<< ビクター 新製品発表にリア・ディゾン登場 | main | ルイ・ヴィトン、08年クルーズ・コレクションのテーマは、「ラグジュアリーな旅」 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミス・ユニバース、グランプリの森理世さんの水着姿・・




2007ミス・ユニバース優勝者の森理世さん。水着の雄姿・・

森理世さんの、ビキニ姿も、いいっすね!!

やっぱり、暑い真夏は、水着に限りますね〜〜

本人も、見てる方も、、気分が涼しくなります・・

2007ミス・ユニバース日本代表の森理世さんら 水着撮影に臨む - メキシコ



【メキシコシティ/メキシコ 18日 AFP】メキシコで5月28日に開かれる2007ミス・ユニバース(Miss Universe 2007)世界大会に出場するミス・ユニバース・ジャパン(Miss Japan)の森理世(Riyo Mori)をはじめ各国代表が、16日にカミノレアル・ホテル(Camino Real Hotel Mexico)のプールで水着撮影を行った。(c)AFP/Miss Universe L.P., LLLP/DARREN DECKER
写真は、写真撮影に臨むミス・ユニバース・ジャパン(Miss Japan)の森理世(Riyo Mori)さん。(c)AFP/HO/Miss Universe L.P., LLLP DARREN DECKER

関連情報2007ミス・ユニバース

森理世とは



森理世
森理世さん

もり りよ
森 理世
プロフィール
生年月日: 1986年12月24日
現年齢: 20歳
出身地: 日本・静岡県
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重: 175 cm / 54 kg
BMI: 17.6(低体重)

身長 / 体重: 5′ 10″ / 119 lb


森 理世(もり りよ、1986年12月24日 - )は、日本のダンサー、インストラクター、バレリーナ。静岡県静岡市(現:同市葵区)出身。身長175cm。2007年度ミス・ユニバース・ジャパン及びミス・ユニバース優勝者。  

目次

1 人物

2 来歴

3 出演
3.1 テレビ番組
3.2 CM

4 出典・脚注

5 関連事項

6 外部リンク


[1] 人物

ダンス教室を経営する母の影響で幼少時からダンサーを志し、若くしてカナダに留学。2007年3月15日、凡そ4000名が参加したミス・ユニバース世界大会日本代表選考会で優勝。

メキシコ・メキシコシティの「国立オーディトリアム」で行われた、「第56回世界大会」に日本代表として出場し、満場一致の得票で優勝を飾った。 その際、彼女にはダイヤモンドや真珠があしらわれた25万ドル(約3000万円)相当の冠(ミキモト製)が渡された。

ただしこの冠は、次回大会の優勝者に引き継がれ、その年の優勝者がもらえるのは2万ドル相当のティアラである(やはりミキモト製)。

その他、彼女には、1年間使用可能なニューヨークのアパート、給与(金額は非公開)、3万ドル相当の高級時計などの衣装、ニューヨークで二年間映画を学ぶための10万ドルを上限とする奨学金、水着、ヘアケア製品1年分、NINAの靴一式、デニム一式、クリスタルのトロフィー、1年間の皮膚科サービスなどが優勝賞品として贈られた。


日本人の優勝は1959年の児島明子以来48年ぶり。2006年の知花くららの2位に続き、2年連続での日本人の入賞となった。2位はブラジル代表、3位はベネズエラ代表が選ばれた。着用していたイヴニングガウンは、GUCCIの07年春夏コレクションのもの。ナショナルコスチュームは、「義志」や「小萩」のデザイナーである緒方義志と、「HIROCOLEDGE」のデザイナーである高橋理子のデザインによるもの。

森家の女性は代々「忍耐」と書かれたプレートを受け継ぎ、忍耐、努力、根性の三つを精神の源泉とし、カナダ留学の出発時プレートを母から渡され部屋の壁にかけ、留学を終えた後母に返したが、ミス・ユニバース世界優勝後の1年間の世界での活躍を前に再び母から渡され新たな世界を代表する立場と環境で精神力の源泉とする。

また、フジテレビ「とくダネ!」にて、笠井信輔により「5ヶ国語以上話せるらしい」という趣旨の発言があり、ネット上でも「6ヶ国語堪能」といった噂が流れたが、日本テレビ「ラジかるッ」出演時に「何ヶ国語話せるのですか?」という質問に対し「(使用言語は)英語と日本語だけです」と答えている。

ただし、ミス・ユニバース日本代表に選出された後、世界大会への準備としてナショナルディレクターからスペイン語のトレーニングを受けている様子はブログ上で公開されている。

米NBCの人気SFドラマ「Heroes」第二シーズン(2007年秋)のオーディションを受けたが、女優・田村英里子が決定したとの事。


[2] 来歴

静岡県静岡市葵区の常葉学園大学教育学部附属橘小学校、常葉学園中学校を卒業。
常葉学園高等学校2年の夏、単身カナダに留学(転校)し、オンタリオ州・ベルビル市のセンティニアル高校を卒業。
「クウィンティ・バレエスクール」出身。


[3] 出演


[3.1] テレビ番組

Regis and Kelly Show
NEWS ZERO(日本テレビ)
めざましテレビ(フジテレビ)
ズームイン!!SUPER(日本テレビ)
爽快情報バラエティー スッキリ!!(日本テレビ)
情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ)
2時っチャオ!(TBS)
ザ・ワイド(日本テレビ)
SMAP×SMAP(フジテレビ)
ほか


[3.2] CM

TBC
ミス・ユニバースジャパンの映像を使用

[4] 出典・脚注

^ ミスユニバースジャパン公式サイト
^ なでしこ48年ぶり!決勝満票でミス・ユニバースに森理世さん サンケイスポーツ 2007年5月29日速報
^ 森さんの将来の夢
^ ミス・ユニバースの賞品

[5] 関連事項

ミス・ユニバース2007

[6] 外部リンク

Miss Universe 2007 森理世公式サイト
ミスユニバースジャパン 公式サイト
NBC.com - Miss Universe 2007
Riyo's official blog
森育子ダンススタジオ(1)
森育子ダンススタジオ最新情報:最下段取材協力欄・(1)とTELが異なる
センティニアル高校
クウィンティ・バレエスクール
HIROCOLEDGE



ミス・ユニバース・ジャパン

2006年

知花くらら

2007年

森理世

2008年

-


ミス・ユニバース

2006年

スレイカ・リベラ

2007年

森理世

2008年

-



この「森理世」は、人物に関する書きかけ項目です。
(ウィキプロジェクト 人物伝)

カテゴリ: 人物関連のスタブ項目 | 1986年生 | 静岡県出身の人物 | 日本のダンサー | バレエダンサー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ミス・ユニバース



2005年のミス・ユニバース、ナタリー・グレボバ
2005年のミス・ユニバース、ナタリー・グレボバ

ミス・ユニバース®(Miss Universe®)は世界を代表するミス・コンテスト。

目 次

1 概要

2 歴史

3 今日のミス・ユニバース

4 歴代のミス・ユニバース

5 ミス・ユニバース優勝者出身国一覧

6 関連項目

7 外部サイト



[1] 概要

1952年にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチで初めて行われ、2002年以降はトランプ財団とNBCグループが共同出資しているミス・ユニバース機構が主催している美の祭典である。世界80か国以上の代表が参加し、世界一の栄冠を競い合う。日本永久開催のミス・インターナショナルと違い、世界大会は世界各国の都市で開催される(日本はミス・インターナショナルの永久開催国であるため、日本の都市では開催されない)。ミス・インターナショナル、ミス・ワールドと比較して、圧倒的に世界的な知名度と権威の高い大会である。2002年大会より、優勝者の王冠はミキモト製を使用している。

テレビ朝日は、世界大会を1995年大会まで地上波全国ネットで録画放映していた(進行は英語のため、日本語吹き替え。放映開始年は不明)。しかし翌1996年からは撤退し、以降は放映していない。但し、FOXチャンネル(日本語字幕入り。SKY PerfecTV!などで放送されている放送局)にて、世界大会の日本放映が復活している。


[2] 歴史

1950年に開催された「ミス・アメリカ1951」の優勝者、Yolande Betbeze が、大会スポンサーの水着ブランド「カタリナ」(Catalina)から提供された水着でポーズをとることを拒んだことが「ミス・ユニバース」開催のきっかけとなった。「カタリナ」を製造しているパシフィック・ミルズ社(Pacific Mills)はミス・アメリカのスポンサーから撤退し、独自のミスコンテスト「ミスUSA」とその世界版「ミス・ユニバース」を1952年から開催した。最初のミス・ユニバースはカリフォルニア州ロングビーチで行われ、ミス・フィンランドの Armi Kuusela が優勝した。当初、ミス・ユニバースもミス・アメリカ同様、優勝者は翌年の年数をタイトルとしていた(例えば最初の優勝者であるKuusela は「ミス・ユニバース1953」であった)。

1955年には最初のテレビ中継が始まった。1960年からCBSがミスUSAとミス・ユニバースの全国中継を行った。2003年以降はNBCが放送権を取得している。

決勝は1952年の第1回から1971年までは毎回アメリカ合衆国内で開催された。以降は毎年違う国で開催されている。


[3] 今日のミス・ユニバース

トランプ財団とNBCグループが共同出資しているミス・ユニバース機構はニューヨークに本部を置く組織で、ミス・ユニバース、ミスUSA、ミス・ティーンUSAの三つのミスコンテストを主催している。ミスUSAはミス・ユニバースのアメリカ代表となる。ミス・ユニバース機構は決勝の放送権を世界各国のテレビ局に販売している。


[4] 歴代のミス・ユニバース

翻訳中:この項目「ミス・ユニバース」は翻訳中です。翻訳作業などに協力して下さる方を求めています。詳細はこの項目のノートや履歴、翻訳FAQなどを参照してください。
Year Miss Universe National title Country Location Venue
1952 Armi Kuusela Suomen Neito フィンランド Long Beach,USA Long Beach Municipal Auditorium
1953 Christiane Martel Miss France フランス Long Beach,USA Long Beach Municipal Auditorium
1954 Miriam Stevenson ミスUSA USA Long Beach,USA Long Beach Municipal Auditorium
1955 Hillevi Rombin Fröken Sverige スウェーデン Long Beach,USA Long Beach Municipal Auditorium
1956 Carol Morris ミスUSA USA Long Beach,USA Long Beach Municipal Auditorium
1957 Gladys Zender ミス・ペルー ペルー Long Beach,USA Long Beach Municipal Auditorium
1958 Luz Marina Zuluaga Señorita Colombia コロンビア Long Beach,USA Long Beach Municipal Auditorium
1959 児島明子 ミス・ユニバース・ジャパン 日本 Long Beach,USA Long Beach Municipal Auditorium
1960 Linda Bement ミスUSA USA Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1961 Marlene Schmidt Miss Germany ドイツ Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1962 Norma Nolan Belleza Argentina アルゼンチン Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1963 Ieda Maria Vargas ミス・ブラジル ブラジル Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1964 Corinna Tsopei Star Hellas ギリシャ Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1965 Apasra Hongsakula ミス・タイランド タイ王国 Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1966 Margareta Arvidsson Fröken Sverige スウェーデン Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1967 Sylvia Hitchcock ミスUSA USA Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1968 Martha Vasconcellos Miss Brasil ブラジル Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1969 Gloria Maria Diaz Binibining Pilipinas フィリピン Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1970 Marisol Malaret Contreras ミス・プエルトリコ プエルトリコ Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1971 Georgina Rizk ミス・レバノン レバノン Miami Beach,USA Miami Beach Auditorium
1972 Kerry Anne Wells ミス・オーストラリア オーストラリア Dorado, Puerto Rico Cerromar Beach Hotel
1973 Maria Margarita Moran Binibining Pilipinas フィリピン ギリシャ・アテネ Odeon of Herodes Atticus
1974 Amparo Muñoz ミス・エスパーニャ スペイン フィリピン・マニラ Folk Arts Theater
1975 Anne Marie Pohtamo ミス・フィンランド フィンランド エルサルバドル・サンサルバドル National Gymnasium
1976 Rina Messinger Malket Hayofi イスラエル 香港 Lee Theatre
1977 Janelle Commissiong Miss Trinidad & Tobago トリニダード・トバゴ Santo Domingo, Dominican Republic Teatro Nacional
1978 Margaret Gardiner Miss South Africa 南アフリカ Acapulco, Mexico Centro de Convenciones de Acapulco
1979 Maritza Sayalero ミス・ベネズエラ ベネズエラ Perth, Australia Perth Entertainment Centre
1980 Shawn Weatherly ミスUSA USA 韓国・ソウル 世宗文化会館
1981 Irene Sáez ミス・ベネズエラ ベネズエラ ニューヨーク, USA Minskoff Theatre
1982 Karen Dianne Baldwin ミス・カナダ カナダ ペルー・リマ Coliseo Amauta
1983 Lorraine Downes Miss New Zealand ニュージーランド St. Louis, USA Kiel Auditorium
1984 Yvonne Ryding Fröken Sverige スウェーデン マイアミ, USA James L. Knight Center of Miami
1985 Deborah Carthy-Deu ミス・プエルトリコ プエルトリコ マイアミ, USA James L. Knight Center of Miami
1986 Bárbara Palacios Teyde ミス・ベネズエラ ベネズエラ パナマ・パナマシティ Centro de Convenciones Atlapa
1987 Cecilia Carolina Bolocco Fonck Miss Chile Universo チリ シンガポール World Trade Centre, Singapore
1988 Porntip Nakhirunkanok ミス・タイランド タイ王国 台湾・台北市 Linkou Stadium
1989 Angela Visser Miss Nederland オランダ メキシコ・カンクン Fiesta Americana Condessa Resort
1990 Mona Grudt Frøken Norge ノルウェー Los Angeles, USA Shubert Theatre
1991 Lupita Jones Señorita México メキシコ Las Vegas, USA プラネット・ハリウッド
1992 Michelle McLean Miss Namibia ナミビア タイ・バンコク Queen Sirikit National Convention Center
1993 Dayanara Torres ミス・プエルトリコ プエルトリコ メキシコ・メキシコシティ Auditorio Nacional
1994 Sushmita Sen Femina Miss India インド フィリピン・マニラ Philippine International Convention Center
1995 Chelsi Smith ミスUSA USA ナミビア・ウィントフック ウィントフック・カントリー・クラブ
1996 Alicia Machado ミス・ベネズエラ ベネズエラ Las Vegas, USA プラネット・ハリウッド
1997 Brook Mahealani Lee ミスUSA USA マイアミビーチ, USA Miami Beach Convention Center
1998 Wendy Fitzwilliam Miss Trinidad & Tobago-Universe トリニダード・トバゴ ホノルル, USA Stan Sheriff Center
1999 Mpule Kwelagobe Miss Universe Botswana ボツワナ Chaguaramas, トリニダード・トバゴ Universe Center
2000 Lara Dutta Femina Miss India インド キプロス・ニコシア Eleftheria Stadium
2001 Denise Quiñones Miss Puerto Rico Universe プエルトリコ Bayamon, Puerto Rico Coliseo Ruben Rodriguez
2002 Oxana Fedorova (Dethroned) Miss Russia ロシア San Juan, Puerto Rico Coliseo Roberto Clemente,
Justine Pasek Señorita Panama-Universo パナマ
2003 Victoria Amelia Vega Polanco Miss República Dominicana Universo ドミニカ共和国 パナマ・パナマシティ Figali Convention Center
2004 Jennifer Hawkins Miss Universe Australia オーストラリア エクアドル・キト Centro de Exposiciones y Convenciones Mitad del Mundo
2005 ナタリー・グレボバ ミス・ユニバース・カナダ カナダ タイ・バンコク Impact Arena
2006 Zuleyka Jerrís Rivera Mendoza ミス・プエルトリコ プエルトリコ ロサンゼルス シュライン・オーディトリアム
2007 森理世 ミス・ユニバース・ジャパン 日本 メキシコ・メキシコシティ ナショナル・オーディトリアム


[5] ミス・ユニバース優勝者出身国一覧

2007年現在ミスユニバースを獲得した国の地図
2005年のミス・ユニバース、ナタリー・グレボバ国 優勝回数 優勝年
アメリカ合衆国 7 1954, 1956, 1960, 1967, 1980, 1995, 1997
プエルトリコ 5 1970, 1985, 1993, 2001, 2006
ベネズエラ 4 1979, 1981, 1986, 1996
スウェーデン 3 1955, 1966, 1984
日本 2 1959(児島明子), 2007(森理世)
カナダ 2 1982, 2005
オーストラリア 2 1972, 2004
インド 2 1994, 2000
トリニダード・トバゴ 2 1977, 1998
タイ 2 1965, 1988
フィンランド 2 1952, 1975
フィリピン 2 1969, 1973
ブラジル 2 1963, 1968
ドミニカ共和国 1 2003
パナマ 1 2002
ボツワナ 1 1999
ナミビア 1 1992
メキシコ 1 1991
ノルウェー 1 1990
オランダ 1 1989
チリ 1 1987
ニュージーランド 1 1983
南アフリカ共和国 1 1978
イスラエル 1 1976
スペイン 1 1974
レバノン 1 1971
ギリシャ 1 1964
アルゼンチン 1 1962
ドイツ 1 1961
コロンビア 1 1958
ペルー 1 1957
フランス 1 1953

2002年大会ではロシア国籍女性Oxana Fedorovaが優勝したが、米TV出演時侮辱されたと感じたこともあり、また博士号請求論文準備のためミス・ユニバースとしての仕事がこなせず、規約違反により9月にタイトルを剥奪され、2位(準ミス)のパナマ代表Justine Pasekを繰り上げ優勝とした。Fedorovaは12月に民法の博士号を取得した。
ミス・ユニバース機構は上記のロシア国籍女性をミス・ユニバースと認めるのを拒否するが、一般的にはこの女性は元ミス・ユニバースとして見なされることが多く、母国ロシアでも「ミス・ユニバース2002」として扱われている。

[6] 関連項目

ミスUSA
ミス・ティーンUSA
ミス・ユニバース・ジャパン

[7] 外部サイト

ミス・ユニバース
1952年から2006年までの優勝者一覧と2007年大会の全参加者一覧
ミキモト製ミス・ユニバース王冠
カテゴリ: 翻訳中 | コンテスト | ミス・ユニバース



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水着





水着(みずぎ、swimwear、swimsuit、swimming suit)は、プールや海で運動、遊泳もしくは潜水用に着用する衣服のことである。水泳用、潜水用など様々な物があり、デザイン・構造や素材など多くの点で異なる。

目 次

1 水着の歴史

2 使用目的による分類
2.1 運動用
2.2 遊泳用
2.3 潜水用
2.4 ラッシュガード
2.5 見せるためのもの
2.6 女子プロレスラー用

3 構造による分類
3.1 女性用水着
3.2 男性用水着

4 水着用下着

5 運動競技用水着についての概要

6 関連項目



[1] 水着の歴史

[2] 使用目的による分類

[2.1] 運動用

水泳競技やフィットネスに用いられる水着。体を動かす支障にならないこと、脱げにくいこと、(特に競泳において)水の抵抗を減らすことが求められる。競泳用水着、スクール水着、フィットネス水着など。競泳選手は水着自体による水の抵抗を減らすために肌の露出度を高める傾向があり、男子はブリーフ型(俗に言う競パン)、女子はハイレグ型が一般的であった。2000年代頃から水着の素材や表面の模様を工夫することによって、水着表面の抵抗が肌の抵抗を下回るようになると、首、手首または腕、足首を除き、全身を包み込む様な物等が普及し始め、長尺の水着を使用する事が多くなった。オリンピック競技などの水着はいわゆる新素材・ハイテク素材が積極的に投入されている。ライフセーバーにおいても同様の全身を包み込む様な物等が普及し始めているが、これらは危険回避や体温の維持などを重視した物が多い。


[2.2] 遊泳用
男性はトランクス形式の物が多いが、女性はファッション性を重視し、ワンピースタイプや、胸部と下腹部にそれぞれ着用するビキニタイプといわれるものが一般的である。海岸での海水浴やプールなどでの水遊びのために用いられる水着。もっぱら見た目の華やかさ、スタイルを美しく見せることが重視される。特に女性用は各メーカーのファッションデザイナーが毎年、新作を発表し水着キャンペーンガールと呼ばれる女性達が広告宣伝を行っている(近年、キャンペーンガールを取りやめるメーカーも多くなってきた)。デザインや色・模様などはまさしく千差万別ではあるが、白のように薄い色合いの布地は水に濡れると透けてしまうことから(後述するような「見せるためのもの」を除いては)使われることは少ない。しかし2000年代頃より「透けない白」などと呼ばれる新素材を用いたものが登場している。


[2.3] 潜水用

シュノーケリングなど、主として水面で行われるレジャーとしての簡易な潜水の場合は、多くの場合遊泳用水着が用いられる。潜行を伴うスキンダイビングやスクーバダイビングでは、ウェットスーツやドライスーツが用いられる場合が多いが、水温が30℃を超えるような場合には、ダイブスキン(あるいはスキンスーツ)と呼ばれる、全身を覆う形状の水着が着用される場合もある。


[2.4] ラッシュガード

主としてサーフィンに用いられる、低温、紫外線、擦過傷、あるいはクラゲ等の有害生物から身体を保護することを目的とした水着である。ウエットスーツの内側に着用されることが多く、また有害生物が内部に侵入することを防ぐため、伸縮性の生地を用い、身体に密着するようになっている。形態は男性用、女性用ともほぼ同じで、上半身は着丈の比較的長い長袖あるいは半袖、下半身はショーツ型である。素材としては身体の保護性能を高めるため、他の水着よりは厚く、目の詰まった素材が用いられることが多い。形態・素材の点で従来の水着と若干異なるため、商品としては水着とは区別して販売される傾向にあるが、用途や基本的な構造等の点では実質的に水着そのものである。


[2.5] 見せるためのもの

水着を着用して仕事をするときに用いられる水着で、水着をファッションとして使用するため水につかることはない。水着キャンペーンガール、レースクイーン、ミスコンテスト、またはアイドルの水着撮影会のときに着用される。

水着の機能は一通り備えるが、体を覆う面積が少ないなど水着が本来持っている機能を果さないデザインもある。他にボディビルダーがポージングのために着用する水着もある。レオタードは水着とは全く違う起源をもつため、水着の一種には分類されない。


[2.6] 女子プロレスラー用

女子プロレスラーの試合用コスチュームも、通例『水着』と呼称する。これはかつて、水着を改修して試合用のコスチュームとしていたことにより言い習わされたもので、現在でも新人は水着を改修したものを使用することが多い。


[3] 構造による分類

[3.1] 女性用水着

デザインによる分類
ワンピース水着 - トップ(上半身)とボトム(下半身)が繋がっているタイプ
モノキニ - バックのデザインがビキニのようなデザイン
Aライン - ボトムにスカートがついたデザイン
スリングショット - 2本のストラップだけで首からボトムまで連続しているデザイン
ツーピース水着 - トップ(上半身)とボトム(下半身)がそれぞれ独立したタイプ
セパレーツ - ビキニを抑えた感じのデザイン
タンキニ - タンクトップやキャミソール型のトップとボトムが組み合わさったデザイン
ビキニ - 布地が小さいデザイン
チューブトップビキニ - ストラップを使わずにバスト部分でとめるビキニ
三角ビキニ - トップとボトムが三角の形をしたビキニ
マイクロビキニ - 最小限の部分だけを覆うビキニ
トップ(上半身)のラインによる分類
ベアトップ - バストラインより上をカットしたデザイン
ベアバック - 背中を大きくカットしたデザイン、バックレス
ベアミドリフ - ウエスト部分を大きくカットしたデザイン、寸胴を目立たせなくする
Vネックライイン - 胸元を深くカットしたデザイン、バストラインを美しく見せる
ホルターネック - ストラップを首に吊るしたデザイン
ワンショルダー - 片方のストラップをとったデザイン、肩幅の広さを目立たなくする
ストラップレス - ストラップがないデザイン
バッククロス - 背中でストラップを交差させたデザイン、背中を小さく細く見せる
ボトム(下半身)のラインによる分類
ハイレグ - 腰骨あたりまでカットされたデザイン、足を長く見せる
スーパーハイレグ - サイドが3〜4僂靴なく腰骨より上にハイカットしたデザイン
ローレグ - カットが非常に浅いデザイン
ボーイズレッグ - ショートパンツ風のデザイン
ローライズ - 股上が浅いデザイン、1970年代まで流行ったが短足に見えるため現在は殆どない
ボトム(下半身)のバックによる分類
フルバック - ボトムのバック全体をすっぽり覆うデザイン、お尻の大きさを目立たせなくする
ブラジリアンカット - ハイカットでボトムのバックが1/2カットのデザイン
リオカット - よりハイカットでボトムのバックが1/2カットのデザイン
Tバック - ボトムのバックがT字型のデザイン
ソング - ボトムのバックがT字型のデザイン
タンガ - ボトムのフロントとバックがV字型、サイドがひも状のデザイン
Gストリング - ボトムのフロントがV字型、バックとサイドが細いひも状のデザイン
その他
ストラップレス - トップに肩ひもがない形のもの(英語の意味もそのままである)。胸の大きさが目立たないという長所がある反面、上からの衝撃には弱いという欠点がある。
センターストラップ - 肩ひもが首から胸の中央までV字になっているもの。これも胸が目立たず、可愛いという特徴がある反面、乳首と肩ひもの位置が一致していない為、やはり上からの衝撃に弱い。
ワイドストラップ - センターストラップと逆で、胸の両側までハの字になっているもの。
タイサイド - ボトムのサイドを紐で結ぶことでサイズを調整するもの。近年は飾りとしてダミーの紐となっているものもある。
ワンピース・セパレーツ共にボトム部分がロングスパッツになっているものがあり、競泳用・スクール水着に使用される。また遊泳用としてはボトムにミニスカートやホットパンツ、パレオ等と併用する場合がある。


[3.2] 男性用水着

レーシング - 主に競泳用。(ブリーフ型 )俗に言う競パン。
ビキニ - ブリーフ型の中でも、特にサイドラインが細く、更に露出度が高いもの。こちらは主に競泳用ではなく、ボディビルダーが身体を見せるのに使うポージングに使用することがあり、また少数だが遊泳用として使う人もいる。
Tバック型 - 使途目的はビキニと同じだが、バックスタイルがT型の形状になっている為、臀部が隠れない形。
ボックス型 - 使途目的はビキニと同じだが、サイドが大きくショートスパッツに近い形のもの。遊泳用として使われる。
トランクス型 - 主に遊泳用。
ショートスパッツ型 - 公式競泳大会用に着用される。基本的に素材は、レーシングで使われているものと同種。
ロングスパッツ型 - ショートスパッツ型同様、競泳用に使用される。
ワンピース型 - 主にタイムを競うことを前提とした競泳用として、水中での抵抗を減らす目的で、近年使用されてきている。これと別に、トレーニングやシェイプアップなどを目的とする為に、逆に水中での抵抗を増やすような作りになっているものもある。


[4] 水着用下着

第一次性徴期の男女は身につけないことが多い。ただし、股布の無い水着を着用する場合はスイムショーツ(スイムサポーター)を履くことが多い。第二次性徴期以降は陰部の保護や陰部はみ出し、陰毛のはみ出しや女性の場合メコスジを防ぐために股布のある水着を着用していても水着の下にスイムサポーターを履くことが多い。一般に競泳選手は履くことはない。色は白・ベージュ・黒などである。また、第二次性徴期以降の女性は、胸ポチや、摩擦を避けるために粘着式の乳首被覆用パッド(知名度の高いニプレスは常盤薬品工業の登録商標である)を貼り付けたり、水着の下にバストパッドを付けることもある。どちらとも下着は水着からはみ出ないように着用する。



[5] 運動競技用水着についての概要

運動競技用の水着については、1970年代以降、素材の改良やデザイン形状の見直しが常に行われ、記録の向上に寄与してきた。そんな中で、水着の製造・販売に携わるスポーツ用品メーカーの競争が繰り広げられ、業界再編につながるケースも出てきた。

現在世界ではフランスの『arena』の陣営と、英国の『SPEEDO』の陣営がメジャーとなっており、これに、イタリアの『DIANA』、日本の『アシックス』が続く。最近では、アメリカの『ナイキ』、ドイツの『アディダス』、更には北京オリンピックをにらんで中国の『Yingfa(インファ)』が、世界市場に食い込んでいる。

日本国内では、デサントが『arena』陣営に、ミズノがかつては『SPEEDO』陣営に加わり、これにアシックスを加えた3社が、日本水泳連盟から各競技代表選手への水着供給メーカーとして指定され、一般に普及している。しかし、各社とも技術力をつけてきたことや上記海外勢が日本への展開を本格化させたこともあり、近年は独自の世界戦略をとり始めている。

アシックスは『DIANA』陣営に加わり、日本で同社の水着を製造・販売していたが、陸上競技などで自社ブランドへの世界的認知が高まったことから、競技用水着については自社ブランドに切り替えた(現在でも女性向けフィットネス用についてはDIANAブランドの人気が高いため契約自体は継続し、『COMO DIANA』のブランドで製造・販売中)。更に、『SPEEDO』陣営の一員として数々の先端技術開発を担ってきたミズノも、2006年末、創業100年を機に「全商品のブランドを“MIZUNO”に統一する」という方針を明確にし、『SPEEDO』とのアジア地区パートナー契約を2007年5月で終了させ、以後は自社ブランドの水着を展開している。

なお、『SPEEDO』水着は、ミズノのライセンシー契約が終了後、三井物産が新たなパートナーとなり、ゴールドウインが受託製造して展開されている。


[6] 関連項目

アイドル水泳大会
競パン
ウィキメディア・コモンズには、水着に関連するマルチメディアがあります。"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%9D%80" より作成
カテゴリ: 書きかけの節のある項目 | 水着
19世紀中頃の女性用水着
20世紀初頭の女性用水着
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 16:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2009/11/17 7:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM