<< 日本人旅行者も! タイのクラブ火災、店内はパニック | main | パリス・ヒルトンがシドニーでの散財批判に反論〜自分の金で買う分には・・ >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ジョン・トラボルタさんの息子、発作で死亡 家族旅行中の悲劇〜お悔やみ申し上げます。

あの、ジョン・トラボルタさんに、16歳になる息子さんがいたって知りませんでした。

その息子さんが、家族旅行中に、発作で亡くなってしまうなんて・・・

謹んでお悔やみ申し上げます。。

結構、ジョン・トラボルタのファンなんで、、

ジョン・トラボルタジョン・トラボルタ。


↓↓『ベガテックス』で、あなたのペニスは大きくなる!↓↓



▲『ベガテックス』今だけ!代引手数料無料キャンペーン!


△『ベガテックス』 ペニス増大ハイブリットリング!△




▼ジョン・トラボルタとは


ジョン・トラボルタ(John Travolta)のプロフィール

本名 John Joseph Travolta
生年月日 1954年2月18日(54歳)
出生地 ニュージャージー州イングルウッド
国籍 アメリカ合衆国
配偶者 ケリー・プレストン (1991-)
表示
ジョン・ジョセフ・トラボルタ(John Joseph Travolta,1954年2月18日-)はアメリカ合衆国の俳優。ニュージャージー州イングルウッド出身。父親はイタリア系、母親はアイルランド系。

◆プロフィール
1975年スタートのTVシリーズ『Welcome Back, Kotter』のレギュラー出演を経て、1976年の『キャリー』で本格的な映画デビューを果たす。

1977年に主演した青春映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のヒットでスターになった。その後も、『グリース』(1978年)、『アーバン・カウボーイ』(1980年)のヒットでさらに人気を高めた。一時期役に恵まれなかったが、トラボルタの大ファンであったクエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』のヴィンセント役で復活し、再び大スターの地位を安泰なものにした。

その後、『ゲット・ショーティ』(1995年)ではゴールデングローブ賞男優賞を受賞した。ジョン・ウー監督とのタッグでも知られる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:事件・事故


JUGEMテーマ:ハリウッド



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM