<< 北朝鮮の短距離ミサイル発射を韓国政府機関が確認 | main | 母猫、子犬を育てる >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


北朝鮮ミサイル発射に対し「我慢にも限界」、安倍首相が警告

北朝鮮ミサイル発射に対し「我慢にも限界」、安倍首相が警告、、ってって、効き目あんの??

北朝鮮が、またまた、ミサイル発射、、で、安部ちゃん警告・・・

はいいけど、効き目あんのかね??

なんだか、拉致事件の、北朝鮮に対する強行姿勢で売り出した安部ちゃん

だから、こうでも言っとかないと、様になんないのは分かるけど、

具体的に何かしないと「言ってるだけじゃ、馬の耳に念仏・・・じゃないけど

北朝鮮、金の耳に、念仏にもならず・・・

って感じじゃねえの??

誇大妄想かつ見栄っぱりな北朝鮮の金さんは、丸腰、かつアメリカの腰ぎんちゃく日本(って、奴は、我が日本をこんくらい
にしか見てないね・・・)なんか、なめきっちゃてて、相手にしちょりませんよ、、、

大好き、かつ最も怖い(って、完全に、アメ公〜失礼〜コンプレックス丸出しちゃうの・・・)アメリカ合衆国がどう出てくるか
しか眼中にないわけよ、、、

まあ、でも多くのブロガーが言ってるように、過去の7発連発とかに比べたら、あんまり妙に大騒ぎするのは、日本だけ浮いちゃって
政治的には、得策じゃないかもね。。。

でも、安部ちゃんって、お育ちはとても良さそうだけど、縦から見ても、横からみても、ボンボンで、頼りなさそうやな・・・

高校でクラスにいるとしたら、ええとこのお坊ちゃんで、優等生、かつガリ勉君ってイメージね、、

隣のクラスの、乱暴者ヤンキーが、ナイフもって脅してきたら、一発で、ビビって逃げ出しそうやな・・・

▼『BESEL G200ベゼルG200)』で、あなたのペニスはデカクなる!



▲『BESEL G200(ベゼルG200)』ノーベル生理学・医学賞の一酸化窒素理論をサプリに応用。

『BESEL G200(ベゼル)』は、欧米で、380万人以上の愛用者がいる効果実証済みの、ペニス増大サプリの決定版!




▽今日の豆知識(その1)▽

◎北朝鮮によるミサイル発射実験 (2006年)◎

北朝鮮によるミサイル発射実験(きたちょうせんによるミサイルはっしゃじっけん)は、2006年7月5日、北朝鮮が、日本海へ7発のミサイルを発射した事件である。

スカッド、ノドン、テポドン2号が発射された。

7発も、連続的に発射される例は過去になく、異例とも言える。

目次

1 概要
2 対応
2.1 安保理
2.2 日本
2.3 アメリカ
2.4 韓国
2.5 オーストラリア
3 マスコミの対応
3.1 日本
4 脚注
5 関連項目
6 外部リンク



・概要

ミサイル7発の落下地点 発射時刻(KST) 発射場所 タイプ 落下時刻 落下地点
1 3時33分 キテリョン スカッド-C 日本海
2 4時04分 キテリョン ノドン / スカッド 日本海
3 5時01分 ムスダンリ テポドン2号 発射の42秒後 日本海
4 7時10分 キテリョン スカッド 日本海
5 7時30分 キテリョン ノドン 7時40分 日本海
6 8時20分 キテリョン ノドン 8時30分 日本海
7 17時22分 キテリョン ノドン / スカッド 17時28分 日本海

出典:White House Press Briefing


1発目のスカッド-Cは、午前3時32分(現地時間)に発射された。これは、ほぼ同時刻に打ち上げられているアメリカ、NASAのスペースシャトルディスカバリーに合わせたものだと思われる。

最初の2発の中短距離ミサイルの試験は、続くテポドンミサイルの発射実験から注意をそらすためのおとりであったとの見方もある[1]。

7発すべてのミサイルが、日本海に落下した。これは失敗なのか、意図的なものなのかは定かではない。


・対応

・安保理
安保理は、ミサイル発射を受けて、北朝鮮非難決議採択。


・日本
安倍官房長官(当時)および、額賀防衛庁長官(当時)は、発射後に警戒態勢とした。また、首相官邸で安全保障会議が行われた[2]。

内閣官房長官が「北朝鮮からの弾道ミサイル又は何らかの飛翔体発射について」との声明を緊急に発表。毅然とした対応を発表するとした[3]。

正午過ぎの記者会見で、経済制裁を含めた当面の対応を発表した。

7月5日は万景峰号(マンギョンボン号)が新潟西港に入港を予定していたが、この影響でしばらく沖合2kmの場所で停泊していた[4]。

午後になり、希望者の下船のため接岸したが、貨物のやり取りは認められず、そのまま北朝鮮に向けて出航した。


・アメリカ
アメリカのブッシュ大統領は午後4時20分(東部標準時夏時間)頃にミサイルの発射の事情を知った[要出典]。

また、この日はアメリカ時間で独立記念日であった。

クリストファー・ヒル国務次官補は「領域に向かう用意ができている」とし、スティーブン・ハドリー大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は「挑発行動」と非難した[5]。


・韓国
韓国の統一省は、緊急のセキュリティーミーティングを開いた [6]。


・オーストラリア
オーストラリアのジョン・ハワード首相は「極めて挑発的である」とオーストラリア放送協会の番組内で非難した [7]。

また、アレクサンダー・ダウナー外務大臣は、北朝鮮との国際関係が悪化すると発言した。


○マスコミの対応

・日本
日本のマスコミでは、朝4時頃から徐々にミサイル発射について速報で伝えた。各局、朝のニュース番組ではこのニュースを伝え続け、午前6時15分頃からの安倍官房長官の1回目の記者会見を中継で伝えた。その会見まで、NHKのおはよう日本等、いくつかの局が「発射されたミサイルは2発」などと報じていたが、会見を受けて3発(当時)に変更されるなど、局によって発射された弾数に違いが見られた。

CNNのニュース映像などを取り込みながら、ニュースを報じていたフジテレビ系列のめざましテレビでは、「発射されたミサイルは3発・・4発・・・」と情報が錯綜していることを伝えていた。7時台、8時台になっても引き続いてこのニュースが報じられ、NHKでは純情きらりの放送を中止した、安倍長官の2度目会見が行われようとしているころ、再びミサイルが発射され、計6発になったとの速報が入り、大々的に報じられた。

その後も、麻生外務大臣や、額賀防衛庁長官の記者会見が行われるなどしたが、各局、お昼頃までには通常の番組編成となっていった。夕方の時間帯には、再び各局がミサイル発射のニュースを伝え、午後5時半頃には7発目のミサイルが発射されたとの速報が入り、続々と伝えられた。

7発もの断続的なミサイル発射を受けて、民放などでは、さらなるミサイルが発射されるとの憶測が広がった。


・脚注
^ (英語) http://www.theage.com.au/news/national/missiles-for-beginners/2006/07/05/1151778991373.html
^ (日本語) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060705i104.htm
^ (日本語) http://www.kantei.go.jp/jp/tyokan/koizumi/2006/0705seimei.html
^ (日本語) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060705i104.htm
^ (英語) http://www.cnn.com/2006/WORLD/asiapcf/07/04/korea.missile/index.html
^ (英語) http://english.yna.co.kr/Engnews/20060705/630000000020060705085315E6.html
^ (英語) http://www.cnn.com/2006/WORLD/asiapcf/07/04/australia.missile.ap/index.html

・関連項目
北朝鮮によるミサイル発射実験 (1998年)
北朝鮮によるミサイル発射実験 (1993年)
朝鮮民主主義人民共和国の核実験 (2006年)

・外部リンク
北朝鮮ミサイル開発問題 - Yahoo!ニュース
北朝鮮核問題 - 朝日新聞
北朝鮮の核問題 - 読売新聞
北朝鮮の動き - 毎日新聞
北ミサイル発射 - 産経新聞
北朝鮮核問題 - 朝鮮日報
北朝鮮核問題 - 中央日報
北朝鮮 - 聯合ニュース
ウィキニュース - 北朝鮮、ミサイル数発を発射

カテゴリ: 出典を必要とする記事 | 2006年 | 朝鮮民主主義人民共和国の軍事


▽今日の豆知識(その2)▽

◎北朝鮮によるミサイル発射実験 (1998年)◎

1998年8月31日に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が行ったミサイル発射実験がテポドン1号の試験であったといわれている。このミサイルは大気圏外とはいえ事前通告なしに日本上空を通過したため、日本側に反発が起きたほか、アメリカ本土にも届く大陸弾道弾としても転用が可能なため北東アジアの平和に深刻な懸念材料になったとされている。なお北朝鮮側は人工衛星の打ち上げだと主張している。




目次

1 概要
2 光明星1号
3 影響
4 関連項目



・概要
テコポンロケット(運搬手段)としての北朝鮮での正式名称は「白頭山1号(ペクトゥサン イルホ)」であるが、人工衛星の運搬手段のかたちで試験的に発射されたのがこの騒動の原因であった。

テコポン・ブースターは津軽海峡付近から日本列島を越えるコースを飛行し、途中、第一段目は日本海に,第二段目は太平洋に落下した。

この行為に対し当時の日本の小渕内閣やマスコミ・世論は敏感に反応し、北朝鮮が新型の弾道ミサイルの発射実験を行ったとして、以前行った1993年5月のノドン発射の際には表に現れなかった北朝鮮に対する極度の反発がまき起こった。


・光明星1号
日本側の反発に対し、北朝鮮側は自国の自主権を踏みにじる行為と反論していた。しかし北朝鮮の最高人民会議が開催された9月4日になって、北朝鮮国内向けには発射時の映像とともに発射は人工衛星「光明星1号」の打ち上げであり、地球周回軌道への投入に成功したと報道した。

北朝鮮側の主張によれば、人工衛星は地球の周回軌道に乗り、金日成と金正日を賞賛する音楽の旋律をモールス信号を発しているとし、それとともに人工衛星の軌道要素も発表した。しかし地球軌道上の人工物体を監視しているアメリカ合衆国の北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)はそのような人工衛星は確認できないとした。

これは北朝鮮は軍事目的ではなく人工衛星の打ち上げであったと主張するものであった。そのうえ実験の成否に関わらず実験を「成功」を発表するつもりであったとも考えられる。これは現地時間の午後12時7分に『発射』したあと4分53秒後に磁気軌道に投入したとまで発表した事である。

そのためテコポン・ミサイルのブースター性能実証を兼ねた3段式の宇宙ロケットであったが、3段目の固体燃料ブースターが加速せず衛星もろとも落下した「人工衛星の打ち上げ失敗」との見方がアメリカ・韓国・中国・ロシアなどその他の諸外国では大勢となった。ただし、日本政府は独自の分析から世界中でただ一国「弾道ミサイルの発射実験」であったと断定している。


・影響
国際法上、いかなる国も周辺国に対し発射の事前通告義務があるわけではないが、不測の事態を回避するために発射する通達ぐらいは国内向けでも事前通告するのが当然であるというものである。くしくも同時期に台湾海峡危機で中華人民共和国は台湾を牽制するためにミサイル発射実験を行ったが、すべて事前に目標海域を通告していた。またイスラエルも周辺のアラブ諸国にロケットの残骸が落下して紛争の火種にならないために軌道投入に不利になる方向に衛星ロケットを発射している。

また前述の中国のミサイルは目立つように白色に塗装されていたが、テポドン1号は核保有国が持つICBMのようなオリーブドラブで塗装していたため、心理的配慮もなされていなかったといわれている。

この打ち上げを契機として日本政府は、このような事態をなるべく早いうちに把握するためとして、偵察目的の情報収集衛星を導入することを決定した。


・関連項目
北朝鮮によるミサイル発射実験 (1993年)
北朝鮮によるミサイル発射実験 (2006年)

カテゴリ: 朝鮮民主主義人民共和国の軍事 | 1998年




▽今日の豆知識(その3)▽

◎北朝鮮によるミサイル発射実験 (1993年)とは◎


図中の元山(ウォンサン)から発射された1993年の北朝鮮によるミサイル発射実験とは、1993年に北朝鮮が準中距離弾道ミサイル「ノドン1」を日本海に向けて発射した実験のこと。

ノドンミサイルは5月29日に北朝鮮南東部に位置する江原道元山(ウォンサン)から発射されたが、日本・アメリカ両政府は本実験の公表を数日の間見送った。着弾地点は能登半島北方350km付近と考えられているものの、太平洋に着弾した可能性も後に示唆されている。本実験の思惑の一つは、イランに対してミサイルの信頼性を示し、ノドンと石油の取引を行うことであった[1]。なお、イランの視察団が実験直前まで発射場にいたとの報道もある[2]。

発射から約2週間後の6月11日、米朝共同声明が発表され、北朝鮮は今後も核拡散防止条約を遵守する意志を示した。また、翌年の1994年10月21日、米朝枠組み合意により北朝鮮への軽水炉提供が行われることになった。本実験に関しては、北朝鮮は「瀬戸際外交」を成功させたといえる。だが、後の2006年のミサイル発射においては、このような見返りを再び得るどころか逆に制裁を受けることになる。


・出典
^ "Missile is Tested by North Koreans" by David E. Sanger, New York Times, June 12, 1993
^ 1998年9月7日付 京都新聞 参考

・関連項目
北朝鮮核問題
ミサイル防衛
北朝鮮によるミサイル発射実験 (1998年)
北朝鮮によるミサイル発射実験 (2006年)
朝鮮民主主義人民共和国関係記事の一覧


カテゴリ: 朝鮮民主主義人民共和国の軍事 | 1993年 | 軍事関連のスタブ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:北朝鮮



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 17:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM