<< 拘束米研究者がイラン転覆計画「告白」、米政府・激怒って,どっちが真実? | main | ハリー・ポッター完結編発売開始、ロンドンのファンも熱狂 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ハリー・ポッターは、生き残るのか?それとも?

NYT紙が“フライング”、発売前のハリー・ポッターのネタばらし、、





ニューヨーク・タイムズ紙が、発売前のハリ・ポタのネタばらし


をしたそうな。。

とくに、

主人公のハリー・ポッターが死ぬかどうか、、誰が生き残るのか・・・


で、話題になっている(話題作りしてる感もあるけど・・)んで、この核心部分を
バラされちゃ、訴えたくもなるだろうね。。。

でも、バラした方は、

「ニューヨーク市内の書店で最新作の本を見つけて購入し、書評を書いた」

なんで、街中で堂々と買った本の書評を書いて訴えられるの?

何か問題が?


ってことらしいけど、なんで「発売前なのに、街中で買えるの??」

そっちの方が、興味深い!



ハリー・ポッターと死の秘宝
とは



『ハリー・ポッターと死の秘宝』(仮題)(ハリー・ポッターとしのひほう、原題:Harry Potter and the Deathly Hallows)は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングによって2007年7月21日に発表されたファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第7巻であり、完結編でもある。

目 次

1 映画
1.1 スタッフ
1.2 キャスト

2 その他

3 関連カテゴリ



[1] 映画
映画の公開は2010年を予定している。


[1.1] スタッフ

[1.2] キャスト

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ、タイトル・ロール)
ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)
ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)
セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)
ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)

[2] その他
著者はあるインタビューで重要人物の内、「2人が死に、1人が免れるだろう」と語った。しかし、これをあるメディアが「3人組のうち2人が死ぬ」といった少し違った内容で報道してしまった。
本書は「784ページぐらいで再生紙を使ったものになる予定」と米出版社が語ったよう。

[3] 関連カテゴリ

Category:ハリー・ポッター
Category:ハリー・ポッターの登場人物

◆表・話・編・歴ハリー・ポッターシリーズ
各作品: 賢者の石 - 映画 | 秘密の部屋 | アズカバンの囚人 | 炎のゴブレット | 不死鳥の騎士団 | 謎のプリンス | 死の秘宝
魔法・魔法薬・人物: 魔法一覧 - ホークラックス - 破れぬ誓い | 魔法薬一覧 - ポリジュース薬|人物
用語: マグル - スクイブ - 秘密の守人 - パーセルタング- パーセルマウス
地理・建造物等・汽車等: ダイアゴン横丁 - ホグズミード - リトル| 魔法省 - アズカバン - 漏れ鍋 - 病院 - 9と3/4番線| ホグワーツ特急
学校: ホグワーツ - ダームストラング - ボーバトン
架空の生物: 吸魂鬼 - 屋敷しもべ妖精−
クィディッチ: クィディッチ - 箒 - シーカー - ブラッジャー
植物・お菓子・ジュース: 鰓昆布 | 蛙チョコレート - 百味ビーンズ | かぼちゃジュース| 悪戯グッズ一覧
教育令・ペット: 教育令第24号 | ヘドウィグ - クルックシャンクス
組織・寮: 不死鳥の騎士団 - 死喰い人 - ダンブルドア軍団| グリフィンドール - スリザリン - レイブンクロー - ハッフルパフ  
書籍: 書物一覧
ファン・作者関係: ポッタリアン | 松岡佑子 - J・K・ローリング




前の作品:
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッター
シリーズ

この「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、文学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。関連:portal:文学

カテゴリ: 現在進行 | ハリー・ポッター | 文学関連のスタブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



【7月20日 AFP】ニューヨーク・タイムズ(New York Times)紙が19日付け紙面に、正式発売前の『ハリー・ポッター(Harry Potter)』シリーズ最新作の書評を掲載。これに対し激しい抗議の声が上がっている。

 最新作『Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝<仮題>)』は、20日のGMT23時1分にアジアや欧州で一斉に発売開始となる。最終巻となる本作をめぐっては、物語の結末が漏れるのを防ぐため発売準備に細心の注意が払われ、事前の書評掲載も厳重に禁じられていた。

 ところがニューヨーク・タイムズ紙は発売前日の19日に書評を掲載し、少なくとも6人の登場人物が死ぬと明かした。この「解禁破り」に対し、作者のJ・K・ローリング(J. K. Rowling)は、「呆然としている」と語っている。

 一方、同紙編集者のリック・ライマン(Rick Lyman)氏は紙面に書評掲載したことを擁護し、「ニューヨーク市内の書店で最新作の本を見つけて購入し、書評を書いた」と述べている。「小売店などで、本がいったん売りに出されたら、それは合法的に堂々と購入できる。書評を掲載するのも自由だ」

 さらに同紙が物語の結末をばらしたという非難について、「それは事実ではない」と主張。「書評では、誰が生き残り、誰が死ぬのかという詳細をばらさないよう十分な注意を払い、内容を制限した。書評では、この最終巻およびシリーズ全作を非常に高く評価している」と説明している。

 このほか、流通事業者のレビー・ホーム・エンターテインメント(Levy Home Entertainmen)とオンライン小売店ディープディスカウント・ドットコム(DeepDiscount.com)も、発売期限前に顧客数百人に対し最終巻を発送していたことが発覚している。米出版元のスカラスティック(Scholastic)は、この2社に対して法的手段に出る方針だという。(c)AFP

シリーズ最新作『Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝<仮題>)』のカバーイメージ(2007年3月29日撮影)。(c)AFP/Scholastic

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 15:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM