<< <2007ミス・ユニバース>日本代表の森理世さんら 水着撮影に臨む - メキシコ | main | ピ、ハリウッド主演作のオファーを断った? >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『スター・ウォーズ』第1作から30周年を迎える

スター・ウォーズ第1作目から、はや30年っすか・・

サムライも年取るはずです・・・・

でも、記事を読むと、やっぱりこのスター・ウォーズ、シリーズって、化けもんですね。

だって、関連グッズやらで、何兆円のビジネスになってるって言うじゃないですか!!

それだけ、全世界の人々の心を、捉えたジョージ・ルーカスは、流石ですね。。


▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分でペニス増大↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!



▽今日の豆知識▽
スター・ウォーズとは

この項目では『スター・ウォーズ』シリーズについて記述しています。「スター・ウォーズ」として公開された第1作についてはスター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望をご覧ください。
『スター・ウォーズ』 (Star Wars) シリーズは、ジョージ・ルーカスが温めていた構想を元に映画化された、スペースオペラの代表作である。

目次
1 ストーリー
2 シリーズ構成
3 映画スター・ウォーズシリーズ
4 特徴
5 反響
6 日本におけるテレビ放映
7 関連項目
8 外部リンク



[編集] ストーリー
遠い昔、遥か彼方の銀河系において、銀河共和国という巨大な共同国家体が存在した。しかし、時が経つにつれ政治の腐敗が生じ、統治秩序は崩壊、共和国も存亡の危機を迎えた。こうした状況の中、古より銀河共和国を陰で支えてきたジェダイと呼ばれる騎士団が、共和国の秩序を回復させるために奮闘する。だが、彼らの前に、数千年も前に滅びたといわれる恐怖の信奉者シスが現れる。彼らの理想は恐怖で人々を支配する国家の樹立とジェダイの排除。そんな中、ある辺境の惑星で一人の少年がジェダイとして導かれ、銀河共和国・ジェダイ・シスの運命に関わっていく事となる。この少年と後のその子供達、ジェダイとシスの攻防、そして、銀河共和国から銀河帝国へ、そして、再び銀河共和国へと復活を遂げる変遷を描いた壮大な物語である。


[編集] シリーズ構成
本シリーズは、6部構成からなるサーガの形式をとっている。製作順第一作にあたるエピソード4が成功したのち、9部作として発表されたが、現在の公式見解では、6部作ということになっている。エピソード1以前や7以降、各作品の間を埋める物語はルーカス公認の数々のスピンオフ作品が小説として発表されている。しかしルーカス本人はそういった他人が作った「外伝」については全く関心が無く、ほとんどの作品を読んですらいない(スピンオフ作品は多数出版されているが、中には新三部作が公開される以前に書かれた作品もあり一部の設定などで矛盾している作品もある)。

ただ、エピソード2と3の間に起きたクローン大戦を描いたアニメ作品「スター・ウォーズ クローン大戦」はルーカスの要望によって作られ、同時に本人の公認も受けている為、スピンオフ作品でありながらシリーズを構成する正統の作品であるとも言える。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(*ジェダイの復讐)
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

[編集] 映画スター・ウォーズシリーズ
1977年製作: 『スター・ウォーズ』(エピソードIV)(後に、新たなる希望、という副題がつけられた)
1980年製作: 『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』(エピソードV)
1983年製作: 『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』(エピソードVI)
1997年製作: 『スター・ウォーズ 特別篇』(エピソード4)
1997年製作: 『スター・ウォーズ 帝国の逆襲 特別篇』(エピソード5)
1997年製作: 『スター・ウォーズ ジェダイの復讐 特別篇』(エピソード6)
当初原題でも「ジェダイの復讐 (Revenge of the Jedi)」だったが「ジェダイは復讐しない」との理由から「Return of the Jedi」に変更。しかし、日本はすでにメディア露出していたためタイトルを変更せずに公開した。そして、2004年のDVD化の時に正式な原題訳通りの『スター・ウォーズ ジェダイの帰還』に邦題を改題。しかし、エピソード3公開直前の地上波放送時にはTBS系から改題前の「ジェダイの復讐」の副題で放映され、多くのファンから批判を浴びた。
1999年製作: 『スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス』(ファントム・メナスの意味は見えざる脅威)。
2002年製作: 『スター・ウォーズ エピソードII クローンの攻撃』
2005年製作: 『スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐』
1977年から1983年にかけてエピソード4・5・6が発表された。その後ルーカスは当時のSFX技術が自分の空想を表現できないとして制作を中断。

しかし1993年のスティーヴン・スピルバーグの映画『ジュラシック・パーク』におけるCGの技術革新を見て、まず、エピソード4・5・6をCG技術を用いて化粧直しとシーンの追加を行い、1997年に特別篇として再発表した。その時に培われた技術を応用、発展させてエピソード1・2・3の制作を開始した。

又、『スローン3部作』(ティモシー・ザーン著)を始めとする小説・コミック・アニメ・ゲーム等、「スピンオフ」「拡張世界」とも呼ばれる物語が多く創られていて、現在も進行中である。これらのスピンオフ作品の中には映画本編に全く、もしくは少ししか登場していないキャラクターが主人公として描かれた作品や、映画本編の登場人物が少ししか登場しない作品が存在する。また各エピソードを小説に直した小説版の映画スター・ウォーズも販売されている。

エピソード4・5・6は先に作られたので「旧三部作」(クラシック・トリロジーもしくはトリロジー)、エピソード1・2・3は後に作成され、新しいので「新三部作」(プリークェル・トリロジーもしくはプリークェル)と呼ばれる。2005年7月(米では5月)に公開された『エピソード3 シスの復讐』で、映画としての本シリーズは完結となった。

ちなみに、全6作の3D版が、2007年から毎年に1作ずつ2012年まで公開する事が決まっている。


[編集] 特徴
映画作品として、登場するキャラクター・メカなどの関連グッズを製造・発売した初めての映画である。さらに本シリーズに登場する機械や建物は生活感のある「汚れ」がほどこされてあり、黒澤明は「この映画は汚れがいいね」と評価したほどである。このように徹底してリアリティーを追求しており、その手法はCGが多く使われた新三部作でも見ることができる。

世界で最も有名で、人気のある映画とも言われている。他の映画と比べても、自分の名前をダース・ヴェイダーに改名したり、車を反乱同盟軍の戦闘機風に改造する等の多くのコアなファンがいる(大抵の映画は見て時間が経つと忘れたり、人気がなくなったりするものだが、この映画は時間が経っても人気があり、それが衰える事がない)事でも有名である。映画に登場するものの設定が非常に細かい(普通なら兵士A、兵士Bで済まされるキャラにもちゃんと名前と簡単な経歴がある)事もコアなファンが多い一因となっている。映画専門の音楽関係者の「最も良い映画音楽」では1位を、「科学者がみせたいSF映画」でも3位をとった。

ちなみに、元々ルーカスはフラッシュ・ゴードンの映画化を望んでいたのだが、様々な問題が絡み不可能だったため仕方なくそのエッセンスを取り入れた本作を制作したところ、大ヒットしてしまったという逸話もある。


[編集] 反響
1977年に公開された初回作『エピソードIV』は、当時1978年公開の映画『未知との遭遇』や、日本で放送されていたTVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』等とともに、世界的なSFブームを巻き起こし、これまでB級映画としてしか認識されていなかったSF作品への評価を完全に変えた。さらに、シリーズ全体で得られた興行収入の記録はいまだ破られていない。又、今日に至るまで多くの映画、SF作品に影響を与え続けており、現在でも本シリーズに登場する宇宙船や武器、さらにセリフを模倣したものが多く見られる。作中で用いた音楽はジョン・ウィリアムズによるもので、これは当時の映画のBGMで廃れつつあった管弦楽の復活にも作用した(ちなみに当初のルーカスの構想では、『2001年宇宙の旅』のように既存のクラシック音楽を用いる事になっていた)。これらの印象的なBGMは今日でも様々なTV番組で流れているのを耳にする。

「エピソードIV」公開当初は、評論家から「スター・ウォーズは子供騙しの映画」と酷評される事が多かったが、近年は「親子の絆を描いた叙事詩」「現代の神話」と高い評価を受けるようになった。又、エピソードI・II(新三部作)に対してファンや各メディアの反応はあまり良くなかったが、エピソードIIIが公開されると、逆にエピソードI・IIのまとまり具合が評価されるようになり、新三部作全体の評価も見直されてきている(ただしまだ新三部作の評価についてはファンの間で隔たりがある)。

また「エピソードIV」をはじめとした旧3部作がSFであるかどうかについて、当時の日本のSF関係者の間で大論争があった。とりあえずの結論は出ているが、この結論が普遍的かつ客観的なものかという疑問も未だに提示されている。また。その一方で「様々な要素を取り入れ、固有の世界観を確立するに至ったスター・ウォーズを、狭義の一ジャンルに定義しようとする事自体が間違いであり不遜な振る舞いである」という意見もある。

新三部作の各エピソードで流れるBGMはそれぞれのテーマ音楽は新鮮味に溢れているが、過去の作品で流れた音楽の使いまわしも多く、それに対しての不満も出ている。ただ、この傾向は旧三部作にも見られる事でもある(エピソードVで使用された「帝国のマーチ」がアレンジされて後のエピソードVIでも多用されている、等)。これはワーグナーが用いたライトモティーフ(示導動機)という手法を利用している為である。人物や場面毎にテーマが与えられており、その人物が登場するとその動機の音楽が流れるようになっている。2人登場すれば各人の動機が交錯したり、場面によってオーケストレーションを変更したりする等、使いまわしのように思われるが、音楽にも物語の進行を表す意味が含まれているのである。

他には主なスピンオフ(映画を中心に考えた場合の、その他の物語)としてエピソードIIとIIIの間を描いたカートゥーン ネットワーク共同制作のアニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』があるが、こちらはなかなかの出来で絵に拒絶反応をしめす人も大量の動画枚数からくる絵の滑らかさと場面の切り替わりの早さに悪い評価はなく、逆にルーカス自身の最近の作品より楽しめると言う人もいるようである。この作品のみは数あるスピンオフの中で違和感なく話が繋がっており、ルーカスも正史に入るとしているとし、さらに、この続編の製作も決まっていて、3D化されるという噂もある。 又、エピソードIIIとIVの間を描いた1時間×100話の連続ドラマを作る事を公言している。

又、旧三部作のDVDにおいてはリファインされた『特別編』しか市場に流通しておらず、映画公開時のオリジナルバージョンを見る事が大変困難になっている事に対して一部ファンからは不満の声もあった。ルーカスとしては自分が当初から構想していた通りに作り直した『特別版』こそが真の『スター・ウォーズ』なのだ、という想いがある様なのだが、やはりファンとしては“あの頃のまま”で見たいという欲求も強いのであろうと思われる。その意向を汲んで(かどうかは不明だが)、2006年に北米地域を初めとした世界各地域で旧三部作の映画公開時バージョンのDVD化が決定。日本でも9月に特別篇とのカップリングで限定発売された。


[編集] 日本におけるテレビ放映
本シリーズの日本においてのテレビ初放映作品はもちろん初回作である『エピソードIV』。1983年10月5日に日本テレビ系の映画番組「水曜ロードショー」(現「金曜ロードショー」)でお目見えになった。

この日の日テレはお祭り騒ぎで、朝から生番組にC-3POとR2-D2を出演させて宣伝していたり、夜7時からの一時間枠は「ウルトラ宇宙クイズ・秋のSF大決戦 スターウォーズまで後60分!!全国子供博士大集合」という特番を放映したほか、「水曜ロードショー」も通常夜9時からの放映枠を1時間前倒して8時からの3時間の特別編成を敷いた。しかし、「水曜ロードショー」が始まっても日テレ局舎内で行われたタモリ、研ナオコらによるグダグダの寸劇(ちなみに愛川欽也による解説も寸劇の中という形で行われたが、すぐに終わってしまう)が続いてなかなか本編が始まらなかったり、主役級の吹き替えに声優としての実績が皆無の有名芸能人(ルーク: 渡辺徹、レイア: 大場久美子、ソロ: 松崎しげる)を起用して「作品をぶち壊した!」と苦情が殺到するなど、気合いが空回りして不評を買う。なお、その数日後にテレビ朝日系映画番組「日曜洋画劇場」でこちらも本邦初放映された『スーパーマン』に視聴率では後塵を拝した。

二番目のテレビ放映もやはり日テレの「金曜ロードショー」枠(水曜から放送曜日移動)で『エピソードIV』。この時からの吹き替え陣は、ルーク: 水島裕、レイア: 島本須美、ソロ: 村井国夫という、その後のシリーズ作でも続けた組み合わせでなされた。ただし、2005年6月〜同年7月に行われたNNN・JNN・ANNのエピソード3公開を控えた5作一斉放送(リレー形式での放送なので順番がめちゃくちゃになってしまった・1(NNN)-4(ANN)-2(NNN)-5(ANN)-6(JNN)の順)では一部の声優が変わってしまった。

現在の新シリーズでは劇場公開時の日本語吹替版にオープニングのナレーションを加えただけのものを放送しているため、旧シリーズから通して同じ声というわけではない。


[編集] 関連項目
スター・ウォーズ世界の用語一覧
スター・ウォーズ登場人物一覧
スター・ウォーズ惑星一覧
スター・ウォーズ登場兵器一覧
スター・ウォーズ登場テクノロジー一覧
スター・ウォーズ登場エイリアン一覧
スター・ウォーズ登場組織一覧
スター・ウォーズにおける戦いの一覧
スター・ウォーズ登場動物一覧
スター・ウォーズのスピンオフ一覧
ジョージ・ルーカス
ジョン・ウィリアムズ
スター・ツアーズ(ディズニーランド、東京ディズニーランドなどにあるアトラクション。R2-D2、C-3POが出演している他、建設中の第3デス・スターなどが登場する。)
ルーカスフィルム
スカイウォーカーランチ
スカイウォーカー・サウンド
インダストリアル・ライト&マジック(通称ILM)
カートゥーンネットワーク
ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(毎年5月、6月の週末にスター・ウォーズ・ウィークエンドという、コスプレしたファンが大勢集まるスター・ウォーズの祭典が開かれている。)
ファインモールド(国内のプラモデルメーカー。1/72スケールでスターウォーズに登場するメカのキットを製造、販売している。)
スター・ウォーズ バトルフロント
スター・ウォーズ バトルフロントII

[編集] 外部リンク
ウィキメディア・コモンズに、スター・ウォーズに関連するカテゴリがあります。Star Wars.com (公式サイト)
スター・ツアーズ(公式サイト)
ウーキーペディア(スター・ウォーズに関するウィキ)
スター・ウォーズの鉄人! 日本語英語表記対応一覧
スター・ウォーズの鉄人! スター・ウォーズ関連イベントカレンダー
リトルファルコン-スター・ウォーズの私設ファンクラブ
STAR WARS COMPANION
Lightsabre Simulator
コルサントの摩天楼
Lightsaber.Web
SiTH LORD FAN CLUB
コミックSTARWARS スターウォーズファンサイト
スターウォーズ小説の世界
スターウォーズでナイト!
以下のホームページ内の文章には作品の内容に関する記述が含まれるので注意してください。

スター・ウォーズの鉄人!
ウィキ版スター・ウォーズの鉄人!
皇帝の部屋
スター・ウォーズ シリーズ|
映画
エピソード1 / ファントム・メナス | エピソード2 / クローンの攻撃 | エピソード3 / シスの復讐

エピソード4 / 新たなる希望 | エピソード5 / 帝国の逆襲 | エピソード6 / ジェダイの帰還

テレビドラマ
ホリデー・スペシャル
アニメ
クローン大戦 | イウォーク物語 | ドロイドの大冒険
ゲーム
バトルフロント | バトルフロントII
関連項目一覧
用語 | 登場人物 | 惑星 | 兵器 | テクノロジー | エイリアン | 組織 | 戦い | 動物 | スピンオフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



▽今日の豆知識▽
◎スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス◎

スター・ウォーズ
エピソード1/ファントム・メナス
Star Wars Episode I: The Phantom Menace
監督 ジョージ・ルーカス
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
製作 リック・マッカラム
脚本 ジョージ・ルーカス
出演者 リーアム・ニーソン
ユアン・マクレガー
ナタリー・ポートマン
ジェイク・ロイド
イアン・マクディアミッド
音楽 ジョン・ウィリアムズ
ロンドン交響楽団
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 ポール・マーティン・スミス
ベン・バート
配給 20世紀フォックス
公開 1999年5月21日
1999年7月10日
上映時間 133分
製作国 アメリカ
言語 英語
興行収入 $922,300,000
次作 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
表示
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(Star Wars Episode I: The Phantom Menace)は、1999年のアメリカ映画。SF映画。

目次 [非表示]
1 概要
2 ストーリー
3 スタッフ
4 キャスト
5 外部リンク



[編集] 概要
スター・ウォーズシリーズの4番目に発表された映画で前作から16年振りに製作された。ジョージ・ルーカスにとっては「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」で一度監督業から撤退して以来22年ぶりの監督作でもある。タイトルの意味は「見えざる脅威」であるが、全シリーズ中唯一原題がそのまま邦題となっている。

後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年時代を描いたエピソードで、悪役として後の銀河皇帝ダース・シディアスやその弟子のダース・モールが登場。

『ターミネーター2』や『ジュラシック・パーク』などで培われたILMのデジタル映像技術がふんだんに注ぎ込まれ、エイリアンやドロイドのほとんどがCGで描かれている。ヨーダのみは旧作と同じパペットで表現されたが、全身を映すカットの数カットでフルCGのヨーダが描かれた。

スター・ウォーズシリーズの続編ということで興行収入的には大成功を収めた。が、一方で旧3部作に馴染んでいるファンからは「CG合戦ばかりで重厚感が感じられない」、「ルーカスの商売戦略のための作品」等の声もあり評価は分かれている。


--------------------------------------------------------------------------------

注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


--------------------------------------------------------------------------------


[編集] ストーリー
遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・

銀河共和国の政治は腐敗の道を進んでいた。辺境惑星と貪欲な通商連合の間で貿易関税率をめぐる論争が繰り返されていた上、汚職が進む元老院は本来の機能を失い、政局は混沌の極みにあった。業を煮やした通商連合が惑星ナブーを見せしめとして威嚇包囲するに至り、元老院最高議長フィニーズ・ヴァローラムは、共和国の守護者ジェダイに助力を求めた。型破りなジェダイマスタークワイ=ガン・ジンと修行中のパダワンオビ=ワン・ケノービが、惑星ナブーと通商連合の紛争を仲裁するために、特使としてナブーに派遣された。二人は拘束寸前であったアミダラ女王を救出し、ナブーを離脱。敵の攻撃を受けた彼らは船の修理のために訪れた砂漠の惑星タトゥイーンで、幼い奴隷の少年アナキン・スカイウォーカーに出会う。少年のポッド・レースでの並外れた才能に、クワイ=ガン・ジンはそれが「フォース」によるものである事に気づき、又、アナキンの秘めたフォースが非常に強大である事を知った。ポッド・レースに勝ったアナキンは奴隷から解放されたが、母は奴隷のまま自由を得る事は出来なかった。母をタトゥイーンに残し、惑星コルサントに向かうジェダイ・アミダラ一行に加わるアナキン。その折、一行は謎の人物ダース・モールの襲撃を受ける。

政治的な動きがあった後、ナブーに戻った彼らは、全土を制圧した通商連合のドロイド軍やダース・モールと全面的に衝突する事に。一方、戦闘機を発進させたアナキンは、そのまま戦闘に参加していく。


[編集] スタッフ
SFX:ILM
字幕:戸田奈津子
効果音:ベン・バート
吹替翻訳:平田勝茂

[編集] キャスト
クワイ=ガン・ジン:リーアム・ニーソン(吹替:津嘉山正種)
オビ=ワン・ケノービ:ユアン・マクレガー(吹替:森川智之)
アミダラ女王:ナタリー・ポートマン(吹替:坂本真綾)
アナキン・スカイウォーカー:ジェイク・ロイド(吹替:矢島晶子)
シミ・スカイウォーカー:ペルニラ・アウグスト(吹替:鈴木弘子)
ヨーダ:フランク・オズ(吹替:永井一郎)
パルパティーン元老院議員:イアン・マクダーミド(吹替:小林勝彦)
シオ・ビブル:オリバー・フォード・デイビス(吹替:阪脩)
パナカ隊長:ヒュー・クオーシー(吹替:梁田清之)
ジャー・ジャー・ビンクス:アーメド・ベスト(吹替:田の中勇)
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ(吹替:岩崎ひろし)
ダース・モール:レイ・パーク、ピーター・セラフィノイス(声)(吹替:山路和弘)
フィニーズ・ヴァローラム最高議長:テレンス・スタンプ(吹替:金尾哲夫)
メイス・ウィンドゥ:サミュエル・L・ジャクソン(吹替:玄田哲章)



[編集] 外部リンク
スター・ウォーズの鉄人!
STAR WARS Japan スター・ウォーズ ジャパン
STAR WARS COMPANION
スター・ウォーズ シリーズ|
映画
エピソード1 / ファントム・メナス | エピソード2 / クローンの攻撃 | エピソード3 / シスの復讐

エピソード4 / 新たなる希望 | エピソード5 / 帝国の逆襲 | エピソード6 / ジェダイの帰還

テレビドラマ
ホリデー・スペシャル
アニメ
クローン大戦 | イウォーク物語 | ドロイドの大冒険
ゲーム
バトルフロント | バトルフロントII
関連項目一覧
用語 | 登場人物 | 惑星 | 兵器 | テクノロジー | エイリアン | 組織 | 戦い | 動物 | スピンオフ



カテゴリ: スター・ウォーズ | 1999年の映画 | スター・ウォーズの映画 | ジョージ・ルーカスの監督映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




▽今日の豆知識▽

◎スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃◎


スター・ウォーズ
エピソード2/クローンの攻撃
Star Wars Episode II: Attack of the Clones
監督 ジョージ・ルーカス
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
製作 ジョージ・ルーカス
リック・マッカラム
脚本 ジョージ・ルーカス
出演者 ユアン・マクレガー
ナタリー・ポートマン
ヘイデン・クリステンセン
イアン・マクディアミッド
ペルニラ・アウグスト
音楽 ジョン・ウィリアムズ
ロンドン交響楽団
撮影 デイヴィッド・タッターソル
編集 ベン・バート
配給 20世紀フォックス
公開 2002年5月22日
2002年7月13日
上映時間 142分
製作国 アメリカ
言語 英語
興行収入 $648,100,000
前作 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
次作 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
表示
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(Star Wars Episode II: Attack of the Clones)は、2002年のアメリカ映画。SF映画。スター・ウォーズシリーズの5番目に発表された映画。上映時間142分。

目次 [非表示]
1 概要
2 ストーリー
3 スタッフ
4 キャスト
5 受賞歴
6 外部リンク



[編集] 概要
後にダース・ベイダーになるアナキン・スカイウォーカーの青年時代、パドメとの禁じられた愛を描く。シリーズで唯一の恋愛映画といわれる。1977年の第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の台詞にも登場した「クローン戦争」を描いた。また、この作品からヨーダは全てCGで表現されるようになり、本当の生き物のようにリアルになった。ジョージ・ルーカスの娘はナイトクラブのシーン、息子はジェダイの図書館でオビ=ワン・ケノービが惑星カミーノの情報を探しているシーンに登場する。本作もエピソード5と同じく本編そのものは話が途中のまま終了するという形を取っている。


[編集] ストーリー

--------------------------------------------------------------------------------

注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


--------------------------------------------------------------------------------

遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・

エピソード1より10年後、数千の星系が共和国を離脱するという情勢不安定なコルサントにおいてパドメ・アミダラ元老員議員の暗殺未遂事件が発生。パルパティーン最高議長の計らいで、オビ=ワン・ケノービと若きアナキン・スカイウォーカーがボディーガードをする事になり、オビ=ワンとアナキンはパドメを狙ったザムから彼女を守る事に成功するがザムは殺されてしまった。

オビ=ワンはザムを殺した賞金稼ぎを探すため惑星カミーノへ向かう。アナキンは初めての単独任務でパドメの護衛を任せられる事になる。やがてパドメと愛し合うようになるが、ジェダイの掟はそれを禁じていた。その頃オビ=ワンは惑星カミーノで共和国のために作られたクローン軍を視察し、そこでクローンのホストである賞金稼ぎジャンゴ・フェットから詳しい事情を聞き出そうとするものの、逃げられてしまう。又、アナキンは夢で母シミ・スカイウォーカーの苦しんでいる姿を見る……。


[編集] スタッフ
SFX:ILM
字幕:戸田奈津子
吹替翻訳:平田勝茂

[編集] キャスト
オビ=ワン・ケノービ:ユアン・マクレガー(吹替:森川智之)
パドメ・アミダラ:ナタリー・ポートマン(吹替:坂本真綾)
アナキン・スカイウォーカー:ヘイデン・クリステンセン(吹替:浪川大輔)
パルパティーン最高議長:イアン・マクダーミッド(吹替:小林勝彦)
シミ・スカイウォーカー:ペルニラ・アウグスト(吹替:鈴木弘子)
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ(吹替:岩崎ひろし)
メイス・ウィンドゥ:サミュエル・L・ジャクソン(吹替:玄田哲章)
ヨーダ:フランク・オズ(吹替:永井一郎)
ドゥークー伯爵:クリストファー・リー(吹替:羽佐間道夫)
R2-D2:ケニー・ベイカー
ベイル・オーガナ:ジミー・スミッツ(吹替:寺杣昌紀)
ジャンゴ・フェット:テムエラ・モリソン(吹替:金田明夫) 
ボバ・フェット:ダニエル・ローガン(吹替:田谷隼)
クリーグ・ラーズ:ジャック・トンプソン(吹替:田村勝彦)
ジャー・ジャー・ビンクス:アーメド・ベスト(吹替:田の中勇)



[編集] 受賞歴
ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)
最悪脚本賞、最悪助演男優賞(ヘイデン・クリステンセン)
ノミネートはさらに最悪監督賞、最悪スクリーンカップル賞があった。

[編集] 外部リンク
スター・ウォーズの鉄人!
STAR WARS Japan スター・ウォーズ ジャパン
FOXJAPAN エピソード2
STAR WARS COMPANION
スター・ウォーズ シリーズ|
映画
エピソード1 / ファントム・メナス | エピソード2 / クローンの攻撃 | エピソード3 / シスの復讐

エピソード4 / 新たなる希望 | エピソード5 / 帝国の逆襲 | エピソード6 / ジェダイの帰還

テレビドラマ
ホリデー・スペシャル
アニメ
クローン大戦 | イウォーク物語 | ドロイドの大冒険
ゲーム
バトルフロント | バトルフロントII
関連項目一覧
用語 | 登場人物 | 惑星 | 兵器 | テクノロジー | エイリアン | 組織 | 戦い | 動物 | スピンオフ

カテゴリ: スター・ウォーズ | 2002年の映画 | スター・ウォーズの映画 | ジョージ・ルーカスの監督映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


▽今日の豆知識▽

◎スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐◎


スター・ウォーズ
エピソード3/シスの復讐
Star Wars Episode III: Revenge of the Sith
監督 ジョージ・ルーカス
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
製作 リック・マッカラム
脚本 ジョージ・ルーカス
出演者 ユアン・マクレガー
ナタリー・ポートマン
ヘイデン・クリステンセン
イアン・マクダーミド
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
ロンドン交響楽団
撮影 デイヴィッド・タッターソル
編集 ロジャー・バートン
ベン・バート
配給 20世紀フォックス
公開 2005年5月25日
2005年7月9日
上映時間 141分
製作国 アメリカ
言語 英語
興行収入 $113,000,000(US)
前作 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
次作 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
表示
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(Star Wars Episode III: Revenge of the Sith)は、2005年のアメリカ映画。SF映画。『スター・ウォーズシリーズ』の作品。同シリーズの最終作である。全エピソード中最も暗いエピソードであり、新三部作と旧三部作を繋ぐ重要なエピソードである。旧三部作最大の敵ダース・ベイダー誕生と銀河帝国の成立の秘話が描かれている。

目次 [非表示]
1 概要
2 ストーリー
3 キャスト
4 スタッフ
5 外部リンク



[編集] 概要
2005年5月19日にアメリカで封切られた。日本では7月9日に公開された。また5月16日にカンヌ国際映画祭のオープニング作品として特別上映があった。日本ではDVDが2005年11月23日に発売されたが、この際に劇場公開版の字幕(担当戸田奈津子)の意訳に関して非常に多くの苦情が寄せられた結果、ソフト化に際しての異例の字幕修正が行われている。これに対し日本語吹き替え版については公開当初から脚本よりもスターウォーズの世界観への忠実さを優先する意訳が目立ち、中にはほとんどアドリブに近いものもある(例:英語・字幕版のオビ=ワンはアナキンの野望に激昂するが、吹き替え版はアナキンの行為に激昂している)が、こちらは世界観を優先する意訳と受け止められDVD版でもほぼ変更なし(誤訳があったが)であった。なお、日本ではスターウォーズシリーズがこの作品によって完成することを記念し、それまでのエピソード1〜6と4〜6特別篇の日本公開時の復刻パンフレットBOX(都合上3のものは別売)が発売されていた。

本国アメリカでは、シリーズ唯一の「PG-13」(13歳未満の児童には不適切な箇所あり。保護者の判断が必要)に指定された。冒頭の宇宙戦など他のエピソードに比べて派手なカメラワークが目立ち、他のVFX工房作品の大ヒットで王座を追われつつあるILMにとっては宇宙戦争・ハリー・ポッターと並び、2005年の勝負作といえた。

興行的には成功したものの、1年で最低の映画を選ぶゴールデンラズベリー賞でヘイデン・クリステンセンが最低助演男優賞(主役を演じたにもかかわらず、「助演」というのも一種の厭味)とされる結果となった。実際、アメリカの劇場ではアナキンの台詞に失笑が沸くこともしばしばであった。これは、ときに陳腐にも聞こえる独特で風変わりな言い回しを多用する「スター・ウォーズ的な」脚本に由来するもので、ヘイデンには気の毒な結果となった。


--------------------------------------------------------------------------------

注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


--------------------------------------------------------------------------------


[編集] ストーリー
遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・

エピソード2から3年後、クローン戦争は終戦間近だった。パルパティーン最高議長がコルサントに襲来した独立星系連合軍に捕らえられ、救出のために共和国軍が出撃、コルサント上空で決戦の火蓋が切られた。オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーは独立星系連合軍の宇宙戦艦(インビシブル・ハンド)に乗り込むが、ジェダイ二人を船内で待ち構えていたのはドゥークー伯爵だった。パルパティーンが捕らえられている部屋に向かったオビ=ワンとアナキンは、ドゥークーと二度目の戦いをする事になるが、激闘の末にアナキンがドゥークーを倒し、パルパティーン最高議長を見事に救出するのだった。しかし、安心したのも束の間、二人はドロイドに包囲され、ドロイド軍を指揮する半人半ドロイドのジェダイキラー、グリーヴァス将軍の元に連行される。グリーヴァスは手下のマグナ・ガードをオビ=ワンらに襲い掛からせるが二人はこれを倒す。そこでついにグリーヴァスが二人に襲い掛かるが、グリーヴァスは船から脱出し戦いは中断されるのだった。共和国軍の攻撃により船は落下を始め、遂に大気圏に突入。しかしアナキンの操縦によって、無人の工業地帯にある滑走路への不時着に成功する。 自身の活躍に有頂天となったアナキンは、さらに自分とパドメの間に子供が出来た事を知った。警護についていたパルパティーンを次第に父親のように思うようになるが、この事でジェダイ評議会入りを認められながらマスターの称号をもらえず、ジェダイ達との溝が広がっていく。一方シスの暗黒卿ダース・シディアスは、自らの野望を達成するために新たな弟子を獲得しようと動いていた。そんな中、アナキンはパドメが死ぬ悪夢を見るようになりもっと強くなろうと決心したが…。


[編集] キャスト
オビ=ワン・ケノービ:ユアン・マクレガー(吹替:森川智之)
パドメ・アミダラ元老院議員:ナタリー・ポートマン(吹替:坂本真綾)
アナキン・スカイウォーカー:ヘイデン・クリステンセン(吹替:浪川大輔)
ダース・ベイダー:ヘイデン・クリステンセン、ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)(吹替:大平透)
パルパティーン銀河共和国元老院最高議長/銀河帝国皇帝パルパティーン/ダース・シディアス:イアン・マクダーミド(吹替:稲垣隆史)
メイス・ウィンドゥ(ジェダイ評議会議長):サミュエル・L・ジャクソン(吹替:玄田哲章)
ベイル・オーガナ元老院議員:ジミー・スミッツ(吹替:寺杣昌紀)
ヨーダ:フランク・オズ(吹替:永井一郎)
ドゥークー伯爵(シスの暗黒卿ダース・ティラナス):クリストファー・リー(吹替:羽佐間道夫)
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ(吹替:岩崎ひろし)
コーディ、ダヴィジャン、ジャイガラー、グリー、アポー、クローン・トルーパー:テムエラ・モリソン(吹替:金田明夫)
ティオン・メイドン:ブルース・スペンス(吹替:永田博丈)
キ=アディ=ムンディ:サイラス・カーソン(吹替:水野龍司)
マス・アミダ銀河元老院副議長:デイビッド・ボワーズ(吹替:小島俊彦)
グリーヴァス将軍:カイル・ローリング、マシュー・ウッド(声)(吹替:後藤哲夫)
ヌート・ガンレイ:サイラス・カーソン(吹替:鈴木勝美)

他。なお、ルーカス本人やルーカスの娘、娘の彼氏、息子が一部で出演している。

エピソード2までパルパティーンの声を担当した小林勝彦がエピソード3日本語版予告編収録後に死去。映画本編は稲垣隆史に交替した。


[編集] スタッフ
SFX:ILM
視覚効果スーパーバイザー:ジョン・ノール、パブロ・ヘルマン、ベン・スノー、デニス・ミューレン
効果音:ベン・バート
音楽:ジョン・ウィリアムズ、ロンドン交響楽団
サウンドトラックは全15曲(日本版にはボーナストラックとして『Battle Of The Heroes (with dialogue and effects)』が追加収録)で、全エピソードから選りすぐった16曲のミュージックビデオ『スター・ウォーズ:ミュージカル・ジャーニー』(進行役はパルパティーン皇帝役のイアン・マクダーミド)がおまけとして付いた。
テーマ曲 "Battle of the heroes"(邦題:英雄達の戦い)が2005年5月23日にシングルリリースされた。
日本語字幕:戸田奈津子
字幕監修:河原一久
吹替翻訳:平田勝茂

[編集] 外部リンク
Star Wars Episode III
FOXJAPAN エピソード3
スター・ウォーズの鉄人!
STAR WARS COMPANION

--------------------------------------------------------------------------------
スター・ウォーズ シリーズ|
映画
エピソード1 / ファントム・メナス | エピソード2 / クローンの攻撃 | エピソード3 / シスの復讐

エピソード4 / 新たなる希望 | エピソード5 / 帝国の逆襲 | エピソード6 / ジェダイの帰還

テレビドラマ
ホリデー・スペシャル
アニメ
クローン大戦 | イウォーク物語 | ドロイドの大冒険
ゲーム
バトルフロント | バトルフロントII
関連項目一覧
用語 | 登場人物 | 惑星 | 兵器 | テクノロジー | エイリアン | 組織 | 戦い | 動物 | スピンオフ

カテゴリ: スター・ウォーズ | 2005年の映画 | スター・ウォーズの映画 | ジョージ・ルーカスの監督映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』











▽今日の豆知識(その5)▽

◎スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望◎

スター・ウォーズ
エピソード4/新たなる希望
Star Wars EpisodeIV: A NEW HOPE
監督 ジョージ・ルーカス
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
製作 ゲイリー・カーツ
(特別編:リック・マッカラム)
脚本 ジョージ・ルーカス
出演者 マーク・ハミル
ハリソン・フォード
キャリー・フィッシャー
アレック・ギネス
ピーター・カッシング
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ギルバート・テイラー
編集 ポール・ヒルシュ
マーシア・ルーカス
リチャード・チュー
配給 20世紀フォックス
公開 1977年5月25日
(特別篇:1997年1月31日)
1978年6月30日
(特別篇:1997年5月31日)
上映時間 121分(特別篇:126分)
製作国 アメリカ
言語 英語
興行収入 $797,900,000
前作 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
次作 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
表示
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(Star Wars EpisodeIV: A NEW HOPE)は、1977年のアメリカ映画。アメリカ国内のみでの総合興行収入は歴代2位(1位は『タイタニック』)。

目次 [非表示]
1 概要
2 受賞
3 ストーリー
4 スタッフ
5 キャスト
6 日本語吹替
7 トリビア
8 外部リンク



[編集] 概要
当初はタイトルが『スター・ウォーズ』のみだった記念すべきシリーズ第1作。「エピソード4/新たなる希望」というのは「大河ドラマの一部」という前提で製作されたための便宜上の副題であったが、シリーズ化に成功したため各作品を区別するために、特にリバイバル公開時からこのサブタイトルがクレジットされるようになった。1997年にはCGで化粧直しやシーン追加が行われた「特別篇」が公開されている。

全シリーズが映像化された現在ではこのエピソード4がスピンオフを含めてスターウォーズサーガを語る上での中心となっている。

『アメリカン・グラフィティ』で新進の監督として高い評価を受けたジョージ・ルーカスであったが、『スター・ウォーズ』の製作にもゴーサインが出たとはいえ極端に予算が少なく、ルーカス本人が忙しさの余り入院したほどであった。このため、撮影終了後ルーカスはアラバマ州で『未知との遭遇』を撮影していた友人のスティーブン・スピルバーグを訪ね、「もう大作はこりごりだ」と言っていたという(結局その後ルーカスは、『スター・ウォーズ』シリーズ全6作や『インディ・ジョーンズ』シリーズなどの大作を次々と手がける事になるのだが)。

その上、アメリカの各映画館も当時はこのような子供やマニア向けとしか考えられないSF映画を上映する事を渋り、配給会社である20世紀FOXは他の映画作品との抱き合わせる形で売り込みを行わざるを得なかった。そのためルーカス本人は完全に自信を失ってしまい、投げ出したかのように公開当日にはなんとハワイ旅行に出かけてしまい、電話もテレビもない別荘にこもってしまった。

ところが、『スター・ウォーズ』は公開されるやいなや、ルーカスや配給会社、各映画館のオーナーの予想に反して信じられないくらいの大ヒットを記録。それまでの興行収入を一挙に塗り変え、B級映画という扱いだったSF映画に対する評価を一挙に引き上げるまでになった。この事を前述の状態のルーカスに伝えるためスピルバーグがハワイへ行き、別荘でインディ・ジョーンズの構想を練ったといわれる。なお、本作をもってルーカスは監督業からは一時撤退することになる。

製作にあたっては黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』を元にしたとも言われる。特に物語のキーパーソンとなるC-3PO、R2-D2という2体のロボット(ドロイド)のモデルは『隠し砦の三悪人』に登場した戦国時代の2人の百姓、太平(千秋実)と又七(藤原釜足)であると、ルーカス自身が認めている。同じく姫から褒美をもらうというラストシーンも双方の作品に見受けられる。作品に登場する「ジェダイ騎士」は時代劇の「時代」という言葉から転じたものとされる。彼らが「ライトセイバー」という光の刀で戦う姿はまるで武士そのものである。更にオビ=ワン・ケノービ役(もしくはダース・ベイダー役)で三船敏郎に出演依頼があったが、三船が断ったのもよく知られた逸話である。


[編集] 受賞
1977年の第50回アカデミー賞で、作曲賞、美術賞、音響賞、編集賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、特別業績賞(効果音)の7部門で受賞。また、作品賞、監督賞、脚本賞、助演男優賞にもノミネートされる。以来全6シリーズは常に受賞ノミネートの対象になった。


[編集] ストーリー

--------------------------------------------------------------------------------

注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


--------------------------------------------------------------------------------

遠い昔、遥か彼方の銀河で・・・

ジェダイ騎士が滅亡して久しい時代、かつて平和だった銀河系は銀河帝国による圧政下にあった。そんな中、反乱同盟軍のスパイが帝国の誇る最終兵器であり宇宙要塞であるデス・スターの極秘設計図を盗み出す事に成功した。銀河帝国皇帝パルパティーンが最も信頼を置くダース・ベイダー卿は設計図奪還と同盟軍本拠地の早期発見を命じられる。

帝国軍の戦艦に襲われた反乱同盟軍の宇宙船の中には反乱同盟軍のリーダーレイア・オーガナ姫がいた。レイア姫はオビ=ワン・ケノービに助けを求めるべくR2-D2ドロイドに救援メッセージとデス・スターの設計図を託す。R2-D2はC-3POと共に船から脱出する事に成功。

R2と3POは砂漠の惑星タトゥイーンに漂着する。その後ジャワ族に捕まえられバザーに出され、2体はオーウェン・ラーズ、ベルー・ラーズ夫妻と甥の農場手伝いの青年ルーク・スカイウォーカーに購入された。ルークによって整備されたR2はふとした拍子にレイアのメッセージを再生してしまう。R2は単身でオビ=ワンにそのメッセージを届けようとするが、後を追ったルークらと共にタスケン・レイダーの襲撃に遭い、突然現れたベン・ケノービに助けられる。

ベンはジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービだった。ベンはルークらを自宅へ招くとルークに父親のライトセーバーを渡す。そしてレイアのメッセージを受けてルークと共に惑星オルデランへ行く事を希望するが、ルークは叔父が許してくれないと断り、ベンをモス・アイズリーまで送る。その途中ジャワ族が帝国軍に襲撃された現場を見て、ジャワ族からドロイドを購入したラーズ家の危機を察知したが、既にオーウェンとベールは帝国軍に殺害された後だった。もはやルークは残る意味がなくなり、父のようにジェダイの騎士になる事を誓って、ベンとオルデランへ行く事を決意する。

オルデランへ行く為には貨物船とパイロットが必要だったためハン・ソロとチューバッカを雇った。ソロはジャバ・ザ・ハットから借金をしており今回の仕事で大金が手に入ると言ってジャバ・ザ・ハットを説得する。ミレニアム・ファルコンにルーク、オビ=ワン、R2、3POが乗船し帝国軍の追跡を払いのけオルデランへ向かう。一方レイア姫はグランド・モフ・ウィルハフ・ターキン総督に故郷の惑星を破壊すると脅されてやむなく反乱同盟軍の基地の所在を教えてしまい、さらに見せしめとしてオルデランはデス・スターに破壊されてしまう。その瞬間、ルークにフォースの真理を説いていたベンはフォースに異常な乱れが起きた事を感じた。ファルコン号がオルデランに到着すると既にオルデランは星屑と化しており、トラクター・ビームによってファルコン号はデス・スターに拿捕されてしまう・・・。


[編集] スタッフ
監督・脚本・製作総指揮:ジョージ・ルーカス
製作:ゲイリー・カーツ(特別篇:リック・マッカラム)
編集:ポール・ヒルシュ、マーシア・ルーカス、リチャード・チュー
音楽:ジョン・ウイリアムズ
美術:ジョン・バリー
効果音:ベン・バート
SFX:ILM
製作:20世紀フォックス / ルーカスフィルム・リミテッド
日本語字幕:岡枝慎二(初公開時)、林完治(特別篇)
吹替翻訳:宇津木道子(初公開時)、平田勝茂(特別篇)

[編集] キャスト
ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
ハン・ソロ:ハリソン・フォード
レイア・オーガナ姫:キャリー・フィッシャー
ベン(オビ=ワン)・ケノービ:アレック・ギネス
ダース・ベイダー:デイヴィッド・プラウズ(スーツアクター)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)
グランド・モフ・ウィルハフ・ターキン:ピーター・カッシング
オーウェン・ラーズ:フィル・ブラウン
ベル・ラーズ:シラー・フレイザー
チューバッカ:ピーター・メイヒュー



[編集] 日本語吹替
レコード版(スター・ウォーズ・ズトーリー〔日本語版〕)
ルーク・スカイウォーカー:神谷明
ハン・ソロ:羽佐間道夫
レーア・オーガナ:潘恵子
ダース・ベイダー:辻村真人
ベン・ケノービ:納谷悟朗
グランド・モフ・ターキン:山田康雄
C-3PO:三橋洋一(現・橋本晃一)
ナレーター:広川太一郎
劇場公開版
ルーク・スカイウォーカー:奥田瑛二
ハン・ソロ:森本レオ
レイア・オーガナ:森田理恵
ダース・ベイダー:南原宏治
ベン・ケーノビ:河原崎国太郎
グランド・モフ・ターキン:北村弘一
C-3PO:高山栄
オーウェン・ラーズ:塩見龍介
ベル・ラーズ:藤夏子
グリード(エイリアン):千葉繁
モッティ提督:青野武
ドドンナ将軍:青野武
ガーヴェン・ドレイス(将校3):玄田哲章
ビッグズ・ダークライター(隊員1):屋良有作
ウェッジ・アンティリーズ(隊員2):千葉繁
隊員3:小滝進
隊員4:宮村義人
反乱軍将校:稲葉実
チーフ・パイロット:沢木郁也
オフィサー:小林通孝
指揮官:宮村義人
基地の声:宮村義人
コマンダー1:千田光男
コマンダー2:鈴木慎
兵1:宮村義人
監修:ジョージ・ルーカス
演出:原田真人
台本:宇津木道子
調整:兼子芳博
スタジオ:新坂スタジオ
担当:ザック・プロモーション
1983年10月5日(水)日本テレビ「水曜ロードショー」
ルーク・スカイウォーカー:渡辺徹
ハン・ソロ:松崎しげる
レイア・オーガナ:大場久美子
ダース・ベイダー:鈴木瑞穂
ベン・ケーノビ:久米明
グランド・モフ・ターキン:川辺久造
C-3PO:野沢那智
1985年10月11日(金)日本テレビ「金曜ロードショー」
ルーク・スカイウォーカー:水島裕
ハン・ソロ:村井国夫
レイア・オーガナ:島本須美
ダース・ベイダー:坂口芳貞
ベン・ケーノビ:滝田裕介
グランド・モフ・ターキン:川辺久造
C-3PO:野沢那智
オーウェン・ラーズ:宮川洋一
ベルー・ラーズ:中西妙子
ナレーター:城達也
ビデオ・DVD版(特別篇は従来のビデオ版に追加録音)
ルーク・スカイウォーカー:島田敏
ハン・ソロ:磯部勉
レイア・オーガナ:高島雅羅
ダース・ベイダー:大平透
ベン・ケーノビ:納谷悟朗
グランド・モフ・ターキン:大木民夫
C-3PO:野沢那智
オーウェン・ラーズ:村松康雄
ベルー・ラーズ:斎藤昌
モッティ提督:池田勝
ドドンナ将軍:北村弘一
その他:岡部政明、城山知馨夫、小島敏彦、田原アルノ、大山高男、広瀬正志、島香裕、沢木郁也、小室正幸、津田英三、古田信幸、星野充昭
演出:伊達康将 
翻訳:岡田荘平 
調整:飯村康雄
日本テレビ「金曜ロードショー」(特別篇)
ルーク・スカイウォーカー:石田彰
ハン・ソロ:堀内賢雄
レイア・オーガナ:石塚理恵
ダース・ベイダー:坂口芳貞
ベン・ケーノビ:滝田裕介
グランド・モフ・ターキン:大木民夫
C-3PO:岩崎ひろし
その他 山野史人、立石涼子、池田勝、内田直哉、平野稔、佐々木敏、楠見尚己、天田益男、小形満、廣田行生、大川透、加藤亮夫、加瀬康之、 長嶝高士、田島康成、猪野学、小森創介、小野塚貴志
ナレーター:若山弦蔵
演出:佐藤敏夫
翻訳:岡田壮平 
調整:長井利親 
効果:リレーション 
編集・録音:ムービーテレビジョン
※製作順


[編集] トリビア
スター・ウォーズの舞台は地球とはまったく関係のない遠い銀河系だが、劇中のトラクター・ビーム制御装置にアルファベットが表記してあった("POWER"と"TRACTOR BEAM 12")が、旧三部作がDVDとして再編集された時にオーラベッシュ(Aurabesh:スター・ウォーズ世界のアルファベット)に差し替えられた。
C-3POとR2-D2が待機したデス・スターの管制室にストーム・トルーパーが押し行ってくる際に、入り口のドアに頭をぶつける者(DVD版ではさらに音が強調)がいる。
上記のシーンに対するオマージュからか、「スター・ウォーズ エピソード2」にも賞金稼ぎのジャンゴ・フェットが自身の宇宙船に乗り込む際に頭をぶつけるシーンがある。ジャンゴはクローン・トルーパーのベースとなったため、その後継であるストームトルーパーも同じ癖を持っていたのではないか?という説がささやかれているが、ストーム・トルーパーにもジャンゴのクローンが使われているかについてはファンの間では今なお議論が続いている。

[編集] 外部リンク
Star Wars Welcome to the Official Site
スター・ウォーズ シリーズ|
映画
エピソード1 / ファントム・メナス | エピソード2 / クローンの攻撃 | エピソード3 / シスの復讐

エピソード4 / 新たなる希望 | エピソード5 / 帝国の逆襲 | エピソード6 / ジェダイの帰還

テレビドラマ
ホリデー・スペシャル
アニメ
クローン大戦 | イウォーク物語 | ドロイドの大冒険
ゲーム
バトルフロント | バトルフロントII
関連項目一覧
用語 | 登場人物 | 惑星 | 兵器 | テクノロジー | エイリアン | 組織 | 戦い | 動物 | スピンオフ



カテゴリ: スター・ウォーズ | 1977年の映画 | スター・ウォーズの映画 | ジョージ・ルーカスの監督映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



▽今日の豆知識(その6)▽

◎スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

スター・ウォーズ
エピソード5/帝国の逆襲
Star Wars Episode V: The Empire Strikes Back
監督 アーヴィン・カーシュナー
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
製作 ゲイリー・カーツ
(特別篇:リック・マッカラム)
脚本 リイ・ブラケット
ローレンス・カスダン
出演者 マーク・ハミル
ハリソン・フォード
キャリー・フィッシャー
アンソニー・ダニエルズ
ビリー・ディー・ウィリアムズ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ピーター・シャシツキー
編集 ポール・ハーシュ
配給 20世紀フォックス
公開 1980年5月21日
(特別篇:1997年2月21日)
1980年6月28日
(特別篇:1997年7月5日)
上映時間 121分(特別篇:126分)
製作国 アメリカ
言語 英語
興行収入 $797,900,000
前作 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
次作 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
表示
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(Star Wars Episode V: The Empire Strikes Back)は、1980年のアメリカ映画。SF映画。

目次
1 概要
2 受賞
3 ストーリー
4 スタッフ
5 キャスト
6 日本語吹替
7 トリビア
8 外部リンク



[編集] 概要
スター・ウォーズシリーズの第二作品。1997年にはCGで化粧直しやシーン追加が行われた「特別篇」が公開されている。

前作とは打って変わってSFXを全面に押し出した質の高い戦闘シーンや宇宙戦、当時としては考えられない、話が途中で終了してしまうという展開、カーシュナー(ルーカスのUSC時代の先生)の丁寧な演出などから、ファンからはスターウォーズの最高傑作との声も高い。また、銀河帝国およびダース・ベイダーのテーマ曲である「インペリアルマーチ(The Imperial March)」等完成度の高い楽曲が使用され、映画スター・ウォーズにおける音楽の分水嶺となった作品とも言える。


[編集] 受賞
第53回アカデミー音響賞・アカデミー特別業績賞(視覚効果)受賞(1980年度)。


[編集] ストーリー
遠い昔、遥か彼方の銀河で・・・

デス・スターを反乱同盟軍にまんまと破壊された帝国軍の反撃は激烈を極めた。反乱同盟軍は帝国軍により秘密基地から撤退させられ氷の惑星ホスにエコー基地を設立したのである。ダース・ベイダーはルーク・スカイウォーカーを捜索するためプローブ・ドロイドを大量に放っていた。

氷の惑星ホスにも一体のプローブ・ドロイドが着地したのである。ホスではルークとハン・ソロはトーントーンに乗ってパトロールを行っていた。ルークは落ちてきた隕石を発見し、ソロは先にエコー基地に帰っていった。ルークは隕石を調査しようとしたがワンパに襲われ気を失ってしまったのである。一方エコー基地に帰ったソロはライカン将軍に反乱同盟軍を離れ、ジャバ・ザ・ハットに金を返したいと告げた。レイア姫 はソロに残るよう説得するが、失敗に終わる。ソロはミレニアム・ファルコン号を修理していたチューバッカから怒られているとき、C-3POからルークがまだ戻っていないことを知り、トーントーンに乗ってルークを救出しに向かった。ルークはワンパの洞窟に捕らえられていた、ルークはフォースを使いライトセーバーを拾いワンパの腕を切断させ脱出。しかし豪雪の中でルークは倒れた、そこにフォースと一体化したベン・ケノービ(オビ=ワン・ケノービ)が現れ、ルークに惑星ダゴバへ行きヨーダからフォースに学ぶようにいったのである。その直後トーントーンに乗ったソロに救出された。翌日エコー基地に戻ったルークは治療を受け、ソロに感謝するのだった。その後偵察機から不審な物体を発見したとの通報でソロとチューバッカは不審な物体を調査し、帝国軍のプローブ・ドロイドだと分かるとライカン将軍は撤退命令を出したのである。

ベイダー率いる帝国艦隊はホスに総攻撃を命じたが、エコー基地はシールドに覆われていて地上攻撃に変えAT-ATにシールドを破壊させるよう命じた。同盟軍は貨物船が脱出する時間を稼ぐため、応戦したがAT-ATに歯が立たず遂にシールドを破壊されてしまう。ファルコンを修理しているソロとチューバッカはレイアと3POを乗せ基地から脱出するのだった。ルークは地上攻撃が終了後Xウィングに乗りR2-D2を伴って惑星ダゴバへ向かうのだった・・・





[編集] スタッフ

[編集] キャスト
ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
ハン・ソロ:ハリソン・フォード
レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー
ダース・ベイダー:デイヴィッド・プラウズ(演技)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ
R2-D2:ケニー・ベイカー
ヨーダ:フランク・オズ
ランド・カルリシアン:ビリー・ディー・ウィリアムズ
ボバ・フェット:ジェレミー・ブロック(演技)、ジェイソン・ウィングリーン(公開版の声)テムエラ・モリソン(DVD版の声)
ピエット提督:ケネス・コーリー
マキシミリアン・ヴィアーズ:ジュリアン・グローヴァー
皇帝パルパティーン:クライヴ・レヴィル(公開版の声)イアン・マクダーミド(DVD版)
公開時の皇帝は無名の役者にレヴィルの声をあてたものだったが、DVD化の際にエピソード6、1、2、3でパルパティーンを演じたマクダーミドで撮影しなおして、シリーズ全体の整合性を図った。



[編集] 日本語吹替
劇場公開版
ルーク・スカイウォーカー:奥田瑛二
ハン・ソロ:森本レオ
レイア・オーガナ:森田理恵
ダース・ヴェイダー:南原宏治
ベン・ケーノビ:河原崎国太郎
ヨーダ:永井一郎
C-3PO:高山栄
ランド・カルリジアン:樋浦勉
ボバ・フェット:宮村義人
ヴィアーズ将軍:筈見純
オゼル提督:宮内幸平
ニーダ艦長:石井敏郎
ピエット提督:横森久
ウェッジ・アンティリーズ:千葉繁
ライカン将軍:細井重之
日本テレビ「金曜ロードショー」
ルーク・スカイウォーカー:水島裕
ハン・ソロ:村井国夫
レイア・オーガナ:島本須美
ダース・ヴェイダー:鈴木瑞穂
ベン・ケーノビ:滝田裕介
ヨーダ:高木均
C-3PO:野沢那智
ランド・カルリジアン:内海賢二
1992年10月25日(日)テレビ朝日「日曜洋画劇場」
ルーク・スカイウォーカー:塩沢兼人
ハン・ソロ:山寺宏一
レイア・オーガナ:小山茉美
ダース・ヴェイダー:石田太郎
ベン・ケーノビ:宮川洋一
ヨーダ:内田稔
C-3PO:富山敬
ランド・カルリジアン:田中信夫
制作:コスモプロモーション
演出:福永莞爾
翻訳:平田勝茂
効果:新音響
調整:兼子芳博
プロデューサー:福吉健
解説:淀川長治
ビデオ・DVD版(特別篇は従来のビデオ版に追加録音)
ルーク・スカイウォーカー:島田敏
ハン・ソロ:磯部勉
レイア・オーガナ:高島雅羅
ダース・ヴェイダー:大平透
ベン・ケーノビ:納谷悟朗
ヨーダ:辻村真人
C-3PO:野沢那智
ランド・カルリジアン:若本規夫
ボバ・フェット:広瀬正志
皇帝:千葉耕市(ビデオ版)、小林勝彦(DVD版)
ピエット提督:嶋俊介
その他:岡部政明、筈見純、糸博、城山知馨夫、大山高男、伊井篤史、沢木郁也、小室正幸、津田英三、星野充昭、森一、西宏子
演出:伊達康将 
翻訳:平田勝茂 
調製:高久孝雄、飯村康雄(テレビ朝日2005.7.10放送時のみ)
制作:ムービーテレビジョン、ブロードメディア・スタジオ(テレビ朝日2005.7.10放送時のみ)
※製作順


[編集] トリビア
この映画は全世界で興行収入570億円という大ヒットとなったが、その裏にはこんなエピソードがある。

クライマックスシーンで、ダース・ベイダーがルーク・スカイウォーカーに言うセリフ"I am your father."(私がお前の父親だ)が出演者・製作スタッフ方面から映画公開前に漏れるのを防ぐため、ルーカスは撮影の時、ダース・ベイダー役に本来のセリフとは全く別のセリフを言わせ、完成直前にアフレコで"I am your father."のセリフに差し替えるという前代未聞のネタバレ防止策をとった。これはダース・ベイダーが覆面をしているキャラクターだからこそ出来た裏技である。

ちなみに、撮影時のダース・ベイダーのセリフは"Obi-wan in death!"(父親を殺したのはオビ=ワンだ)だった(「新三部作」が製作された後に考えてみれば、確かにオビ=ワンがアナキンを溶岩の前で動けなくし、全身が焼かれている彼に背を向けて無言で立ち去ったのだから、完全に間違った事は言っていないとも言える)。

しかしながら、この事にベイダーのセリフを言わされた俳優、デヴィッド・プラウズは不満であったとの事。 (彼は試写会で本当のセリフを聞き、椅子から滑り落ちるほど驚いたそうである)


・外部リンク
スター・ウォーズの鉄人!
STAR WARS Japan スター・ウォーズ ジャパン
STAR WARS COMPANION
スター・ウォーズ シリーズ|
映画
エピソード1 / ファントム・メナス | エピソード2 / クローンの攻撃 | エピソード3 / シスの復讐

エピソード4 / 新たなる希望 | エピソード5 / 帝国の逆襲 | エピソード6 / ジェダイの帰還

テレビドラマ
ホリデー・スペシャル
アニメ
クローン大戦 | イウォーク物語 | ドロイドの大冒険
ゲーム
バトルフロント | バトルフロントII
関連項目一覧
用語 | 登場人物 | 惑星 | 兵器 | テクノロジー | エイリアン | 組織 | 戦い | 動物 | スピンオフ

カテゴリ: スター・ウォーズ | 1980年の映画 | スター・ウォーズの映画
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』











▽今日の豆知識▽

◎スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還◎

スター・ウォーズ
エピソード6/ジェダイの帰還
Star Wars Episode VI: Return of the Jedi
監督 リチャード・マーカンド
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
製作 ハワード・カザンシャン
(特別篇:リック・マッカラム)
脚本 ローレンス・カスダン
ジョージ・ルーカス
出演者 マーク・ハミル
ハリソン・フォード
キャリー・フィッシャー
アンソニー・ダニエルズ
ビリー・ディー・ウィリアムズ
イアン・マクダーミド
音楽 ジョン・ウィリアムズ
演奏:ロンドン交響楽団
撮影 アラン・ヒューム
編集 ショーン・バートン
マーシャ・ルーカス
デュウェイン・ダンハム
配給 20世紀フォックス
公開 1983年5月25日
(特別篇:1997年3月14日)
1983年7月2日
(特別篇:1997年7月26日)
上映時間 132分(特別篇:137分)
製作国 アメリカ
言語 英語
興行収入 $572,700,000
前作 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
表示
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(Star Wars Episode VI: Return of the Jedi)は、1983年のアメリカ映画。SF映画。

1983年に公開された作品は、日本では『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』と題されていたが、後に変更された。

全シリーズ総じての完結篇であり、これ以降の物語は現在映画として、またジョージ・ルーカスの公式の物語としては一切発表されていない。

目次 [非表示]
1 概要
2 サブタイトルについて
3 ストーリー
4 スタッフ
5 キャスト
6 日本語吹替
7 外部リンク



[編集] 概要
映画スター・ウォーズシリーズの3番目に発表された作品。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇』が公開された。現在発売されているDVDは、さらに変更が加えられている。

第56回アカデミー賞では音響・視覚効果における特別業績賞を受賞。また、作曲賞、美術賞にもノミネートされた。

なお、2004年9月「スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX」の発売を機に、邦題も『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』から『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』へと変更された。

同DVDでは、ラストで霊体となったダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)を演じた俳優が、当初のセバスチャン・ショウから、エピソード2、エピソード3で同役を演じたヘイデン・クリステンセンへCG合成で差し替えられるなど、いくつかの変更が加えられている。これらの変更によって、全6作からなるスターウォーズサーガがより一層筋の通ったものになった。

※ラストのヘイデン・クリステンセンへの変更については批判的な意見も多い。霊体として現れることができるジェダイの設定上20代当時のアナキンでは辻褄があわないこと(このことはアナキンは、フォースによって、ミディ=クロリアンの選ばれし者なのでミディ・クロリアンの意志でダークサイドに墜ちる前のアナキンになった。という説もある)や、死の間際の年老いた父の顔しか知らないルークが、まるで容姿の違う20代のアナキンを認識できるのか(これについては、制作年順にエピソードIVから初見しようとする視聴側についても同じことが言える)、といった疑問からである。


[編集] サブタイトルについて
ジョージ・ルーカスが最初の脚本を書いた時点でのサブタイトルは『ジェダイの帰還(Return of the Jedi)』であった。しかし監督のリチャード・マーカンドに「『ジェダイの帰還』では弱い」と言われ、ジョージはサブタイトルを『ジェダイの復讐(Revenge of the Jedi)』に変更し、サブタイトルを発表すると共に製作を進行させた。

しかし、公開前になってジョージは「全宇宙一高貴なジェダイは復讐などしないだろう」と考え、最初の『ジェダイの帰還(Return of the Jedi)』に戻した。

それでも、日本国内では既に『ジェダイの復讐』名義の関連商品を準備しており、また興行的成功を狙ったインパクトのあるタイトルを求めたため、『ジェダイの復讐』として1983年に公開された。

2000年夏に日本のファンから改題署名運動が発生したが、その時には実現には至らず、2004年にDVDがリリースされた際にようやく本来の意味である『ジェダイの帰還』へ改題された。

なお一説には、ルーカスフィルム側が公認のグッズと非公認グッズをより分けるため、公開直前になってサブタイトルを変更してまがいものをあぶり出すという戦略的な面もあったと言われている。


[編集] ストーリー

--------------------------------------------------------------------------------

注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。


--------------------------------------------------------------------------------

遠い昔、遥か彼方の銀河系で……

壮大なるスター・ウォーズ・サーガの最終章の幕開けである。

ルーク・スカイウォーカーとレイア姫は惑星タトゥイーンに住む犯罪王、ジャバ・ザ・ハットの宮殿に潜入し、ハン・ソロを救出する。その後、惑星ダゴバに戻ったルークだったが、ヨーダは老衰のため生涯を終える。最後のジェダイである恩師を失い、父であるアナキン・スカイウォーカー(=ダース・ベイダー)を倒さねばならなくなり落ち込むルークの元に、オビ=ワン・ケノービが現れ、感情を皇帝につけ込まれるな、と助言し同時にレイアがルークの双子の妹だと明かす。又、再び団結した同盟軍は帝国軍との決戦に向け、森の惑星エンドアにてイウォーク族と手を組む。

一方皇帝パルパティーンとダース・ベイダーはルークを暗黒面に転落させようと共謀するが、若きスカイウォーカーは父アナキンの心の内に眠るジェダイとしての魂を呼び覚まそうと心に決めていた。その頃同盟軍は防御シールドを失ったエンドア上空に浮かぶ未完の要塞、第2デス・スター破壊のため総力を結集する。銀河系の未来を決するこの最終決戦(エンドアの戦い)で、長きに渡った銀河内乱がいよいよクライマックスを迎える……。


[編集] スタッフ
SFX:デニス・ミューレン、ケン・ラルストン、リチャード・エドランド、フィル・ティペット(ILM)
サウンドデザイン:ベン・バート(スカイウォーカー・サウンド)
日本語字幕:岡枝慎二(初公開時)、林完治(特別篇)
吹替翻訳:平田勝茂(特別篇)

[編集] キャスト
ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
ハン・ソロ:ハリソン・フォード
ランド・カルリシアン:ビリー・ディー・ウィリアムズ
レイア姫:キャリー・フィッシャー
オビ=ワン・ケノービ:アレック・ギネス
ヨーダ:フランク・オズ
アナキン・スカイウォーカー:セバスチャン・ショウ(DVD版では、CG合成によってラストシーンのみヘイデン・クリステンセンに置き換えられている)
ダース・ベイダー:デイヴィッド・プラウズ(演技)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)
皇帝パルパティーン:イアン・マクダーミド(新三部作でもパルパティーンを演じている)



[編集] 日本語吹替
劇場公開版
1983年公開時には劇場吹き替え版は製作されなかった。

日本テレビ「金曜ロードショー」
ルーク・スカイウォーカー:水島裕
ハン・ソロ:村井国夫
レイア・オーガナ:島本須美
ダース・ヴェイダー:鈴木瑞穂
ベン・ケーノビ:滝田裕介
ヨーダ:高木均
C-3PO:野沢那智
ランド・カルリジアン:内海賢二
皇帝:田中明夫
アクバー提督:田村錦人
その他:仁内建之、高畑淳子、塚田正昭、大塚芳忠、キートン山田、小島敏彦、広瀬正志、千田光男、二又一成、荒川太郎
ナレーター:城達也
制作:コスモプロモーション
演出:蕨南勝之
翻訳:平田勝茂
調整:近藤勝之
ビデオ・DVD版(特別篇は従来のビデオ版に追加録音)
ルーク・スカイウォーカー:島田敏
ハン・ソロ:磯部勉
レイア・オーガナ:高島雅羅
ダース・ヴェイダー:大平透
ベン・ケーノビ:納谷悟朗
ヨーダ:辻村真人
C-3PO:野沢那智
ランド・カルリジアン:若本規夫
アクバー提督:藤本譲
皇帝:千葉耕市
ピエット提督:嶋俊介
モン・モスマ:さとうあい
その他:、岡部政明、池田勝、千田光男、津田英三、小室正幸、広瀬正志、沢木郁也、古田信幸、星野充昭
演出:伊

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 10:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM