<< バルセロナ 横浜F・マリノスを降しアジアツアー2連勝 | main | 「ブルジュ・ドバイ」、ただいま、世界一ノッポビル、現在も成長中・・ >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タイガー・ウッズ、その強さの秘密・・


タイガー・ウッズ、強さの秘密

は、下記のウッズのコメントに全て出ている気がする。



タイガー・ウッズ


◆「過去の経験から学んだことを生かさなければならない。そうすることで前進できる。今大会のコースはこれまでで最も困難なコースなので、挑戦する価値がある。2006年は優勝することができたので、2007年もそうなることを願っている。前週から順調に仕上がってきていると感じているので、開幕が楽しみだ」

◆「世界的なアスリートとしてベッカムが私より劣っているとは思わない。ゴルフは多くの場所でプレーされているが、サッカーのように真に世界中でプレーされているとは言えない。『Who’s Now』は米国での投票だ。世界中で行われていれば、結果は違ったものになったかもしれない」



タイガー・ウッズ
、、言わずと知れた、世界No.1のゴルフ・プレイヤーだ。

彼の技術は、もちろん、世界一、二を争う、超トップクラスなのがろうが、このコメントの中に、強さの中に、「心構え」や「精神力」が見事に出ていると思う。

「強さ」と「謙虚さ」のバランス、

「自分自身」を、客観的に冷静に見ていて、賞賛に対しても舞い上がらず、苦難にも、ヘコタレナイ精神力を垣間見る気がする。

ゴルフが、「たった一人の、メンタル・スポーツ」と言われる所以かもしれない。。


1)揺るぎない、自分自身に対する自信と誇り。

2)ゴルフを心から愛する気持ち

3)挑戦することへの楽しみ

4)偽物でない、謙虚さ

5)過去の失敗から学び取ろうとする気持ち


つまり、いちスポーツ選手、ゴルフ・プレーヤーとしてだけでなく、一人の人間として極めて抜きんでたものがあるのではないだろうか。

どこかの国の、横綱と、大違い(正反対??)ではなかろうか・・・

おそらく、タイガーなら、他の世界、例えば、他のスポーツやビジネスの世界でも、超一流になるんじゃないだろうか。。

サムライも爪の垢でも煎じて飲みたいものである。。




ベッカムでさえ勝てないウッズ



【8月8日 AFP】男子ゴルフ・メジャー最終戦、第89回全米プロゴルフ選手権(2007 PGA Championship)の開幕を9日に控えた7日、大会2連覇と同時に今季初のメジャー制覇を狙う米国のタイガー・ウッズ(Tiger Woods)が記者会見を行った。

 8月2日から5日にかけて行われた世界ゴルフ選手権(World Golf Championships)・第3戦、ブリヂストン・インビテーショナル2007(Bridgestone Invitational 2007)でシーズン4勝目を挙げたウッズは「どんな大会であれ、優勝は自身につながる。ブリヂストン・インビテーショナル2007での戦略とプレーには満足しているので、同じことが起こることを期待している」と語った。

 またウッズは「現状では全員がイーブンパーだ」と語り、世界ランク上位100人中98人が参加したブリヂストン・インビテーショナル2007で優勝を飾ったことで精神的に優位に立っているのか、との質問を一蹴した上で、サザンヒルズ・カントリークラブ(Southern Hills Country Club)においての攻めやすいホールはあるのか、との質問には「18ホール全てだ」と自信を持って答えた。

 過去に同クラブで行われた1996年のザ・ツアー選手権(THE TOUR Championship)では21位、2001年の全米オープン選手権(US Open Championship)では12位タイに終わっているウッズは「過去の経験から学んだことを生かさなければならない。そうすることで前進できる。今大会のコースはこれまでで最も困難なコースなので、挑戦する価値がある。2006年は優勝することができたので、2007年もそうなることを願っている。前週から順調に仕上がってきていると感じているので、開幕が楽しみだ」と意気込みを表した。

 ウッズはメジャー大会の1週間前に行われた大会に出場するのは今回を含め僅か3回しかなく、過去2回は1999年と2000年に全米プロゴルフ選手権を制した時である。

 また米スポーツ専門チャンネル「ESPN」の「Who’s Now」で、MLSのロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)に加入したデビッド・ベッカム(David Beckham)をはじめスター選手を抑えて、最も旬なアスリートに選出されたウッズは「世界的なアスリートとしてベッカムが私より劣っているとは思わない。ゴルフは多くの場所でプレーされているが、サッカーのように真に世界中でプレーされているとは言えない。『Who’s Now』は米国での投票だ。世界中で行われていれば、結果は違ったものになったかもしれない」とコメントした。(c)AFP/Jim Slater

(写真)会見に臨むウッズ。(c)AFP/Getty Images Scott Halleran


タイガー・ウッズとは



タイガー・ウッズタイガー・ウッズ(Eldrick “Tiger” Woods, 1975年12月30日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州サイプレス出身のプロゴルファーである。

目 次

1 人物

2 メジャー大会優勝
2.1 ゴルフメジャー大会優勝記録

3 略歴

4 関連項目

5 外部リンク

6 文献



[1] 人物

父親アールの手ほどきを受けて、生後9か月からゴルフを始めた。アマチュア時代には全米ジュニア・アマチュア選手権、全米アマチュア選手権にそれぞれ前人未踏の3連覇を達成。1996年8月27日のプロ転向からわずか10か月余りで、マスターズを含む7大会に優勝を挙げ、21歳にしてPGAツアーの史上最年少賞金王に輝いた。2000年全米オープンから2001年マスターズまで、メジャー大会4連覇を達成。ゴルフにおける数々の史上最年少記録を更新してきた選手になる。彼のトレードマークとしてよく知られている赤いシャツは、トーナメントの最終日に着るものである。

“タイガー”は陸軍特殊部隊の将校だった父の命名。ベトナム戦争で行方不明になった南ベトナム軍の戦友、フォン・グエン大佐(Nguyen Phong)を偲び、そのニックネームをもらったという。

黒人プロゴルファーの先駆者にはチャーリー・シフォード(2004年世界ゴルフ殿堂入り)やリー・エルダー、テディー・ローズなどがいるが、メジャー優勝者になった黒人選手はウッズが最初である。エルダーは1975年に黒人ゴルファーとして初のマスターズ出場を果たした人で、1997年のウッズの初優勝の最終ラウンドに立ち会った。

ウッズは20歳代の間に、アメリカPGAツアーで「46勝」(うちメジャー大会10勝、世界ゴルフ選手権10勝を含む)、国際試合で9勝(日本の「ダンロップ・フェニックス選手権」2連覇、ドイツの「ドイツ銀行SAPオープン」3勝などを含む)、総計「55勝」を記録した。PGAツアーでは、先人ジャック・ニクラスが20歳代の間に挙げた「29勝」を大きく上回った。PGAツアー出場大会連続優勝記録も、1999年-2000年にかけて6連勝、2006年-2007年にかけて7連勝の快挙がある。世界中のプロゴルファーすべてと比較しても異次元と言える図抜けたプレーぶりを見せ、豪快な飛距離や、高いパーオン率を誇り、もはや無敵と言ってよい強さを誇る名選手に成長してきた。


[2] メジャー大会優勝

マスターズ・トーナメント:4勝(1997年、2001年、2002年、2005年)
全米オープン:2勝(2000年、2002年)
全英オープン:3勝(2000年、2005年、2006年)
全米プロゴルフ選手権:3勝(1999年、2000年、2006年)
現時点では通算12勝、単独2位につけている。マスターズ4勝は大会歴代2位タイ。全米プロ3勝は大会歴代3位タイ。2005年の全英オープンにて、すべてのメジャー大会に2勝を挙げる「ダブル・グランドスラム」を達成。これはジャック・ニクラス以来2人目の偉業となり、先人ニクラスの31歳7か月よりも若い「29歳6か月」での達成となった。すべてのメジャー大会で3勝を挙げる「トリプル・グランドスラム」にも、あと全米オープンの1勝と迫った。


[2.1] ゴルフメジャー大会優勝記録

1位:18勝 ジャック・ニクラス (マスターズ6勝、全米オープン4勝、全英オープン3勝、全米プロゴルフ選手権5勝)
2位:12勝 タイガー・ウッズ (マスターズ4勝、全米オープン2勝、全英オープン3勝、全米プロゴルフ選手権3勝)
3位:11勝 ウォルター・ヘーゲン (全米オープン2勝、全英オープン4勝、全米プロゴルフ選手権5勝)
4位タイ:9勝 ベン・ホーガン、ゲーリー・プレーヤー
6位:8勝 トム・ワトソン (マスターズ2勝、全米オープン1勝、全英オープン5勝)

[3] 略歴

練習中のタイガー・ウッズ1975年 12月30日、アメリカ・カリフォルニア州サイプレスに生まれる。父親アールは米陸軍特殊部隊「グリーン・ベレー」の退役軍人で、母親クルティダはタイ人である。
1991年-1993年 全米ジュニア・アマチュア選手権に3連覇を達成。
1992年 「ニッサン・オープン」でPGAツアー大会に初出場。
1994年-1996年 全米アマチュア選手権に3連覇を達成。“タイガーズ・トリプル”と呼ばれる。
1994年 スタンフォード大学に入学。
1995年 マスターズ・トーナメントに初出場。予選を通過し、第3ラウンドを日本の尾崎将司選手と一緒に回る。
1996年 大学を2年で中退し、8月27日にプロ転向。10月にいきなり2勝を挙げ、世界ランキング33位に躍進。
1997年 4月13日、史上最年少の21歳3ヶ月でマスターズ・トーナメント初優勝。6月に初の世界ランキング1位になる。
9月からアサヒ飲料の缶コーヒー「ワンダ」のTVCMに出演し始める。(ワンダCMは2001年まで)
1998年 11月に「カシオ・ワールド・オープン」で日本ツアー初出場。15位に終わる。
1999年 8月15日、全米プロゴルフ選手権で初優勝。メジャー2冠を獲得する。同年8月末の「NEC招待選手権」から2000年2月の「AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ選手権」まで、PGAツアー6連勝を達成。
2000年 全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権でメジャー大会3連覇。これは1953年のベン・ホーガン以来47年ぶりの快挙だった。PGAツアーで自己最高の年間9勝を記録。第1回「ローレウス・スポーツ賞」の男子最優秀選手賞など、多数のスポーツ賞を受賞する。
2001年 4月8日、マスターズ・トーナメントで4年ぶり2度目の優勝。メジャー大会4連覇を達成するが、2年にまたがる記録であるため“タイガー・スラム”と呼ばれた。11月15日-18日に日本の「太平洋クラブ御殿場コース」(静岡県御殿場市)で開催された世界ゴルフ選手権の「EMCワールドカップ」に、デビッド・デュバルとのコンビで出場。(この来日を機会に、ウッズの公式サイトが日本語版で読めるようになった。)
2002年 マスターズと全米オープンで優勝。マスターズでの大会連覇は、1989年&1990年の大会を連覇したニック・ファルド以来12年ぶり、大会史上3人目となる。11月に「ダンロップ・フェニックス選手権」で4年ぶり2度目の日本ツアー出場。
2003年 世界ゴルフ選手権の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」で初優勝。
2004年 「アクセンチュア・マッチプレー選手権」2連覇。9月7日、それまで「264週」連続で守った世界ランキング1位の座を41歳のビジェイ・シンに譲る。10月5日にスウェーデン人元モデルのエリン・ノルデグレンと結婚。11月に「ダンロップ・フェニックス選手権」2年ぶり2度目の出場で日本ツアー初優勝。
2005年 マスターズで4度目、全英オープンで2度目の優勝。全英オープン優勝により「ダブル・グランドスラム」を達成する。11月の「ダンロップ・フェニックス選手権」で横尾要とのプレーオフ(4ホール)を制して大会2連覇。5月第2週の「バイロン・ネルソン・クラシック」で予選落ちを喫し、連続予選通過の歴代1位記録が「142」で止まる不運もあった。
2006年 5月3日、父親アールが前立腺癌のため74歳で死去。6月の全米オープンで予選落ちを喫し、(プロ転向後)1997年のマスターズ以来続けてきたメジャー大会の連続予選通過記録が「37」で止まった。7月23日、全英オープンで2年連続3度目の優勝。全英オープンでの大会連覇は、1982年&1983年の大会を連覇したトム・ワトソン以来23年ぶりとなる。8月6日の「ビュイック・オープン」優勝により、30歳7ヶ月でPGAツアー通算「50勝」を達成。8月20日、全米プロゴルフ選手権で6年ぶり3度目の優勝。メジャー大会12勝目を挙げ、ウォルター・ヘーゲンを抜いて単独2位になった。
2007年 アクセンチュア・マッチプレー選手権3回戦でニック・オハーン(オーストラリア)に敗れ、前年の全英オープンから続いてきたPGAツアー大会連続優勝が「7連勝」で止まる。6月には、第一子の女児が誕生した。7月、自ら主催者となった公式戦(AT&Tナショナル)を開催し、ジャック・ニクラウス、アーノルド・パーマーら過去の名選手に名実ともに肩を並べることとなった。


[4] 関連項目

ゴルフ
グランドスラム (ゴルフ)
ナイキ

[5] 外部リンク

タイガー・ウッズ オフィシャルサイト
初の大会主催「AT&Tナショナル」タイガー・ウッズ特集
タイガー・ウッズ、過去のスーパーショット動画
PGAツアー公式プロフィール
ワンダCM裏話 (アサヒビールのサイト)

[6] 文献

タイガー・ウッズ著『私のゴルフ論』(2001年、テレビ朝日/上巻:ISBN 4881312529、下巻:ISBN 4881312537) ウッズの初めての著書で、ゴルフのレッスンブック。原題は“How I Play Golf”という。
ジョン・ストリージ著『タイガー』(英語、1997年) “TIGER - A Biography of Tiger Woods” ウッズが21歳でマスターズ最年少優勝者になるまでをまとめた、彼の成長記。若き日のウッズを知るには最適な書物。
父親のアール・ウッズが残した著書も2冊ある。
2000年、日本の高校3年生の英語の教科書にウッズの「自伝」が掲載された。
ウィキメディア・コモンズには、タイガー・ウッズに関連するマルチメディアがあります。世界ゴルフランキング | 男子ゴルフ世界ランキング1位(1986年以後)
イアン・ウーズナム | タイガー・ウッズ | アーニー・エルス | フレッド・カプルス | ビジェイ・シン | デビッド・デュバル | グレグ・ノーマン | セベ・バレステロス | ニック・ファルド | ニック・プライス | ベルンハルト・ランガー | トム・レーマン

カテゴリ: アメリカ合衆国のゴルファー | アフリカ系アメリカ人のスポーツ選手 | アジア系アメリカ人 | 1975年生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 06:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM