スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<2007ミス・ユニバース>各国代表が民族衣装を披露〜これって和服?舞台衣装?


ミス・ユニバース
優勝者の
森理世さん、、

人気が、長続きしまんな〜〜


森理世
さんや、


ミス・ユニバース
の話題って、大分前に枯れたと思ったんスけど、


森理世
さんも、

1年間は、
ミス・ユニバース
として活動する訳だから、動くたびに

1)森理世さんが、活動する。

2)マスコミが追いかけて、取材して、露出する。

3)みんな(ブローカーさん含め)が再度注目する、、

って、繰り返しなんっすかね。。

でも、サムライ自身も、当時書いてたし、今でも一部の心ある(?)ブローカーさんも書いてますけど、

改めて、この
ミス・ユニバースの森理世
さんの

「日本の民族衣装=和服」見せられても、こりゃ、違うわ、、

少なくも、古式ゆかしい、サムライの知っている「和服」とは程遠い、

いわば


「ハリウッド的見世物衣装


ですはな、これは・・・

みんながみんな、超ド派手な「超アレンジ民族衣装」で勝負してるんなら、


「本物の和服」で勝負
しても良かったのに・・・

なんつたって「和服」の良さは、「ウナジ」でしょ!!(って、サムライ個人の趣味に走り過ぎですが・・・)

ちゅうか、ワビ、サビ、が、なんも、ないもんね・・

来年のミス・ユニバースで、森理世さんが、次のミス・ユニバースにトロフィー渡すときには、

本物の和服」姿で、ステージに立って欲しいもんですわ!!



▼関連記事▼

森理世さん優勝 ミス・ユニバース 森理世



 ミス・ユニバースに森理世さん 静岡から「世界一」
 メキシコで開かれたミス・ユニバースの世界大会で静岡市出身の森理世さん(20)がミスユニバースに輝いた。森さんが小さいころからダンスを習い、現在も講師を務めているダンススクールのある静岡市葵区では、古くから森さんを知る人たちが“理世ちゃん”の快挙を祝福した。

 「初めてうちに来たのは理世ちゃんが中学2年生のとき」という近くの美容室「HAIR’S」の店長、杉原吉彦さん(49)は、「当時から背が高く、雰囲気のある子でした」と話す。

 今年1月には、成人式を迎えた森さんが、杉原さんの店に着物の着付けに訪れた。

 「お母さんと自分と理世ちゃんと3人で、着物を選んだんです。4着あったけれど、自分ではどれを着るか決めていたみたいでした」

 森さんは、祖母が近所で「千代田こまち」と呼ばれるなど、地元でも評判の美女の家系に生まれた。母、育子さんのもとで4歳からジャスダンスを始めた。夢であるニューヨーク・ブロードウェーの舞台に立ちたいと、常葉学園高校2年のときに、中退し、カナダのバレエスクールに留学した。

 杉原さんは「カナダに留学するときも、日本と何度も往復しながら、自分にとって最高の環境を探していた。自分に妥協しない姿勢はすごいと思う」と舌を巻く。

 昨年の夏にカナダのスクールを卒業後、ニューヨークのコーラスラインのオーディションに合格。しかしミス・ユニバース事務所の熱心な説得もあり、渡米のわずか2日前に国内審査への挑戦を決意。今年3月に日本代表の座を射止め、栄冠を手にいれた。

 近所に住む主婦は「日本代表に選ばれたあとも、出身の幼稚園の閉園式に、お世話になった先生にあいさつに来ていた。地元を大切にしている子」と目を細める。

 別の主婦も「お母さんは常に理世さんに、調子に乗ってはいけないと言っていた。彼女はいるべき所にいったという感じがする」と、“近所の理世ちゃん”の快挙に、満面の笑みを見せていた。

(出典 : 産経Web)
(2007/05/30 03:20)



<2007ミス・ユニバース>日本代表の森理世さんら 水着撮影に臨む - メキシコ




【メキシコシティ/メキシコ 18日 AFP】メキシコで5月28日に開かれる2007ミス・ユニバース(Miss Universe 2007)世界大会に出場するミス・ユニバース・ジャパン(Miss Japan)の森理世(Riyo Mori)をはじめ各国代表が、16日にカミノレアル・ホテル(Camino Real Hotel Mexico)のプールで水着撮影を行った。(c)AFP/Miss Universe L.P., LLLP/DARREN DECKER

写真は、写真撮影に臨むミス・ユニバース・ジャパン(Miss Japan)の森理世(Riyo Mori)さん。(c)AFP/HO/Miss Universe L.P., LLLP DARREN DECKER

ミス・ユニバース森理世、インドネシアの伝統的マッサージを体験

▼「シトルリンΩ」で、あなたもデッカクなれる!▼



△『シトルリンΩ
ペニス増大サプリ↑新医薬成分でペニス増大△



ミス・ユニバース森理世さん
、、

うううん、お隣のミス・インドネシアの方がかわいかったりして・・・

ミス・ユニバース森理世、インドネシアの伝統的マッサージを体験



【ジャカルタ/インドネシア 2日 AFP】(一部訂正)今年5月に2007年度ミス・ユニバース(Miss Universe 2007)に輝いた日本代表の森理世(Riyo Mori)さんが2日、インドネシアの首都ジャカルタ(Jakarta)で伝統的マッサージを体験した。森さんは、3日に同市で開かれるミス・インドネシア(Miss Indonesia)の最終選考に出席する予定だ。(c)AFP

(写真)2007年8月2日、インドネシアの首都ジャカルタ(Jakarta)で伝統的マッサージを体験する2007年度ミス・ユニバース(Miss Universe 2007)の森理世(Riyo Mori)さん(右)と2006年度ミス・インドネシア(Miss Indonesia 2006)のAgni Pratisthaさん。(c)AFP/Ahmad ZAMRONI


インドネシアとは



インドネシア共和国
Republik Indonesia(インドネシア語)

(国旗) (国章)

国の標語 : Bhinneka Tunggal lka
(古ジャワ語: 多様性の中の統一) 国歌 : 大インドネシア 公用語 インドネシア語
首都 ジャカルタ
最大の都市 ジャカルタ
大統領 スシロ・バンバン・ユドヨノ
首相 なし
面積
- 総計
- 水面積率 世界第15位
1,919,440km²
4.8%
人口
- 総計(2004年)
- 人口密度 世界第4位
238,452,952人
124人/km²
GDP(自国通貨表示)
- 合計(2005年)
2,576兆6,879億ルピア
GDP(MER)
- 合計(2005年) 世界第26位
2,840億ドル
GDP(PPP)
- 合計(2003年)
- 1人当り 世界第15位
7,581億ドル
3,200ドル
独立
- 宣言
- 承認 オランダより
1945年8月17日
1949年12月27日
通貨 ルピア(IDR)
時間帯 UTC (+7 ~ +9)(DST: なし)
ccTLD ID
国際電話番号 62
インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく)は東南アジアの国。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。5000km以上と東西に非常に長く、赤道をまたがる1万7500もの大小の島により構成される。また2億4千万人が住む現在世界第4位の人口である。

島々によって構成されている国家であるためその広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島の東ティモール、カリマンタン島のマレーシア、ニューギニア島のパプアニューギニアの3国だけである。海を隔てて近接している国は、パラオ、フィリピン、シンガポール、オーストラリア。

目 次

1 国名

2 歴史

3 政治
3.1 国是
3.2 行政府
3.3 立法府
3.4 司法府

4 外交

5 軍事

6 地方区分

7 地理
7.1 主な島

8 経済

9 国民
9.1 人口
9.2 言語
9.3 人種
9.4 宗教

10 文化
10.1 教育
10.2 文学
10.3 世界遺産
10.4 祭日

11 関連項目

12 外部リンク
12.1 公式
12.2 その他



[1] 国名

正式名称は、Republik Indonesia(インドネシア語: レプブリク・インドネシア)、略称は、RI(インドネシア語: エル・イー)。

日本語表記は、インドネシア共和国、通称は、インドネシア。

公式の英語表記は、Republic of Indonesia (リパブリック・オヴ・インドニージャ)、略称は、Indonesia 。


[2] 歴史

詳細はインドネシアの歴史を参照

のちにインドネシアとなる地域に住んでいたマレー系の人々は、紀元前1世紀頃から来航するインド商人の影響を受けてヒンドゥー教文化を取り入れ、5世紀頃から王国を建国していった。

諸王国はインドと中国をつなぐ中継貿易の拠点として栄え、シュリーヴィジャヤ王国、クディリ王国、シンガサリ王国、マジャパヒト王国などの大国が興亡した。12世紀以降はムスリム商人がもたらしたイスラム教が広まり、人々のイスラム化が進んだ。

16世紀になると香辛料貿易の利を求めてポルトガル、イギリス、オランダが相次いで来航し、17世紀にはバタヴィア(ジャカルタ)を本拠地としたオランダ東インド会社による覇権が確立された。

1799年に東インド会社が解散され、以後、東インドはオランダ本国政府の直接統治下に入った。オランダ人は18世紀のマタラム王国の分割支配によりジャワ島、19世紀のアチェ戦争によりスマトラ島をほとんど支配するようになる。

この結果、20世紀初頭にはポルトガル領東ティモールを除く東インド諸島のすべてがオランダ領となり、現在のインドネシアの領域がひとつにまとまった。

20世紀初頭には東インド諸島の住民による民族意識がめばえた。ジャワ島では、1908年にブディ・ウトモが結成され、植民地政府と協調しつつ、原住民の地位向上をはかる活動に取り組んだ(その設立日である5月20日が「民族覚醒の日」と定められている)。

1910年代にはイスラームを紐帯とするサレカット・イスラームが東インドで大規模な大衆動員に成功し、1920年代にはインドネシア共産党が労働運動を通じて植民地政府と鋭く対立した。インドネシアの民族主義運動が最高潮を迎えるのは、1927年のスカルノによるインドネシア国民党の結成と、1928年の「青年の誓い」である。

インドネシア国民党の運動は民族の独立(ムルデカ)を掲げ、青年の誓いでは唯一の祖国・インドネシア、唯一の民族・インドネシア民族、唯一の言語・インドネシア語が高らかに宣言された。

しかし、インドネシア共産党は1927年末から1928年にかけて反乱を起こしたことで政府により弾圧され、スカルノやハッタが主導する民族主義運動も、植民地政府によって非合法化された。スカルノらは逮捕され、長く流刑生活を送ることになり、以後の民族主義運動は冬の時代をむかえることになった。

オランダの植民地支配が1942年の日本軍侵攻によって瓦解し、東インドは日本の軍政下に置かれた。日本は大東亜政略指導大綱にもとづき、東インドを大日本帝国領土とする方針を決定した。

日本は流刑先にあったスカルノ、ハッタらに日本軍政への協力を求めた。スカルノ、ハッタは軍政当局による人員・資源などの動員に協力しながら、与えられた公的ポストを活用して民衆の民族意識を鼓舞した。

また、日本は戦局悪化の趨勢を受けてジャワ、スマトラ、バリの現地住民の武装化を決定し、募集したインドネシア人青年層に高度の軍事教練を施した。それらの青年層を中心に、ジャワでは司令官以下すべての将兵がインドネシア人からなる郷土防衛義勇軍(ペタ)が発足した。こうして日本軍政期に軍事教練を経験した青年層の多数が、後の独立戦争期に結成される正規・非正規の軍事組織で、中心的な役割を果たすことになった。

1945年、日本が降伏するとインドネシアの民族主義者は独立を宣言し(独立宣言文の日付は皇紀を用いている)、これを認めず再植民地化に乗り出したオランダと独立戦争を戦った。インドネシア人の側は、外交交渉を通じて独立を獲得しようとする外交派と、オランダとの武力闘争によって独立を勝ち取ろうとする闘争派との主導権争いにより、かならずしも足並みは揃っていなかったが、戦前の峻烈な搾取を排除し独立を目指す人々の戦意は高かった。

独立宣言後に発足した正規軍だけでなく、各地でインドネシア人の各勢力が独自の非正規の軍事組織を結成し、降伏後に日本軍兵器庫から奪ったり、降伏を潔しとしない日本軍人の一部がばら撒いたり横流ししたりした武器・弾薬で武装化した。

これらの銃器の他にも、刀剣、竹槍、棍棒、毒矢などを調達して、農村まで撤退してのゲリラ戦や、都市部での治安を悪化させるなど、様々な抵抗戦によって、オランダ軍を苦しめた。

また、この独立戦争には、軍籍を離脱した一部の日本人(軍人・軍属)も加わっていた。他方でインドネシア政府は第三国(イギリスやオーストラリア、アメリカ合衆国)などに外交使節団を派遣してインドネシア独立を国際的にアピールし、また、発足したばかりの国際連合にも仲介団の派遣を依頼して、外交的な勝利にむけても尽力した。こうした武力闘争と外交努力の結果、1949年12月のハーグ円卓会議で、インドネシアはオランダからの独立承認を得ることに成功した。

オランダからの独立後、インドネシアは新憲法(1950年憲法)を制定し、議会制民主主義の導入を試みた(1955年に初の議会総選挙を実施)。しかし、種族的にも宗教的にもイデオロギー的にも多様なインドネシアで、各派の利害を調整することは難しく、議会制は機能しなかった。

また、1950年代後半には中央政府に公然と反旗を翻す地方反乱が発生し、インドネシアは国家の分裂の危機に直面した。この時期、1950年憲法の下で権限を制約されていた大統領スカルノは、国家の危機を克服するため、1959年7月5日、大統領布告によって1950年憲法を停止し、大統領に大きな権限を与えた1945年憲法に復帰することを宣言した。

ほぼ同時期に国会を解散して、以後の議員を任命制とし、政党の活動も大きく制限した。スカルノによる「指導される民主主義」体制の発足である。スカルノは、政治勢力として台頭しつつあった国軍を牽制するためにインドネシア共産党に接近し、国軍と共産党の反目を利用しながら、国政における自身の主導権を維持しようとした。この時期さかんにスカルノが喧伝した「ナサコム(NASAKOM)」は、「ナショナリズム(Nasionalisme)、宗教(Agama)、共産主義(Komunisme)」の各勢力が一致団結して国難に対処しようというスローガンだった。

スカルノの「指導される民主主義」は、1965年の9月30日事件によって終わりを告げた。国軍と共産党の権力闘争が引き金となって発生したこの事件は、スカルノからスハルトへの権力委譲と、インドネシア共産党の崩壊という帰結を招いた(これ以後、インドネシアでは今日に至るまで、共産党は非合法化されている)。

1968年3月に正式に大統領に就任したスハルトは、スカルノの急進的なナショナリズム路線を修正し、西側諸国との関係を修復、スカルノ時代と対比させ、自身の政権を「新体制 (Orde Baru) 」と呼んだ。

スハルトはスカルノと同様に、あるいはそれ以上に独裁的な権力を行使して国家建設を進め、以後30年に及ぶ長期政権を担った。その間の強引な開発政策は開発独裁と批判されつつも、一定の経済成長を達成することに成功した。その一方で、東ティモール、アチェ、イリアンジャヤなどの独立運動に対しては厳しい弾圧を加えた。

1998年、アジア通貨危機に端を発するインドネシア経済崩壊のなかでスハルト政権は崩壊、インドネシアは民主化の時代を迎えて今日に至っている。スハルト政権末期の副大統領だったユスフ・ハビビが大統領に就任し、民主化を要求する急進派の機先を制する形で、民主化・分権化の諸案を実行した。

スハルト時代に政権を支えたゴルカル、スハルト体制下で存続を許された2つの野党(インドネシア民主党、開発統一党)以外の政党の結成も自由化され、1999年6月、総選挙が実施された。その結果、同年10月、インドネシア最大のイスラーム系団体ナフダトゥル・ウラマーの元議長、ワヒド(国民覚醒党)が新大統領に就任した。

2001年7月、ワヒド政権は議会の信任を失って解任され、闘争民主党のメガワティ政権が発足した。現在は、2004年4月に就任した第6代ユドヨノが大統領の任にある(歴代の大統領については、インドネシアの大統領一覧を参照)。

ブディ・ウトモ
サレカット・イスラーム(イスラム同盟) - チョクロアミノト - アグス・サリム
スカルノ - インドネシア国民党 - 指導される民主主義
モハマッド・ハッタ - インドネシア国民教育協会
シャフリル - アミル・シャリフディン - インドネシア社会党
インドネシア共産党 - 東インド共産党 - マディウン事件 - 9月30日事件
インドネシア国民党 - サルトノ - アリ・サストロアミジョヨ
マシュミ - ナッシール - インドネシア共和国革命政府
インドネシア独立戦争


[3] 政治

詳細はインドネシアの政治を参照


[3.1] 国是

インドネシアは多民族国家であり、種族、言語、宗教は多様性に満ちている。そのことを端的に示すのは「多様性の中の統一 Bhinneka Tunggal Ika」というスローガンである。この多民族国家に国家的統一をもたらすためのイデオロギーは、20世紀初頭からはじまった民族主義運動の歴史の中で、さまざまな民族主義者たちによって鍛え上げられてきた。

そうしたものの一つが、日本軍政末期にスカルノが発表したパンチャシラである。1945年6月1日の演説でスカルノが発表したパンチャシラ(サンスクリット語で「5つの徳の実践」を意味する)は今日のそれと順序と語句が異なっているが、スハルト体制期以降も重要な国是となり、学校教育や職場研修などでの主要教科とされてきた。また、スハルト退陣後の国内主要政党の多くが、今もなお、このパンチャシラを是として掲げている。

現在のパンチャシラは以下の順序で数えられる。 (1) 唯一神への信仰(イスラーム以外でもよいが無宗教は認容されない)、(2) 人道主義、(3) インドネシアの統一、(4) 民主主義、(5) インドネシア全国民への社会正義。



[3.2] 行政府

国家元首の大統領は、行政府の長を兼ねる。その下に副大統領が置かれる。首相職はなく、各閣僚は大統領が指名する。第五代までの大統領と副大統領は、国民協議会(後述)の決議により選出されていたが、第六代大統領からは国民の直接選挙で選ばれている。

任期は5年で再選は1度のみ(最大10年)。憲法改正によって大統領の法律制定権は廃止された。各種人事権については、議会との協議を必要とするなど、単独での権限行使は大幅に制限された。また議会議員の任命権も廃止され、議員は直接選挙によって選出されることになった。



[3.3] 立法府

議会は、(1) 国民代表院 (Dewan Perwakilan Rakyat:DPR:Peoples Representative Council:定数550) 、(2) 地方代表院 (Dewan Perwakilan Daerah:DPD:Regional Representatives Council:定数128) 、そして (3) この二院からなる国民協議会 (Majelis Permusyawaratan Rakyat:MPR:People's Consultative Assembly) 、がある。

まず、(3) の国民協議会は、2001年、2002年の憲法改正以前は、一院制の国民代表院の所属議員と、各州議会から選出される代表議員195人によって構成されていた。国民評議会は、国民代表院とは別の会議体とされ、国家意思の最高決定機関と位置づけられていた。

国民評議会に与えられた権限は、5年ごとに大統領と副大統領を選出し、大統領が提示する国の施策方針を承認すること、1年に1度、憲法と重要な法律の改正を検討すること、そして場合により大統領を罷免すること、であった。

このような強大な権限を国民評議会に与えていることが憲政の危機をもたらしたとして、その位置づけを見直す契機となったのは、国民評議会によるワヒド大統領罷免であった。

3年あまりの任期を残していた大統領を罷免した国民評議会の地位をあらためるため、メガワティ政権下の2001年と2002年におこなわれた憲法改正により、国民協議会は国権の最高機関としての地位を失った。立法権は後述の国民代表院に移されることになり、国民協議会は憲法制定権と大統領罷免決議権を保持するが、大統領選任権を国民に譲渡し、大統領と副大統領は直接選挙によって選出されることになった。

これらの措置により、国民協議会は国民代表院と地方代表院の合同機関としての位置づけが与えられ、また、国民代表院と地方代表院のいずれも民選議員によってのみ構成されているため、国民協議会の議員もすべて、直接選挙で選ばれる民選議員となった。

(1) の国民代表院は、2000年の第2次憲法改正によって、立法、予算審議、行政府の監督の3つの機能が与えられることになった。具体的には立法権に加えて、質問権、国政調査権、意見表明権が国民代表院に与えられ、また、議員には法案上程権、質問提出権、提案権、意見表明権、免責特権が与えられることが明記された。

(2) の地方代表院は、2001年から2002年にかけて行われた第3次、第4次憲法改正によって新たに設置が決まった代議機関であり、地方自治や地方財政に関する立法権が与えられている。先述の通り、総選挙で各州から選出された議員によって構成されている。



[3.4] 司法府

スハルト政権期には政府・司法省が分有していた司法権が廃止され、各級裁判所は、司法府の最上位にある最高裁判所によって統括されることになり、司法権の独立が確保された。また、憲法改正以前には大統領に属していた政党に対する監督権・解散権が最高裁判所に移された。これにより、大統領・政府による政党への介入が排除されることになった。

ゴルカル - スハルト - ユスフ・ハビビ
インドネシア民主党
開発統一党
闘争民主党 - メガワティ・スティアワティ・スカルノプトゥリ
国民覚醒党 - ナフダトゥル・ウラマー - アブドゥルラフマン・ワヒド
ムルバ党 - タン・マラカ


[4] 外交

旧宗主国オランダとの武力闘争によって独立を勝ち取ったインドネシアは、独立当初から外交方針の基本を非同盟主義に置いた。こうした外交方針は「自主積極 bebas aktif」外交と呼ばれている。独立達成後のインドネシア史において、外交にも様々な変化がみられるものの、いずれの国とも軍事条約を締結せず、外国軍の駐留も認めていないなどの「自主積極」外交の方針はほぼ一貫しているといってよい。

1950年代後半のスカルノ「指導される民主主義」期には、1963年のマレーシア連邦結成を「イギリスによる新植民地主義」として非難し、マレーシアに軍事侵攻した。国際的な非難が高まるなかで、1965年1月、スカルノは国際連合脱退を宣言し、インドネシアは国際的な孤立を深めていった。インドネシア国内ではインドネシア共産党の勢力が伸張し、国内の左傾化を容認したスカルノは、急速に中国に接近した。

1965年の9月30日事件を機にスカルノが失脚し、スハルトが第二代大統領として就任すると、悪化した西側諸国との関係の改善をはかり、また、スカルノ時代に疲弊した経済を立て直すために債権国の協力を仰いだ。

1966年9月、東京に集まった債権国代表がインドネシアの債務問題を協議し、その後、インドネシア援助について協議するインドネシア援助国会議(Inter-Governmental Group on Indonesia - 略称 IGGI)が発足した。

1967年8月、ASEAN発足時には原加盟国となり、域内での経済、文化の促進を所期の目標とした。他のASEAN加盟国との連帯を旨としている。その一方で、時折のぞくインドネシアの盟主意識・地域大国意識は、他国からの警戒を招くこともある。

今日に至るまで日本をはじめとする西側諸国とは協力関係を維持しているが、スハルト体制期においても一貫して、ベトナム、北朝鮮とは良好な外交関係を保った。

2001年のアメリカ同時多発テロによって米国との関係が悪化、2005年まで武器禁輸などの制裁を受けた。このため、ロシアや中国との関係強化に乗り出し、多極外交を展開している。


[5] 軍事

インドネシア国軍 (Angkatan Bersenjata Republik Indonesia - 略称ABRI) の兵力は、2003年に30万2000人(陸軍23万人、海軍5万5000人、空軍2万7000人)で、志願制と選抜式の徴兵制を併用している。そのほかに予備役が40万人。軍事予算は2002年に12兆7,549億ルピアで、国家予算に占める割合は3.71パーセントである。

スハルト政権以来、米国を中心とした西側との協調により、近代的な兵器を積極的に導入してきたものの、2001年の同時多発テロ後に米国と軋轢が生じ、2005年まで米国からの武器輸出を禁じられた。この間にロシア・中国と接近し、これらの国の兵器も多数保有している。




[6] 地方区分

詳細はインドネシアの地方区分を参照

33の第1級地方自治体(30の州、2の特別地域(特別州)、1の首都特別区域(特別市))に分かれる。

第1級地方自治体は、

(便宜上4区域に分ける)
スマトラ島: ナングロ・アチェ・ダルサラーム*、北スマトラ、西スマトラ、リアウ、リアウ諸島、ブンクル、ジャンビ、南スマトラ、ランプン、バンカ=ブリトゥン
ジャワ島〜ティモール島: ジャカルタ首都特別区域*、ジョグジャカルタ*、バンテン、西ジャワ、中部ジャワ、東ジャワ、バリ、西ヌサ・トゥンガラ、東ヌサ・トゥンガラ
カリマンタン島: 西カリマンタン、中部カリマンタン、東カリマンタン、南カリマンタン
スラウェシ島〜パプア: 西スラウェシ、南東スラウェシ、中部スラウェシ、南スラウェシ、ゴロンタロ、北スラウェシ、マルク、北マルク、西イリアン・ジャヤ、パプア。
*は特別州。特別市は、ジャカルタ。 現在、州の再編を進めている最中であるため、上記の州区分に変更が加えられている可能性が極めて高い。


[7] 地理

インドネシアの地図地震国であり、2004年のスマトラ島沖地震、及び2006年のジャワ島中部地震で甚大な被害を被った。


[7.1] 主な島

ジャワ島 - 首都ジャカルタのある島。
スマトラ島 - マレー半島の南西に横たわる島。特に北部は天然資源が豊富。
スラウェシ島(セレベス島)
カリマンタン島(「ボルネオ島」はマレーシア側の呼称。)
バリ島 - 観光で有名な島。住民の大半はヒンドゥー教徒。
ロンボク島 - バリ島の東隣の島。近年になって、観光開発が進み始めた。
スンバワ島 - 1815年に、島内のタンボラ山が有史上最大の噴火を起こしている。
コモド島 - コモドオオトカゲ(コモドドラゴン)が生息する島。
フローレス島- 住民の多くはカトリック教徒。
ハルマヘラ島-
テルナテ島- 香料産出地として南隣のティドーレ島とともに、大航海時代に西洋列強の収奪の拠点となった。
ティモール島 - 西側半分がインドネシア領。
マルク諸島(モルッカ諸島)
クラカタウ島 - 1883年に大爆発した火山島。ジャワ島とスマトラ島の中間に位置する。
ニューギニア島- 西側半分がインドネシア領。天然資源が豊富。インドネシア国内では「パプア」「イリアン」などと呼ばれている。


[8] 経済

農業国である。農林水産業ではカカオ、キャッサバ、キャベツ、ココナッツ、米、コーヒー豆、サツマイモ、大豆、タバコ、茶、天然ゴム、トウモロコシ、パイナップル、バナナ、落花生の生産量が多い。特にココナッツの生産量は2003年時点で世界一である。鉱業資源にも恵まれ、金、スズ、石炭、天然ガス、銅、ニッケルの採掘量が多い。OPEC(石油輸出国機構)に加盟する産油国でもある。

工業では軽工業、食品工業が盛ん。コプラパーム油のほか、化学繊維、パルプ、窒素肥料などの工業が確立している。 松下電器産業・オムロン・ブリヂストンをはじめとした日系企業が現地に子会社・あるいは合弁などの形態で、多数進出している。


[9] 国民

[9.1] 人口

2004年の人口は2億3,845万人で世界第4位。近い将来パキスタンに抜かれ5位になるものの、2050年の推計人口は約3億人。

人口増加率:1.52%(2003年)


[9.2] 言語

公用語はインドネシア語でインドネシアの国語となっている。会話言語ではそれぞれの地域で語彙も文法規則も異なる583以上の言葉が日常生活で使われている。

インドネシア語が国語と言っても、日常で話す人は多くて3,000万人程度で国の人口比にすると意外と少ないが、国語になっているため第2言語として話せる人の数はかなり多い。また、首都ジャカルタに出稼ぎにでる人も多い為、地方の人でもインドネシア語は必須であり、話せないと出稼ぎにも影響が出てくる。

識字率:88.5%(2003年)

[9.3] 人種

大多数がマレー系、他に約300の民族、中国系約5%。

ジャワ人 45%、 スンダ人 14%、 マドゥラ人 7.5%、 沿岸マレー人 7.5%、 その他 26%


[9.4] 宗教

インドネシアは憲法29条で信教の自由を保障している。パンチャシラでは唯一神への信仰を第一原則としているものの、これはイスラム教を国教としているという意味ではない。インドネシアは多民族国家であるため、言語と同様、宗教にも地理的な分布が存在する。バリ島ではヒンドゥー教が、スラウェシ島北部ではキリスト教(カトリック)が優位にある。

2000年におけるインドネシア政府の統計によると、イスラム教徒88.2%、キリスト教(プロテスタント)5.9%、キリスト教(カトリック)3.1%、ヒンドゥー教 1.8%、仏教 0.8%、その他 0.2%となっている。イスラム教徒の人口は、1億7000万人を超え、世界最大のイスラーム教徒(ムスリム)人口を抱える国となっている(インドネシアは世俗主義を標榜しており、シャリーアによる統治を受け入れるイスラーム国家ではない)。

イスラーム
ナフダトゥル・ウラマー
ムハマディア
ジュマア・イスラミア
プサントレン

[10] 文化

インドネシアの宗教・文化は島ごとに特色をもつが、日本ではバリ島のガムランなどのインドネシアの音楽や舞踊が知られる。またワヤン・クリと呼ばれる影絵芝居や、バティックと呼ばれるろうけつ染めも有名である。


[10.1] 教育

インドネシア大学(UI)
ガジャ・マダ大学(UGM)
バンドゥン工科大学(ITB)
パジャジャラン大学(UNPAD)
ボゴール農科大学(IPB)
インドネシア教育大学(UPI,旧IKIP)
インドネシア国立芸術大学
ウダヤナ大学(UNUD)
マハサラスワティ大学
トリサクティ大学
スラバヤ工科大学
ディポネゴロ大学 - 中部ジャワのスマランにある国立大学。
ハサヌディン大学(UNHAS) - 南スラウェシ州都のマカッサル(旧名ウジュン・パンダン)にある国立大学。
チャンドラワシ大学 - パプア州都のジャヤプラにある国立大学。
ブラウィジャヤ大学 - 東ジャワのマランにある国立大学。


[10.2] 文学

プラムディヤ・アナンタ・トゥール
モフタル・ルビス
ハイリル・アンワル
セノ・グミラ・アジダルマ
グナワン・モハマド
Y.B.マングンウイジャヤ
ユディスティラ・ANM・マサルディ
プトゥ ウィジャヤ
アイプ・ロシディ


[10.3] 世界遺産

インドネシア国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が3件、自然遺産が4件ある。詳細は、インドネシアの世界遺産を参照。ボロブドール遺跡近郊はテロの危険性があるため要注意。


[10.4] 祭日

日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日 Tahun Baru Masehi
中国正月 Tahun Baru Imlek 移動祝日
犠牲祭 Idul Adha 移動祝日
ヒジュラ正月 Tahun Baru Hijriyah 移動祝日
ヒンドゥー正月 Hari Raya Nyepi 移動祝日
聖金曜日 Wafat Isa Al-Masih 移動祝日
キリスト昇天祭 Kenaikan Isa Al-Masih 移動祝日
ムハンマド聖誕祭 Maulid Nabi Muhammad SAW 移動祝日
仏教大祭 Hari Raya Waisak 移動祝日
8月17日 独立記念日 Hari Proklamasi Kemerdekaan R.I.
ムハンマド昇天祭 Isra Mi`raj Nabi Muhammad SAW 移動祝日
断食明け大祭 Idul Fitri 移動祝日
共同の休み チュティベルサマ/Cuti bersama 移動祝日
12月25日 クリスマス Hari Natal


[11] 関連項目

インドネシア関係記事の一覧
インドネシアの野鳥一覧
アチェ独立運動
デヴィ・スカルノ
笠戸島(台風で遭難し犠牲になった乗組員22人の慰霊碑がある。山口県下松市)
インドネシア時間
シドアルジョの泥噴出事故
味の素インドネシア追放事件
母子健康手帳
インドネシア海兵隊

[12] 外部リンク

ウィクショナリーにインドネシアに関する記事があります。ウィキメディア・コモンズには、インドネシアに関連するカテゴリがあります。

[12.1] 公式

在インドネシア共和国日本国大使館 (日本語、インドネシア語)
在東京インドネシア共和国大使館 (日本語、インドネシア語、英語)
在大阪インドネシア共和国総領事館 (日本語、インドネシア語)

[12.2] その他

外務省 イドネシアの情報
インドネシア歴史探訪
インドネシア - ウィキトラベル



世界の国々 > アジア
東アジア: 大韓民国 | 朝鮮民主主義人民共和国 | 中華民国* | 中華人民共和国 | 日本 | モンゴル国
東南アジア: インドネシア | カンボジア | シンガポール | タイ | 東ティモール | フィリピン | ブルネイ | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
南アジア: インド | スリランカ | ネパール | パキスタン | バングラデシュ | ブータン | モルディブ
中央アジア: ウズベキスタン | カザフスタン | キルギス | タジキスタン | トルクメニスタン
西アジア: アゼルバイジャン | アフガニスタン | アラブ首長国連邦 | アルメニア | イエメン | イスラエル | イラク | イラン | オマーン | カタール | 北キプロス* | キプロス | クウェート | グルジア | サウジアラビア | シリア | トルコ | バーレーン | パレスチナ* | ヨルダン | レバノン

* は国際連合非加盟。
国連安全保障理事会理事国 常任理事国
アメリカ合衆国 | イギリス | 中華人民共和国(かつては中華民国) | フランス | ロシア(かつてはソ連)
非常任理事国
2007年まで: ガーナ | カタール | コンゴ共和国 | スロバキア | ペルー
2008年まで: イタリア | インドネシア | パナマ | ベルギー | 南アフリカ共和国
イスラム諸国会議機構加盟国 アゼルバイジャン | アフガニスタン | アラブ首長国連邦 | アルジェリア | アルバニア | イエメン | イラク | イラン | インドネシア | ウガンダ | ウズベキスタン | エジプト | オマーン | ガイアナ | カザフスタン | カタール | ガボン | カメルーン | ガンビア | ギニア | ギニアビサウ | キルギス | クウェート | コートジボワール | コモロ | サウジアラビア | シエラレオネ | ジブチ | シリア | スーダン | スリナム | セネガル | ソマリア | タジキスタン | チャド | チュニジア | トーゴ | トルクメニスタン | トルコ | ナイジェリア | ニジェール | パキスタン | パレスチナ | バーレーン | バングラデシュ | ブルキナファソ | ブルネイ | ベナン | マリ | マレーシア | モザンビーク | モーリタニア | モルディブ | モロッコ | ヨルダン | リビア | レバノン
東南アジア諸国連合加盟国 インドネシア | シンガポール | タイ王国 | フィリピン | マレーシア | ブルネイ | ベトナム | ミャンマー | ラオス | カンボジア
--------------------------------------------------------------------------------

カテゴリ: インドネシア | 島国 | イスラム教国
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ミス・ユニバース森理世、インドネシアの伝統的マッサージを体験


森理世さん
今年のミスユニバースで優勝しましたね。。

久しぶりのニュース・・・

だけど、やっぱ、Faceだけ見ると、ちょっと??かもしれませんね・・・

ご免なさい・・・


ミス・ユニバースに輝いた日本代表の森理世さん(左)、タイ代表(右上)=いずれもAP、韓国代表(右下)=ロイター
ミス・ユニバースに輝いた日本代表の森理世さん(左)、タイ代表(右上)=いずれもAP、韓国代表(右下)=ロイター

森理世さん優勝「ミス・ユニバース」とは 「内面」も重視の美女世界一



 世界で最も有名で権威あるミス・コンテストとされるミス・ユニバースの世界大会で、森理世さん(20)が優勝した。日本代表としては1959年の児島明子さん以来48年ぶりという快挙により日本にもぐっと身近になったミス・ユニバースの選考基準とは、そして、それにも当然、影響してくる役割とはどんなものか。(ニューヨーク 長戸雅子)

 今回の日本代表の栄冠決定をめぐっては、日本の一部スポーツ紙が森さんとは別人の写真を掲載するというハプニングも起きた。同紙は翌日付で、韓国代表の写真と取り違えたとの訂正記事を出したものの、さらにその翌日になって、それが実は韓国代表ではなくタイ代表の写真だったとAP通信が訂正を流している。

 “誤報”の背景には、着ていた水着が同じで髪形も似ていたというだけではなく、森さんが、自己アピール力を持つ汎アジア的な美貌(びぼう)だったこともありそうだ。

 52年にカリフォルニア州で行われた水着コンテストから始まったミス・ユニバースの優勝者は、「世界一の美女」と称される。美の基準はしかし、もともと主観的なもので、国や地域によっても異なるはずだ。国際的コンテストで、どんな選考基準を設けるのか。

 ニューヨークに本部を置くミス・ユニバース機構のポーラ・シューガルト代表は「金髪だったり、一定の身長があったりする人を求めているわけではない。性格が良く、ステキであるのは当然だが、一言では説明できない総合的な魅力と新鮮なスター性を持つ人を探している」と、「内面」も重視される点を強調する。

 シューガルト代表は、健康的で活動的な「女性のお手本になる女性」という基本的コンセプトは変わっていないとしながらも、「時代とともに女性が自立する傾向が強まり、それに応じてミス・ユニバースも強さや知性をより重視する傾向に変わってきた点が素晴らしいと思う」と、基準が変化してきたことも指摘する。

 「(代表就任後)6年半で全部の人を満足させるのは絶対にできないことを学んだ」と選考結果には常に不満が出ることを認める一方、「(今回の結果には)肯定的評価の方がはるかに多かった」と断言する。

 今年の最終審査会の審査員は、フィギュア・スケーターのミシェル・クワンさん(米国)、デザイナーのマーク・ボウェール氏(南アフリカ)ら国籍も職業もさまざまな著名人10人。全員が「自然なのにとても印象的だった」とナンバーワンの評点を付けたという。

 だが、開催国でその前の約1カ月間、行われる「審査」の方が重要かもしれない。撮影やパーティーなど多数の日程を笑顔でこなせるか、誰とでも意思疎通できるかなどが観察される。

 というのも、選ばれたその日から翌年の大会まで、「自分だけの人生ではなくなる」(同代表)からだ。行き先を告げない外出は禁じられ、ボランティア活動やイベントへの出席など毎晩、翌日の日程が設定されて、数十カ国を訪れる。

 今年は特に、HIV・エイズ根絶運動が活動の柱となり、そうした重要問題で「スポークスパーソン」を務める力量が求められる。




関連記事
「社会に貢献したい」ミス・ユニバースの森さんが会見 (06/11)
【アイ・ラブ・ニューヨーク】美人は内面から (06/07)
NYで「ジャパン」堪能 ミス・ユニバース森さんも(06/04)
日本人の森理世さんが優勝 ミス・ユニバース(05/29)

(Sankei Web 2007/06/14 11:47)

森理世さん、サマンサタバサ主催のパーティに出席

ミス・ユニバースの森理世さん、サマンサタバサ主催のパーティに!



2007年ミス・ユニバース(Miss Universe 2007)世界大会で優勝した森理世(Riyo Mori)さんが15日、サマンサタバサ(Samantha Thavasa)主催のパーティーに出席した。(c)AFP


2007年6月15日、サマンサタバサ(Samantha Thavasa)主催のパーティー会場で、報道陣に手を振る2007年ミス・ユニバース(Miss Universe 2007)の森理世(Riyo Mori)さん。【6月16日 AFP】(c)AFP/Kazuhiro Nogi



サマンサタバサとは



株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド
Samantha Thavasa Japan Limited 種類 株式会社
市場情報 東証マザーズ 7829 2005年12月12日上場


本社所在地 107-0061
東京都港区北青山一丁目2番3号
(登記上の本店は東京都新宿区富久町13番15号)
電話番号 03-5412-8193
設立 1994年3月10日
業種 その他製品
事業内容 バッグ及びジュエリーの企画・製造・販売
代表者 代表取締役社長 寺田和正
(2006年5月30日現在)
資本金 6億7800万円
(2006年2月28日現在)
売上高 135億5221万2000円
(2006年2月期)
従業員数 507人
(2006年2月28日現在)
決算期 毎年2月末日
主要株主 寺田和正(社長)87.30%
鈴木亜久里(スポンサーチームのオーナー)0.49%
(2006年2月28日現在)
主要子会社 株式会社WW by Samantha Thavasa
外部リンク http://www.samantha.co.jp/
サマンサタバサは、若い女性を中心に人気を博しているバッグとジュエリーのブランド。株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが企画・製造・販売を行っている。

目 次

1 概説

2 経営特徴

3 展開ブランド

4 沿革

5 子会社

6 関連項目

7 外部リンク



[1] 概説

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドは、バッグの輸入会社を経営していた寺田和正が1994年に創業。本社は東京都港区北青山1-2-3青山ビル2階(登記上の本店は東京都新宿区富久町13番15号)。 同社の役員には監査役に原田明夫(元検事総長)、顧問に前田健治(第81代警視総監)、同 荒川洋(元高松国税局長)など錚錚たる顔ぶれが並ぶ。社名に「ジャパンリミテッド」とあるため、外資系企業の日本法人のように見えるが、日本の企業。「ジャパンリミテッド」とついているのは、国際的なブランドにする意志を表している。

旗艦店は、2005年4月にオープンした「サマンサタバサデラックス表参道GATE店」。2006年には、海外初の路面店をニューヨークのマディソンアベニューに出店する予定

プロモーションモデルにはヒルトン姉妹やヴィクトリア・ベッカムをはじめとして海外のセレブを社長自らが交渉し積極的に起用するなど国内のみにとらわれず海外への戦略志向も強い。

社名とドラマ「奥様は魔女」の登場人物名(ヒロインの名がサマンサ、その娘がタバサ)とは無関係で、類似したのは偶然、としている。



[2] 経営特徴

マザーズ上場企業であり、ベンチャー企業の一角であるが業態としては非常に珍しいアパレルでの成長企業。設立から現在に至るまで社長は変わっておらず、また自社株式の保有も設立者である寺田氏(現代表取締役社長)が大量に保有しており、また非常に個性の強い経営方針などを持つその経営者性質から、ライブドアやソフトバンクなどの一種のオーナー経営に近い。しかしながら独立系のアパレルであるにもかかわらず、急成長と安定性・話題性を維持しており海外進出等のグローバル戦略が比較的順調であることから、経営には一定の評価がある。ただし、その業態・客層・ブランド性・販促手法から若年層女性に販売機軸を置いた、かつ日本的ファッション観念が多々見受けられ(系統ブランドの多岐展開等)るためにその長期的安定性と海外戦略展望を疑問視する評価も根強い。これらは、若年層の女性でファッションに日本ほど多感かつ消費比重を置く国がないことやユニクロの海外進出失敗例、欧米とのファッション観念の違い、さらにはPR活動における起用人物のイメージ先行に偏った販促展開等がその要因として挙げられる。



[3] 展開ブランド

Samantha Thavasa(サマンサタバサ) - 「エレガントで上品なファッション性」をコンセプトにしたメインのブランド。ヴィクトリア・ベッカム、マリア・シャラポワ、ベネロペ・クルス、モニカ・クルスとのコラボレーションも行う。

Samantha Vega(サマンサベガ) - 「元気でキュート、実用性、トレンド感」をコンセプトにした大人のカジュアルスタイルのブランド。

SAMANTHA THAVASA NEW YORK(サマンサタバサニューヨーク) - 「都会的でスタイリッシュ」をコンセプトにしたブランド。ニッキー・ヒルトン(ヒルトン姉妹の妹)とのコラボレーションも行う。

Samantha Thavasa Deluxe(サマンサタバサデラックス) - 「ラグジュアリー」をコンセプトにしたブランド。蛯原友里とのコラボレーションも行う。

Violet Hanger(バイオレットハンガー) - 「知的でかっこいい」をコンセプトにしたブランド。

Samantha Tiara(サマンサティアラ) - ジュエリーブランド

SAMANTHA SILVA(サマンサシルヴァ) - シルバージュエリーブランド

Samantha Thavasa Petit Choice(サマンサタバサプチチョイス) - 小物専用ブランド

STNY(エスティニー) - モバイル専用ブランド

SAMANTHA KINGZ(サマンサキングズ) - 若年男性向けメンズブランド(バッグ・ジュエリー)




[4] 沿革

1991年10月 バッグの輸入・販売を行う株式会社マックナブトレーディングを設立。

1994年3月 寺田和正の100%出資により、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド設立。

1994年4月 1号店(渋谷パルコ店)オープン。

1995年9月 広告代理業を行う100%子会社の株式会社マクナリーを設立。

2000年10月 株式会社マックナブトレーディングが、株式会社サマンサタバサに商号変更し、商品開発と店舗運営を行うようになる。

2001年2月 株式会社サマンサタバサが、株式会社テラダ・アンド・サンズを子会社化し、株式会社テラダ・アンド・サンズが店舗管理業務を行うようになる。

2002年9月 初の路面店(心斎橋店)をオープン

2003年6月 ジュエリー事業を開始。

2003年12月 株式会社テラダ・アンド・サンズの株式を、株式会社サマンサタバサから株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに譲渡して、完全子会社化。

2004年3月 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが、株式会社サマンサタバサ、株式会社マクナリー、株式会社テラダ・アンド・サンズの3社を吸収合併。本社を港区北青山に移転。

2004年9月 東京・銀座に路面店オープン。

2005年4月 旗艦店となるサマンサタバサデラックス表参道GATE店がオープン。

2005年10月 モバイルサイト(サマンサタバサワールドウォーカー)をオープン。

2005年12月 東証マザーズに上場。

2006年2月 モバイル事業を行う100%子会社の株式会社WW by Samantha Thavasaを設立。



[5] 子会社

株式会社WW by Samantha Thavasa - インターネット・モバイル事業の100%子会社。2006年2月28日設立。


[6] 関連項目

スーパーアグリF1チーム(2006年プロモーショナルパートナーとして支援)



[7] 外部リンク

Samantha Thavasa Japan Limited

WW by Samantha Thavasa


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B5" より作成
カテゴリ: ファッションブランド | 東京都の企業 | 東証マザーズ上場企業 | 企業関連のスタブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




寺田和正<とは/h2>

寺田 和正(てらだ かずまさ、1965年12月12日 - )は、広島県出身の実業家で、バッグやジュエリーなど、若い女性の間で人気のブランド「サマンサタバサ」を手がける「サマンサタバサジャパンリミテッド」創業者・代表取締役。


[1] 来歴

広島県福山市港町出身。実家は従業員100人の地元の老舗・寺田鉄工所。事業を拡大した祖父や父に憧れ、幼い頃から経営者になることを目標とした。しかし次男のため実家を継ぐことは諦め起業家を目指す。同郷で青山商事を興した青山五郎・現会長とは、子どもの頃から家族ぐるみの付き合い。福山葦陽高等学校卒業後、駒澤大学経営学部に入学。在学中にカナダへ留学し、革ジャンパーや毛皮のイージーオーダービジネスを開始する。卒業後、商社・野村貿易に3年間勤務して経験を積み1991年、留学中に稼いだ資金を元手に25歳で海外ブランド輸入代理会社を設立。しかし輸入品ビジネスに限界を感じ、独自のブランドをつくることを決意。3年後の1994年、バッグとジュエリーの企画から製造販売(SPA(製造小売業))までを手がける「サマンサタバサジャパンリミテッド」を設立し、オリジナルブランド「サマンサタバサ」を立ち上げ、東京・渋谷に1号店を開店した。バッグを始めた理由は、お土産にバッグをあげた時の母親の喜び方が尋常ではなかったため、と言う。

ヒルトン姉妹、ビヨンセ、ヴィクトリア・ベッカム、マリア・シャラポワ、ペネロペ・クルスと妹、イ・ビョンホンなどの海外セレブや蛯原友里などをデザイナーやモデルに起用したプロモーション展開が話題を呼び、女性誌に取り上げられ売り上げを伸ばした。これらは「セレブ」ブームの先駆けとなった。ピンクやホワイトの色づかい、きらめくラインストーンやハートの形など、華やかなデザインのバッグを主体に、若い女性たちの絶大な支持を集める。

現在の本社は東京都港区北青山。アクセサリー分野の「サマンサティアラ」など8ブランドがあり、主要都市に2005年現在、103店舗を展開。2005年、2月期の売上高は98億円。社員500人のうち女性が460人。今春、ニューヨークに海外初の直営店を出店予定。日本初のブランドで世界市場をめざす。世界的ブランドの“歴史と伝統”に太刀打ち出来るのかが注目される。

なお社名は著名なアメリカのTVドラマ『奥様は魔女』の登場人物から、に間違いない、と思われるが、寺田は無関係と否定、由来は秘密との事。なおタバサの綴りは社名でThavasaだが、『奥様は魔女』ではTabatha(のちTabitha)であり、権利関係の訴訟には発展しないよう考慮している有様が窺える。

将来役立つからと中学時からゴルフを始めたとか、熊手を買って社長室に鎮座させる、とかは従来の経営者と変わりないが、女性社員の憧れの存在でありたいと、社長室のクローゼットに何百着も服を用意し日に何度も着替えたり、社員全員にバースデーカードを送るなどは異色の経営者である。


[2] 外部リンク

サマンサタバサジャパンリミテッドホームページ
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E7%94%B0%E5%92%8C%E6%AD%A3" より作成
カテゴリ: 日本の実業家 | 1965年生 | 広島県出身の人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


<2007ミス・ユニバース>世界大会、森理世さん優勝の瞬間

<2007ミス・ユニバース>世界大会、森理世さん優勝の瞬間は、何度見ても
感動的じゃ




ミスユニバース優勝を果たした森理世さんの晴れ姿、、日本で凱旋会見やってたし、生テレビにも出てましたね、今朝。。

森理世さん、テレビで、生でみると、ちょっとイメージ違ったかも・・

でも、森理世さんのお家で代々受け継がれてる「家訓」の

「忍耐」たてが、出てきたときの、恥ずかしそうな森理世さんも結構チャーミングざんした。



2007年ミス・ユニバース(Miss Universe 2007)世界大会の最終選考会が28日、メキシコ市(Mexico City)で開催され、日本代表の森理世(Riyo Mori)さん(20)が77か国代表の頂点に立った。

 2006年ミス・ユニバース、プエルトリコ(Puerto Rico)のスレイカ・リベラ(Zuleyka Rivera)さんからティアラを受け取った森さんは、喜びで震える両手を握りしめ「とても嬉しい。まだ信じられない」と語った。森さんの将来の夢は、国際的なダンススクールを運営することだという。

 2位はブラジル(Brazil)代表のNatalia Guimaraesさん(22)、3位はベネズエラ( Venezuela)代表のLy Jonaitisさん(21)が選ばれた。(c)AFP
【5月29日 AFP】
2006年度のミス・ユニバースのスレイカ・リベラ(Zuleyka Rivera Mendoza)さん(左)からティアラを受ける2007年度ミス・ユニバース大会で優勝した森理世(Riyo Mori)さん(2007年5月28日撮影)。(c)AFP/Luis ACOSTA
2007年05月29日 16:00 発信地:メキシコ市/メキシコ

ミス・ユニバースの森さん、凱旋会見

ミス・ユニバースの森さん、凱旋会見、森理世さん、やっぱ、カッコいいけど、日本人じゃないいじゃ?



前月メキシコ市(Mexico City)で開催された2007年ミス・ユニバース(Miss Universe 2007)世界大会で優勝した森理世(Riyo Mori)さん(20)は11日、帰国後初となる記者会見に臨み、大会当時の心境や今後の抱負などを語った。自身の優勝を確信していたと語る森さんの姿は、内気なイメージを持たれがちな日本人女性のイメージを覆した。

■優勝を確信していた

 1959年の児島明子(Akiko Kojima)さん以来初めて日本人として「ミス・ユニバース」の称号を手にした森さんは、「王冠とたすきを日本に持ち帰ると固く決意していた。実現できると確信していた」と語った。

 最終選考会で自身の名前を呼ばれたときのことを振り返り、「うれしさと驚きで、その瞬間のことを覚えていない」と語った。「リハーサル時に、本番で花道を歩くのは自分だと決意していたため、王冠をかぶって花道を歩いた時は、本当に感激した」と語る森さんの頭上には、25万ドル(約3000万円)の王冠が輝いていた。

 バレエスクールでダンスを勉強した経験を持ち、母親が静岡県で経営するダンススタジオでジャズダンスを教えている。「ミス・ユニバースの任期中に、エイズ(HIV/AIDS)撲滅運動に参加したい」。将来は、ブロードウェー(Broadway)で踊るのが夢だという。

■型破りなミス・ユニバース

 森さんは大会出場に先立ち、フランス人のイネス・リグロン(Ines Ligron)氏の特訓を受けた。リグロン氏は、米不動産王で同大会主催者のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が、ミス・ユニバースを目指す日本人女性のコーチとして10年前に採用した女性だ。

 リグロン氏は、「普通、日本代表の女性はミス・ユニバースの舞台に上がると、大勢の各国代表の美しさを目の当たりにして自信をなくし、おびえてしまう。だが、理世は最後の最後までどんどん強くなっていった。私が彼女を誇りに思うのは、彼女のそういう強さのため」と語り、森さんの何事にも恐れをなさない心の強さをたたえる。

 リグロン氏は、2006年ミス・ユニバース世界大会で2位に入賞したマルチリンガルのジャーナリスト、知花 くらら(Kurara Chibana)さんのコーチも担当した。

 ミス・ユニバースに輝いた森さんには、1年間使用可能なニューヨークのアパート、給与(金額は非公開)、高級時計などの衣装品、ニューヨークで2年間映画を学ぶための奨学金などが贈られる。(c)AFP【6月11日 AFP】
2007年6月11日、東京都内で開かれた記者会見に臨み、カメラの前でポーズを取る2007年ミス・ユニバース(Miss Universe)の森理世(Riyo Mori)さん。(c)AFP/Toru YAMANAKA

<2007ミス・ユニバース>日本代表の森理世さんら 水着撮影に臨む - メキシコ

ミス・ユニバース森理世さんの水着



森 理世(もり りよ)さん、もうすっかりお馴染みの、

ミス・ユニバース日本代表として、今年のミス・ユニバースの優勝者の

森理世(もりりよ)さんの水着姿ざんす。

今朝、テレビに出てて、はじめて、お姿を拝見しましたが、

正直、森理世(もりりよ)さんって、、美人かな??ちゅうのがサムライの率直な感想。

たしかに、森理世さんのプロポーションは抜群だし、日本人離れしてる、、

でも、なんだか、長すぎる足をもてあまし気味に、組んだり、伸ばしたり
してる絵は、あんまりサマニなってないような??

それより、森理世(森利世じゃありません)おばあちゃんの代から受け継がれてる、

「忍耐」って楯を、お母さんからもらって「ニューヨーク」の自室に飾ってた、、

って話の方が、面白かったね。。

なんでも、森理世さんのお家の家訓は、

1.忍耐

2.努力

3.根性

って、サムライが小学校のころの、スポ根マンガみたいな、、、超古風な、、、


サムライ的には、結構気に入りましたけど・・・

やっぱ、容姿だけだと、南ヨーロッパ系か、アメリカの方が、サムライのタイプかも・・・

<2007ミス・ユニバース>各国代表がビーチで撮影会を行う - メキシコ

ミス・ユニバースの森利世さん、やっぱ美人じゃわ・・・



▼サムライ思うんじゃが、森利世さん って、髪の毛上げてた方が、より美人に見えると思うんじゃけど?

▲(忍者影の声)大きなお世話だよ!!


◆で、世界の美女が仰山(ぎょうさん)戯れてるこのカンクンの奇麗な海岸(グラン・メリア・カンクン)だけど、もう世界のリゾート地として有名だけど、どんなとこなんじゃろか?

と思ってちょい調べてみましたです↓・・・

お暇な人は、読んでみて!


「カンクン」とは▽


カンクンカンクン(Cancún)は、メキシコ合衆国の南東部、カリブ海沿岸のキンタナ・ロー州にある都市の名前。

カンクンの意味はマヤ語で"カン"はヘビ、"クン"は巣という意味で、"ヘビの巣"という意味ある。

目 次

1 概要
1.1 リゾート
1.2 遺跡
2 交通
3 関連事項
4 姉妹都市




1.概要

1.1 リゾート

メキシコ南東部のカリブ海沿岸、ユカタン半島の先端に位置する観光都市で、1970年代にメキシコ政府の先導でリゾート地として開発された。

現在は年間で300万人を超える観光客やセレブリティーが訪れる、世界的に知名度が高いリゾート地となった。近くに世界遺産のチチェン・イツァや、リゾート地のシカレー、シェルハ、遺跡のトゥルムなどがあり、これらの遺跡とセットでカンクンに来る人も多い。


カンクンの遺跡市街地は珊瑚礁の周りのホテルゾーンとダウンタウンに別れており、ホテルゾーンの周りには100軒を超える高級リゾートホテルや豪華な別荘が立ち並んでいる。

大規模なリゾート地ではあるが、メキシコ政府による開発規制が行われていることもあり、海水が非常にきれいで、リゾートホテルの目の前でも海水が透き通っており、泳いでいる魚を間近に見ることができる。

2005年、ハリケーン・ウィルマが直撃し、空港・道路が水没、ホテルの窓ガラスが割れるなどの被害が出た。そのため、ハイ・シーズンの秋にはほとんどのホテルが閉鎖を余儀なくされ、経済的打撃も大きい。



1.2 遺跡

また、ダイビングやクルージング、カリブ海をクルーズする大型客船の拠点として有名なだけでなく、近くにトゥルム遺跡など、数多くのマヤ文明後古典期の遺跡があることから、それらの遺跡研究・見学の拠点地としても重宝されている。



2.交通

首都のメキシコシティから空路でカンクン国際空港まで約2時間半。日本からの直行便はなく、メキシコシティ、もしくはアメリカのロサンゼルスやダラス、ヒューストンなどで乗り換えていくのが一般的である。


3. 関連事項

・遺跡
・リゾート地


4.姉妹都市

マイアミ、フロリダ州、アメリカ合衆国
ウィチタ、カンサス州、アメリカ合衆国
コンプトン、カリフォルニア州、アメリカ合衆国

Cancun Guide

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<2007ミス・ユニバース>日本代表の森理世さんら 水着撮影に臨む - メキシコ

ミス・ユニバース、優勝の森利世さんもいいけど、ミス・ギリシャの水着姿もなかなかです・・



ミス・ギリシャ、、、何位だったか、じぇんじぇん分かりませんが、サムライの主観としちゃ、ものすごく、上位にさせてあげたい感じじゃ!!

かわいい!!!

って、きっと、ミス・ユニバースというか、世の中的に「かわいい」より「美人でキリリとちょいキツイ」くらいの方が、受けてんのかな??

(忍者、影の声)誰も、おめ〜〜の趣味聞いてねえって、、それに、このミス・ギリシャも、あんたに、褒められてもね〜〜〜〜〜ってさ!!


「ギリシャ」とは▽


ギリシャ共和国 Ελληνική Δημοκρατία

(国旗) 国章

国の標語 : Ελευθερία ή θάνατος
ギリシャ語: 自由か死か) 国歌 : 自由への賛歌 公用語 ギリシャ語 首都 アテネ
最大の都市 アテネ
大統領 カロロス・パプーリアス
首相 コスタス・カラマンリス
面積
- 総計
- 水面積率 世界第94位
131,940km²
0.9%
人口
- 総計(2004年)
- 人口密度 世界第74位
10,647,529人
81人/km²
GDP(自国通貨表示)
- 合計(2005年)
1,755億ユーロ ¹ , ² (EUR, €)
GDP(MER)
- 合計(2005年) 世界第28位
2,306億ドル
GDP(PPP)
- 合計(2003年)
- 1人当り 世界第36位
2,122億ドル
19,900ドル
独立
- 宣言
- 承認 オスマン帝国から
1822年
1829年
通貨 ユーロ ¹ , ² (EUR, €)(EUR)
時間帯 UTC +2(DST: +3)
ccTLD GR
国際電話番号 30

註1 : 2001年以前の通貨は、ドラクマ
註2 : ギリシアのユーロ硬貨 ギリシャ共和国(ギリシャきょうわこく)、通称ギリシャはヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置する国である。

半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在するおよそ3000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア、ブルガリアと、東はトルコと国境を接している。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャは西ヨーロッパ文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置する国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた。

現在のギリシャは国連、EUおよびNATOの加盟国である。2004年には首都のアテネでオリンピックが開催された。


目 次

1 国名
2 歴史
2.1 古代:ギリシア・ローマ時代
2.2 中世:東ローマ帝国時代とオスマン帝国支配時代
2.3 近現代:独立回復から現代まで
3 政治
4 地方行政区分
5 地理
5.1 気候
6 経済
6.1 産業
6.2 貿易
7 国民
8 文化
8.1 世界遺産
8.2 スポーツ
9 交通
9.1 主な航空会社
10 関連項目
11 外部リンク
11.1 公式
11.2 その他



◎国名
正式名称はギリシャ語でΕλληνική Δημοκρατία(ラテン文字転写はEllinikí Dhimokratía、読みは「エリニキ・ディモクラティア」)。通称は、Ελλάς(ラテン文字転写:Ellás、エラス)またはΕλλάδα(ラテン文字転写:Elláda、エラダ)。

公式の英語表記はHellenic Republicであるが、通称はGreeceが用いられる。

日本語による表記はギリシャ共和国。通称ギリシャ。歴史・地理・人文系ではギリシアという表記もされるが、国会の制定法や外務省、およびギリシャの在日大使館のサイトではギリシャと表記される。

漢字では「希臘」と表記され「希」と略される(例えば、ギリシャ語を希語と書くなど)。ギリシャ、ギリシアという名称は、ラテン語名のGraecia(グラエキア)がポルトガル語でGrécia(グレシア)となり、これが宣教師によって日本にもたらされ変容したとされる。

また、中東の諸言語での呼称「ユーナーン」(アラビア語)、「ユナニスタン」(トルコ語)などは、イオニアに由来する。


◎歴史

●古代:ギリシア・ローマ時代
詳細は、古代ギリシアを参照。

古代のギリシャはアテナイ、コリントス、テーバイなどの多数のポリス(都市国家)が並び立っており、言語・文化・宗教などを通じた緩やかな集合体であった。政治的に独立していた各ポリス間では戦争が絶え間なく繰り返された。

紀元前5世紀にペルシア帝国が地中海世界に進出してくると、各ポリスは同盟を結び、これに勝利した(ペルシア戦争)。しかしその後アテナイを盟主とするデロス同盟とスパルタを盟主とするペロポネソス同盟とでペロポネソス戦争が勃発し、ギリシャ全体が荒廃し勢力を失った。

紀元前4世紀にはギリシャ北部に興ったマケドニア王国の支配を受け、紀元前2世紀には共和政ローマの属州とされた。古代ギリシアは民主主義の原点であった。

但し、現在のギリシャ人は後世に主にバルカン半島北部から南下してきた人々との混血が進んでいるため、現在と当時ではその人種的な構成等は異なっていると言われることもある。

しかし、民族の移動の激しいヨーロッパにおいて古代から純粋な血統を保持している民族などというものはなく、ギリシャ人もまたその例に漏れないだけである。


●中世:東ローマ帝国時代とオスマン帝国支配時代
詳細は、東ローマ帝国を参照。

ローマ帝国が東西に分裂したのちは東ローマ帝国(ビザンティン帝国・ビザンツ帝国ともいう)に属した。

この時代のギリシャについて、日本では「東ローマ帝国の支配」と表現する書籍が多いが、7世紀以降の東ローマ帝国はギリシャ語を公用語とし、皇帝をはじめとする支配階層もギリシャ人が中心となっていったため、そうした表現はじつは妥当性を欠いている。現代ギリシャにおいても、東ローマ帝国はギリシャ民族の歴史の一部と捉えられている。

なお、東ローマ帝国を「キリスト教化されたギリシャ人のローマ帝国」と捉える研究者もいる。

1204年に第4回十字軍がコンスタンティノポリスを占領して東ローマ帝国が崩壊すると、現在のギリシャの地には東ローマの亡命政権であるエピロス専制侯国やブルガリア帝国、セルビア王国、アテネ公国などの十字軍に参加した西欧人諸侯国、また都市国家ヴェネツィアなどが割拠するようになった。

1261年に東ローマ帝国は復活したが、国力が弱体化していたためにギリシャ全土を奪回できず、諸勢力の割拠状態が続き、その隙をついて14世紀以降はイスラム王朝のオスマン帝国が勢力を伸張させていった。

1453年、東ローマ帝国はオスマン帝国によって滅ぼされ、残る諸勢力も15世紀末までにはほとんどがオスマン帝国に征服された。以後400年近くオスマン帝国の統治が続いた。


●近現代:独立回復から現代まで

オデッサにおいて創設された秘密組織フィリキ・エテリアを中心として、1821年オスマン帝国に対する反乱が企てられた。

3月にギリシャ各地の都市で蜂起が起こり、ギリシャ独立戦争が始まった。エジプトの助けを得てこれを鎮圧しようとしたオスマン帝国に対し、英・仏・露が介入、1829年、アドリアノープル条約によってギリシャの独立が承認された。

翌1830年、バイエルン王国の王子オットーをオソン1世として国王に据えギリシャ王国として独立し、東ローマ帝国滅亡以来約380年ぶりにギリシャ人の国家が復活した。


1897年に希土戦争、1912年から1913年にバルカン戦争、1919年〜1922年に再度希土戦争が勃発。1924年にクーデターにより共和制がしかれるが、1935年には王政が復活した。第二次世界大戦ではドイツおよびイタリアの侵攻にあい1945年まで占領された。

終戦後は保守派政府と共産ゲリラとの間で1949年まで内戦が続く。1952年にNATO加盟を果たした。1967年、アメリカ合衆国の支援の下に軍事独裁政権が成立し国王は亡命した。

1974年にギリシャの支援するキプロスでのクーデターが失敗に終わり、その余波で軍事政権は崩壊、国民投票により君主制は廃止され共和制となることが決まった。

ギリシャにおける民主主義の回復については、活動的な役割を担ったアレクサンドロス・パナグリスも参照。)1981年に欧州共同体 (EC) の10番目の加盟国となった。


◎政治

共和制をとっており、大統領が国家元首として儀礼的な責務にあたる。大統領は任期5年で議会により選出される。現大統領は2005年3月12日に就任したカロロス・パプーリアス。

行政府の長である首相は議会によって選出され大統領により任命される。閣僚は首相の指名に基づき大統領が任命する。

議会は一院制でVouli ton Ellinon と呼ばれており、300議席、任期4年、直接選挙で選出される。政党は中道左派の全ギリシャ社会主義運動 (PASOK) と中道右派の新民主主義党 (ND) の二大政党が中心。

1996年以来PASOKのコンスタンティノス・シミティス政権が続いていたが、2004年3月7日の総選挙でコスタス・カラマンリス率いる新民主主義党が議席の過半数を獲得し、政権が交代した。 周辺国との関係では、キプロスの帰属問題でトルコとは対立関係にある。ギリシャ民族の国家であったマケドニア王国と同じ名を名乗るスラヴ系のマケドニア共和国とも対立状態にある。

政党 2004年 2000年
得票率 獲得議席数 得票率 獲得議席数
新民主主義党 (ND) 45.38% 165 42.7% 125
全ギリシャ社会主義運動 (PASOK) 40.57% 117 43.8% 158
ギリシャ共産党 (KKE) 5.88% 12 5.5% 11
左翼進歩連合 (SYN) 3.25% 6 3.2% 6


●地方行政区分
詳細はギリシャの地方行政区画を参照

13地方(ペリフェリエス)とその下位区分の51の県(ノモス)、ギリシャ正教の聖地アトス山にあるアトス自治修道士共和国(アヨンオロス)で構成される。


ペリフェリエスペリフェリエス

アッティカ
中央ギリシャ
中央マケドニア
クレタ
東マケドニア・トラキア
イピロス
イオニア
北エーゲ
ペロポネソス
南エーゲ
テッサリア
西ギリシャ
西マケドニア

◎地理

ギリシャの地図ほぼ全土にわたり地中海性気候である。バルカン半島の南端に位置する。


◎気候

ほぼ全土がケッペンの気候区分でいう地中海性気候 (Cs) に区分される。従って、温暖で湿潤な冬季と乾燥し高温の夏季にはっきり分かれる。

首都アテネの平均気温は、冬季の1月が10.1℃、夏季の7月では28.0度である。年平均降水量は383.8mm。これは同じ地中海性気候に分類されるローマの約1/2と少ない。なお、最北部は山岳地帯であり、冬季に気温が下がる温暖湿潤気候 (Cfa) に分類される。


◎経済

●産業
主力産業は農業、鉱業、工業、輸送業。農業では世界第3位の生産量であるオリーブ(200万トン)や世界8位の綿、同10位の葉タバコが際立つ。

いずれも地中海性気候に合った作物である。しかしながら小麦やとうもろこしなど主食となる穀物の生産は振るわず、農業国でありながら食料を自給できていない(以下、統計資料はFAO Production Yearbook 2002、United Nations International Trade Statictics Yearbook 2002、United Nations Mineral Yearbook 2002。統計データはいずれも2002年時点の数値である)。


鉱業では石炭が有力。石炭の統計は品位別に分かれており、低品位で主に燃料に用いる亜炭・褐炭では世界第4位(6,600万トン)である。

マグネシウム鉱にも富み、生産量は世界第6位である。鉄、ニッケル、ボーキサイト、原油、天然ガスなど、生産量は少ないながら10種類以上の主要鉱物が見られる。

工業は食品加工業や繊維業などが盛んだったが、造船業、製鉄、石油化学工業も発達している。世界第3位のオリーブ油生産が突出している。


輸送業の中心は船舶であり、船舶保有量は世界第4位の2,870万総トンに及ぶ。一般貨物船は船舶保有量(総トン)の3%と少なく、オイルタンカー、鉱石や穀物用のばら積み船が80%以上を占める。

このような比率は船舶保有量上位10カ国には見られない特異な傾向である。ギリシャ人船主はパナマ(世界第1位)やキプロス(世界第6位)など税制優遇措置を利用できる国に自らの船を登録することも多く、実態を反映していない可能性がある。


●貿易

100億ドルの輸出に対し、輸入は300億ドルであり、慢性的な貿易赤字が続いている。しかしながら、輸送業、観光業、移民の送金などによって貿易赤字をほぼ充当できている。

主要輸出品目は、衣料、果実、石油製品である。これらにつぎ、アルミニウムの輸出が多いことが特徴である。主要輸出相手国は、ドイツ、イタリア、イギリス。主要輸入品目は、原油、機械類、電気機械である。主要輸入相手国はドイツ、イタリア、フランス。

日本との貿易関係は、日本に対してナフサ、葉タバコ、貴金属製品を輸出し、乗用車、タンカー、貨物船を輸入するというものである。

このことから、ギリシャの石油化学工業や軽工業が機能しており、輸送業に必要な船舶を自前で調達していることが分かる。なお大理石の輸出も日本への輸出額の4.2%を占めている。


◎国民

ギリシャ人が98%、他にアルーマニア人、トルコ系、ユダヤ系、アルバニア人。
主たる言語は、ギリシャ語

主たる宗教は、東方正教会に属するギリシャ正教会。ただし、クレタ島だけは東方正教会のかつての総本山であるコンスタンティノポリス総主教庁の管轄下にある。


◎文化

紀元前からギリシャは哲学や文化、芸術に様々な影響を与えてきた。その影響力の大きさから、ギリシャはヨーロッパ文化のゆりかごと称されることもある。詳細はギリシャの文化およびビザンティン文化を参照。

ギリシャ出身の著名人についてはギリシャ人の一覧を参照。


●世界遺産

ギリシャ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が14件、複合遺産が2件ある。詳細は、ギリシャの世界遺産を参照。

祝祭日 日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元旦 Πρωτοχρονιά
1月6日 主の顕現祭 Αγια Θεοφάνεια
移動祝日 聖灰月曜日 Καθαρά Δευτέρα 復活祭41日前
3月25日 独立記念日 Ευαγγελισμός / Εθνική εορτή
移動祝日 聖大金曜日 Μεγάλη Παρασκευή 復活祭前金曜日
移動祝日 聖大土曜日 Μεγάλο Σάββατο 復活祭前土曜日
移動祝日 復活大祭 Πάσχα 春分後の満月の次の日曜日
移動祝日 復活祭翌月曜日 Δευτέρα του Πάσχα 復活祭翌月曜日
5月1日 メーデー Εργατική Πρωτομαγιά
移動祝日 聖神降臨祭翌月曜日 Δευτέρα του Αγίου Πνεύματος
8月15日 生神女就寝祭 Κοίμησις Θεοτόκου
10月28日 国家記念日 Εθνική Εορτή オーヒデイ(NOの日)
12月25日 主の降誕祭 Χριστούγεννα
12月26日 生神女のシュナクシス Σύναξις Θεοτόκου



●スポーツ

オリンピック発祥の地。

国民に人気があるスポーツはサッカー。2004年のサッカー欧州選手権2004でギリシャ代表は初優勝を成し遂げたが、2006年にドイツで開催されたFIFAワールドカップの出場は果たせなかった。

また、バスケットボールも盛んであり、2006年に日本で開催された世界選手権で準優勝となった。



◎交通

エレフテリオス・ヴェニゼロス空港(新アテネ国際空港)


●主な航空会社
オリンピック航空


◎関連項目
ギリシャ関係記事の一覧
ギリシャ神話
ギリシア料理


●その他
日本外務省 ギリシャの情報
経済社会データランキング/ギリシャの統計
世界の国々 > ヨーロッパ
西欧: アイルランド | アンドラ | イギリス | オランダ | フランス | ベルギー | リヒテンシュタイン | ルクセンブルク
東欧: アルバニア | ウクライナ | クロアチア | スロベニア | セルビア | ブルガリア | ベラルーシ | ボスニア・ヘルツェゴビナ | マケドニア | モルドバ | モンテネグロ | ルーマニア | ロシア
中欧: オーストリア | スイス | スロバキア | チェコ | ポーランド | ドイツ | ハンガリー
南欧: イタリア | ギリシャ | サンマリノ | スペイン | バチカン* | ポルトガル | マルタ | モナコ
北欧: アイスランド | スウェーデン | デンマーク | ノルウェー | フィンランド
バルト三国: エストニア | ラトビア | リトアニア

* は国際連合非加盟。
欧州連合加盟国 アイルランド | イギリス | イタリア | エストニア | オーストリア | オランダ | キプロス | ギリシャ | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア | チェコ | デンマーク | ドイツ | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | ラトビア | リトアニア | ルクセンブルク | ルーマニア
--------------------------------------------------------------------------------

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3" より作成
カテゴリ: ギリシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<2007ミス・ユニバース>森理世さん優勝、2位はブラジル代表、3位はベネズエラ代表に

ミス・ユニバース森理世さん の次点以降は??



ミス・ユニバース優勝の森理世さん、それに続くのは、2位はブラジル(Brazil)代表のNatalia Guimaraesさん(22)さん、3位はベネズエラ(Venezuela)代表のLy Jonaitisさん(21)。

でも、サムライ的には、5位に終わった、ミス・アメリカのレイチェル・スミス(Rachel Smith)さんって、かわいらしいし、すってんころりんしちゃうところなんか、

なんだか人間臭くて、結構好きだけど、なんだか、転んじゃうわ、メキシコ人にブーイング↓みたいだし、かわいそう・・・

>ミス・アメリカのレイチェル・スミス(Rachel Smith)さんは、米在住メキシコ人に対する米国の対応に不満を持つメキシコ国民から非難の声を浴びせられた。イブニングドレスを着用して行われる審査で足を滑らせ転倒したスミスさんは、5位という結果になった。


▽ブラジルとは▽

ブラジル連邦共和国
República Federativa do Brasil

(国旗) (国章)

国の標語 : Ordem e Progresso
(ポルトガル語: 秩序と発展) 国歌 : ブラジルの国歌 公用語 ポルトガル語
首都 ブラジリア
最大の都市 サンパウロ
大統領 ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ
首相 なし
面積
- 総計
- 水面積率 世界第5位
8,511,965km²
0.7%
人口
- 総計(2004年)
- 人口密度 世界第5位
184,101,109人
22人/km²
GDP(自国通貨表示)
- 合計(2005年)
1兆9,432億レアル
GDP(MER)
- 合計(2005年) 世界第12位
7,320億ドル
GDP(PPP)
- 合計(2004年)
- 1人当り 世界第9位
1兆4,920億ドル
8,100ドル
独立
- 宣言
- 承認 ポルトガルから
1822年9月7日
1825年8月29日
通貨 レアル(BRL)
時間帯 UTC (-2 〜 -5)(DST: 註1を参照)
ccTLD BR
国際電話番号 55

註1:一部の州で夏時間を導入している ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく)、通称ブラジル(伯剌西爾)は、南アメリカの連邦共和国。 首都はブラジリア。

南アメリカ大陸最大の国土を持つ国である。南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国であり、同時に世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。

目 次

1 国名
1.1 国号由来
2 歴史
3 地理
4 気候
4.1 平均気温
4.2 四季
5 地方行政区分
5.1 代表的な都市
6 政治
6.1 政党
6.2 現政権
6.3 投票権
7 外交
8 日本との関係
8.1 移民
8.2 民間・経済交流
8.3 ODA
9 軍隊
10 経済
10.1 工業
10.1.1 GNP世界第9位
10.1.2 BRICsの一角
10.1.3 発電方法
10.2 農業
10.2.1 プロデセール
10.2.2 牧畜
10.2.3 サトウキビとコーヒー
10.2.4 焼畑農法
10.3 日系移民者の貢献
11 交通
11.1 陸運
11.2 バス
11.3 鉄道
11.4 航空
11.4.1 日本との航空便
12 教育
13 国民
13.1 人種
13.2 宗教
14 食生活
14.1 食事
14.2 飲料
14.2.1 酒類
14.2.2 ソフトドリンク
15 文化
15.1 カーニバル
15.2 メディア
16 スポーツ
16.1 サッカー
16.1.1 セレソン
16.2 モータースポーツ
16.2.1 ブラジル人レーシングドライバー
16.3 他のスポーツ
17 関連項目
17.1 関連人物 (ブラジル人以外)
18 外部リンク
18.1 公式
18.2 その他



●国名
正式名称は、República Federativa do Brasil(ポルトガル語)。IPAでは、 [xeˈpublika fedeɾaˈtʃiva du bɾaˈziw] 。通称、 Brasil 。

公式の英語表記は、 Federative Republic of Brazil 。通称、 Brazil 。

日本語の表記は、ブラジル連邦共和国、漢字表記では伯剌西爾。通称、ブラジル。

中国語の表記は、巴西。


●国号由来
国号のブラジルは、樹木の木ブラジルボクに由来する。ポルトガル人がこの地方でヨーロッパで染料に用いられていたブラジル(ブラジルスオウ、ブラジルはポルトガル語で燃えるように赤いの意)に似た木を発見し、それもまた同様に染料に使われていたことから木を「ブラジル」といい、地方そのものもブラジルと呼ぶようになった。


●歴史
詳細はブラジルの歴史を参照

先住民が居住しており、その数150万人と謂われている。
1500年 カブラル(ポルトガル人)、ブラジル発見
1502年 アメリゴ・ヴェスプッチ(イタリア人)、リオデジャネイロ(1月の川)を命名
1549年 初代ブラジル総督トメ・デ・ソウザがバイーアに着任
ブラジル内陸部の探検は、17世紀に始まる。
1808年 ポルトガル宮廷リオデジャネイロ遷都
1821年 ポルトガル宮廷リスボン帰還
1822年 ブラジル帝国独立
1888年 奴隷制廃止
1889年 共和制革命。カフェ・コン・レイテ期
1908年 笠戸丸で日本人移民開始
1930年 ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス、クーデター。独裁政治を行う。
1932年 護憲革命
1942年 第二次世界大戦に連合国の一員として参戦
1960年 ブラジリア遷都
1964年 軍事独裁開始
1985年 文民政権復活

●地理
ブラジルは南米大陸で最大の面積を誇り、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナと国境を接している。大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。

国土は、流域を含めると400万k屬砲盖擇屮▲泪哨鸚遒函△修瞭遒帽がるブラジル高原に別けられるが、広大な国土を持つだけに色々な地形があり、北部は赤道が通る熱帯雨林気候で、大河アマゾン川が流れる。南西部には有名なイグアスの滝のある、ラプラタ川水系の大河パラナ川が流れる。他にリオ・ネグロ川、サン・フランシスコ川、シング川、マデイラ川やタパジョス川がある。

最高峰はベネズエラとの国境近く、北部ギアナ高地にあるピコ・ダ・ネブリナ山で、標高3,014メートルである。

また、日本の対蹠地に当たり、時刻と季節は共に日本とはおおよそ正反対になる。


●気候

レシフェ国土の90%は熱帯地域に属す。気候は熱帯性気候、亜熱帯性気候、半砂漠型乾燥気候、高地の亜熱帯性気候、温帯性気候に分類できる。大西洋沿岸は全体的に温暖なため、リオ・デ・ジャネイロやレシフェなどのリゾート地が多い。


●平均気温
アマゾン地域:22〜26℃
大西洋沿岸地域:23〜27℃
内陸部高原地域:18〜21℃

●四季
春:9月22日から12月21日
夏:12月22日から3月21日
秋:3月22日から6月21日
冬:6月22日から9月21日

●地方行政区分
詳細はブラジルの州を参照


リオ・デ・ジャネイロ (ポン・ジ・アスーカルの丘からコパカバーナ海岸を望む)
サンパウロブラジルは26の州(エスタード)と1つの連邦直轄区(首都ブラジリア)から構成されている。


●代表的な都市
サンパウロ
サントス
モジダスクルーゼス
クリチバ
パラナグア
イグアス
サルヴァドール(バイーア)
ポルトベリョ
フォルタレザ
ブラジリア
ベレン
カンピーナス
クイアバ
イトゥ
カンポグランデ
リオブランコ
ポルトアレグレ
フロリアノポリス
ブルメナウ
ベロオリゾンテ
マナウス
リオデジャネイロ
ニテロイ
レシフェ
ペトロポリス
ナタール
ヴィトリア
フロリアノーポリス
カンピナグランデ
ジョアン・ペソア



●政治

ブラジリアの上下両院
左から、ルーラ大統領、マリザ・レティシア大統領夫人、ペレ詳細はブラジルの政治を参照

大統領制を敷いている。大統領及び副大統領の任期は4年で、一度限りにおいて再選が認められている。大統領は国会により弾劾されることが可能である。議会は上院・下院の二院制。現在の大統領は、左派・労働党のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァである。東西冷戦が崩壊した1980年代末まで長年軍事政権下にあった。軍事政権下の当時から現在にいたるまで、与党内部や官僚の腐敗や汚職が広まったままである。借金大国であることを気にしていないことも問題である。


●政党
与党である労働者党(PT)の他に、同党と連立を組んでいたブラジル民主運動党(PMDB)と社会大衆党(PPS)などがある。与党首脳部の間における他党議員の買収、不正資金の調達、選挙での裏金作りなどの疑惑が出て以来、与党の存在感が低下している。

ブラジルの政党

●現政権
2003年1月にルーラ政権が発足した。「飢餓ゼロ」計画を打ち上げ、貧困家庭向けの食料援助や援助金制度などを推進した。貧困家庭の生活水準改善を着実に進め、経済発展に取り残されていた内陸部へのインフラ整備も進みつつある。外交面では、南米統合へのリーダーシップも発揮した。2006年6月24日にルーラ大統領は、政権与党の労働党の全国大会で大統領候補指名を受託し、10月の大統領選挙で貧困層の圧倒的な支持を得て再選した。


●投票権
投票は18歳から70歳までの読み書きができる全ての国民に義務付けられている。希望すれば16歳以上、もしくは70歳を超える国民や読み書きのできない国民も投票することができる。


●外交
第二次世界大戦後、特に1980年代後半の冷戦終結後は南アメリカの大国としてアルゼンチンやパラグアイなどの近隣諸国のみならず、アジアやアフリカ、中近東諸国などとも全方面外交を行い、WTOやメルコスールなどを通して積極外交を行う他、国連改革を積極的に推進する。国連安全保障理事会の常任理事国入りを日本やインド、ドイツなどとともに狙っているとされる。旧宗主国のポルトガルとも強い絆を保っている。


●日本との関係
日本との外交関係は1895年の修好通商航海条約調印から始まり、1897年に両国内に公使館を開設。1908年6月には日本からの本格的移民が開始される。その後第二次世界大戦中の断交状態(ブラジルは連合国として参戦)と国交回復を経て、常に活発な人的、経済的交流が行われており、その距離の遠さに反比例して世界各国の中でも特に日本との縁が非常に深い国である。


●移民

サンパウロの日本人街1908年に最初の本格的な集団移民、いわゆる「笠戸丸移民」が到着して以降、第一次世界大戦、第二次世界大戦を経て1950年代に日本政府の後援による移民が停止されるまでにブラジルに渡った日本人移民の子孫は4世、5世の世代になり、サンパウロの日本人街を中心に、海外で最大の日系人社会(約140万人)を持つなどブラジル社会に完全に溶け込んでいる。現在は政界や経済界、法曹界で高い地位につくものも多い他、特に長年の農業における高い貢献は非常に高い評価を得ている。


●民間・経済交流
また、1950年代以降東芝やトヨタ自動車、東京海上日動、コマツ、ヤクルトなど、重工業から金融、サービス業にいたるまで様々な業種の日本企業がサンパウロを中心に数百社進出しており、世界でも有数の規模の日本人学校、サンパウロ日本人学校など複数の日本人学校がある他、日本においてもブラジルの音楽やスポーツ、料理などの文化が広く親しまれており、また、両国間の人的交流が活発にあるなどその関係は非常に深いものがある。


●ODA
1962年に両国による合弁事業であるウジミナス製鉄所へのODAによる融資を行って以降、電気や港湾、衛生設備など、各種インフラの充実を中心としたODAが継続的に行われている。しかしながら、ブラジルが工業国であり比較的インフラが整っていることから、近年はインフラでも環境、衛生関係に特化されたものとなっている。


●軍隊
周辺諸国との軍事的緊張関係には無いものの、国土が広大なこともあり南アメリカで最大規模の軍事力をもつ。陸軍、海軍、空軍と軍警察が存在する。軍事政権期核開発計画を進めていたが、1988年放棄を宣言。1990年代まで軍政下にあった事もあり、現在もそれなりの存在感を持つものの、その影響力は比べ物にならないほど小さいものとなっている。なお、第二次世界大戦に連合軍として参戦した際には、陸軍がヨーロッパ戦線へ派遣されている。近年は国連のPKOに積極的に派遣されている。

また、各種軍用機や軍用車両の国産化が進んでおり、特に軍用機は南アメリカの周辺国のみならず、ヨーロッパや中東諸国、オセアニアにも輸出されている。


●経済
詳細はブラジルの経済を参照


●工業

●GNP世界第9位

サンパウロの中心街安価な労働力と豊富な天然資源により、ブラジルは2004年度の国民総生産(GNP)で世界第9位に位置し、南半球および南アメリカの国家における最大の経済規模を有する。第二次世界大戦後の1950年代以降急速な経済発展を遂げ、1960年代後半から、毎年10%を超える成長率を見せ、ブラジルブーム(安い人件費で腕の良い熟練の労働者が得られる、豊かな資源がある)となる。

これによりアメリカやヨーロッパ、日本などの先進工業国からの直接投資による現地生産や合弁企業の設立も急増し、自動車生産や造船、製鉄では常に世界のトップ10を占める程の工業国となったが、1950年代後半に当時のジュセリーノ・クビチェック大統領の号令下でスタートした首都ブラジリア建設の負担や、1970年代初頭のオイル・ショックなどで経済が破綻した。

これらの結果1970年代後半には経済が低迷し、同時に深刻な高インフレに悩まされるようになり、これ以降、1980年代にかけてクライスラーや石川島播磨など多数の外国企業が引き上げてしまう。また先進国からの負債も増大した。

ペトロブラスは、元々ブラジル国営企業として成り立っていたが民営化プロセスに成功、その後企業は急拡大し、カナダのオイルメジャーを買収。欧米のオイルメジャーと張り合える存在となっている。ペトロブラスには、深海での石油開発能力、技術力において他メジャーよりも先行しており、未開発な箇所が多い深海油田をめぐり優位な立場で開発をおこなうと見られる。他、サトウキビ栽培によるエタノール生産では2007年現在唯一、内需より生産量に余裕があり、輸出を行える状況にある。世界としてのエタノール市場において、ブラジルが占める割合は7割以上に達する。エネルギー資源の確保について世界的に問題が深刻化するであろう今後にとって、ブラジルのエネルギー市場での存在感が2000年代初頭より、急激に大きくなっている。


●BRICsの一角

エンブラエルEMJ-170LR1990年代に入ってからはインフレも安定し、カルドーゾ政権下では安定成長を遂げ、現在ではロシア・中華人民共和国・インドと並んで「BRICs」と呼ばれる新興経済国群の一角に挙げられるまでに経済状態が復活した。重工業、中でも航空産業が盛んで、1969年に設立された国策会社のエンブラエルは現在、小型ジェット機市場の半分近いシェアを誇り、一大市場である欧米諸国をはじめとする世界各国へ輸出されているなど、その技術力は高い評価を得ている。

しかしながら、公衆衛生、教育などの公共サービスの水準は先進諸国に比べ低く、経済状態の復活を受け、近年急速に改善されつつあるもののいまだに貧富の格差が大きい状態や、沿岸部と大陸内部の経済的な地域格差は未だに改善されておらず、早急な改善が期待されている。

また、GDPに於ける税の割合は30%を超えており、BRICs諸国で突出している。これは、貧困層への援助(食糧配給)のために課税が行われているが、高い税率に嫌気がさしている富裕層からは現政権に対して不満の声があがり始めている。しかし、医療や福祉・教育水準の改善、地方への生活インフラの整備が着実に進んでおり、大統領の支持率は高い。


●発電方法
ブラジルは水資源が豊富なので、水力発電が占める割合は大きい。


●農業
農業では、かつてはブラジルボクやゴムの生産を中心とした。ブラジルボクはポルトガル語でパウ・ブラジルと呼ばれ、赤茶色の木地を持つ、堅く重たい木である。当時、赤の染料が貴重であったことから、赤の染料の原料となるこの木の経済価値が高かった。現在でもパウ・ブラジルでできた土産物などが現地で売られている。19世紀までブラジルはゴム栽培を独占し、アマゾン川中流域のマナウスは大繁栄した。


●プロデセール
1970年代から21世紀初頭にかけては、日本によるナショナルプロジェクト「セラード農業開発プロジェクト」(プロデセール)が3期に渡って行われ、その結果、ブラジル内部のセラード地帯(セラードとは「閉ざされた」を意味する)を中心とする農業発展が急速に進んだ。その際、日本とブラジルは共同事業として日伯セラード開発公社(CAMPO社)を現地に設立してプロジェクトの進捗管理を行うとともに、開発面積と同規模の保留地を耕作地周辺に確保するなど、農業開発と環境保全の両立を率先して行った。

また同時に、現地に適した種子の開発や栽培方法の確立などについても、ブラジル国内に専門の研究所を設立して支援するなど、日本はハード面とソフト面の両面に渡って支援する壮大なものとなって成果を発揮した。現在では、ブラジルは大豆の生産ではアメリカに次ぐ世界第2位の地位を占めている。


●牧畜
牧畜が盛んであり、近年まで「1ヘクタールに足1本」とまで言われていた。最近では都市近郊の農家の所得向上と相まって集約的な畜産業が行われるようになってきており、特にサンパウロ等大都市周辺の養鶏などは近代的システムの下で行われている。鶏肉については加工肉を中心に日本に相当輸入されているものの、牛肉については口蹄疫などの検疫上の問題が依然として存在している。


●サトウキビとコーヒー
以前ブラジルではサトウキビの栽培が盛んだった。サトウキビを作る時はアフリカから連れてこられた奴隷を働かせた。しかし、1888年に奴隷制が廃止になり、栽培の主流もサトウキビからコーヒーへと移った。そこで今度は日本人を働かせるため、1908年に第一回目の日本人移民が行われた。

コーヒーの輸出量は、世界第1位である。これは、人的労働が重要なコーヒー生産において、なにより安い労働力を得やすいという事情に寄るところが大きいが、霜の降らない高台地帯の広いことも幸いしている。しかし、コーヒーの過剰生産により、国際価格が暴落。コーヒーへの依存度を下げるために、とうもろこし・大豆・サトウキビなどの栽培が奨励された。サトウキビは砂糖の原料になるだけでなく、アルコールとしてガソリンの代わりの燃料に使われている。


●焼畑農法
未だに貧困層がアマゾンの熱帯雨林で焼畑農法を行い、それが自然環境の破壊につながるとして問題視されているが、むしろ同地域を大規模に焼き払うのは当地での農業生産を目指す企業家たちである場合が多い。一方、ブラジル東北部の乾燥地域では生活そのものが苦しく、政府が募った入植に応じた農業者が生活を行っているが、生活は極めて厳しく、都市部の生活者との経済的格差は極めて大きい。現在では、衛星を使った監視網などが整いつつある。


●日系移民者の貢献
かつて日本人が農業移民としてブラジルに入植して以来、日本人は「農業の神様」と呼ばれ、現在に至るまでブラジル社会における日系ブラジル人の高いステータスを確保する重要な礎になっている。ブラジルの首都ブラジリアが建設された際には、首都建設に必要な食料生産を日系人に任せる目的で、当時の政府はブラジリア周辺に日系人を入植させた。日本人の農業を通じたこうした功績に対し、ブラジリア建設40周年記念式典の際には、日系人に対して連邦区知事から特別に感謝の言葉が述べられた。

果実生産も日本の経済協力を契機に盛んになっており、特に南部サンタ・カタリーナ州におけるリンゴ栽培等への協力は、ブラジルにおける日本のプレゼンス向上に大いに役立った。リンゴ栽培に関するブラジル側研究施設の所長に日系人が抜擢されたこともある上、同協力に殉じた日本人研究者の胸像まで設置されているなど、日本の農業協力の一つの象徴として位置付けられる。また、2005年9月29日解禁のマンゴーの対日輸出は、両国政府の間で20年以上に渡る懸案となっていたものである。


●交通
旅客及び貨物輸送の約85%を道路輸送に依存しているが、国土が広大なことより古くから航空運送が盛んな上、長い海岸線や豊富な河川を元にした水上輸送も盛んに行われている。


●陸運

アルコール(右)とガソリン両方のポンプが用意されたガソリンスタンド第二次世界大戦後は自動車の一般層への普及が進むとともに、高速道路網が急速に発達した。自動車の燃料として1970年代後半より政府主導の下アルコールが普及しており、多くの自動車メーカーがアルコール燃料車を用意しており、大抵のガソリンスタンドでアルコール燃料車にアルコールを入れることができる。最近ではフレックス燃料車(ガソリンや、アルコールを入れても動かせる車、混入可)が注目されている。

現在の道路の総延長距離は165万kmであり、旅客及び貨物輸送の約85%が道路輸送に依存している。サンパウロやリオ・デ・ジャネイロ、ブラジリアなど都市部近郊の道路、および幹線道路の殆どが舗装整備されており、また、第二次世界大戦後の自動車産業の発達と一般層への普及に併せて、沿岸都市部を中心に高速道路網が急速に発達した。


●バス

トロリーバス高速道路網の発展とともに、寝台設備やトイレ、エアコン完備した長距離バスによる路線網が国中に張り巡らされ、手軽で安価な交通手段として重宝されている。また、アルゼンチンやウルグアイ、パラグアイなどの近隣諸国との間の長距離定期バスが、両国の主要都市の間で運行されている。

多くの都市では市内鉄道や地下鉄路線網が整備されていないことから、主な市内交通手段として市バスが使用されている他、サンパウロをはじめとするいくつかの大都市ではトロリーバスも運行されている。

殆どのバスはブラジルで自国生産されており、連接バスや二階建てバス、歩道側だけでなく運転席側にも客用ドアを設置したバスなど多彩な車種が走っている。


●鉄道

サンパウロの地下鉄航空機やバスによる長距離移動網が古くから整えられていた事もあり、鉄道の総延長は2000年現在で29,283kmとその広大な国土に比べて少ない上、その殆どが沿岸部に集中している。なお、鉄道による貨物輸送のシェアは20パーセント強となっている。

上記のような理由から都市間を結ぶ長距離鉄道網だけでなく、都市近郊の鉄道網の整備も遅れていたが、サンパウロやリオ・デ・ジャネイロなどの大都市では交通渋滞解消や省エネルギーの目的から、地下鉄や郊外との通勤電車の整備が進んでいる。


●航空

ヴァリグ・ブラジル航空のマクドネル・ダグラスMD-11国土が広大なために古くから航空網が国中に張り巡らされており、現在国内に2000を超える空港を有しており、アメリカやロシアなどと並ぶ航空大国として知られている。特にサンパウロ-リオ・デ・ジャネイロ間のシャトル便は世界有数の運送量を誇る。近年では元々はローカル線専門であったTAMブラジル航空と、元々はフラッグ・キャリアであった老舗のヴァリグ・ブラジル航空を傘下におさめた新興航空会社のゴル航空の二社を筆頭に、格安航空会社がその勢力を伸ばしている。


●日本との航空便
日本との間には、現在日本航空が成田空港からサンパウロまで週3便の直行便(ニューヨーク経由)を運行している。2005年1月まではヴァリグ・ブラジル航空も成田空港と中部国際空港にロサンゼルス経由の 直行便を運行していたものの、アメリカ同時多発テロ後アメリカ政府がブラジル人に対してトランジットビザの取得を義務付けたことによる旅客の減少や、経営状況悪化を受け現在は運行を停止している。なお、ヨーロッパやアメリカ、カナダや中東の主要都市で乗り継いで行く事も出来る。


●教育
初等教育と中等教育(日本における高校以上の教育)、高等教育(日本における大学)からなり、義務教育は8年。義務教育年齢の児童の中、学校に行っているものの率は約97%となっている[1]。1990年代から中等教育を受けるものが急増している。

なお、サンパウロやリオ・デ・ジャネイロなどの大都市には日本人学校(小学校、中学校)がある他、日本人子弟向けの幼稚園も存在する。


●国民

●人種

先住民ブラジル人は大きく4つのグループに分かれる。トゥピ・グアラニー語族の言葉を話す先住民、植民当時のポルトガル系、アフリカからの黒人奴隷の子孫、そして19世紀半ばからブラジルに定住するためにポルトガル以外のヨーロッパ、中近東、日本を中心としたアジア系移民である。

ヨーロッパ系ブラジル人の多くは元ポルトガル人で、ポルトガル人と原住民、黒人奴隷との雑婚が普通である。後に続くイタリアやドイツ、ユダヤ系、ロシア系、アラブ系などのヨーロッパ系や日本や中国などのアジア系移民の波が、多様な民族と文化の形成に貢献し続ける。そのためブラジルでは多民族国家の中でも比較的民族差別が少ないといわれる。ただし北東部は黒人が多く、南部はイタリア系やドイツ系が多いなど、多少地域差も見られる。


●宗教
ブラジル人の約80%は、カトリックの信者で、他にはプロテスタントやアフリカの宗教に起原する宗教、仏教やさまざまな新興宗教などがある。


●食生活
詳細はブラジル料理を参照


●食事

フェジョアーダアフリカからの奴隷の食事がルーツといわれるフェジョアーダや、肉料理のシュラスコ、ブラジル風コロッケ「コシンニャ」など、豊富な肉や野菜、魚介類を基にしたブラジル料理が日常的に食べられている。

また、 ヨーロッパなどからの移民や20世紀以降の日本人をはじめとするアジア系移民など、様々な人種が融合していることもあり、都市部を中心にイタリア料理やドイツ料理、中華料理や日本料理など、様々な国の料理が味わえる。特にイタリア料理のレベルは高いとされている。


●飲料

●酒類
主にドイツ系移民がもたらしたビールの生産、輸出国としても知られており、ブラマ社やアンタルチカ社のビールは日本やヨーロッパ、アメリカ諸国に輸出されている。また、南部では同じくドイツ系の移民やイタリア系の移民を中心に、その気候を生かしてワインの生産も古くから行われている。また、日系人が設立した現地企業が日本酒「東麒麟」を生産している。


●ソフトドリンク
コカ・コーラの他にガラナと呼ばれるソフトドリンクが広く飲まれており、日本やアメリカなどの各国へ輸出もされている。また、1970年代にヤクルトが現地生産を開始し、現在はスーパーマーケットなどで購入することが出来る。


●文化
ブラジルの文化は、インディオと呼ばれる先住民やヨーロッパやアフリカ、アジアからの移民などが持ち込んだ様々な文化が織り成すモザイクだと評されることが多い。古くから音楽や建築、スポーツなどの分野で世界的に高い評価を受けることが多く、世界的に有名なミュージシャンやスポーツ選手、芸術家を多数送り出している。また、多彩な文化的なバックグラウンドを持つ国民を対象にした広告表現などでも近年では高い評価を受けている。

詳細はブラジルの文化を参照

ブラジル人の一覧
ブラジル文学
ブラジル音楽
ブラジルの高層建築物

●カーニバル
毎年2月頃の四旬節の前に、国中の市町村でカーニバル(ポルトガル語では"カルナヴァウ"と発音する)が祝われる。期間中は国中を挙げ、徹夜でサンバのリズムに乗って踊りまくる。酒に酔ったための喧嘩や飲酒運転による自動車事故、心臓麻痺などで毎年数百人規模の死者が出ることでも有名である。

特にリオ・デ・ジャネイロで行われるカーニバルは世界的に有名で、世界各国から多くの観光客を呼び寄せている。サンバ学校単位によるパレードが目抜き通りで行われ、一番高い評価を得たサンバ学校が優勝する。

祝祭日 日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日 Confraternização universal,Ano Novo
1月20日 聖セバスチャンの日 São Sebastião リオデジャネイロのみ
1月25日 サンパウロ記念日 Aniversário de São Paulo サンパウロのみ
4月23日 聖ジョージの日 São Jorge リオデジャネイロのみ
5月1日 メーデー Dia do Trabalho
9月7日 独立記念日 Dia da Independência
10月12日 聖母アパレシダの日 Nossa Senhora de Aparecida 子どもの日としても祝う
11月2日 死者の日 Dia de Finados
11月15日 共和国宣言記念日 Proclamação da República
11月20日 パルマレスのズンビの日 Zumbi dos Palmares, Dia da Consciência Negra リオデジャネイロのみ
12月25日 クリスマス Natal


●メディア
軍事政権下で報道の自由はある程度制限されたものの、民政化された現在では完全に自由な報道が行われている。新聞はオ・グロボなどの全国紙の他、スポーツ専門紙などがある。また、専門紙や雑誌をはじめとするスポーツメディアの中でも、特にサッカー専門メディアについては世界的に高い評価を誇る。近年では衛星放送やインターネットの普及が急速に進んでいる。


●スポーツ
詳細はブラジルのスポーツを参照

サッカーやF1などのモータースポーツ、バレーボールやブラジリアン柔術などの格闘技が強いことで世界的に知られており、これらのスポーツにおいて数々の世界チャンピオンに輝いているほか、著名なスーパースターを多数輩出している。


●サッカー

サンパウロのモルンビー・スタジアムサッカーが非常に盛んである。クラブ選手権レベルでは、UEFAチャンピオンズリーグの優勝クラブを退けて過去3度トヨタカップ王者となったサンパウロFCの他、パルメイラスなどの世界有数の強豪が揃っている。FIFAワールドカップにおいては、ブラジル代表サッカーチームが、現在のところワールドカップの第一回大会以降、本大会に連続して出場している唯一の代表チームであり、大会史上最多である5度の優勝を誇る。優勝候補の常連国で、世界最強の名をほしいままにしている。

人材の面でも、古くはレオニダスやペレやガリンシャ、トスタンやザガロ、そしてジーコやソクラテス、ロマーリオ、カフー、ロナウド、ロベルト・カルロス、リバウド、ロナウジーニョ、カカーをはじめとするサッカーの歴史に残る選手を多数輩出しており、自他ともに認めるサッカー大国である。



●セレソン

ロナウド
ロナウジーニョブラジル代表チームのユニフォームはカナリアイエローを基調としており、ブラジル代表チームは「カナリア軍団」もしくは「セレソン」と呼ばれる。日本においては前者がマスメディアではしばしば用いられるが、ポルトガル語では「カナリア」という発音に似た単語「カナーリャ」というものがある。これは「ばか者(集団)」という意味を指し、否定的な意味で捉えられる。そのため、ブラジル国内ではブラジル代表をこのような呼び方をしない。ブラジルにおいては、ブラジル代表に敬意を表するため、後者を用いる。

ちなみに「セレソン」というのは「代表」という意味を持ち、サッカーが国技化しているブラジルにおいては「セレソン」という称号は栄誉そのものである。それを知ってかワールドカップドイツ大会が開幕した前後の日本の一部のマスメディアでは、ブラジル代表を「セレソン」という表記を使う所も現れている。詳細はブラジルのサッカーを参照。

またブラジル国民は名実ともに世界最強であるブラジル代表チームに対して特別の感情を抱いており、負けると選手や監督に多くの批判を浴びせる。近年では1990年のFIFAワールドカップイタリア大会の決勝トーナメント初回戦で敗退した際に、帰国時に激怒した国民から襲われるという危険性があるために、監督を含めメンバー全員の帰国日時、ルートが極秘にさればらばらに帰国したケースがあるほか(実際に監督の親族の家が襲撃されたために親族は一時的に避難した)、「歴代最強チーム」と呼ばれ大きな期待がかけられた2006年のFIFAワールドカップドイツ大会において決勝トーナメントでフランスに敗れたことに国民が激怒し、帰国する選手達に空港でブーイングし、最も期待がかけられていた選手のロナウジーニョの像を燃やすほどである。これはブラジルチームが毎年優勝候補の一角となり大きな期待を背負うからでもある。

その国民のサッカーに対する情熱を語るエピソードが1950年に自国ブラジルで開催されたFIFAワールドカップブラジル大会の決勝戦だろう。引き分け以上で優勝が決まる最終戦でウルグアイに逆転負けし、ブラジルサッカー史上過去最高の自殺者、ショック死(優勝したしないに関わらず、ほぼ毎回発生すると報道されている)や失神する人が発生するほどの事態となった(詳細はマラカナンの悲劇を参照)。

ワールドカップ優勝大会
1958年(スウェーデン大会)
1962年(チリ大会)
1970年(メキシコ大会)
1994年(アメリカ大会)
2002年(日本・韓国大会)




●モータースポーツ

インテルラゴス・サーキットで行われているフォーミュラ・トラックのレース富裕層を中心に古くからモータースポーツが盛んで、南東部と南部を中心に国際規格を満たした規模の大きなレース用サーキットを多数持つ。それらのサーキットにおいては、シボレー(ゼネラルモーターズ)など大手自動車会社の後援で各種の選手権が行われており、加えてサンパウロ市郊外のインテルラゴス・サーキットでは毎年F1世界選手権が開催されている(以前はリオ・デ・ジャネイロでも行われていた)。

レーシングドライバーの面では、ブラジルの英雄であり日本でも高い人気を誇ったアイルトン・セナや、ブラジル初のF1チャンピオンとなったエマーソン・フィッティパルディなど、数々のF1チャンピオンを輩出した他、北米におけるインディ500やCART、IRLといったレース・選手権においても、上記のエマーソン・フィッティパルディ、ジル・ド・フェラン、クリスチアーノ・ダ・マッタら、多数のチャンピオンを生み出しており、著名なレーシングドライバーを幾人も輩出したイギリスやイタリア、フランスと並ぶモータースポーツ大国である。


●ブラジル人レーシングドライバー

エマーソン・フィッティパルディ(中央)
アイルトン・セナ
フェリペ・マッサ1970年代〜
エマーソン・フィッティパルディ - F1チャンピオン(1972年、1974年)、インディ500優勝(1989年、1993年)、CARTチャンピオン(1989年)
ホセ・カルロス・パーチェ
ウィルソン・フィッティパルディ
ネルソン・ピケ - F1チャンピオン(1981年、1983年、1987年)
1980年代〜
アイルトン・セナ - F1チャンピオン(1988年、1990年、1991年)
ロベルト・モレノ
ラウル・ボーセル - スポーツカー世界選手権チャンピオン(1987年)
マウリシオ・グージェルミン
1990年代〜
ルーベンス・バリチェロ
クリスチャン・フィッティパルディ
ジル・ド・フェラン - CARTチャンピオン(2000年、2001年)、インディ500優勝(2003年)
ペドロ・ディニス
トニー・カナーン - IRLチャンピオン(2004年)
エリオ・カストロネベス - インディ500優勝(2001年、2002年)
リカルド・ゾンタ
2000年代〜
エンリケ・ベルノルディ
アントニオ・ピッツォニア
クリスチアーノ・ダ・マッタ - CARTチャンピオン(2002年)
フェリペ・マッサ

●他のスポーツ
バレーボールやビーチバレーも盛んであり、男子・女子ともにオリンピックや世界選手権の上位を常に占めるなど、世界レベルの強さを誇る。

他にもブラジリアン柔術などの格闘技やテニス、ウィンドサーフィンやハンググライダーなど、多様な文化と広大な国土を背景に様々なスポーツが行われている。後はサンパウロなどの都市部では野球も行われている。


●関連項目
ブラジル関係記事の一覧
南米共同体
メルコスール
ラテンアメリカ経済機構
ラテンアメリカ
ブラジルポルトガル語
ポルトガル語諸国共同体
ブラジル時間
FIFAワールドカップトロフィー
マイアミの奇跡
UFO
洞窟潜水
ヴァルジーニャ事件

●関連人物 (ブラジル人以外)
アントニオ猪木
大日方伝
三浦知良

●外部リンク

●公式
政府公式サイト(ポルトガル語)
在日ブラジル大使館
在サンパウロ日本国総領事館
サンパウロ日本人学校

●その他
日本外務省 ブラジルの情報
NPOチャレンジブラジル
ブラジルサイト
JB New Visionのページ
ニッケイ新聞(日系社会とブラジルの情報)
サンパウロ新聞
BOVESPA
ニッポ・ブラジル
世界の国々 > アメリカ
北米: アメリカ合衆国 | カナダ
中米: エルサルバドル | グアテマラ | コスタリカ | ニカラグア | パナマ | ベリーズ | ホンジュラス | メキシコ
カリブ: アンティグア・バーブーダ | キューバ | グレナダ | ジャマイカ | セントクリストファー・ネイビス | セントビンセント・グレナディーン | セントルシア | ドミニカ共和国 | ドミニカ国 | トリニダード・トバゴ | ハイチ | バハマ | バルバドス
南米: アルゼンチン | ウルグアイ | エクアドル | ガイアナ | コロンビア | スリナム | チリ | パラグアイ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | ボリビア
この項目ではブラジル連邦共和国について記述しています。テリー・ギリアム監督の映画については未来世紀ブラジルをご覧ください。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM