<< 裸エプロン姿で訴え!! オランダで化粧品会社が包装削減キャンペーン | main | ヴァン・ヘイレン伝説的米ロックバンド 再結成ツアーを発表・・なんたって、ロック!! >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


女子サッカーW杯 日本 アルゼンチンを破り初勝利

なでしこジャパン、初勝利、おめでとう!!

頑張れ!!


なでしこジャパンW杯 日本 アルゼンチンを破り初勝利





【9月14日 AFP】女子サッカー07W杯・グループA、日本vsアルゼンチン。試合は日本が1-0で勝利を収めた。

 イングランド戦で膝を負傷した荒川恵理子(Eriko Arakawa)を先発から外した日本は、グループ最下位のアルゼンチンから得点を奪うことができず迎えた後半ロスタイムに近賀ゆかり(Yukari Kinga)のシュートをアルゼンチンのGKが弾いた所に位置取っていた永里優季(Yuki Nagasato)が押し込み、決勝点を奪った。

 日本は17日に開幕戦を11-0で大勝したドイツと対戦する。

(c)AFP

(写真) 後半ロスタイムに決勝点を挙げて歓喜する日本の永里。(c)AFP/DDP/Mark RALSTON

▼関連記事▼

女子W杯サッカーA組でドイツ首位、日本の予選突破困難に


 【上海=畔川吉永】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)第4日は14日にグループリーグの試合が行われ、A組で優勝候補のドイツはイングランドと無得点で引き分ける波乱。

 A組はドイツと同日アルゼンチンに勝った日本が勝ち点4となり、得失点差でドイツが首位に立った。日本は17日にドイツとの対戦を残しているため、グループリーグ突破は難しくなった。B組は北朝鮮がナイジェリアを破った。

(2007年9月15日11時14分 読売新聞)


サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)とは



サッカー日本女子代表は日本サッカー協会(JFA)により組織される女子サッカーのナショナルチーム。「なでしこジャパン」という愛称が定着している。

日本女子代表はオリンピックには3大会中2回、FIFA女子ワールドカップには全5回とも出場している。とくにワールドカップについては男子代表よりも先に出場している。

目 次

1 名称

2 歴史
2.1 日本女子代表と国際大会

3 監督・コーチ
3.1 監督

4 女子ワールドカップの戦績
4.1 第1回FIFA女子世界選手権(1991年)
4.2 第2回FIFA女子世界選手権(1995年)
4.3 第3回FIFA女子世界選手権(1999年)
4.4 第4回FIFA女子ワールドカップ(2003年)
4.5 第5回FIFA女子ワールドカップ(2007年)

5 オリンピックの戦績
5.1 アトランタ大会(1996年)
5.2 シドニー大会(2000年)
5.3 アテネ大会(2004年)
5.4 北京大会(2008年)

6 AFC女子アジアカップ(AFC女子選手権)の戦績

7 アジア競技大会の戦績

8 FIFAランキング

9 キャップ・得点ランキング
9.1 キャップ
9.2 得点

10 関連項目

11 外部リンク



[1] 名称

男子代表が特定の愛称を持たないのに対して、女子代表では「なでしこジャパン」という愛称が定着している。

愛称制定というアイデアは日本サッカー協会(JFA)の女性スタッフからの提案がきっかけである。それは「『日本代表』では男子のイメージが定着しているが、オーストラリア女子代表が「Matildas(マチルダス)」という愛称で親しまれており、日本でも同様に愛称をつけてみるのがいいと思う。そしてこれを契機に女子代表の認知度を高め、女子サッカーの発展につなげたい。」というものであった。

このころJFAでも「女子サッカーの発展なくして日本サッカーの発展なし」との考えによりキャプテン・ヘッドクオーターズ(CHQ)で「女子サッカーの活性化」に積極的に取り組んでいたのでこのアイデアを採用することにした。

やがてこのことがマスコミに伝わり、のちに公募により制定となった。そして2004年5月14日にJFAから愛称募集が発表されると、翌5月15日から締切日の6月20日までに約2,700通の応募があり、2回の予備選考を経て7月5日の審査委員会による最終選考で愛称を「なでしこジャパン」と決定し7月7日に発表した。

審査委員長(以下肩書きは当時)
川淵三郎(財団法人日本サッカー協会キャプテン) 
審査委員
平田竹男(財団法人日本サッカー協会ジェネラルセクレタリー) 
大仁邦彌(財団法人日本サッカー協会女子委員長)
上田栄治(日本女子代表監督)
澤 穂希(日テレ・ベレーザ)
増島みどり(スポーツジャーナリスト)
この愛称は、アテネオリンピックのアジア予選として行われた「AFC女子サッカー予選大会2004」の際に「大和撫子」ということばがよく使われていたため、それをもとに「世界に羽ばたき、世界に通用するように」との願いを込めて「ジャパン」とした。

ちなみに次点(優秀賞)には、日本サッカー協会のシンボルである八咫烏(やたがらす、やたのからす)にちなんだ「ヤタガールズ」、ユニフォームの色(ブルー)とレディー(L)を組み合わせた「エルブルー」、ブルーと夢(ドリーム)を組み合わせた「ドリームブルー」があった。

愛称制定後、最初の試合となった7月30日のキリンチャレンジカップ・カナダ戦(国立霞ヶ丘競技場)では3-0で勝利し、全国にその名を印象づけた。

命名に際し、日本サッカー協会は「なでしこジャパン」を商標登録を申請し、2005年3月11日付けで登録された。また2004年新語・流行語大賞の候補60語にもノミネートされた。


[編集] 歴史
(詳細は日本の女子サッカーを参照のこと)
1960年代から70年代に掛けて、日本ではサッカー競技を行う女性が増え始め、やがて全国各地にチームが誕生すると各地域ごとに小規模なリーグによる対戦が行われるようになった。

1980年には全日本女子サッカー選手権大会が始まり、翌1981年ごろから日本女子代表チームとして海外チームとの試合が行われるようになる。当初は各地域の選手ごとに編成された「選抜チーム」を臨時に任用された監督が指揮するというものであったが、1986年に鈴木良平が初の女子代表専任監督に就任すると、日本全国のチームを対象とする「全日本」チームが編成されるようになる。そして1989年には女子の全国リーグである「日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)」が誕生し、1991年の第1回FIFA女子世界選手権・中国大会にも参加した。


[編集] 日本女子代表と国際大会
女子サッカーがオリンピック種目となったのは1996年のアトランタ大会からである。当時は前年に行われた第2回FIFA女子世界選手権・スウェーデン大会の上位8カ国に出場権が与えられたが、日本はグループリーグでドイツに 0-1 、ブラジルに 2-1 、スウェーデンに 0-2 の成績を収め、かろうじてベスト8入りし出場権を獲得。しかし本大会ではグループリーグでドイツに 2-3 、ブラジルに 0-2 、ノルウェーに 0-4 と3戦全敗に終わり決勝リーグ突破はできなかった。

だがJFAは、次に行われるシドニーオリンピック(2000年)に照準をあわせ、1994年から23歳以下(U-23)の選手による「シドニープラン」により女子代表の強化を図っていたため、この成績に満足したのではと思われる。

ところが現実には思惑通りに行かなかった。前回同様に五輪予選を兼ねて行われた第3回FIFA女子世界選手権・アメリカ大会で日本女子代表は、初戦にカナダと 1-1 と引き分けたものの、つづくロシアに 0-5 、ノルウェーに 0-4で敗戦。ベスト8入りを逃したため、目標としていたシドニー五輪出場を逃す。すると女子サッカーへの関心は瞬く間に低下し、L・リーグの観客動員は急速な落ち込みをみせることになる。やがてそれはL・リーグからの相次ぐチームの脱退を引き起こし、日本の女子サッカーは衰退の危機に瀕することになった。

2002年8月、マカオ男子代表の監督を務めていた上田栄治(もとベルマーレ平塚監督)を代表監督に起用。女子サッカーの再起を期するべく2004年アテネオリンピックに向けたチーム再編を図った。しかし就任当初は敗戦つづきで、とくに2003年の第4回FIFA女子ワールドカップ(「FIFA女子世界選手権」改め)・アメリカ大会のアジア地区予選を兼ねて6月にタイのバンコク行われた「第14回アジア女子選手権」では3位決定戦で格下の韓国にまさかの敗戦を喫してしまい、本戦最後の座を賭けてメキシコ(北中米カリブ海地区)との「FIFA女子ワールドカップUSA2003予選 プレーオフ」(ホーム・アンド・アウェー方式)に進出することになった。7月5日にメキシコのアステカスタジアムで行われた第1戦は、観客10万人のほとんどが地元・メキシコを応援する状況で、しかも慣れない高地ゆえに多くの選手が体調不良という状態のなかで 2-2 の引き分けとした。そして7月12日に国立霞ヶ丘競技場で行われた第2戦では当時の日本女子サッカーで最多となる12743人の観客を集め、澤穂希と丸山桂里奈のゴールにより 2-0 で勝利し出場権を獲得した。この二戦により得た「薄氷の勝利」は新聞、テレビなど各マスメディアにも大きく取り上げられ、結果として女子サッカーに注目が再び集まるきっかけとなったのである。9月に行われた本大会ではアルゼンチン戦でFW大谷未央がハットトリックを決めるなど 6-0 で勝利したものの、ドイツに 0-3 で敗戦。つづくカナダ戦は先制しながらも 1-3 でグループリーグ敗退となった。

これらに基づき、上田栄治監督はDFラインを3バックから4バックに変更するなどのチーム再編を積極的に行った。アテネ五輪では出場チーム数が10に拡大したため、アジア地区は出場枠2カ国をめぐっての地区予選「AFC女子サッカー予選大会2004」を日本で実施。3グループに分かれての一次リーグではベトナムを 7-0、タイを 6-0 で降し、つづく決勝トーナメントでは強豪国である北朝鮮を圧倒的不利の予想を覆す 3-0 で降し、韓国を降した中国とともに2度目の五輪出場を果たした。北朝鮮戦では観客31324人を集め、女子サッカーでの記録を更新。テレビ朝日系列での放送視聴率も関東エリアでは平均視聴率16.3%、最高瞬間視聴率(放送終了直前の午後9時16分)は関東地区で31.1%、関西地区で23.0%であった。これは北朝鮮とはそれまで1勝1分け7敗というデータとオリンピック出場が決定する試合であるとの情報が事前に大きく宣伝されていたことも一因ではないかと思われる。

アテネ五輪本大会では3グループに分かれての予選リーグにおいて優勝候補のひとつ、スウェーデンを 1-0 で破る活躍を見せた。つづくナイジェリア戦では0-1で敗れたものの、他グループ3位との総得点差で決勝トーナメントに進出。決勝トーナメント初戦では、こちらも優勝候補のアメリカ代表と対戦し 1-2 で敗退し、ベスト8に終わったが、3試合を通して警告(イエローカード)・退場(レッドカード)が0ということにより「フェアプレー賞」を受賞した。

これら一連の活躍により日本国内での女子サッカーに対する認知度が高まり、国内のトップリーグである日本女子サッカーリーグ(略称:L・リーグ)の人気も上昇し観客が飛躍的に増加。とくに五輪後には「なでしこリーグ」という愛称も採用され、ますます注目を浴びる存在になっている。さらに「なでしこ」という名称を用いた女性向けのサッカー教室や大会、そして2005年から「なでしこスーパーカップ」も開かれ、女子サッカーのブランド名として活用されるようになった。

2004年10月、日本サッカー協会は前月に退任した上田栄治の後任に大橋浩司を新監督として任命した。11月から代表合宿を行い、12月18日のキリンチャレンジカップで台湾(チャイニーズタイペイ)と対戦。11-0という大量得点に加え、被シュート0という内容で上々のスタートを切った。なおこの試合のチラシやプログラム、応援用のブルーシートにはナデシコの花をイメージした模様がはじめて描かれた。

一方、ユニバーシアード女子日本代表は、ユニバーシアードにおいて2003年大邱大会で銀メダル、2005年イズミル大会で銅メダルを獲得した。また、イズミル大会では監督に本田美登里(岡山湯郷Belle(L・リーグ)監督)を任命。日本では各年代を通じて初の「女性代表監督」であり、銅メダル獲得により女性サッカー指導者もレベルアップしていることが証明された。

2006年にカタールの首都・ドーハで行われた第15回アジア競技大会では、阪口夢穂、永里優季という新戦力が活躍し、グループリーグで強豪の中国を破り決勝トーナメント進出。最後は決勝で同じく強豪の北朝鮮にスコアレスでPK戦まで持ち込んだものの敗れ、準優勝となった。


[編集] 監督・コーチ

[編集] 監督
鈴木良平(1986年 - 1989年)
鈴木保(1989年 - 1996年・1999年)
宮内聡(1997年 - 1999年)
池田司信(2000年 - 2001年)
上田栄治(2002年 - 2004年)
大橋浩司(2004年 - )
なお1981年6月と9月に市原聖曠が、1984年10月に折井孝男が監督を務めたが、大会ごとに選抜チームを率いての就任のため歴代監督には含まれない。


[編集] 女子ワールドカップの戦績
(詳細は「FIFA女子ワールドカップ」を参照)


[編集] 第1回FIFA女子世界選手権(1991年)
(詳細は「1991 FIFA女子ワールドカップ」を参照)

開催期間:11月16日~30日
開催地:中華人民共和国
グループリーグB組4位(4チーム) 3戦0勝0分3敗
11月17日 ×0-1 ブラジル
11月19日 ×0-8 スウェーデン
11月21日 ×0-3 アメリカ合衆国

[編集] 第2回FIFA女子世界選手権(1995年)
(詳細は「1995 FIFA女子ワールドカップ」を参照)

開催期間:6月5日~18日
開催地:スウェーデン
グループリーグA組3位(4チーム) 3戦1勝0分2敗
決勝トーナメント 準々決勝敗退(ベスト8):決勝リーグ進出によりアトランタオリンピック出場権獲得
6月5日 ×0-1 ドイツ
6月7日 ○2-1 ブラジル  (得点:野田朱美2点)
6月9日 ×0-2 スウェーデン
6月13日 ×0-4 アメリカ合衆国

[編集] 第3回FIFA女子世界選手権(1999年)
(詳細は「1999 FIFA女子ワールドカップ」を参照)

開催期間:6月19日~7月10日
開催地:アメリカ合衆国
グループリーグC組4位(4チーム)3戦0勝1分2敗:グループリーグ敗退によりシドニーオリンピック出場ならず
6月19日 △1-1カナダ  (得点:大竹奈美)
6月23日 ×0-5ロシア
6月26日 ×0-4ノルウェー

[編集] 第4回FIFA女子ワールドカップ(2003年)
(詳細は「2003 FIFA女子ワールドカップ」を参照)

開催期間:9月20日~10月12日
開催地:アメリカ合衆国
グループリーグC組3位(4チーム) 3戦1勝0分2敗
9月20日 ○6-0アルゼンチン  (得点:大谷未央3点、澤穂希2点、山本絵美)
9月24日 ×0-3ドイツ
9月27日 ×1-3カナダ  (得点:澤穂希)

[編集] 第5回FIFA女子ワールドカップ(2007年)
この節には、現在進行中のことを扱っている文章が含まれています。
(詳細は「2007 FIFA女子ワールドカップ」を参照)

開催期間:9月10日~9月30日
開催地:中華人民共和国
グループリーグA組(4チーム)
9月11日 イングランド 上海虹口体育場(Shanghai Hongkou Football Stadium)
9月14日 アルゼンチン 上海虹口体育場(Shanghai Hongkou Football Stadium)
9月17日 ドイツ    杭州黄龍体育場(Hangzhou Dragon Stadium)

[編集] オリンピックの戦績
(関連項目:サッカー競技 (夏季オリンピック))
女子サッカーがオリンピックに登場するのは1996年のアトランタ大会から。この年から男子は23歳以下(U-23)の「オリンピック代表」の大会となったが、女子はフル代表が参加する。

アトランタ大会とシドニー大会は前年に行われたFIFA女子世界選手権(FIFA女子ワールドカップ)の上位8チームが参加。アテネ大会は10チーム、北京大会は12チームに参加枠が増え、各地区で予選が行われた。


[編集] アトランタ大会(1996年)
(詳細はアトランタオリンピックにおけるサッカー競技及びアトランタオリンピック日本選手団参照)

開催期間:7月21日~8月1日
7月21日 × 2-3 ドイツ  (得点:木岡二葉、野田朱美)
7月23日 × 0-2 ブラジル
7月26日 × 0-4 ノルウェー
 予選リーグ敗退


[編集] シドニー大会(2000年)
開催期間:9月13日~28日
第3回女子世界選手権の成績により参加できず

[編集] アテネ大会(2004年)
(詳細はアテネオリンピック (2004年) におけるサッカー競技及びアテネオリンピック (2004年) 日本選手団参照)

開催期間:8月11日~26日
予選リーグ(E組)
8月11日 ○ 1-0 スウェーデン  (得点:荒川恵理子)
8月14日 × 0-1 ナイジェリア
決勝トーナメント
8月20日(準々決勝)× 1-2 アメリカ  (得点:山本絵美)

[編集] 北京大会(2008年)
この節には、現在進行中のことを扱っている文章が含まれています。
(詳細は北京オリンピックにおけるサッカー競技及び北京オリンピック日本選手団参照)

開催期間:8月8日~24日

[編集] AFC女子アジアカップ(AFC女子選手権)の戦績
(関連項目:AFC女子アジアカップ)

1975 : 参加せず
1977 : 参加せず
1979 : 参加せず
1984 : グリープリーグ敗退
1983 : 参加せず
1986 : 2位
1989 : 3位
1991 : 2位
1993 : 3位
1995 : 2位
1997 : 3位
1999 : 4位
2001 : 2位
2003 : 4位
2006 : 4位

[編集] アジア競技大会の戦績
(関連項目:アジア競技大会におけるサッカー競技)

1990 : 準優勝
1994 : 準優勝
1998 : 3位
2002 : 3位
2006 : 準優勝

[編集] FIFAランキング
2003年から公表。現在は原則として3ヶ月ごとに発表される
(参考:FIFA女子ランキング)

発表年月日 順位 変動 AFC内
ランク 変動
2003年7月16日 14位 -- 3位 --
2003年8月29日 14位 → 3位 →
2003年10月24日 14位 → 3位 →
2003年12月15日 14位 → 3位 →
2004年3月15日 14位 → 3位 →
2004年6月7日 13位 ↑ 3位 →
2004年8月30日 13位 → 3位 →
2004年12月20日 13位 → 3位 →
2005年3月25日 12位 ↑ 3位 →
2005年6月24日 11位 ↑ 3位 →
2005年9月16日 11位 → 3位 →
2005年12月21日 11位 → 3位 →
2006年3月17日 11位 → 3位 →
2006年5月19日 13位 ↓ 3位 →
2006年9月15日 13位 → 3位 →
2006年12月22日 10位 ↑ 3位 →
2007年3月16日 9位 ↑ 2位 ↑
2007年6月15日 10位 ↓ 2位 →


[編集] キャップ・得点ランキング
2007年8月4日現在:(#)は現役


[編集] キャップ
位 名前 キャップ数 期間
1 澤穂希(#) 124 1993-
2 酒井與恵(#) 104 1997-
3 磯浩美(#) 101 1997-
4 大部由美 85 1991-2004
5 高倉麻子 79 1983-1996
5 山郷のぞみ(#) 79 1997-
7 野田朱美 76 1984-1996
7 半田悦子 76 1981-1996
7 木岡二葉 76 1981-1996
10 大谷未央(#) 66 2000-


[編集] 得点
位 名前 得点数 キャップ数 期間
1 澤穂希(#) 64 124 1993-
2 長峯かおり 48 64 1983-1996
3 大谷未央(#) 32 66 2000-
4 大竹奈美 30 45 1992-2000
4 木岡二葉 30 76 1981-1996


[編集] 関連項目
日本サッカー協会
サッカー日本代表
FIFA女子ランキング
FIFA女子ワールドカップ
サッカー競技 (夏季オリンピック)
サッカー競技 (ユニバーシアード)
AFC女子アジアカップ
アジア競技大会におけるサッカー競技
FIFA U-20女子ワールドカップ
日本女子サッカーリーグ(L・リーグ/なでしこリーグ)
全日本女子サッカー選手権大会
女子サッカー
Gatas Brilhantes H.P.(交流チーム)

[編集] 外部リンク
女子サッカーサイト - 日本サッカー協会による公式ページ。

日本のサッカー テンプレ ノート 編集

国内協会 : 日本サッカー協会:(社)Jリーグ
国内リーグ : Jリーグ | JFL | 地域リーグ | 都道府県リーグ | 大学サッカー | 高校サッカー | なでしこリーグ
ナショナルチーム : 日本代表 | 五輪日本代表 | U-20日本代表 | U-17日本代表 | 女子日本代表


サッカー・ナショナルチーム(女子)
アジア:AFC
オーストラリア | シンガポール | タイ | 韓国 | チャイニーズタイペイ | 中国 | 北朝鮮
日本 | フィリピン | ベトナム | 香港

アフリカ:CAF
アルジェリア | エジプト | ガーナ | カメルーン | ナイジェリア | 南アフリカ共和国

南米:CONMEBOL
アルゼンチン | ウルグアイ | エクアドル | パラグアイ | ブラジル

北中米カリブ海:CONCACAF
アメリカ | カナダ | ジャマイカ | メキシコ

オセアニア:OFC
ニュージーランド

欧州:UEFA
アイルランド | イタリア | イングランド | オーストリア | オランダ | スウェーデン | スペイン
デンマーク | ドイツ | ノルウェー | フィンランド | フランス | ロシア



カテゴリ: 節現在進行 | サッカー日本代表 | 日本サッカー協会 | 日本の女子サッカー | 女子サッカーのナショナルチーム | スポーツの日本代表チーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 16:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
女子、意外と歴史古いんですね!
サッカー少年みたいな顔して走ってる彼女たちは可愛いです。
  • ゆも
  • 2007/09/16 6:10 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM