<< 2008年度ミス・フランス、「若気の過ち」写真でタイトルはく奪か | main | クラブ「プライベート・ラスベガス」オープン記念パーティーにアイスT、Cocoら登場 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミス・ハンガリー2007 24歳のカタリン・コラーさんに決定

ミス・ハンガリーが決定したそうじゃ、、

写真だと、ちょっとポッチャリ顔に見えるけど、ウううん、やっぱり美人ざんす。。

でも、ちょっと御足は、奇麗って感じじゃないけど・・

なぜか、奇麗なものには、欠点も目につくようで・・


ハンガリーとは


ハンガリー共和国
Magyar Köztársaság

(国旗) (国章)

国の標語 : なし 国歌 : 神よハンガリー人を祝福し賜え 公用語 ハンガリー語
首都 ブダペスト
最大の都市 ブダペスト
大統領 ショーヨム・ラースロー
首相 ジュルチャーニ・フェレンツ
面積
- 総計
- 水面積率 世界第108位
93,030km²
0.7
人口
- 総計(2004年)
- 人口密度 世界第80位
10,032,375人
108人/km²
GDP(自国通貨表示)
- 合計(2005年)
22兆2,510億フォリント
GDP(MER)
- 合計(2005年) 世界第44位
1,071億ドル
GDP(PPP)
- 合計(2003年)
- 1人当り 世界第48位
1,397億ドル
13,900ドル
独立
- 日付 オーストリア・ハンガリー帝国から
1918年10月31日
通貨 フォリント(HUF)
時間帯 UTC +1(DST: +2)
ccTLD HU
国際電話番号 36
ハンガリー共和国(ハンガリーきょうわこく)、通称ハンガリーは、中央ヨーロッパの国。オーストリア、スロバキア、ウクライナ、ルーマニア、セルビア、クロアチア、スロベニアに囲まれた内陸国で、平地が卓越する。ドナウ川などのヨーロッパの有名な川が通っている。首都ブダペストにはロンドンに次いで世界で2番目に地下鉄が開通した。

目 次

1 国名

2 歴史

3 政治

4 地方行政区分

5 地理

6 経済
6.1 工業
6.2 鉱業
6.3 ハンガリーの通貨単位の変遷

7 国民

8 文化
8.1 祝祭日

9 脚注

10 関連項目

11 外部リンク
11.1 公式
11.2 その他



[1] 国名

正式名称はハンガリー語で Magyar Köztársaság(マジャル・ケスタールシャシャーグ)。通称 Magyarország(マジャルオルサーグ)。

公式の英語表記は Republic of Hungary、通称 Hungary。

日本語の表記はハンガリー共和国、通称ハンガリー。漢字表記では洪牙利で、洪と略される。中国語では、ハンガリーのフン族語源説が伝えられて以降、フン族と同族といわれる匈奴から、匈牙利と表記するようになった。

ハンガリー語において、ハンガリー人もしくはハンガリーを指すMagyar は日本では「マジャール」と表記されることが多いが、これはおそらく英語の発音に基いた表記である。

ハンガリー語は母音の長短をはっきり区別する特性をもち、Magyar の語は全て短母音なので、ハンガリー語の発音に倣うならば「マジャル」という表記がもっとも近くなる。

歴史上では、ハンガリー王国は多民族国家であり、今日のハンガリー人のみで構成されていたわけではなかった。そのため、その他の民族とハンガリー民族を特に区別する際に「マジャル人」という表現が用いられることがある。

「ハンガリー」は俗説にあるような「フン族」が語源ではなく、ドイツ語Ungarn、ギリシャ語Oungroiに見られるように元々は語頭のhがなかった。語源として一般に認められているのは、7世紀のチュルク系のOnogurという部族結合を表す語である。


[2] 歴史
詳細はハンガリーの歴史を参照。

ハンガリーの国土はハンガリー平原と言われる広大な平原を中心としており、古来より様々な民族が侵入し、定着してきた。

古代にはパンノニアと呼ばれ、パンノニア族などが住んでいた。紀元前1世紀にはローマに占領され、属州イリュリクムに編入。1世中頃属州パンノニアに分離された。4世紀後半にはフン族が侵入、西暦433年に西ローマ帝国によりパンノニアの支配を認められ、フン族によってハンガリーを主要領土(一部現在のブルガリア・ルーマニアを含む)とする独立国家が始めて誕生した。

フン族はその後アキラ(日本では一般的にアッティラ)の時代に現在のハンガリーだけではなくローマ帝国の一部も支配下に納めたが、アキラが40歳で死亡した後、後継者の不在によりフン族は分裂。結果的に6世紀にはアヴァール人の侵入を許す。その後、8世紀にはアヴァールを倒したフランク王国の支配下に移るが、フランク王国はほどなく後退し、9世紀にはウラル山脈を起源とするマジャル人が移住してきた。

10世紀末に即位したハンガリー人の君主イシュトヴァーン1世は、西暦1000年にキリスト教に改宗し、西ヨーロッパのカトリック諸王国の一員であるハンガリー王国を建国した。ハンガリー王国はやがてトランシルヴァニア、ヴォイヴォディナ、クロアチア、ダルマチアなどを広く支配する大国に発展する。13世紀にはモンゴル帝国軍の襲来を受け大きな被害を受けた。14世紀から15世紀頃には周辺の諸王国と同君連合を結んで中央ヨーロッパの強国となった。

しかし、15世紀後半からオスマン帝国の強い圧力を受けるようになった。1526年には、モハーチの戦いに敗れ、国王ラヨシュ2世が戦死した。1541年にブダが陥落し、その結果、東南部と中部の3分の2をオスマン帝国、北西部の3分の1をハプスブルク家のオーストリアによって分割支配され、両帝国のぶつかりあう最前線となった。

オスマン帝国が軍事的に後退すると、1699年のカルロヴィッツ条約でハンガリーおよびハンガリー王国領のクロアチアやトランシルヴァニアはオーストリアに割譲された。ハンガリーにとっては支配者がハプスブルク家に変わっただけであり、たびたび独立を求める運動が繰り返された。1848年の3月革命では、コッシュート・ラヨシュが指導した独立運動こそロシア帝国軍の介入により失敗したが、オーストリアに民族独立運動を抑えるための妥協を決断させ、1867年にアウスグライヒ(和協)が結ばれた。これにより、ハプスブルク家はオーストリア帝国とハンガリー王国で二重君主として君臨するが、両国は外交などを除いて別々の政府を持って連合するオーストリア・ハンガリー帝国となった。


トリアノン条約前のハンガリーの国土(1920年) 黒枠が現在のハンガリー。国内の民族分布を色彩で表した。マジャル人(赤)、ドイツ人(黄色)、ルーマニア人(青)、セルビア人(薄緑)、クロアチア人(緑)、スロヴェニア人(紫)、スロヴァキア人(橙)、ウクライナ人(茶)オーストリア・ハンガリー二重帝国の体制下、資本主義経済が発展し、ナショナリズムが高揚したが、第一次世界大戦で敗戦国となり、オーストリアと分離された。1920年に結ばれたトリアノン条約により、ハンガリーはトランシルヴァニアなど二重帝国時代の王国領のうち、面積で72%、人口で64%を失い、ハンガリー人の全人口の半数ほどがハンガリーの国外に取り残された。

戦間期のハンガリー王国では、ハプスブルク家に代わる国王が選出されないまま、ホルティ・ミクローシュが摂政として君臨したが、領土を失った反動から次第に右傾化した。第二次世界大戦では失地回復のため、およびドイツからの圧迫を受けて枢軸国側についたものの敗戦、結果「戦勝国」のソビエト連邦に占領された。

戦後のハンガリーは、ソ連の影響下のもと共産主義国ハンガリー人民共和国として再出発し、冷戦体制の中で東側の共産圏に属した。しかしソ連に対する反発も根強く、1956年にはハンガリー動乱が起こるが、ソ連に鎮圧された。

1980年代末になると、冷戦終結の機運とともに共産党(社会主義者労働党)独裁の限界が明らかとなった。1989年、ハンガリーは一党独裁を放棄して平和裏に体制を転換、憲法を改正して国名をハンガリー共和国とし、ハンガリーの民主化が進められた。同年5月、ハンガリーは西側のオーストリアとの国境に設けられていた鉄条網「鉄のカーテン」を撤去し、国境を開放した。これにより西ドイツへの亡命を求める東ドイツ市民がハンガリーに殺到、汎ヨーロッパ・ピクニックを引き起こし、冷戦を終結させる大きな引き金となった。

1990年代、ハンガリーはヨーロッパ社会への復帰を目指して改革開放を進め、1999年に北大西洋条約機構 (NATO) に、2004年に欧州連合 (EU) に加盟した。


国会議事堂(ブダペスト)

[3] 政治
ハンガリーは議院内閣制を取り、大統領は任期5年で議会によって選ばれるが、首相を任命するなど、儀礼的な職務を遂行するのみの象徴的な元首である。実権は首相にあり、自ら閣僚を選んで行政を行う。

立法府の議会 (Országgyűlés) は一院制、民選で、任期は4年、定員は386人である。議会は国家の最高権威機関であり、全ての法は議会の承認を経なければ成立しない。主な政党は中道左派のハンガリー社会党 (MSZP) (ハンガリー社会主義労働者党の後身)、自由民主同盟 (SZDSZ) 、中道右派のフィデス=ハンガリー市民同盟 (FIDESZ-MPSZ) 、キリスト教民主国民党 (KDNP) 、ハンガリー民主フォーラム (MDF) などがある。


[4] 地方行政区分
ハンガリーは40の地方行政区分に区分される。うち19は郡とも県とも訳されるメジェ (megye) で、20はメジェと同格の市という行政単位(正確には都市郡; megyei város)。なお、首都のブダペスト市はいずれにも属さない、独立した自治体である。

西部
ヴァシュ県 (ソンバトヘイ)
ザラ県 (ザラエゲルセグ)
ショモジ県 (カポシュヴァール)
ヴェスプレーム県 (ヴェスプレーム)
ジェール・モション・ショプロン県 (ジェール)
中部
コマーロム・エステルゴム県 (タタバーニャ)
フェイェール県(セーケシュフェヘールヴァール)
ペシュト県(ブダペシュト)
ノーグラード県 (シャルゴータールヤーン)
南部
トルナ県 (セクサールド)
バラニャ県(ペーチ)
バーチ・キシュクン県(ケチケメート)
チョングラード県 (セゲド)
東部
ベーケーシュ県(ベーケーシュチャバ)
ヘヴェシュ県(エゲル)
ハイドゥー・ビハル県(デブレツェン)
ヤース・ナチクン・ソルノク県(ソルノク)
サボルチ・サトマール・ベレグ県 (ニーレジハーザ)
ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県(ミシュコルツ)
この県には以下の市町村が含まれる。 アバウイサーントー、ベケチ、ボドログケレスツル、ボドロゴラシ、ボドログセギ、エルデーベーニェ、エルデーホルヴァチ、ゴロプ、ヘルツェグクト、カーロリファルヴァ、レジェシュベーニェ、マード、メゼーゾンボル、モノク、オラスリスカ、オンド、ラートカ、シャーラジャダーニ、シャーロシュパタク、セギロン、セレンチ、タルカル、ターリャ、トカイ、トルチヴァ、ヴァーモシュイファル、ヴェーガルドーおよびシャートラリヒャウィヘリ市

旧ハンガリー王国の領土(大ハンガリー)に含まれた地域については、ハンガリー王国の歴史的地域を参照。


[5] 地理

ハンガリーの国土はカルパティア山脈の麓に広がるカルパート盆地のうちの平野部をなす。ハンガリー平原またはハンガリー盆地と呼ばれる国土の中心は、中央を流れるドナウ川によってほぼ二分され、東には大きな支流のティサ川も流れている。国土の西部にはヨーロッパでも有数の大湖であるバラトン湖がある。また各地に温泉が湧き出ており、公衆浴場が古くから建設・利用されてきた。ヨーロッパ有数の「温泉大国」であり、多くの観光客が温泉目当てに押し寄せる。 トランシルヴァニア地方など、ルーマニアとの国境係争地帯を持っている。

大陸性気候に属する気候は比較的穏やかで、四季もある。緯度が比較的高く、冬は冷え込むが、地中海から海洋性気候の影響を受け、冬も湿潤で、曇りがちである。年間平均気温は10度前後。

ドナウ川





ケレシュ山






[6] 経済
ハンガリーは1989年の体制転換以来、外国資本を受け入れて積極的に経済の開放を進めた。その結果、1997年以降年間4%以上の高成長を続けるとともに、2004年には経済の民間部門が国内総生産 (GDP) の80%以上を占め、「旧東欧の優等生」と呼ばれるほどである。2004年のEU加盟は、好調なハンガリー経済にとって追い風である。

その一方で、インフレーションと失業率が増加して貧富の差が広がり、社会問題となっている。また巨額の財政赤字も重要な課題であり、現政権が目標とするユーロ導入への見通しは立っていない。

伝統的な産業ではアルコールが強い。特にワインは有名で、ブルゲンラント、ショプロン、ヴィッラーニなど著名な産地があるが、中でもトカイのトカイワインはワインの王と言われる。農業ではパプリカが名産品で、ハンガリー料理にもふんだんに使われる。ガチョウの飼育も盛んであり、ドナウ川西岸(ドゥナーントゥール地方、Dunántúl)が主産地である。ハンガリー産のフォアグラもよく輸出されている。


[6.1] 工業
第二次世界大戦前のハンガリーは肥沃な土壌と計画的な灌漑設備により、農業国として成立していた。そのため、食品工業を中心とした軽工業が盛んであった。第二次世界大戦後、社会主義下の計画経済によって重工業化が進められた。特に、車両生産、一般機械が優先され、化学工業、薬品工業がそれに次いだ。しかしながら、有機鉱物資源とボーキサイトを除くと、工業原材料には恵まれておらず、輸入原材料を加工し、輸出するという形を取った。1970年代には工業を中心とする貿易が国民所得の40%を占めるまで成長した。

社会主義体制から資本主義体制に転換後、1990年代初頭においては、化学工業の比重が次第に大きくなっていく傾向にあった。2003年時点では、全産業に占める工業の割合がさらに高まっており、輸出額の86.8%を工業製品が占めるに至った。さらに貿易依存度は輸出54.5%、輸入59.2%まで上がっている。品目別では機械工業が再び盛んになっており、輸出に占める比率は電気機械36.1%、機械類16.2%、自動車8.2%というものである。世界シェアに占める比率が高い工業製品は、ワイン(1.7%、49万トン)、硝酸(1.5%、31万トン)である。


[6.2] 鉱業
ハンガリーの鉱業は、燃料に利用できる亜炭とボーキサイトが中核となっている。有機鉱物資源では、世界シェアの1.5%を占める亜炭(1391万トン、2002年)、原油(107万トン)、天然ガス(115千兆ジュール)を採掘する。有力な炭田は南東部ベーチ近郊、首都ブダペストの西方50kmに位置するタタバーニャ近郊の2カ所に広がる。油田は中央南部セゲド近郊と、スロベニア、クロアチア国境に接する位置にある。

金属鉱物資源ではボーキサイト(100万トン)が有力。バラトン湖北岸からブダペストに向かって北東に延びる山地沿いで採掘されている。ただし、採掘量は減少傾向にある(1991年には203.7万トンが採掘されていた)。この他、小規模ながらマンガンとウランの採掘も見られる。


[6.3] ハンガリーの通貨単位の変遷
フォリント / フィッレール(現行)
ペンゲー
フロリン
クライツァール

[7] 国民
ハンガリーとその周辺は、独特の豊かな文化をもった様々な民族が居住していることが19世紀以来よく知られている。

ハンガリー共和国の国民の95%以上はマジャル人(ハンガリー人)である。マジャル人はフィン・ウゴル語族のハンガリー語(マジャル語)を母語とし、ウラル山脈の方面から移ってきた民族である。マジャル人の人名は、正式に表記した際に姓が名の前につく。

マジャル人は旧ハンガリー王国領に広まって居住していたため、セルビアのヴォイヴォディナ、クロアチア北部、スロバキア南部、ルーマニアのトランシルヴァニアなどにもかなりのマジャル人人口が残る。また、マジャル人の中にはモルダヴィアのチャーンゴー、トランシルヴァニアのセーケイや、ハンガリー共和国領内のヤース、マチョー、クン、パローツなどの個性的な文化をもつサブ・グループが知られるが、ヤース人がアラン人の末裔、クン人がクマン人の末裔であることが知られるように、これらは様々な出自をもち、ハンガリー王国に移住してハンガリーに部分的に同化されていった人々である。

その他の民族では、有意の人口を有するロマ(ジプシー)とドイツ人が居住する。ハンガリーのロマは個性的な民族文化で知られる。また、ドイツ人は東方植民地運動の一環としてハンガリー王国に移り住んできた人々の子孫で、トランシルヴァニアのサース人(ザクセン人)やスロヴァキアのツィプス・ドイツ人のようにハンガリー王国の中で独自の民族共同体を築いた人々もいる。

その他の民族では、ルテニア人(ウクライナ人)、チェコ人、クロアチア人、ルーマニア人などもいるが、いずれもごく少数である。第二次世界大戦以前には、ユダヤ人人口もかなりの数にのぼったが、第二次世界大戦中の迫害などによってアメリカ合衆国やイスラエルに移住していった人が多い。

言語的には、ハンガリー語が優勢で、少数民族のほとんどもハンガリー語を話し、ハンガリー語人口は98%にのぼる。

宗教はカトリック (67.5%) が多数を占め、カルヴァン派もかなりの数にのぼる (20%) 。その他ルター派 (5%) やユダヤ教 (0.2%) も少数ながら存在する。

ハンガリー人は黄色人種であるという説は、アジア及びアジア人の定義、並びにコーカソイド及びモンゴロイドの定義を十分に理解していないために起こった誤謬である。

近年のDNA分析の成果から、ハンガリー人はコーカソイド(白人)を起源としモンゴロイド(黄色人種)と混血した民族であることが証明されている[1]。


[8] 文化
ハンガリーは多様な民族性に支えられた豊かな文化を持ち、特にハンガリー人の地域ごとの各民族集団(ロマなど)を担い手とする民族音楽は有名である。詳細はハンガリーの音楽を参照。

また、リスト・フェレンツ(フランツ・リスト)、コダーイ・ゾルターン、バルトーク・ベーラなど多数の著名なクラシック音楽の作曲家も輩出した。多様な民族音楽にインスピレーションを受けて作曲した音楽家も多い。

ハンガリー国内にはユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が6件ある。オーストリアにまたがって1件の文化遺産が、スロバキアにまたがって1件の自然遺産が登録されている。詳細はハンガリーの世界遺産を参照。


[9] 祝祭日
日付 日本語表記 ハンガリー語表記 備考
1月1日 元日 Újév
3月15日 1848年の革命と自由戦争記念日 Nemzeti ünnep 1848年の3月革命を記念
移動祝日 イースターおよびイースター・マンデー Húsvétvasárnap, Húsvéthétfő
5月1日 メーデー Munka ünnepe
移動祝日 ペンテコステ Pünkösd 復活祭から50日後
8月20日 建国記念日(聖イシュトヴァーンの祝日) Szent István ünnepe
10月23日 1956年革命、および共和国宣言の記念日 Az 1956-os forradalom ünnepe, A 3. magyar köztársaság kikiáltásának napja 現在のハンガリーでは1956年の動乱は革命と呼ばれている
11月1日 諸聖人の日 Mindenszentek
12月25日、26日 クリスマス Karácsony


[10] 脚注
^ 『科学朝日』 モンゴロイドの道 朝日選書 (523) より。北方モンゴロイド特有の酒が飲めない下戸遺伝子 日本人 44% ハンガリー人 2% フィン人 0% 下戸遺伝子とは、アセトアルデヒド脱水素酵素 (ALDH) の487番目のアミノ酸を決める塩基配列がグアニンからアデニンに変化したもので、モンゴロイド特有の遺伝子であり、コーカソイド(白人)・ネグロイド(黒人)・オーストラロイド(オーストラリア原住民等)には存在しない。よってこの遺伝子を持つということは、黄色人種であるか、黄色人種との混血であることの証明となる[1]。

[11] 関連項目
ウィクショナリーにハンガリーの項目があります。ハンガリー関係記事の一覧
ハンガリー人の一覧
ハンガリー国王一覧
ハンガリー人の姓名
ハンガリーの大学
ブダペスト

[11.1] 外部リンク
ウィキメディア・コモンズには、ハンガリーに関連するマルチメディアおよびカテゴリがあります。
[11.2] 公式
ハンガリー政府公式サイト (ハンガリー語) (英語) (ドイツ語)
ハンガリー大統領府公式サイト (ハンガリー語) (英語)
ハンガリー政府観光局 (日本語)
駐日ハンガリー大使館 (日本語)
ハンガリーからの画像

[編集] その他
外務省 ハンガリーの情報
日本ハンガリー友好協会
経済社会データランキング / ハンガリーの統計
日本語・ハンガリー語ウェブ辞典
[表示]表・話・編・歴世界の国と地域 > ヨーロッパ
西ヨーロッパ アイルランド | アンドラ | イギリス | オランダ | フランス | ベルギー | リヒテンシュタイン | ルクセンブルク
東ヨーロッパ アルバニア | ウクライナ | クロアチア | スロベニア | セルビア | ブルガリア | ベラルーシ | ボスニア・ヘルツェゴビナ | マケドニア | モルドバ | モンテネグロ | ルーマニア | ロシア
中央ヨーロッパ オーストリア | スイス | スロバキア | チェコ | ポーランド | ドイツ | ハンガリー
南ヨーロッパ イタリア | ギリシャ | サンマリノ | スペイン | バチカン | ポルトガル | マルタ | モナコ
北欧諸国 アイスランド | スウェーデン | デンマーク | ノルウェー | フィンランド
バルト三国 エストニア | ラトビア | リトアニア
その他 沿ドニエストル
地域 イギリス:ガーンジー島 - ジブラルタル - ジャージー島 - マン島 | セルビア:コソボ | デンマーク:フェロー諸島 | ノルウェー:スヴァールバル諸島 | フィンランド:オーランド諸島
バチカンは国際連合非加盟。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、又は無い国であり、国際連合非加盟。事実上独立した地域一覧も参照。
[表示]表・話・編・歴 欧州連合加盟国
アイルランド | イギリス | イタリア | エストニア | オーストリア | オランダ | キプロス | ギリシャ | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア | チェコ | デンマーク | ドイツ | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | ラトビア | リトアニア | ルクセンブルク | ルーマニア
JUGEMテーマ:ニュース



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 03:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/12/10 1:33 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/06/14 6:46 PM
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM