし、「グランプリ」とも呼ばれる形とした。1965年に最高賞の正式名称を「グランプリ」に戻すが、1975年に再度「パルム・ドール」としている。長らくはカンヌにおいても「グランプリ」とは最高賞の正式名称もしくは「パルム・ドール」の別名であったが、1990年に審査員特別賞(前年までの名称は'Grand Prix Spécial du Jury'、直訳で審査員特別賞となる)にあたる賞に「グランプリ」の名が与えられることとなり、混乱を招いている。

以下は受賞作の一覧である。


Palme d'Or目次 [非表示]
1 1940年代
2 1950年代
3 1960年代
4 1970年代
5 1980年代
6 1990年代
7 2000年代
8 関連項目



[編集] 1940年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1946年 もだえ
Hets アルフ・シェーベルイ
Alf Sjoberg スウェーデン
1946年 失われた週末
The Lost Weekend ビリー・ワイルダー 米国
1946年 地球は赤くなる
De Røde enge ボディル・イプセン&ラウ・ラウリッツェン
Bodil Ipsen & Lau Jr. Lauritzen デンマーク
1946年 Neecha Nagar Chetan Anand インド
1946年 逢びき
Brief Encounter デヴィッド・リーン
David Lean イギリス
1946年 マリア・カンデラリア
Maria Candelaria エミリオ・フェルナンデス
Emilio Fernandez メキシコ
1946年 偉大な転換
Velikij perelom フリードリッヒ・エルムレル
Fridrikh Ermler ソ連
1946年 田園交響楽
La Symphonie pastorale ジャン・ドラノワ
Jean Delannoy フランス
1946年 最後のチャンス
Die Letzte Chance レオポルト・リントベルク
Leopold Lintberg スイス
1946年 翼のない男たち
Muzi bez krídel M. Cap チェコスロバキア
1946年 無防備都市
Roma, città aperta ロベルト・ロッセリーニ
Roberto Rossellini イタリア
1947年 受賞作なし
1948年 映画祭は開催されなかった
1949年 第三の男 キャロル・リード イギリス

註:表中太字の邦題は日本公開作

[編集] 1950年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1950年 映画祭は開催されなかった
1951年 令嬢ジュリー
Fröken Julie アルフ・シェーベルイ
Alf Sjoberg スウェーデン
1951年 ミラノの奇跡
Miracolo a Milano ヴィットリオ・デ・シーカ
Vittorio De Sica イタリア
1952年 オセロ オーソン・ウェルズ モロッコ
1952年 2ペンスの希望
Due soldi di speranza レナート・カステラーニ
Renato Castellani イタリア
1953年 恐怖の報酬
Le Salaire de la peur アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
Henri Georges Clouzot フランス
1954年 地獄門 衣笠貞之助 日本
1955年 マーティ
Marty デルバート・マン
Delbert Mann 米国
1956年 沈黙の世界
Le Monde du silence ジャック=イヴ・クストー

ルイ・マル
Jacques-Yves Cousteau & Louis Malle フランス
1957年 友情ある説得
Friendly Persuasion ウィリアム・ワイラー
William Wyler 米国
1958年 戦争と貞操
Letjat zhuravli ミハイル・カラトーゾフ
Mikhail Kalatozov ソ連
1959年 黒いオルフェ
Orfeu Negro マルセル・カミュ
Marcel Camus フランス


[編集] 1960年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1960年 甘い生活 フェデリコ・フェリーニ イタリア
1961年 かくも長き不在
Une aussi longue absence アンリ・コルピ
Henri Colpi フランス
1961年 ビリディアナ
Viridiana ルイス・ブニュエル
Luis Bunuel スペイン
1962年 サンタ・バルバラの誓い
O Pagador de Promessas アンセルモ・デュアルテ
Anselmo Duarte ブラジル
1963年 山猫 ルキノ・ヴィスコンティ イタリア
1964年 シェルブールの雨傘
Les Parapluies de Cherbourg ジャック・ドゥミ
Jacques Demy フランス
1965年 ナック
The Knack リチャード・レスター イギリス
1966年 男と女
Un homme et une femme クロード・ルルーシュ
Claude Lelouch フランス
1966年 蜜がいっぱい
Signore & signori ピエトロ・ジェルミ
Pietro Germi イタリア
1967年 欲望 ミケランジェロ・アントニオーニ イタリア
1968年 パリ五月革命で中止
1969年 If もしも.... リンゼイ・アンダーソン
Lindsay Anderson イギリス


[編集] 1970年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1970年 M★A★S★H マッシュ ロバート・アルトマン 米国
1971年 恋
The Go-Between ジョゼフ・ロージー
Joseph Losey イギリス
1972年 労働者階級は天国に入る
La Classe operaia va in paradiso エリオ・ペトリ
Elio Petri イタリア
1972年 黒い砂漠
Il Caso Mattei フランチェスコ・ロージ
Francesco Rosi イタリア
1973年 雇い人
The Hireling アラン・ブリッジス
Alan Bridges イギリス
1973年 スケアクロウ
Scarecrow ジェリー・シャッツバーグ
Jerry Schatzberg イギリス
1974年 カンバセーション…盗聴…
The Conversation フランシス・フォード・コッポラ 米国
1975年 小さな火の歴史
Chronique des annés de braise Mohammed Lakhdar-Hamina アルジェリア
1976年 タクシードライバー マーティン・スコセッシ 米国
1977年 父 パードレ・パドローネ
Padre padrone パオロ・タヴィアーニ

ヴィットリオ・タヴィアーニ
Paolo Taviani & Vittorio Taviani イタリア
1978年 木靴の樹
L'Albero degli zoccoli エルマンノ・オルミ
Ermanno Olmi イタリア
1979年 地獄の黙示録 フランシス・フォード・コッポラ 米国
1979年 ブリキの太鼓
Die Blechtrommel フォルカー・シュレンドルフ
Volker Schlondorff 西ドイツ


[編集] 1980年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1980年 オール・ザット・ジャズ ボブ・フォッシー 米国
1980年 影武者 黒澤明 日本
1981年 鉄の男 アンジェイ・ワイダ ポーランド
1982年 ミッシング・罠 コスタ・ガヴラス 米国
1982年 路(みち) ユルマズ・ギュネイ トルコ
1983年 楢山節考 今村昌平 日本
1984年 パリ、テキサス ヴィム・ヴェンダース 西ドイツ
1985年 パパは、出張中! エミール・クストリッツァ ユーゴスラビア
1986年 ミッション ローランド・ジョフィ イギリス
1987年 悪魔の陽の下に モーリス・ピアラ' フランス
1988年 ペレ ビレ・アウグスト デンマーク
1989年 セックスと嘘とビデオテープ スティーブン・ソダーバーグ 米国


[編集] 1990年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1990年 ワイルド・アット・ハート デヴィッド・リンチ 米国
1991年 バートン・フィンク コーエン兄弟 米国
1992年 ベスト・インテンション ビレ・アウグスト デンマーク
1993年 さらば、わが愛/覇王別姫 チェン・カイコー 中国
1993年 ピアノ・レッスン ジェーン・カンピオン ニュージーランド
1994年 パルプ・フィクション クエンティン・タランティーノ 米国
1995年 アンダーグラウンド エミール・クストリッツァ ユーゴスラビア
1996年 秘密と嘘 マイク・リー イギリス
1997年 桜桃の味 アッバス・キアロスタミ イラン
1997年 うなぎ 今村昌平 日本
1998年 永遠と一日 テオ・アンゲロプロス ギリシャ
1999年 ロゼッタ リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ ベルギー


[編集] 2000年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
2000年 ダンサー・イン・ザ・ダーク ラース・フォン・トリアー デンマーク
2001年 息子の部屋 ナンニ・モレッティ イタリア
2002年 戦場のピアニスト ロマン・ポランスキー フランス
2003年 エレファント ガス・ヴァン・サント 米国
2004年 華氏911 マイケル・ムーア 米国
2005年 ある子供 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ ベルギー
フランス
2006年 麦の穂をゆらす風 ケン・ローチ イギリス
2007年 4 luni, 3 săptămâni şi 2 zile
4 Months, 3 Weeks and 2 Days クリスチャン・ムンギウ
Cristian Mungiu ルーマニア


[編集] 関連項目
ショパール
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB" より作成
カテゴリ: カンヌ国際映画祭 | 映画の賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



<第60回カンヌ国際映画祭>パルム・ドール受賞発表間近!有力作品などを紹介

第60回カンヌ国際映画祭(60th Cannes Film Festival)のパルム・ドール(Palme d’Or)受賞作品候補など。




◆有力候補の2作品◆

【1】 『No Country for Old Men』
 
ヽ詰廖 А.謄サス州西部を舞台にしたコーエン兄弟のスリラー映画作品。

▲好函璽蝓次 

スペイン出身の俳優ハビエル・バルデム(Javier Bardem)が脱獄中のニヒルな殺人犯を恍惚として演じる。

スリラー映画ながら、コメディ的な要素、興奮する場面などもある。



【2】 『4 Luni, 3 Saptamini si 2 Zile』
ー匆饉腟狙権下のルーマニア違法な中絶を望む女性たちを描いた作品。

評価

・カンヌに集まった映画のプロたちに衝撃を与えた。

・エンターテイメント紙バラエティ(Variety)は、「驚くべき事実」と評している。

「テンポが完ぺきで演技も素晴らしい『4 Luni, 3 Saptamini si 2 Zile』は、見事な作品。

違法な中絶を中心に描いただけでなく、旧ソ連支配が終わりを迎えつつある困難な日々に、生き抜こうとした人々を描いている」

との、評論家Jay Weissberg氏。


また、『No Country for Old Men』のバルデムに加えて、この作品のAnamaria Marincaも主演賞の呼び声が高い。


■そのほかのコンペティション部門出品作品

【1】『Auf der Anderen Seite(The Edge of Heaven)』

⇒トルコ系ドイツ人、ファティ・アキン(Fatih Akin)監督作品


【2】『ゾディアック(Zodiac)』

⇒米国で実在した連続殺人事件を描いたデヴィッド・フィンチャー(David Fincher)監督作品。


【3】『Izgnanie(The Banishment)』や『Alexandra』

⇒悲劇を描いたロシア映画。


【4】『ペルセポリス(Persepolis)』

⇒イラン人漫画家マルジャン・サトラピ(Marjane Satrapi)監督作品。
監督の自伝ともいえる、イラン革命時代を生きた少女を描いたアニメーション作品。


【5】『Death Proof』

⇒過去にパルム・ドールを受賞したクエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)作品。
 

【6】アジア作品

 憬劼凌后Mogari No Mori)』

1)日本出品作品

2)監督 : 河瀬直美(Naomi Kawase,かせなおみ)

3)評判、上々。


◆My Blueberry Nights』

1)カンヌ好みの、アジア作品

2)監督 : ウォン・カーウァイ(王家衛、Wong Kar-wai)

3)主演 : ジュード・ロウ(Jude Law)、ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)


『SECRET SUNSHINE』

1)監督 : 韓国出身のイ・チャンドン(Lee Chang-dong)

2)主演女優のチョン・ドヨン(Jeon Do-Youn)
⇒家族の相次ぐ悲劇に見舞われる女性を演じ、高い評価を得る。


◆酷評作品

【1】『We Own the Night』

1)監督 : ジェームス・グレイ(James Gray)

2)出演者 : ホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix)、マーク・ウォルバーグ(Mark Wahlberg)、ロバート・デュバル(Robert Duvall)

3)ストーリー : ニューヨークでロシア系マフィアに引き裂かれたロシア人家族を描く。

4)評価 : 単調な復讐劇で、冷ややかな評価。



【2】『Promise Me This』

1)監督 : エミール・クストリッツァ(Emir Kusturica)監督
       (セルビアの、2度のパルム・ドール受賞経験あり。)

2)ストーリー : 粗野なドタバタコメディで観客は落胆。



【3】『Import Export』

1)監督 : ウルリッヒ・ザイドル(Ulrich Seidl){オーストリア出身}

2)ストーリー : 東西に分断されたヨーロッパでの悲劇。

3)評価 : 「悪趣味で安っぽい作品」

米エンターテインメント情報誌ハリウッド・レポーター(The Hollywood Reporter)評。


【4】『The Man From London』
 
1)監督 : ベラ・タール(Bela Tarr){ハンガリー出身}

2)評価 : 重々しいアート作品で監督の自己満足の作品と非難。


◆その他の話題作◆

・コンペティション部門以外の人気作品として、

【1】『オーシャンズ13(Ocean’s Thirteen)』

1)オール スター勢ぞろいの注目作。

2)出演者 : ジョージ・クルーニー(George Clooney)、ブラッド・ピット(Brad Pitt)、マット・デイモン(Matt Damon)

(上映前のレッドカーペットに登場)


【2】『A Mighty Heart』

1)主演 : アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)

2)プロデューサー : ブラッド・ピット(Brad Pit)

3)ストーリー : 米ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)紙のダニエル・パール(Daniel Pearl)
記者暗殺事件を描く。

4)評価 : 賞賛の嵐。


【3】『The 11th Hour』

1)脚本、プロデュース、ナレーション : レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)

2)ストーリー : 地球温暖化をテーマにしたドキュメンタリー作品。

【4】『シッコ(Sicko)』

1)監督 : マイケル・ムーア(Michael Moore)(『華氏911(Fahrenheit 9/11)』で2003年のパルム・ドールを獲得)

2)ストーリー : 米国の医療制度を批判したドキュメンタリー

3)評価 : 笑いと涙、誘う。

『U2 3D』、上映前に、U2が真夜中のレッドカーペットで即興ライブ行った。

(出典 AFPBB NEWS)
【5月27日 AFP】


▽今日の豆知識▽

◎コーエン兄弟◎

コーエン兄弟(コーエンきょうだい)は、イーサン・コーエンと、ジョエル・コーエンの兄弟監督。
コーエン兄弟(コーエンきょうだい、The Coen Brothers)は、アメリカ合衆国の共同映画監督。

実の兄弟で映画のクレジットにはジョエル・コーエンの名前のみ載っている。
脚本のクレジットにはイーサン・コーエン(Ethan Coen, 1957年9月21日 - )とジョエル・コーエン(Joel Coen, 1954年11月29日 - )の二人の名前が掲載されている。

ミネソタ州のセントルイスパーク出身。ユダヤ系の家庭である。

イーサン・コーエンは映画のプロデューサーも務めている。二人はカンヌ国際映画祭の常連であり、『バートン・フィンク』(1991年)で同映画祭初の主要3部門(作品賞、監督賞、主演男優賞)で受賞したのを皮切りに、『ファーゴ』、『バーバー』でも監督賞をそれぞれ受賞している(『ファーゴ』はアカデミー主演女優賞と脚本賞も受賞した)。

ジョエル・コーエンは1984年にフランシス・マクドーマンドと結婚した。


1.監督作品

1)ブラッド・シンプル(Blood Simple 1984年)

2)赤ちゃん泥棒 (Raising Arizona 1987年)

3)ミラーズ・クロッシング(Miller's Crossing 1990年)

4)バートン・フィンク(Barton Fink 1991年)

5)未来は今(The Hudsucker Proxy 1994年)

6)ファーゴ(Fargo 1996年)

7)ビッグ・リボウスキ(The Big Lebowski 1998年)

8)オー・ブラザー!(O Brother, Where Art Thou? 2000年)

9)バーバー(The Man Who Wasn't There 2001年)

10)ディボース・ショウ(Intolerable Cruelty 2003年)

11)レディ・キラーズ(The Ladykillers 2004年)

12)パリ、ジュテーム(Paris, je t'aime 2006年)


2.外部リンク

IMDb:Joel Coen, Ethan Coen(英語)


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3%E5%85%84%E5%BC%9F" より作成
カテゴリ: アメリカ合衆国の映画監督 | ミネソタ州の人物 | ユダヤ系アメリカ人 | 1957年生 | 1954年生 | 人物関連のスタブ項目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



<第60回カンヌ国際映画祭>コンペティション部門出品作『殯の森』の上映会開催

河瀬直美、監督作品『殯の森』、カンヌ映画祭で上映、で評判は、どうなのさ?



◆河瀬直美(かわせなおみ)監督の『殯(もがり)の森』が、カンヌで上映された。

で、22作品中でのパルム・ドール(Palme d’Or)を狙うそうじゃ、、

そんでもって、その中身と評判がどうだったんじゃかが、一番サムライ知りたいとこなのに!!

肝心なとこが、何も書いてないじゃん!!





▽今日の豆知識▽

河瀬直美とは

河瀬 直美(かわせ なおみ、1969年5月20日 - )は日本の映画監督。

奈良県奈良市紀寺町出身。一時期、映画プロデューサーの仙頭武則と婚姻関係にあったため仙道直美を名乗っていたが、同氏との離婚により再び姓を河瀬に戻した。奈良市立一条高等学校、大阪写真専門学校映画科卒。平城遷都1300年記念事業協会評議員。

大阪写真専門学校卒業後に同校の講師を務めながら、8mm作品『につつまれて』や『かたつもり』を制作し注目を集める。

実父と生き別れ祖母に育てられた自らの境遇を、いわば私小説的にフィルムに収めたドキュメンタリー作品で、シネ・フィルとしての経験をもたないどころかさほど映画を観ることなく制作された作品の独自性が評価されたものだった。

初の35mm作品であると同時に最初の商業作品として制作された『萌の朱雀(もえのすざく)』で、1997年、カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞。

その時の審査委員長であったヴィム・ヴェンダースを「誰、あのおっさん」と周りの人に尋ねたことは有名なエピソードである。その直後に同作品のプロデューサーであった仙頭武則と結婚(後に離婚)。

『萌の朱雀』の後には再びドキュメンタリーの世界に戻り、『杣人物語(そまうどものがたり)』を制作。

『萌の朱雀』まではドキュメンタリーと劇映画の違いはあっても実質的に自分自身もしくは自分の経験を作品としたものだったが、この作品は河瀬が育ち祖母と繰り返し歩いた奈良の山中に住む林業に勤しむ人々を撮した作品だった。

その後劇映画の『火垂』、『沙羅双樹』を制作し、世界各地の映画祭で多数の賞を受賞している。黒沢清、塩田明彦、青山真治、塚本晋也等と並ぶ、国際的な知名度も高い期待の若手作家の一人。

『萌の朱雀』と『火垂』は、いずれも後に監督自らが、活字の物語に焼き直している。映画作家・映像作家といわれる由縁である。作品の対象や舞台は、自らが生まれ育った奈良にきわめて強い執着を持ち続けている。

彼女の作品は、映像を借りて監督自らが語っていく「ことば」であり、他の既成の映画監督の作品とは一線を画した独自の映像世界をつくっている。


・主な監督作品
につつまれて(1992)
かたつもり(1994)
萌の朱雀(1996)
杣人物語(1997)
万華鏡(1999)
火垂(2000)
きゃからばあ(2001)
追臆のダンス(2002)
沙羅双樹(2003)
殯の森(2007)

・関連項目
TBS「いのちの響」

・外部リンク
河瀬直美公式サイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<第60回カンヌ国際映画祭>特別招待作『オーシャンズ13』上映会にアンジェリーナ・ジョリー登場

<第60回カンヌ国際映画祭>特別招待作『オーシャンズ13』上映会にアンジェリーナ・ジョリー登場、アンジェリーナ・ジョリーかっこええわ



アンジェリーナ・ジョリー、、かっこええわな・・・

でも、腕の刺青ぽいのは、なんじゃねん??

何か、ファッションちっくなんかの?

田舎もんもサムライには、理解不能じゃね??


▽今日の豆知識▽

スティーブン・ソダーバーグ監督とは◎


スティーブン・ソダーバーグのプロフィール

本名: スティーブン・ソダーバーグ 生年月日: 1963年1月14日
現年齢: 44歳
活動
主な作品: セックスと嘘とビデオテープ
トラフィック
受賞: カンヌ国際映画祭パルム・ドール
表示

スティーブン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh, 1963年1月14日 - )はアメリカジョージア州アトランタの映画監督・脚本家・プロデューサー。

目次 [非表示]
1 経歴
2 監督作品
3 プロデュース作品
4 外部リンク



[編集] 経歴
父親がルイジアナ大学の教授だったのでルイジアナで育ち、高校生の時から16个捻撚茲鮑遒蠅呂犬瓩拭B感噺紊縫魯螢Ε奪匹帽圓編集者として働くが、しばらくしてルイジアナに戻り、映画制作と脚本執筆を続ける。

1986年、ロックバンド「イエス」のコンサートフィルムを撮影し、高い評価を得て翌年に短編映画監督"Winston"を制作。

1989年、初めての長編映画『セックスと嘘とビデオテープ』でサンダンス映画祭観客賞とカンヌ国際映画祭パルム・ドールを史上最年少(26歳)で受賞。『トラフィック』でアカデミー監督賞を受賞。

また、撮影監督を務めることも多く、『トラフィック』や『オーシャンズ11』といった作品では監督と撮影を兼任した。


[編集] 監督作品
セックスと嘘とビデオテープ Sex, Lies, and Videotape(1989)
KAFKA/迷宮の悪夢 Kafka (1991)
蒼い記憶 Underneath  (1995)
スキゾポリス Schizopolis (1996)
アウト・オブ・サイト (1998) Out of Sight(全米批評家協会賞監督賞)
イギリスから来た男 The Limey (1999)
エリン・ブロコビッチ Erin Brockovich (2000) *全米批評家協会賞監督賞、NY批評家協会賞監督賞など
トラフィック Traffic (2000)  *アカデミー賞監督賞、全米批評家協会賞監督賞、NY批評家協会賞監督賞など
オーシャンズ11 #Ocean's Eleven (2001)
フル・フロンタル Full Frontal (2002)
ソラリス Solaris (2002)
オーシャンズ12 Ocean's Twelve (2004)
愛の神、エロス Eros (2004) [ミケランジェロ・アントニオーニ、ウォン・カーウァイとのオムニバス]

[編集] プロデュース作品
インソムニア Insomnia (2002)
ウェルカム トゥ コリンウッド Welcome to Collinwood (2002)
エデンより彼方に Far from Heaven (2002)
コンフェッション Confessions of a Dangerous Mind (2002)
グッドナイト&グッドラック Good Night, and Good Luck. (2005)
シリアナ Syriana (2005)

[編集] 外部リンク
Steven Soderbergh - Internet Movie Database
'The Believer' interview
NPR: Bubble (01/2006)
Wired interview (12/2005)
Guardian interview (02/2003)
Village Voice: Soderbergh on Soderbergh (01/2001)
Film Comment interview (01/2001)
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0" より作成
カテゴリ: アメリカ合衆国の映画監督 | ジョージア州の人物 | スウェーデン系アメリカ人 | アカデミー賞受賞者 | 1963年生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<第60回カンヌ国際映画祭>特別招待作品『オーシャンズ13』上映会、レッドカーペットに著名人集結

<第60回カンヌ国際映画祭>特別招待作品『オーシャンズ13』上映って、中身はどうなのよ!!



カンヌ映画祭「オーシャンズ13」が、特別招待、上映、華々しく著名人が集まるのは、いいけど、肝心の中身は、面白いの??

映画好き、特に、アクションもの映画大好きサムライには「中身の面白さ」が気になりやす!!

見た人、おせ〜〜て!!


▽今日の豆知識▽
◎オーシャンズ13◎



オーシャンズ13
Ocean's Thirteen
監督 スティーブン・ソダーバーグ
製作総指揮 ブルース・バーマン
製作 ジェリー・ワイントローブ
脚本 ブライアン・コペルマン
デビッド・レビーン
音楽 デビッド・ホルムズ
撮影 スティーブン・ウィリアムス
編集 スティーブン・ミリオン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 2007年6月7日
2007年6月8日
2007年6月20日
2007年8月11日
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
制作費 $100,000,000
前作 オーシャンズ12
allcinema
IMDb
表示
『オーシャンズ13』(Ocean's Thirteen)は、2007年夏に公開される予定のアメリカ映画で、三部作の完結編である。撮影は2006年7月よりラスベガス及びロサンゼルス郊外(バーバンク)にて行われた[1]。2007年5月開催のカンヌ国際映画祭にて宣伝を目的とした上映が行われる見込みである[2]。

目 次

1 出演
2 梗概
3 参考資料
4 公式サイト



・出演
ジョージ・クルーニー (ダニエル・オーシャン)
ブラッド・ピット (ラスティ・ライアン)
マット・デイモン (ライナス・コールドウェル)
アル・パチーノ (ウィリー・バンクス)
バーニー・マック (フランク・キャットン)
アンディ・ガルシア (テリー・ベネディクト)
ケイシー・アフレック (バージル・モロイ)
スコット・カーン (ターク・モロイ)
カール・ライナー (ソール・ブルーム)
ドン・チードル (バシャー・ター)
秦少波 (イエン)
エディ・ジェイミソン (リビングストン・デル)
エリオット・グールド (ルーベン・ティシュコフ)
セリーヌ・ディオン (セリーヌ・ディオン)
曙太郎 (力士)



・梗概

ラスベガスのホテルやカジノを経営するバンクスに報復をするために、オーシャンらはベネディクトと手を取り合う。


・参考資料
^ Ocean's 13 to Start on July 21 - ComingSoon.net
^ Variety.com - 'Ocean's Thirteen' to bow at Cannes

・ 公式サイト
オーシャンズ13
Ocean's Thirteen
スティーブン・ソダーバーグ監督作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【動画】<第60回カンヌ国際映画祭>監督が語る、元情報局員の死とロシアの実態

<第60回カンヌ国際映画祭>監督が語る、元情報局員の死とロシアの実態って、真相は?



第60回カンヌ国際映画祭でのドキュメンタリー映画監督が語る、アレクサンドル・リトビネンコの中毒死事件、、ロシア政府というか、プーチン大統領が直接関わったとか、そんなはずはないとか・・・

ただ、一般人のサムライが思うに、

●「ウランの100億倍の比放射能を有する放射性物質のポロニウム210が大量に検出されたと報じた。

ポロニウム210が体内に取り込まれた場合、アルファー線を被曝することになる。大量のポロニウム210を人工的に作るには、原子力施設など大がかりな設備が必要とされる。」

といった、報道から、国家権力レベルが関わっているに違いない・・・

と推測したり、逆に、そんな「見えみえ」の手で、国家権力が、海外で、抹殺など狙うのであろうか??

かえって、ロシアや、プーチンをはめようとしている勢力の仕業では??

なんて、想像を逞しくしちまうが、

この「ドキュメンタリー映画」のオチは、真実は、いったい何なんだろうか??

見てみるかね、この映画・・・



▽今日の豆知識▽

アレクサンドル・リトビネンコ


アレクサンドル・ヴェルタロヴィチ・リトビネンコ(ロシア語:Александр Вальтерович Литвиненко、1962年8月30日 - 2006年11月23日) は、元ロシア市民で、ソ連国家保安委員会(KGB)、ロシア連邦保安庁(FSB)の元職員。階級は元中佐。

目 次

1 経歴
1.1 中毒死事件
2 著書
3 関連項目
4 外部リンク



・経歴
1962年にロシアのヴォロネジに生まれた。1980年、中学校卒業後、軍に召集。

1988年からKGBの防諜部門に勤務。1991年からロシア保安省(MB)、ロシア連邦防諜庁(FSK)、FSBの中央機構で勤務。専門は、テロ対策と組織犯罪対策。1997年、FSB組織犯罪組織工作・活動阻止局の先任作戦職員、第7課副課長。

1998年11月、局の同僚7人と共に記者会見を開き、1997年11月に局長エフゲニー・ホホリコフ少将とアレクサンドル・カムイシュニコフ大佐がボリス・ベレゾフスキーとミハイル・トレパシュキンの暗殺を口頭で指示し、彼らは、命令を拒否したと発表した。

また彼は、FSBの一部幹部職員が政治的脅迫や契約殺人(つまり殺し屋)などの犯罪活動にFSBを利用していると告発した。それ以来、彼は脅迫を受けるようになった。ウラジーミル・プーチンは当時、FSB長官を務めていた。

1999年3月、権限踰越の容疑で逮捕され、レフォルトヴォ拘置所に収監。同年11月、無罪となったが、無罪判決の言い渡し直後にFSB職員により別件逮捕され、ブトゥイルスカヤ刑務所に収監。2000年、犯罪構成要件の不在により裁判は停止されたが、3度目の刑事告発が行われた。今度は、出国しないという条件の下で釈放された。

2000年11月1日に彼は、政治的弾圧を非難して、ロシアからトルコ経由でイギリスに亡命した。このため、4度目の刑事告発が行われ、2002年、欠席裁判において禁固3年半(執行猶予1年)の判決が下された。2006年10月にイギリスの市民権を得た彼は、ロシアのプーチン政権と、チェチェンに対するロシア政府の対応を徹底的に批判する。

2002年に Yuri Felshinsky,Geoffrey Andrewsと『Blowing Up Russia:Terror From Within』を共著。そのなかで彼は、「1999年にモスクワなどロシア国内3都市で発生し、300人近い死者を出したロシア高層アパート連続爆破事件は、チェチェン独立派武装勢力のテロとされたが、 実は第2次チェチェン侵攻の口実を得ようとしていたプーチンを権力の座に押し上げるためFSBが仕組んだ偽装テロだった」と証言した。 (リャザン事件を参照)

同年の「ルビヤンカの犯罪集団」(Gang from Lubyanka, Лубянская преступная группировка)(2002年)ではプーチンがFSB時代、自ら組織犯罪に手を染めていたと暴露。
2003年には豪テレビ局の取材に対し、モスクワ劇場占拠事件の疑問点を指摘し、犯行グループの内2人はFSBの工作員だった可能性を指摘した。[1]

彼は、FSBでの活動に多くの経験をもつ一人であるため、プーチン大統領に対する彼の批判をよく思わない敵がいるモスクワからの手配者リストに載っているとされていた。
加えて、ロシア内務省の特殊部隊「ヴィチャージ」の射撃訓練で、彼の顔写真を標的に使っていたことが、英国の報道等で発覚している。


中毒死事件

 2006年11月1日に、彼は、プーチン政権に対し、批判的な報道姿勢で知られたジャーナリスト:アンナ・ポリトコフスカヤの射殺事件の真相を究明する為、イタリア人教授:『マリオ・スカラメッラ』(事件後、『武器密輸』、『国家機密漏洩』の罪状で、イタリアはナポリの空港で逮捕された。)と名乗る人物と、ロンドンのピカデリーサーカス周辺の寿司レストランで会食後、体調が悪化、病院に収容された。

11月19日、イギリスのマスコミは、タリウム中毒が疑われ、プーチン政権による毒殺未遂の可能性が濃いと報道、翌日リトビネンコ氏は集中治療室に移された。ロンドン警視庁(スコットランドヤード)の対テロ捜査部門は、毒殺が企てられたものとして捜査を開始。11月22日病院側は,毒物はタリウム以外の放射性物質であると発表した。


ロシア大統領府のペシコフ副報道官は、「リトビネンコ氏の毒殺未遂事件にロシア政府が関与するなどあり得ない。全くばかげたことだ」 と反駁した。

彼は、集中治療室に収容されていたが、11月23日に死亡した。享年44。

11月24日のBBC放送は、彼の体内から、ウランの100億倍の比放射能を有する放射性物質のポロニウム210が大量に検出されたと報じた。ポロニウム210が体内に取り込まれた場合、アルファー線を被曝することになる。大量のポロニウム210を人工的に作るには、原子力施設など大がかりな設備が必要とされる。英外務省は同日、フェドトフ駐英ロシア大使を通じ、事件関連情報の提供をロシア政府に要求した。

25日付の英紙タイムズは、英国内務省の防諜機関で国内の治安を担当する情報局保安部(MI5/SS)と英国外務省の対外諜報機関:情報局秘密情報部(MI6/SIS)も捜査に加わったと報道。同紙は、「動機、手段、機会の全てがFSBの関与を物語っている」 と指摘した。捜査当局は同日、リトビネンコ氏の自宅と同氏が事件当日に紅茶を飲んだといわれるロンドン市内のホテルと寿司屋を捜索し、この3カ所で放射性物質の痕跡を確認。英内務省と健康保護庁は緊急ホットラインを設け、寿司屋やホテルのバーを利用した市民に放射能を探知するための尿検査を受けるよう呼びかけた。中には日本人観光客らも被害を受けた可能性があるとも報じられた。

ロンドン警視庁は27日、プーチン大統領と敵対し、同国に亡命しているロシアの政商ベレゾフスキーの事務所から、ポロニウム210の痕跡が検出されたと発表した。ロシア国内では、同氏が毒殺に関与したとの見方が強い。[2]

29日付のロシア紙イズベスチヤは、リトビネンコが核物質密輸を行っていた可能性があると報じた。

11月29日、英国の航空会社:ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、欧州便22機から、少量の放射線反応があったことを発表、10月25日以降の合計221便に搭乗した合計3万3000人余りに対し、保健省緊急窓口への連絡を要請した。便名は自社のウェブサイトで公表している。

21日に作成されたリトビネンコの遺書は、25日に公表された。その遺書のなかで、プーチン大統領を名指し、「冷酷者プーチンよ、あなたは一人の人間を黙らせることに成功したかもしれない。だがプーチンよ、あなたの耳には終生、世界中の人々の抗議の声が響き続けよう」と警告。更に、「あなたは、自らの野蛮で冷酷な一面を示したのだ」と指摘して、プーチン大統領を激しく糾弾した。

2007年1月に、リトビネンコの中毒死事件を題材にした映画をジョニー・デップがプロデュースし、制作すると報じられた。


・著書
「FSBがロシアを破壊する」(2001年、ニューヨーク。ユーリー・フェリシュチンスキーと共著。)
「ルビヤンカの犯罪集団」(2002年)

・関連項目
アンナ・ポリトコフスカヤ
ボリス・ベレゾフスキー
ユーリ・シチェコチヒン

・外部リンク
ウィキニュースにアレクサンドル・リトビネンコに関連するニュースがあります。
ロシアの元情報機関中佐が死亡、毒殺かBBC report on poisoning
Sunday Times report on poisoning
Telegraph report on poisoning
Guardian report on poisoning
Terror99 Information on the Russian apartment bombings and books by Aleksander Litvinenko

カテゴリ: ロシアの人物 | 1962年生 | 2006年没

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<第60回カンヌ国際映画祭>馬と人間の性愛を描いた衝撃作『Zoo』上映

▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分でペニス増大↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!



<第60回カンヌ国際映画祭>馬と人間の性愛を描いた衝撃作『Zoo』上映



馬とヤル男の実話って言われても・・・

やけくそサムライ・・じゃなくて、カンヌ漬け侍の

最後の「カンヌ映画祭」の話題は、、、

な、な、なんと「お馬さんと、いたしてた実話中の男」の話・・・

衝撃作「Zoo」・・・・

でも、記事を読んでみると、単なるエログロ(ならカンヌに出れる訳ないし・・)
ではなく、何かの真実を描き出そうとしておる作品らし〜〜い、、

だが、天地がひっくりかえっても、サムライは、馬とはしとうない。。

でも、ちょっとこのZooちゅうのは、見てみたい気もするのう!!

その場面(って、実際にビデオ映像に残していたらしいのが、しんじられな〜〜い)
の実写などのシーンは一切使われていないらしい、、

ますます、知的(痴的???)好奇心だけは、刺激されるのう・・

じゃが、この実話の主人公に「同情する」のはなぜじゃ??

エージェントかなんか知らんが、私生活がどんなに大変でも、変態は変態じゃろうに??

古式ゆかしい、サムライには、理解不能じゃ!!

ちゃん、チン!!


注意: この項目には未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれている可能性があります。不快に感じる方は閲覧をご遠慮ください。

獣姦(じゅうかん)とは、人間が人間以外の動物と行う性行為のこと。

目次

1 概要
1.1 歴史
1.2 動物
1.3 衛生上の問題

2 神話上の獣姦

3 獣姦を主題にした作品
3.1 映画作品
3.2 アダルトビデオ

4 その他

5 関連項目

6 書籍



[1] 概要

世間一般の価値観からいえば拒絶される傾向も強く、これらは相当数が他に知られない形で行われていると見られている。本来の生殖行為から逸脱している事もあり、これを忌避する文化圏は多い。他方では性的に欲求不満となった男性が緊急的にこれら行為にふけるケースも見られる。

男性の場合は、性的欲求不満が高じると精神衛生上の問題を抱えるため、自慰(手淫)によってこれを解消する事があるが、これに満足しない場合に獣姦に走ることがある。

犬などとの交合で妊娠することは無いが、受精はする。しかしながら、染色体などの違いから着床まで至らないために妊娠しない。宗教的に妊娠を人の誕生とするか、受精を人の誕生するかによって意見が分かれる。


[1.1] 歴史

中世ヨーロッパなどではイヌ等と交合したなどとして、男性、女性とも魔女狩りにより処刑されたケースもあったと言われている。

古代インカでは酪農家は家畜に餌を食ませるため、かなり遠い地域まで草を求めて遠征したが、この仕事は男性の仕事とされ、何週間も家族とも人間の社会とも離れて生活するため、孤独を癒すために家畜のヤギやリャマで発散したと言われている。

[1.2] 動物

類人猿に限らず幼少時から人間に育てられた動物が人間に求愛行動をすることはコンラート・ローレンツによって報告されている。

アラビアンナイトには人間の女性を襲う狒狒が登場するが、そのように学習された狒狒ならこれがあながち荒唐無稽な話とは言い切れない。また、獣姦は、動物虐待とみなされることもある。

イヌ
陰茎のサイズが人間に近い。イヌは嗅覚に優れ、ヒトの女性にも発情するケースもあるとされる。アンダーグラウンドに流布されているポルノ作品の中には、ヒトの女性とオスイヌとの交合を扱ったものも多く見受けられる。

ヤギ
体の大きさ的に運動しやすくおとなしい


精液の量が非常に多いので、フェラチオにより射精に導くポルノ作品に使われることがある。ポルノ映画においては一部作り物の馬の陰茎を用いていることも多い。後述のとおり危険性が高いためである。

2005年7月には、アメリカワシントン州のシアトルにて、農場に深夜入り込んで馬との獣姦(アナルセックス)を試みた男性が直腸破裂で死亡しているのが発見されるというニュースも報じられている。

馬の生殖器は最大で成人男性の腕ほども在るため、このような行為は致死の危険を伴うが、人間には無い異常なサイズを求めてそのような行為を求める向きも見られる。

その他
ブタ、ニワトリの産卵管など。
1956年6月、東京の井の頭自然文化園で象小屋に侵入した男が象と試みて踏み殺されている。

[1.3] 衛生上の問題
昔は、主に梅毒などの性病患者が性処理のために、イヌを獣姦するケースがあり、性病にイヌが感染して、衛生的な問題となったことがある。

性病の治療薬の普及によって、イヌの性病感染は減少したが、現在でも治療薬が不足している中国やアフリカ諸国では、梅毒に感染したイヌを目撃することがある。

いずれにせよ、人間ほどには衛生的ではない動物と交合する事による感染症などのリスクを伴う。一説では梅毒は元々は家畜の病気であったが、先に挙げたインカの男性から女性へ、更にはインカを征服したスペイン人へと伝播し、そこから世界に広がったと言われている。(なお、これはインカ文明研究における風説の域を出ず、コロンブスがカリブ海周辺からヨーロッパへ持ち帰ったとする説もあり、医学的にはこちらが有力視されている)



[2] 神話上の獣姦

獣姦は芸術、文学の分野においてもしばしば登場する。その中でもギリシャ神話において獣姦が行われており、白鳥に変じたゼウスとレダ(ただし、一説では性交ではなく抱きしめただけで懐妊したともある。

この結果、後にトロイ戦争の火種となるヘレネが誕生する)をはじめ、古代エジプト、ミノス王の妃でありながら牛と通じてミノタウロスを産んだパシファエ(パーシパエー)などの例が有名である。


[3] 獣姦を主題にした作品

かつて獣姦物はアンダーグラウンドな領域を中心としたポルノ作品として出回っていたが、現代では一種の特殊な嗜好として一定の市場を形成し、人気作品になっているものもある。


[3.1] 映画作品

楢山節考(1983年)東映
獣姦が主題の映画ではないが、豚を相手に性欲処理する男が登場する。

犬とおばさん(1995年)エクセス
主演女優(辻真亜子)と犬との獣姦を描いた作品。成人映画ながら広告媒体などを通じ一般に広く知られ、獣姦が社会で認知される契機となった。

続・犬とおばさん(1995年)エクセス
前作のヒットを受けて作られた獣姦作品。


[3.2] アダルトビデオ

獣皇(グローリークエスト)
女優と犬との獣姦シリーズ物。2003年のシリーズ開始以来人気が続き、2007年4月3日にはシリーズ第33作となる作品が発表されている。

女優の性器にはモザイク処理が施されているが犬の性器にはモザイク処理がなく、女優と犬の交合、犬の射精、女優への犬の中出しなどが楽しめる作品となっている。


変態快楽ドッグレズファック(2005年)アルファーインターナショナル
レズ物。男優の代わりに犬が登場し、女優と交合するシーンがある。
パイパンニューハーフ獣姦(2006年)アルファーインターナショナル
ニューハーフと犬との交合シーンがある。

[3.3] その他

オタク文化の中には、「ケモノ」と形容されるジャンルが存在し、擬人化されたいわゆる獣人や、架空の生物などを対象とした同人・商業作品が見られる。これらはいわゆる獣姦とは異なるモノでは在るが、いずれも性的な描写を含む傾向が強く、それらの「ケモノ(獣)」に対して萌えなどとする表現も散見される。

性欲の偏向という意味では、これも獣姦に等しい部分を含むが、その一方でオタク文化にはいわゆる「二次元コンプレックス」と呼ばれる非生物に対しての「萌え」の様式もあるため、元々そのような傾向への閾値(いきち)が低いのかもしれないが、その一方で実際の・現実世界での性交には消極的な傾向も見出せるため、やはり「似て異なるモノ」なのかもしれない。

なお、動物を生物(生命体)という範囲まで広げた場合、「異種姦」と呼ばれる場合がある。(関連=触手責め)


[4] 関連項目
バター犬
ラシャメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス



【動画】<第60回カンヌ国際映画祭>コンペ部門出品作『Paranoid Park』記者会見、ガス・ヴァン・サント監督ら出席

カンヌ映画祭に、ガス・ヴァン・サント監督『Paranoid Park』が登場って!



カンヌ連発、動画なんで、よく見てみて頂戴な!!

そういや、世界の三船敏郎、、の名前も、受賞作品とかになかったけど何かはもらってんのかね?

でも、ほんまに、北野武ちゅうのは、異才、天才なんじゃのう〜〜

だって、こんな映画祭のレッドカーペットの上で、ちょんまげ被りもん
しちゃうんだもの・・・痛快!!

by サムライじゃ!!


ガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant,1952年7月24日 - )は映画監督であり、写真家、音楽家、作家。ケンタッキー州ルイビル出身。インディペンデント映画を語る上ではずせない監督である。現在はオレゴン州・シーサイドに住む。

ニューヨークのデザイン学校で学んだ後にコマーシャル製作の仕事に就き、一時期ロジャー・コーマンの元で助手として働いていたこともある。1985年に映画監督としてデビュー。

映画制作以外にも幅広く活躍しており、1995年には写真集を、1997年には小説を出版し、ミュージシャンとしてソロ・アルバムもリリースしている。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズやトレイシー・チャップマン、エルトン・ジョン、デヴィッド・ボウイなどのミュージック・ビデオも何本か製作している。

2007年7月21日より、シネマライズにて「マラノーチェ」が日本初公開。本作は1985年に製作され映画祭などで絶賛されながらも一般公開に至らなかった、ガス監督の長編デビュー作。  後の「ドラッグストア・カウボーイ」「マイ・プライベート・アイダホ」を含むポートランド三部作の第一作目としても知られているガス監督の原点となる作品。


[編集] 主な監督作品
『マラノーチェ』 -MALANOCHE (1985)
『ドラッグストア・カウボーイ』 -Drugstore Cowboy (1989)
『マイ・プライベート・アイダホ』 -My Own Private Idaho (1991)
『カウガール・ブルース』 -Even Cowgirls Get the Blues (1993)
『誘う女』 -To Die For (1995)
『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』 -Good Will Hunting (1997)
『サイコ』 -Psycho (1998)
『小説家を見つけたら』 -Finding Forrester (2000)
『GERRY ジェリー』 -Gerry (2002)
『エレファント』 -Elephant (2003)
『ラストデイズ』 -Last Days (2005)

[編集] プロデュース作品
『KIDS/キッズ』 -Kids (1995) 製作総指揮
『ターネーション』 -Tarnation (2004) 製作総指揮

[編集] 主な受賞
1998年『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー監督賞にノミネート。
2003年、『エレファント』でカンヌ映画祭のパルム・ドールと監督賞を同時受賞した(史上初)。
カテゴリ: アメリカ合衆国の映画監督 | ケンタッキー州の人物 | 1952年生
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<第60回カンヌ国際映画祭>コンペティション部門出品作『PARANOID PARK』上映会にジェーン・バーキン登場 - フランス

▼【期間限定!思い切って! 2万2千円値引き】シトルリンΩ5箱セット

▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!






▲『シトルリンΩ』新医薬成分でペニス増大↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!


パルム・ドール(Palme d'Or)受賞作みて、カンヌはやっぱ歴史だわ!



パムールドール・・・カンヌ映画祭の最高の賞・・・

サムライぶっこくね、、、

失われた週末第3の男、なんかにはじまって、

タクシードライバー地獄の黙示録影武者楢山節考

なんて、やっぱ、選ばれてるものがすげえ、

でも、サムライの趣味としちゃあ、


スタンリーキューブリック監督作品の

2001年宇宙の旅、博士の異常な愛情、フルメタルジャケット、、

なんか、1つくらい入って欲しかったぞよ。。

これまた、残念・・


▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分でペニス増大↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!



◎今日の豆知識・・・パムールドール(Palme d'Or)とは◎

パルム・ドール(Palme d'Or)は、カンヌ国際映画祭(1946年-)の最高賞の名前

当初は、最高賞を「グランプリ」(Grand Prix du Festival International du Film 、世界の映画のグランプリ)としていたが、1955年にトロフィーの形にちなんだ「パルム・ドール」(黄金のシュロ)を正式名称とし、「グランプリ」とも呼ばれる形とした。1965年に最高賞の正式名称を「グランプリ」に戻すが、1975年に再度「パルム・ドール」としている。

長らくはカンヌにおいても「グランプリ」とは最高賞の正式名称もしくは「パルム・ドール」の別名であったが、1990年に審査員特別賞(前年までの名称は'Grand Prix Spécial du Jury'、直訳で審査員特別賞となる)にあたる賞に「グランプリ」の名が与えられることとなり、混乱を招いている。

以下は受賞作の一覧である。


Palme d'Or

目次
1 1940年代
2 1950年代
3 1960年代
4 1970年代
5 1980年代
6 1990年代
7 2000年代
8 関連項目



[1] 1940年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1946年 もだえ
Hets アルフ・シェーベルイ
Alf Sjoberg スウェーデン
1946年 失われた週末
The Lost Weekend ビリー・ワイルダー 米国
1946年 地球は赤くなる
De Røde enge ボディル・イプセン&ラウ・ラウリッツェン
Bodil Ipsen & Lau Jr. Lauritzen デンマーク
1946年 Neecha Nagar Chetan Anand インド
1946年 逢びき
Brief Encounter デヴィッド・リーン
David Lean イギリス
1946年 マリア・カンデラリア
Maria Candelaria エミリオ・フェルナンデス
Emilio Fernandez メキシコ
1946年 偉大な転換
Velikij perelom フリードリッヒ・エルムレル
Fridrikh Ermler ソ連
1946年 田園交響楽
La Symphonie pastorale ジャン・ドラノワ
Jean Delannoy フランス
1946年 最後のチャンス
Die Letzte Chance レオポルト・リントベルク
Leopold Lintberg スイス
1946年 翼のない男たち
Muzi bez krídel M. Cap チェコスロバキア
1946年 無防備都市
Roma, città aperta ロベルト・ロッセリーニ
Roberto Rossellini イタリア
1947年 受賞作なし
1948年 映画祭は開催されなかった
1949年 第三の男 キャロル・リード イギリス

註:表中太字の邦題は日本公開作

[2] 1950年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1950年 映画祭は開催されなかった
1951年 令嬢ジュリー
Fröken Julie アルフ・シェーベルイ
Alf Sjoberg スウェーデン
1951年 ミラノの奇跡
Miracolo a Milano ヴィットリオ・デ・シーカ
Vittorio De Sica イタリア
1952年 オセロ オーソン・ウェルズ モロッコ
1952年 2ペンスの希望
Due soldi di speranza レナート・カステラーニ
Renato Castellani イタリア
1953年 恐怖の報酬
Le Salaire de la peur アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
Henri Georges Clouzot フランス
1954年 地獄門 衣笠貞之助 日本
1955年 マーティ
Marty デルバート・マン
Delbert Mann 米国
1956年 沈黙の世界
Le Monde du silence ジャック=イヴ・クストー

ルイ・マル
Jacques-Yves Cousteau & Louis Malle フランス
1957年 友情ある説得
Friendly Persuasion ウィリアム・ワイラー
William Wyler 米国
1958年 戦争と貞操
Letjat zhuravli ミハイル・カラトーゾフ
Mikhail Kalatozov ソ連
1959年 黒いオルフェ
Orfeu Negro マルセル・カミュ
Marcel Camus フランス


[3] 1960年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1960年 甘い生活 フェデリコ・フェリーニ イタリア
1961年 かくも長き不在
Une aussi longue absence アンリ・コルピ
Henri Colpi フランス
1961年 ビリディアナ
Viridiana ルイス・ブニュエル
Luis Bunuel スペイン
1962年 サンタ・バルバラの誓い
O Pagador de Promessas アンセルモ・デュアルテ
Anselmo Duarte ブラジル
1963年 山猫 ルキノ・ヴィスコンティ イタリア
1964年 シェルブールの雨傘
Les Parapluies de Cherbourg ジャック・ドゥミ
Jacques Demy フランス
1965年 ナック
The Knack リチャード・レスター イギリス
1966年 男と女
Un homme et une femme クロード・ルルーシュ
Claude Lelouch フランス
1966年 蜜がいっぱい
Signore & signori ピエトロ・ジェルミ
Pietro Germi イタリア
1967年 欲望 ミケランジェロ・アントニオーニ イタリア
1968年 パリ五月革命で中止
1969年 If もしも.... リンゼイ・アンダーソン
Lindsay Anderson イギリス


[4] 1970年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1970年 M★A★S★H マッシュ ロバート・アルトマン 米国
1971年 恋
The Go-Between ジョゼフ・ロージー
Joseph Losey イギリス
1972年 労働者階級は天国に入る
La Classe operaia va in paradiso エリオ・ペトリ
Elio Petri イタリア
1972年 黒い砂漠
Il Caso Mattei フランチェスコ・ロージ
Francesco Rosi イタリア
1973年 雇い人
The Hireling アラン・ブリッジス
Alan Bridges イギリス
1973年 スケアクロウ
Scarecrow ジェリー・シャッツバーグ
Jerry Schatzberg イギリス
1974年 カンバセーション…盗聴…
The Conversation フランシス・フォード・コッポラ 米国
1975年 小さな火の歴史
Chronique des annés de braise Mohammed Lakhdar-Hamina アルジェリア
1976年 タクシードライバー マーティン・スコセッシ 米国
1977年 父 パードレ・パドローネ
Padre padrone パオロ・タヴィアーニ

ヴィットリオ・タヴィアーニ
Paolo Taviani & Vittorio Taviani イタリア
1978年 木靴の樹
L'Albero degli zoccoli エルマンノ・オルミ
Ermanno Olmi イタリア
1979年 地獄の黙示録 フランシス・フォード・コッポラ 米国
1979年 ブリキの太鼓
Die Blechtrommel フォルカー・シュレンドルフ
Volker Schlondorff 西ドイツ


[5] 1980年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1980年 オール・ザット・ジャズ ボブ・フォッシー 米国
1980年 影武者 黒澤明 日本
1981年 鉄の男 アンジェイ・ワイダ ポーランド
1982年 ミッシング・罠 コスタ・ガヴラス 米国
1982年 路(みち) ユルマズ・ギュネイ トルコ
1983年 楢山節考 今村昌平 日本
1984年 パリ、テキサス ヴィム・ヴェンダース 西ドイツ
1985年 パパは、出張中! エミール・クストリッツァ ユーゴスラビア
1986年 ミッション ローランド・ジョフィ イギリス
1987年 悪魔の陽の下に モーリス・ピアラ' フランス
1988年 ペレ ビレ・アウグスト デンマーク
1989年 セックスと嘘とビデオテープ スティーブン・ソダーバーグ 米国


[6] 1990年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
1990年 ワイルド・アット・ハート デヴィッド・リンチ 米国
1991年 バートン・フィンク コーエン兄弟 米国
1992年 ベスト・インテンション ビレ・アウグスト デンマーク
1993年 さらば、わが愛/覇王別姫 チェン・カイコー 中国
1993年 ピアノ・レッスン ジェーン・カンピオン ニュージーランド
1994年 パルプ・フィクション クエンティン・タランティーノ 米国
1995年 アンダーグラウンド エミール・クストリッツァ ユーゴスラビア
1996年 秘密と嘘 マイク・リー イギリス
1997年 桜桃の味 アッバス・キアロスタミ イラン
1997年 うなぎ 今村昌平 日本
1998年 永遠と一日 テオ・アンゲロプロス ギリシャ
1999年 ロゼッタ リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ ベルギー


[7] 2000年代
開催年 受賞作 受賞者(監督) 国
2000年 ダンサー・イン・ザ・ダーク ラース・フォン・トリアー デンマーク
2001年 息子の部屋 ナンニ・モレッティ イタリア
2002年 戦場のピアニスト ロマン・ポランスキー フランス
2003年 エレファント ガス・ヴァン・サント 米国
2004年 華氏911 マイケル・ムーア 米国
2005年 ある子供 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ ベルギー
フランス
2006年 麦の穂をゆらす風 ケン・ローチ イギリス


関連項目
ショパール
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB" より作成
カテゴリ: カンヌ国際映画祭 | 映画の賞
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:外国映画の女優



<第60回カンヌ国際映画祭>コンペティション部門出品作『A Mighty Heart』のフォトコールにアンジェリーナ・ジョリー登場 - フランス

◆カンヌのアンジェリーナ・ジョリーは、笑顔がすてき


まあ、まんめに笑みの「アンジェリーナ!」いいっすね。

トゥームレイダーのアンジェリーナ・ジェリーから大ファン

な、サムライなんでござるが・・・

でも、その頃と比べると、ちょっと老けたかな?

残念・・・

↓↓『ベガテックス』で、あなたのペニスは大きくなる!↓↓



▲『ベガテックス』今だけ!代引手数料無料キャンペーン!


△『ベガテックス』 ペニス増大ハイブリットリング!△




◎今日の解説・・もち、アンジェリーナ・ジョリーについて、、◎



アンジェリーナ・ジョリーアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie, 1975年6月4日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの女優。本名同じ。

父親は俳優のジョン・ヴォイト(Jon Voight)、母親は女優のマルシェリーヌ・ベルトランMarcheline Bertrand)、兄はジェイミー・ヘヴン・ヴォイトと、演劇一家に生まれた。

目次
1 来歴
2 評価、エピソード
3 主な出演作品
3.1 声の出演
4 著書
5 外部リンク



来歴
名門リー・ストラスバーグ演劇学校、ニューヨーク大学の芸術学部映画学科で学ぶ。また、ロンドン・ニューヨーク・ロサンゼルスでモデルとして活躍。最初の結婚は『サイバーネット』で共演したジョニー・リー・ミラー。2000年5月に『狂っちゃいないぜ!』で共演したビリー・ボブ・ソーントンと再婚。2003年5月、離婚。この頃から、父親であるジョン・ヴォイトとの関係が悪化する。

1999年の『17歳のカルテ』でアカデミー助演女優賞を受賞。その他代表作には『ポワゾン』『トゥームレイダー』『Mr.&Mrs. スミス』などがある。

国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR) の親善大使も務める。その活動の一環として、2002年3月にカンボジア人の男児、2005年7月にエチオピア人の女児、2007年3月にベトナム人の男児をそれぞれ養子として引き取る。一方2006年5月には、ナミビアで俳優ブラッド・ピットとの間の実娘を出産した。

本名は父親の姓を含めたアンジェリーナ・ジョリー・ヴォイト(Angelina Jolie Voight)であったが、2002年7月に改名を裁判所に申請。ロサンゼルス上級裁判所がこれを認めたことにより、同年9月12日から芸名と同じアンジェリーナ・ジョリーとなった。


[編集] 評価、エピソード
俳優としてはハリウッドを代表する実力派として評価される。一方、2006年に行われた調査「ハリウッドAリスト俳優(人気とギャラが高いハリウッド俳優)で最も人気がない俳優」において2位であった(1位はトム・クルーズ)。演技の面では実力派であっても、私生活において略奪愛などが報じられイメージが悪い為と思われる。これを裏付けるエピソードとして、ファッションブランド「セント・ジョン」のイメージモデルになったが、「あんな品のない女性が、このブランドの顔になるなんて信じられない」と同ブランドのファンからバッシングを受け、1シーズンで契約が打ち切りになりかけた事がある。
養子3人とブラッド・ピットとの間に実の娘がいるが、養子ばかりを可愛がり実子の世話はブラッド・ピットにほとんど押し付けており、育児放棄ではないか、と報じられている。[要出典]
十代の頃、当時交際していた彼氏と同棲中、ナイフでお互いを傷つけあって快感を得た(彼女曰く普通のセックスでは飽き足らず、たまたまナイフで怪我をした瞬間、それが快感になったという)という壮絶な体験を公言するなど、私生活ではかなり特異なイメージがあるが、最低限のルールとして浮気・不倫は一切しないししていないと公言している(これは両親の離婚の影響である)。また、女優・モデルのジェニー・シミズが、1990年代はじめにアンジェリーナとレズビアンな関係にあったとインタビューで語った。
 


[編集] 主な出演作品
サイバーネット Hackers(1995)
ジーア/悲劇のスーパーモデル -Gia(1997年)
マイ・ハート、マイ・ラブ Playing by Heart (1998)
狂っちゃいないぜ Pushing Tin (1998)
ボーン・コレクター -The Bone Collector(1999年)
17歳のカルテ -Girl, Interrupted(1999年)
60セカンズ -Gone in Sixty Seconds(2000年)
ポワゾン -Orignal Sin(2001年)
トゥームレイダー -Tomb Raider(2001年)
ブロンド・ライフ Life or Something Like it (2002年)
トゥームレイダー2 -Lala Craft Tomb Raider : The Cradle of Life(2003年)
すべては愛のために -Beyond Borders(2003年)
テイキング・ライブス -Taking Lives(2004年)
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー -Sky Captain and World of Tomorrow(2004年)
シャーク・テイル -Shark Tale(2004年)- 声優として出演
アレキサンダー - Alexander(2004年)
Mr.&Mrs. スミス -Mr. and Mrs. Smith(2005年)
グッド・シェパード-Good Shepard(2006年)
べオ・ウルフ-Beo Wolf(2006年)

[編集] 声の出演
パラッパラッパー(ポーラ)

[編集] 著書
「思いは国境を越えて」 中西絵津子訳 産業編集センター 2003年 ISBN 4916199561

[編集] 外部リンク
ウィキメディア・コモンズに、アンジェリーナ・ジョリーに関連するマルチメディアがあります。Angelina Jolie - Internet Movie Database
Angelina Jolie, UNHCR Goodwill Ambassador(英語版)
Angelina Jolie's Refugee Journals(英語版)
Brad Pitt and Angelina Jolie Profile(英語版)
Baby girl born at Welwitschia Clinic in Walvis Bay, Namibia(英語版)
Angelina & Brad Have a Girl!, born at The Cottage Hospital, Swakopmund, Namibia(英語版)
WCBS-TV report on official Baby 'Brangelina' Images(英語版)


カテゴリ: 出典を必要とする記事 | アメリカ合衆国の俳優 | カリフォルニア州の人物 | フランス系アメリカ人 | 1975年生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:ハリウッド


JUGEMテーマ:映画賞・映画祭


JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス



           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM