<< 【図解】北京五輪、聖火リレーの通過ルート | main | 「2008ミス・ユニバース」美馬寛子さんが日本代表に >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<08米大統領選挙>民主・共和両党各候補者のこれまでの獲得代議員数


クレジットカードの得する活用術


うううん、アメリカ大統領選の予備選挙、、オバマ対クリントン、いつまでたっても決着がつきませんね〜〜

民主党も、このままおたおたやってると、ますます党の分裂なんて話が現実味を帯びてくるし、共和党を利するばかりですね〜〜

はやいとこ蹴りつけて、次なる戦いへ体制作りすべきですね、、サムライは、絶対オバマを応援しますけど!!

やっぱり、時代は「CHANGE」変化を!!でしょ!!

経験とか実績より。。

代議員、総得票でも拮抗 クリントン、オバマ両氏

 米大統領選の党候補指名争いのヤマ場となった5日のスーパーチューズデーで、民主党のヒラリー・クリントン、オバマ両上院議員の獲得した代議員数に大差が付かず拮抗

(きっこう)していたことが、米主要メディアの6日までの集計で確実になった。

5日に党員集会・予備選を行った22州の総得票も両氏はほぼ同数。民主党支持者が「ヒラリー派」「オバマ派」にくっきり分かれていることを示した。

 CNNテレビの6日までのまとめによると、総得票数はクリントン氏が735万238票、オバマ氏が729万5400票。得票率ではわずか0・4ポイントの小差だ。

 スーパーチューズデーで獲得した代議員数は、ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)によると、クリントン氏が667人、オバマ氏が583人。

AP通信の集計では763人対731人で、クリントン氏のリードはわずか32人に縮まる。

 22州のうち、勝者が未確定のニューメキシコ州を除く21州の結果は、オバマ氏が13勝8敗で勝ち越した。

しかし代議員数ではクリントン氏が大票田のカリフォルニア、ニューヨーク両州で勝利し、オバマ氏にそれぞれ約40人の差をつけたため、全体では互角に持ち込んだ。

 4049人の全代議員のうち796人を占め、各州の予備選結果に縛られずに投票できる「スーパー代議員」の支持獲得では、

クリントン氏が2月初めの時点で約200人、オバマ氏が約100人(ニューヨーク・タイムズ紙調べ)となっている。

 民主党の代議員数は得票率に応じた比例配分制を採用しており、接戦を続ける両氏は今後も各州で代議員を分け合う可能性が高い。

 クリントン陣営の報道担当、ハワード・ウォルフソン氏は「指名争いが進めば進むほど、代議員数で差をつけるのは難しくなる」として、勝負の行方が見えるのは早くても4月以降とみている。

(共同)



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 13:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM