<< 純金の「聖闘士星矢」のフィギュア人形、1万6千円なり、聖闘士星矢ファンのあなた買う? | main | サンタクロースの自宅はキルギス、プレゼント配達スピードは34マイクロ秒 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


防衛省が国産のステルス機開発を計画か

防衛省が、ステルレス機の国産化を計画なんて、7月のニュースがなんでまた再浮上してるんじゃろうか??


▼【期間限定!思い切って! 2万2千円値引き】シトルリンΩ5箱セット

▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!






▲『シトルリンΩ』新医薬成分でペニス増大↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!




F-22 ラプターF-22 ラプター。


素朴な疑問じゃいな・・

でも、FX⇒次期主力戦闘機、、だの、GEだの、防衛省だの、アメリカとの政治的駆け引き

だのといった防衛関係のキーワードを見ていると、なんだか、最近逮捕された守屋前ゴルフ次官じゃなかった、防衛省次官とか、ぬかが腐った、、じゃなかった額賀元防衛大臣・・

だのといったお名前を、思い浮かべちゃうけど、まあ、何の関係もないんだろうね?

あったら、大騒ぎだし、大スクープだしね〜〜

でも、今回の、守屋たかりやさんとのか事件を見てると、何があってもおかしくないし

例の、ロッキード事件だって、根っこは、同じ感じだもんね・・


F-22 (戦闘機)とは



F-22は、F-15C/Dの後継機としてロッキード・マーティン社が開発し、アメリカ合衆国空軍 (USAF) にて制式化された多用途戦術戦闘機(航空支配戦闘機、マルチロール機とも呼ばれる)。愛称はラプター(Raptor//猛禽類の意)。初飛行は1997年(YF-22の初飛行は1990年9月30日)。

F-22
用途:航空支配
分類:多用途戦闘機
製造者:ロッキード・マーティン
運用者:アメリカ(アメリカ空軍)
初飛行:1997年9月7日
運用開始:2005年12月15日
ユニットコスト:1億2000万USドル(2005年)
表示F-22

目 次

1 開発の上での要求

2 開発の経緯

3 F-22の特徴と性能
3.1 名称の変更
3.2 生産数
3.3 現在の配備状況
3.3.1 日本への一時配備
3.4 航空自衛隊の次期F-Xについて
3.5 運用コスト

4 諸元 (F-22A)
4.1 武装
4.1.1 空対空戦闘時
4.1.2 空対地戦闘時

5 FB-22計画

6 登場作品とフライトシミュレーション

7 参考

8 関連項目

9 外部リンク


[1] 開発の上での要求

この戦闘機は、『ステルス性が高いこと』『アフターバーナーを使用しないでスーパークルーズ(超音速巡航)ができること』

『STOL(短距離離着陸)が可能なこと』という3つのSの要求のもとに開発された。

(注:「スーパークルーズ」とは、アフターバーナーの使用の有無に関わらず超音速で巡航する事であり、

「アフターバーナーなしで超音速巡航する意味ではない」。旧ソ連の超音速旅客機「Tu-144」は超音速域ではアフターバーナーを使用して

巡航する。)


[編集] 開発の経緯

1981年に米国でATF(Advanced Tactical Fighter、先進戦術戦闘機計画)と呼ばれる計画が始まった。

空軍の要求の元に、ロッキードのYF-22とノースロップのYF-23の競争試作となった。

それにあたって両社ともに試作機を2機ずつ作り、1機にはプラット・アンド・ホイットニー製のYF119エンジンを、

もう1機にはGE(ゼネラル・エレクトリック)社製のYF120エンジンを搭載し試験を行うこととなった。


その結果1991年にP&W社製のYF119を搭載したYF-22の正式採用が決定した。YF-22が採用された理由としては、YF-23にくらべステルス性や

スーパークルーズ性能では劣っていたが機動性および生産コストと整備の簡易さが優れていたためといわれる。

またエンジンにYF119が採用された理由としては、最大出力はYF120の方が優れていたものの、高価であり、ただでさえ高価なステルス戦闘機の

価格をさらに高騰させるのを抑える意味もあったと言われている。


もちろんYF119の方が出力は小さいとは言え、F-15のF100が最高出力105kNなのに比べてYF119では最高出力156kNと十分な出力を誇っている。

アビオニクスは従来の戦闘機と同様にAdaで開発された。ソフトウエアの開発規模は機能のソフトウエア化が進んだことにより、

F-15Aのソフトウエアが200,000行に過ぎなかったのに、F-22では2,200,000行にも達しソフトウエア開発が戦闘機開発に占める割合が激増した、

F-35ではさらに増えて4,300,000行を越え作業工数全体の40%を越えると言われている。


ソフトウエアの内訳は航法28%、レーダー12%、電子戦14%、通信14%と四分野で全体の7割近くを占めている。

また消費電力もレーダーと電子戦だけで全体の90%を占めており電子機器の重要性と開発コスト、時間に占める割合が激増している。

これは、逆に見れば機体の生産数が増えれば増えるほどコストダウンが可能になること意味しているが、現在の生産数では逆に

ソフトウエア費用が機体価格を高騰させる結果になっている。


機体の部品点数は従来機に比べて非常に少なくF-15Eの三分の一以下しかない、これは機体構造のフレームピッチが広くなり個々の機体部品が

大型化しているためである、これはステルス化のために機体外板の継ぎ目を減らす必要性から出来たことである。

そのため、部品を作るための工作機械に対する初期投資が大きくなり、機体価格の高騰を招く原因になっている。


しかし、大量生産になれば生産効率が高くなることを意味しているわけでもあり、大量生産によるコストダウンが期待できる。


大量生産に対応した構造を持っているにもかかわらず、生産数が少ないために初期投資の回収のために機体価格が高騰せざるをえないという

皮肉な結果になっている。


[編集] F-22の特徴と性能

ラングレイ空軍基地に集結するF-22F-22はその性能要求通り、高いステルス性とスーパークルーズ能力を併せ持っている。

ステルス性の詳細については軍事機密であり不明だが、レーダー反射面積は0.003〜0.005m²といわれている。

これは、さば味噌煮缶詰などに使われる6号缶のふたほどの面積でしかレーダー反射しないことを示していて、

このようなレーダー反射面積が極小の戦闘機に、レーダー誘導方式のミサイルを命中させるのは非常に困難と推測される。


スーパークルーズについては、アフターバーナーの使用なしで最大巡航速度マッハ1.58となっている。

一説にはマッハ1.7まで到達したという発表もある。

また、F-22のエンジンは上下方向に20度まで推力軸を傾けることができる推力偏向ノズルの採用によりF-15を上回る旋回性能を持ち、

格闘戦性能も高い。

ただし、ステルス性を利用すると、敵に探知されない遠距離から攻撃を加える (first look, first shot, first kill) ことができるため、

そもそもドッグファイト自体が起こる可能性は低いと考えられている。


推力偏向ノズルによる運動性の向上に伴い、パイロットの体が強烈な加速Gに耐えられなくなり、パイロットの体を保護する新型の

耐Gスーツ COMBAT EDGE and Advanced Technology G Suit (CE-ATAGS) が機体と併せて開発された。


パイロットがブラックアウト・レッドアウトを起こしたり、平衡感覚が狂ったりした場合には、操縦桿を離すことで機体を自動的に

水平状態に復帰させる機能もある。


電子機器も優れており、特にレーダーは、約250km先の目標を探知出来るアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダー (AN/APG-77) を

装備しており、多彩なモードとの組み合わせにより索敵能力・信頼性・低被捕捉性に秀でている。


電子機器は非常に高性能で、リスク分散のため複数搭載されている。飛行姿勢はコンピュータ制御されており安定性が高い。


飛行操縦系統には、3重のフライ・バイ・ワイヤ (FBW) を使用しており、列線交換ユニットの採用により整備性が高い。


また、F-22の大きな特徴としてネットワーク機能がある。飛行中のF-22は互いにデータリンク (IFDL:In Flight Data Link) に

よって戦術情報をやりとりしながら、連携して戦闘行動を取ることができ、索敵範囲を超える敵機及び友軍機の情報を司令部や

早期警戒管制機から受信することもできる。


さらにロックウェル・コリンズ社が開発中の高速データリンク・TTNT (Tactical Targeting Networking Technology) を2008年から

導入する計画である。


飛行中のF-15(奥)とF-222007年1月現在においてF-22には実戦経験はないが、「目視は出来ているのに(F-15の)レーダーに映らない」

ことさえあるというステルス性により、「1機でF-15を5機同時に相手にできる」と言われている。


実際、訓練中の模擬戦闘では驚異的な逸話がすでにいくつも生まれており、例をあげれば、

「F-15を相手として100戦以上行われた模擬戦闘で無敗」

「アグレッサー部隊のF-16が300回もの模擬戦闘出撃を行ってついに一度もミサイルの射程内に捉えられなかった」等だが、

模擬戦闘のドッグファイトにおいてF/A-18にガンで撃墜された可能性がある

(ただし撃墜した側のF/A-18のHUDに投影されている速度が失速寸前の速度である為、疑問が残る。

尤も、制空戦闘機たるF-15の後継機として開発された為、戦闘力が当たり前に高い。)


なお、当初転換訓練などのための複座型としてF-22Bを生産する予定であったが、その後、地上シミュレーターで完全に代替出来ると

判断されたため、生産されていない。


[編集] 名称の変更

当初F-22は空対空戦闘能力のみを備える予定だったが、後に空対地攻撃能力を付与されることが決定され、

2002年9月に攻撃機という意味のA (Attacker) の文字を加えられ、名称がF-22からF/A-22へ変更された。


しかし、2005年12月に初度作戦能力を得る際に、名称を再度F-22Aへと変更している。

その理由には諸説あるが、名称変更に伴う要求性能の変更などは特に発表されていない(2006年1月現在)。


[編集] 生産数

F-22はF-15の後継に恥じない高性能機であるが、開発の遅れもあり、製造コストが大きい。

当初は750機生産と予定されていたが、冷戦の終結で導入の意義が薄れ、2006年現在では183機のみ生産予定で、

米空軍はF-15の全機代替はせず、当面は追加されるF-22とともに2025年まで第一線で運用される。

ただし、2007年10月2日に起きたF-15Cの空中崩壊事故の調査の結果、老朽化が進んでいることが判明しており、

導入予定の前倒しとF-22の増産が検討されている。


[編集] 現在の配備状況

2005年12月15日にアメリカ空軍はバージニア州のラングレー空軍基地にある第1戦闘航空団に初めて実戦配備を完了したと発表した。

ある軍事専門誌では、同航空団麾下の3個飛行隊のうち2個飛行隊にF-22Aを配備、残り1個飛行隊は F-15C/Dのままで配備機数を増やして

ビッグスコードロン化されると報じている。

2006年以降はグアムなど太平洋に展開する可能性も示唆されている。

なお、2番目の配備先はアラスカ州のエルメンドルフ空軍基地に決定しており、さらに2006年3月1日に、ニューメキシコ州ホロマン空軍基地、

ハワイ州ヒッカム空軍基地への配備も発表されている。

転換訓練飛行隊・第325戦闘航空団(フロリダ州ティンダル空軍基地)と合わせて、合計6個飛行隊の配備になる見込みである。


[編集] 日本への一時配備

嘉手納基地に到着したF-222007年1月、米国政府はバージニア州ラングレー空軍基地に所属する第27戦闘飛行隊のF-22A(12機)を、

沖縄県嘉手納空軍基地に同年2月10日から90日〜120日の間、暫定的に展開すると発表した。

F-22A整備・運用の為に、嘉手納空軍基地の人員はパイロットや整備士など約250人が一時的に増加した。


F-22Aの国外への配備はこれが初めてであり、米国の極東政策への関心の強さが浮き彫りになった形といえるだろう。

この配備についてNHKのインタビューに答えた在日米軍のライト司令官は

「可能であれば(航空自衛隊との)共同訓練を行うというのが空軍の参謀総長らの意向だ」と語り、

嘉手納空軍基地に暫定配備されたF-22Aと九州の航空自衛隊基地に所在しているF-15戦闘機を装備する部隊との防空戦闘訓練が検討されている事を

明かした。


今回の一時展開に対し、一部では下記に述べる航空自衛隊のF-X選定に対するデモンストレーションではないかと言う声や、

基地周辺の住民からは騒音問題を危惧する声が上がった

(ただし、F-22はF-15よりは騒音が少ないと言われており、嘉手納空軍基地での離陸の際はアフターバーナーを使用しないと発表されている事

から、F-15に比べると騒音レベルが軽減されるのではないかと見られている。もっとも、暫定配備中の騒音測定では、F-15と有意な差はなかった

ことが明らかにされた。)。


F-22は2月7日に経由地であるハワイ州ヒッカム空軍基地に到着したものの、10日に予定されていた嘉手納への到着は天候不良を理由に

翌日に延期され、翌2月11日も「運用上の理由」として延期された。

その後、2月17日になって先遣隊の2機が先行して嘉手納に到着、続いて8機が2月18日に到着、残りの2機は遅れて2月21日に到着した

(1機に発電機の不具合が生じた為だという)。


2月11日に発生した「運用上の理由」について、米空軍広報局は2月13日に

「ナビゲーションシステムに影響するソフトウェアの不具合が見つかった」為だと説明したが、

2日後の2月15日に読売新聞は、2月13日まで行われた六者会合で北朝鮮が米国にF-22Aの嘉手納空軍基地への暫定配備を中止するよう求めた

という報道を行い、米国の北朝鮮政策の軟化の表れという見方も出た。


広報局は3月6日に再度「ナビゲーションシステムに影響するソフトウェアの不具合」が、搭載コンピューターの日付更新処理の不具合に

よるものだったと発表した。


詳細な発表については下記の通り。

嘉手納空軍基地への移動のため太平洋を横断中、日付変更線を越えた瞬間ナビゲーションシステムに障害が発生した。

パイロットはシステムの再起動を試みたものの回復しなかったため、航法支援を受けヒッカム基地へと帰還した。

基地でのその後の調査により、この障害は搭載コンピューターの日付更新処理の不具合によるものということが判明し、

帰還後数時間以内に解決された。


この手のマイナートラブルは、新型機の配属初期にはよくあることなので、特に重要視しておらず、また追加のテストを行う予定もない。

嘉手納に展開したF-22Aは、「日米の戦術技量と共同対処能力の向上」を目的として、4月26日・27日に航空自衛隊のF-15J・F-4EJ改戦闘機

(各2〜4機)、E-767早期警戒管制機(1機)と共同訓練を行った。訓練には米軍のF-15(2〜4機)とE-3(1機)も参加した。


5月9日に米政府は日本政府に対して、F-22の日本展開を翌日に終了する旨を通告、5月10日午前3時過ぎから昼前までに全機が嘉手納を去った。


[編集] 航空自衛隊の次期F-Xについて

詳細はF-X (航空自衛隊)#F-22Aを参照

現在、日本政府は、空自のF-4EJ改に代わる次期戦闘機 (F-X) を選定する作業を進めている。

周辺諸国にSu-27などのF-15と同じ第4世代機の配備が進んでおり、性能面で高い能力が要求されている。

このため、F-22Aなどが候補に上げられている。性能の点から見れば、日本にとってF-22Aの導入はメリットが大きいと考えられる。


ユーロファイターやF-35よりも格段に高度なステルス性能を有するとされているため、偵察任務、防衛任務、場合によっては攻撃任務において

圧倒的優位に立てる。

中国等の戦闘機に対してスクランブル発進などを行ったとしてもスペック上は海上で探知される前にロックオンが可能である。


ロッキード・マーティン社のコメントや、アメリカ高官の発言などには、F-22Aの対日輸出を支持・容認するものも相当数あるが、

現状では課題が多い。


また、2007年7月、米下院歳出委員会は、F-22Aの海外への輸出禁止条項を継続することも決めている。

ほかに適当な機体が無い事もあり、F-22Aに強い関心を持つ防衛省はF-X選定の2009年夏頃以降に延期することも視野に入れているほか、

F-22AとF-15FXの『ハイローミックス』案も検討されているという。


F-22の対日輸出は、西太平洋の軍事バランスに大きく影響する高度な政治問題である事に違いは無い。

実際、中国では「日本がもしF-22Aを100機配備したら台湾海峡での軍事均等が一気に崩れるだろう」と報道されている。

実際に中国軍の戦闘機ではF-15やF-16に全く歯が立たない(空軍及び海軍で採用されているJ-11(Su-27の中国輸出版)ならば互角ではあるが)

ため、さらに優秀なF-22に対しては全く無力であり対抗不能であると推測される。

したがって、現在も関係諸国の間で日本配備阻止への駆け引きが行われている。


政治においては、シーファー駐日米大使が「日本の次期主力戦闘機がジョイント・ストライク・ファイター(F-35)とF-22の組み合わせで

落ち着くことを望む」と発言する一方で、2007年5月29日米国内の親中派が、F-22Aの日本への輸出を妨害しているという報道があった。


イージス艦情報漏洩事件等に関連してF-22の導入が難航する可能性もあり、防衛省では、F-4EJ改の運用期間を延長することすら検討されている

という。

また報道において韓国は、日本のほぼ全土を射程に入れると見られる巡航ミサイルの配備・開発中にもかかわらず、

2007年5月2日には韓国の金章洙国防長官が、F-22ラプターの導入について「何のために導入しようとしているのか明確にしてもらいたい」と

日本に対し懸念を示している。


その他日本の左翼勢力からも「軍事バランス」が崩れると言った理由で同機の採用に反対している。

しかし、近年中国の核ミサイルやSu-27、韓国の巡航ミサイルやF-15K(F-15Eの韓国版)等の強力な軍備が進むこれら極東アジア各国の戦力と

比較すれば、F-22配備は次期主力戦闘機の選定という当然の行為であって、日本にとって脅威と成り得る核ミサイル・巡航ミサイルを

保有している国に脅威と批判される筋合いは全く無い(寧ろお門違いと言っても良い)上、日本のF-22配備阻止の妨害行為は一方的な

内政干渉であるとする反発が防衛関係者を中心に根強く存在する。

中国・韓国はともに核ミサイル・巡航ミサイルの保有理由を公式に説明したことはない。

ただしF-22は対地誘導爆弾を搭載可能であり、BMDシステムが導入された結果中国の核ミサイルの圧力が低下しており、

それと相まってのF-22の導入は、軍事バランスを日本優位に傾けるのは事実である。

しかし、BMDシステムは迎撃成功率に対して疑問の声もある。

またF-22は巡航ミサイルに対しても高度な迎撃能力を発揮すると推測される。


[編集] 運用コスト

従来のF-15に比べて倍近いと言われている。 コスト増加の原因となったのは固定費(Fixed Cost)と補給整備費(Depo Maint)の倍増である。

運用コストの残り半分を占めていた燃料、人件費はほとんど増えていない。


ステルス機全般に共通することだが、ステルス性能を維持するためには機体表面の整備が必要不可欠であり専用設備を必要とするためである。

このため、ステルス機対応の設備を持たない基地での運用には制限を受けるという欠点もあり。


日本へ配備されるのであれば在日米軍基地へ新たな設備投資を必要とすることになる。

また、軍のエンジニアだけではメンテナンスが十分に出来ないことが多く、メーカーへの保守費用の支払いと、

守秘用件が多いため守秘費用の高騰が固定費の増加をもたらしている。


また、一部のパーツの腐食や、機体構造の問題を補修する費用についても高騰傾向にある。


[編集] 諸元 (F-22A)

YF-22の三面図。現行のF-22に比べ、主翼と水平尾翼が直線的で角張っている。
F-22の兵装総覧出典: USAF,[6] F-22 Raptor Team web site,[7] and Aviation Week & Space Technology[8]

諸元
乗員: 1
全長: 18.92 m (62 ft 1 in)
全高: 5.08 m (16 ft 8 in)
翼幅: 13.56 m (44 ft 6 in)
翼面積: 78.04 m² (840 ft²)
空虚重量: 18,000 kg (40,000 lb)
運用時重量: 25,107 kg (55,352 lb)
最大離陸重量: 36,288 kg (80,000 lb)
動力: P&W製 F119-PW-100 A/B付きターボファンエンジン, 156 kN (35,000 lb) (A/B時) × 2
性能
最大速度: M 2.42, 2,575 km/h (1,390 kt) (高々度において)
巡航速度: M 1.72, 1,825 km/h (985 kt) (高々度において)
航続距離: 3,193 km (1,724 Mile)
実用上昇限度: 15,240 m (ft)
上昇率: 機密 (非公表)
最大推力重量比: 1.1689
翼幅荷重: 148.01 kg/m²
アビオニクス
AN/APG-77 レーダー
使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

[編集] 武装

兵装内蔵時のウェポンベイ

機首に備わっているAN/APG-77レーダーステルス性が重視されているため、機関砲発射口は普段は閉じられており、発射時のみ開く

(発射まで多少のラグが生じる)。また、通常すべての兵装は機内3箇所のウェポンベイ(兵器庫)に搭載される

(内2箇所は短距離空対空ミサイル専用)。ただしステルス性を犠牲にすれば翼下に600ガロンの燃料タンクを4つとAIM-120C

AMRAAM中距離空対空ミサイルを8発装備することが可能である。

胴体下のウェポンベイとあわせれば計14発のAIM-120C AMRAAM中距離空対空ミサイルを搭載できることになり、これは例を見ない数である。

ウェポンベイに装備できるものの一例を下に挙げる。


[編集] 空対空戦闘時
中距離空対空ミサイル(胴体下ウェポンベイに搭載)
AIM-120C AMRAAM × 6
短距離空対空ミサイル(空気取り入れ口側面ウェポンベイに搭載)
AIM-9L/M サイドワインダー × 2
AIM-9X サイドワインダー2000 (JHMCS対応機の場合)×2
固定武装
M61A2 20mm機関砲、弾数480発

[編集] 空対地戦闘時
対地誘導爆弾(以下の二つから選択、胴体下ウェポンベイに搭載)
GBU-32 JDAM(1,000ポンドGPS/INS誘導爆弾)× 2
GBU-39 SDB(100〜250ポンドGPS/INS誘導爆弾)(2004-07現在開発中)× 8
翼下パイロンであればAGM-88, GBU-22の搭載も可能とされる

[編集] FB-22計画
現在ロッキード・マーティン社は、より対地攻撃能力を増強したFB-22ストライクラプターをF-15E ストライクイーグルの後継及び2018年の次世代爆撃機計画の候補として提案しており、空軍が採用する公算は高い。しかし、2018年の次世代爆撃機計画のFB-22より長い航続距離の爆撃機が採用されれば、中止される可能性がある。




FB-22の概要は以下のようであると言われる:

デルタ翼
無尾翼
ウェポンベイを拡張し、GBU-39 SDB(250ポンドGPS/INS誘導爆弾)を30発搭載
Mach 1.8で超音速巡航
B-2の75%の航続距離(約9,000km)
複座型機
など、後継となるF-15Eの性能をほぼ上回っており、初期配備から20年経過する事から配備の可能性が高くなって来ているものの、元のF-15Eのコストパフォーマンスに優れ、性能が十分に高い事と、F-22同様のコストパフォーマンス面と設備面のリスクを孕んでいる事から先述の通り計画自体が中止される可能性がある。


[編集] 登場作品とフライトシミュレーション
詳細はF-22に関連する作品の一覧を参照


[編集] 参考
[ヘルプ]^ Raptor Scores in Alaskan Exercise, www.aviationweek.com(英語)
^ F/A-18F guns down F-22A, www.alert5.com(英語)
^ a b U.S. To Declare F-22 Fighter Operational, www.defensenews.com(英語)
^ Langley receives last Raptor, completes fleet, www.af.mil(英語)
^ F-22 design problems force expensive fixes - Air Force News, opinions, editorials, news from Iraq, photos, reports - Air Force Times(英語)
^ “Factsheets: F-22A Raptor” Air Force Link. United States Air Force: 2005. 2006-04-18閲覧.
^ “Flight Test Data” F-22 Raptor Team Website. 2006. 2006-04-18閲覧.
^ "Turn and Burn." Fulghum, D. A.; Fabey, M. J. Aviation Week & Space Technology. January 8, 2007.

[編集] 関連項目
ウィキメディア・コモンズには、F-22 (戦闘機)に関連するマルチメディアがあります。戦闘機一覧
ロッキード・マーティン
F-117
YF-23
F-35
ステルス
スタースクリーム

[編集] 外部リンク
ロッキード・マーティン社(英語)
ボーイング社(英語)
F-22 Raptor Team Web Site(英語)



[表示]表・話・編・歴命名規則改正(呼称統一)以降のアメリカ軍の固定翼機
攻撃機 A-1 - A-2 - A-3 - A-4 - A-5 - A-6 - A-7 - AV-8 - AV-8B - A-9 - A-10 - A-12 - A-26 - A-37 - F-117
爆撃機 B-1 - B-2 
輸送機 C-1 - C-2 - C-3 - C-4 - C-5 - C-6 - C-7 - C-8 - C-9 - C-10 - C-11 - C-12 - C-14 - C-15 - C-17 - C-18 - C-19 - C-20 - C-21 - C-22 - C-23 - C-24 - C-25 - C-26 - C-27 - C-28 - C-29 - C-30 - C-31 - C-32 - C-33 - C-35 - C-37 - C-38 - C-40 - C-41 - C-767
電子戦機 E-1 - E-2 - E-3 - E-4 - E-5 - E-6 - E-8 - E-9 - E-10 - E-737 - E-767 - EA-6
戦闘機 F-1 - F-2 - F-3 - F-4 - F-5 - F-6 - F-7 - F-8 - F-9 - F-10 - F-11 - F-12 - F-14 - F-15 - F-15E - F-16 - F-16XL - F-17 - F/A-18 - F/A-18E - F-20 - F-21 - F-22 - FB-22 - F-23 - X-32 - F-35
偵察機 TR-1 - ER-2 - SR-71
練習機 T-1 - T-3 - T-6
対潜哨戒機 S-2 - S-3 - P-2 - P-3 - P-4 - P-5 - P-7 - P-8 - P-9
雑用機 U-1 - U-2 - U-21 - U-22 - U-25
観測機 O-1 - O-2 - O-3 - O-4 - O-5
V/STOL機 OV-1 - CV-2 - CV-7 - OV-10 - FV-12 - UV-18 - UV-20 - V-22 - UV-23
無人機 RQ-1 - RQ-4
その他 Xプレーン - AL-1 - F-19
一覧 アメリカ軍機の一覧 - 戦闘機一覧

"http://ja.wikipedia.org/wiki/F-22_%28%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F%29" より作成
カテゴリ: アメリカの戦闘機 | ステルス機

この項目では多目的戦闘機としてのF-22について記述しています。戦闘攻撃機仕様の計画機についてはFB-22 (航空機)をご覧ください。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


JUGEMテーマ:政治


JUGEMテーマ:戦争・紛争



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 23:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
Hey!Say!JUMPお宝画像動画!
知念の可愛い動きなどに注目!!
http://piy1110.blogspot.com/
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM