<< ボンズ 通算757号はスプラッシュヒット | main | トリンプ、ブダペストで08年春夏新作ファッションショー >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ディカプリオ プロデュース映画『The 11th Hour』プレミア上映会開催



レオナルド・ディカプリオ


地球環境問題
をテーマとした

『The 11th Hour』


が、プレミア上映されたそうな・・・

しかして、その中身は?

ディカプリオ プロデュース映画『The 11th Hour』プレミア上映会開催



【8月9日 AFP】俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が製作、脚本、ナレーターを務めた、ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ(Warner Independent Pictures)配給のドキュメンタリー映画『The 11th Hour』のプレミア上映会が8日、ハリウッドのアークライト・シネマ(Arclight Cinema)で行われた。(c)AFP/Getty Images
(写真)2007年8月8日、ハリウッドのアークライト・シネマ(Arclight Cinema)で開催されたドキュメンタリー映画『The 11th Hour』のプレミア上映会に到着したレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)。(c)AFP/Getty Images Charley Gallay

関連情報レオナルド・ディカプリオ 記事一覧へ


レオナルド・ディカプリオ
レオナルド・ディカプリオ

<第60回カンヌ国際映画祭>、『The 11th Hour』上映会開催 ディカプリオが語る「環境問題」



2007年5月19日、第60回カンヌ国際映画祭(60th Cannes Film Festival)で、コーエン兄弟の『No Country for Old Men』会場のフェスティバル・パレスに現れたレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)と米国の映画監督Leila Conners Petersen。(c)AFP/FRANCOIS GUILLOT



【5月25日 AFP】第60回カンヌ国際映画祭(60th Cannes Film Festival)で19日、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が製作、脚本、ナレーターの3役を務めたドキュメンタリー映画『The 11th Hour』のプレミア上映会が行われた。今作品は『The 11th Hour』は地球環境保護をテーマにしたもの。

■『不都合な真実』よりも辛口?

 環境問題を米国の最重要課題と位置付けるディカプリオは「米国は世界の『手本』となるべきだ。米国は、最大の民主主義国家であると同時に最大の環境汚染国でもあるからね」とコメント。

 今年度のアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞していたアル・ゴア(Al Gore)前副大統領のドキュメンタリー映画『不都合な真実(An Inconvenient Truth)』と共通のテーマも多く取り上げられた。ゴア氏の映画は、地球温暖化に対する米国民の意識を変えようとする意欲作だったが、ディカプリオは今作でさらに大きな問題に切り込んでみせた。

■ホーキング博士らも登場

 『The 11th Hour』のなかでは、専門家12人が「現在の速度で地球温暖化が進行した場合、人間社会は消滅するだろう」と結論づけている。

 また、英国の物理学者スティーヴン・ホーキング(Stephen Hawking)博士、ミハイル・ゴルバチョフ(Mikhail Gorbachev)元ソビエト連邦大統領、ケニヤのノーベル平和文学賞受賞者ワンガリ・マータイ(Wangari Maathai)さんらを登場させ、「先進国は率先して消費を減らして(人間とともに地球の)寿命を延ばそう」というメッセージを訴える。

■「人類史上最大のチャレンジ」

 インタビューの合間には、溶岩を噴き出す火山、大規模な泥流、殴り殺されたアザラシの赤ちゃんの映像などが挿入され、行き過ぎた米国の消費者社会を浮かび上がらせる。悲観的な映画のトーンとは裏腹に、ディカプリオ自身は人類の運命については楽観的だという。

「地球の将来を長年にわたって左右していく温暖化問題について、自分が今、話し合える世代だということが幸せなんだ。この問題は、恐らく、人類史上で最大のチャレンジとして記憶されるだろう。うまく対処できればね」と、ディカプリオ。

■記者の質問に、熱く反論

 プレミア上映後、記者から大量の燃料を消費するジェット機でカンヌまでやってきたのかとの質問を受けたディカプリオは「いや、列車で太平洋を横断してきたよ」と皮肉まじりに答えた。

 しかし、環境保護を口にしながら、多くのスターが排気ガスをまき散らす専用ジェット機を使っているとの英国人記者の指摘には、ディカプリオも気分を害したようだ。

 「ニューヨークからカンヌまでは、民間機を利用した。出来る限り一般の飛行機を利用するよう努めている」

「大切なメッセージを伝えようと真剣に努力している人間に、移動手段に何を利用したかとか、どんな生き方をしているかなんて、メディアは面白半分に公表すべきではないよ」

■ゴア氏に対するメディアの態度を批判

 さらに、記者に歩み寄り「ゴア前副大統領のような著名な環境保護論者を追い回し、私生活での矛盾点を暴くようなメディアのやり方にはイライラしている」と語った。

 「ゴア氏への攻撃は、環境問題を間違った方向に導きかねない。伝道師に銃を向けるような真似をすべきではない。この意味が分かるかい?信念に基づいた暮らしを送る人間の人生を攻撃するようなものだ。もっと大きな視点で語り合おうよ。例えば、巨大な石油企業の実態を考えてみようよ」

「僕達は出来る限り最善の努力をしている。その気持ちに偽りはない」

 ここ10年来、環境保護論者を自負してきたディカプリオだが、自身が主演した2000年の映画『ザ・ビーチ(The Beach)』では、タイで行った撮影時に国立公園の一部に損傷を与えたとして、環境活動家の非難にさらされたことがある。しかし、同映画の関係者によれば、非難は不当なものだという。(c)AFP

関連情報第60回カンヌ国際映画祭 特集へ


レオナルド・ディカプリオ
レオナルド・ディカプリオ

11th Hour (documentary)




This is an old revision of this page, as edited by 217.40.59.155 (Talk) at 11:10, 25 May 2007. It may differ significantly from the current revision.
Revision as of 11:10, 25 May 2007 by 217.40.59.155 (Talk)
(diff) ← Older revision | current version (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
11th Hour
Directed by Nadia Conners
Leila Conners Petersen
Produced by Leila Conners Petersen
Leonardo DiCaprio
Brian Gerber
Chuck Castleberry
Written by Nadia Conners
Leonardo DiCaprio
Leila Conners Petersen
Narrated by Leonardo DiCaprio
Starring Leonardo DiCaprio
Stephen Hawking
Mikhail Gorbachev
Sylvia Earle
James Woolsey
Andrew Weil
William McDonough
Paul Hawken
Wangari Maathai
David Orr

Editing by Luis Alvarez y Alvarez
Pietro Scalia
Distributed by Warner Independent Pictures
Release date(s) 2007
Country USA
Language English
Official website
IMDb profile
11th Hour is a 2007 feature film documentary created, produced and narrated by Leonardo DiCaprio on the state of the natural environment. Directed by Leila Conners Petersen and Nadia Conners. Financed by Adam Lewis, Pierre André Senizergues and Doyle Brunson. Distributed by Warner Independent Pictures. World premiere at the 60th Annual Cannes Film Festival. To be released Fall of 2007.


Quotes
"Global warming is not the only number one environmental challenge we face today, but one of the most important issues facing all of humanity today," "We all have to do our part to raise awareness about global warming and the problems we as a people face in promoting a sustainable environmental future for our planet's future." said DiCaprio. [1]


References
^ We all have to... DiCaprio quote Retrieved on April 12, 2007

External links
Official Eleventh Hour site
Official 11th Hour myspace
11th Hour (2007) at the Internet Movie Database
Leo Warms to Global-Warming Film (E! Online article)
Vanity Fair article
This documentary-related article is a stub. You can help Wikipedia by expanding it.

From Wikipedia, the free encyclopedia


レオナルド・ディカプリオとは



レオナルド・ディカプリオ
Leonardo Wilhelm DiCaprio

Leonardo DiCaprio (2000年)
プロフィール
出生地: アメリカ合衆国, ロサンゼルス
民族: イタリア系アメリカ人
血液型: B
生年月日: 1974年11月11日
現年齢: 32歳
活動
ジャンル: 俳優
活動内容: 1997年:『タイタニック』
2004年:『アビエイター』
主な作品: 『タイタニック』
『ギャング・オブ・ニューヨーク』
『ロミオ+ジュリエット』
『アビエイター』
受賞: ゴールデングローブ賞
ベルリン国際映画祭銀熊賞
ロサンゼルス批評家協会賞
表示

Leonardo DiCaprio
photo: David Shankboneレオナルド・ディカプリオ(Leonardo Wilhelm DiCaprio, 1974年11月11日 - )は、アメリカ合衆国の俳優である。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。イタリア系アメリカ人。血液型はB型。ドイツ語も堪能で、日本の一部のファンからは「レオ様」と呼ばれている。

日本のアニメのファン。『デビルマン』『勇者ライディーン』『ヤッターマン』が特にお気に入り。来日した際に銀座・博品館にてライディーンのロボット、ヤッターワン、ヤッターキング、ライディーンなど超合金ロボットのおもちゃを大量購入する。

目 次

1 来歴
2 おもな出演映画作品
3 主な受賞映画賞
4 日本でのCM出演
5 吹き替えた声優
6 外部リンク



[1] 来歴

イタリア系アメリカ人の父親とドイツ人の母親の間から生まれる。母親がレオナルド・ダ・ヴィンチの絵を見ていた時に胎内にいた彼がお腹を蹴ったので、レオナルドと名づけた。姓のディカプリオとは「カプリ島の」という意味である。

子役としてテレビドラマ『ペアレントフッド』などに出演を重ね、のち映画俳優として人気を得る。代表作に『タイタニック』、『ギャング・オブ・ニューヨーク』など。若い頃はポスト「リヴァー・フェニックス」とも呼ばれた。

年齢も近い。なお、カーク・キャメロン等の人気アイドルと共演した人気テレビドラマ『グローイング・ペインズ(愉快なシーバー家)』はNHK教育テレビでも何度か放送された。ディカプリオが出演したシーズンのみビデオが販売されている(全5巻)。

少年の頃、エージェントに「レオナルド・ウィルヘルム」を英語風にした「レニー・ウィリアムス」という芸名を勧められたが、イタリア・ドイツの血を引く自身のアイデンティティを大切にしたいとしてこれを固辞した。

『タイタニック』の歴史的ヒットに伴い、彼自身も若くして世界的大スターになった。しかし、その後はそれらの成功、また作品に恵まれなかったことなどもあって、役者として正当に評価されづらくなってしまう。彼自身、『タイタニック』に出演したことを後悔するような発言もしている。

タイタニックの撮影時、監督のジェームズ・キャメロンとの不仲説が流れたが、根も葉もない噂である。また、タイタニックに出演したことを後悔していると発言したのは、ロミオ+ジュリエットのロミオと同じ王子様のような役であったため、イメージが固定されるのを嫌っていたからである。

また、そのイメージがオスカー受賞を逃している原因の一つと考えているらしく、評論家からの評価は高いのだが本人にとっては悩みの種になっている。その後は、好青年や王子様のようなイメージを払拭するような役に挑戦し続けている。

『ギルバート・グレイプ』では、十代にしてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたこともあり、役者としては非凡なものがあったが、その後アカデミー賞とは疎遠になり、『ギャング・オブ・ニューヨーク』に至っては、自身が主演したにもかかわらず、共演のダニエル・デイ=ルイスが主演男優賞にノミネートされるほどであった。しかし、『アビエイター』にて主演男優賞にノミネートされ、おしくも受賞はならなかったものの、役者としてあらたな一歩を踏み出そうとしている。

第77回、79回のアカデミー賞の主演男優賞がノミネートされるが、惜しくも受賞にはいたらなかった。

2001年に映画制作会社「アッピアン・ウェイ(アッピア街道)」を設立。『アビエイター』は記念すべきその第一作目。

『インファナル・アフェア』のリメイク版『ディパーテッド(The Departed)』では、以前から似ているといわれていたマット・デイモンと共演。監督は『ギャング・オブ・ニューヨーク』『アビエイター』に続き、マーティン・スコセッシが担当する。

エコロジー関連の活動も積極的に行っており、エコ関連のサイトも立ち上げている。現在の愛車はトヨタ・プリウスで、すでに数台購入していたといわれている。また、彼は2005年より同車のCMにも出演している。

私生活ではブラジル出身のファッションモデル、ジゼル・ブンチェンと交際していたが2005年に別れている。現在はイスラエル出身のファッションモデル、バール・ラファエリと交際している。



[2] おもな出演映画作品

ボーイズ・ライフ The Boy's Life (1993)
ギルバート・グレイプ What's Eating Gilbert Grape (1993)
百一夜 Les Cent et une nuits de Simon Cinéma (1995)
クイック&デッド The Quick and the Dead (1995)
バスケットボール・ダイアリーズ The Basketball Diaries (1995)
太陽と月に背いて Total Eclipse (1995)
ロミオ+ジュリエット Romeo + Juliet (1996)
マイ・ルーム Marvin's Room (1996)
タイタニックTitanic (1997)
仮面の男 The Man in the Iron Mask (1998)
セレブリティ Celebrity (1998)
ザ・ビーチ The Beach (1999)
あのころ僕らは Don's Plum (2000)
ギャング・オブ・ニューヨーク Gangs of New York (2002)
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can (2002)
アビエイター The Aviator (2004)
ディパーテッド The Departed (2006)
ブラッド・ダイヤモンド Blood Diamond (2006)


[3] 主な受賞映画賞

2004年「アビエイター」 ゴールデングローブ賞 ドラマ部門主演男優賞
1998年「仮面の男」 ゴールデンラズベリー賞最低リメイク賞
1997年「ロミオ&ジュリエット」ベルリン国際映画祭 銀熊賞(男優賞)
1993年「ギルバート・グレイプ」 ロサンゼルス批評家協会賞 ニュー・ジェネレーション賞
1993年「ボーイズ・ライフ」 ロサンゼルス批評家協会賞 ニュー・ジェネレーション賞


[4] 日本でのCM出演

本田技研工業:「シビック」
オリコカード:「刑事(デカ)プリオ」シリーズ
スズキ:「ワゴンR」
トヨタ自動車:「プリウス」(本人が実際に所有している。)
オリックス・リアルエステート:「リ・トーキョー」


[5] 吹き替えた声優

坂口大助
草尾毅
三木眞一郎
浪川大輔
妻夫木聡
松田洋治
石田彰
猪野学
鳥海勝美
森川智之
内田夕夜
桐本琢也


[6] 外部リンク

Official Website
http://leodicapriofans.googlepages.com/
カテゴリ: アメリカ合衆国の俳優 | カリフォルニア州の人物 | ドイツ系アメリカ人 | イタリア系アメリカ人 | 子役 | 1974年生
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 18:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/10/16 9:01 PM
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM