スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


マッサ 母国ブラジルGPで2年連続ポールポジション

マッサが、2年連続P.P.ですか・・ハミルトンが2位、、

決着やいかに・・


▽記事全文▽

F1第17戦・ブラジルGP(Brazilian Grand Prix 2007)、予選。フェラーリ(Ferrari)のフェリペ・マッサ(Felipe Massa)が、

ベストラップ1分11秒931を記録し母国GPで2年連続、シーズン通算6度目のポールポジションを獲得した。



フェリペ・マッサとは




フェリペ・マッサ

F1での経歴
国籍 ブラジル
車番 5
所属チーム フェラーリ
年 2002 , 2004 -
過去の所属チーム 2002、04、05年ザウバー・ペトロナス
優勝回数 5
通算獲得ポイント 193
表彰台(3位以内)回数 16
ポールポジション 8
ファステストラップ 8
F1デビュー戦 2002年オーストラリアGP
初勝利 2006年トルコGP
2007年順位 4位(86ポイント)
(記録は2007年第16戦終了時)


フェリペ・マッサ(Felipe Massa, 1981年4月25日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の現役F1ドライバー。

目 次

1 プロフィール
1.1 初期の経歴
1.2 F1

2 F1での年度別成績

3 エピソード

4 外部リンク


[1] プロフィール

祖父はイタリアのフォッジャ県チェリニョーラ(Cerignola)からの移民で、イタリア移民としては比較的最近の世代の家系に生まれた。

7歳の時にサーキットにピザを届けに行った際に見たレースに魅せられ、8歳の時にカートを始めた。


[1.1] 初期の経歴

1998年にカートから四輪レースにステップアップし、フォーミュラ・シボレーのブラジル選手権に参戦。初年度にランキング5位を獲得し、翌年には10戦中3勝を挙げ選手権タイトルを獲得した。

2000年にはヨーロッパへ移り、フォーミュラ・ルノーのイタリア選手権、ユーロカップに参戦し、両選手権ともにチャンピオンタイトルを獲得した。

必然的に2001年についてはF3へとステップアップする機会を得たが、マッサはイタリアを中心に開催されているユーロF3000(現・ユーロ3000選手権)への参戦を選び、ここでも8戦中6勝を挙げるという圧倒的成績でいきなりチャンピオンを獲得した。

これによりザウバーからF1テストのオファーを受けることになる。これは、同年よりザウバーでデビューし、印象的な活躍を見せることによりいきなりマクラーレンとの契約を果たした、キミ・ライコネンの後釜としてのものであった。

テストで印象的な走りを見せたマッサはザウバーとの契約を勝ち取り、翌2002年にはザウバーよりF1参戦を果たすこととなる。


[1.2] F1

ザウバー
20歳312日という史上14番目に若い年齢(当時)でF1デビューを飾った。デビュー2戦目のマレーシアGPでいきなり6位入賞を果たすなど4ポイントを挙げてランキング13位につけるが、若さゆえかスピンなどのミスも多く、シーズン後半にはイタリアGPでペナルティを受けてしまい、続くアメリカGPではベテランのハインツ=ハラルト・フレンツェンに1戦のみシートを譲るという事態にも陥った。

アメリカGPの次戦、最終戦である日本GPでは再びザウバーチームからの出走を果たしたものの、結果として2003年はフレンツェンにシートを奪われてしまい、フェラーリでルチアーノ・ブルティに代わってテストドライバーを務めることとなる。

2004年は、エンジン供給をしているなど密接な関係にあるフェラーリからの推薦で、ザウバーからF1復帰を果たす。この件について、ザウバーチームのオーナーであるペーター・ザウバーはマッサを押し付けられたことでフレンツェンとニック・ハイドフェルトをともにチームから追い出さざるを得なくなってしまったため、後に若干の不満を漏らしている。

この年はチームメイトのジャンカルロ・フィジケラにレースペースで引き離されることも多かったとはいえ、同年のベルギーGPでは自身決勝最高位の4位でフィニッシュ、その後の中国GPと地元ブラジルGPでは自身予選最高位の4番グリッドからスタートするなどの活躍を見せ、結果としてシーズンで12ポイントを挙げた(フィジケラは22ポイント獲得している)。


2005年イギリスGP2005年はかつてのチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴをチームメイトに迎えることになったが、この年マッサはそれまでのやや荒い走りと打って変わり地味だが安定感のある走りを披露、約1年のブランクのあるヴィルヌーヴを上回るパフォーマンスを見せ、獲得ポイントでもヴィルヌーヴを上回った。

同時に、2006年に向けてスクーデリア・フェラーリとレースドライバー契約を結び、ルーベンス・バリチェロに代わりミハエル・シューマッハのチームメイトとなることが決まる。


フェラーリ

2007年オーストラリアGPフェラーリでのデビューはおおむね悪くないものとなり、開幕戦バーレーンGPでは2番グリッドを獲得し、第2戦マレーシアGPでは21番グリッドからのスタートだったにも関わらず安定した走りを見せ、結果、6位に終わったシューマッハ(14番手スタート)を上回る5位を得た。

第5戦のヨーロッパGP決勝では3位となり初の表彰台フィニッシュを果たし、第14戦のトルコGPで参戦4年目にして初ポールポジションを奪取、決勝でも安定した走りで初優勝を果たした。第17戦の日本GPではシューマッハを抑え、2度目のポールポジションを獲得したものの、結果は2位(優勝は予選5位のアロンソ)。

続く最終戦ブラジルGPでは、2戦連続のポールポジション獲得から自身2度目となる優勝を地元で果たし、チームメイトのシューマッハ(4位完走)の引退レースに花を添えた。また、この勝利はアイルトン・セナ以来13年ぶりのブラジル人ドライバーによるブラジルGP優勝でもあった。そのウィニングランではコースマーシャルから渡されたブラジル国旗を掲げて走る姿を披露した。

フェラーリにおける2年目となる2007年は、「跳ね馬のラテンボーイ」や「皇帝シューマッハ最後の弟子」などの愛称として呼ばれている。また前年、シューマッハが使っていた5番のカーナンバーが与えられ、シューマッハからフェラーリのスピリットを伝授された人間である。チームメイトとしてシューマッハに代わってキミ・ライコネンを迎える。2007年も、バーレーングランプリ、スペイングランプリと連勝を果たし通算4勝目を達成した。尚この2グランプリでは2戦連続ハットトリックを記録している。2戦連続ハットトリックの記録はアルベルト・アスカリの4戦連続に次いでナイジェル・マンセル、ミカ・ハッキネン、ミハエル・シューマッハに並ぶ歴代2位タイ。最終戦の地元ブラジルGPを前に2010年末までのフェラーリとの契約延長を発表している。


[3] F1での年度別成績

(2007年第16戦終了時)

年 所属チーム # ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数 表彰台回数 予選最高位・回数
2002年 ザウバー 8 13位 4 5位・1回 0回 7位・1回
2004年 ザウバー 12 12位 12 4位・1回 0回 4位・2回
2005年 12 13位 11 4位・1回 0回 7位・1回
2006年 スクーデリア・フェラーリ 6 3位 80 1位・2回 7回 1位・3回
2007年 5 4位 86 1位・3回 9回 1位・5回


[4] エピソード

2006年ブラジルGP2006年からはルーベンス・バリチェロに代わり、フェラーリのシートに座ることとなったが、これはかつてフェラーリのテストドライバーを務めたことに加え、マネージャーのニコラス・トッドがジャン・トッドの息子であることも関係あるのではないかという声がある。
2006年最終戦ブラジルGPのウィニングランではコースマーシャルからブラジル国旗を受け取って走ったが、当時のF1の規則では、(トラブルなどの止むを得ないものを除いて)ウィニングランの途中で車を止めることは禁止されていたため、レース後に審議対象となったが、結果として不問に付された。
応援しているサッカーチームはサンパウロFCである。




[5] 外部リンク

フェリペ・マッサ公式サイト
2007年のF1世界選手権を戦うチームと出走ドライバー 表・話・編・歴
マクラーレン ルノー フェラーリ ホンダ BMWザウバー トヨタ
1 アロンソ 3 フィジケラ 5 マッサ 7 バトン 9 ハイドフェルト 11 シューマッハ
2 ハミルトン 4 コヴァライネン 6 ライコネン 8 バリチェロ 10 クビサ 12 トゥルーリ
レッドブル ウィリアムズ トロ・ロッソ スパイカー スーパーアグリ
14 クルサード 16 ロズベルグ 18 リウッツィ 20 スーティル 22 佐藤
15 ウェバー 17 中嶋 19 ベッテル 21 山本 23 デビッドソン
ベッテル (BMWザウバー-10・第7戦) / アルバース (スパイカー-21・第1〜9戦)
ヴィンケルホック (スパイカー-21・第10戦) / スピード (トロ・ロッソ-19・第1〜10戦)/ ヴルツ(ウィリアムズ-17・第1〜16戦)

この「フェリペ・マッサ」は、スポーツ関係者に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。(ポータル スポーツ/ウィキプロジェクト スポーツ人物伝)

カテゴリ: ブラジルのF1ドライバー | 1981年生 | スポーツ関係者関連のスタブ項目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アロンソvsハミルトン、両雄相並ばず、、


アロンソ



ハミルトン


どっちが悪いにしても、どうもスッキリしないお話ですね・・
普通に考えちゃうと、

アロンソ
が、故意にやったって思えるけどね、、




アロンソ チームでの未来に大きな疑問符



【8月7日 AFP】F1第11戦・ハンガリーGP(Hungarian Grand Prix 2007)で論争の的となったマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のチーム内に起きた緊張は、フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)のチームでの未来に大きな疑問符を覆った。

 同大会の予選でフェルナンド・アロンソが意図的にピットアウトのタイミングを遅らせてチームメイトのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)の最終アタックを妨害したとされる問題で、マクラーレンのロン・デニス(Ron Dennis)代表は、様々な憶測が飛び交うのは避けられないとした。

 マクラーレンは、ピットで遅れたのはハミルトンのミスであるとしチームの指示を無視してアロンソを先にピットストップさせてチームに混乱をもたらしたと主張したが、国際自動車連盟(Federation Internationale de l’Automobile:FIA)は主張を聞き入れずアロンソに対してポールポジションから6番グリッドへの降格というペナルティを科し、またチームに対しても同大会で獲得したコンストラクターズポイント(15ポイント)を剥奪した。

 決勝を終えたハミルトンは「アロンソは私と話そうとしない。これは2008年のドライバーズラインナップを考えているライバルチームに表面上の関心を寄せさせたことになる」と語った。アロンソには、ニック・ハイドフェルド(Nick Heidfeld)と2008年の契約を未だ交わしていないBMWザウバー(BMW Sauber)やアロンソ自身が過去2シーズン在籍しワールドチャンピオンに輝いたルノー(Renault)が喜んで名乗りを挙げると見られている。

 ルノーのマネージャー、フラビオ・ブリアトーレ(Flavio Briatore)氏は、9月に行われる第13戦のイタリアGP(Italian Grand Prix 2007)が終わるまでは2008年のドライバーを決定する予定はないが、このことはブリアトーレ氏が再びアロンソを誘うか否かを考える時間を得たことを明白に示す。しかしブリアトーレ氏は「私はアロンソの件に関しては何も知らない。我々はその件で一度も話し合ってない。これは我々でなくマクラーレンの問題だ」とアロンソ獲得の計画を否定している。

 一方、デニス代表は2008年の終わりまで契約を交わしているアロンソとハミルトンの両方がチームに必要という意見を示しており、ブタペストを離れる前に、「他チームによって様々な憶測が飛交い、議論がされるのは仕方ない。我々には数年間の契約を結んでいる二人のドライバーがおり、我々はその契約を尊重するし、二人のドライバーにもお互いを尊重してもらいたい」と語っている。

 しかしワールドチャンピオンを懸けて火花を散らす両者を満足させる事はデニス代表には不可能だろう。ハミルトンは現在ドライバーズランキングでアロンソに7ポイント差をつけている。アロンソは、チームがハミルトンをひいきしていると話せば、ハミルトンも周知の話しだが第5戦のモナコGP(Monaco Grand Prix 2007)でアロンソに1位を譲らされたりとチームに不満を抱いている。

 両者に平等な扱いを約束し続けているデニス代表だが、最近はその約束を守るのが難しくなっている。「二人のドライバーを管理することは難しい状況だ。私はその事は十分に認識している。しかしそれが私の仕事である以上、チームにプラスになる事は何でも取り入れていかなければならない。そして今大事なのは二人のドライバーを平等に扱う姿勢をしっかりと見せていくことです。我々はこうしたレベルの高い競争を見せてくれる事に感謝している。なかなか決断しづらいのは承知しているが、我々のチームの原則を曲げることはできない。平等を実現するためにはどんな努力も惜しまない」と語っている。

 デニス代表は数日間休みを取る予定だが、休みが明けからはマクラーレン内で起きている内紛を収めるための重要な任務が待っている。(c)AFP/ANDREW FAGAN

(写真)2007年8月4日、予選を終えて共に喜び合うアロンソ(右)とハミルトン。(c)AFP/BERTRAND GUAY
JUGEMテーマ:モータースポーツ



フィジケラ 山本左近への妨害でグリッド降格処分って、今年のF1、ハンガリーGPは荒れてるね・・

【8月5日 AFP】F1第11戦・ハンガリーGP(Hungarian Grand Prix 2007)。国際自動車連盟(Federation Internationale de l’Automobile:FIA)は、

8番グリッドを獲得していたルノー(Renault)のジャンカルロ・フィジケラ(Giancarlo Fisichella)が予選中にスパイカー(Spyker)の山本左近(Sakon Yamamoto)の

走行を妨害したとして、13番グリッドへの降格処分を発表した。

■決勝スタートグリッド(タイムは予選タイム)

1:ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)/マクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes) - 1分19秒781

2:ニック・ハイドフェルド(Nick Heidfeld)/BMWザウバー(BMW Sauber) - 1分20秒259

3:キミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)/フェラーリ(Ferrari) - 1分20秒410

4:ニコ・ロズベルグ(Nico Rosberg)/ウィリアムズ(Williams) - 1分20秒632

5:ラルフ・シューマッハ(Ralf Schumacher)/トヨタ(Toyota) - 1分20秒714

6:フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)/マクラーレン・メルセデス - 1分19秒674

7:ロベルト・クビカ(Robert Kubica)/BMWザウバー - 1分20秒876

8:ヤーノ・トゥルーリ(Jarno Trulli)/トヨタ - 1分21秒206

9:マーク・ウェーバー(Mark Webber)/レッドブル(Red Bull) - 1分21秒256

10:デビット・クルサード(David Coulthard)/レッドブル - 1分20秒718

11:ヘイッキ・コバライネン(Heikki Kovalainen)/ルノー - 1分20秒779

12:アレキサンダー・ブルツ(Alexander Wurz)/ウィリアムズ - 1分20秒865

13:ジャンカルロ・フィジケラ/ルノー - 1分21秒079

14:フェリペ・マッサ(Felipe Massa)/フェラーリ - 1分21秒021

15:アンソニー・デビッドソン(Anthony Davidson)/スーパーアグリ(Super Aguri)- 1分21秒127

16:ビタントニオ・リウッツィ(Vitantonio Liuzzi)/トロ・ロッソ(Toro Rosso) - 1分21秒993

17:ジェンソン・バトン(Jenson Button)/ホンダ(Honda)- 1分21秒737

18:ルーベンス・バリチェロ(Rubens Barrichello)/ ホンダ - 1分21秒877

19:佐藤琢磨(Takuma Sato)/スーパーアグリ - 1分22秒143

20:セバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)/トロ・ロッソ - 1分22秒177

21:エイドリアン・スーティル(Adrian Sutil)/スパイカー(Spyker)- 1分22秒737

22:山本左近/スパイカー - 1分23秒774

(c)AFP
(写真) 予選に臨むフィジケラ(2007年8月4日撮影)。(c)AFP/ATTILA
KISBENEDEK


ジャンカルロ・フィジケラ
ジャンカルロ・フィジケラ


ジャンカルロ・フィジケラとは



F1での経歴
国籍 イタリア
車番 3
所属チーム ルノー
年 1996 -
過去の所属チーム ミナルディ, ジョーダン,
ベネトン, ザウバー
優勝回数 3
通算獲得ポイント 263
表彰台(3位以内)回数 18
ポールポジション 3
ファステストラップ 2
F1デビュー戦 1996年オーストラリアGP
初勝利 2003年ブラジルGP
2007年順位 7位 (17ポイント)
(記録は2007年第11戦終了時)

ジャンカルロ・フィジケラ(Giancarlo Fisichella, 1973年1月14日 - )は、イタリア、ローマ出身のF1ドライバー。愛称:フィジコ。

目 次

1 プロフィール
1.1 雨の男
1.2 初優勝
1.3 2005年
1.4 2006年

2 余談

3 F1での年度別成績

4 関連項目

5 外部リンク



[1] プロフィール


[1.1] 雨の男

1996年にミナルディからデビューし、これまでジョーダン(1997年,2002年〜2003年)、ベネトン(1998年〜2001年)、ザウバー(2004年)といった主に中堅チームを渡り歩いてきた。(1996年以外はすべてフル参戦)

雨のレースに滅法強く、初優勝を記録した2003年第3戦ブラジルGP(後述)や初ポールを達成した1998年のオーストリアGPをはじめ、多くの雨のレースで殊勲を打ち立てた。またカナダGPの舞台であるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットやモナコGPの舞台であるモナコ市街地などの全長が比較的短いコース、不安定な天候で波乱のレースが多いベルギーGPのスパ・フランコルシャンを得意とする。


[1.2] 初優勝

2003年に第3戦ブラジルGPにて念願の初優勝を達成したが、このレースは豪雨によるクラッシュ発生により赤旗でレース終了し、またフィジケラが、それまでトップを走行していたマクラーレンのライコネンを交わしたタイミングが微妙であったという様に、あまりに混乱した展開であった為に、周回数の判断をオフィシャルが誤ることとなり、一旦は2位と判定された。しかしレース後の裁定により、フィジケラの優勝が確定し、次戦のサンマリノGPで改めてトロフィーが授与されることとなった。


[1.3] 2005年

ルノーR25(2005年アメリカGP)F1デビュー当初より、才能があるといわれながらなかなかタイミングが合わず、トップチーム入りを果たせずにいたが、2005年からは、2004年にコンストラクターズランキング3位を獲得し上昇気流にあるルノーから参戦。そして開幕戦オーストラリアGPで見事ポール・トゥ・ウィンを飾った。ここで才能が一気に開花するかと期待されたが、チームはこの年史上最年少でチャンピオンに輝いたフェルナンド・アロンソ優先の体制であり、またフィジケラのマシンにトラブルが頻発するなど、結局思うようにいかないシーズンとなってしまった。


[1.4] 2006年

ルノーからの参戦二年目となる2006年、フィジケラは第二戦マレーシアGPで鮮やかなポール・トゥ・ウィンを飾った。彼はこのGP開催の直前にレースを始めた頃から付き合っていた親友を事故で亡くしており、「大事な友を亡くしたこの週末、彼のために必ず勝ってやると決意したんだ。」とレース後に述べている。今年前半戦はチームメイトのフェルナンド・アロンソには及ばないものの、コンスタントにポイントを稼いでいる。そして6月、彼の2007年ルノーチーム残留が正式に発表された。 また鈴鹿サーキット最後の開催となった2006年の日本GPでも、フィジケラは直前に上記とは別の親友を亡くしており、3位表彰台を亡き親友に捧げ、ポディウムの上で号泣した。


[2] 余談

童顔で幼そうに見える顔立ちだが1男1女の所帯持ちである。数年前の「F1グランプリ特集」の担当コラムで、ガンダム好きであることを語っていた。

また、サッカー好きのF1ドライバーは多いが、中でも彼は熱狂的なことで有名。ドライバー参加のイベント試合ではミハエル・シューマッハと並ぶ常連であり、「フィジケラが一番上手い」との評判である。 地元クラブASローマの大ファン(ロマニスタ)であり、フランチェスコ・トッティら選手とも親交がある。 ジェンソン・バトンが、フィジケラをからかうためにASローマと同じくローマを本拠地とする宿敵ラツィオのユニフォームを着て現れ、本気で憮然とした表情をしたことがある。


[3] F1での年度別成績

(2007年第11戦終了時)

年 所属チーム CarNo. 出走回数 ポイント 順位 決勝最高位・回数 表彰台 予選最高位・回数
1996年 ミナルディ 21 8戦 0 − 8位・1回(カナダ) 0回 16位・2回(オーストラリア・カナダ)
1997年 ジョーダン 12 全17戦 20 8位 2位・1回(ベルギー) 2回 2位・1回(ドイツ)
1998年 ベネトン 5 全16戦 16 9位 2位・2回(モナコ・カナダ) 2回 1位・1回(オーストリア)
1999年 9 全16戦 13 9位 2位・1回(カナダ) 1回 4位・1回(ハンガリー)
2000年 11 全17戦 18 6位 2位・1回(ブラジル) 3回 3位・1回(ドイツ)
2001年 7 全17戦 8 11位 3位・1回(ベルギー) 1回 6位・1回(日本)
2002年 ジョーダン 9 全17戦 7 11位 5位・3回(オーストリア・モナコ・カナダ) 0回 5位・1回(ハンガリー)
2003年 11 全16戦 12 12位 1位・1回(ブラジル) 1回 8位・1回(ブラジル)
2004年 ザウバー 11 全17戦 22 11位 4位・1回(カナダ) 0回 5位・1回(ベルギー)
2005年 ルノー 6 全19戦 58 5位 1位・1回(オーストラリア) 3回 1位・1回(オーストラリア)
2006年 2 全18戦 72 4位 1位・1回(マレーシア) 5回 1位・1回(マレーシア)
2007年 3 11戦 17 7位 4位・1回(モナコ) 0回 4位・1回(モナコ)


[4] 関連項目

モータースポーツ
ドライバー一覧
F1ドライバーの一覧


[5] 外部リンク

ジャンカルロ・フィジケラ公式ウェブサイト
ジャンカルロ・フィジケラ日本公式ファンクラブ
2007年のF1世界選手権を戦うチームと出走ドライバー
マクラーレン ルノー フェラーリ ホンダ BMWザウバー トヨタ
1 アロンソ 3 フィジケラ 5 マッサ 7 バトン 9 ハイドフェルト 11 シューマッハ
2 ハミルトン 4 コヴァライネン 6 ライコネン 8 バリチェロ 10 クビサ 12 トゥルーリ
レッドブル ウィリアムズ トロ・ロッソ スパイカー スーパーアグリ
14 クルサード 16 ロズベルグ 18 リウッツィ 20 スーティル 22 佐藤
15 ウェバー 17 ヴルツ 19 ベッテル 21 山本 23 デビッドソン

カテゴリ: イタリアのF1ドライバー | 1973年生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アロンソのポールポジション剥奪の結論、、


アロンソのポールポジション剥奪


って、結論だけど、ちょっと後味悪いよね、、
フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)


At the 2007 Malaysian GPAt the 2007 Malaysian GP


アロンソとハミルトン ピットストップを巡って調査へ



【8月5日 AFP】F1第11戦・ハンガリーGP(Hungarian Grand Prix 2007)。4日に行われた予選で今季2度目のポールポジションを獲得したマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)と2番グリッドを獲得したチームメイトのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)が、ピットストップを巡って調査を受けていることが明らかとなった。

 先にピットに入ったアロンソは、タイヤ交換を終えて直ぐに最終アタックに向かうかに見えたが約30秒間ピットアウトせず、アロンソに続いてタイヤ交換のためにピットに入ったハミルトンは待機状態となり、アロンソのピットアウトを待つ間タイムロスを余儀なくされた。

 ハミルトンはこのタイムロスが響いて最終アタックに間に合わず、対するアロンソは最終アタックでベストラップ1分19秒674を叩き出してポールポジションを獲得している。

 予選後の会見でアロンソは「マシンを動かす時の指示はチームから出る。タイムロスのせいでハミルトンが最終アタックのチャンスを逃したように映るが、例え私が5秒早くピットアウトしていたとしても彼は最終アタックに間に合わなかった。ハミルトンにはすまないと思うが、指示されたとおりにピットを出たんだ」と語り、ピットアウトのタイミングはチームの指示だったことを強調した。

 これを受けて国際自動車連盟(Federation Internationale de l’Automobile:FIA)は、マクラーレンのロン・デニス(Ron Dennis)代表からこの件についての説明を受けている。

(写真)アロンソ(中央)のピットアウトを待つハミルトン。(c)AFP/LASZLO BALOGH

フェルナンド・アロンソ

フェルナンド・アロンソとは




F1での経歴
国籍 スペイン
車番 1
所属チーム マクラーレン・メルセデス
年 2001, 2003 -
過去の所属チーム ヨーロピアン・ミナルディ
ルノー
優勝回数 18
通算獲得ポイント 449
表彰台(3位以内)回数 44
ポールポジション 16
ファステストラップ 10
F1デビュー戦 2001年オーストラリアGP
初勝利 2003年ハンガリーGP
2007年順位 2位(68ポイント)
(記録は2007年第10戦終了時)


フェルナンド・アロンソ・ディアス(Fernando Alonso Díaz, 1981年7月29日 - )は、スペイン・アストゥリアス州オビエド出身のレーシングドライバーである。

2005年にF1史上最年少でドライバーズチャンピオンを獲得した。翌2006年も連覇している。現在はマクラーレンから参戦している。

目 次

1 プロフィール

2 F1参戦以前

3 F1における経歴
3.1 ミナルディ
3.2 ルノー
3.3 マクラーレン

4 F1における記録
4.1 年度別成績
4.2 最年少記録
4.2.1 更新された記録

5 人物
5.1 スペインでの人気
5.2 論議を呼んだレース

6 出典

7 関連項目

8 外部リンク



[1] プロフィール

1981年7月29日にスペイン北部のアストゥリアス州オビエドにて生まれた。父親のホセ・ルイスは鉱石採掘会社の発破技士、母親はスーパーマーケットで働くごく普通の主婦である。

ホセ・ルイスはアマチュアカートレーサーであったため、自分の子供がレーサーになることを望み、フェルナンドの姉であるロレーナが8歳の時に自作のカートを与えた。しかし、ロレーナがレースには興味を示さなかったため、そのカートは当時3歳のフェルナンドの物となり、フェルナンドはわずか3歳でカートに乗り始める。


[2] F1参戦以前

アロンソがレースに参戦できるようになると父親は息子のメカニックを兼ねて帯同し、スペイン各地のカートレースに参戦するようになる。アロンソの家庭はカートレースの資金を家計から捻出し続けられるほどには裕福でなかったが、アロンソが勝利を重ねたことでスポンサーによる資金提供を受けられるようになり、レース活動を続けていくことができた。

1993年、13歳でスペインのカートジュニア選手権チャンピオンに輝くと、以後、同選手権を1996年まで4連覇している。
1996年、15歳の時にはカート・ジュニアワールドカップを獲得した。翌1997年はスペインとイタリア両国のカート選手権(Aランク)でチャンピオンとなり、1998年にはスペイン選手権を連覇するとともにヨーロッパ選手権でも2位を記録した。

こうした活躍が同国の元F1ドライバーであるエイドリアン・カンポスの目に留まり、1999年はカンポスレーシングからニッサン・オープン・フォーチュナ選手権に参戦、四輪のデビューレースでいきなり優勝を飾り、最終的にその年のチャンピオン獲得。年末にはミナルディでのF1テストドライブも経験、他の同年代のテストドライバーより1.5秒速いタイムを記録した[1]

翌2000年には国際F3000に参戦し、幾つかのレースでは入賞を逃したが、最終2レースを2位と優勝で終えたこともあってシリーズランキングは4位となる。


[3] F1における経歴

[3.1] ミナルディ

2001年にルノー契約下ながらミナルディからF1デビュー。第1戦オーストラリアGPにエントリーされた時点で19歳216日、史上3番目の若さでのデビューだった。入賞はならなかったものの、この年のアロンソは、戦闘力で劣るミナルディのマシンを駆りながらベネトンやBARを追い回す卓越したパフォーマンスを見せ、注目される。

ルノーのチーム代表で、アロンソのマネージャーでもあったフラビオ・ブリアトーレはアロンソをルノー(この年はベネトンとして参戦していた)へ移籍させ、ジェンソン・バトンに代えてレギュラーとて起用することを考えたが[1]、熟考の末、2002年はフルタイムのテストドライバーとしてアロンソを自チームに迎えることを決断した。 余談ではあるが当時まだF1の世界にいなかったアロンソの走りを見てブリアトーレにアロンソと早急に契約し、彼を手放さないようにアドバイスを送ったのはジャック・ヴィルヌーヴである。


[3.2] ルノー

2002年〜2003年
2002年はルノーのテストドライバーとして、シルバーストン、バレンシア、ヘレス、カタロニアといった各地のコースで、計1,642周走った[1]。ブリアトーレはこの年限りでジェンソン・バトンとの契約を終了し、アロンソは翌年のレギュラーシートの座を得る。

2003年にルノーの正ドライバーとしてサーキットに復帰すると、第2戦マレーシアGP予選でポールポジション獲得し、ポールポジション獲得の史上最年少記録を樹立(21歳236日)。翌日の決勝レースは3位でチェッカーを受け、これも史上最年少で表彰台に上った。同時に、これはスペイン人ドライバーのF1初表彰台でもあった。第5戦スペインGPではこの時点で自己最高位となる決勝2位表彰台を獲得し母国民を熱狂させ、そして第13戦ハンガリーGP予選で自身2度目のポールポジションを獲得。決勝もミハエル・シューマッハを周回遅れにするなど、完璧なレース運びでポールトゥーウィンを飾り、F1史上最年少のグランプリ勝者(22歳25日)となった。

この年は最終的に11度の入賞(うち優勝1回、優勝を除く表彰台4回)で55ポイントを挙げ、年間ランキング6位につけた。

2004年

2004年アメリカGP2004年は更なる飛躍が期待された。しかし中盤までチームメイトであるヤルノ・トゥルーリに遅れをとり、たび重なる予選のミス、モナコGPでのクラッシュなど、不安定さを露呈した。結果、開幕戦オーストラリアGPでの3位表彰台をはじめ入賞12回(うち表彰台4回)、ポールポジションも1度(第10戦フランスGP)獲得したが、このシーズンはフェラーリ勢の圧倒的な活躍もあって、この年は優勝を挙げることはできなかった。

2005年:チャンピオン獲得

2005年アメリカGPそして迎えた2005年、高い競争力をもつルノーR25を駆り、開幕戦オーストラリアGPでは、優勝したチームメイトのジャンカルロ・フィジケラと共に3位表彰台に上る。次戦マレーシアGPではポールポジションを獲得すると決勝でも圧倒的な速さで1年7ヶ月ぶりの2勝目を、さらにつづくバーレーンGP、サンマリノGPでも勝利を挙げ、3連勝を達成。特にサンマリノGPではラスト13周でトップ走行中に背後のミハエル・シューマッハからの猛攻にさらされたが、それをしのいで優勝を得た。第5戦スペインGPも2位表彰台を得て、開幕5戦を全て表彰台で終えた。

その後はマクラーレンのキミ・ライコネンが驚異的な追い上げを見せたが抜群の安定感で第17戦ブラジルGPまでに実に17レース中13度の表彰台を獲得、残り2戦を残してスペイン人初のF1ワールドチャンピオンに輝いた。その後の2レースでも3位と1位を獲得し、ルノーのコンストラクターとして初のチャンピオン獲得に貢献した。

アロンソは、フラビオ・ブリアトーレの強力なバックアップの下、ライコネンやファン・パブロ・モントーヤ、フェリペ・マッサらと共に「ポスト・シューマッハ」時代においてチャンピオン争いを繰り広げていくものと期待されていたが、抜群の安定感とほとんどミスのない走りで早くもチャンピオンに輝くこととなった。このチャンピオン獲得は、1972年にエマーソン・フィッティパルディが樹立した最年少チャンピオン記録(25歳273日)を実に33年ぶりに更新するものであった。

2006年:連覇
前年末に2007年からマクラーレンに移籍することを発表したため、2006年はルノーのアロンソへのサポートが少なくなることも噂されていたが、序盤において抜群の安定感と彼の持ち味でもある「速さに確実性を兼ね備えた走り」によりミスの多いライバルのミハエル・シューマッハを大きくリード。しかしシーズン中盤戦において突如ルノーのマシンに搭載されていたマス・ダンパーの使用禁止やイタリアGP予選での理不尽なペナルティなどにより圧倒的なポテンシャルを持つフェラーリ248F1を駆るシューマッハに中国GPで逆転されるが、第17戦日本GPで優勝、続く最終戦ブラジルGPで2位に入り圧倒的不利な状況下でシューマッハを上回り、見事2年連続でチャンピオンを獲得した。



[3.3] マクラーレン

2007年マレーシアGP2007年はマクラーレンにおいてルーキーのルイス・ハミルトンとコンビを組み、 報道陣の多くが昨年に続き圧倒的ポテンシャルを持つフェラーリの独走を予想したが 移籍2戦目となるマレーシアGPにおいてチームメイトのハミルトンと共にマクラーレンに2005年、ブラジルGP以来となる ワンツーフィニッシュをもたらし不振に喘いでいた名門復活の立役者となった。


[4] F1における記録

[4.1] 年度別成績
(2007年第10戦終了時)

年 所属チーム # ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数 表彰台回数 予選最高位・回数
2001年 ミナルディ 21 23位 0 10位・1回 0回 17位・1回
2003年 ルノー 8 6位 55 1位・1回 4回 1位・2回
2004年 8 4位 59 2位・1回 4回 1位・1回
2005年 5 1位 133 1位・7回 15回 1位・6回
2006年 1 1位 134 1位・7回 14回 1位・5回
2007年 マクラーレン・メルセデス 1 2位 68 1位・3回 7回 1位・1回


[4.2] 最年少記録
アロンソはF1において数々の最年少記録を打ち立ててきた。以下に主なものを記す。

最年少完走 - 19歳217日(2001年第1戦オーストラリアGP)
最年少ポールポジション - 21歳236日(2003年第2戦マレーシアGP)
最年少レースリーダー - 21歳236日(2003年第2戦マレーシアGP)
最年少表彰台 - 21歳236日(2003年第2戦マレーシアGP)
最年少優勝 - 22歳25日(2003年第13戦ハンガリーGP)
最年少チャンピオン - 24歳58日(2005年第17戦ブラジルGP)

[4.2.1] 更新された記録

最年少ファステストラップ - 2003年第8戦カナダGPに21歳321日で最年少記録を樹立したが、2006年開幕戦バーレーンGPでニコ・ロズベルグ(20歳258日)によって更新された。

[5] 人物

[5.1] スペインでの人気

F1王者となったアロンソはスペイン国内ではサッカー選手をも上回る熱狂的人気を誇り、スポーツ選手の人気ランキングで1位になったり、アロンソが公道でF1マシンを走らせるイベントに20万人以上の観客が集まるほどである。当然、マスコミはアロンソを執拗に追い回しスペインでのプライベートを取り上げようと躍起になっている。婚約者ラケル・ロサリオ(ポップ・ロックグループ、エル・スエニョ・デ・モルフェオのリードシンガー)や家族にまで取材の手が及び、アロンソ自身もパパラッチを嫌って滅多にスペインに帰国しようとしない。そのため、GPウィーク中の自国メディアによる囲み会見を一方的に打ち切る、ということもしばしばである。


[5.2] 論議を呼んだレース

2003年ヨーロッパGP - 決勝レース終盤、背後のデビッド・クルサードに対してブレーキテストをしたとして、結果としてリタイアしたクルサード及びマクラーレン側から抗議を受けた。これに対してアロンソはクルサードが自分の車に近づき過ぎただけだと反論している。[2]
2006年ハンガリーGP - 金曜日午後のフリー走行で中々道を譲らなかったレッドブル・レーシングのサードドライバー、ロバート・ドーンボスに対してホームストレートで追い抜きをした直後ドーンボスに対してあからさまな幅寄せとブレーキテストを行った。これに対してペナルティの裁定を行うレーススチュワードは重大な危険行為として、予選各セッションで最速タイムに2秒を加算するというペナルティを受けた。
2006年イタリアGP - 予選でフェリペ・マッサのアタックラップを妨害したとして、スターティンググリッドを5つ降格するというペナルティを受けた。しかしこの裁定は疑問を呼んだ。というのはアロンソは最初のアタックラップでタイヤがバーストしタイムを出せていなかった。その為、最後のアタックは、第三ピリオド終了時間に間に合うかぎりぎりのタイミングとなりアロンソはアウトラップもアタック時と変わりない走りをしなければならなかったからだ。そのときのマッサのオンボード映像を見てもアロンソがマッサの走行に影響を及ぼしていないことは明らかだ。アロンソはこの裁定が下された後にルノーによって開かれた会見で「私はこのスポーツのことを愛しているが、F1のことをスポーツだとはもはや思えない」と涙ながらに語った。[3]

[6] 出典
^ a b c Who's Who: Fernando Alonso - F1Fanatic.co.uk(2006年1月7日記事)
^ Coulthard blames Alons - BBCスポーツ(2003年6月29日記事)
^ Fuming Alonso says F1 is no longer a sport - F1racing.net(2006年9月10日記事)

[7] 関連項目
アロンソマニア

[8] 外部リンク
ウィキメディア・コモンズには、フェルナンド・アロンソに関連するマルチメディアがあります。フェルナンド・アロンソ公式ウェブサイト
Complete web page about the best pilot of F1



先代:
ミハエル・シューマッハ F1ドライバーズチャンピオン
2005年-2006年 次代:
n/a
2007年のF1世界選手権を戦うチームと出走ドライバー
マクラーレン ルノー フェラーリ ホンダ BMWザウバー トヨタ
1 アロンソ 3 フィジケラ 5 マッサ 7 バトン 9 ハイドフェルト 11 シューマッハ
2 ハミルトン 4 コヴァライネン 6 ライコネン 8 バリチェロ 10 クビサ 12 トゥルーリ
レッドブル ウィリアムズ トロ・ロッソ スパイカー スーパーアグリ
14 クルサード 16 ロズベルグ 18 リウッツィ 20 スーティル 22 佐藤
15 ウェバー 17 ヴルツ 19 ベッテル 21 山本 23 デビッドソン

カテゴリ: スペインのF1ドライバー | 1981年生
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アロンソ ピットストップ問題でポールポジション剥奪


『ヴェーダ』を是非ともお試し下さい!!▼



▲ヴェーダ、純国産が実現したペニスの増大!▲



アロンソ
も、

まあ、プロなんだから、自分を有利にするためには、多少の汚い手も使うんだろうけどこれじゃ、ミエみえ過ぎて、ガキの喧嘩以下な感じじゃねえの、、

プロとは言え、、やっぱスポーツなんだから、もっと正々堂々とやって欲しいよな・・


ハミルトンは「あのシーンは何ともいえない。見ての通り」とぶ然とした表情

だけで、それ以上何もガタガタ言わなかったハミルトンの勝ち(プロスポーツマンとして)って感じだけど


肝心の、勝負の行方はどうなんのかね??

同僚ハミルトンに、嫌がらせ?アロンソPP





公式予選でトップタイムをマークし、ガッツポーズするアロンソ Photo By AP

 F1第11戦ハンガリーGPは4日、ハンガロリンク・サーキットで公式予選を行い、前戦欧州GPに続いて2連勝を狙うマクラーレンのフェルナンド・アロンソ(26)が第5戦以来今季2度目、通算17度目のPPを獲得。2番手に同僚のルイス・ハミルトン(22)が入った。

 今季3度目のフロントローを独占したマクラーレン勢だったが、後味の悪さが残った。予選第3ラウンド中盤でアロンソを抜きハミルトンがトップタイムをマーク。すると残り2分でピットストップしたアロンソは、ゴーサインが出ても30秒ほど停止して動かず、これで後からピットに入ってきたハミルトンは約20秒間待ちぼうけ。結局ハミルトンは時間切れで最終ラップを走れず、土壇場でアロンソに逆転を許した。

 アロンソは「車のパフォーマンスがよかった」と喜んだが、ハミルトンは「あのシーンは何ともいえない。見ての通り」とぶ然とした表情。マクラーレンのロン・デニス代表もヘッドホンを投げつけて激怒し、チームに不協和音が漂い始めた。なお、復帰初戦の山本左近(25)は最下位だった。
[ Sponichi Annex 2007年08月05日 ]


アロンソ ピットストップ問題でポールポジション剥奪



【8月5日 AFP】F1第11戦・ハンガリーGP(Hungarian Grand Prix 2007)。4日に行われた予選でポールポジションを獲得したマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)と2番手に入ったチームメイトのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)との間のピットストップを巡る問題で、国際自動車連盟(Federation Internationale de l’Automobile:FIA)はアロンソからポールポジションを剥奪することを発表した。

 この処置でアロンソは決勝をポジションを5つ下げ6番グリッドで迎えることとなり、フロントローには繰り上がりでハミルトンとBMWザウバー(BMW Sauber)のニック・ハイドフェルド(Nick Heidfeld)が入ることになる。

 またFIAは、決勝でコンストラクターズポイントを獲得してもマクラーレンには加算しないことも発表している。

 アロンソとマクラーレンには、予選終了間際のピットストップでアロンソを必要以上に止め、ハミルトンをピットレーンに待機させて予選残り1周の走行をさせなかったとして、裁定が下った。

■決勝スタートグリッド(タイムは予選タイム)

1:ルイス・ハミルトン/マクラーレン・メルセデス - 1分19秒781

2:ニック・ハイドフェルド(Nick Heidfeld)/BMWザウバー(BMW Sauber) - 1分20秒259

3:キミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)/フェラーリ(Ferrari) - 1分20秒410

4:ニコ・ロズベルグ(Nico Rosberg)/ウィリアムズ(Williams) - 1分20秒632

5:ラルフ・シューマッハ(Ralf Schumacher)/トヨタ(Toyota) - 1分20秒714

6:フェルナンド・アロンソ/マクラーレン・メルセデス - 1分19秒674

7:ロベルト・クビカ(Robert Kubica)/BMWザウバー - 1分20秒876

8:ジャンカルロ・フィジケラ(Giancarlo Fisichella)/ルノー(Renault)- 1分21秒079

9:ヤーノ・トゥルーリ(Jarno Trulli)/トヨタ - 1分21秒206

10:マーク・ウェーバー(Mark Webber)/レッドブル(Red Bull) - 1分21秒256

11:デビット・クルサード(David Coulthard)/レッドブル - 1分20秒718

12:ヘイッキ・コバライネン(Heikki Kovalainen)/ルノー - 1分20秒779

13:アレキサンダー・ブルツ(Alexander Wurz)/ウィリアムズ - 1分20秒865

14:フェリペ・マッサ(Felipe Massa)/フェラーリ - 1分21秒021

15:アンソニー・デビッドソン/スーパーアグリ(Super Aguri)- 1分21秒127

16:ビタントニオ・リウッツィ(Vitantonio Liuzzi)/トロ・ロッソ(Toro Rosso) - 1分21秒993

17:ジェンソン・バトン(Jenson Button)/ホンダ(Honda)- 1分21秒737

18:ルーベンス・バリチェロ(Rubens Barrichello)/ ホンダ - 1分21秒877

19:佐藤琢磨(Takuma Sato)/スーパーアグリ - 1分22秒143

20:セバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)/トロ・ロッソ - 1分22秒177

21:エイドリアン・スーティル(Adrian Sutil)/スパイカー(Spyker)- 1分22秒737

22:山本左近(Sakon Yamamoto)/スパイカー - 1分23秒774

(c)AFP

(写真)2007年8月4日、予選を終えて会見に臨むアロンソ(右)とハミルトン。(c)AFP/BERTRAND GUAY
JUGEMテーマ:車/バイク



           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM