<< 反捕鯨団体、仲間割れ? グリーンピースがシー・シェパードへの協力拒む | main | シャラポワ イワノビッチ降し全豪初制覇,、おめでとうシャラポア!! >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


現代自の高級セダン、米での成功は未知数

アメリカ自動車産業のご三家、ビックスリーも、大変だよね。。

中国車の北米進出だあ、今度は、韓国は現代自動車だあ、、って・・

まだまだ、中国車も韓国車も、ヨチヨチ歩きみたいだから、当分大丈夫かねえ・・

なんて舐めて、たかをくくっていると、早晩痛い目に会いまっせ!!

って、ひとごとじゃなくて、日本車勢も、ウカウカしてられません。。

だって、いくら、まだまだ、韓国車が、アメリカの消費者と感覚的に違うちゅうたって、

アメリカにも仰山、韓国人移民はいるわけだし、必死にマーケティングするやろし、

数十年前なら、韓国車が、アメリカはデトロイトの大きな自動車ショーに出展するなんてこと自体アンビリーバブルだったんだから・・



■現代自動車とは

・現代自動車の表記

ハングル: 현대자동차
漢字: 現代自動車
(現地語読み仮名) ヒョンデチャドンチャ
英語: Hyundai Motor Company

ゲッツ(日本名・TB)現代自動車(ヒョンデチャドンチャ、げんだいじどうしゃ)は韓国で最大手の自動車メーカーである。

韓国語では「ヒョンデ」と発音するが、社名およびブランド名の英字表記は「Hyundai」とされており、日本では「ヒュンダイ」のブランド名を称する。傘下に起亜自動車があり、現代-起亜自動車グループを構成している。


・概要

会社設立は、1967年であり、フォードとの協力の下、翌1968年に初めての自動車が製造された。これは、日本のホンダが最初の4輪自動車を生産した(1963年)5年後にあたる。

現在、現代自動車の自動車は世界194の国と地域で販売され、韓国に次いで重要な市場はアメリカ合衆国である。

現代-起亜自動車グループ全体の販売台数はアジアに本拠を置いている自動車メーカーとしてはトヨタグループに次ぐ規模であり、世界の自動車メーカー(グループ)で第6位(2006年)である。

2007年の「世界ブランドランキング」(ビジネスウィーク誌/インターブランド社調べ)は72位[2]であった。


当初は安価だが粗悪という評価だったものの、相対的に安価な価格設定を維持しながらも品質向上を行い、その上で販売奨励金や「キャッシュバック」、「10年10万マイル保証」(アメリカ合衆国における特別保証)などのキャンペーンで販売台数を伸ばした。2005年頃以降には、ときに「日本車と変わらぬ品質」との評価を受ける例[3]も見られるようになった。

アメリカ合衆国へは1986年に進出した。小型乗用車エクセル1車種の販売で開始されたが、2007年には累計販売台数が500万台を突破した。これまで、自身の商品を「日本車の安価な代用品」と位置付けてビジネスを行ってきたため、ディーラー網が未整備であり、自前の単独販売店舗は数少ない。

多くの場合は、雑多な自動車展示場で2番手・3番手以下のブランドとして販売されているのが現状である。

品質・信頼性への評価が全体的に向上しているにも関わらず、ガソリン価格高騰の中でハイブリッドカーの市販化も出来ずに技術的にも足踏み状態で、アメリカ車や日本車に対し技術的な優位性を示せないため、同国における現代自動車の販売は販売店への多額のインセンティブ(販売報償金)やレンタカー会社への大量販売、「10年10万マイル保証」といった保証サービスなどのキャンペーンに頼らざるを得ないという。

近年ではウォン高による価格の高騰や不正資金疑惑による信用低下で北米など海外市場での販売が低迷し在庫が増えていることと、ゼネラルモーターズ等アメリカ自動車業界の価格引下げ攻勢から割引販売を行わざるを得なくなり、採算性の悪化は避けられないと見られる。

またトヨタを始めとする日本自動車業界もヤリス(ヴィッツ)などの低価格車戦略を展開し、ウォン高で価格が高騰した現代自動車は北米などの市場でのシェアを奪われる形となった。さらに労組のストライキによって多大な損失を被り、まさに四面楚歌の状況に陥っているといえる。

2006年7月には、ストによる影響で国内・海外での月間販売台数が初めてGM大宇に抜かれるという事態となった。2007年には北米・アラバマ工場が10月にソナタの在庫が大幅に急増したことから初の操業停止による生産調整を行い、中国市場でも傘下の起亜自動車と共に販売台数が減少しシェアを前年3位から6位にまで落とし、トヨタ、ホンダのほか中国の独立資本系メーカー奇瑞汽車にも追い抜かれることとなった。

アメリカ市場でも中国市場でもリセールバリューの下落が激しく、アメリカでは「レンタカー用自動車」、中国では「タクシー用自動車」のイメージも定着してしまっている。

中国の自動車会社各社が、韓国の自動車会社が1980年代から1990年代にかけて行っていたのと全く同じビジネスを開始しつつあり、現代自動車は高価格帯モデル・高級分野へ移行せざるを得ないとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:ニュース



スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • 06:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
日本企業の“ブランド力”発表
任天堂のみブランド価値上昇 日本企業の“ブランド力”発表日本企業が国際展開しているブランドの価値をランキングにした「Japan’s Best Global Brands 2009」を、ブランドコンサルティング業を行っているインターブランド社が18日(水)に発表した。同発表によると1
  • あの人はこんな方
  • 2009/02/19 10:42 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2009/02/19 10:42 PM
           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM