<< シャラポワ 2か月振りの復帰戦に勝利 | main | <2007ミス・ユニバース>日本代表の森理世さんら 水着撮影に臨む - メキシコ >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


韓国、米国産牛肉の輸入条件を緩和しない方針

▼「シトルリンΩ」で、あなたもデッカクなれる!▼



△『シトルリンΩ』・ペニス増大サプリ・↑新医薬成分でペニス増大

BSEは、韓国人も怖かった!!

◆じゃん、ジャン!! NEWS斬りサムライ参上!

韓国が、BSE牛肉の疑いあるアメリカ牛肉の輸入規制を続けるんだと・・

へッえええと、だいたい

国際獣疫事務局(World Organisation for Animal Health、OIE)(家畜などの疫病・安全対策を扱う国際機関)

なんちゅものが存在していること自体、サムライ知らんかったし、多くの庶民、一般市民は、知らんでしょ!!

で、どんなお国で構成されているか分からんけど(きっと、欧米中心なんだろね・・)
強制力か、世界的なブランド的権威(WTOとか、WHOみたく)がなきゃ

何言っちゃてんの、あんた、そんなこと言って、おいらの国でBSEでバタバタ
死人が万一出たら、責任取ってくれんの??

ってお隣の国、韓国は、いいたいんだろうね。。

やっぱ、我が日本も同じだけど、「肉食人種」と「草食人種」の差は、埋めがたいってか!!

日本でもさ、狂牛病対策も、厚生省のお役人に頑張ってもらわんといかんよね!!

▽今日の豆知識▽
牛海綿状脳症(BSE)

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項もお読みください。

牛海綿状脳症(うし かいめんじょう のうしょう、Bovine Spongiform Encephalopathy, BSE)は、牛の脳の中に空洞ができ、スポンジ(海綿)状になる病気である。

「ぎゅう かいめんじょう のうしょう」とも読む。羊のスクレイピーや、鹿の慢性消耗病(CWD)、他、ヒトのクロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease, CJD)などを総称して伝染性(伝達性)海綿状脳症(Transmissible Spongiform Encephalopathy, TSE)と表記される場合もある。家畜伝染病予防法によって指定されている家畜伝染病の一つ。

1986年にイギリスで発生して以来、英語俗語の Mad Cow Disease の直訳である狂牛病(きょうぎゅうびょう)との表記も盛んに使われてきているが、精神病だという誤解を招いたり、更には牛海綿状脳症が人間に伝染して起こる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病患者への偏見を煽る可能性があるとして、使用しない方が良いといわれる。

この病気が発症した牛は、当初は痙攣を起こしたりする程度で目立った症状は現れないが、やがて音や接触に対して過敏な反応をするようになり、病状がさらに進むと運動機能に関連する部位も冒されて立てなくなるなどの症状を示す。飼料として与えた汚染肉骨粉が感染源と考えられている。

なお、牛海綿状脳症をめぐる社会動向についての詳細はBSE問題を参照。

目次 [非表示]
1 原因
2 対処
3 人への伝達
4 関連項目
5 参考文献
6 外部リンク



[編集] 原因
ウイルスなど核酸を有した病原体による病気ではなく、プリオンと呼ばれる蛋白質のみで構成された物質が原因だとする見解が主流であるが、有力な異論・異説も少数ながらあり、プリオン原因説は完全な定説とはなっていない。健康体の牛などの体内には正常プリオン蛋白が発現しているが、BSEの原因となるプリオンは、正常プリオン蛋白とは立体構造が異なる異常プリオン蛋白から構成されている。

異常プリオン蛋白は、二次構造や細胞内局在において、正常プリオン蛋白とはかなり違った性質を示す。この異常プリオン蛋白により構成されたプリオンが人工飼料などを介して牛などの体内に入ると、徐々に正常プリオン蛋白が異常プリオン蛋白に変えられていってしまう。この仕組みについてはまだ未解明な部分も多い。


[編集] 対処
本疾病に感染した牛については回復させる治療法は存在しない。日本国内で本疾病について検査により陽性が確認された場合、家畜伝染病予防法に基づいた殺処分命令が出され、当該患畜は速やかに殺処分される。この場合、殺処分にした後、焼却処分が行われる事が多い。

また、飼料を介した感染が疑われる疾病であるため、当該患畜と同一の飼料にて育成された可能性があるものについては、本疾病について陽性である可能性が考えられるため、本疾病についての調査が実施される。


[編集] 人への伝達
人間には伝達しないとする意見もあるが、イギリスを中心に発生している変異型のクロイツフェルト・ヤコブ病(異型クロイツフェルト・ヤコプ病とも呼ばれる)はこの牛海綿状脳症と関連があるとの疑いが持たれており、そのため、牛の検査や特定の国からの輸入停止、飼料や加工過程についての規制など、感染した牛からの肉や牛乳などが人間の食事に含まれることのないよう、世界各国で配慮がなされている。

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は英語の "variant Creutzfeldt-Jakob disease" で vCJD と略記される。
脊髄、眼、脳、小腸の末端部分などの部位の摂取はリスクが高いと考えられている。牛骨のスープなどごく一部の料理を除けば、これらの部位が食用とされることは日本では少ないが、化粧品などで原材料として用いている場合もある。また、牛の脳を限定メニューで食べたことがあるという人も一部に存在する。化粧品については日本ではメーカーによる自主規制と回収が促されている。また、日本国内で本疾病が初めて確認された当時、首都圏などでは「牛骨スープ」のラーメンがちょっとしたブームになっていたが、本疾病の発生はこのブームを僅か数日間で壊滅に追い込んだ。

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は、イギリスにおいて1993年5月に15歳の少女の発症例が報告され、クロイツフェルト・ヤコブ病は中高年に見られるという従来の常識を覆して医学界に衝撃を与えた。変異型のクロイツフェルト・ヤコブ病による死者は1995年を皮切りに、死因がこの病気であると確認された人数は109名。推定を含めると死者は153名に達した(生存者は6名[1]、2005年12月2日現在)。


[編集] 関連項目
牛海綿状脳症

ウィキニュースに牛海綿状脳症に関連するニュースがあります。
カナダのマニトバ州で、BSE感染牛を確認慢性消耗病(倒牛病、CWD, en:Chronic Wasting Disease)
神経学
獣医学
プリオン
クロイツフェルト・ヤコブ病
カニバリズム
肉骨粉
BSE問題

[編集] 参考文献
天笠啓祐著『「狂牛病」何が問題か! 恐るべき食肉汚染の実態』(かもがわブックレット)、かもがわ出版、2002年2月
天笠啓祐、安田節子著『肉はこう食べよう、畜産はこう変えよう BSEを乗り越える道』コモンズ、2002年3月
池田正行著『牛肉を安心して食べるための狂牛病Q&A』主婦の友社、2001年12月
池田正行著『食のリスクを問いなおす BSEパニックの真実』(ちくま新書)、筑摩書房、2002年8月
マンフレート・ヴァイセンバッハー(Manfred Weissenbacher)著、横瀬涼訳『狂牛病は警告する ヨーロッパの体験が教えるもの』筑摩書房、2002年2月
金子清俊著『プリオン病の謎に挑む』(岩波科学ライブラリー93)、岩波書店、2003年5月
サイバーX編集部編『狂牛病 プリオン病因説は間違っている!』(CyberX bio)、工学社、2001年12月
エリック・シュローサー(Eric Schlosser)著、楡井浩一訳『ファストフードと狂牛病』草思社、2002年10月
滝川康治著『狂牛病を追う 「酪農王国」北海道から』七つ森書館、2002年7月
中村靖彦著『狂牛病 人類への警鐘』(岩波新書)、岩波書店、2001年11月
日経レストラン編集部編『狂牛病〈BSE〉対策マニュアル』日経BP社、2002年1月
平沢正夫著『牛乳・狂牛病問題と「雪印事件」 安心して飲める牛乳とは』(講談社プラスアルファ新書)、講談社、2002年5月
福岡伸一著『もう牛を食べても安心か』(文春新書)、文芸春秋、2004年12月
船瀬俊介著『早く肉をやめないか? 狂牛病と台所革命』三五館、2001年9月
船瀬俊介著『この食品だったらお金を出したい! 狂牛病と台所革命〈2〉』2001年12月
矢吹寿秀、NHK「狂牛病」取材班著、『「狂牛病」どう立ち向かうか』(NHKスペシャルセレクション)、日本放送出版協会、2001年12月
山内一也著『狂牛病と人間』(岩波ブックレット)、岩波書店、2002年1月
山内一也著『プリオン病の謎に迫る』(NHKブックス)、日本放送出版協会、2002年4月
山内一也、小野寺節著『プリオン病 BSE(牛海綿状脳症)のなぞ』(第2版)、近代出版(東京)、2002年8月
フイリップ・ヤム(Philip Yam)著、長野敬、後藤貞夫訳『狂牛病とプリオン―BSE感染の恐怖』青土社、2006年3月
リチャード・W・レーシー(Richard W. Lacey)著、渕脇耕一訳『狂牛病 イギリスにおける歴史』
リチャード・ローズ(Richard Rhodes)著、桃井健司、網屋慎哉訳『死の病原体プリオン』草思社、1998年7月

[編集] 外部リンク
小澤義博 牛海綿状脳症(BSE)の現状と問題点(1-4) J. Vet. Med. Sci. 63(4), 63(10), 64(2), 65(1)(日本獣医学会内)
wwwsoc.nii.ac.jp
国立精神・神経センター神経研究所疾病研究第七部(高次脳機能障害を呈する疾患としての「プリオン病」に関する基礎研究・治療法開発を目的とした研究、及び機能性疾患に関する研究)のページ
www.ncnp.go.jp
農水省の独立行政法人 農業技術研究機構 牛海綿状脳症(BSE)のページ
ss.niah.affrc.go.jp
厚生労働省「牛海綿状脳症(BSE)関係」ホームページ
www.mhlw.go.jp
英国の食品安全管理局 Food Standards Agency(FSA)の牛海綿状脳症対策関連の情報と最新ニュース(英語)
www.food.gov.uk
OIEとBSE関連の国際基準について(PDFファイル)
http://www.fsc.go.jp
EFSAによるGBR評価
[http://www.efsa.europa.eu/en/science/tse_assessments/gbr_assessments.html
EFSA Scientific Reports on GBR assessments]

牛海綿状脳症について
http://www.zennoh.or.jp/bse/index.htm
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E6%B5%B7%E7%B6%BF%E7%8A%B6%E8%84%B3%E7%97%87" より作成
カテゴリ: 感染症 | 畜産
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



●自由貿易協定(FTA)●
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


この項目ではFTA(自由貿易協定)について記述しています。FTA(フォルトツリー解析)についてはフォルトツリー解析をご覧ください。
自由貿易協定(じゆうぼうえききょうてい、Free Trade Agreement/FTA)とは、物品の関税、その他の制限的な通商規則、サービス貿易等の障壁など、通商上の障壁を取り除く自由貿易地域の結成を目的とした、2国間以上の国際協定である。

地域経済統合の形態の中では、緩やかなものとされている。2国間協定が多いが、NAFTA(北米自由貿易協定)等の多国間協定もある。

またFTAには自由貿易地域 (Free Trade Area) として、自由貿易協定を結んだ地域を指す場合がある。 国際的には自由貿易協定(Free Trade Agreement)によって設定される自由貿易地域(Free trade Area,FTA)を略語に当てることが多く、日本では、自由貿易協定(Free Trade Agreement)をFTAの略語を当てることが多い。

目次
1 自由貿易協定 (FTA) の規定
2 東・東南アジア地域におけるFTA締結の動き
3 日本のFTA戦略
4 その他FTAの動き
5 主な多国間協定
6 関連項目
7 外部リンク



[編集] 自由貿易協定 (FTA) の規定
GATT(関税と貿易に関する一般協定)第24条
GATS(サービス貿易に関する一般協定)第5条
2002年6月末時点で、130以上のスキーム(計画)がGATT/WTOに通報されている。この他に、途上国間のFTAには、WTOの「授権条項(enabling clause、1979年GATT決定)」に基づいたものがある。これは、先進国が途上国に対し、他よりも低率な関税を適用することを認め、途上国間の自由貿易協定締結を容易にすることを認めるものであり、GATT第24条の厳格な要件は適用されない。ただ単に通商上の障壁を取り除くだけでなく、両経済領域での連携強化・協力の促進等をも含めたものは、経済連携協定 (EPA) と呼ばれている。


[編集] 東・東南アジア地域におけるFTA締結の動き
近年では、東・東南アジア地域においてもFTA締結の動きが広まってきている。日本もその先駆けとなった国であり、1999年に韓国と共同研究を始めた。その結果、日本はこの動きに敏感に反応したシンガポールとの間でFTA交渉を迅速に進め、両国の貿易に対する懸案事項が少ないこともあり、2002年に日本初の地域貿易協定(日本・シンガポール新時代経済連携協定)が発効されるに至った。2007年4月には日豪FTAの交渉が始まる予定であるが、農業・酪農に関する関税が撤廃されれば日本産の農作物や乳製品が圧倒されると予想され、北海道などで反発が相次いでいる。

ASEANにおいても、ASEAN自由貿易地域(AFTA)を進めている。ASEAN域内での関税や非関税障壁 (NTB)の引き下げを行い、貿易の自由化、それに伴う経済の活性化、発展を目的とするものである。さらに、2003年に、第9回ASEAN首脳会議はASEAN経済共同体と他2分野における共同体の創設を目指す「第二ASEAN共和宣言(バリ・コンコード II)」を採択した[1]。ただし、このASEAN経済共同体はFTA+αとして議論されている。


[編集] 日本のFTA戦略
東アジアEPA構想
日本・ASEAN包括的経済連携構想
日・ベトナム経済連携協定
日・ブルネイ経済連携協定
日・インドネシア経済連携協定
日・タイ経済連携協定
日・フィリピン経済連携協定
日・マレーシア経済連携協定
日本・シンガポール新時代経済連携協定
日本・スイス経済連携協定
日本・オーストラリア経済連携協定
日本・インド経済連携協定
日本・チリ経済連携協定
日本・メキシコ経済連携協定
日・GCC FTA
日韓FTA

[編集] その他FTAの動き
中国
経済貿易緊密化処置(中国本土と香港およびマカオの2協定がある)
中国・チリ自由貿易協定
韓国
韓国・チリ自由貿易協定
韓国・シンガポール自由貿易協定
韓国・EFTA自由貿易協定
韓米FTA
オーストラリア
ANZCER

[編集] 主な多国間協定
ASEAN自由貿易地域 (AFTA)
ラテンアメリカ統合連合 (ALADI)
アンデス共同市場 (ANCOM)
中欧自由貿易協定 (CEFTA)
欧州経済領域 (EEA)
欧州自由貿易連合 (EFTA)
メルコスール (MERCOSUR)
北米自由貿易協定 (NAFTA)
南アジア協力連合特恵貿易協定 (SAPTA)
日中韓FTA構想

[編集] 関連項目
世界貿易機関
日本の国際関係
東アジア共同体
東アジアサミット
ASEAN+3
調達機関

[編集] 外部リンク
外務省 (FTA/EPA)
外務省(日本のFTA戦略)
日本貿易振興機構

カテゴリ: 自由貿易協定 | 国際関係 | 貿易 | スタブ


JUGEMテーマ:韓国ニュース



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 18:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM