<< マンチェスター・ユナイテッド 親善試合を控え公開練習 | main | ハリー・ポッターを生んだJ・K・ローリングとは? >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


中国、食の安全問題で欧米メディアを批判・・って、どう考えても逆切れでしょ!

中国が報復的に、米国産品の輸入制限・・・って、??



もう、呆れて、物も言えません・・・

まあ、仕返ししたくなる気持ちも分からんじゃないけど、

客観的に見て、どうしたって、中国が世界の常識からかけ離れ過ぎてる・・・

ことは火を見るより明らか、、だと思いますが。。。


▽記事全文▽

中国の食品安全監視当局は、中国産品が安全ではないと過度に宣伝しているとして米メディアを批判し、「報復措置」として米国の一部の産品の輸入を中止した。15日付け英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が伝えた。

 同紙によると、中国国家品質監督検験検疫総局(General Administration of Quality Supervision, Inspection and Quarantine、AQSIQ)のLi Changjiang局長は、中国産品から有毒物質などが検出されるケースが相次いでいることについて、米国など外国メディアが「中国産品すべてが安全ではないかのように書き立てている」と非難。しかるべく措置をとると言明した。

 また、共産党幹部のLi Chuanqing氏は、「基準を満たしていない中国産品への恐怖を誇張する」キャンペーンを一部の外資系企業が後押ししていると語った。

 米国ではこれまでに、中国から輸入されたペットフード、歯磨き粉などで有毒物質が検出され、回収や販売禁止などの処置がとられてきた。

 新華社通信(Xinhua news agency)は15日、中国政府が「有毒物質」が含まれているとされる米国産品を多数押収したと報じた。押収したタンパク質の粉末には、有害とされる化学物質セレンが基準値を超えて含まれていたという。

 中国政府は13日には、「化学物質と危険なバクテリアが検出された」として、米国、ベトナム、フィリピンの計10業者からの鶏の脚、豚の耳などの輸入を中止すると発表している。(c)AFP

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 23:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM