<< 通訳も涙!オシム監督ブチ切れ説教 | main | 【動画】ボーイング、「787ドリームライナー」を公開 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ボーイング787ドリームライナーに注文が殺到

◆次世代旅客機787ドリームライナー(787 Dreamliner)、燃費が良くて遠くまで飛んでける!!

短小なペニスに、お悩みのあなたに、是非ともオススメです!

▼純国産が実現したペニスの増大!ヴェーダ



▲小さいペニスを世界標準に!ヴェーダ(Veda)で短小改善!


787ドリームライナーの、主な特徴は、

1)表面積の50%に、アルミの代わりに強度と耐火性にすぐれた炭素繊維を採用し、軽量化を実現。

2)よって、燃費が格段に良い。(燃費が従来より20%アップ)

3)だから、1回の給油で最長1万5750キロを飛行可能

4)でもって、従来、777か747型機でしか運行できなかったニューヨーク(New York)−マニラ(Manila)間、モスクワ(Moscow)−サンパウロ(Sao Paulo)路線も運航できるようになる。

5)座席数は210から330。

6)定価は1機につき1億4600万ドル(約180億円)から2億ドル(約246億円)。(たけ〜〜〜え!!)

7)2008年には、全日空(ANA)に4機納入する予定。

8)米航空機大手ボーイング社は、20年間で2000機の出荷を目標にしているが、すでに47社から677機受注。など、注文はすでにパンク状態。

要するに「超軽量、燃費効率最高、遠くまで一気に飛んでく優れもので、注文殺到」ちゅうことでんな・・


「ボーイング787ドリームライナー」とは



ボーイング787予想図

ボーイング787の基本情報

用途:旅客機
製造者:ボーイング
運用者:
初飛行:2007年7月もしくは8月(予定)
生産数:0機(開発中)
運用開始:2008年以降(予定)
運用状況:開発中
ユニットコスト:787-3: US$138-143M
787-8: US$148-158M
787-9: US$179-188M
表示ボーイング787 ドリームライナー(Boeing 787 Dreamliner)は、ボーイング社が開発しているボーイング757、ボーイング767、ボーイング777の一部の後継となる次世代中型旅客機である。研究段階では「Y2」、開発段階では「7E7」と呼ばれたが、2005年1月28日(シアトル時間)に型番を「787」とすることが発表された。

目 次

1 開発の経緯
1.1 日本の協力

2 機体
2.1 概要
2.2 性能
2.3 エンジン

3 派生型

4 仕様

5 受注企業とオプション

6 外部リンク

7 脚注


[1] 開発の経緯

当初ボーイング社はA380に対抗するため、ボーイング747を延長した747Xの開発を計画していたが、エアバスが実際にA380の計画実行に入ると、ボーイングは2001年に入って計画を延期してしまった。

次に、将来必要な旅客機は音速に近い速度(遷音速)で巡航できる高速機であると考え、2001年の初期からソニック・クルーザーを研究・開発していたが、9月のアメリカ同時多発テロ事件後の航空業界の冷え込みの影響もあり、少しでも運航経費を抑えたいという航空会社各社の関心を得ることができなかったため、2003年に計画を中止してしまった。

そこでボーイングは、効率を重視したボーイング767クラスの双発中型旅客機を開発することに計画を変更した。


2004年、ボーイング副社長が来日し、その後に全日本空輸が50機発注したことによって、開発がスタート。その後、日本航空やベトナム航空、コンチネンタル航空など多くの大手航空会社が発注している。

一方、ライバルのエアバスも787に対抗するため、A330に大幅に手を加えたA350を発表し、すでに180機ほどを受注しているが、ボーイングとの熾烈な争いから各航空会社からの支持が得られず設計変更せざるを得ない事態に陥っており、現在のところ787の方が明らかに優勢である。性能ではA350の方が航続距離、旅客数ともに増加しているとされるが、ボーイング社は「787は全く新しい旅客機のため、A330をリファインしても当機を超えることはできない」と主張している。

ボーイング、エアバス共に、将来的な航空旅客の増加を予想している点においては共通する。


しかしその対処の方法に違いが存在し、それが新型機の開発のコンセプトの違いに影響している。すなわち

エアバス側は「ハブ空港間で運用する大型機を開発し、ローカルへは持ち駒豊富な自社の中小機での乗客の振り分け」を想定しているのに対し、
ボーイング側は「乗客は面倒な乗り換えを好まず、中型機による直近の空港への乗り入れを求めるようになる」とする予想を立てている
ということである。

将来起こりうる原油価格の高騰や、主要国の排気ガス規制に伴い、各航空会社がどのような選択をするのか今後の動向が注目されるが、特に日本では、国内空港、特に羽田空港の拡張状況や発着枠の推移、北海道新幹線に代表されるような他の交通機関の整備、国内外の航空需要の先行き等の厳しい環境において、更に下のボーイング737のような小型双発機の導入する動きが多くなった為に、海外航空会社の動向や自社の財務体質等を慎重に見極めつつ発注の検討がなされるだろう。




[1.1] 日本の協力

ボーイング787は機体の70パーセント近くを海外メーカーを含めた他社に開発させる国際共同事業であり、これによって開発費を分担できると共に、世界中の最高技術を結集した機体になるとしている。日本からも3重工を始めとして数十社が参加し、日本企業の担当比率は合計で35%と過去最大である(B767は15%、B777は20%を担当)。この35%という数字はボーイング社自身の担当割合と等しい。

三菱重工業は747X計画時の2000年5月にボーイングとの包括提携を実現しており、機体製造における優位性を持っている。すでに1994年には重要部分の日本担当が決定しており、三菱は海外企業として初めて主翼を担当、川崎重工業が主翼と中胴の結合部と中央翼、富士重工業がセンターボックスと主翼フェアリングに内定していた。計画は747Xからソニック・クルーザーを経て787となり、三菱が主翼、川崎が前部胴体・主翼固定後縁・主脚格納部・中央翼部品、富士が中央翼(総組立て)を担当している。機体重量比の半分以上に日本が得意分野とする炭素繊維複合材料(1機あたり炭素繊維複合材料で35t以上、炭素繊維で23t以上)が採用されており、世界最大のPAN系炭素繊維メーカーである東レは、ボーイングと一次構造材料向けに2004年から2021年迄の18年間の長期供給契約に調印し、使用される炭素繊維材料の全量を供給する。また全日本空輸と日本航空がローンチカスタマーチームに加わっている。



[2] 機体

ボーイング767の後継機と位置づけられているが、航続距離や巡航速度は大幅に上回るとともに、燃費も向上している。


[2.1] 概要

胴体は767、あるいはエアバスA300クラスより太く、客室の座席配列はエコノミークラスで3-2-3の8アブレストが基本であるが、3-3-3の9アブレストでも従来の旅客機のエコノミークラスとほぼ同等の座席幅を確保でき、実際に9アブレスト仕様で発注している航空会社はかなり多い。この太い胴体のため、床下貨物室にLD3コンテナを2個並列に搭載可能である(床下にLD3が並列搭載できないことは、A300やA330と比較した時に767の重大な欠点であった)。

客室には大型の窓が採用され、乗客は広い視界を楽しむことが出来る。また窓にはシェードがなく、代わりにLCDを使った電子カーテンを使用し、乗客各自が窓の透過光量を調節することになる。ただし、LCDによる遮光は太陽の熱をカットする事ができないため、まぶしさは防げても熱さを防ぐことは出来ない。このため、従来のカーテンとの併用、または熱線遮蔽ガラスの採用などによる何らかの対策が必要になるものと思われる。

主翼はじめ、機体に炭素繊維などの複合材料を使用しているが、これによって耐腐食性等の問題が解決され、ボーイング777ではコックピットのみへのオプション装備だった加湿器が、初めてキャビンに標準搭載される。

コックピットは、777のようなLCDを多用したグラスコックピットをさらに進化させたものになり、ヘッドアップディスプレイ(HUD)も機長・副操縦士の両席に付く予定である。


[2.2] 性能

巡航速度はマッハ0.85となり、マッハ0.80の767、マッハ0.83程度のA330、A340より長距離路線での所要時間が短縮される。

航続距離は基本型の787-8での航続距離は8,500海里(15,700km)、ロサンゼルスからロンドン、あるいはニューヨークから東京路線をカバーするのに十分であり、東京から南アフリカへノンストップで飛ぶことも可能である。

767と比較すると燃費は15-20%向上するとされている。これは空力改善・複合材(炭素繊維素材)の多用による軽量化・エンジンの燃費の改善・これらの相乗効果によるものだという。軽量化によって最大旅客数も若干増加している。


[2.3] エンジン

エンジンはロールス・ロイス製トレント1000とジェネラル・エレクトリックのGEnxが用意されている。これらのエンジンも国際共同開発であり、日本からもトレント1000に三菱(名誘)、GEnxにIHIが参加している。


[3] 派生型

現在ボーイング787型機は3つの派生型を売り込んでいる。

787-3型機:航続距離3,500海里(6,500km)、交通量が多い路線を的にした296座席(2クラス制)の短距離型。発注しているのは日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)のみで、事実上日本国内線専用機となる公算が大きい。初飛行は2008年の予定。
787-8型機:座席数223座席(3クラス制)であり航続距離8,500海里(15,700km)の787型機の基本型であり、最初に開発されるモデルでもある。2007年7月8日にロールアウト[1]。2008年に初飛行する予定。
787-9型機:胴体延長の座席数259座席(3クラス制)。初飛行の目標は2010年の予定。[1]
また、機体をさらに大型化した787-10型機の生産を計画しているが、仮に開発が決定されれば、787-10型機は同じボーイングの777-200ERと競合することとなる。


[4] 仕様

787-10型機の仕様は一部推定値を含み、また787全体も開発が完了していないので、仕様は変更がある可能性がある。

787-3 787-8 787-9 787-10
(推定) 767-300ER
(参考) 767-400ER
(参考) 777-200ER
(参考)
全長 56.7m 56.7m 62.8m 69m 54.9m 61.4m 63.7m
全幅 51.8m 60.0m 62.0m 62.0m 47.6m 51.9m 60.9m
全高 16.5m 16.5m 16.5m 16.5m 15.8m 16.8m 18.5m
胴体最大幅 5.74m 5.74m 5.74m 5.74m 5.03m 5.03m 6.19m
客室最大幅 5.46m 5.46m 5.46m 5.46m 4.70m 4.70m 5.86m
最大離陸重量 163,500kg 216,500kg 244,940kg 244,940kg 186,880kg 204,120kg 297,560kg
座席数 296(2クラス) 223(3クラス) 259(3クラス) 約300(3クラス) 218(3クラス) 245(3クラス) 301(3クラス)
貨物量 16トン 16トン 16トン 不明 10トン
エンジン GE GEnx か
RR Trent 1000 GE GEnx か
RR Trent 1000 GE GEnx か
RR Trent 1000 GE GEnx か
RR Trent 1000 GE CF6-80C2 か
P&W PW4062 か
RR RB211-524H GE CF6-80C2 か
P&W PW4062 GE GE90-94B か
P&W PW4090 か
RR Trent 895
巡航マッハ数 マッハ0.85 マッハ0.85 マッハ0.85 マッハ0.85 マッハ0.80 マッハ0.80 マッハ0.84
航続距離¹ 6,500km 15,700km 16,300km 15,700km 11,306km 10,454km 14,316km
最大巡航高度 13,000m 13,000m 13,000m 13,000m 13,000m 13,000m
最大燃料容量 124,700l 124,700l 138,700l 145,685l 90,770l 90,770l 171,160l
初飛行 2008年 2008年 2010年 2013年 1986年 2000年 1997年

¹ 最大積載(旅客及び貨物)時



[5] 受注企業とオプション

日付 航空会社 初飛行(予定) 種類 エンジン
787-3 787-8 787-9 型未定 オプション
2004年4月26日 全日本空輸 2008年 30 20 50 RR Trent 1000
2004年6月2日 ニュージーランド航空 2008年 2 16 RR Trent 1000
2004年7月7日 ファーストチョイス航空 2009年 6 6 GE GEnx
2004年7月7日 ブルーパノラマ航空 2009年 4 2
2004年10月21日 プリマリス航空 2010年 20 15
2004年10月22日 日本航空 2008年 13 17 20 GE GEnx
2004年12月29日 コンチネンタル航空 2009年 10 10 GE GEnx
2004年12月31日 ベトナム航空 2010年 4 11
2005年1月28日 中国国際航空 2008年 15 RR Trent 1000
2005年1月28日 中国東方航空 2008年 15 GE GEnx
2005年1月28日 中国南方航空 2008年 10 GE GEnx
2005年1月28日 海南航空 2008年 8 GE GEnx
2005年1月28日 上海航空 2008年 9 GE GEnx
2005年1月28日 厦門航空 2008年 3
2005年2月4日 エチオピア航空 2008年 5 5 GE GEnx
2005年2月25日 アイスランド航空 2010年 2 5 RR Trent1000
2005年4月11日 大韓航空 2010年 10 10 GE GEnx
2005年4月25日 エア・カナダ 2010年 14 46 GE GEnx
2005年4月26日 エア・インディア 2008年 20 7 GE GEnx
2005年5月5日 ノースウエスト航空 2008年 18 50 RR Trent1000
2005年5月31日 エチオピア航空 2008年 5 -5 GE GEnx
2005年7月31日 ロイヤル・エア・モロッコ 2008年 4 1 GE GEnx
2005年9月7日 LOTポーランド航空 2008年 7 2 RR Trent 1000
2005年9月16日 ガルーダ・インドネシア航空 2011年 10
2005年10月13日 ILFC 2010年 20 4
2005年10月25日 ニュージーランド航空 2008年 2 RR Trent 1000
2005年12月13日 カンタス航空 2009年 18 17 20 GE GEnx
2005年12月13日 ジェットスター 2008年 10 GE GEnx
2005年12月19日 中富航空 2008年 10
2005年12月30日 エア・インディア 2008年 7 -7 GE GEnx
2005年12月31日 LCAL 2009年 5 3 GE GEnx RR Trent1000
2006年3月3日 不明 ? 1
2006年3月6日 ケニア航空 2010年 6 6
2006年4月5日 アイスランド航空 2012年 2 -2 RR Trent 1000
2006年4月25日 エア・パシフィック航空 2011年 5 3 GE GEnx
2006年5月11日 ニュージーランド航空 2010年 -4 4 RR Trent 1000
2006年6月6日 コンチネンタル航空 2009年 10 GE GEnx
2006年6月14日 シンガポール航空 2011年 20 20
2006年6月16日 アモイ航空 -3
2006年7月6日 Primaris Airlines -20 -15
2006年7月18日 ブルーパノラマ航空† -4† -2†
2006年7月18日 Pegasus Aviation† 2009年 6† RR Trent 1000
2006年7月19日 ILFC 2012年 2 -2
2006年7月28日 Boeing Business Jet 2
2006年7月28日 不明 2
2006年8月15日 PrivatAir 1
2006年8月15日 アエロメヒコ航空 2011年 2 GE GEnx
2006年8月18日 モナークエアライン 2010年 6 RR Trent1000
2006年9月15日 不明 11
2006年9月18日 CIT Aerospace 2011年 5
2006年9月25日 ファーストチョイス航空 2011年 2 -2 GE GEnx
2006年9月26日 ALAFCO 6
2006年9月29日 Boeing Business Jet 1 GE GEnx
2006年10月4日 アビアンカ航空 2010年 10 10
2006年11月15日 Boeing Business Jet 1
2006年12月5日 アルキア・イスラエル航空 2012年 2 2
2006年12月15日 ケニア航空 2010年 3 -2
2006年12月31日 ジェットエアウェイズ 2011年 10
2007年1月18日 不明 2 GE GEnx
2007年1月24日 不明 2
2007年2月6日 アゼルバイジャン航空 2010年 3 GE GEnx
2007年2月13日 LOTポーランド航空 2008年 1 -1 RR Trent 1000
2007年2月14日 ニュージーランド航空 2011年 4 -4 RR Trent 1000
2007年2月27日 ファーストチョイス航空 2011年 4 -4 GE GEnx
2007年3月9日 ヴァージンアトランティック航空 2011年 15 28
2007年3月12日 ALAFCO 6 GE GEnx
2007年3月12日 コンチネンタル航空 2009年 -12 17 GE GEnx
2007年3月28日 Travel Service 1 1
2007年3月30日 日本航空 2008年 5 -5 GE GEnx
2007年3月30日 Arik Air 2014年 3
2007年3月30日 不明 2
2007年3月30日 不明 8
2007年3月30日 Aviation Capital Group 5
2007年4月10日 不明 30
2007年4月24日 エア・カナダ 2010年 23 -23 GE GEnx
小計 43 423 114 10 325
合計 567 325

†ブルーパノラマ航空の注文分はPegasus Aviation Leasing Companyに変更された。



[6] 外部リンク

newairplane.com
ボーイング社の型番変更の発表文(英語)
ストレッチ型787の開発へ(2006.1.11)
787ストレッチ型の開発決断(2006.3.29)
ボーイングの鼻息(2006.3.30)
天馬空をゆくか(2006.4.24)
JAL ボーイング787


[7] 脚注

^ ボーイング787ドリームライナー、初号機の最終組立て開始
表・話・編・歴ボーイングの旅客機[表示]
レシプロ旅客機: 40A 80 221 247 307 314 377
ジェット旅客機: 367-80 707/720 717 727 737 747(747-400/747-8) 757 767 777 787
構想・開発中止: 2707 7J7 NLA ソニック・クルーザー Y1 Y3

カテゴリ: ボーイング製旅客機 | 大型旅客機
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(ドリームライナー から転送)
JUGEMテーマ:経済全般



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 05:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM