<< 中国の武術家、まぶたでバケツ2杯の水を持ち上げる「秘技」披露 | main | 中国、チェコ教育省の訪中を取り消し、チベット旗に不快感 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


軍政下で「盗まれた」行方不明者の子ども裁判、養父母に実刑


クレジットカードの得する活用術


ふううん、アルゼンチンで、そんな暗い過去の戦争があったのねえ、、全然知りませんでした・・・

まあ、日本でも、戦争の影響が、中国残留孤児とかの問題となって(最近ニュースにならないけどねえ、、)現代まで、戦争の傷跡が、尾を引いてますけどねえ、、

もっと、広く言えば、従軍慰安婦問題やら、それこそ、靖国(映画を上映するすないで、問題、話題になっちょったけど)問題やらで、半世紀以上昔の戦争が、たった今の今でも

政治的にも、文化的にも、大きな影響を残しているもなあ〜〜

やっぱり、国家権力のエゴ丸出しの、戦争は、絶対にやっちゃいかんし、戦争のない世界を、人類の英知を集めて実現するべきだよねえ〜〜

(忍者影の声)何を、理想論を、ほのぼのとほざいているの、、今でも世界中のあっちこっちで、内戦はじめ、もちろんイラクも、、戦闘状態地域は腐るほどあって難民が右往左往してるのが現実じゃ!!



・汚い戦争ってなあに?

1969年にコルドバで起きたコルドバ暴動(コルドバソ)を受けるとその後穏健政策に転じ、ペロニスタと軍の戦いを収める為にはペロニスタを議会に戻すしかないと判断した軍部は自由選挙を行った。

この選挙ではペロン党が勝利し、1973年にはペロンが帰国し、三度大統領に就任した。

しかし、すぐに病に倒れ、1974年に後を継いだ妻のイサベル・ペロンは困難な政局を乗り切ることは出来ずに拙劣な政策を積み重ね、治安、経済共に悪化の一途を辿った。

こうして1976年に見かねた軍のホルヘ・ラファエル・ビデラ将軍がクーデターを起こし、ブラジル型の官僚主義的権威主義体制が再びアルゼンチンに生まれた。

この政権は1966年の軍事政権よりもさらに強い抑圧、弾圧を進め、「汚い戦争」、コンドル作戦によりペロニスタや左翼を大弾圧したことで治安回復には成功したものの、

ブラジル風に外資を導入して経済全体を拡大しようとした経済政策に大失敗して天文学的なインフレを招いた。

軍事政権は行き詰まり、1982年に就任したガルティエリ大統領は、イギリスが1833年以来実効支配を続けているマルビーナス諸島(英:フォークランド諸島)を奪還しようと占領したが、

当初上手くいくと思われたこの行動はサッチャー首相の決断によりマルビーナス戦争に発展し、イギリスの反撃に遭い失敗した。

建国以来初めての敗戦によりガルティエリ大統領は失脚し、軍事政権は崩壊した。

ただし、この戦争によりラテンアメリカ諸国との絆は強まり、ラテンアメリカの一員としてのアルゼンチンのアイデンティティのあり方に影響を与えた。
(wikidediaより引用)
JUGEMテーマ:社会の出来事



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 07:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM