<< マリー・アントワネット所有のパールネックレスが競売に | main | 10代で年収数億円も、「世界で最も稼ぎの多い若者ランキング」発表 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ベッカム食べ残しのフライドポテト、ネットオークションで300円の値

ベッカムの食べ残しが、インターネットオークションで300円って???

世の中、酔狂な人がいるもんやね〜〜〜

ベッカム様の食べ残しを、オークションに出そう・・・

って発想も、凄いというか、笑えるというか、、だし、ついたお値段が300円ちゅうのも、笑えるような、笑えないような、、ベッカム自身が聞いて、感想を求められたらなんて言うんでしょうね?
デビッド・ベッカムベッカム。


第一、デビッド・ベッカム食べ残しのフライドポテトだって、どうやって分かるんじゃろか?

まさか、ベッカム食べ残しのポテトに「ベッカム」ってサインしてある訳じゃないだろうし、

「ベッカム食べ残し鑑定書」がついてるわきゃなかろうし・・・

でも、このベッカム食べ残しを、オークションに出した人、内心

「数百万円の高値がつかんかな・・・俺の食べ残しなのに!!!」

なんて、思ってたりして・・・

なんだかね〜〜〜

やっぱ、ベッカムは、サッカーやって、いいプレーして、なんぼでしょ。。


デビッド・ベッカムとは




デビッド・ベッカムの基本情報

名前
本名 デイヴィッド・ロバート・ジョセフ・ベッカム
愛称 Becks、貴公子
ラテン文字 David Robert Joseph BECKHAM
国籍 イングランド
生年月日 1975年5月2日(32歳)
出身地 ロンドン
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム ロサンゼルス・ギャラクシー
ポジション MF
背番号 23
利き足 右足

代表歴
出場 99
得点 17

デイヴィッド・ロバート・ジョセフ・ベッカム OBE(David Robert Joseph Beckham OBE, 1975年5月2日 - )は、イギリス(イングランド)出身

のサッカー選手。ポジションはMF(主に右サイドハーフ)。愛称は「貴公子」「Becks」。


日本では、「ベッカム様」とも。妻は元スパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカム(ヴィクトリア・アダムス)。

2006年には自身が強迫性障害であることをメディアに告白した。


多くの企業とスポンサー契約を交わし、幾多の広告・テレビコマーシャルにも出演。現在は世界第一位のお金持ちサッカー選手である。

ロンドン郊外に大邸宅を構えており、「ベッキンガム宮殿」と呼ばれている。


イングランド代表として100試合出場を目標。一度マクラーレン監督に電話で「もう扉は閉ざされた」と言われ、構想外を告げられるが、

所属チームでの活躍を認められ代表に復帰。

目 次

1 プレイスタイル

2 クラブでの活躍

3 代表での活躍

4 「ベッカム様」

5 余談

6 所属チーム

7 関連項目

8 外部リンク



[1] プレイスタイル

右足の正確なクロスボールとロングパスを得意とする右サイドの典型的なクロッサー、またFKの精度も非常に高く、特に鋭く曲がったFKを

得意としている。世界屈指のプレースキッカーとしても知られる。サイドからの組み立てだけでなく運動量も豊富で守備の貢献度も高い。


また、周りの選手と連携することにも優れ、パス交換などからフリーになり、ピンポイントの正確なクロスを上げる。

正確なクロスは確実に味方のアシストにつながることが多い。寸分の狂いもないサイドチェンジも彼の武器である。


欠点としてはサイドアタッカーとしてのスピード、ボールコントロール、そして左足でのプレーに難があるため、イングランド代表が

そうであるように、どのチームでも活躍できるというわけではない。


ボールコントロールに関して、トラップ自体は正確なのだがその後のプレーが安定しないことが難点である。

しかし逆に言えば、彼がボールをトラップし、中を見て、クロスを上げるという一連のプレーをするための約1.5秒程度の時間があれば、

世界最高のボールをエリア内の選手に供給することができる。


華麗な容姿とメディアイメージとは裏腹に泥臭いプレーも厭わず、どのような試合でも手を抜かずにフォア・ザ・チームに徹するために

そのメンタリティーでチームにとっては非常に重宝される。


[2] クラブでの活躍

マンチェスター・ユナイテッド下部組織からの生え抜きであり、ファーガソン監督の目に止まったことを機に、若くしてアタッカー的役割を

任せられた。エースの証である背番号7を背負い、マンチェスターU時代後期はクラブのエース・顔として君臨した。

中盤の右サイドでプレイし正確なクロスを上げチャンスを演出していた。


レアル・マドリードに移籍後は会長の意向を具現化するように、右にベッカム、左にフィーゴ、中にジダンという並びにしたが、

このマドリーの中盤前線で明らかにボールキープのテクニックが劣るベッカムは機能せず(またチーム自体がハイクロスを必要としていなかったため)

余りにもバランスが悪く守備に負担が掛かるために、フィーゴを右に戻し、ベッカムを1列下がったポジションでプレイさせることになった。


これにより彼は尊敬するブライアン・ロブソンと同じポジションをすることになった。しかしフィードでは貢献したもののピボーテとしては

機能しなかったため、フィーゴの退団後は中盤の右サイドでプレイし、ルシェンブルゴ監督下では徐々に本来の輝きを取り戻すに至った。


しかし、カペッロ監督の構想から外れ、新加入のレジェスとロビーニョにポジションを奪われた。

2007年1月12日、レアル・マドリードとの契約は延長せずメジャーリーグサッカー(アメリカ合衆国)所属のクラブチーム、

ロサンゼルス・ギャラクシーと2007年8月から5年契約を結ぶことを明らかにした。


するとカペッロは「シーズン中に移籍を決めた選手は忠誠心がない」としてベッカムを出場させない決断をしていたが、常に練習を懸命に行う

彼の姿を見てラウールやグティがカペッロに出場を懇願し、カペッロもレアル・ソシエダ戦にて撤回した。


そして、シーズン終盤には再びポジションを獲り戻す。ベッカム復帰後、沈みかけていたチームは再浮上することに成功、

4年振り30度目のリーガ制覇を成し遂げた。


この成果に復帰後のベッカムの多大な貢献があったことは確実視され、マドリーファンの多くやメディアを中心に彼を冷遇した監督ないし

クラブ上層に対する批判が少なからず行われた。

後にカペッロは「賢者は過ちを繰り返さない。」と自分のミスを認める発言を行っている。


その後一部報道ではレアル・マドリードが残留交渉を行っているとも報じられたが、当初の予定通りロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍。

7月13日に入団会見を行った。


[3] 代表での活躍

1996年の代表デビュー以来、代表に定着。1998年のフランスW杯では決勝トーナメント一回戦のアルゼンチン戦でシメオネに報復攻撃を加え

退場するなど血気盛んなこともあった(「10人のライオンと1人の愚かな若者」という標語をつけられた)。


W杯での屈辱の後、ファンからの執拗なブーイングや最愛の息子の誘拐など数々の苦難が待ち受けており、もはやサッカー選手として

国内ではプレイできないのでは?との声もあがっていた。


だが日韓W杯欧州予選最終戦の対ギリシャ戦、この試合に勝てなければ本大会に出場出来ないかもしれないという試合で、

同点でロスタイム残り1分という土壇場で素晴らしいフリーキックを決めイングランドを本大会へと導いた。

(余談だが、後にこのフリーキックは物理学者によって研究されている。)


それ以来、ベッカムが戦犯扱いを受ける事などなくなった。それどころか今では「救世主」とまで呼ばれている。

4年後のドイツW杯までキャプテンとしてイングランドを引っ張ってきたベッカムだったが、ドイツW杯の後に会見で

「代表主将の座を退く」と発言した。

そして新しく就任したスティーブ・マクラーレン監督の下、新体制のメンバー発表でベッカムは代表メンバーの選考から漏れてしまった。

しかし、その後イングランド代表は不振が続いた反面、レアル・マドリードで再び出場機会を得た後のベッカムは好調な状態を見せていた

ことなどから、2007年6月1日に行われたブラジルとの親善試合のメンバーとして約一年ぶりの代表復帰を果たす事となった。


そしてその試合で、新主将であるジョン・テリーの頭上に見事なクロスを上げアシスト。

ユーロ2008予選エストニア戦では、クラウチ、オーウェンに見事なアシストを決めた。

マクラーレンも彼に対して「今の彼以上の右サイドの選手は、世界中探してもいないだろう」と評価を改めている。

なお、本人は代表キャップ100を目指しているようだ。

ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍後も代表には召集されているが、召集する際の移動距離の長さが懸念されている。


[4] 「ベッカム様」

2002年W杯以降、持ち前の甘いマスクで日本の女性たちから絶大な人気を獲得し、電通が付けたアダ名が「ベッカム様」。

ソフトバンクモバイル(旧・ボーダフォン日本法人)、ペプシコーラ、アディダス、東京ビューティーセンター (TBC)、明治製菓、

リニューカー、M702iS(NTTドコモ)などのテレビCM出演でもお馴染みとなった。


彼が来日する際には空港に多くのファンが殺到し、“ベッカム様フィーバー”を引き起こす。

プレミアシップ発足後、マンチェスターU(プレミアシップ優勝8回)をはじめ、多くのタイトル獲得に

(特に1998年のフランスW杯での失態以降は)貢献した。

しかし、チームの勢いが失墜し始めた頃、アレックス・ファーガソンとの確執が露呈し試合でもスタメン出場の機会が減り始めた。

ベッカムのプレーからは泥臭さが消え、勝負をしかけることも少なくなっていった。

ファーガソンは「昔はあんな奴じゃなかった」と語り、その原因が妻のヴィクトリアにあることをほのめかした。

この確執が原因で、03-04シーズンからレアル・マドリードに移籍した。

この移籍の直後、マンチェスターUはクリスティアーノ・ロナウドを獲得し、背番号7は彼がつけている。

しかし、本人はインタビューにて

「僕がイングランドに帰るとしたら、マンチェスター・ユナイテッドにしか行くつもりはないし、親父(ファーガソン)のことは今でも

尊敬している」と語っている(ファーガソン自身も「デビッドの心には常にユナイテッドがある。」と語っている)。



なお、マンチェスターU在籍最後の2002-03シーズンはプレミアシップ優勝を果たしており、ベッカム移籍後のマンチェスターUは2002-03以来、

FAカップ、リーグカップのタイトルは獲得しているものの、2006-07シーズンにリーグ優勝するまで遠ざかっていた。

また、現在所属するレアル・マドリードも2002-03のリーグ優勝以来3シーズン連続で無冠に終わっている。


主に右サイドのMFとしてプレーしているが、本人はセンターハーフを好んでいる。これはもちろんブライアン・ロブソンの影響である。

しかし、右サイドを自分が一番活きるポジションだとも言っており、右サイドの方がやりやすいという自覚も持っているようだ。


その容姿からマーケティング面での貢献が非常に高く、レアル・マドリードは彼を獲得するために用意した約46億円ともいわれる移籍金を、

彼のユニフォームの売上代金のみで取り戻し、さらに利益を得たとも言われる。


一方、チームは彼が加入して以来優勝から遠ざかってしまったことから、ファンからは「彼がレアルにした貢献はユニフォームの売り上げを

伸ばしたことだけだ」と皮肉られた。


鳴り物入りでレアル・マドリードに加入したが、2006年まで優勝を経験していなかった。

攻撃的なスター選手の多いチームにおいては、守備的な選手の重要性が問われており、特にベッカム獲得の代償としてクロード・マケレレを

放出したことはレアル・マドリードにとって最大の失敗と言われている。

それ以降3シーズン守備が安定せず、カマーチョ以後の監督の必須命題になっているがカペッロ・ミヤトビッチ体制になっても変わっていない

ことから、ベッカム本人の問題の域を超えている。2007年シーズンで念願の優勝を果たし批判を打ち消した。


レアル・マドリードに加入した際、背番号7はラウール・ゴンサレスが既に着用しており、ベッカムの背番号に注目が集まったが、

その番号はなんと23番であった。驚きをもって迎えられたが、「マイケル・ジョーダンを尊敬していて、それにちなんだ」と報道されたが、

のちに本人が「空いている番号でどれでもよかった」と語った。


[5] 余談

大和田獏は、ベッカムの別居報道があったときワイドスクランブルにおいて、「ベッカムではなくベッキョムですね」と言った。

複数の女性との不倫が囁かれることがあり、世界中のゴシップ紙の格好の標的となっている。

幼少の頃からマンチェスターUの試合を必ずと言っていいほど正装で観戦し、かなりの敬意を表していた。

また、欧州遠征で日本代表と対戦したときはジーコ監督(当時)に「小さい頃からファンだった」と試合前に正装をして挨拶に行ったこともある。


ベッカムの身体の各所には、妻や子供たちの名前がタトゥーとして刻まれている。

左腕には、インドのヒンディー語等の言語で使用されるデーヴァナーガリー文字で『VHIKTORIYA』と彫られている。

ヒンディー語にはCの音がないので変わりにKが用いられる。英単語の語尾のAがYAに変わるのはインド英語の特徴である。

VHIはスペル間違いである。


2002年日韓ワールドカップの際にベッカムがしていたヘアースタイル(ソフトモヒカン)が「ベッカムヘアー」と称され人気に。

明治製菓のバレンタインデーイベントで、チョコレート製の巨大ベッカム像が作られた。


「やべっち寿司」にも出演したことがあり、彼が座った席は赤い座布団が縫いつけられている。

また、「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の1コーナー「ビストロSMAP」では、レアル・マドリードの同僚のグティと出演している。


2002年の日韓ワールドカップ中に、イングランド代表のキャンプ地として兵庫県の淡路島に滞在していた事もあり、神戸近郊によく出没していた。

神戸市にある神戸大丸百貨店で閉店後に店舗を貸し切り、買い物をしたこともある。


2003年、アディダスのラグビーCMで、ラグビー・イングランド代表、スタンドオフのジョニー・ウィルキンソンと競演。

持ち前のキックセンスで、ラグビーのゴールキックも見事に決める。トルコ戦のPKの大ミスを「ウィルキンソンに影響されたから」と

ジョークにされた会見は有名である。ちなみに、ジョニー・ウィルキンソンは、「ラグビー界のベッカム」と言われている。

日本に限った話であるが、ヨーロッパ出身で、容姿の優れたスポーツ選手を「○○界のベッカム」と呼ぶことがある

(上記のジョニー・ウィルキンソンや、角界のベッカム:琴欧洲)


ロンドン近郊イーストロンドン、レイトンストーン育ちの為、下町言葉コックニー(Cockney:ロンドン下町訛り)を話す。

そのため、BBCのコメディや、イギリスの上流階級人やイングランド地方の人達からは冷やかしで真似される事がある

(日本のモノマネ番組でベッカムのそっくりさんが登場した際に、ピーコがベッカム本人より品があると語ったという事からも伺える)。


少年時代、天才サッカー少年としてテレビで紹介されたことがある。


2006年1月に愛車「BMW・X5」を盗まれるという被害に遭う。その車が2007年4月になりマケドニア共和国内務省大臣公用車になっていることが判明。

内務省大臣は「取り戻したければマケドニアまで本人が取りに来ることが条件」と発言した。

大臣(女性)はベッカムの熱狂的なファンだったのである。


2006ドイツワールドカップの欧州予選 北アイルランド対イングランド戦で相手DFの執拗なマークにあい感情をむき出しにしている

チームメイトのルーニーを宥めているシーンもありイギリスの言葉で『サッカーは、子供を大人にして 大人を紳士にする』

という言葉のように精神的にもチームのキャプテンとして成長した様子が伺える。

[6] 所属チーム

マンチェスター・ユナイテッドFC 1991 - 2003
→プレストン・ノースエンドFC 1994 - 1995 (loan)

レアル・マドリード 2003 - 2007

ロサンゼルス・ギャラクシー 2007 -

[7] 関連項目

ヴィクトリア・ベッカム

ドバイ

セレブリティー

ベッカムに恋して

GOAL!


[8] 外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、デビッド・ベッカムに関連するマルチメディアがあります。写真及びビデオ David Beckham
先代:
ロナウド UEFAチャンピオンズリーグMVP
1998-1999 次代:
フェルナンド・レドンド




イングランド代表 - 1998 FIFAワールドカップ
1 シーマン | 2 キャンベル | 3 ル・ソー | 4 インス | 5 アダムス | 6 サウスゲート | 7 ベッカム | 8 バッティ | 9 シアラー | 10 シェリンガム | 11 マクマナマン | 12 ネヴィル | 13 マーティン | 14 アンダートン | 15 マーソン | 16 スコールズ | 17 リー | 18 キーオン | 19 L.ファーディナンド | 20 オーウェン | 21 R.ファーディナンド | 22 フラワーズ | 監督: ホドル

イングランド代表 - 2002 FIFAワールドカップ
1 シーマン | 2 ミルズ | 3 A.コール | 4 シンクレア | 5 ファーディナンド | 6 キャンベル | 7 ベッカム | 8 スコールズ | 9 ファウラー | 10 オーウェン | 11 ヘスキー | 12 ブラウン | 13 マーティン | 14 ブリッジ | 15 キーオン | 16 サウスゲート | 17 シェリンガム | 18 ハーグリーヴス | 19 J.コール | 20 ヴァッセル | 21 バット | 22 ジェームス | 23 ダイアー | 監督: エリクソン

イングランド代表 - 2006 FIFAワールドカップ
1 ロビンソン | 2 ネヴィル | 3 A.コール | 4 ジェラード | 5 ファーディナンド | 6 テリー | 7 ベッカム | 8 ランパード | 9 ルーニー | 10 オーウェン | 11 J.コール | 12 キャンベル | 13 ジェームス | 14 ブリッジ | 15 キャラガー | 16 ハーグリーヴス | 17 ジェナス | 18 キャリック | 19 レノン | 20 ダウニング | 21 クラウチ | 22 カーソン | 23 ウォルコット | 監督: エリクソン


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%A0" より作成
カテゴリ: イングランドのサッカー選手 | マンチェスター・ユナイテッドの選手 | レアル・マドリードの選手 | ロサンゼルス・ギャラクシーの選手 | FIFA100 | 1975年生 | 大英帝国勲章 | 億万長者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:サッカー



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 03:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2009/02/22 1:34 AM
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM