<< 中国のブタ大量死、原因はウイルス感染症と判明 - 中国 | main | 下町の夏の風物詩、浅草サンバカーニバル >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


スウェーデンの科学者チームら、人工的に「幽体離脱」を誘導することに成功


幽体離脱
を、

科学者が、科学的に実証、、、将来は「遠隔操作外科手術」も可能か・・なんて言われても、正直、ちょっとピンと来ませんな・・・

サムライは、霊魂、スピリチャル、とか、どちらかというと、信じてる「方」だけど、

でも、この実験はどうなのかね??

単に、薬で「ラリッちゃった」のを、人工的に作り出しただけの気がしなくもないよね。

そもそも「霊」とか「幽体」って「何なんだ」ちゅうう、科学的な「定義」がなされてないのに(きっと、、定義以前に

解明されてないでしょ!!)、そこに、行くこと自体を「実証した」なんて言いきるのは眉唾(まゆつば)もんだよね、、

たしかに、衝撃的な事件にあったり、あまりに精神的なショックを受けたりすると、体と心が分離するような幽体離脱の感覚を味わう

ことは、日常でもあるにはある。

サムライなんか、毎晩、泥酔で、どうやって家まで、帰ったか、分んないけど、ちゃんと、翌朝、お家のベッドで寝てるの
なんか、「毎晩、幽体離脱の体験」してる、、って思っちゃうよ・・・

まあ、それは、冗談として、この手の、行き過ぎた人工的なバーチャル「ゲーム」を広げるのは、あまりにも危険な気がするね、、

ただでさえ「現実」と「妄想、空想」の世界の境めが、分んない変な奴が多い世の中なんだから・・・


幽体離脱(ゆうたいりだつ)とは




幽体離脱(ゆうたいりだつ)とは
、生きている人間の肉体から、霊魂(魂や霊体)、または、その霊体と肉体との中間に位置する幽体が抜け出すという、心霊主義での現象、または、概念や考え方。
抜け出した非物質(または、半物質)でできた「幽体」(または、「霊魂」、「霊体」など)は、機能の仕方によっては、生霊(いきりょう)とも呼ばれたりする。

また、その方面の見解によると、「霊体」や「幽体」と同じ非物質でできた、紐か臍の緒のようなものといわれる、「魂の緒(たましいのお)[1]」で、その本人の「肉体」と「霊魂」(または、「幽体」「霊体」「生霊」等)は、つながっているといわれており、その、「魂の緒」が切れることによって、肉体は医学的な死を迎えると考えられている。 本当にできるかどうかは医学的に証明されていない。

(注;ここで述べられている、「非物質」や「半物質」と呼ばれているものは、「霊魂」、「魂」や「霊体」、「幽体」、「亡霊(幽霊)」などが、物理学で定義されるところの原子とは異なった、想定上の何かで出来ているという意味である。また、一部の非公式な実験結果を除いて、現実的にはいかなる機器による計測も不可能であり、そういった意味でも、物理学で定義される似たような語や概念、エネルギーやプラズマの状態などとも異なる。[2])


[編集] 註
^ その他、シルバーコード、霊子線と呼ばれることがある。
^ 或いは、現代科学における測定限界を超えたエネルギー状態にある可能性も考えられる。すなわち、日本においては高橋信次による「光子体」、関英男による「幽体」、「霊体」、「コーザル体」また、足立育朗による高次(高周波の)エネルギーによる8層構造の高次の体、等。

[編集] 関連項目
体外離脱
アストラル投射

カテゴリ: 心霊主義 | 身体論
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ボディジャック 楽しい幽体離脱とは



ボディジャック 楽しい幽体離脱(ぼでぃじゃっく たのしいゆうたいりだつ)は漫画家の森山塔(山本直樹)原作によるOVA作品の第1作目である。

1987年人気のあったテレビアニメ「うる星やつら」に見られる描写要素を多分に盛り込み、バンダイからR指定のOVAとして発売され好評を博した。翌年こうした声に応えて通常版では収録を見送られた濡れ場を盛り込んだアダルトアニメとして改めてリリース、「完全版」と題して発売された。

ビデオ版は通常版、完全版と発売されたが、LD版は通常版のみの販売であった。

エンディング曲は「夜に泣いて」この手の作品には珍しく演歌調の歌である。

当初は主人公は原作者森山塔(山本直樹)の作品群に登場するスターシステムキャラクターである、かもしだの予定であり、タイトルも「かもしだくんの楽しい幽体離脱」あったが、変更された。

「映倫」の許可を取っていないのか、性交シーンにおいてモザイクの使用ではなく、画面を暗くさせることにより 性的なシーンを演出している。

目 次

1 あらすじ

2 キャラクター

3 スタッフ・キャスト

4 関連項目



[1] あらすじ

--------------------------------------------------------------------------------

注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


--------------------------------------------------------------------------------

とある夏の日、主人公の阿佐ヶ谷は縁日で出会った怪しげな博士から5000円で「幽体離脱マシーン」を購入する。 自宅で説明書を熟読し、その能力を把握して機械を作動させ見事に幽体となった彼は、物理法則を無視してドアや床を通過でき、さらに飛行能力までも得たことにより、さっそく以前よりの憧れだった学園のアイドルであり、クラスメート「こまば」のマンションへと飛翔し、自宅で寛いでいた彼女に背後から問答無用に合体してしまう。

こまばの意識は眠った状態となり、自分の意のままに動かせるようになったこまばの肉体でさっそく彼女の下着を探索したり、裸になり自慰行為をはじめ女性の肉体の快感に目覚める。

その後阿佐ヶ谷自身の幼馴染でもあり、こまばの女友達である同級生「奈加乃」とプールへ出かける際に自身への好意を認識し、プール到着後は女子更衣室を覗き見(肉体はこまばなので誰からも不審に思われない)したり、女同士で安心している奈加乃を誘惑し、奈加乃の家でレズプレイを行うなどする。

さらに奈加乃の家からこまばのマンションへの帰宅後、こまばの体を好き勝手に堪能するが、阿佐ヶ谷宅で飼っている猫が「幽体離脱マシーン」を壊してしまい、丁度こまばの身体で絶頂迎えている最中に意識がこまばの身体から分離し、幽体離脱マシーンの爆発により大怪我を負った自分の肉体へと帰還することとなる。 意識を取り戻したこまばは、阿佐ヶ谷が憑依していたことは一切覚えておらず、自身に残る自慰行為のあとに戸惑うばかりであった。 翌日、阿佐ヶ谷は登校途中に奈加乃と出会い、自身への恋心を諮問するが、その返礼はテレ混じりの「平手打ち」であった。 その後こまばが登校してくるが、前日の消耗からか目の下にはクマが出来ており、彼女は始業に遅刻してしまう。

完全版では奈加乃宅からのこまばの家への帰宅後、こまばの肉体を使用しての自慰行為の最中にこまばの義兄が部屋に乱入し、はじめは嫌がっていたが快感に抗えず性交渉におよび、さらにその友人たちとの乱交シーンが収録されている。


[2] キャラクター

阿佐ヶ谷 高雄…高校三年生。頭の中には「どうしたらパンチラが撮れるか?」とか「どうしたらH出来るか?」etc.しかないといわれた男。塔山博士から幽体離脱マシーンを手に入れ憧れの少女に憑依し、自身の意のままに動くようになった美少女の肉体で好き放題する。

池ノ上こまば…おしとやかでお嬢様タイプの女の子。毎日大量のラブレターをもらうほどの学園一の美少女であるが、その実態は意外にも喫煙したり、義兄と肉体関係があったりする少女。阿佐ヶ谷に憑依され、自身の意思とは関係なく身体を操られ散々Hな行為をすることに。

高円寺 奈加乃…阿佐ヶ谷の幼馴染にしてこまばの親友。女子バレー部のキャプテン。練習ではいつも男子生徒から黄色い声援が飛んでいるスポーツウーマン。阿佐ヶ谷に憑依されたこまばとレズプレイを行うが、実は阿佐ヶ谷に密かに好意を持っている。

塔山博士…洋館に住む謎の老科学者。何故か阿佐ヶ谷に幽体離脱マシーンを使いこなす才能を見出し、販売する。白髪で眼鏡をかけたマッドサイエンティスト然とした風貌の持ち主。

大男…塔山博士の助手。フランケンシュタイン的風貌の持ち主。改造人間らしく、身体をバラバラにし、ジェット噴射による飛行をすることができる。

こまばの兄…こまばの義兄。以前よりこまばと性的関係を持つ。

広田…こまばの兄の友人その一。美形で以前よりこまばと肉体関係をもつ。テクニシャン。

浜田…こまばの兄の友人その二。以前よりこまばが一目で気に入っていた。阿佐ヶ谷が憑依しているとはわからず、こまばと性行為をし脱童貞を図る。

こまば+阿佐ヶ谷…幽体離脱した阿佐ヶ谷が憑依し、外見はこまばでも精神は阿佐ヶ谷。美少女の肉体と男性の心を持つ。自身の身体に欲情しての自慰行為、女子更衣室への潜入、同級生とのレズ行為、はては男性との性行為に及ぶ。

幽体離脱マシーン…外観は巨大なブタ型の蚊取り線香。使用者は肉体から切り離され精神体だけの存在となり、幽体となった者は壁やドアを物理法則を無視して通過でき、さらに飛行能力を得る。精神体とはいえ、その存在は他者に視認される。最大の特徴は他者の身体に憑依し、その身体を自由に操り五感を共有することである。憑依された人物の意識はその間強制的に眠っている状態となる。(つまり、何やろうと自由) 


[3] スタッフ・キャスト

原作・オリジナルキャラクター:森山塔

監督・演出:童子朗

脚本:谷川タカシ

作画監督:金田 真

美術監督:斉藤和也

キャラクターデザイン:志田ただし

製作:バンダイ


声優

阿佐ヶ谷 高雄:村上 順一

高円寺 奈加乃:工藤 美代子

こまば:前田 明子

塔山博士:落合 博

大男:原 辰也

こまばの兄:清原 博

浜田:田淵 工事

広田:宇野 洋三

なお、声優は18禁アニメだったためか、すべて野球選手にちなんだ仮名で参加。 たとえば阿佐ヶ谷を演じたのは:二又一成であり、こまばを演じたのは:高田由美である。




[編集] 関連項目
アダルトアニメ
くりいむレモン
この項目「ボディジャック 楽しい幽体離脱」は、アニメに関する書きかけの項目です。(アニメCP/アニメPJ)

カテゴリ: アニメ作品 ほ | 成人向けOVA | アニメに関するスタブ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 06:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM