<< 米下院公聴会、人民元や円の「為替操作」に批判集中 - 米国 | main | 香港の大気汚染、返還後の10年で急激に悪化 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


竹内結子 タヒチ旅日誌「たびぼん」発売!

竹内結子の、ヌードも??〜タヒチ旅日誌たびぼん」発売!



竹内結子(たけうち ゆうこ)の、ビニ本、じゃなくて「たびぼん」が本日(6月15日)発売じゃと・・・

って、竹内 結子(たけうちゆうこ)のヌードが、あったら、サムライもすぐ買いに走るところじゃが、そりゃあ、多分ねえだろう。。。

まあ、でも、竹内結子の水着は、絶対に入っちょると思うね、、


特に、5万部限定の、プレミアムエディションには、!!

竹内結子の、ファンは、すぐに本屋に走りましょう!!



▽記事全文▽

竹内結子フォトエッセイタヒチ旅日誌「たびぼん」 (SDP刊¥1,600【税別】)が6/15(金)に発売されることが決定した。

タヒチで1週間撮影が行われ、「一緒に旅してもらえるようなものを」というコンセプトで制作された!5万部限定のプレミアムエディションには、マネージャーが竹内に密着して撮影して撮ったメイキングDVD付。

「身近なスタッフとプライベート旅行の気分で撮影しました。みんなで初めてのタヒチでワイワイ楽しんでる様子が伝われば」と語るたびぼんをぜひお楽しみに!
【スターダストプロモーション】(c)スターダストプロモーション



竹内結子たけうち ゆうこ)とは



竹内 結子Yuko Takeuchi) プロフィール
生年月日: 1980年4月1日
現年齢: 27歳
出身地: 日本 浦和市
血液型: A型
公称サイズ(出典不明)
身長 / 体重: 162 cm / ― kg
スリーサイズ: 80 - 60 - 82 cm
単位系換算:[表示]
身長 / 体重: 5′ 5″ / ― lb
スリーサイズ: 31 - 24 - 32 in

活動
デビュー: 1996年
新・木曜の怪談 Cyborg
ジャンル: 女優 タレント 歌手
モデル内容: 一般
モデル: テンプレート | カテゴリ
竹内 結子(たけうち ゆうこ 、1980年4月1日 - )は、日本の女優。本名:小川 結子(旧姓:竹内)。スターダストプロモーション所属。

埼玉県浦和市(現 さいたま市南区)出身。浦和市立(現、さいたま市立)白幡中学校卒業。埼玉県立新座北高等学校卒業

目 次

1 人物・来歴

2 主な出演
2.1 テレビドラマ
2.2 映画
2.3 テレビバラエティ
2.4 CM等

3 書籍

4 音楽

5 関連項目

6 外部リンク



[1] 人物・来歴

 1996年、フジテレビ系列にて放映されたドラマ『新・木曜の怪談「CYBORG」』にてデビュー。 1999年にNHK連続テレビ小説「あすか」のヒロイン、2001年にはTBS「白い影」でブレイク。

ランチの女王で月9初主演を務める。その後 数々のドラマや映画等に出演。
2005年5月10日にオフィシャルサイトで、歌舞伎役者・2代目中村獅童と結婚を前提にした交際をしている事を発表。又、同日、中村が会見を行い、妊娠3ヶ月である事を公表した。

映画『いま、会いにゆきます』での共演が、交際のきっかけとなった。6月25日に婚姻届を提出。2005年11月21日、東京都信濃町にある慶應義塾大学病院にて、第一子となる男児を出産した。

2006年に入り、CMの仕事を再開している。

2006年11月1日に離婚協議中であること、離婚に際して中村獅童に対して、慰謝料や養育費などを請求しないことが報道された。


[2] 主な出演

[2.1] テレビドラマ

1)新・木曜の怪談 Cyborg(1996年、フジテレビ)

2)いいひと。(1997年、フジテレビ)

3)あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル '98(1998年、日本テレビ)

4)凍りつく夏(1998年、日本テレビ)

5)なにさまっ!(1998年、TBS) - 木村友里 役

6)あすか(1999年、NHK連続テレビ小説) - 宮本あすか 役

7)Friends(2000年、TBS) - 松野美雪 役

8)スタイル!(2000年、テレビ朝日) - 榊原栞 役

9)白い影(2001年、TBS) - 志村倫子 役

10)ムコ殿(2001年、フジテレビ) - 新井さくら 役

11)ガッコの先生 (2001年、TBS) - 朝倉素子 役

12)ランチの女王(2002年、フジテレビ) - 麦田なつみ 役

13)笑顔の法則(2003年、TBS) - 倉沢祐美 役

14)ワルシャワの秋(2003年、フジテレビ) - 青木葉子 役

15)プライド (2004年、フジテレビ) - 村瀬亜樹 役

16)新ニューヨーク恋物語(単発 2004年、フジテレビ) - 藤倉英子 役

17)不機嫌なジーン(2005年、フジテレビ) - 蒼井仁子 役



[2.2] 映画

1)リング(東宝系、1998年)

2)イノセントワールド (1998年)

3)ビッグ・ショー!ハワイに唄えば (1999年)

4)星に願いを。(東宝系、2003年) - 青島奏 役

5)黄泉がえり(東宝系、2003年) - 橘葵 役

6)天国の本屋〜恋火(松竹系、2004年) - 長瀬香夏子、桧山翔子 役

7)いま、会いにゆきます(東宝系、2004年) - 秋穂澪 役

8)春の雪(東宝系、2005年) - 綾倉聡子 役

9)サイドカーに犬(2007年公開予定)

10)ミッドナイトイーグル(2007年公開予定)


[2.3] テレビバラエティ

1)世界ウルルン滞在記(ゲスト旅人) (TBS系)

2)SMAP×SMAP(ビストロスマップゲスト) (フジテレビ)

3)堂本剛の正直しんどい (ゲスト) (テレビ朝日)



[2.4] CM等

1)大蔵省(当時)関東財務局 「国有宅地」

2)JR西日本 「三都物語」「DISCOVER WEST」

3)三共 「ルルゴールド(風邪薬)」

4)花王 「ビオレ」「エッセンシャル」

5)森永乳業 「クラフト フィラデルフィアクリームチーズ」

6)パイオニア DVDレコーダー 『寅さんが動いてる篇』他

7)資生堂「プラウディア」「TSUBAKI(ツバキ、2007年1月〜)」「コラーゲン(2007年5月〜)」


8)JOMO ステーション

『登場編』 (2006年〜)
『ラッキー編』 (2006年〜)
『登場+ラッキー編』 (2006年〜)
『忘れ物編』 (2006年〜)
『カメラ編』 (2006年〜)
『気になる地図編』 (2007年〜)長谷部瞳と共演


9)森永製菓 「アンシス」「刻みカカオ(2006年5月〜)」「ルネス(2006年9月〜)」

10)任天堂 「NINTENDO64 Wゲットだぜキャンペーン」

11)ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 「行定勲×SO903i ショコラの見た世界」 大塚ちひろ、和田聰宏、藤本七海と共演(2007年1月〜)

12)JT「GREEN'S」



[3] 書籍

エッセイ
タヒチ旅日誌「たびぼん」(竹内結子・著、2007年 6月15日発売)

ニオイふぇちい(竹内結子・著、2004年、ぴあ)ISBN 4835609387
ニオイふぇちぃ2 カロリーオフ(竹内結子・著 2006年、ぴあ)ISBN 4835616162
表紙イラストはいずれも江口寿史による書き下ろし。


[4] 音楽

シングル

「ただ風は吹くから」(ポニーキャニオン、1998年)


[5] 関連項目

埼玉県出身の人物一覧


[6] 外部リンク

YUKO TAKEUCHI WEBSITE - オフィシャルサイト
キッチンマカロニ - 個人サイト
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%86%85%E7%B5%90%E5%AD%90" より作成
カテゴリ: 日本の俳優 | 1980年生 | 埼玉県出身の人物 | スターダストプロモーション | 朝ドラのヒロイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




竹内結子主演の連続テレビドラマ「不機嫌なジーン」とは




不機嫌なジーン(ふきげんなジーン)は、フジテレビ系で2005年1月17日から3月28日まで毎週月曜日の21:00〜21:54(初回は〜22:09、日本時間)に放送されていた、竹内結子主演の連続テレビドラマ。


目 次

1 あらすじ

2 キャスト


3 放送日・サブタイトル・視聴率

4 エピソード

5 撮影の苦労

6 スタッフ

7 テーマ曲

8 関連項目

9 外部リンク



[1] あらすじ

 鵯越(ひよどりごえ)大学の修士課程で動物行動学を専攻している蒼井仁子(あおいよしこ)(竹内結子)は、生物をこよなく愛し、研究しつづけている大学院生。平凡な毎日を過ごしていると、仁子のいる理学部研究室に昔付き合っていた有名な学者、南原(内野聖陽)がやってきた。南原には全く未練がない仁子に対し、南原のほうは仁子に復縁を迫る。過去の事で男性不信になった仁子だったが、小学校の教師をしている白石健一(黄川田将也)との出会いや、南原の猛烈なアピールに心を動かされる。

月9の女王竹内結子を主役とした、笑いたっぷりのコメディドラマ。ストーリー中に出てくる虫たちにも注目。

タイトルのジーンとは竹内演じる主人公の仁子(南原などが読んでいる「じんこ」という呼び方)に加え、gene(ジーン=遺伝子)の意味である。


[2] キャスト

蒼井仁子(竹内結子

南原孝史(内野聖陽)

白石健一(黄川田将也)

若狭宗夫(平山広行)

阿部啓太(岡田義徳)

柳川美幸(山田優)

真岡早智子(井上訓子)

吉田佳(もたいまさこ)

勝田隼人(オダギリジョー)

早乙女サンダース(伊東四朗)(特別出演)

山本光(陣内孝則)(特別出演)

神宮寺の夫(相島一之)

神宮寺潤(小林聡美)


[3] 放送日・サブタイトル・視聴率

各話 放送日 サブタイトル 視聴率

第1話 2005年1月17日 仁子、恋に迷う! 18.2%

第2話 2005年1月24日 美しいオスと新しい恋 15.7%

第3話 2005年1月31日 キス!恋愛vs慈愛 13.5%

第4話 2005年2月07日 飛べ!恋のモモンガ 13.7%

第5話 2005年2月14日 冬眠ハートに、春一番 14.2%

第6話 2005年2月21日 恋のアリジゴクとフケた王子様 14.4%

第7話 2005年2月28日 恋の主役と…第三の男 12.7%

第8話 2005年3月07日 キケンなオス 15.6%

第9話 2005年3月14日 微妙な四角形 12.0%

第10話 2005年3月21日 プロポーズ! 12.8%

第11話 2005年3月28日 2007年、ロンドン 18.3%



平均視聴率 14.2%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)



[4] エピソード

 ドラマの中の重要なテーマにあるのが、「男が浮気するのは遺伝子のせいである」という仮説である。

最終回ではこの枠で珍しく主役の二人が結ばれなかった。これにより放送終了後には公式サイトに苦情が殺到した。ノベライズ版では3行ほどの加筆があり、未来のある結末となった。

大森は最終的には「別れる」ことを決めていたが、脚本を書いているうちに悲しくなり結末を変更しようとプロデューサーに相談したが変更はできずやむをえなかったという。しかし、大森はこっそりと30分ほどの続編を描いて立ち直ったという。

動物行動学や大学院生の研究生活を取り扱ったことが月9の視聴者層全体には受け入れられなかったのか、高視聴率につながらなかった。しかし積極的に科学分野を取り入れたことが評価され、脚本は向田邦子賞を受賞した。この作品で受賞できたことを大森はとても喜んでいる。

ドラマ本編終了後、主役の竹内が「今日のおさらい」としてその回に登場した生物を早口で紹介していった。

ドラマの大学風景のロケは主に東京学芸大学で行われた。


 このドラマでは、諫早湾開拓問題をモチーフにしたシーンもある。

これを題材にしたラジオドラマが文化放送の「フジテレビサンデードラマチックモーニング」で放送された。

本編は5年間の出来事を描いているが、さらに細かくわければ実に20年間の出来事を描いている。

早乙女サンダース役の伊東四朗や山本光役の陣内孝則など特別出演のゲストが多い。
この作品で竹内結子とオダギリジョーの交流が深まった

ヒロインの竹内結子と当初の恋人役の黄川田将也は同じ埼玉県立新座北高等学校出身である。なお、同い年で同級生である。

実際の研究者が見れば失笑物のシーン・設定も多い。例えば舞台となる動物行動学研究室では学生一人が一つのモデル生物をテーマに研究を行っているのだが(しかも脊椎動物・無脊椎動物関係なしに雑多な生物を扱っている)、安定した実験結果を得るには莫大な科研費・維持費が必要となり、実際には一研究室がこのように雑多な動物をテーマにする事はほとんど不可能である。

一方で実際の分子生物学的実験のシーンでは、本物の研究者よろしく手際よく実験を進める芝居を行っている点で評価できる。

ちなみに、黄川田将也が劇中で教師をしている小学校は、東京学芸大学の敷地にある東京学芸大学付属小金井小学校の校舎である。


[5] 撮影の苦労

 本編では数々の動物や虫たちが登場する。そのため役者たちは虫たちに翻弄(ほんろう)されていた。わずか数分のシーンでもてんとう虫が思うように動いてくれず(冬眠時期であり生態が狂っていたため)、3時間もかかった。このことはパペットマペットのコントでもネタになった。なお、竹内は「演出に無理がある。CGを使うとかすればいいのに…」とぼやいていた。

第1話の屋上から鷹を呼ぶシーンでは、鷹を放すたびにスタッフが建物を往復していた。その数は50回に及ぶ。

この撮影をするまでは竹内結子はかなりの虫嫌い だったらしい。「ゴキブリが出てこないなら…」との前提で承諾したとのこと。


[6] スタッフ

脚本:大森美香
本作品の脚本は第23回向田邦子賞(2005年)を受賞。インタビュー記事

プロデュース:山口雅俊、鹿内植

演出:澤田鎌作、平井秀樹、川村泰祐ほか

音楽:小西康陽(サントラCDにはクレジットなし)

制作:フジテレビドラマ制作センター


[7] テーマ曲

主題歌:YUI『feel my soul』

挿入歌:サラ・ヴォーン『ラヴァーズ・コンチェルト』


[8] 関連項目

博士の愛した数式

利己的な遺伝子

日高敏隆

諫早湾干拓


[9] 外部リンク

フジテレビ

フジテレビ系 月曜9時

前番組 不機嫌なジーン 次番組

ラストクリスマス エンジン


・フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ

1980年代: アナウンサーぷっつん物語 - 男が泣かない夜はない - ラジオびんびん物語 - ギョーカイ君が行く! - 荒野のテレビマン - 君の瞳をタイホする! - 教師びんびん物語 - あそびにおいでョ! - 君が嘘をついた - 君の瞳に恋してる! - 教師びんびん物語II - 同・級・生 - 愛しあってるかい!
1990年代前半: 世界で一番君が好き! - 日本一のカッ飛び男 - キモチいい恋したい! - すてきな片想い - 東京ラブストーリー - 学校へ行こう! - 101回目のプロポーズ - 逢いたい時にあなたはいない… - あなただけ見えない - 素顔のままで - 君のためにできること - 二十歳の約束 - あの日に帰りたい - ひとつ屋根の下 - じゃじゃ馬ならし - あすなろ白書 - この世の果て - 上を向いて歩こう! - 君といた夏 - 妹よ
1990年代後半: For You - 僕らに愛を! - いつかまた逢える - まだ恋は始まらない - ピュア - ロングバケーション - 翼をください! - おいしい関係 - バージンロード - ひとつ屋根の下2 - ビーチボーイズ - ラブジェネレーション - Days - ブラザーズ - ボーイハント - じんべえ - Over Time - リップスティック - パーフェクトラブ! - 氷の世界
2000年代前半: 二千年の恋 - 天気予報の恋人 - バスストップ - やまとなでしこ - HERO - ラブ・レボリューション - できちゃった結婚 - アンティーク - 人にやさしく - 空から降る一億の星 - ランチの女王 - ホーム&アウェイ - いつもふたりで - 東京ラブ・シネマ - 僕だけのマドンナ - ビギナー - プライド - 愛し君へ - 東京湾景 - ラストクリスマス
2000年代後半: 不機嫌なジーン - エンジン - スローダンス - 危険なアネキ - 西遊記 - トップキャスター - サプリ - のだめカンタービレ - 東京タワー - プロポーズ大作戦- ファースト・キス




"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%A9%9F%E5%AB%8C%E3%81%AA%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3" より作成
カテゴリ: フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ | 2005年のテレビドラマ | テレビ番組に関するスタブ
Portal : テレビ
Portal : ドラマ
ドラマ一覧
日本のドラマ
カテゴリ
テレビドラマ
プロジェクト
テレビドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 07:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM