スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ルイ・ヴィトン新作ウォッチ「エンプライズ」、マークが初めてデザイン

うわ〜〜、超カッコいいというか、センスと気品とモダン(って日本語が変ですから・・)の結晶みたいな、ルイ・ヴィトン新作ウォッチ「エンプライズ」!

でも、サムライ個人的には、もうちょっと、幅が狭い方が好きだけど・・

オイラも買っちゃおかなって、、御幾らですか?

なぬ!! 100万円以上じゃねえかよ・・

さようなら。。夢で逢いましょう・・・

・マーク・ジェイコブスとは

マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs, 1963年4月9日 - )は、アメリカ合衆国・ニューヨーク生まれのファッションデザイナー。

パーソンズ・スクール・オブ・デザインを卒業している。

ペリー・エリスの元でチーフ・デザイナーとして活躍していたが、1996年に独立してニューヨーク・コレクションに参加。

1997年からはルイ・ヴィトンのプレタポルテのデザイナーも兼任している。


1.人物

男性としてはあまり背は高くない様子。眼鏡をかけている。ヘビースモーカーで、「ドラッグと酒はやめたが煙草はやめられない」と言っている。

そのかわり、食事には気を配り食前に多くのサプリメントを取っている。好きな食べ物は、プロテイン・バー。家を持たない。趣味は、アート作品の収集。

友人には、ソフィア・コッポラ、ディタ・フォン・ティース、ヴィクトリア・ベッカム、アナ・ウィンターなど。作品は、色違いのものをたくさん作る。パッヘルベルのカノンを聞くと創作意欲が湧くらしい。

2.日本との関係

デザイナーとして最初に大きな契約を交わした相手が日本企業(Marc By Marc Jacobsの代理店)であった事から、親日家であり「僕がデザイナーとして成功できたのは日本の消費者のおかげ」とコメントしている。

日本に来日した際に草間彌生を訪ね、マカロン(=水玉模様)のインスピレーションを得た。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:ニュース



トリンプが「恋するブラ わたしシルエット」CM発表会開催

ううん、トリンプの、今年の春夏、ブラのCM発表会ですか〜〜、、理屈抜きで、清々しい感じでいいですね〜〜

男心をくすぐりますね、、ってあんまり褒めても、単なる変態オヤジに間違えられるので、この辺にしときますけど、

やっぱ、いいものはいいです、ハイ!!

・トリンプ・インターナショナル(Triumph International)

種類 株式会社、設立 1886年、業種:事業内容 女性用下着製造販売

トリンプ・インターナショナル(Triumph International)は、ドイツに本拠を置く女性用下着製造販売会社。 1886年にドイツで設立。現在、女性用下着メーカーとしては世界最大である。

ドイツ本社の沿革

1886年 ドイツヴュルテンベルクで創業。コルセット製造業として6人で。

1894年 イギリスからコルセットの大量注文。業績を伸ばす。

1902年 「Triumph」を商標登録。

1933年 スイスツゥルツァッハに初の海外法人を設立。

1942年 アメリカの実業家ハワード・ヒューズが女優ジェーン・ラッセルのためにデザインしたブラジャーを製作。

1946年 「ビキニ」が流行。業績を伸ばす。

1959年 世界初の「下着ファッションショー」をベルリンにて開催。

1964年 日本法人を設立。

1981年 トリンプファッションショー「Scene81」を開催。

・トリンプ日本法人
トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社はトリンプグループの日本法人。設立は1964年。 日本国内でトリンプブランドの下着を製造販売している。

トリンプグループのなかでも技術力、新製品の企画開発力が高く中核的な存在となりつつある。 「天使のブラ」「恋するブラ」など多くのブランドを発売している。

トリンプ日本法人概要
本社所在地 東京都大田区平和島6丁目1-1 東京流通センタービル、設立 1964年10月10日、資本金 26億円、代表取締役会長 オリバー・シュピースホーファー
代表取締役社長 クリスチャン・トーマ

直営販売店
AMO'S STYLE(アモスタイル)、CP (COSMETIC PURE)、POESIE ELF、ODETTE、TEENA、トリンプ・オンラインショップ、
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ロンドンで「シャネル」パーティー、菊地凛子やケイト・モスも出席

シャネルのパティーが、華々しくロンドンで開かれたそうな・・

デザイナーのカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)や女優の菊地凛子(Rinko Kikuchi)や、有名モデル・女優の、

アギネス・ディーン(Agyness Deyn)、クラウディア・シファー(Claudia Schiffer)、ジョディー・キッド(Jodie Kidd)、

カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)などなどが、お気に入りのシャネルを身に付けて登場したそうな。

なかでも、映画『ハリー・ポッター』シリーズに出演する女優のエマ・ワトソン(Emma Watson)は、

“本当の魔法とより多くのシャネルバッグに服”さてどっちが欲しい?と質問され、

「間違いなくシャネルのバッグと服ね」と笑いながら答えた。

・・・ううん、でも、サムライ的には、「本物の魔法で、シャネルのバッグと服を、好きなだけ出せばいいんじゃないかね?」

などと、思ったりして・・


ハイカラーの白シャツにサングラス、グローブ姿のカールが登場すると、会場はにわかに混乱状態に。

うううん、このカール・ラガーフェルドって方、容姿と言うか、雰囲気もとってもオモテになりそうざんす。。



■英国の男性は大人気?!

 今回のコレクションはココ・シャネルの恋人だった英国人男性からインスパイアされたものだった。

英国の男性といえば、ケイト・モス(Kate Moss)は英国人の新恋人ザ・キルズ(The Kills)のジェイミー・ヒンス(Jamie Hince)と共に

会場に到着。

ロンドン滞在とインターンシップを満喫中のシャルロット・カシラギ(Charlotte Casiraghi)も、英国の資産家の息子Alex Dellalと一緒だ。

 なぜ英国人男性が魅力的なのか、という問いに「パンク、不良っぽさ、チャールズ・ディケンズ、ロンドン」とハーレフ 。


 一方で、モデルのイリナ・ラザルヌ(Irina Lazareanu)はピート・ドハーティー(Pete Doherty)でなく、

ショーン・レノン(Sean Lennon)を相手に会場入りした。


■トム・フォードらも

 他にも、トム・フォード(Tom Ford)、アレクサンドラ・シュールマン(Alexandra Shulman)、エリン・オコナー(Erin O'Connor)、

タンディ・ニュートン(Thandie Newton)、ナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova)夫妻、ジェマ・キッド(Jemma Kidd)、

ジェファーソン・ハック(Jefferson Hack)らが出席し、カールのロンドン訪問を祝った。(c)Fas


まあ、要するに、世界の芸能界のシャネル・ファンが、ロンドンに大集合しちゃった、みたいなシャネル・パーティー模様でした、、


シャネルとは



パリの店舗シャネル(CHANEL)は、ココ・シャネル(Coco Chanel、1883年8月19日 - 1971年1月10日)が興したファッションブランド。

「古い価値観にとらわれない女性像」がブランドポリシー。


目 次

1 現デザイナー

2 略歴

3 シャネルと宝石

4 ミューズ

5 関連事項

6 外部リンク



[1] 現デザイナー

カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)


[2] 略歴

1910年 - パリのカルボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したのが始まり。


1913年 - リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。


1915年 - ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、ココはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。


1916年 - 第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ジャージー素材を取り入れた

ドレスが話題となる。


1921年 - 本店をカンボン通り31番地に移転。シャネル初の香水「No.5」を発表。 脂肪族アルデハイドを大胆に使用した香調で話題となる。

「No.5」は試作品番号。その後も、喪服でしか使われなかった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として発表したり、

ツイード素材のスーツを発表して話題となる。


1939年 - 第二次世界大戦の勃発とともに、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖する。


1944年 - ココがナチス・ドイツによるフランス占領中を通じドイツ軍将校と愛人関係にあったため、連合軍によるフランス解放とともに

スイスへの逃亡を余儀なくされる。


1954年 - 閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させる。


1970年 - 香水「No.19」を発表。


1971年 - 住居としていたホテル・リッツで、ココ・シャネル死去。その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。

ココのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たす。


1994年 - シャネルブティック本店(銀座並木通り)を開店。


1996年 - 開店当時日本最大店舗として大阪・心斎橋店を開店。


2001年 - 日本最大の売り場面積を誇る東京・表参道店を開店。


2004年 - 12月、銀座3丁目に銀座シャネルビル・旗艦店を開店。



[3] シャネルと宝石

香港の店舗シャネルは1924年に模造宝石をつかったビジュ・ファンデジの発表後、1932年本物のダイヤモンドを使ったハイ・ジュエリーラインを

発表しており、1939年に店舗を閉鎖した際も、アクセサリーラインを扱う店舗は残していた。


1990年代後半に、新たなデザイナーを迎えファインジュエリーの販売を開始した。


[4] ミューズ

カール・ラガーフェルドにより、ミューズとして抜擢されるモデルや女優は必ずと言っていいほど注目される。

1980年代にはイネス・ド・ラ フレサンジュ、1990年代にはクラウディア・シファー、ステラ・テナントらであった。

現在のミューズは、アンナ・ムグラリスである(商品ごとにイメージモデルとして契約するのとは、意味が違う)。


[5] 関連事項

イネス・ド・ラ フレサンジュ

クラウディア・シファー

ナチス・ドイツ

レジスタンス


[6] 外部リンク

CHANEL

Fashion Street - CHANELのブランド経緯と詳細

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB" より作成

カテゴリ: ファッションブランド | 化粧品メーカー・ブランド | フランスの企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:ファッション


JUGEMテーマ:シャネル



有名デザイナーが描く「ディズニーの世界」、ユニセフ慈善競売に

ディズニーアニメって、無数にあるから、デザイナーも大変ちゅうか、

選択肢が沢山あってかえって楽なのかね?

パイレーツ オブ カリビアンの、デザイン洋服もあるのかな?

って、あれはアニメじゃねえか・・・


■ウォルト・ディズニー・カンパニーとは

ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company、NYSE:DIS)は1923年にウォルト・ディズニーによって創業されたアメリカ合衆国のエンターテインメント会社である。

ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー
The Walt Disney Company 種類 公開会社
市場情報 NYSE DIS


本社所在地 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バーバンク市 サウス・ブエナ・ビスタ・ストリート 500
設立 1938年9月29日
業種
事業内容 メディア・ネットワーク
パークアンドリゾート
スタジオ・エンターテイメント
コンシューマ・プロダクツ
代表者 ロバート・A・アイガー
(社長、最高業務執行役員兼取締役)
資本金 223億7,691万4,000ドル
売上高 342億8,500万ドル
(連結・2006年9月期)
総資産 500億4,500万ドル
(連結・2006年9月期)
従業員数 約112,000人
(連結・2006年9月末日現在)
決算期 9月30日
主要株主 スティーブン・P・ジョッブス 6.37%
フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ 3.07%
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(US) 2.87%
主要子会社 ウォルト・ディズニー・ジャパン 100%
アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー 100%
ブエナ・ビスタ・インターナショナル・インク 100%
関係する人物 ウォルト・ディズニー
外部リンク www.disney.com


目次

1 概要

2 映画製作
2.1 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
2.1.1 アニメーション映画
2.1.1.1 ウォルト・ディズニー・スタジオ制作
2.1.1.2 ピクサー・アニメーション・スタジオ制作
2.1.1.3 関連項目
2.1.2 実写映画
2.2 タッチストーン・ピクチャーズ

3 ディズニーパークス、リゾート
3.1 テーマリゾート
3.2 テーマクルーズ
3.3 会員制リゾートクラブ
3.4 旅行代理業

4 関係会社(主なもの)
4.1 スタジオ・エンタテインメント
4.2 パーク&リゾート
4.3 メディア・ネットワーク
4.3.1 放送局
4.3.1.1 ABC Television Network
4.3.1.2 プロダクション・シンジケイション
4.3.2 ケーブル・ネットワーク
4.3.3 ラジオネットワーク
4.3.4 プロスポーツチーム

5 著作権とウォルト・ディズニー社

6 脚注

7 関連項目

8 外部リンク



[1] 概要

現在では、本業の映画の製作やテーマパークの経営を中心に、三大ネットワークのひとつである放送局のABCやスポーツ専門放送局ESPN、

インターネット・ポータルの旧infoseek(現Walt Disney Internet Group)等を傘下に納めるメディア系総合企業である。


1986年2月6日にウォルト・ディズニー・プロダクション(Walt Disney Productions)から現社名に変わった。


ウォルトの死後、会長職は兄のロイ・ディズニーに移った。その後、ウォルト側近のカードン・ウォーカーが引き継ぎ、1984年の乗っ取り騒動の後、

パラマウント映画社長のマイケル・アイズナーを会長、ワーナー・ブラザーズ元社長のフランク・ウェルズを社長として迎え入れ、

「奇跡」と呼ばれた発展を遂げることになる。


現在ではABCやESPNなどの放送局を傘下に納め、世界有数のメディア・エンターテインメント系総合企業体となっている。

現在の社長兼最高経営責任者(CEO)はロバート・アイガー、上級副社長兼最高財務責任者(CFO)は、トーマス・スタッグス、取締役会会長は

ジョージ・J・ミッチェル、また現在の筆頭株主はスティーブ・ジョブズで、取締役に就任している。


本社はカリフォルニア州バーバンク、ニューヨーク証券取引所に上場し、ダウ平均株価の銘柄にも選ばれている。略称はDIS。


[編集] 映画製作

ウォルト・ディズニー社は創業以来、多くの傑作アニメ映画を生み出してきた。世界初のトーキーアニメ、長編アニメ、カラーアニメなど歴史に

残る業績を残したが、ウォルトの死後(1966年)低迷し、1990年代に再び黄金期を迎えた。


復活の立役者は当時映画部門の責任者だったジェフリー・カッツェンバーグである。彼は伝統的なディズニー・アニメを再建する一方で、

CGアニメ時代の到来を受けて、ピクサー社との提携を実現した。しかし制作方針の食い違いなどから不仲になっていった

(関係の悪化は当時のディズニーCEOであったマイケル・アイズナーが原因であるとの見方が強い)。


ピクサーもディズニーとは『カーズ』を最後に契約を終了する予定だったが、2005年にアイズナーがCEOを退任したことにより、関係を再び修復。

そして2006年5月5日、ディズニーはピクサーを買収し、ピクサーはディズニーの完全子会社となった。


なお、ピクサーのCEOであるスティーブ・ジョブズは、ディズニーの筆頭株主になると共に役員に就任した。




映画製作は、ブエナ・ビスタ・モーション・ピクチャー・グループによって行われている。同グループにメジャーレーベルとしては

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、タッチストーン・ピクチャーズの2つ、

インディペンデントとしてミラマックス(ミラマックスは配給も含む)の3つの製作部門があり、


ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが主にアニメーション映画やファミリー向け(主にMPAAレイティングG相当)映画を、

タッチストーン・ピクチャーズやミラマックスが主にその他の実写映画を担当している(例外あり)。


2006年7月、ディズニーは、実写映画製作本数を年間20本ベースから12〜13本ペースまで落とすことが発表された。

なお『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』(2006)から新しいウォルト・ディズニー・ピクチャーズのロゴムービー(3DCG)
を見ることが出来る。


[編集] ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
※表中の年はアメリカの公開年


[編集] アニメーション映画

[編集] ウォルト・ディズニー・スタジオ制作

蒸気船ウィリー Steamboat Willie (1928年) (ミッキーマウスシリーズ)

花と木 Flowers and Trees (1932年)(シリーシンフォニー)

三匹の子ぶた Three Little Pigs (1933年)(シリーシンフォニー)

かしこいメンドリ(1934年)(シリーシンフォニー)

ミッキーの大演奏会(1935年)(ミッキーマウスシリーズ)

うさぎとかめ The Tortoise and the Hare(1935年)(シリーシンフォニー)

風車小屋のシンフォニー The Old Mill (1937年)(シリーシンフォニー)

白雪姫 Snow White and the Seven Dwarfs (1937年)

ピノキオ Pinocchio (1940年)

ファンタジア Fantasia (1940年)

ダンボ Dumbo (1941年)

バンビ Bambi (1942年)

ラテン・アメリカの旅 Saludos Amigos (1943年)

空軍力による勝利 Victry Through Airpower(1943年)

総統の顔 Der Fuehrer's Face(1943年)

新しい精神 The New spilit(1943年)

三人の騎士 The Three Caballeros (1945年)

メイク・マイン・ミュージック Make mine music (1946年)

ファン・アンド・ファンシー・フリー Fun And Fancy Free (1947年)

メロディ・タイム Melody Time (1948年)

イカボードとトード氏 The Adventures of Ichabod and Mr.Toad (1949年)

シンデレラ Cinderella (1950年)

ふしぎの国のアリス Alice in Wonderland (1951年)

ピーター・パン Peter Pan (1953年)

わんわん物語 Lady and the Tramp (1955年)

眠れる森の美女 Sleeping Beauty (1959年)

101匹わんちゃん One Hundred and One Dalmatians (1961年)

王様の剣 The Sword in the Stone (1963年)

くまのプーさん Winnie the Pooh (1966年)

ジャングル・ブック The Jungle Book (1967年)

おしゃれキャット The Aristocats (1970年)

ロビン・フッド Robin Hood (1973年)

ビアンカの大冒険 The Rescuers (1977年)

きつねと猟犬 The Fox and the Hound (1981年)

ミッキーのクリスマスキャロルMickey's Christmas Carol (1983年)

コルドロン The Black Cauldron (1985年)

オリビアちゃんの大冒険 The Great Mouse Detective (1986年)

オリバー ニューヨーク子猫ものがたり Oliver & Company (1988年)

リトル・マーメイド The Little Mermaid (1989年)

ミッキーの王子と少年 (1990年)

ダックテイル ザ・ムービー 失われた魔法のランプDuckTales the Movie: Treasure of the Lost Lamp(1990年)

美女と野獣 Beauty and the Beast (1991年)

アラジン Aladdin (1992年)

ライオン・キング The Lion King (1994年)

グーフィームービー〜ホリデーは最高! (1995年)

ポカホンタス Pocahontas (1995年)

ノートルダムの鐘 The Hunchback of Notre Dame (1996年)

ヘラクレス Hercules (1997年)

ムーラン Mulan (1998年)

ターザン Tarzan (1999年)

ファンタジア2000 Fantasia 2000 (2000年)

ラマになった王様 The Emperor's New Groove (2000年)

アトランティス 失われた帝国 Atlantis: The Lost Empire (2001年)

リロ・アンド・スティッチ Lilo & Stitch (2002年)

トレジャー・プラネット Treasure Planet (2003年)

ブラザー・ベア Brother Bear (2003年)

ホーム・オン・ザ・レンジ Home on the Range (2004年)

チキン・リトル Chicken Little (2005年) ディズニーとしてはじめて独自で全編3DCG製作

ライアンを探せ! The Wild (2006年)

ルイスと未来泥棒 Meet the Robinsons(2007年予定)

Bolt (2008年予定)

Rapunzel (2009年予定)

The Frog Princess (公開日未定)



[編集] ピクサー・アニメーション・スタジオ制作

トイ・ストーリー Toy Story (1995年)

バグズ・ライフ A Bug's Life (1998年)

トイ・ストーリー2 Toy Story 2 (1999年)

モンスターズ・インク Monsters, Inc. (2001年)

ファインディング・ニモ Finding Nemo (2003年)

Mr.インクレディブル The Incredibles (2004年)

カーズ Cars (2006年)

レミーのおいしいレストラン Ratatouille (2007年)

ウォーリー WALL-E (2008年予定)

Up (2009年予定)

トイ・ストーリー3 Toy Story 3 (2010年予定)



[編集] 関連項目

ミッキーマウス・シリーズ

シリー・シンフォニー・シリーズ

ドナルドダック・シリーズ

グーフィー・シリーズ

プルート・シリーズ

チップとデール・シリーズ

フィガロ・シリーズ

スペシャル・シリーズ



[編集] 実写映画

南部の唄 Song of the South (1946年)

あざらしの島 Seal Island (1949年)

宝島 Treasure Island (1950年)

砂漠は生きている The Living Desert(1953年)

海底ニ万マイル 20'000 Leagues Under the Sea (1954年)

スイスファミリー ロビンソン Swiss Family Robinson (1960年)

うっかり博士の大発明 フラバー The Absent-Minded Professor (1961年)

青きドナウ Born to Sing (1962年)

トマシーナと三つの生命 The Three Lives of Thomasina (1963年)

メリー・ポピンズ Mary Poppins (1964年)

ニャンタッチャブル That Darn Cat! (1965年)

小びとの森の物語 Thr Gnome-Mobile (1967年)

黒ひげ大旋風 Blackbeard's Ghost (1968年)

ラブ・バッグ The Love Bug (1969年)

ベッドかざりとほうき Bedknobs and Broomsticks (1971年)

地球の頂上の島 The Island at the Top of the World (1973年)

続ラブ・バッグ Herbie Rides Again (1973年)

ラブ・バッグ/モンテカルロ大爆走 Herbie Goes to Monte Carlo (1977年)

ピートとドラゴン Pete's Dragon (1977年)

ブラックホール The Black Hole (1979年)

ビバ!ラブ・バッグ Herbie Goes Bananas (1980年)

トロン Tron (1982年)

ネバークライウルフ Never Cry Wolf (1983年)

スプラッシュ Splash (1984年)

スリーメン&ベビー Three Men and a Baby (1987年)

ロジャー・ラビット(1988年)

三銃士 The Three Musketeers (1993年)

101 101 Dalmatians (1996年)

フラバー Flubber (1997年)

新ラブバッグ 〜ハービー絶体絶命!〜 The Love Bug (1997年)

ファミリー・ゲーム/双子の天使 The Parent Trap (1998年)

102 102 Dalmatians (2001年)

プリティ・プリンセス The Princess Diaries (2001年)

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl (2003年)

ホーンテッドマンション The Haunted Mansion (2003年)

プリティ・プリンセス2 The Princess Diaries 2: Royal Engagement (2004年)

ナショナル・トレジャー National Treasure (2004年)

ハービー 〜機械仕掛けのキューピッド〜 Herbie: Fully Loaded (2005年)

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe (2005年)

キャプテン・ウルフThe Pacifier(2005年、ヴィン・ディーゼル主演)

南極物語 Eight Below (2006年・フジテレビ製作の『南極物語』のリメイク)

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest (2006年)

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド Pirates of the Caribbean: At World's End (2007年)

ナショナルトレジャー(2007年)

魔法にかけられて Enchanted (2007年予定)

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(2008年予定)



[編集] タッチストーン・ピクチャーズ

タッチストーン・ピクチャーズを参照せよ。





[編集] ディズニーパークス、リゾート

ディズニーは、子会社のウォルト・ディズニー・パークス&リゾーツ社を通じて数々の映画を題材にして世界中でディズニーパークや、

ディズニーパークのコンセプトをクルーズ船に応用した”テーマクルーズ”「ディズニー・クルーズ・ライン」や、

本格的な会員制リゾートクラブ「ディズニー・バケーション・クラブ」、

世界各地への体験型学習を含んだ旅行プログラムを提供する「アドベンチャーズ・バイ・ディズニー」等のリゾート施設・旅行代業を運営している。



※「東京ディズニーリゾート」はライセンス契約により、オリエンタルランドが経営・運営、それ以外は全て

ディズニー・パークス&リゾーツの子会社・関連会社が運営している。

[編集] テーマリゾート

ディズニーランド・リゾート(カリフォルニア州アナハイム)

ディズニーランド(1955年7月17日開園)

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー(2001年2月8日開園)

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ州オーランド)

マジック・キングダム(1971年10月1日開園)

エプコット(1982年10月1日開園)

ディズニー・MGM・スタジオ(1989年5月1日開園)

ディズニー・アニマル・キングダム(1998年4月28日開園)

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)

東京ディズニーランド(1983年4月15日開園)

東京ディズニーシー(2001年9月4日開園)

ディズニーランド・リゾート・パリ(フランス マルヌ・ラ・ヴァレ)

ディズニーランド・パリ(1992年4月12日開園)

ウォルト・ディズニー・スタジオ(2002年3月16日開園)

香港ディズニーランド・リゾート(中華人民共和国 香港 ランタオ島)

香港ディズニーランド(2005年9月12日開園)


[編集] テーマクルーズ

ディズニー・リゾート・ライン(フロリダ州〜カリブ海クルーズ)

ディズニー・マジック(1998年就航、83,000t、定員2,400名、乗員945名)

ディズニー・ワンダー(1999年就航、83,000t、定員2,400名、乗員945名)



[編集] 会員制リゾートクラブ

ディズニー・バケーション・クラブ

Disney's Saratoga Springs Resort & Spa

Disney's Beach Club Villas

The Villas at Disney's Wilderness Lodge

Disney's BoardWalk Villas

Disney's Old Key West Resort

Disney's Vero Beach Resort

Disney's Hilton Head Island Resort



[編集] 旅行代理業

アドベンチャーズ・バイ・ディズニー



[編集] 関係会社(主なもの)



[編集] スタジオ・エンタテインメント


Walt Disney Pictures(ディズニーブランドによる映画製作)

Walt Disney Feature Animation(CGアニメーションの製作)

DisneyToon Studios(アニメーション製作)

TOUCHSTONE PICTURES(実写映画製作)

Pixar Animation Studios(CGアニメーションの製作)

MIRAMAX(独立系系映画製作・配給会社)

Buena Vista International(グループ(うちディズニー、タッチストーン)製作映画等の配給会社)

Buena Vista Home Entertainment(グループ製作映画等のソフト化)

Buena Vista Home Entertainment International(ソフトの海外での販売)

Buena Vista Theatrical Group(ミュージカル・演劇等の製作・上演)

Buena Vista Television(テレビ番組の製作・配給)

Buena Vista Television International(テレビ番組の海外配給)

Buena Vista Music Group(グループの音楽関連の統括・管理)

Walt Disney Recoards(音楽出版)

Hollywood Recoads(音楽出版)

Lyric Street Records(音楽出版)



[編集] パーク&リゾート

Walt Disney Parks & Resorts(パーク・リゾート事業の統括)

Disneyland Resort

Walt Disney World Resort

Tokyo Disney Resort※

Disneyland Resort Paris

Hong Kong Disneyland Resort

Disney Vacation Club(会員制リゾートクラブ)

Disney Cruise Line(カリブ海「テーマクルーズ」)

ESPN Zone(スポーツ・エンタテインメント・パーク)

Walt Disney Imagineering(パーク・アトラクションの企画・クオリティー管理等)

Walt Disney Attractions(アトラクションの開発等)

※東京ディズニーリゾートについてはオリエンタルランドによるライセンス運営


[編集] メディア・ネットワーク

[編集] 放送局

[編集] ABC Television Network

ABC,inc.(全国ネット系放送局)

ABC News

ABC Sports

ABC Entertainment

ABC Daytime

ABC Kids


[編集] プロダクション・シンジケイション

TOUCHSTONE TELEVISION

Walt Disney Television Animation

Buena Vista Television

Buena Vista International Television

Hyperion



[編集] ケーブル・ネットワーク

Disney Channel Worldwide(ディズニー・エンタテインメント総合チャンネル)

Toon Disney(ディズニー・アニメーション専門チャンネル)

ESPN(スポーツ専門チャンネル)

ABC Family(ABCのファミリー向けチャンネル)

SOAPnet

Lifetime Entertainment Services

A&E Television Network(芸術系専門チャンネル)

E! Networks(エンタテインメントニュース専門チャンネル)



[編集] ラジオネットワーク

ABCニュース・ラジオ

ラジオ・ディズニー

ESPNラジオ



[編集] プロスポーツチーム

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

ほかには、


ディズニー・コンシュマー・プロダクツ・グループ
ウォルト・ディズニー・インターネット・グループ

など、事業は広範囲に渡っている



[編集] 著作権とウォルト・ディズニー社

ウォルト・ディズニー社は、自社作品の著作権保護に大変熱心で、しばしばその過剰さが批判される。

これはウォルト・ディズニーの、かつてミッキーマウス以前の看板キャラクターだったうさぎのキャラクター、オズワルドの版権が、

すべて配給側のユニバーサル映画のものになったという過去の苦い経験からきたものである。


そのためウォルトは著作権にはかなり敏感で、ウォルトの死後も会社の方針として残り続けている。アメリカの著作権法は、

ミッキーマウスら主要なキャラクターの著作権が切れる直前に何度も著作権保護期間が延長されており、方々から皮肉を込めて

「ミッキーマウス保護法」と呼ばれている。


このような姿勢から、1987年日本の大津市の小学校で、卒業記念としてプールの底にミッキーマウスを描いた卒業製作で描いたミッキーマウスの

ところ、ディズニー側の抗議により塗り潰させられた事件があった(陰謀論#プールのミッキーマウス抹消事件)。


同人誌の世界では、著作権保護に対し厳しいディズニーの弁護士により告訴される可能性が極めて高いため、ディズニー社に関連する

二次創作物は執筆・発行は避けられている。


実際にイベントのサークル向け参加案内にディズニーキャラクターを題材にした同人誌の発行を禁じる注意書きを表記したものが存在する。

自社の著作権保護には熱心なその一方で、他者の著作権には鈍感・また蔑ろにしているという批判がある。

たとえば、原作がある物語を元にしたアニメ作品を多数作り(列挙すれば暇がない)、「ディズニーオリジナル」としてしまうインスパイア商法は

広く非難されている。


『ライオン・キング』(1994年映画公開)は手塚治虫原作のテレビアニメ『ジャングル大帝』、『アトランティス 失われた帝国』

(2001年映画公開)にはガイナックス製作のNHKアニメ『ふしぎの海のナディア』や『天空の城ラピュタ』との類似点が指摘され、

『トレジャー・プラネット』(2003年映画公開)に至っては藤子・F・不二雄原作の漫画およびそのアニメ作品『21エモン』との類似点を

日本公開前から指摘された。


その他にも、スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが製作総指揮を務めた『リトルフットの大冒険/謎の恐竜大陸』(1988年映画公開)と、

『ダイナソー』(2000年映画公開)の類似など、近年のディズニー社の多数の作品には他作品との同一点・近似点が多く指摘。


ディズニーの看板作品の一つとなっている『くまのプーさん』に至っては、著作権管理会社から提訴された

(これはディズニー側の勝訴に終わっている)他、原作者の故郷であるイギリスから、『プーさんを返せ』という団体まで発生している。


その他、物語には一貫して原作の設定をディズニー(アメリカ)オリジナルとして大きく変更をいれており、その多くが本来残酷描写で描かれているもの、結末が悲恋であるものなどがあげられる。 例をあげればこれもきりがないが、主に以下がある。


シャルル・ペロー及びグリム兄弟で知られる『白雪姫』の場合、終盤で義母と義姉が鳩に目を潰されるのではなく、

シンデレラがガッツポーズをしている。

フランスの異類婚姻譚を原作とした『美女と野獣』では、裕福な商人の父は風変わりな発明家になり二人の姉は登場せず、

変わりに原作に存在しなかった粗暴な求婚者が登場、野獣には魔女の呪いが付属するなど原作ストーリーを根底から変更。


複数の話が存在する『茨姫』が原作の『眠れる森の美女』は、共通項であった魔女が13人から総計4人に変更され

(作画の都合と十三恐怖症などキリスト教内で不吉な数である為)、魔女が王国を支配し終盤まで出番のない筈の王子が大活躍。


悲恋物語で知られるアンデルセンが原作の『リトル・マーメイド』にいたっては、人魚姫が王子と結婚してしまった(原作では泡となって消えた)。

これら原作を大きく逸脱したディズニー側による過去の慣例盗作は、原作ファンからの批評と共に今なお話題となっている。


[編集] 脚注

^ 『ジャングル大帝』の作者である手塚自身はディズニー作品から多大な影響を受け、ディズニーの『バンビ』『ピノキオ』を描いている。

そのため、『ライオンキング』を手塚の『ジャングル大帝』の盗作だとする声がある一方で、

文化は模倣によって発展するという意見も出された。

ライオンキング公開時、手塚治虫の知財権利継承者の手塚プロダクションは

「仮にディズニー社が『ジャングル大帝』を参考にしていたとしても、ディズニー作品を敬っていた手塚は天国で光栄に思っていることでしょう」

と、静観の意思を表明した。




[編集] 関連項目
キャラクター
ミッキーマウス
ミニーマウス
ドナルドダック
グーフィー
プルート
スクルージ・マクダック
Blu-ray Disc
ディズニー作品

[編集] 外部リンク
The Walt Disney Company 公式サイト(英語)
ディズニー公式サイト(日本語)
[表示]表・話・編・歴ディズニー・テーマパーク&リゾート
テーマパーク&リゾート
ディズニーランド・リゾート ディズニーランド | ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー | ダウンタウン・ディズニー
ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート マジック・キングダム | エプコット | ディズニー・MGM・スタジオ | ディズニー・アニマル・キングダム | ダウンタウン・ディズニー | タイフーン・ラグーン | ブリザード・ビーチ | ディズニー・インスティチュート | ディズニー・ワイドワールド・オブ・スポーツ・コンプレックス | セレブレーション
東京ディズニーリゾート 東京ディズニーランド | 東京ディズニーシー
ディズニーランド・リゾート・パリ ディズニーランド | ウォルト・ディズニー・スタジオ | ディズニービレッジ | ゴルフ・ディズニーランド
香港ディズニーランド 香港ディズニーランド | ディズニータウン

バケーション
ディズニー・クルーズ・ライン ディズニー・ワンダー | ディズニー・マジック | キャスタウェイ・ケイ
ディズニー・バケーション・クラブ ディズニー・オールド・キーウエスト・リゾート | ディズニー・サラトガ・スプリングス・リゾート&スパ | ディズニー・ウィルダネス・ロッジ・ビラ | ディズニー・ビーチ・クラブ・ビラ | ディズニー・ボードウォーク・ビラ (以上、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内)
ディズニー・ヒルトン・ヘッドアイランド・リゾート | ディズニー・ヴェロ・ビーチ・リゾート (以上、アメリカ国内)
アドベンチャーズ・バイ・ディズニー ロンドン&パリ | イタリア | カナディアン・ロッキー | ワイオミング | オアフ島&ハワイ島 | オアフ島&カウアイ島 | コスタリカ

運営企業体
ウォルト・ディズニー・カンパニー ディズニーランド・リゾート | ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート | ディズニー・クルーズ・ライン | ディズニー・バケーション・クラブ | アドベンチャーズ・バイ・ディズニー
オリエンタルランド 東京ディズニーリゾート | イクスピアリ(子会社の運営) | Template:東京ディズニーリゾート
ユーロディズニーSCA ディズニーランド・リゾート・パリ
香港インターナショナルテーマパーク 香港ディズニーランド


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC" より作成
カテゴリ: ディズニー | アメリカ合衆国の企業 | 映画会社 | 多国籍企業 | NYSE上場企業

人物についてはウォルト・ディズニーをご覧ください。
ディズニーはこの項目ウォルト・ディズニー・カンパニーへ転送されています。人物についてはウォルト・ディズニーをご覧ください。
ウィキポータル ディズニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:ニュース



ケイト・ブランシェット、「アルマーニ/銀座タワー」点灯式に出席

ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)氏と女優のケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)のツーショット、、

アルマーニ銀座タワー」の点灯式に、ケイト・ブランシェットが招かれたそうな。。

絵になるツ―ショットですね!



ケイト・ブランシェットとは


ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett、本名:Catherine Élise Blanchett、1969年5月14日 - )は、オーストラリア出身の女優。

目 次

1 来歴・人物

2 主な出演作品

3 主な受賞

4 外部リンク


[1] 来歴・人物
ビクトリア州メルボルンで生まれる。父親はテキサス州出身のアメリカ人であり、ケイトが10歳の時に心臓発作により亡くなっている。

母親はオーストラリア人。兄と妹がいる。

メルボルンにあるメソジスト女子カレッジで演劇部の部長をしていた。1992年に国立演劇院を卒業。卒業後はシドニー劇団に在籍し、
舞台女優として活躍。

『Kafka Dances』でシドニー劇場批評家協会賞で新人賞を受賞。『オレアナ』で最優秀女優賞を受賞した。

これはシドニー劇場批評家協会賞で史上初のダブル受賞でもあった。

1997年に『Paradise Road』で映画デビューを果たし、レイフ・ファインズと共演した『オスカーとルシンダ』で国際的な評価を得る。

1998年には『エリザベス』でエリザベス1世を演じゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)を受賞。

アカデミー主演女優賞にもノミネートされ、一躍世界のトップに躍り出る。

その後も、『理想の結婚』『ギフト』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどに出演。その演技力で実力派女優としての地位を確立。

2005年に『アビエイター』のキャサリン・ヘプバーン役を好演し、アカデミー助演女優賞を受賞。

私生活では、1997年に劇作家のアンドリュー・アプトンとロンドンで結婚。2001年に長男、2004年に次男を出産。

2008年4月には第三子を出産予定。


[2] 主な出演作品

オスカーとルシンダ Oscar and Lucinda (1997)

エリザベス Elizabeth (1998)

狂っちゃいないぜ! Pushing Tin (1999)

リプリー The Talented Mr. Ripley (1999)

理想の結婚 An Ideal Husband (1999)

耳に残るは君の歌声 The Man Who Cried (2000)

ギフト The Gift (2000)

バンディッツ Bandits (2001)

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間 The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring (2001)

シャーロット・グレイ Charlotte Gray (2001)

シッピング・ニュース The Shipping News (2001)

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 The Lord of the Rings: The Two Towers (2002)

ヘヴン Heaven (2002)

コーヒー&シガレッツ Coffee and Cigarettes (2003)

ヴェロニカ・ゲリン Veronica Guerin (2004)

ミッシング The Missing (2003)

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 The Lord of the Rings: The Return of the King (2003)

アビエイター The Aviator (2004)

ライフ・アクアティック The Life Aquatic with Steve Zissou (2005)

バベル Babel (2006)

さらば、ベルリン The Good German (2006)

あるスキャンダルの覚え書き Notes on a Scandal (2006)

インディ・ジョーンズ4 Indiana Jones 4 (2008)


[3] 主な受賞

アカデミー賞

2004 助演女優賞『アビエイター』

ゴールデン・グローブ賞

1998 主演女優賞(ドラマ部門)『エリザベス』

英国アカデミー賞

1998 主演女優賞『エリザベス』

2004 助演女優賞『アビエイター』

ベネチア国際映画祭

2007 女優賞『I'm Not There(原題)』



[4] 外部リンク

Cate Blanchett - Internet Movie Database


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88" より作成
カテゴリ: オーストラリアの俳優 | アカデミー賞受賞者 | ビクトリア州の人物 | 1969年生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:ファッション



表参道に新商業施設「ジャイル」がオープン

JUGEMテーマ:ファッション


表参道って言えば、やっぱ、青山、銀座なんかと肩を並べる、最新、高級ファッションと
情報発信地の代名詞っすよね。

でも、サムライ、ここんとこ、とんと行ってないんで、どんな感じになっちょるのか、よう分からんのですが

サムライのイメージよりも、グッと大人な街並みも増えたんですかね?

まあ、でも、高級ブランド店のオンパレードざんすね〜〜

女性の憧れの的みたいな、新しい、お洒落スポットが表参道にまたまた出現って感じなんでしょうか。。


>表参道に、ブルガリ、シャネル、メゾン マルタン マルジェラのブティックなどの「意識の高い消費者」に向けた衣・食・住をカバーする計17のショップやギャラリースペースなどが登場する。

って言ってますが、「意識の高い消費者」=まあまあ小金を持ってるお客さん⇒ってことでしょうね。。。

サムライには無縁かな??

でも、こんど、かわゆい子と、久しぶりに、表参道ヒルズにでも、行ったついでに、このジャイルにも寄ってみますかね・・


表参道のケヤキ並木表参道のケヤキ並木。



表参道 (原宿)とは



表参道(おもてさんどう)とは1920年に明治神宮が創建されたのを機にその正面側の参道として整備された道路の通称。

東京都渋谷区と港区にまたがって位置し、都道413号線のうち原宿駅前付近から青山通りと交差する表参道交差点までの区間を指す。

道路の名称としてではなく、渋谷区神宮前、港区南青山のうち、表参道交差点(東京地下鉄表参道駅)を中心とする一帯を「表参道」と称することもある。


[1] 概要

車道部分は片側2車線の対面通行となっているが、1974年に中央分離帯が設置されるまでは片側3車線の対面通行であった。

ケヤキ並木のショッピングストリートとして有名であり、明治通りと交差する神宮前交差点を中心に、日本国内外の有名ブランドの店舗が
数多く立ち並んでいる。

1958年には「原宿セントラルアパート」が完成、1972年には地下鉄・明治神宮前駅が開業している。

ケヤキ並木にはクリスマスのイルミネーションが行われていたことがあるが、見物目的の観光客による周辺環境の悪化などを理由に中止された。

沿道には1927年に建設された同潤会青山アパートもあったが老朽化のため2003年に取り壊され、跡地には2006年2月に表参道ヒルズが開業。

また、個性的な店舗が点在しているいわゆる裏原宿のあるキャットストリートの入口もある。


表参道ヒルズ2006年、年末年始のイルミネーションが復活。表参道akarium(アカリウム)という名称で、和のテイストを入れた斬新な灯りの

塔60基が2006年12月5日から翌年1月8日までの期間、歩道沿いに設置されたが、ビルの灯りや車のライトに紛れて、地味で目立たなかったという

声が多く、新たな試みが期待される。

都道413号線のうち、表参道交差点から根津美術館方面に向かう区間は「フロムファースト通り(みゆき通り)」と呼称されることがある。

幅員15mと比較的狭小であるが、こちらも高級ブランド店の多い通りである。


[2] 関連項目

原宿

青山 (東京都)

代々木公園

大通り

日本の通り一覧

[3] 外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、表参道 (原宿)に関連するマルチメディアがあります。表参道エリアガイド - 総合情報ウェブサイト。表参道のレストランやショップ情報、アルバイト、クーポンなどをまとめたオンラインエリアガイド

原宿スーパーステーション - 原宿表参道欅会の公認サイト

表参道akarium(表参道アカリウム) - 表参道のライトアップイベント公式サイト

おもてサンド - 表参道の街並み情報サイト

東京都特別区の主な地域

赤坂 | 青山 | 秋葉原 | 浅草 | 麻布 | 池袋 | 上野 | 恵比寿 | 大手町 | お台場 | 御茶ノ水

表参道 | 霞が関 | 神田 | 銀座 | 汐留 | 品川 | 渋谷 | 下北沢 | 白金 | 新宿 | 新橋 | 代官山 | 高田馬場

自由が丘 | 築地 | 田園調布 | 永田町 | 日本橋 | 原宿 | 丸の内 | 目黒 | 八重洲 | 四谷 | 有楽町 | 六本木 | その他

Category:東京23区の地域の中からリンクを基準に主なものを掲載。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A8%E5%8F%82%E9%81%93_%28%E5%8E%9F%E5%AE%BF%29" より作成
カテゴリ: 東京23区の地域 | 港区 (東京都) | 渋谷区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

H&Mとロベルト・カバリのコラボ、NYで大反響

ふううん、ロベルト・カバリとH&Mが、コラボですか・・


ロベルト・カバリとは
ロベルト・カバリロベルト・カバリ


Roberto Cavalliロベルト・カバリ (Roberto Cavalli,1940年11月15日- )はイタリア・フィレンツェ出身のファッションデザイナー。ヴィクトリア・ベッカムは彼の大ファンであり、彼のコレクションによく顔を出している。


・外部リンク
Roberto Cavalli Official Website: fashion on the net.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


H&Mとは

H&M (えいちあんどえむ) は、スウェーデンのアパレルメーカー、ヘネス・アンド・モーリッツ (Hennes & Mauritz) が展開する

ファッションブランド。低価格かつファッション性の高い服で世界的に人気を集める。


H&M店舗の例 (フィンランド・ヘルシンキ)H&M店舗の例 (フィンランド・ヘルシンキ)。



目 次

1 歴史

2 特徴

3 海外での展開

4 日本での展開

5 外部リンク


[1] 歴史

1947年にスウェーデン中部の都市ヴェステロースで創立。この時は婦人服を専門にしており、社名も「Hennes」(スウェーデン語で「彼女のもの」の意)であった。


1968年にストックホルムの狩猟用品店「Mauritz Widforss」を買収した際、この店の在庫の中に紳士服のストックがあったことから、

これ以降紳士服も扱うことになり、店名も「Hennes & Mauritz」となった。その後「H&M」の略称を正式なブランド名とし、現在に至る。



[3] 特徴

商品の主力は手頃な価格の衣料品であるが、ファッション誌に広告を掲載したり、デザイナーズブランドの店が多く立地するエリアに店舗を
構えるなどして、高級指向の顧客もターゲットとしている。

かつてはカール・ラガーフェルド、ステラ・マッカートニー、ヴィクター&ロルフなどの有名デザイナーによるラインナップや、

マドンナ、カイリー・ミノーグとのコラボレーションによる商品も発売したことがある。


H&Mのブランドで化粧品も手がけている。


[4] 海外での展開

2007年4月現在、H&Mは24か国に1,300以上の店舗を持つ。とりわけヨーロッパではキプロスとラトビアを除く全EU加盟国、またスイス・ノルウェーの非EU国に進出しており、
ほぼ全域に店舗があると言ってよい。

特にドイツでは、2004年に撤退したライバルのGAPから国内の全店舗を買収したことで、H&Mにとって最大の市場となっている。


北米では2000年3月にニューヨークにオープンしたのを皮切りに、フィラデルフィア・ボストン・シカゴ・ワシントンD.C.・サンフランシスコなどの都市に出店。
2004年にはカナダにも進出した。

中東には2006年にUAE・ドバイ、クウェートにフランチャイズの形で出店を果たし、さらに同地域での新規出店を予定している。

アジアでも2007年3月香港に、同年4月上海に出店。



[5] 日本での展開

2008年秋に日本に進出し、店舗を東京・原宿、銀座にオープンする予定である。

[6] 外部リンク

H&M

欧州カジュアル衣料「H&M」が日本進出−原宿に1号店 (シブヤ経済新聞)

"http://ja.wikipedia.org/wiki/H%26M" より作成

カテゴリ: 予定 | スウェーデンの企業 | ファッションブランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:ファッション



武道館で「アルマーニ/銀座タワー」オープン記念イベント

銀座にアルマーニがオープン


6日、東京のアルマーニ/銀座タワーを訪れたジョルジオ・アルマーニ氏(AP) 高級ブランドを展開するイタリアのアルマーニ・グループの旗艦店「アルマーニ/銀座タワー」が7日午前、東京・銀座にオープンした。

 竹林をイメージしたデザインの銀座タワーは地上12階、地下2階で、延べ床面積約6000平方メートル。地下鉄銀座駅に直結している。

 主力の「ジョルジオ アルマーニ」をはじめ、各ブランドの衣服やバッグ、アクセサリーなどを扱う。トリートメントを行うスパ施設も初めて出店、イタリアンレストランも併設している。

 この日は朝からいち早く店内に入ろうと、アルマーニファンが開店前から列をつくった。ブランドの創設者でデザイナーのジョルジオ・アルマーニさんが、一番乗りの客を店内で出迎えた。

ジョルジオ・アルマーニ氏、「アルマーニ/銀座タワー」オープニングのため来日


アルマーニ
、70歳超えても、チャーミングな人ですね〜〜

日本びいきだけど、寿司は嫌いなんだって!

サムライも、こんなおじいちゃんになりたいね!!

銀座にアルマーニがオープン

高級ブランドを展開するイタリアのアルマーニ・グループの旗艦店「アルマーニ/銀座タワー」が7日午前、東京・銀座にオープンした。

竹林をイメージしたデザインの銀座タワーは地上12階、地下2階で、延べ床面積約6000平方メートル。地下鉄銀座駅に直結している。

主力の「ジョルジオ アルマーニ」をはじめ、各ブランドの衣服やバッグ、アクセサリーなどを扱う。

トリートメントを行うスパ施設も初めて出店、イタリアンレストランも併設している。

この日は朝からいち早く店内に入ろうと、アルマーニファンが開店前から列をつくった。

ブランドの創設者でデザイナーのジョルジオ・アルマーニさんが、一番乗りの客を店内で出迎えた。

6日、東京のアルマーニ/銀座タワーを訪れたジョルジオ・アルマーニ氏(AP)

関連ニュース
【動画】銀座「アルマーニ」、ブランド戦争に拍車
アルマーニ銀座タワーあすオープン ジョルジオ・アルマーニ氏来日会見
(出典 : Sankei Web)



JUGEMテーマ:アート・デザイン



アルマーニ/銀座タワー、11月7日にオープン

ジョルジオ・アルマーニさん、こないだの日曜日に、日本テレビ「バンキシャ!」に生出演してましたね。

アルマーニ氏、70歳を超えてるとは思えない感じの躍動感と、茶目っけたっぷりな感じの方でした。

テレビでのアルマーニ氏のコメントで、非常に強く印象に残ったのが、

「僕は、不完全なものを、完全にすることに無上の喜びを感じる。」

ちゅうのと、

「私は、仕事が大好きで、仕事をしながら死にたい、、趣味なんかない。」

といった、アルマーニ氏のコメントでした。

完全主義者らしい、アルマーニ氏の発言には、自然体ながらも、気迫のこもった「真実」=「本音」を感じましたね。

どこか、映画の黒澤明監督と、共通点(考え方ですよ・・)があるような、、

まあ、アルマーニの自宅ってのが、大豪邸かつ、アルマーニ・ブランドの製作現場を兼ねてて、超ゴージャスでしたね。。

でも、ジョルジオ・アルマーニ氏も、幼い頃は貧しかったらしく、アルマーニ氏のお母さんが、落下傘のパラシュートを

切って洋服作ったりしてて、それが彼の原点みたいなとこがあったらしいっす。

そんでもって、最初は、ファッション業界じゃなく、たしかもっと堅い仕事(・・医者とかそんなんだったかな??)

についたんだけど、「本当に自分がやりたいこと」を目指し、ファッションの道に進んだとか、、

で、アルマーニ・ブランドを立ち上げたのも、意外と遅くって40歳過ぎてからのことなんですね。。

まあ、どっちにしろ、銀座に新しく作った、アルマーニ・ビル、、とってもハイセンスな感じで、スパやレストランまで

あるなんて、、素適な彼女と、行ってみたいっすね・・


でも、サムライ、いっちょうらの、ようふく〜〜の青山の背広しかないから、超・敷居が高いっす!!


※忍者影の声 : うんうん、お店入店、断られるよ・・イメージ壊すから、、


お金のことを気に掛けず、バンバン、アルマーニが買えるように、なってみたいっすね!!

ハリウッドじゃあ、アルマーニ・ブランドを着れることが、成功の証になってるらしいし・・

まあ、夢と目標は、それなりにデッカク持って、今朝も、洋服の青山着て、拙者、出勤いたす。。
(超・現実でした・・・)


ジョルジオ・アルマーニとは



ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)はイタリアのファッションデザイナーであり、彼の名を冠した世界的ファッションブランドである。

目 次

1 プロフィール
1.1 略歴
1.2 エピソード

2 主なブランド名

3 公式サイト


[1] プロフィール

ジョルジオ・アルマーニは、イタリアを代表するファッションデザイナーの1人で、ミラノを基盤にコレクションを持つ

ジャンフランコ・フェレとジャンニ・ヴェルサーチとともに「ミラノの3G」として世界中にその名をとどろかせている。


[1.1] 略歴

1934年7月11日 - イタリア、ピアチェンツァに生まれる。

ミラノ大学医学部在籍中に兵役に召集され、そのまま大学は中退する。
1957年 - 1964年 - ミラノの百貨店"ラ・リナシェンテ"のバイヤーを務める。
1964年 - セルッティ社のメンズウェア"ヒットマン"のデザイナーに就任。
1975年 - セルジオ・ガレオッティと共に「ジョルジオ・アルマーニ」社を設立。
1981年 - セカンドライン「EMPORIO ARMANI」を発表。同年「ARMANI JEANS」も発表。


[1.2] エピソード

アルマーニ語録で「私はニセモノが嫌いだ。見せかけの真実は見たくない。」は有名である。

1982年のアメリカのTIME誌の表紙を飾ったのは、ファッションデザイナーではクリスチャン・ディオール以来2人目。

トレードマークは紺の半袖Tシャツに黒のズボン。

大の映画好きで、映画監督のマーティン・スコセッシとは友人関係にある。

モード界の帝王と呼ばれ、完璧主義者である。完璧主義であるがゆえ、中途半端な外国語は話さない。

2005年の来日時に「引退後の後継者は?」と質問され、「私が70歳のおじいちゃんに見えますか」と軽くあしらった。


アルマーニを題材にした映画には、「Giorgio Armani:A Man For All Seasons」(2000年)、ショートフィルム「Made in Milan」(1990年)
がある。


アルマーニを尊敬しているファッションデザイナーには、ナルシソ・ロドリゲス・ダナ・キャラン・ダイアン・フォン・ファステンバーグ等が居る。

27年前に初めて映画「アメリカン・ジゴロ」でリチャード・ギアの衣装を担当し、この映画をきっかけに、ハリウッドで一躍有名となった。


顧客リストには、レオナルド・ディカプリオ、ジョージ・クルーニー、ジョン・トラボルタ、クライヴ・オーウェン、ソフィア・ローレン、

ジョディ・フォスター、シャロン・ストーン等のハリウッドのセレブリティ達が名を連ねている。


2006年、イタリアで挙式を挙げたトム・クルーズとケイティ・ホームズのウェディングドレスも彼がデザインした。


ケビン・コスナー主演の映画「アンタッチャブル」の衣装も担当した。

20世紀で最も成功したデザイナーであり、雑誌フォーブスの世界長者番付においても、常にランクされている。

出身地にあるサッカークラブピアチェンツァの熱心なサポーターであり過去には同クラブのユニフォームデザインも手がけた。 

また同クラブの選手支給スーツもアルマーニ社の製品である。

過去にミラノの自宅で、テレビの企画で中田英寿と対談をしたことがある。

銀座への出店に際し、2007年11月4日放送の日本テレビ「バンキシャ!」に生出演。寿司が嫌いで日本人はブランド好きという考えを示した。

[編集] 主なブランド名

GIORGIO ARMANI PRIVE(オートクチュールライン)

GIORGIO ARMANI(ファーストライン)

ARMANI COLLEZIONI(ディフュージョンライン)

EMPORIO ARMANI(セカンドライン)

ARMANI JEANS(カジュアルライン)

ARMANI EXCHANGE(カジュアルライン・ライセンス商品)

ARMANI JUNIOR(子供服)

ARMANI CASA(インテリア)

ARMANI NOBU(レストラン)

ARMANI BAR(バー)

ARMANI HOTEL AND RESORT(ホテル)*現在、ドバイに建設中で2008年完成予定

ジョルジオ・アルマーニのファッションブランドの分類は、ファーストライン「GIORGIO ARMANI」、セカンドライン「EMPORIO ARMANI」

(エンポリオ・アルマーニ)、ディフュージョンライン「ARMANI COLLEZIONI」の3つが柱であり、主にスーツでは誰もが知る有名な

超高級一流イタリアファッションブランドである。


現在、「GIORGIO ARMANI CLASSICO」というラインは存在しないが、メンズではファーストラインとディフュージョンラインそれぞれに

「メイド・トゥ・メジャー」というサービス(顧客を個々に採寸して、その寸法通りにスーツ、コート、シャツを仕立てるサービス)を行っている。

2005年からは、オートクチュールライン「GIORGIO ARMANI PRIVE」をパリで新たに発表した。


なお、「ARMANI JEANS」、「A/X ARMANI EXCHANGE」は前述したスーツ・ドレス・オートクチュール部門とは全く異なる

カジュアルファッションラインとして設立されたものである。

「A/X ARMANI EXCHANGE」においては、1991年にスタートし、1994年にシンガポールのOngグループとライセンス契約を結んだラインである。

アルマーニが25%出資しているものの、アルマーニ製品のほとんどがイタリア製であるのに対して「A/X ARMANI EXCHANGE」は生産拠点が

アジアであり、超高級イタリアファッションブランドのアルマーニとはかけ離れた存在である。


また、インテリア「ARMANI CASA」もスタートさせ、2004年には「ARMANI HOTEL AND RESORT」の開発にも着手した。

日本人シェフの松久信幸と提携したレストラン「ARMANI/NOBU」をミラノで運営している。

現在は、ファッションブランドの枠を超え、トータル・ライフスタイル提案型の巨大ファッション・ブランドにまで成長した。

アルマーニは、インタビューで次のように答えている。


「あくまでもナチュラルで、着心地がよく、現代生活にマッチするもの。そんなデザインを追求していくと、自然とシンプルなものになっていく」


「ファッションでも、いささか奇抜なディテールで人を驚かせようとする意図がはっきり感じられるのは、無意味だと思うんだ。

まあ、意味がないし、不安にもさせられる」


アルマーニの服には、時代を超えたエレガンスがあり、究極のモダニズムが宿っている。


表現が悪いかもしれないが「着る人を選ぶ」ブランドである。またハリウッドスターを含めセレブリティー達に愛用者が多いのは、

アルマーニの服の価格から「アルマーニを買える=成功者の証」と言う図式が背景にあるからである。


[編集] 公式サイト
Giorgio Armani
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%8B" より作成
カテゴリ: ファッションブランド | イタリアのファッションデザイナー | 億万長者 | 1934年生 | LGBTの人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:趣味



           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM