<< ハリー・ポッター完結編解禁 オーストラリアでも大騒動 | main | インドネシアで「生きた化石」シーラカンスを捕獲 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アニヤ・ハインドマーチ(Anya Hindmarch)の“エコバッグ”はもはや社会現象 インドネシアで発売中止


アニヤ・ハインドマーチ(Anya Hindmarch)の“エコバッグ”
世界的・社会現象 インドネシアで発売中止〜狂想曲、どこまで行くの??



インドネシアで唯一

アニヤ・ハインドマーチエコバッグ


を販売する予定だった代理店「On Pedder」のSendyさんの下記コメント・・・


「香港で巻き起こった騒ぎを考慮し、販売を中止することにした。14万ルピー(約1870円)の

アニヤハインドのエコバッグ


を巡って人々が争うことを考えると、


販売する価値がない


と思う」


何の裏もなく、本心からの言葉なら、すごいね・・・


だって、これだけ「儲けるチャンス」は、人生にそう何回もあるかどうか、分からんよ、、


定価(1870円)で、売るのやめて、全部、オークションに出しちゃうんだったりして・・・


だって、商売人なんだし、総販売代理店になるのに、相当お金使ってるでしょ??

ちょっとウガッタ見方すぎか!!



【ジャカルタ/インドネシア 20日 AFP】世界各国で大反響を巻き起こしているアニヤ・ハインドマーチ(Anya Hindmarch)のエコバッグがインドネシアで発売中止になった。

 エコバッグは今月20日からインドネシア国内で発売開始予定だったが、香港や台湾での人気過熱ぶりを考慮した結果、取りやめるに至った。

■約1870円のエコバッグ巡る争いを懸念

インドネシアで唯一エコバッグを販売する予定だった代理店「On Pedder」のSendyさんは「香港で巻き起こった騒ぎを考慮し、販売を中止することにした。

14万ルピー(約1870円)のエコバッグを巡って人々が争うことを考えると、販売する価値がないと思う」と語る。後日販売するかどうかは現在未定だという。


7月6日に販売開始となった香港では、「I’m Not A Plastic Bag」というスローガンを掲げたエコバッグを求め、何千人もの客が店舗に押し寄せる騒ぎとなった。

一足先に販売されたロンドンやニューヨークでも大人気となり、ネットオークション大手イーベイ(eBay)では販売価格の何倍もの値で取引された。(c)AFP


2007年7月18日、ニューヨーク市内のホールフードマーケット(Whole Foods Market stores)店舗で撮影されたアニヤ・ハインドマーチ(Anya Hindmarch)のエコバッグ。(c)AFP/Getty Images Mario Tama

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 05:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM