<< 『スター・ウォーズ』第1作から30周年を迎える | main | 巨大ヒツジ、ハイウェイを往く >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ピ、ハリウッド主演作のオファーを断った?

ハリウッド主演作のオファーを断った?やるのう、お主出来る、、

・・とはいったい何者じゃ!!

ザ・ピーナッツの再来か??

(忍者影の声)オイオイ、今更、「モスラ〜〜〜や! モスラ〜〜〜 ハイ!」
じゃあるまえし、今どきの若者は、それこそ、誰じゃ!!って言われるぞ!!

などと、古臭い、NEWS斬りサムライは、一瞬思ったのじゃが、


↓↓『ベガテックス』で、あなたのペニスは大きくなる!↓↓



▲『ベガテックス』今だけ!代引手数料無料キャンペーン!


△『ベガテックス』 ペニス増大ハイブリットリング!△



ピとは韓国の人気歌手らしいのう。

それにつけても、流石(さすが)儒教のお国だけあって、謙虚というか、欲がないというか

自分をよく知っちょるちゅううか、、、

普通なら、ハリウッド主演のお誘いなんぞあったら、即座に、飛びつくぞ・・・

そういや、昨晩、10チャンネル、香取眞吾のTV番組(たしか、SMA Station?)に

新庄剛が出とって、「新庄さん、次は役者なんかやりたくないですか?」ときかれ、

アホ(失礼)新庄が「興味はないけど、やるなら、最初から、映画の主演じゃないと嫌ですね。

しかも、シリアスな役、自分が病気で苦しんでて、恋人が・・・みたいな、、、

でも、演技とかは、全然自信ないですけど・・」

(やっぱ、こいつは、天才的なアホ、ナルシストや、、、でもそんでここまで来たんだから
ある意味、あほもここまで来れば、天才か・・・)

のコメントと正反対じゃのう。。

実力をつけてから、徐々に、その道の階段を徐々に上がっていきたい、というピ流と、

実力は、役と、天性(野生??、天然??)のカンで、つけていく、、という新庄流と

5年後、10年後、2人が、どうなっているのか、サムライは今から楽しみじゃ!!


あなたは、どっち派?


▽今日の豆知識(その1)▽

◎ピ(シンガー)とは◎

ピ(1982年6月25日 - )は、韓国出身の男性R&B歌手。

主に韓国で活動し、日本や中華圏、タイなどでもCDを発売している。また韓国では俳優業も行っている。「ピ」とは韓国語で「雨」の意味(韓国語の漢字で「雨」と書くわけではない)。2006年、日本での活動時は「RAIN」に改名した。血液型はO型。

2006年12月に公開されたミュージックビデオI'm Coming(Feat. Tablo)にて、軍服を着た天使のコスプレで、原爆投下直後の広島に酷似する背景に降り立ち歌って踊る、というパフォーマンスを披露、波紋を呼んでいる。撮影場所は韓国映画『ブラザーフッド』のロケ地。

目次
1 概要
1.1 韓国
1.2 日本
1.3 その他アジア
1.4 アメリカ
2 その他
3 ディスコグラフィー
3.1 韓国
3.1.1 アルバム
3.2 日本
3.3 シングル
3.3.1 アルバム
4 CM
5 外部リンク



[編集] 概要

[編集] 韓国
1998年、ダンスグループFan Clubのメンバーとして韓国歌謡界デビュー。しかしこの時は大きなヒットには恵まれず、低調のまま解散する。その後、現在の所属事務所JYPエンターテインメントの社長のJ.Y.Park(パク・チニョン)に見出され、以後ソロデビューに向けてトレーニングをする。
2002年4月28日、1集(1st)アルバムでソロデビュー、タイトル曲나쁜남자(悪い男)の活動を開始する。
2003年9月、KBSのドラマ、『サンドゥ、学校へ行こう!』のチャ・サンドゥ役でドラマ初主演。
2002年10月6日、1集アルバムの後続曲안녕이란 말 대신(さよならと言うかわりに)で、音楽チャートで初めて1位を獲得する。歌手として人気を得たため、CM出演や音楽番組のMCもするようになる。
2002年12月、SBS歌謡大賞新人賞、ゴールデンディスク大賞、MBC10大歌手新人賞、KMTV新人歌手賞、M.NET新人歌手賞をそれぞれ受賞。
2003年10月16日、2集(2nd)アルバム発売。タイトル曲태양을 피하는 방법(太陽を避ける方法)の活動を開始する。
2003年12月、SBS歌謡大賞本賞、KBS歌謡大賞本賞、MBC10大歌手賞、KMTV本賞、M.NETネチズン人気賞、KBS演技大賞新人賞をそれぞれ受賞。
2004年7月、KBSのドラマ、『フルハウス』にイ・ヨンジェ役で主演。
2004年10月8日、3集(3rd)アルバム発売。タイトル曲It's Rainingの活動を開始する。
2004年12月、大韓民国国会大賞、M.NET最高人気ミュージックビデオ賞、SBS歌謡大賞本賞、SBS歌謡大戦ネチズン最高人気賞、KBS歌謡大賞、MBC10大歌手賞をそれぞれ受賞。
2005年1月、韓国で初の単独コンサート『RAINY DAY』開催。

[編集] 日本
2004年11月、文化庁イベント「POP ASIA 2004」に韓国代表として出演。


アメリカ映画
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(ハリウッド映画 から転送)
移動: ナビゲーション, 検索
アメリカ映画は、主にアメリカ合衆国の人々や映画会社によって制作された映画のこと。専らハリウッド映画という意味で使われるが、正確にはアメリカ映画の中にはインデペンデント映画などの、ハリウッドの映画会社によるメジャーな映画ではない映画も数多く存在する。アメリカ映画は年間制作本数の面でも1本の制作費の面でも世界で最も大きな規模を誇る。また、国際性の豊かさも大きな特徴である。アメリカ映画に関わる映画監督、男優、女優はアメリカ人とは限らず、世界各国から渡米した人々が多い。

一方で軍産複合体の都合上、少なからずハリウッドも出資者の影響を受けており特に軍部などの協力を仰がねばならない戦争映画に関しては「プロパガンダ」「独善的」と揶揄されることもある(もっとも全ての映画が出資者の意向で作られている訳ではない)。他にも「低俗的」「考証が下手」「文化的侵略」とも言われ、特定の国々では上映を中止するケースもある。

近年では製作費や役者のギャラが高騰し、一時期のような超大作は作りづらくなっている。収益の見込める有名監督による大作、過去作のリメイクや続編、他国の映画のリメイクに加え、比較的経費が少ないドキュメンタリー映画などに頼らざるを得ないのが現状である。またコスト削減を目的に、カナダやオーストラリア、ヨーロッパなどアメリカ国外で撮影される場合が少なくない。

目次 [非表示]
1 歴史
1.1 1890年代
1.2 1900年代
1.3 1910年代-1920年代
1.4 1930年代-1940年代
1.5 1960年代
1.6 1970年代
1.7 1990年代
2 アメリカ映画の代表的な人物
3 関連項目
4 文献



[編集] 歴史

[編集] 1890年代
1893年、アメリカでトーマス・エジソンが「キネトスコープ」という映写機を発明した。これは箱を覗くとそこに動く映像が見えるという覗き穴式だったため、現在の映画の直接的な起源とは考えられていない。直接の起源は1895年にフランスのリュミエール兄弟が発明した「シネマトグラフ」である。


[編集] 1900年代
1903年、エドウィン・S・ポーターが『大列車強盗』を制作した。物語を持った初期の映画で、西部劇の元祖ともいえる作品である。この頃の映画はまだ紙芝居のような見世物の段階であった。1905年、アメリカでは初めての映画館がピッツバーグに設立された。


[編集] 1910年代-1920年代
エジソンがシネマトグラフをアメリカで使用する特許を取ったために、アメリカでの映画制作は難しいものとなっていた。困った映画人たちは西海岸のロサンゼルス・ハリウッドへ逃げた。そこは降雨も少なく様々な風景があったため映画制作にも適していた。 ハリウッドの映画産業を作り上げたのは主にユダヤ人の移民だった。ユダヤ人は他の仕事には迫害を受けており、映画という新しい娯楽ビジネスに注目したのである。1912年にはユニヴァーサル映画とパラマウント映画、1915年には20世紀フォックスの元となるフォックス・フィルム、1919年にユナイテッド・アーティスツ、1923年にワーナー・ブラザーズ、1924年にMGMとコロムビア映画などの現在のメジャースタジオが次々と設立された。これらの会社を設立したのは皆ユダヤ人である。この時期には「アメリカ映画の父」とも呼ばれるD・W・グリフィス監督の『國民の創生』(1915年)が公開された。

第一次世界大戦(1914年〜1918年)の後、多くの映画制作者がヨーロッパから渡米してきた。最も有名な人物はアルフレッド・ヒッチコックである。

1927年、アメリカで初めてのトーキー映画『ジャズ・シンガー』が公開。1929年には第1回アカデミー賞が開催された。見世物として始まった映画が、本格的に文化として認められ始めたといえる。


[編集] 1930年代-1940年代
1930年代〜1940年代はハリウッド黄金期と呼ばれている。大きな映画会社が大規模で良質な映画を次々と生み出した。これはスタジオ・システムと呼ばれる。『或る夜の出来事』、『風と共に去りぬ』、『駅馬車』、『市民ケーン』などが代表的である。スクリューボール・コメディと呼ばれるロマンティック・コメディ映画が流行した。

1940年代の終わりにスタジオ・システムは独占禁止法と、テレビの登場によって崩壊した。


[編集] 1960年代
1967年の映画『俺たちに明日はない』を発端として、アメリカではアメリカン・ニューシネマと呼ばれる反体制的な若者を描く作品群が1970年代半ばまでいくつか制作された。これはベトナム戦争(1960年〜1970年)が影響を与えたと考えられている。


[編集] 1970年代
1970年代にはアメリカ映画に大きな変化があった。スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラらの登場である。彼らは映画学校で学び、1960年代にヨーロッパで生まれた技術を身につけた新しいタイプの監督だった。大きな興行成績を上げるうえに批評家たちからも高く支持された。


[編集] 1990年代
新しいビデオというメディアはハリウッドのビジネスにも影響を与えた。また、クエンティン・タランティーノやポール・トーマス・アンダーソンのようなビデオ世代の映画監督が出現したことも特筆すべきである。またコンピュータ・グラフィックス(CG)技術の発展により、従来の技術的・費用的限界からの解放が進んだ。


[編集] アメリカ映画の代表的な人物
映画監督はスタンリー・キューブリック、マーティン・スコセッシ、ジョン・ヒューストン、ロバート・アルトマン、ジョン・フォード、スパイク・リー、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、クリント・イーストウッド、フランク・キャプラ、クリス・コロンバスなど。

俳優はトム・クルーズ、ブラッド・ピット、デンゼル・ワシントン、クリント・イーストウッド、マーロン・ブランド、ジェームズ・キャグニー、ジェームズ・ディーン、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、ハリソン・フォード、ケビン・コスナー、ジョージ・クルーニー、キャサリン・ヘプバーン、オードリー・ヘプバーン、マリリン・モンロー、キャメロン・ディアス、ジュリア・ロバーツ、メリル・ストリープ、ジョン・ウェイン、ダスティン・ホフマン、シルベスター・スタローンなど。


[編集] 関連項目
映画
ハリウッド
アカデミー賞
サンダンス映画祭

[編集] 文献
ミドリ モール『ハリウッド・ビジネス』 文春新書 文藝春秋 ISBN 4166602101
加藤幹郎『映画 視線のポリティクス』古典的ハリウッド映画の戦い 筑摩書房 ISBN 4480872833
副島隆彦『ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ〈上〉』(講談社 +α文庫)ISBN 4062568438
副島隆彦『ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ〈下〉』(講談社 +α文庫)ISBN 4062568446
2005年2月16日、アルバム『IT'S RAINING』日本盤を発売。ウィークリーランキング15位にランクイン。
2005年7月、東京国際フォーラムで『RAINY DAY in Japan』開催。
2005年9月、日本武道館で『RAINY DAY in Japan』追加公演開催。
2005年9月24日、日韓国交正常化40周年記念「韓流オールスターサミット」に参加。
2007年5月25日、韓国人歌手としては初めて、同芸能人としてはイ・ビョンホンに次いで二人目として東京ドーム公演を実施した。

[編集] その他アジア
2003年6月1集アルバム、台湾で発売
2004年5月2集アルバム、タイと中国で発売
2004年8月2集アルバム、台湾で発売

[編集] アメリカ
2006年2月2日〜3日、ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンシアターで『Rainy Day-New York』開催。ちなみに同会場でのアジア人歌手の単独ライブはこれが初である。しかし、アメリカのニューヨークタイムズ紙ではこれについて、彼の才能を認めつつ、彼の公演がマイケルジャクソンを含めたアメリカ国内の多くの有名歌手を真似ただけで特色がなかったと指摘した。この新聞は引き続き、歌手ピがマイケル・ジャクソンと同じカリスマもオショワのような性的魅力もティンバーレイクのはやいポップも持っていないとしながら、舞台で公演する彼を見ることはまるで韓国語でダビングされた古いMTV ビデオを見るようだったと批評した。初日公演観客の中95%位がアジア人、又90%は女性だった。ニューヨークタイムズ紙は模倣だけでは早く変わるアメリカポップ音楽を追い付くことができないだろうし、これがピがアメリカで成功するのに障害物になるとも指摘した。
2006年5月、アメリカの時事週刊誌である「タイム」が選定した「世界で最も影響力ある人物100人」のリストに名前が載せられた。
2007年5月、アメリカの時事週刊誌である「タイム」が選定した「世界で最も影響力のある100人」 のリストを発表したが、今年はこの100人のリストからはずれた。タイム誌が実施したインターネットの人気投票では1位だった。インターネットの最終集計によると、Rainが獲得した票の数は47万174票で、2位(約27万票)を2倍以上引き離すという圧倒的な勝利だったが、同一IPによる繰り返し投票だったため、100人のリストには入らなかった。

[編集] その他
2集活動の少し前にロサンゼルスでダンスの訓練を受ける。以降、ダンスの振り付けは自分でするようになる。
『太陽を避ける方法』の活動中、ステージでサングラスを掛けてパフォーマンスが話題を呼んだ。
トレーニングに非常に熱心で、事務所の社長が「私が訓練を休めと言ったのは、彼が初めて」と語ったほど。
韓国ではその肉体美から、よく「モムチャン歌手」と呼ばれる。
ファンクラブの名前は「雲」。
韓国語の他に英語も話す。
J-WAVE「e-STATION SHUFFLE!」のサイトで行われたネット投票で、NHK紅白歌合戦で見たい歌手の1位を獲得した。[1]ただし無記名で複数投票可能であったことから、ファンまたはアンチの複数投票の可能性がある。
2006年1月、『笑っていいとも』に出演。
日本携帯公式サイトで、韓国アーティストとして初めて、単体の携帯ファンクラブサイトの運営がはじまった。
主催者側の発表によると30秒で完売だったはずが、インターネットオークションで大量のチケットが1円で売られていたことがある。なお、入札する者がほとんどおらず、落札金額も1円というものが大半を占めた。
韓国ではBMWのイメージキャラクターになっている。BMW meets Truth

[編集] ディスコグラフィー

[編集] 韓国

[編集] アルバム
1集『n001』
2集『rain2;』
3集『IT'S RAINING』
4集『RAIN'S WORLD』

[編集] 日本

[編集] シングル
1st『sad tango』
2nd『free way』
3rd『move on』

[編集] アルバム
『IT'S RAINING』日本語ボーナストラック、DVD付き
『Eternal Rain』日本オリジナルアルバム
『RAIN'S WORLD』歌詞・対訳&カタカナルビ付
『n001』日本オリジナルジャケット/歌詞対訳&カタカナルビ付
『rain2;』日本オリジナルジャケット/歌詞対訳&カタカナルビ付

[編集] CM
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

[編集] 外部リンク
韓国公式HP
韓国所属事務所JYP ENTERTAINMENT HP
日本公式HP
携帯公式サイト 【Rain(ピ)mobile】HP
ピのニュースコレクション
ピの情報詳細
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94_%28%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%29" より作成


▽今日の豆知識(その2)▽

◎ハリウッド(アメリカ)映画◎



アメリカ映画は、主にアメリカ合衆国の人々や映画会社によって制作された映画のこと。専らハリウッド映画という意味で使われるが、正確にはアメリカ映画の中にはインデペンデント映画などの、ハリウッドの映画会社によるメジャーな映画ではない映画も数多く存在する。アメリカ映画は年間制作本数の面でも1本の制作費の面でも世界で最も大きな規模を誇る。また、国際性の豊かさも大きな特徴である。アメリカ映画に関わる映画監督、男優、女優はアメリカ人とは限らず、世界各国から渡米した人々が多い。

一方で軍産複合体の都合上、少なからずハリウッドも出資者の影響を受けており特に軍部などの協力を仰がねばならない戦争映画に関しては「プロパガンダ」「独善的」と揶揄されることもある(もっとも全ての映画が出資者の意向で作られている訳ではない)。他にも「低俗的」「考証が下手」「文化的侵略」とも言われ、特定の国々では上映を中止するケースもある。

近年では製作費や役者のギャラが高騰し、一時期のような超大作は作りづらくなっている。収益の見込める有名監督による大作、過去作のリメイクや続編、他国の映画のリメイクに加え、比較的経費が少ないドキュメンタリー映画などに頼らざるを得ないのが現状である。またコスト削減を目的に、カナダやオーストラリア、ヨーロッパなどアメリカ国外で撮影される場合が少なくない。

目 次

1 歴史
1.1 1890年代
1.2 1900年代
1.3 1910年代-1920年代
1.4 1930年代-1940年代
1.5 1960年代
1.6 1970年代
1.7 1990年代
2 アメリカ映画の代表的な人物
3 関連項目
4 文献



[編集] 歴史

[編集] 1890年代
1893年、アメリカでトーマス・エジソンが「キネトスコープ」という映写機を発明した。これは箱を覗くとそこに動く映像が見えるという覗き穴式だったため、現在の映画の直接的な起源とは考えられていない。直接の起源は1895年にフランスのリュミエール兄弟が発明した「シネマトグラフ」である。


[編集] 1900年代
1903年、エドウィン・S・ポーターが『大列車強盗』を制作した。物語を持った初期の映画で、西部劇の元祖ともいえる作品である。この頃の映画はまだ紙芝居のような見世物の段階であった。1905年、アメリカでは初めての映画館がピッツバーグに設立された。


[編集] 1910年代-1920年代
エジソンがシネマトグラフをアメリカで使用する特許を取ったために、アメリカでの映画制作は難しいものとなっていた。困った映画人たちは西海岸のロサンゼルス・ハリウッドへ逃げた。そこは降雨も少なく様々な風景があったため映画制作にも適していた。 ハリウッドの映画産業を作り上げたのは主にユダヤ人の移民だった。ユダヤ人は他の仕事には迫害を受けており、映画という新しい娯楽ビジネスに注目したのである。1912年にはユニヴァーサル映画とパラマウント映画、1915年には20世紀フォックスの元となるフォックス・フィルム、1919年にユナイテッド・アーティスツ、1923年にワーナー・ブラザーズ、1924年にMGMとコロムビア映画などの現在のメジャースタジオが次々と設立された。これらの会社を設立したのは皆ユダヤ人である。この時期には「アメリカ映画の父」とも呼ばれるD・W・グリフィス監督の『國民の創生』(1915年)が公開された。

第一次世界大戦(1914年〜1918年)の後、多くの映画制作者がヨーロッパから渡米してきた。最も有名な人物はアルフレッド・ヒッチコックである。

1927年、アメリカで初めてのトーキー映画『ジャズ・シンガー』が公開。1929年には第1回アカデミー賞が開催された。見世物として始まった映画が、本格的に文化として認められ始めたといえる。


[編集] 1930年代-1940年代
1930年代〜1940年代はハリウッド黄金期と呼ばれている。大きな映画会社が大規模で良質な映画を次々と生み出した。これはスタジオ・システムと呼ばれる。『或る夜の出来事』、『風と共に去りぬ』、『駅馬車』、『市民ケーン』などが代表的である。スクリューボール・コメディと呼ばれるロマンティック・コメディ映画が流行した。

1940年代の終わりにスタジオ・システムは独占禁止法と、テレビの登場によって崩壊した。


[編集] 1960年代
1967年の映画『俺たちに明日はない』を発端として、アメリカではアメリカン・ニューシネマと呼ばれる反体制的な若者を描く作品群が1970年代半ばまでいくつか制作された。これはベトナム戦争(1960年〜1970年)が影響を与えたと考えられている。


[編集] 1970年代
1970年代にはアメリカ映画に大きな変化があった。スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラらの登場である。彼らは映画学校で学び、1960年代にヨーロッパで生まれた技術を身につけた新しいタイプの監督だった。大きな興行成績を上げるうえに批評家たちからも高く支持された。


[編集] 1990年代
新しいビデオというメディアはハリウッドのビジネスにも影響を与えた。また、クエンティン・タランティーノやポール・トーマス・アンダーソンのようなビデオ世代の映画監督が出現したことも特筆すべきである。またコンピュータ・グラフィックス(CG)技術の発展により、従来の技術的・費用的限界からの解放が進んだ。


[編集] アメリカ映画の代表的な人物
映画監督はスタンリー・キューブリック、マーティン・スコセッシ、ジョン・ヒューストン、ロバート・アルトマン、ジョン・フォード、スパイク・リー、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、クリント・イーストウッド、フランク・キャプラ、クリス・コロンバスなど。

俳優はトム・クルーズ、ブラッド・ピット、デンゼル・ワシントン、クリント・イーストウッド、マーロン・ブランド、ジェームズ・キャグニー、ジェームズ・ディーン、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、ハリソン・フォード、ケビン・コスナー、ジョージ・クルーニー、キャサリン・ヘプバーン、オードリー・ヘプバーン、マリリン・モンロー、キャメロン・ディアス、ジュリア・ロバーツ、メリル・ストリープ、ジョン・ウェイン、ダスティン・ホフマン、シルベスター・スタローンなど。


[編集] 関連項目
映画
ハリウッド
アカデミー賞
サンダンス映画祭

[編集] 文献
ミドリ モール『ハリウッド・ビジネス』 文春新書 文藝春秋 ISBN 4166602101
加藤幹郎『映画 視線のポリティクス』古典的ハリウッド映画の戦い 筑摩書房 ISBN 4480872833
副島隆彦『ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ〈上〉』(講談社 +α文庫)ISBN 4062568438
副島隆彦『ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ〈下〉』(講談社 +α文庫)ISBN 4062568446
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(ハリウッド映画 から転送)
JUGEMテーマ:韓流♪



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 16:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM