<< 【動画】完結編発売記念、ハリーの生みの親 J.K.ローリングが朗読会開催 | main | パキスタンで車爆弾爆破未遂、ハリー・ポッター発売を狙う? >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


パキスタンでもハリー・ポッター最終巻が販売開始

パキスタンでもハリー・ポッター最終巻が販売開始だって!!




ハリ・ポタ完結編

『Harry Potter And The Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝)』、



パキスタン
でも、人気沸騰するのかな?

でも、爆弾騒ぎは、いただけません!!

▽記事全文▽

世界的ベストセラー「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの最終巻『Harry Potter And The Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝)』が

21日、パキスタンでも発売となり、首都イスラマバード(Islamabad)の書店には早くから大勢が詰め掛けた。

カラチ(Karachi)では20日夜、ショッピングセンター前で爆弾が仕掛けられた車が見つかって不発処理が行われるという事件があり、

このショッピングセンターに入っている書店は同書の発売開始時刻を遅らせる対応を取った。(
c)AFP7月21日


2007年7月21日、イスラマバード(Islamabad)の書店でハリー・ポッター(Harry Potter)

シリーズ最終巻『Harry Potter And The Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝)』を平積みにする店員。(c)AFP/Aamir QURESHI

パキスタン・イスラム共和国とは


اسلامی جمہوریت پاکستان

 パキスタン国旗
パキスタン国旗


パキスタン国章
パキスタン国章

パキスタン地図
パキスタン地図


パキスタンとは



パキスタン・イスラム共和国
اسلامی جمہوریت پاکستان

(国旗) (国章)

国の標語 : ايمان اتحاد تنظين
ラテン文字転写: īmān, ittihād, nazm
(ウルドゥー語: 信頼、統一、規律) 国歌 : 神聖なる大地に祝福あれ 公用語 ウルドゥー語(国語)
英語(公用語)
首都 イスラーマーバード
最大の都市 カラーチー
大統領 パルヴェーズ・ムシャラフ
首相 シャウカト・アズィーズ
面積
- 総計
- 水面積率 世界第34位
803,940km²
3.1%
人口
- 総計(2004年)
- 人口密度 世界第6位
159,196,336人
198人/km²
GDP(自国通貨表示)
- 合計(2005年)
5兆5,662億パキスタン・ルピー
GDP(MER)
- 合計(2005年) 世界第51位
902億ドル
GDP(PPP)
- 合計(2003年)
- 1人当り 世界第26位
3,177億ドル
2,100ドル
独立
- 日付 イギリスより
1947年8月14日
通貨 パキスタン・ルピー(PKR)
時間帯 UTC (+5)(DST: なし)
ccTLD PK
国際電話番号 92
パキスタン・イスラム共和国(パキスタンイスラムきょうわこく)、通称パキスタンは、南アジアの国。

東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の80%以上が住む。国連の推計では2050年の人口は、約3億5000万人にまで増え、アメリカ合衆国(4億800万人)に次ぎ世界第4位になる人口大国。

目 次

1 国名

2 歴史

3 政治
3.1 国内政治
3.2 外交政策

4 地方行政区分
4.1 主要都市

5 地理

6 経済

7 国民
7.1 人口
7.2 人口密度
7.3 民族構成
7.4 宗教
7.5 言語

8 文化

9 その他

10 関連項目

11 外部リンク
11.1 公式
11.2 その他



[1] 国名

正式名称は、اسلامی جمہوریت پاکستان(ウルドゥー語。ラテン文字転写(一例)は、Islami Jamahuria Pakistan。イスラーミー・ジャムフーリーヤ・パーキスターン)。

公式の英語表記は、Islamic Republic of Pakistan。通称は、Pakistan。

日本語の表記は、パキスタン・イスラム共和国。通称は、パキスタン。

国名の「パキスタン」は、ペルシア語起源の言葉で「清浄な国」を意味するパーキスターン(پاکستان Pākistān)に由来するとともに、パキスタンを構成する五大地域であるパンジャーブのP、北西辺境州に住むアフガーン人のA、カシミールのK、シンドのS、バローチスターンのTANを表す。パキスタンの名は、英領インドの独立運動の中でムハンマド・アリー・ジンナーらが提唱したムスリム(イスラム教徒)多数地域の分離独立要求において、将来樹立されるべき国家の名として採用され、1947年の独立とともに正式な国名となった。



[2] 歴史

詳細はパキスタンの歴史を参照。

1947年 イギリス領インドから独立しイギリス国王を元首に頂く君主国となる
1948年 第1次印パ戦争
1956年 共和制移行
1965年 第2次印パ戦争
1971年 第3次印パ戦争、東パキスタンがバングラデシュとして分離独立


[3] 政治

[3.1] 国内政治

連邦共和制(4つの州と連邦首都イスラーマーバード及び連邦直轄地から成る連邦国家)。

インドとの対立関係もあり、伝統的に軍部の力が強い。独立以来クーデターが繰り返され、政局は常に不安定である。現在のパルヴェーズ・ムシャラフ大統領も、1999年の無血クーデターで実権を掌握し、2001年の民政移管でそのまま大統領に横滑りした人物である。

対照的に政党の力は弱い。パキスタン人民党の初代党首だったズルフィカール・アリー・ブットーは大統領や首相を歴任した後にムハンマド・ズィヤー・ウル・ハクのクーデターにより職を追われ、後に処刑された。

その娘のベーナズィール・ブットーは1988年にイスラム諸国初の女性首相となったがやはりクーデターで解任され、復帰した後も汚職や不正蓄財を理由に職を追われている。現在はムシャラフ大統領の支援を受けたパキスタン・ムスリム連盟カーイデ・アーザム派が議会内第一党であるが、その影響力は限られている。

また、地方においては部族制社会の伝統が根強く、その慣習法が国法を上回る状態となっていて、中央政府による統制がほとんど効かない状態になっている。この無政府状態が、アフガニスタンとの国境地域にオサマ・ビンラディンなどのアル・カーイダ主要メンバーが潜伏しているという指摘の根拠となっている。南西部のバローチスターン州ではイギリス植民地時代からの独立運動が根強い。

このような中央政府の弱さが、2005年10月8日に発生したパキスタン地震における大きな被害の発生と、救援体制の弱さによる二次被害の拡大につながっている。

2006年8月現在イギリス軍は4500名の軍隊を派遣して麻薬組織やアルカーイダと同列の組織をあぶりだす作戦を展開中。


[3.2] 外交政策

独立以来、アメリカとの協力・同盟関係を維持しながら、カシミール問題で激しく争うインドに対抗するのがパキスタンの一貫した外交政策である。インドに対抗して、カーン博士の指導のもと、1998年には地下核実験を実施し、ミサイル発射実験などを行った。インドと共に核保有国の一つである。

東隣の大国インドとは北東部のカシミール地方の所属を巡って争っている。1948年以来3度の全面戦争を経験し、特に1971年の第3次印パ戦争では大敗した。その結果、独立運動に呼応したインド軍の侵攻を受けた東パキスタンをバングラデシュとして失うことになった。

その後もインドとの間では常に緊張関係が続き、軍事境界線で南北に分断されたカシミールでは両国軍の間で死者を伴う散発的な衝突が日常化していたが、ムシャラフ政権は南アジア地域協力連合を通じた緊張緩和に努めており、その成果は徐々に現れてきている。

パキスタンは独立以来、アメリカ合衆国の軍事支援を受け入れている。アメリカにとっては非同盟主義のインドと友好関係が深いソビエト連邦への対抗上、またイスラーム革命を起こしてアメリカと激しく対立するイランの封じ込め策として、パキスタンは重要な支援対象国家である。

パキスタン側もこの点は承知しており、クーデターなどで政権交代が起こっても親米路線は堅持されている。1990年、東西冷戦の終結が唱えられる中、アメリカのジョージ・ブッシュ(父)政権はパキスタンによる核開発疑惑を理由に軍事援助を停止したが、1996年にはビル・クリントン政権によって再開されている。

また、中華人民共和国との関係も深い。中国とはインドへの対抗で利害が一致しており、パキスタンはミサイル技術供与などの軍事援助などを受け、核兵器開発についても支援が指摘されている。また、北部地域では新疆ウイグル自治区との間でトラックによる国境貿易が行われている。

国内でのイスラム原理主義運動を抑え込む一方、アフガニスタンに関しては1979年に始まったソビエト連邦の侵攻で反政府ゲリラのムジャーヒディーンを助け、厳格な原理主義のターリバーンを発足から政権樹立まで強力に支援した。

しかし、ターリバーンがかくまうアルカーイダがアメリカ同時多発テロ事件を起こした事から始まった2001年のアメリカのアフガニスタン侵攻ではムシャラフ政権がアメリカ支持を表明し、ジョージ・ブッシュ(子)政権からF-16戦闘機供与を含む巨額の軍事・経済援助を受けた。

これに対し、イスラム原理主義者をはじめ、イスラム教徒に対するキリスト教国の攻撃に反感を持つ多くの国民から不満が増大し、パキスタン国内では多くの抗議行動が起こった。

日本との関係は1958年の外交関係樹立以来おおむね良好で、2002年にはムシャラフ大統領が来日した。2005年4月には小泉純一郎首相が日本の首相として5年ぶりにパキスタンを訪問し、核実験以来停止されていた有償資金援助が開始された。

ただし、同年10月のパキスタン大地震では、首都イスラーマーバードのアパート崩壊により国際協力機構(JICA)の日本人技術者が息子と共に死亡する事故も起こっている。

また、貿易収支は日本側の大幅な黒字であり、日本からの投資はインドと比較するとかなり少ない。これは不安定な政治とインフレ経済が嫌われたものである。

パキスタンの政党


[4] 地方行政区分

4つの州と、2つの連邦直轄地区に分かれる。
州:

シンド州
バローチスターン州
パンジャーブ州
北西辺境州
連邦直轄地区:

イスラーマーバード首都圏
連邦直轄部族地域 (FATA)
その他、カシミール地方におけるパキスタンの実効支配領域は、2つの行政区に分かれる。

アザド・カシミール
北西地域


[4.1] 主要都市

イスラマバード
カラチ
ラーホール
ファイサラーバード
ペシャワル
ラーワルピンディー
クエッタ


[5] 地理

気候:砂漠気候(BW)、ステップ気候(BS)、温帯夏雨気候(Cw)
国花:ジャスミン


[6] 経済

主要産業は、農業や綿工業。特にパンジャーブ地方で小麦の生産が盛んで世界生産量第4位である。

通貨はパキスタン・ルピー。(1ルピー=100パイサ、硬貨の種類は5パイサ、10パイサ、25パイサ、50パイサ、1ルピーの5種類、紙幣は、2ルピー、5ルピー、10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピー、500ルピー、1000ルピーの7種類。)



[7] 国民

[7.1] 人口

2005年に1億6千万人を超えた。2003年以降の人口増加が顕著なのは、戦闘が続く隣国アフガニスタン他からの移民が急増した為と見られる。その数は累計で凡そ600万人と言われる。

また出生率も高く、国連の推計では2050年には約3億5千万人にまで増加し、インドネシア(約2億9千万人)を抜き米国に次ぐ世界第4位の人口大国になる。近隣のバングラディシュの予想人口約2億5千万人と併せただけで6億人を超える見込み。

1億5919万人(前年比1016万増・2004年)
1億4903万人(前年比307万増・2003年)
1億4596万人(前々年比1146万増・2002年)
1億3450万人(2000年)
1億1552万人(1991年)


[7.2] 人口密度

182人/平方キロメートル(2001年)、145人/平方キロメートル(1991年)


[7.3] 民族構成

パンジャーブ人56%(60%とも)、パシュトゥーン人16%(13%とも)、シンド人13%、 バローチー人4%など


[7.4] 宗教

イスラム教97%(国教)、ヒンドゥー教1.5% 、キリスト教1.3%、ゾロアスター教0.2%など


[7.5] 言語

ウルドゥー語(国語)、英語(公用語)、パンジャブ語、シンディー語など。現行の1973年憲法251条はパキスタンの国語をウルドゥー語としており、1988年までに英語に代えてウルドゥー語を公用語化することになっていたが、2004年現在も実現にいたっていない。同時にウルドゥー語が公用語化されるまでは英語を公用語とする旨規定している。

憲法を始めとする全ての法令や、公文書は英語で書かれている。政府の公式ウェブサイトは英語でだけ書かれている。全ての高等教育機関が英語を教授用語としている。ほとんどの初等中等教育はウルドゥー語で行われているため、英語を自由に操るパキスタン国民はあまり多くない。母語を異にするもの同士が会話する時は、ウルドゥー語を用いることが多い。ウルドゥー語を母語にするパキスタン人は全人口の一割以下である。


[8] 文化

著名な遺跡として世界遺産になっているモヘンジョ・ダロ遺跡とクシャーナ朝時代に繁栄したタキシラの都市遺跡がある。ほかにインダス文明の遺跡として標式遺跡となったハラッパー遺跡がある。

古典音楽は北インドと同じヒンドゥスターニー音楽。イスラム神秘主義の宗教歌謡カッワーリー(qawwali)の大歌手ヌスラト・ファテー・アリー・ハーンは、パンジャーブ地方で生まれている。

祝祭日 日付 日本語表記 現地語表記 備考
3月23日 共和国記念日 یوم پاکستان 1940年3月23日、ムスリム連盟ラホール大会でのパキスタン決議を記念
5月1日 メーデー یوم کاریگر
8月14日 独立記念日 یوم استقلال 1947年8月14日、パキスタンの英国からの独立を記念
9月6日 国防記念日 یوم دفاع 1965年9月6日、第二次印パ戦争開戦
9月11日 ムハンマド・アリー・ジンナーの命日 یوم وفات قائداعظم 1948年9月11日死去
11月9日 詩人・哲学者ムハンマド・イクバールの誕生日(1930年に初めてインドにおけるイスラム国家樹立を主張) یوم ولادت محمد اقبال 1877年11月9日誕生
12月25日 クリスマス、建国の父ジンナーの誕生日 عيد الميلاد المسيح 1876年12月25日誕生
以下はヒジュラ暦(イスラムの太陰暦)に従う祝祭日
ムハッラム10日 アーシューラー عاشوراء イマーム・フサインの殉教
ラビーウ=ル=アウワル12日 マウリド・アン=ナビー عيد ميلاد النبي 預言者ムハンマドの生誕祭
ラマダーン21日 イマーム・アリーの殉教 شهادت حضرت علی
ラマダーンの最後の金曜日 جمعة الودع
ラマダーン最終十夜 天命の夜 ليلةِ القَدر
シャウワール1日 イード・アル=フィトル عيد الفطر 断食明けの祭り
ズー=ル=ヒッジャ10日 イード・アル=アドハー عيد الأضحى 息子を進んで犠牲にしようとしたイブラーヒーム(アブラハム)を記念


[9] その他

在日パキスタン大使館は、改築のため、2007年2月から2008年夏まで以下の住所に移転している。
〒106-0047 東京都港区南麻布2-1-18 南麻布2丁目ビル

[10] 関連項目

ウィキメディア・コモンズに、パキスタンに関連するマルチメディアがあります。パキスタン関係記事の一覧




[11] 外部リンク

ウィキニュースに関連記事があります。
パキスタン東北部地震、犠牲者数、刻々と増加

[11.1] 公式

政府公式サイト(英語)
電子政府公式サイト(英語)
大統領府公式サイト(英語)

[11.2] その他

日本外務省 パキスタンの情報
Pakistan Links
South Asian Islam Links
パキスタン建築紀行 (日本語)
世界の国々 > アジア
東アジア: 大韓民国 | 朝鮮民主主義人民共和国 | 中華民国* | 中華人民共和国 | 日本 | モンゴル国
東南アジア: インドネシア | カンボジア | シンガポール | タイ | 東ティモール | フィリピン | ブルネイ | ベトナム | マレーシア | ミャンマー | ラオス
南アジア: インド | スリランカ | ネパール | パキスタン | バングラデシュ | ブータン | モルディブ
中央アジア: ウズベキスタン | カザフスタン | キルギス | タジキスタン | トルクメニスタン
西アジア: アゼルバイジャン | アフガニスタン | アラブ首長国連邦 | アルメニア | イエメン | イスラエル | イラク | イラン | オマーン | カタール | 北キプロス* | キプロス | クウェート | グルジア | サウジアラビア | シリア | トルコ | バーレーン | パレスチナ* | ヨルダン | レバノン

* は国際連合非加盟。
イギリス連邦加盟国 アンティグア・バーブーダ | イギリス | インド | ウガンダ | オーストラリア | ガイアナ | ガーナ | カナダ | カメルーン | ガンビア | キプロス | キリバス | グレナダ | ケニア | サモア | ザンビア | シエラレオネ | ジャマイカ | シンガポール | スリランカ | スワジランド | セーシェル | セントクリストファー・ネイビス | セントビンセント・グレナディーン | セントルシア | ソロモン諸島 | タンザニア | ツバル | ドミニカ国 | トリニダード・トバゴ | トンガ | ナイジェリア | ナウル | ナミビア | ニュージーランド | パキスタン | バヌアツ | バハマ | パプアニューギニア | バルバドス | バングラデシュ | フィジー | ブルネイ | ベリーズ | ボツワナ | マラウイ | マルタ | マレーシア | 南アフリカ | モザンビーク | モーリシャス | モルディブ | レソト
イスラム諸国会議機構加盟国 アゼルバイジャン | アフガニスタン | アラブ首長国連邦 | アルジェリア | アルバニア | イエメン | イラク | イラン | インドネシア | ウガンダ | ウズベキスタン | エジプト | オマーン | ガイアナ | カザフスタン | カタール | ガボン | カメルーン | ガンビア | ギニア | ギニアビサウ | キルギス | クウェート | コートジボワール | コモロ | サウジアラビア | シエラレオネ | ジブチ | シリア | スーダン | スリナム | セネガル | ソマリア | タジキスタン | チャド | チュニジア | トーゴ | トルクメニスタン | トルコ | ナイジェリア | ニジェール | パキスタン | パレスチナ | バーレーン | バングラデシュ | ブルキナファソ | ブルネイ | ベナン | マリ | マレーシア | モザンビーク | モーリタニア | モルディブ | モロッコ | ヨルダン | リビア | レバノン

この「パキスタン」は、国に関連した書きかけ項目です。

カテゴリ: 国関連のスタブ記事 | パキスタン | イスラム教国 | イギリス連邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 07:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM