<< カリフォルニア山火事、大気汚染にも深刻な影響 | main | マイズナー スケートアメリカSPで首位 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


プラド美術館の増築工事が終了、一般公開へ

プラウド美術館・・なんて、あんまり親しみなかったけど、Wikiってみると

結構すごい美術館なんだ!!

なんたって、1819年に「王立美術館」として、スペインは、マドリードに開館したちゅうやから
歴史があるよね。

で、ベラスケス、ゴヤ、ボス、やら、かつては、ピカソのゲルニカも展示されてたらしいぞよ。

ふ〜〜ん、元は、修道院だったんだ。。

で、そのプラウド美術館の修復が完了して、公開されたちゅううわけでんねん。

何だか、スペイン旅行にかわゆい芸術的な子と、行きたくなってきちゃったです・・
(また、オヤジの盲想です・・・ハイ、、失礼しました。。)




▽プラド美術館って、どんな美術館??▽

プラド美術館 (Museo del Prado) は、スペインのマドリードにある、世界でも有数の規模と内容をもつ美術館である。

15世紀以来の歴代のスペイン王家のコレクションを展示する美術館である。1819年に「王立美術館」として開館。

1868年の革命後「プラド美術館」と改称された。現在文化省所管の国立美術館。ベラスケス、ゴヤなどのスペイン絵画が質量ともに充実している

ことは言うまでもないが、フランドル、イタリアなどの外国絵画も充実している。


補足:スペイン王室のコレクションにフランドル絵画が多数加えられた16世紀から17世紀にかけて、フランドルはスペイン王室の領土
(ブルゴーニュ公爵領)であった。ルーベンスが仕えたのもハプスブルグ家のフランドル総督である。


[1] 主な収蔵品

ベラスケス - 『女官たち(ラス・メニーナス)』(1656)

ベラスケス - 『ブレダの開城』(1634−35)

ベラスケス - 『マルガリータ王女』(1660)

ゴヤ - 『裸のマハ』(1797−1800)

ゴヤ - 『着衣のマハ』(1797−1803)

ボス - 『快楽の園』(1503−04)

デューラー - 『アダムとイヴ』(1507)

エル・グレコ - 多数

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ - 多数


[2] その他

ソフィア王妃芸術センター かつてプラド美術館別館に収蔵されていたピカソのゲルニカなどが展示されている。プラド美術館から徒歩圏内。

[3] 外部リンク
Museo del Prado スペイン語・英語
プラド美術館 スペイン政府観光局オフィシャルサイト(日本語)

ウィキメディア・コモンズには、プラド美術館に関連するマルチメディアがあります。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%89%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8" より作成

カテゴリ: スペインの美術館 | マドリード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 02:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プラド美術館の増築工事が終了、一般公開へ
【10月28日 AFP】マドリード(Madrid)で26日、増築工事が終わり再
  • ユーロツアー・ニュースブログ
  • 2007/10/30 1:37 AM
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM