<< 国営アミューズメント・パークで、ディズニー模倣 - 中国 | main | 森理世さん、サマンサタバサ主催のパーティに出席 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


国営アミューズメント・パークで、ディズニー模倣 - 中国

これじゃ、ドナルド・ダックもカタ無しざんす。。


ドナルドダックとは




ドナルドダック(Donald Duck)は、アヒルをモチーフにしたディズニーアニメのキャラクター本名はドナルド・フォントルロイ・ダック(Donald Fauntleroy Duck)であり、「ドナルドダック」は愛称である。

ドナルド ダックDonald Duck

種類 アヒル / ♂
初作品 『かしこいメンドリ』

現地声優 クラレンス・ナッシュ(初代)
トニー・アンセルモ(2代目)。
日本版声優 山寺宏一(ブエナ・ビスタ版)
関時男(ポニー版、バンダイ版)



ウィキポータル ディズニー
画像:Donaldduck-thespiritof43.jpg
ドナルドダック恋人にデイジーダック、伯父にスクルージ・マクダック、叔父にルードヴィヒ・フォン・ドレイク教授、甥っ子にヒューイ・デューイ・ルーイがおり、彼らを総称してをダックファミリーと呼ぶ。

また、ダックファミリーが登場するアニメーションには『クワック・パック』や『ダックテイル』等がある。 また、『ハウス・オブ・マウス』や『ディズニークラシック短編集』でもお目に掛かれる。 これらの番組はディズニー・チャンネルやトゥーン・ディズニーなどで放送されている。

目 次

1 歴史

2 設定
2.1 性格
2.2 服装
2.3 声
2.4 誕生日
2.4.1 1934年6月9日
2.4.2 13日の金曜日説
2.4.3 3月13日説

3 エピソード

4 関連項目

5 外部リンク



[1] 歴史

1934年6月9日、シリー・シンフォニー・シリーズの一作品である『かしこいメンドリ』(The Wise Little Hen)で初登場。この作品では脇役としての登場であったが、その独特なキャラクターから支持を集め、同年短編映画であるミッキーマウス・シリーズの『ミッキーの芝居見物』(Orphan's Benefit)にてミッキーマウスと競演を果たす。

それ以降、ドナルドダック・シリーズの製作が始まるなど短編出演作品は170本以上を数え、ミッキーマウスを上回っており、ディズニーキャラクターの中でも特に人気が高い存在となっている。

ドナルドの主演作品の中で総統の顔が1943年のアカデミー賞で短編アニメ賞を受賞。


[2] 設定

[2.1] 性格

かなり短気。ディズニーキャラの中で一番喜怒哀楽が激しい。釣りがかなり好きである。自己中心的な上、とても騙されやすい。その為酷い目に合って終わるオチが多い。人をからかう事が好き。かなり短気のせいなのか、口調はかなりの毒舌家である。

また、彼は気性が大変荒く、先項にて述べたハウスオブマウス内では、気に入らない相手を麻酔銃で撃ったり、同番組内で放送された『housesitter』という作品では、ピートの態度が悪かっただけで銃を構えるシーンも見受けられた。

ディズニー各作品では知らない相手に「ちょっとあんた誰?」と、身分の上下関係なく言う。 また、これを目上であるナレーターにも言ったりする。 ライバルは、チップとデール。


[2.2] 服装

標準的な服装は上半身だけのセーラー服にセーラー帽。これは水兵をイメージしている。そのため、軍事関係の作品でよく登場する。このことについては後項で詳細を述べる。

現在は初期から服に付けているものがボタンから蝶ネクタイへ変わっているものの、それ以外はあまり変わってはいない。だが、『トゥーンタウン』ではライフガードのような服装で、青地に黄色の縞模様の服になっている。



[2.3] 声

アニメでの甲高い耳障りな声は有名である。アニメの中でも、ミッキーマウスやグーフィーに対して話しても一部通じず、話を聞いてもらえないことも多々ある。また、当時の音響設備がよくなかったのか「ダックテイル」内では、本当に何を言っているのか分からず、番組の流れがつかめない場合がある。

『ドナルドの夢の声』(Donald's Dream Voice)という作品があるほどなので、ドナルド本人も声を気にしているのであろう。

アメリカでの声優はクラレンス・ナッシュ(初代)→トニー・アンセルモ(2代目)。

日本での声優は藤岡琢也(TVシリーズ)、山寺宏一(ブエナ・ビスタ版)、関時男(ポニー版、バンダイ版)。

東京ディズニーランドのアトラクションやショー、そしてブエナ・ビスタ版のビデオ・DVD等では、山寺宏一の声になっているが、「ミッキーマウス・レビュー」に登場するドナルドダックの声は、関時男のものが2007年3月現在でも使用されている。


[2.4] 誕生日


[2.4.1] 1934年6月9日
初登場した映画『かしこいメンドリ』が公開された1934年6月9日を誕生日と公式で発表されている。 ディズニーストアでは毎年ドナルドバースデーグッズ発売、トゥーン・ディズニーにてハッピーバースデードナルド特番を放送される。


[2.4.2] 13日の金曜日説
1945年に公開された『三人の騎士』(The Three Caballeros)では、13日の金曜日という設定になっている。


[2.4.3] 3月13日説
1949年公開の短編『ドナルドの誕生日』では、ドナルドの誕生日は3月13日となっている。



[3] エピソード

ドナルドの声はヘリウムと酸素の混合気体を吸い込んで発生した声に似ているため、ヘリウムを吸い込んだときの声の変化のことを俗に「ドナルドダック効果」と呼ぶ。

これを実現するための気体を詰めたボンベがパーティーグッズとして市販されている。純粋なヘリウムを使用すると酸素不足により最悪死に至る可能性があり、専用に用意された気体を使用しなければ危険である。

第二次世界大戦中に公開されたドナルドダック主演短編映画として『総統の顔』(Der Fuehrer's Face)(アカデミー短編アニメ賞受賞)、『新しい精神』(The New Spirit)といった作品があるが、これらは当時のアメリカ軍の、ディズニー社に対して軍人教育のためのフィルムをアニメで作れという命令があったこともあり、当時のアメリカの敵国であったドイツや日本を茶化すなど過激な内容が含まれている。

これらの作品はアメリカでは DVDWALTDISNEYTREASURES「THE CHRONOLOGICALDONALD VOLUME TWO」や「ON THE FRONT LINES」に収録されているが、日本国内では公開未定でありほとんどの作品を目にすることはできない。

映画『パール・ハーバー』にB-25の側面にドナルドが描かれている。

2004年8月9日にハリウッドの殿堂入りを果たし、ハリウッド大通りに星形プレートが埋め込まれた。また、オレゴン大学の公式キャラクターである。理由として、オレゴン大学の別名"Ducks"からきている。

またドナルドは飛べないというイメージが強いが、ミッキー、グーフィーとアルプス登山をする『ミッキーの山登り』では、お尻の羽を抜いて回転させることで宙を舞い、ミッキーを襲っていた鳥に立ち向かっていったり。ビーチで鮫と一戦交えたときは、ビーチパラソルを翼のようにして鮫から逃げて行く姿でエピソードを締めくくっている。

因みに、三人の騎士内で飛ぼうとするがドナルドのみうまく飛べない。(ホセ・キャリオカ、パンチートはうまく飛べている。)



[4] 関連項目

ドナルドダック・シリーズ

[5] 外部リンク

ドナルドダック紹介サイト ディズニーストア公式サイト「キャラクターブック」

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AF" より作成
カテゴリ: ディズニー | 架空のアヒル | ディズニーキャラクター | ハリウッド名声の歩道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドナルド・ダック から転送)

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 18:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM