スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


WWEのクリス・ベノワが死去

クリス・ベルノワっていや〜〜、サムライが、アメリカ駐在中に、テレビでプロレス中継やってると必ず出てたな〜〜〜 なんか、残念。。 ご冥福をお祈りします。

▽記事全文▽

【6月26日 AFP】プロレスラーのクリス・ベノワ(Chris Benoit)が25日、アトランタにある自宅で家族と共に死亡しているのが発見されたと、所属する団体のワールド・レスリング・エンターテインメント(World Wrestling Entertainment:WWE)が公式ウェブサイト上で明らかにした。

 フェイエット郡(Fayette County)の法執行当局は、同選手を含むナンシー(Nancy)夫人、7歳になる息子のダニエル(Daniel)くんが亡くなったことを25日に発表。地元紙のAtlanta-Journal Constitutionは、無理心中とみて警察が捜査をしていると報じている。詳細は明らかにされていないが、死体解剖の結果は現地26日に明らかにされる見込み。

 WWEカナダのカール・デマルコ社長は「クリス・ベノワが亡くなったことに深い悲しみを覚えます。心から彼の両親と家族にお悔やみ申し上げます。私とクリスは長年に亘り関係を築いており、彼は偉大な友人です。彼は常に暖かく、親しみやすく、気遣いができ、プロフェッショナルであり、業界内において最高の選手でした」と哀悼の意を表した。

 カナダのモントリオール(Montreal)で生まれたベノワは、1980年代の中ごろにカルガリー(Calgary)で故スチュ・ハート(Stu Hart)の指導の下でプロレスリングを始め、2000年にWWEへ移籍する前は主に日本で試合を行っていた。

 ベノワは24日に行われたペイ・パー・ビューの興行でタイトルマッチを行う予定だったが、当日にWWEはベノワが「緊急の家族の用事」で欠場することを発表していた。(c)AFP

2004年3月11日、ニューヨークにあるプラネット・ハリウッド(Planet Hollywood)で行われたレッスルマニア20(WrestleMania XX)の記者会見に出席するクリス・ベノワ。(c)AFP/Getty Images Peter Kramer



クリス・ベノワとは



クリス・ベノワのプロフィール

リングネーム クリス・ベノワワイルド・ペガサス
ペガサス・キッド
ダイナマイト・クリス
クリス・ベノイ
本名 クリストファー・マイケル・ベノワ
ニックネーム 凶獣
クリップラー
身長 180
体重 100kg
誕生日 1967年5月21日
死亡日 2007年6月25日
出身地 カナダケベック州
所属 WWE
トレーナー スチュ・ハート
新日本プロレス道場
デビュー 1985年11月22日

クリス・ベノワ(Chris Benoit 、1967年5月21日 -2007年6月25日 )は米国WWEプロレスに所属するプロレスラーである。

「クリップラー(The Crippler)」「歯無き攻撃性(toothless aggression)」「凶獣 (the rabid wolverine)」などのあだ名を持つ。最近は「最も尊敬されるレスラー」と言われる。

本名、クリストファー・マイケル・ベノワ(Christopher Michael Benoit)で“Benoit”はベンワーとも発音する。カナダケベック州の生まれでアルバータ州エドモントンにて育つ。

現在はジョージア州アトランタ在住。体格はほかのレスラーと比べて小柄(公式プロフィールでも180僉100kg)だが、スーパーヘビー級のレスラーにも負けないパワーの持ち主であった。最終所属はWWEのECW。

目 次

1 経歴
1.1 デビュー〜新日本
1.2 ECW
1.3 WCW
1.4 WWE/WWF
1.5 死

2 必殺技

3 タイトル履歴

4 リングネーム

5 外部リンク



[1] 経歴

[1.2] デビュー〜新日本

ダイナマイト・キッドに憧れプロレスラーを志し、カナダのハート・ダンジョンでスチュ・ハートにより鍛えられる。

1985年11月にプロレスデビュー。バッドニュース・アレンの勧めで、1987年に初来日して新日本道場の練習生にもなった。

当初はスペルをそのままローマ字読みしたクリス・ベノイの名で呼ばれたが、新日からダイナマイト・クリスというリングネームを与えられた。

しかし本人はダイナマイトの名を冠するには自分は未熟だとして、その後覆面を被りペガサスキッドというリングネームにて新日本プロレスに参戦する。

後に獣神サンダー・ライガーに敗れ覆面を取る。1993年TOP OF THE SUPER Jr.優勝を機にワイルドペガサスに改名。獣神サンダー・ライガーやエル・サムライ、金本浩二、大谷晋二郎、2代目ブラックタイガー(故エディ・ゲレロ)らと激闘を繰り広げた。

1990年にはIWGPジュニア・ヘビー級王座獲得、1994年にはSUPER J-CUP 1st STAGE優勝、SUPER Jr. TAG優勝、1995年にはBEST OF SUPER Jr.優勝など、新日本ジュニアヘビー級のトップ外国人として活躍した。


[1.3] ECW

1995年には本拠地をアメリカに移し、ゲレロやディーン・マレンコらとECW(Extreme Championship Wrestling)に参戦。米国では珍しい日本仕込みのテクニックでマニア層のファンから高い支持を受ける。

サブゥーとの試合中、フラップジャックの失敗からサブゥーの首を折ってしまって以来“クリップラー”(壊し屋・破壊者)という異名をECWプロデューサーのポール・ヘイマンに与えられる。しかしヘイマンがベノワの就労ビザを一向に取ろうとせず、国外退去を避けるために1996年、親友のゲレロ、マレンコと共にWCWに移籍した。


[1.4] WCW

WCWでは波乱の人生を送っていた。彼はさまざまなレスラーと戦っては勝っていたものの、政治的なことを嫌いnWoなどメインストリームには乗らず、ベノワは雌伏をした。この頃ケビン・サリバン夫人であった女子マネージャーのウーマンと恋仲になり、事実上略奪婚をしている。

サリバンとはこの不倫騒動の最中にストーリー上でも抗争を行っていた。その後、1999年に再び本格的な表舞台に立ち、US王座、テレビジョン王座などさまざまなWCWのタイトルを獲得している。

また、リック・フレアーのユニット、フォー・ホースメンのメンバーの一員でもあった。WCWを見限ってWWFへの移籍を決意し、2000年1月16日、王者決定トーナメントを制しWCW世界ヘビー級王座を手にするも翌日に返上してWWEに移籍した。


[1.5] WWE/WWF

WWFでは共にWCWから移籍したエディ・ゲレロ、ペリー・サタン、ディーン・マレンコとラディカルズを結成、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン、ザ・ロック、カート・アングルらと抗争を繰り広げる。2001年にはかつての戦友であった、クリス・ジェリコとともにWWF世界タッグ王座を制している。

しかし長年の負担によって首を骨折し、同年5月から一年以上欠場した。2002年7月の復帰後は早々にIC王座を獲得、当初はRAWに所属していたが、スマックダウンGMだったステファニー・マクマホンによって引き抜かれ移籍。

10月にはWWEにおける最大のライバルでもあったカート・アングルとのコンビで初代WWEタッグ王者に付いた。


王座陥落後しばらくは便利屋のようなポジションに戻ってしまったが、2003年冬から再びアングルやブロック・レスナーらトップグループとの抗争が組まれ、2004年のRoyal Rumble 2004でのロイヤルランブル・マッチでショーン・マイケルズ(1995年)以来史上二人目となる一番手出場での優勝を達成し、レッスルマニアでの王座挑戦権を獲得。スマックダウンGMのポール・ヘイマンによってWWE王座への挑戦権は永遠に奪われていたため、世界ヘビー級王座への挑戦を選択。

WrestleMania XXメインイベントにて念願の世界ヘビー級王座を獲得。同年のサマースラムで、ランディ・オートンを相手にベルトを手放してしまった。

2005年に行われたECW ワン・ナイト・スタンドに出場。また同年のドラフトによりSmackdown!へ移籍した。スマックダウンに移籍後、オーランド・ジョーダンからUS王座を獲得。その後ブッカー・Tに敗れて王座を失い、王座をかけてブッカー・Tと7番勝負で抗争した。

なお、ブッカーとはWCW時代にもデーブ・フィンレーが保持していたWCW・TV王座挑戦権を賭けて7番勝負を行っている。 2006年、No Way Outで王座を取り戻すものの、WrestleMania 22でのUS王座戦でJBLに敗れて王座を明け渡した。

5月26日のマーク・ヘンリー戦を最後に肩の怪我と「家族と過ごす時間が欲しい」等の理由から半年近くに渡り欠場をしていたが、10月8日のPPV「NO MERCY」で突如復帰。ウィリアム・リーガルとレスリング戦を展開した。

10月13日のSmackDown!では、ケン・ケネディを破り再びUS王座を奪回した。その後、レイ・ミステリオとの抗争を終えたチャボ・ゲレロとヴィッキー・ゲレロと抗争を開始。

2007年、チャボとの抗争が終わってからはテーマ性の無い試合が続いたが、4月1日に開催されたWrestleMania 23では大型新人のMVPとUS王座を賭け対決。ダイビングヘッドバットでフォール勝ちを収めた。

4月29日に開催されたPPV、「BACKLASH」では再びMVPと対決。丸め込んでフォール勝ちを収めた。しかしジャッジメント・デイでは3本勝負形式の王座戦が行われ、ついにMVPにタイトルを奪われてしまう。

6月11日、RAWで行われたドラフトにより、Smackdown!からECWに移籍。形は違えども、約12年ぶりにECWに戻った。


[1.6] 死

2007年6月24日、CMパンクとのECW王座戦に出場予定だったPPVヴェンジェンスを「家庭の事情」を理由に急遽欠場。翌25日にジョージア州の自宅で妻、息子とともに遺体で発見された。

6月26日、地元警察が調査結果を報告。捜査の結果、ベノワが22日に妻を拘禁の上絞殺、翌23日に息子の顔を枕に押し付けて窒息死させた後、自宅地下のトレーニングルームで首吊り自殺した無理心中事件であると発表した。

事件の動機としては、ベノワが摂取していたステロイド剤(合法的に処方されたもの)の副作用による鬱症状が原因とする説、脆弱X症候群と呼ばれる遺伝性の難病を患っていた息子の将来を悲観したとする説などが挙げられている。

WWEは当初追悼興行を開く計画であったが、事態を重く見たWWE首脳陣が興行の取り止めを決定した。 またベノワの戦跡・グッズなど、彼に関するすべての情報を削除した。2007年6月27日現在で、WWE公式サイトにおける彼のプロフィールは閲覧不可能になっている。


[2] 必殺技

クリップラー・クロスフェイス

シャープ・シューター
尊敬するブレット・ハートの必殺技であり、この技で試合を決める事もある。

ドラゴン・スープレックス
WWEでは技の規定が厳しいため滅多に使用しないが、新日本プロレス時代のフィニッシュムーブの一つ。

ダイビング・ヘッドバッド
トップロープに上る前に必ず首をかっ切るポーズを取る。この技を繰り出すと実況担当のJRは必ず「ダイナマイト・キッドばり!」とアナウンスする。

ジャーマン・スープレックス(ベノワは3連発が多い。そのため実況は「ハットトリック!」と叫ぶ。ノッている時はそれ以上投げることもある)

スナップ・スープレックス(高速ブレーンバスター)
これもダイナマイト・キッドが得意としていた技。

ナイフエッジ・チョップ
いわゆる逆水平チョップだが、ベノワのチョップは他の選手に比べ、格段にいい音がする。 


[3] タイトル履歴

WWE
世界ヘビー級王座:1回

IC王座:4回

世界タッグ王座:3回(&エッジ:2回)(&クリス・ジェリコ:1回)

WWEタッグ王座:1回(&カート・アングル:1回)

UWA世界ライトヘビー級王座:1回

2004年ロイヤルランブル優勝

US王座:5回

WCW
世界ヘビー級王座:1回

US王座:2回

テレビジョン王座:3回

世界タッグ王座:2回(&ディーン・マレンコ:1回)(ペリー・サターン:1回)

ECW
世界タッグ王座:1回(&ディーン・マレンコ:1回)

新日本プロレス
IWGPジュニア・ヘビー級王座 : 1回

TOP OF THE SUPER Jr : 1993優勝

スーパーJカップ優勝 : 1st STAGE優勝(1994年)

BEST OF THE SUPER Jr. : 第2回優勝(1995年)

その他
スタンピード・ブリティッシュ・コモンウェルス・ミッドヘビー級王座:4回
スタンピード・インターナショナルタッグ王座:4回
(&ベン・バサラ:1回)(&キース・ハート:1回)(&ランス・アイドル:1回)(&ビフ・ウェリントン:1回)


[4] リングネーム

クリス・ベノワが使用したリングネーム

ペガサスキッド(覆面レスラー)
ワイルドペガサス
クリス・ベノワ(現在)


[5] 外部リンク
WWE Profile
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%AF" より作成
カテゴリ: 現在進行 | カナダのプロレスラー | WWE | 新日本プロレス | 1967年生 | 2007年没
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM