スポンサーサイト

  • 2011.05.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アンリ アーセナル退団の可能性高まる

アンリ アーセナル退団の可能性高まる、そうじゃ



【6月21日 AFP】サッカー、イングランド・プレミアリーグのアーセナル(Arsenal)に所属するフランス代表のFWティエリ・アンリ(Thierry Henry)が、主将を務める同クラブから移籍する可能性が高まっている。

 アンリとのトレードが報じられているスペイン・リーガエスパニョーラ1部のバルセロナ(Barcelona)に所属するカメルーン代表のFWサミュエル・エトー(Samuel Eto’o)は、英国の新聞のインタビューでその報道を否定した上で「アンリとはとても仲が良いし、いずれ一緒にプレーするだろう」と語り、カンプ・ノウ・スタジアム(Camp Nou stadium)で共にプレーする日が近いことを示唆した。

 また、アンリの前にアーセナルで主将を務めていたフランス代表のチームメイト、パトリック・ビエラ(Patrick Vieira)は、

BBCラジオ(BBC Radio)に「アーセナルがビッグネームを2、3人補強することができれば、クラブとしてトップクラスの競争力を持ちたいという意思を見せることができるだろうが、そうならなかった場合ティエリは自分にとって何がベストなのかを自問自答し、最終的に決断を下すことになるだろう。勿論、アーセナルの関係者は全て彼の残留を望んでいるだろうが、基本的には彼自身が決断することだ」と語り、アーセナルのオフシーズンの動向次第ではアンリが移籍を決断する可能性が高い
と述べている。

 2004-05シーズン後にアーセナルを離れイタリア・セリエAのユベントス(Juventus)を経て現在は同リーグのインテル(Inter Milan)に所属するビエラは、デヴィッド・デイン(David Dein)氏がクラブ上層部と対立して4月に突如副会長を辞任した影響に関しても言及し「アーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督は、デイン氏がいたころと同じようにアーセナルで仕事をすることは困難だろう。ベンゲル監督とデイン氏は共に歩みを進めてきたので、デイン氏不在のアーセナルは監督にとって異質のものに映っているだろう」と語り、デイン氏の辞任に伴いベンゲル監督もアーセナルを離れる可能性が高いことを示唆した。

 アーセナルは04-05シーズンにFAカップ(FA Cup)を獲得して以来タイトルから遠ざかっており、先日クラブとの長期契約を拒んだとされるベンゲル監督は「私は契約を1年残しており、現契約を全うするつもりだ。これまでのキャリアの中で途中で契約を破棄したことはないので、07-08シーズン後にクラブ側と交渉の席につくことになる」と語り、自身の進退に含みを見せている。(c)AFP

欧州チャンピオンズリーグ(Champions League)決勝トーナメント1回戦、PSVアイントホーフェン(PSV Eindhoven)との第1戦でシュートを外して落胆するアンリ。(c)AFP/CARL DE SOUZA

レアル・マドリードの優勝パレードで警察官と一部サポーターが衝突

こらいかんわな〜レアル・マドリードの優勝パレードで警察官と一部サポーターが衝突



【6月18日 AFP】サッカー、スペイン・リーガエスパニョーラ1部・最終第38節でマジョルカ(Mallorca)を降し、4季ぶり通算30度目の優勝を果たしたレアル・マドリード(Real Madrid)が市内でパレードを行った。しかし警察官と何人かのサポーターとの間で小競り合いが起きてしまい、レアル・マドリードの通算30度目の優勝に水を差すことになった。

 事件はレアル・マドリードが試合に勝利し優勝を決めた後、何人かのサポーター達がマドリードのシベレス広場の噴水前に集まり、ペットボトルや爆竹などを警察官めがけて投げつけた事が発端となった。

 スペインのテレビは警官が警棒を群衆に向けて振り回し、群衆を逮捕する様子を放送した。

 公式には発表されていないが、スペインのテレビ局の見積もりでは約10万人のサポーターがシベレス広場の噴水前に集まったとされる。同様に何人が警察に逮捕され、何人の怪我人が出たのか、公式の発表はされていない。

 レアル・マドリードの選手たちは優勝決定の2時間後にサポーターが集まり、花火が打ち上がるシベレス広場にチームのジャージを着て到着した。かつてレアル・マドリードが優勝パレードを行った際にシベレス広場の象を破損した前例からマドリード市は象の上までいける選手の人数を制限し、今回は主将のラウル・ゴンザレス(Raul Gonzalez)一人が象に近づきスカーフを巻く事を許可された。他の選手たちはバスの上に残ったままでいた。(c)AFP

優勝パレードを行うレアル・マドリード。(c)AFP/JAVIER SORIANO

バルセロナ 最終戦に勝利も当該成績で及ばず2位に終わる

レアル・マドリー優勝バルセロナ及ばず



 サンチャゴ・ベルナベウでマジョルカに3−1の勝利を収めたレアル・マドリーが、今季のリーガ・エスパニョーラを制した。バルセロナはアウエーでのヒムナスティック戦に5−1で勝ったが及ばず。3位からの逆転優勝を狙っていたセビージャは、ホームでビジャレアルに0−1で敗れてしまった。レアル・マドリーとバルセロナは勝ち点で並んだが、直接対決の結果により、レアル・マドリーの通算30回目のタイトル獲得が決まった。

 サンチャゴ・ベルナベウは熱狂に包まれ、観客席にはビクトリア・ベッカムやトム・クルーズの姿もあった。ロベルト・カルロスとデイビッド・ベッカムにとっては、これがレアルでのラストゲーム。カンナバーロも出場を果たし、代表合宿からチームに戻ってきたディアラも決定的な役割を演じることになった。

 試合は序盤から白熱。マジョルカにバルセロナからの「勝利給」(200〜300万ユーロ=およそ3億3000万円〜4億9500万円とも)が約束されたといううわさの真偽は分からずじまいだったが、いずれにしてもアウエーのマジョルカの必死ぶりはすさまじいものだった。開始40秒後には、マジョルカのシュートがポストの外側を直撃。前半17分にはカウンターからバレラが抜け出し、1人でGKカシージャスを破ってスタジアムを凍りつかせた。

 サンチャゴ・ベルナベウの緊張感は最大限に達していた。悪いことは重なるもので、前半31分にはファン・ニステルローイが負傷。筋肉を痛めて途中交代を余儀なくされた。

 後半は、レアル・マドリーが相手陣内へと襲い掛かり、68分にはレジェスがゴール前で押し込んで同点。タラゴナではバルセロナがヒムナスティックから大量リードを奪っていたため、レアルは引き分けでは不十分だった。待ちわびた瞬間が訪れたのは80分。ディアラがヘディングシュートをたたき込み、タイトル獲得の権利がファビオ・カペッロのチームにめぐってきた。
 83分には、レジェスがペナルティーエリア外からのミドルシュートを決めて3−1とし、これで優勝が確定。サンチャゴ・ベルナベウは喜びに沸き上がり、レアルが栄冠を手にした。

 一方のタラゴナでは、バルセロナが失意のシーズンを締めくくった。チャンピオンズリーグと国王杯での敗退に続いて、2年連続で守っていたスペイン王者の称号も手放すことになってしまった。バルセロナとレアル・マドリーの両雄は、勝ち点で並んでシーズンを終え、得失点差ではバルセロナがレアルを上回ったが、直接対決の結果が優先されるため、ライカールトのチームがタイトルを手に入れることはできなかった。

 すでに降格の決まっていたヒムナスティックに対し、途中まで優勝を信じていたバルセロナは、プジョル、メッシ(2点)、ロナウジーニョ、ザンブロッタがゴール。終了間際にはグラーンのゴールでホームのヒムナスティックが1点を返した。ベルナベウの結果がラジオから伝わってきたため、試合に勝ったバルセロナに笑顔は見られなかった。

 セビージャは、上位2チームに2ポイント差を付けられながらも最終節にわずかな望みを残していたが、結局偉業を成し遂げることはできなかった(バルセロナとレアルが敗れる必要があった)。ホームにビジャレアルを迎えた試合は0−1の敗戦。50分のフエンテスのゴールが決勝点となった。

 そのほかの試合では、アトレティコ・マドリーがアウエーでオサスナに2−1の勝利。レクレアティボ・ウエルバとレアル・サラゴサの対戦は1−1の引き分けに終わった。

(C)SPORT

[ スポーツナビ 2007年6月18日 12:11 ]


▽記事全文▽
【6月18日 AFP】サッカー、スペイン・リーガエスパニョーラ1部・最終第38節、ヒムナスティク(Gimnastic)vsバルセロナ(Barcelona)。バルセロナは5-1でヒムナスティクを降すが、同時刻に行われた試合で首位のレアル・マドリード(Real Madrid)が勝利を収めた為に勝ち点76で並ぶも当該成績で及ばず、リーグ戦3連覇を逃し2位に終わった。(c)AFP

レアル・マドリード 4季ぶり通算30度目の優勝を果たす

レアル・マドリー、劇的逆転勝利で4季ぶり30回目の王座に/リーガ


 リーガ・エスパニョーラは現地時間17日、最終節の全10試合が行なわれ、首位のレアル・マドリーはレイェスの2ゴールなどで3対1と逆転でマリョルカを下し、4シーズンぶり30回目の優勝に輝いた。また、バルセロナは5対1とヒムナスティックに大勝し、勝ち点ではレアルと並んだものの直接対決成績で及ばず2位に終わった。

 このマリョルカとの一戦に勝ちさえすれば4年ぶりの優勝が決まるレアル・マドリー。だが、立ち上がりからどこか動きが硬く、15分にマリョルカMFバレラに先制ゴールを許してしまう。しかも32分には、25得点で今季リーガの得点王に輝いたエースのファン・ニステルローイが、太ももを傷めてイグアインとの交代を強いられる。

 この重苦しい空気を振り払うため、カペッロ監督は後半開始からエメルソンに代えてグティを投入。さらに65分には、足首に故障を抱えるベッカムの状態が限界となり、レイェスを送り込んで交代カードを使い切る。

 だが、この積極策が当たった。67分、左サイドでロビーニョが起点となり、イグアインの折り返しをレイェスが流し込んで1対1の同点に追い付く。これで勢いを取り戻したレアルは79分、CKからディアッラが力強くヘッドを突き刺しついに勝ち越し。さらに83分にはレイェスが20メートルのミドルを叩き込み、レアルが3対1と逆転でマリョルカを下した。

 ロイター通信によれば、10年ぶりにレアルを率いて再び優勝に輝いたカペッロ監督は、「チームはスピリットを取り戻すことができた。最高の優勝になった」とコメントしていた。また、チームを去ることが決まっているMFベッカムDFロベルト・カルロスにとっては、ホーム「サンティアゴ・ベルナベウ」に集まった7万6000人の観客の前で有終の美を飾ることとなった。

 一方、逆転でのリーグ3連覇をねらった2位バルセロナは、レアル対マリョルカ戦と同時刻に、すでに降格が決まっている最下位ヒムナスティックと対戦。20分、キャプテンのプヨールが先制点を挙げて均衡を破ると、34分にメッシがミドルを叩き込み、37分にはロナウジーニョが直接FKを決めて前半だけで3対0と試合を決定付ける。さらに後半にも、メッシとザンブロッタのゴールを加えて5対1とヒムナスティックを圧倒。ただ、勝ち点76でレアルと並んだものの、直接対決成績で及ばず2位に終わった。

 また、ビリャレアルに0対1と敗れたセビーリャは3位が確定。レアル・ソシエダ相手に3対3のドローに終わった4位バレンシアまでの上位4チームが、来季のチャンピオンズリーグに出場する。

 このほか、サラゴサがレクレアティーボと1対1で引き分けて6位に滑り込み、5位のビリャレアルとともにUEFAカップ出場権を獲得している。また、アトレティコ・マドリーは2対1とオサスナに競り勝ったものの、7位に終わったため、来季UEFAカップ出場にはインタートトカップで勝ち抜く必要がある。

 一方、注目の残留争いでは、2対0でラシンを下した16位ベティス、レバンテに2対0で勝利した17位アスレティック・ビルバオが、それぞれ勝ち点を40に伸ばしてなんとか残留を決めた。セルタは2対1とヘタフェに勝利したものの、勝ち点39の18位となり、バレンシアと3対3で引き分けた19位レアル・ソシエダとともに2部降格が決定した。

 このほか、デポルティーボが3対1とエスパニョールに快勝している。
[出典 : Yahoo スポーツ 6月18日 13時11分 更新 ]

レアル・マドリード 4季ぶり通算30度目の優勝を果たす

レアル・マドリード 4季ぶり通算30度目の優勝



サッカー、スペイン・リーガエスパニョーラ1部・最終第38節、レアル・マドリード(Real Madrid)vsマジョルカ(Mallorca)。試合はレアル・マドリードが3-1でマジョルカを降し、今節勝利を収めたバルセロナ(Barcelona)と勝ち点76で並びながらも直接対決の結果(1勝1分け)で上回るレアル・マドリードが4季ぶり通算30度目の優勝を果たした。

 最終節に勝利すれば2位バルセロナ(Barcelona)の結果に関係なく優勝が決まるレアル・マドリードだったが、前半17分にマジョルカのフェルナンド・バレラ(Fernando Varela)に先制ゴールを許し、サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)に集まった約7万6千人のサポーターを沈黙させた。

 1点を追い駆ける立場となったレアル・マドリードは、ラウル・ゴンザレス(Raul Gonzalez)、ロビーニョ(Robinho)がマジョルカゴールに迫るも得点を奪えず、さらには今季26得点を挙げているルート・ファン・ニステルローイ(Ruud Van Nistelrooy)が負傷で途中交代を余儀なくされ、追い討ちをかけられた状況で前半を折り返した。

 後半に入るとレアル・マドリードは追加点を狙うバレラにゴール脅かされながらもGKイケル・カシージャス(Iker Casillas)の活躍で1点のビハインドを維持すると迎えた後半28分、デビッド・ベッカム(David Beckham)に代わり途中出場を果たしたホセ・アントニオ・レイェス(Jose Antonio Reyes)がゴールを決めて同点に追い着くと続く後半36分にはマハマドゥ・ディアッラ(Mahamadou Diarra)が勝ち越しゴールを挙げ、さらにその2分後には再びレイェスがこの日2得点目となるゴールを挙げ、リーグ制覇を決定的なものとした。

 試合後にチームの主将を務めるラウルは「これは不調の中でも僕たちを信じてくれた人々にとって非常に価値のある結果だ」と語り、ファビオ・カペッロ監督(Fabio Capello)は「常に我々は勝利のために苦しまなくてはならないようだ。しかし、私はとても幸せだ」と勝利の喜びを噛み締めた。【6月18日 AFP】(c)AFP

後半22分から途中出場して2得点(後半24分、38分)を挙げセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos、左)とロベルト・カルロス(Roberto Carlos、右)から祝福されるレアル・マドリードのホセ・アントニオ・レイェス。(c)AFP/Bru GARCIA

オシム監督 アジアカップに俊輔と高原召集へ

オシム監督 アジアカップに俊輔と高原召集へ、いよいよか!!



サッカー、日本代表が大会3連覇を目指す第14回アジアカップ(Asian Cup)に向けて、スコットランド・プレミアリーグのセルティック(Celtic)に所属する中村俊輔(Shunsuke Nakamura)と、ドイツ・ブンデスリーガ1部のフランクフルト(Frankfurt)に所属する高原直泰(Naohiro Takahara)を召集する可能性が大きくなってきた。

 これまでイビチャ・オシム(Ivica Osim)監督は主力を国内組み中心としていたが、「メンバー登録後に怪我人が出るかもしれませんが、高原と中村については心配していません。彼らのリーグ戦は既に終わっていますから。もし、欧州組の選手を呼べば、国内組より良いプレーを披露するでしょう。さもなければ、チームに悪影響です」と語った。

 オシム監督は2006年夏の就任後、2007年3月のペルー代表戦まで欧州組の選手を召集していなかった。

ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシアの4カ国共同開催で行われるアジアカップ本戦で、日本はグループBのカタール、アラブ首長国連邦、そしてホスト国のベトナムと対戦する。(c)AFP
ペルー代表戦に臨む中村俊輔(2007年3月24日撮影)。(c)AFP/KAZUHIRO NOGI

セルティックとは




セルティックの基本情報
原語表記 Celtic Football Club
愛称 The Hoops, The Bhoys
クラブカラー 緑、白
創設年 1888年
所属リーグ スコティッシュ・プレミアリーグ
所属ディビジョン -
ホームタウン グラスゴー
ホームスタジアム セルティック・パーク
収容人数 60,832
代表者 ブライアン・クイン
監督 ゴードン・ストラカン
公式サイト 公式サイト

セルティック(Celtic Football Club)は、スコットランド・グラスゴーを本拠地とするサッカークラブチーム。

名称のセルティックとは、ケルト人、あるいはケルトの、ケルトに属するを意味する。ケルト系のアイルランドと同じく、チームカラーに緑と白、エンブレムにあしらわれたシャムロックとケルト色を打ち出している。ホームスタジアムはw:en:Celtic Park。

1888年に創立され、スコティッシュ・プレミアリーグに所属。同じグラスゴーを本拠地とするグラスゴー・レンジャーズと2強を形成し、そのライバル関係は「オールドファーム・ダービー」と呼ばれている。レンジャーズはアングロ=サクソン系で英国国教会派(プロテスタント系)の英国連合を支持する連合主義者 (ユニオニスト)の支持が多く、セルティックはカトリック系でケルト人の末裔であるスコットランド人(ゲール人)の支持が多い。

また、同じ背景を持つアイルランドや北アイルランドにも根強い人気を誇る。このようにレンジャーズとセルティックの関係は宗教的なもののみならず、英国連合の政治的、民族的な関係をも含む複雑な背景がある。

ジョック・ステイン監督に率いられた1966-1967シーズンには、UEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を獲得した。これは英国勢初のビッグイヤー獲得で、セルティックサポーターにとって、大いなる誇りとなっている。

しかし、その後イギリス経済が不況に陥り、その影響がスコットランドに及ぶと、財政難に陥り運営が難しくなった。そして、有名選手を集められない、ちゃんとしたサッカーを行なえないなどの結果を招き、スコティッシュ・プレミアリーグの人気が低迷することとなった。

その後不況から脱出したとはいえ、例年の優勝争いの固定化や他国リーグの人気向上といった他の要因も絡んで、スコティッシュ・プレミアリーグは、かつてのような人気はもはや見られなくなった。そのため、セルティックはヘンリク・ラーションなどの有力選手を集めて、かつてのように復活しようとしたのである。

2002-2003シーズンのUEFAカップでは決勝に進出したが、FCポルトに敗れ準優勝に終わった。現在、イングランドFAプレミアリーグへの参加を希望しており、今後の動向に注目が集まっている。

2005-2006シーズンからは中村俊輔が所属している。そして2006年のUEFAチャンピオンズリーグではマンチェスター・ユナイテッドを破り、決勝トーナメント進出を決めた。UEFAチャンピオンズリーグとなってからは初めての進出となった。

ストラカン体制下のセルティックは、6万人のセルティックファンの熱狂的な声援を受けるホームでは強さを発揮するが、アウェーでの強豪との試合では守備を崩され大敗を喫することがある(UEFAチャンピオンズリーグでのアウェーのFCコペンハーゲン戦、ベンフィカ戦)。




目 次

1 タイトル

1.1 国内タイトル
1.2 国際タイトル


2 直近の成績

3 歴代監督

4 現所属メンバー

5 歴代所属選手

6 外部リンク



[1] タイトル

[1.1] 国内タイトル

リーグ : 41回

1892-1893
1905-1906
1913-1914
1921-1922
1965-1966
1970-1971
1978-1979
1997-1998
2006-2007

1893-1894
1906-1907
1914-1915
1925-1926
1966-1967
1971-1972
1980-1981
2000-2001

1895-1896
1907-1908
1915-1916
1935-1936
1967-1968
1972-1973
1981-1982
2001-2002

1897-1898
1908-1909
1916-1917
1937-1938
1968-1969
1973-1974
1985-1986
2003-2004

1904-1905
1909-1910
1918-1919
1953-1954
1969-1970
1976-1977
1987-1988
2005-2006


スコティッシュカップ : 34回

1892年
1908年
1925年
1951年
1971年
1980年
2001年

1899年
1911年
1927年
1954年
1972年
1985年
2004年

1900年
1912年
1931年
1965年
1974年
1988年
2005年

1904年
1914年
1933年
1967年
1975年
1989年
2007年

1907年
1923年
1937年
1969年
1977年
1995年


スコティッシュリーグカップ : 13回

1956年
1968年
1999年

1957年
1969年
2000年

1965年
1974年
2006年

1966年
1982年

1967年
1997年



[1.2] 国際タイトル

UEFAチャンピオンズカップ : 1回
1966-1967


[2] 直近の成績

2001-2002 スコティッシュ・プレミアリーグ 優勝
2002-2003 スコティッシュ・プレミアリーグ 2位
2003-2004 スコティッシュ・プレミアリーグ 優勝
2004-2005 スコティッシュ・プレミアリーグ 2位
2005-2006 スコティッシュ・プレミアリーグ 優勝
2006-2007 スコティッシュ・プレミアリーグ 優勝


[3] 歴代監督

氏名 国籍 期間
ビリー・マーレー 北アイルランド 1897年4月1日 - 1940年1月31日
ジミー・マクステイ 1940年2月1日 - 1945年7月31日
ジミー・マクグローリー スコットランド 1945年8月1日 - 1965年7月31日
ジョック・ステイン スコットランド 1965年8月1日 - 1978年5月31日
ウィリアム・ワッデル スコットランド 1969年 - 1972年
ビリー・マクニール スコットランド 1978年8月1日 - 1983年8月1日
デビッド・ヘイ 1983年8月1日 - 1987年5月20日
ビリー・マクニール スコットランド 1987年5月20日 - 1991年5月22日
リアム・ブレディー アイルランド 1991年6月19日 - 1993年10月7日
ルー・マカリ スコットランド 1993年10月7日 - 1994年6月16日
トミー・バーンズ スコットランド 1994年7月12日 - 1997年5月31日
ビム・ヤンセン オランダ 1997年7月1日 - 1998年5月11日
ジョゼフ・ベングロシュ スロバキア 1998年7月1日 - 1999年
ジョン・バーンズ イングランド 1999年 - 2000年
ケニー・ダルグリッシュ スコットランド 2000年2月10日 - 2000年6月1日
マーティン・オニール 北アイルランド 2000年6月1日 - 2005年5月31日
ゴードン・ストラカン スコットランド 2005年5月31日 -



[4] 現所属メンバー

エイダン・マクギーディ (アイルランド) 2003 -
クレイグ・ビーティ (スコットランド) 2003 -
ポール・テルファー (スコットランド) 2005 -
マチェイ・ジュラフスキ (ポーランド) 2005年 -
中村俊輔(日本) 2005年 -
アルトゥール・ボルツ (ポーランド) 2005 -
ケニー・ミラー (スコットランド) 2005 -
ガリー・コールドウェル (スコットランド) 2005 -
ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク(オランダ) 2006年 -
エファンデル・スノ(オランダ) 2006年 -
トーマス・グラベセン (デンマーク) 2006年 -
イリ・ヤロシク (チェコ) 2006 -


[5] 歴代所属選手

ケニー・ダルグリッシュ(スコットランド) 1969年 - 1977年
ピエール・ファン・ホーイドンク(オランダ) 1995年 - 1997年
ジャッキー・マクナマラ(スコットランド) 1995年 - 2005年
パオロ・ディ・カーニオ(イタリア) 1996年 - 1997年
ヘンリク・ラーション(スウェーデン) 1996年 - 2004年
マーク・ヴィドゥカ(オーストラリア) 1998年 - 2000年
コリン・ヒーリー(アイルランド) 1998年 - 2003年
リュボミール・モラフチーク(スロバキア) 1998年 - 2003年
ボビー・ペッタ(オランダ) 1999年 - 2003年12月、2004年6月-
スティリアン・ペトロフ(ブルガリア) 1999年 - 2006年
アラン・トンプソン(イングランド) 2000年 - 2007年1月
ジョン・ハートソン(ウェールズ) 2001年 - 2006年
アンリ・カマラ(セネガル) 2005年
ジョン・コリンズ(スコットランド)
クリス・サットン(スコットランド) 2000年 -
ダレン・ジャクソン(スコットランド)
ジュニーニョ・パウリスタ(ブラジル) 2004年
アンドレアス・トーム(ドイツ)
クレイグ・バーリー(スコットランド)
スタラスニフ・ヴァルガ(スロバキア) 2003年 -
モルテン・ヴィークホルスト (デンマーク)
トム・ボイド(スコットランド)
トッシュ・マッキンリー(スコットランド)
ヨハン・ミャルビー(スウェーデン) - 2004年
リアム・ミラー(アイルランド) - 2004年
ロイ・キーン(アイルランド) 2005年 - 2006年
ポール・ランバート(スコットランド) - 2005年
ニール・レノン(北アイルランド) 2000年 -


[6] 外部リンク

Flower Of Glasgow
セルティックフットボールクラブ 日本公式ウェブサイト
ホームユニフォーム
ホームユニフォーム
スコティッシュ・プレミアリーグ
2006-2007
アバディーン | インヴァーネス | キルマーノック | セルティック | セント・ミレン | ダンディー・ユナイテッド | ダンファームリン | ハーツ | ハイバーニアン | フォルカーク | マザウェル | レンジャーズ


UEFAチャンピオンズリーグ
2006-2007
AEKアテネ | アーセナル | インテル | オリンピアコス | ガラタサライ | コペンハーゲン | シャフタール・ドネツク | ステアウア・ブカレスト | スパルタク・モスクワ | スポルティング・リスボン | セルティック | CSKAモスクワ | チェルシー | ディナモ・キエフ | バイエルン・ミュンヘン | バルセロナ | バレンシア | ハンブルガーSV | PSVアイントホーフェン | ブレーメン | ベンフィカ | ポルト | ボルドー | マンチェスター・ユナイテッド | ACミラン | リヴァプール | リヨン | リール | レアル・マドリード | レフスキ・ソフィア | ローマ


カテゴリ: スコットランドのサッカークラブ | グラスゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナダル 3連覇を懸け全仏決勝へ

ナダル 3連覇を懸け全仏決勝へ・・・ナダル、ガッツポーズも決まってるね!!


▽記事全文▽
全仏オープン・テニス2007(French Open 2007)、男子シングルス準決勝。大会第2シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)は、大会第6シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)と対戦。ナダルはセットカウント3-0(7-5、6-4、6-2)のストレートでジョコビッチを降し、3連覇の懸かる決勝戦へ進出を決めた。

 大会2連覇中の王者ナダルは試合後に「嬉しい勝利。良いスタートが切れたし、フォアハンドの調子が良くダビデンコを左右に振れた。第1セット以降は自分らしいプレーが出来ていたから、連続で3セット取られるようなことはないと思っていた」と語り、全仏での連勝を20に伸ばした王者の風格を漂わせた。

 4大大会で初の準決勝進出を果たしたジョコビッチは、第1セット始めからナダルのトップスピンに苦しめられ、ようやく第5ゲームにサーブをブレークした。その後ジョコビッチはナダルの強烈なショットに順応し、結局ナダル得意のフォアハンドショットに圧倒されて66分間の第1セットを奪うことが出来なかったが、ゲームカウント5-5までナダルと渡り合った。

 第2セットを1-0でリードしたジョコビッチは、第2ゲームをリードしたが3度あったブレークチャンスを生かせず、その後も確実にポイントを取りに行ったドロップショットをナダルに返されるなど、流れを掴めなかった代価を払う羽目になった。一方のナダルは、逆転で5-4とリードした第10ゲームに3度のセットポイントを不意にしてしまったが、サービスエースを決めるとジョコビッチの次のショットが外れ第2セットを奪った。第3セットもそのままの勢いを見せゲームカウント4−0と大きくリードしたナダルは、2ゲームを奪われたものの難なくジョコビッチを振り切った。

 6月10日に行われる決勝でナダルが勝利すれば、スウェーデンのビョルン・ボルグ(Bjorn Borg)氏以来の全仏3連覇の達成となる。(c)AFP/ALLAN KELLY


ドログバ 首都アビジャンで開催された凱旋セレモニーに出席

ドログバ 首都アビジャンで開催された凱旋セレモニーに出席
ファンに手を振るドログバ



ドログバ、まさに「凱旋帰国」ちゅうう感じでんな・・・

▽記事
サッカー、イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)に所属するコートジボワール代表のFWディディエ・ドログバ(Didier Drogba)が、

同国の首都アビジャンに凱旋を果たし、フェリックス・ウフエ・ボワニ・スタジアム(Felix Houphouet-Boiny stadium)で行われたセレモニーに出席した。

 コートジボワール人選手として初めてアフリカサッカー連盟(CAF)が選出する2006年アフリカ年間最優秀選手(African Footballer of the Year)に輝いた

ドログバは、所属するチェルシーではリーグ戦で20得点を記録しリーグ得点王に輝き、代表チームでは1日に2002年の内戦の傷跡が残る北部の街ブアケ(Bouake)で

開催されたアフリカ・ネイションズカップ(the African Nations Cup)・予選のマダガスカル戦で得点を挙げ主将としてチームを牽引するなど素晴らしいシーズンを
過ごした。(c)AFP/ISSOUF SANOGO


ディディエ・ドログバとは



ディディエ・ドログバの基本情報

名前
本名 ディディエ・イブ・ドログバ・テビリー 愛称 ティト
カタカナ
ラテン文字表記 Didier Yves Drogba Tebily
基本情報
国籍 コートジボワール
誕生日 1978年3月11日
出身地 アビジャン
身長 189cm
体重 91kg
選手情報
在籍チーム チェルシーFC
ポジション FW
背番号 11
利き足 右
代表歴
出場 36
得点 25
2006年終了現在


ディディエ・イヴ・ドログバ・テビリー(Didier Yves Drogba Tébily、1978年3月11日 - )は、コートジボワール・アビジャン出身の同国代表、FAプレミアリーグ・チェルシー所属のサッカー選手(FW)。愛称はティト(Tito)。

目 次

1 経歴

2 プレイスタイル

3 その他

4 選手経歴

5 外部リンク



1. 経歴

 ドログバは、5歳の頃、生まれ故郷のコートジボワールを離れフランスに移り、サッカー選手であった叔父の元で育てられる。18歳までパリ郊外の地元チームに所属、19歳でル・マンUCとプロ契約しキャリアをスタートさせる。

ル・マンでは怪我もあり満足な活躍ができず、2001-2002シーズン途中からEAギャンガンに移籍、2002-2003シーズンには17得点を挙げると注目され、マルセイユに5年契約で移籍。素早い順応を見せた

ドログバは、リーグでは18得点を挙げ、2003/04シーズンのフランスリーグ最優秀選手に選出された。UEFAカップでも獅子奮迅の活躍、準優勝の原動力になる。チャンピオンズリーグで対戦した当時ポルトのモウリーニョ監督の目に留まりモウリーニョ監督とともにチェルシーへ、同クラブ史上最高額の移籍金47億円で移籍した。

幼いころドログバは、フランスへ移住していたため、代表ではフランス人として、フランス代表でプレーすることも可能であったが、母国であるコートジボワール代表を選択。アーセナル所属のDFコロ・トゥーレと共に母国をドイツW杯初出場に導く原動力となった。

ドログバは、2006-2007シーズン、アンドリー・シェフチェンコの加入により出番が少なくなると思われていたがツートップで使われる形が多くなることもありチェルシー加入3シーズン目で本領発揮、開幕から素晴らしい活躍を見せアフリカ年間最優秀選手に選ばれる。最終的に公式戦59試合出場33得点を挙げる。リーグでは20得点を挙げてFAプレミアリーグ得点王に輝いた



2. プレイスタイル

 ドログバのテクニックそのものは並外れたレベルにある訳ではないが、アフリカ大陸をルーツとする選手特有の高い身体能力を誇る。ジャンプ力を生かしたヘディングも得意だが、彼の真骨頂はその優れた身体能力を生かした突破力にある。しなやかさと屈強さを兼ね備えたボディバランスの良さとスピードでDFを振り切りシュートまで持っていく形を最も得意としている。

ドログバのシュート力も抜群だが精度に問題を抱え、とんでもなく難易度の高いシュートを決めたかと思えば、蹴り込むだけでゴールになるようなチャンスをフイにしてしまうことが度々あった。

しかし近年は改善が見られ、2006-2007シーズン現在ではプレミアリーグ得点ランキングトップを争うレベルにある。中でも2006年9月17日のリバプールFC戦、同年12月18日のエバートンFC戦など数々の試合でアクロバティックなスーパーゴールを決めており、その多くが決勝点となっていることからメディアの評価も非常に高い。

基本的にセンターフォワードの位置でプレーする事が多いが、前述の得点を奪うプレーだけではなく前線からの精力的な守備や相手DFの執拗なマークと戦いながらのポストワークも惜しみなくこなし。相手のセットプレー時には最終ラインまで戻って守備をする。ポジションの関係上被ファウルも多いが、自らがファウルを犯す事も多い辺りに彼の勤勉な一面が窺える。



3. その他

 ドログバの名前に出てくる「gba」は、「b」でも「v」でもない音を発音する。この子音は、西アフリカの言語にある独特な子音である。「gba」を「グバ」と表記するのは不適切で、「バ」と表記するほうが日本語では適当である。したがって、「ディディエ・ドロバ」と表記したほうが原語に近い。

ちなみに、バーミンガム・シティにいとこのオリヴィエ・テビリーが所属している。
2007年の1月に国連開発計画(UNDP)の親善大使に任命され、世界の貧困撲滅に向けた活動を行う。



4. 選手経歴

1)ル・マンUC(フランス) 1998-2002

2)EAギャンガン(フランス) 2002-2003

3)オリンピック・マルセイユ(フランス) 2003-2004

4)チェルシーFC(イングランド) 2004-



5. 外部リンク

Didier Drogba's official website



チェルシーFC - 現所属メンバー
1 ツェフ | 3 A・コール | 4 マケレレ | 5 エッシェン | 6 カルヴァーリョ | 7 シェフチェンコ | 8 ランパード | 9 ブラールズ | 10 J・コール | 11 ドログバ | 12 ミケル | 13 バラック | 14 ジェレミ | 16 ロッベン | 18 ブリッジ | 19 ディアッラ | 20 フェレイラ | 21 カルー | 22 ヘドマン | 23 クディチーニ | 24 ライト=フィリップス | 26 テリー | 30 グラント | 40 イラーリオ | 41 マカブ=マカランベー | 46 スミス | 47 サハル | 48 ウッズ | 49 シンクレア | 50 ソーヤー | 51 ハッチンソン | - シドウェル | - ピサーロ | 監督: モウリーニョ


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%90" より作成
カテゴリ: コートジボワールのサッカー選手 | ル・マンの選手 | マルセイユの選手 | チェルシーの選手 | 1978年生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドログバ から転送)

アストン・ビラ 中村俊輔の獲得を否定

アストン・ビラFC中村俊輔を獲らないそうな・・

サッカー、イングランド・プレミアリーグ・アストン・ビラAston Villa)のマーチン・オニール(Martin O’Neill)監督は、獲得が噂されていたセルティック(Celtic)の中村俊輔(Shunsuke Nakamura)に興味がないことを明らかにした。

 クラブのウェブサイト上でオニール監督は、アストン・ビラが今季スコットランドでリーグ戦とカップ戦の2冠達成に貢献した中村の獲得に興味を示していると報じられたことに対し「おそらく報道陣の皆さんはどの監督がどういった選手を好んでいるかご存じだと思う。私の場合は常にセルティックと連絡を取りあっているというイメージみたいだが、私はそういう噂がついて回るのに、少しうんざりしている」と噂を否定した。

 さらに同監督は「周知の通り、近年こうした移籍に関する憶測はサッカーの一部となっている。通常なら私はこうした噂に関してコメントはしないが、今回のケースはコメントするべきだと感じた。私もチームの誰も彼を獲得する意志を持っていない。今回の噂は完全にでっち上げであり、セルティックの選手とは一度も接触していないし、するつもりもない」とコメントし、中村を獲得する意思がない事を強調した。(c)A

【6月8日 AFP】グラスゴー・レンジャーズ(Glasgow Rangers)戦でパスコースを探す中村(左)(2005年11月9日撮影)。(c)AFP/Ian Stewart




アストン・ヴィラFCとは




アストン・ヴィラFCの基本情報
原語表記 Aston Villa Football Club
    (アント・ビラ フットボール クラブ)
愛称 The Villans
クラブカラー 臙脂(えんじ)
創設年 1874年
所属リーグ イングランドプロサッカーリーグ
所属ディビジョン FAプレミアリーグ
ホームタウン バーミンガム
ホームスタジアム ヴィラ・パーク
収容人数 42,584
代表者 ランディ・ラーナー
監督 マーティン・オニール
公式サイト 公式サイト

アストン・ヴィラ・フットボール・クラブ(Aston Villa Football Club) は、イングランドウェスト・ミッドランズ州バーミンガムに本拠地を置くプロサッカークラブ。ニックネームはヴィランズ。

現在はFAプレミアリーグに所属。リーグとFAカップで優勝7回と獲得タイトルも多いが、プレミア移行後は、92/93シーズンの2位が最高位となっている。同じバーミンガムを本拠地とするバーミンガム・シティとの対決は「バーミンガム・ダービー」として盛り上がりを見せる。

目 次

1 歴史

2 タイトル
2.1 国内タイトル
2.2 国際タイトル

3 過去の成績

4 現所属メンバー
4.1 ローン移籍選手
4.2 06/07移籍

5 歴代会長

6 歴代監督

7 歴代所属選手
7.1 GK
7.2 DF
7.3 MF
7.4 FW

8 外部リンク



1.歴史


1888年に始まった、世界最古のサッカーリーグ、フットボールリーグに最初から参加した12クラブのうちの一つである。


2.タイトル

2.1 国内タイトル
リーグ : 7回
1893-1894、1895-1896、1896-1897、1898-1899、1899-1900、1909-1910、1980-1981
FAカップ : 7回
1886-1887、1894-1895、1896-1897、1904-1905、1912-1913、1919-1920、1956-1957
フットボールリーグカップ : 5回
1960-1961、1974-1975、1976-1977、1993-1994、1995-1996




2.2 国際タイトル
UEFAチャンピオンズリーグ : 1回
1981-1982
UEFAスーパーカップ : 1回
1983年

3 過去の成績
2006 - 2007
2005 - 2006 16位 勝点42 38試合 10勝12分16敗 42得点 55失点
2004 - 2005 10位 勝点47 38試合 12勝11分15敗 45得点 52失点
2003 - 2004 6位 勝点56 38試合 15勝11分12敗 48得点 44失点
2002 - 2003 16位 勝点45 38試合 12勝 9分17敗 42得点 47失点
2001 - 2002 8位 勝点50 38試合 12勝14分12敗 46得点 47失点
2000 - 2001
1999 - 2000
1998 - 1999
1997 - 1998
1996 - 1997
1995 - 1996
1994 - 1995
1993 - 1994 10位 勝点57 42試合 15勝12分15敗 46得点 50失点
1992 - 1993 2位 勝点74 42試合 21勝11分10敗 57得点 40失点

4. 現所属メンバー
11.1.2007現在(選手移籍期間で5〜8月以外は月を表示)
GK
1 トーマス・セーレンセン 2003 - fromサンダーランド
13 スチュアート・テイラー 2005 - fromアーセナル
25 ロベルト・オレイニク 2003 - fromアカデミー
DF
2 マーク・ディレイニー 1999.3 - fromカーディフ
3 ジェイロイド・サムエル 1998 - fromアカデミー
4 オロフ・メルベリ 2001 - fromラシン
5 マルティン・ラウルセン 2004 - fromミラン
6 ギャレス・バリー 1997 - fromアカデミー (captain)
16 ウィルフレッド・ボウマ 2005 - fromPSV
18 アーロン・ヒューズ 2005 - fromニューカッスル
19 リアム・リッジウェル 2001 - fromアカデミー
21 ギャリー・カーヒル 2004 - fromアカデミー
24 フィル・バーズリー 2007.1 - fromマン・ユナイテッド (on loan)
29 スティーブン・オハロラン 2006 - fromアカデミー
MF
7 リー・ヘンドリー 1994 - fromアカデミー (on loan toストーク)
8 ギャヴィン・マッキャン 2003 - fromサンダーランド
11 スティリアン・ペトロフ 2006 - fromセルティック
12 スティーブ・デイヴィス 2003 - fromアカデミー
14 エリック・ジェンバ=ジェンバ 2005.1 - fromマン・ユナイテッド (on loan toバーンリー)
17 アシュリー・ヤング 2007.1 - fromワトフォード
23 パトリック・ベルガー 2005 - fromポーツマス
26 クレイグ・ガードナー 2005.12 - fromアカデミー
27 イサイア・オズボーン 2006.10 - fromアカデミー
FW
9 ファン・パブロ・アンヘル 2001 - fromリーベル・プレート
10 ヨン・カリュー 2007.1 - fromリヨン
15 ガブリエル・アグボナラホー 2006 - fromアカデミー
20 クリス・サットン 2006.10 - fromバーミンガム
22 ルーク・ムーア 2003 - fromアカデミー
28 ショーン・マロニー 2007.1 - fromセルティック
― サム・ウィリアムズ 2005 - fromアカデミー



監督
― マーティン・オニール 2006 - fromセルティック




4.1 ローン移籍選手
in
24 DF フィル・バーズリー fromマン・ユナイテッド
out
7 MF リー・ヘンドリー toストーク
14 MF エリック・ジェンバ=ジェンバ toバーンリー, five-month loan

4.2 06/07移籍
in
MF スティリアン・ペトロフ fromセルティック, £6.5m
MF ディディエ・アガテ fromセルティック, undisclosed
FW クリス・サットン fromバーミンガム, free
out
DF ウリセス・デ・ラ・クルス toレディング, free
MF ジェイミー・ウォード toトーキー, undisclosed
MF マチュー・ベルソン toレバンテ, undisclosed
FW ケヴィン・フィリップス toWBA, £700k
January
in
FW ヨン・カリュー fromリヨン, undisclosed
MF アシュリー・ヤング fromワトフォード, £9.65m
FW ショーン・マロニー fromセルティック, £1.1m
out
MF ピーター・ウィッティンガム toカーディフ, undisclosed
MF ディディエ・アガテ, retired?
FW ミラン・バロシュ toリヨン, undisclosed
DF ポール・グリーン toリンカーン, free

5. 歴代会長

ランディ・ラーナー 2006 - 現在
ダグ・エリス ? - 2006



6. 歴代監督

マーティン・オニール 05.08.2006 - 現在
ロイ・アイトケン 19.07.2006 - 04.08.2006
デビット・オレアリー 20.05.2003 - 19.07.2006
グラハム・テイラー 05.02.2002 - 14.05.2003
ジョン・ディーハン 24.01.2002 - 05.02.2002 *共同監督
スチュアート・グレイ 24.01.2002 - 05.02.2002 *共同監督
ジョン・グレゴリー 25.02.1998 - 24.01.2002
ブライアン・リトル 25.11.1994 - 24.02.1998
ロン・アトキンソン 07.07.1991 - 10.11.1994
ジョセフ・ベングロシュ 22.07.1990 - 28.05.1991
グラハム・テイラー 18.05.1987 - 14.07.1990
ビリー・マクニール 22.09.1986 - 08.05.1987
グラハム・ターナー 16.07.1984 - 14.09.1986
トニー・バートン 09.02.1982 - 18.06.1984
ロン・サンダース 04.06.1974 - 09.02.1982
ヴィック・クロウ 01.01.1970 - 06.05.1974
トミー・ドハーティ 01.12.1968 - 01.01.1970
トミー・カミングス 01.07.1967 - 30.11.1968
ディック・テイラー 01.07.1964 - 31.05.1967
ジョー・マーサー 01.12.1958 - 31.07.1964
エリック・ホートン 01.09.1953 - 30.11.1958
ジョージ・マーティン 01.12.1950 - 31.08.1953
アレックス・マーシー 01.08.1945 - 31.08.1950
ジミー・ホーガン 01.11.1936 - 01.09.1939
ジミー・マクムラン 01.06.1934 - 31.10.1935
W J Smith 01.08.1926 - 31.05.1934
ジョージ・ラムゼー 01.08.1884 - 31.05.1926


7. 歴代所属選手

7.-1 GK

マイケル・オークス(イングランド) 1991 - 1999.10
マーク・ボスニッチ(オーストラリア) 1992.2 - 1999
ディビッド・ジェームス(イングランド) 1999 - 2001
ピーター・シュマイケル(デンマーク) 2001 - 2002
ウェイン・ヘンダーソン(アイルランド) 2001 - 2006.1
ステファン・ポストマ(オランダ) 2002 - 2006.1
トーマス・ソレンセン(デンマーク) 2003 -
スチュアート・テイラー(イングランド) 2005 -
ガボーア・キラリー(ハンガリー) 2006.12 -
ロベルト・オレイニク(オーストリア) ? -


7.-2 DF

コリン・カルダーウッド(スコットランド)
ナレアン・ガレイブ(イスラエル)
ギャレス・サウスゲイト(イングランド)
デイヴィッド・ヒューズ(イングランド)
スティーブ・ワトソン(イングランド)
ウーゴ・エヒオグ(イングランド) 1991 - 2000
ギャリー・チャールズ(イングランド) 1995 - 1999
アラン・ライト(イングランド) 1995 - 2003
ギャレス・バリー(イングランド) 1997 -
ジロイド・サムエル(イングランド) 1998 -
マーク・ディレイニー(ウェールズ) 1999.3 -
アルパイ・オザラン(トルコ) 2000 - 2003
オロフ・メルベリ(スウェーデン) 2001 -
リアム・リッジウェル(イングランド) 2001 -
ウリセス・デ・ラ・クルス(エクアドル) 2002 - 2006
ロニー・ヨンセン(ノルウェー) 2002 - 2004.9
ロブ・エドワーズ(ウェールズ) 2002.12 - 2004
ギャリー・カーヒル(イングランド) 2004 -
マルティン・ラウルセン(デンマーク) 2004 -
ジェームス・オコナー(アイルランド) 2004 - 2005.3
ヴァクラフ・ドロブニー(チェコ) 2004 - 2005
アーロン・ヒューズ(北アイルランド) 2005 -
ウィルフレッド・ボウマ(オランダ) 2005 -
フィリップ・バーズリー(イングランド) 2007.1 -


7-3 MF

ニール・タラント(スコットランド)
アラン・トンプソン(イングランド)
トーマス・ヒッツルスペルガー(ドイツ)
スティーブン・フォリー(アイルランド)
マチュー・ベルソン(フランス)
ジョージ・ボアテング(イングランド)
ポール・マーソン(イングランド)
デビッド・プラット(イングランド) 1988 - 1991
ステファン・バインリッヒ (ドイツ) 1992 - 1994
リー・ヘンドリー(イングランド) 1994 -
イアン・テイラー(イングランド) 1994.12 - 2003
マーク・ドレイパー(イングランド) 1995 - 2000
スティーブン・クック(イングランド) 2000 - 2005
マーク・キンセラ(アイルランド) 2002 - 2003
ピーター・ウィッティンガム(イングランド) 2003.4 - 2007.1
ギャビン・マッキャン(イングランド) 2003 -
スティーブ・デイヴィス(北アイルランド) 2003 -
ライアン・アモー(イングランド) 2003 - 2004
ノルベルト・ソラーノ(ペルー) 2004.1 - 2005
リー・グラント(イングランド) 2004 - 2005
カール・ニックス(イングランド) 2004 - 2005
エリック・ジェンバ=ジェンバ(カメルーン) 2005.1 -
パトリック・ベルガー(チェコ) 2005 -
ジェイミー・ウォード(イングランド) 2005 - 2006
エイリク・バッケ(ノルウェー) 2005 - 2006.1
クレイグ・ガードナー(ノルウェー) 2005.12 -
スティーブン・オハロラン(イングランド) 2006 -
スティリアン・ペトロフ(ブルガリア) 2006 -
ディディエ・アガテ(フランス) 2006.9 - 2007.1
イサイア・オズボーン(イングランド) 2006.10 -
アシュリー・ヤング(イングランド) 2007.1 -


7-4 FW

ダリウス・ヴァッセル(イングランド)
ジュリアン・ジョアチム(イングランド)
ディオン・ダブリン(イングランド)
ディーン・ソーンダース(ウェールズ) 1992 - 1995
サボ・ミロセビッチ(セルビア・モンテネグロ) 1995 - 1998
アラン・リー(アイルランド) 1995 - 1999
ドワイト・ヨーク(トリニダード・トバゴ) 1989 - 1998
ステファン・ムーア(イングランド) 2000 - 2005
ファン・パブロ・アンヘル(コロンビア) 2001 -
ピーター・クラウチ(イングランド) 2002.3 - 2004
マルクス・アルベック(スウェーデン) 2002 - 2004
マイケル・ハズバンズ(イングランド) 2002 - 2005
ルーク・ムーア(イングランド) 2003 -
カールトン・コール(イングランド) 2004 - 2005
ミラン・バロシュ(チェコ) 2005 - 2007.1
ケヴィン・フィリップス(イングランド) 2005 - 2006
ガブリエル・アグボナラホー(イングランド) 2006 -
クリス・サットン(イングランド) 2006.10 -
ヨン・カリュー(ノルウェー) 2007.1 -
ショーン・マロニー(スコットランド) 2007.1 -

8 外部リンク

公式サイト
アストン・ヴィラ - 2006-2007
1 セーレンセン | 2 ディレイニー | 3 サミュエル | 4 メルベリ | 5 ラウルセン | 6 バリー | 8 マッキャン | 9 アンヘル | 10 カリュー | 11 ペトロフ | 12 デイヴィス | 13 テイラー | 15 アグボナラホー | 16 ボウマ | 17 ヤング | 18 ヒューズ | 19 リッジウェル | 21 カーヒル | 22 ムーア | 23 ベルガー | 24 バーズリー | 26 ガードナー | 27 オズボーン | 28 マロニー | 29 オハロラン | 39 オレイニク | 未定 ウィリアムズ | 監督 オニール | 編集
FAプレミアリーグ
2007-08
アーセナル | アストン・ヴィラ | ウィガン | ウェストハム | エヴァートン | サンダーランド | ダービー | チェルシー | トッテナム | ニューカッスル・ユナイテッド | バーミンガム | フラム | ブラックバーン | ポーツマス | ボルトン・ワンダラーズ | マンチェスター・シティ | マンチェスター・ユナイテッド | ミドルスブラ | リヴァプール| レディング |

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(アストン・ビラ から転送)

バイエルン・ミュンヘン トーニとリベリの入団を発表

バイエルン・ミュンヘン トーニとリベリの入団を発表だってさ



▽記事全文▽

サッカー、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は、イタリア・セリエAのフィオレンティーナ(Fiorentina)からイタリア代表FWルカ・トーニ(Luca Toni)を、フランス・リーグ1のオリンピック・マルセイユ(Olympique de Marseille)からフランス代表MFフランク・リベリ(Franck Ribery)を獲得した事を正式に発表し、入団会見を行った。

昨シーズンをリーグ4位で終え、1996年以来初めて欧州チャンピオンズリーグ(Champions League)出場権獲得を逃したバイエルンのウリ・ヘーネス(Uli Hoeness)GMは会見で「我々はとても難しかったシーズン終了後にルカ・トーニ、フランク・リベリというワールドクラスの選手を獲得できた事を誇りに思う」と喜びを語った。

また、チーム史上最も高額な移籍金となる推定2500万ユーロ(約41億円)で入団を果たし、昨夏にイングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)へ移籍したドイツ代表MFミヒャエル・バラック(Michael Ballack)の穴を埋める活躍が期待されるリベリは、

「全てが上手く行った。私はチームの役に立てる事ができてとてもハッピーだ」と語り、新天地での飛躍を誓った。【6月8日 AFP】(c)AFP

バイエルン・ミュンヘンとは




バイエルン・ミュンヘンの基本情報

原語表記 FC Bayern München
愛称 Die Bayern、FC Hollywood
クラブカラー 赤
創設年 1900年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ミュンヘン
ホームスタジアム アリアンツ・アレナ
収容人数 66,000
代表者 カール=ハインツ・ルンメニゲ
監督 オットマー・ヒッツフェルト

バイエルン・ミュンヘン(FC Bayern München) は、ドイツ・バイエルン州のミュンヘンに本拠地を置くサッカークラブ。

ブンデスリーガに所属し、人気・実力ともブンデスリーガのトップクラスにあるビッグクラブである。バイエルン出身のローマ教皇ベネディクト16世も、このチームのファンクラブ会員である。

2005年/2006年シーズンからホームスタジアムはそれまで試合を開催してきたオリンピアシュタディオンからドイツ・ワールドカップ会場となるアリアンツ・アレナへ移転。2006年1月、日本の浦和レッドダイヤモンズとパートナーシップを締結した(ちなみに、現会長カール=ハインツ・ルンメニゲの実弟、ミハエル・ルンメニゲが浦和に在籍していたことがある)。

優良経営で知られ、クラブは創立以来借金をしたことがない。また、意外にもブンデスリーガ初年度のメンバーではない。

前会長のフランツ・ベッケンバウアー、現会長のカール=ハインツ・ルンメニゲをはじめ、ゲルト・ミュラー、ローター・マテウス、ユルゲン・クリンスマンなど、ドイツサッカー史に残るビッグネームの多くが所属した。

目 次

1 チームの歴史

2 タイトル
2.1 国内タイトル
2.2 国際タイトル

3 過去の成績

4 歴代監督

5 歴代所属選手
5.1 GK
5.2 DF
5.3 MF
5.4 FW

6 外部リンク



1. チームの歴史


2. タイトル

ホームスタジアムのアリアンツ・アレナ (バイエルン対1860ミュンヘンのミュンヘンダービーにて)


2.1 国内タイトル

リーグ:20回

1931-1932
1972-1973
1980-1981
1986-1987
1993-1994
1999-2000
2004-2005

1968-1969
1973-1974
1984-1985
1988-1989
1996-1997
2000-2001
2005-2006

1971-1972
1979-1980
1985-1986
1989-1990
1998-1999
2002-2003


ドイツカップ:13回

1956-1957
1968-1969
1983-1984
1999-2000
2005-2006

1965-1966
1970-1971
1985-1986
2002-2003

1966-1967
1981-1982
1997-1998
2004-2005


ドイツリーグカップ:5回

1997
2000

1998
2004

1999


ドイツスーパーカップ:3回

1983

1987

1990




2.2 国際タイトル

UEFAチャンピオンズカップ / UEFAチャンピオンズリーグ:4回

1973年/1974年
2000年/2001年

1974年/1975年

1975年/1976年


UEFAカップウィナーズカップ:1回

1966年/1967年


UEFAカップ:1回

1995年/1996年


インターコンチネンタルカップ / トヨタカップ:2回

1976年

2001年



3. 過去の成績

1987-1988 ブンデスリーガ1部 2位
1988-1989 ブンデスリーガ1部 1位
1989-1990 ブンデスリーガ1部 1位
1990-1991 ブンデスリーガ1部 2位
1991-1992 ブンデスリーガ1部 10位
1992-1993 ブンデスリーガ1部 2位
1993-1994 ブンデスリーガ1部 1位
1994-1995 ブンデスリーガ1部 6位
1995-1996 ブンデスリーガ1部 2位
1996-1997 ブンデスリーガ1部 1位
1997-1998 ブンデスリーガ1部 2位
1998-1999 ブンデスリーガ1部 1位
1999-2000 ブンデスリーガ1部 1位
2000-2001 ブンデスリーガ1部 1位
2001-2002 ブンデスリーガ1部 3位
2002-2003 ブンデスリーガ1部 1位
2003-2004 ブンデスリーガ1部 2位
2004-2005 ブンデスリーガ1部 1位
2005-2006 ブンデスリーガ1部 1位
2006-2007 ブンデスリーガ1部 4位



4. 歴代監督

氏名 国籍 期間
ズラトコ・チャイコフスキー ユーゴスラビア 1965-1968
ブランコ・ゼベッチ ユーゴスラビア 1968-1970
ウード・ラテク 西ドイツ 1970-1975
デッドマール・クラマー 西ドイツ 1975-1977
Gyula Lóránt ハンガリー 1977-1979
Pál Csernai ハンガリー 1979-1983
ラインハルト・サフティク 西ドイツ 1983
ウード・ラテク 西ドイツ 1983-1987
ユップ・ハインケス 西ドイツ 1987-1991
ソレン・レルビー デンマーク 1991-1992
エリック・リベック ドイツ 1992-1993
フランツ・ベッケンバウアー ドイツ 1993-1994
ジョバンニ・トラパットーニ イタリア 1994-1995
オットー・レーハーゲル ドイツ 1995-1996
フランツ・ベッケンバウアー ドイツ 1996
クラウス・アウゲンターラー ドイツ 1996
ジョバンニ・トラパットーニ イタリア 1996-1998
オットマー・ヒッツフェルト ドイツ 1998-2004
フェリックス・マガト ドイツ 2004-2007
オットマー・ヒッツフェルト ドイツ 2007-


5. 歴代所属選手


5.1 GK

ジャン・マリー・プファフ(ベルギー) 1982-1988
ゼップ・マイヤー(ドイツ)
ハラルド・シューマッハ(ドイツ) 1991-1992
スヴェン・シューアー(ドイツ)
ベルント・ドレハー(ドイツ)
オリバー・カーン(ドイツ) 1994-
ステファン・ベッセルズ(ドイツ)
ミヒャエル・レンジンク(ドイツ) 2000-
ライモンド・アウマン (ドイツ)

5.2 DF

フランツ・ベッケンバウアー(ドイツ) 1963-1977
アンドレアス・ブレーメ(ドイツ) 1986-1988
ユルゲン・コーラー(ドイツ) 1989-1991
トーマス・ヘルマー(ドイツ)
オリバー・クロイツァー(ドイツ)
トーマス・ベルトルト(ドイツ)
クリスティアン・ツィーゲ(ドイツ) 1990-1997
マルクス・バッベル(ドイツ)
マルクス・ムンク(ドイツ)
ビセンテ・リザラズ(フランス) 1997-2004、2005-2006
パトリック・アンデション(スウェーデン) 1999-2001
フランク・ヴィブリシャプイサ(ドイツ)
トーマス・リンケ(ドイツ) 1998-
サミュエル・クフォー(ガーナ) 1993-1995、1996-2005
ウィリー・サニョル(フランス) 2000-
ロベルト・コヴァチ(クロアチア) 2001-2005
アンドレアス・ゲルリッツ(ドイツ) 2004-
ルッシオ(ブラジル) 2004-
ヴァレリアン・イスマエル(フランス)
フィリップ・ラーム(ドイツ) 2005-
クラウス・アウゲンターラー(ドイツ)1976-1991
シュテファン・ロイター(ドイツ)
ハンス=ペーター・プフリュグラー(ドイツ)
パウル・ブライトナー(ドイツ)
ハンス=ゲオルク・シュワルツェンベック(ドイツ)


5.3 MF

ローター・マテウス(ドイツ) 1984-1988、1992-2000
シュテファン・エッフェンベルク(ドイツ) 1990-1992、1998-2002
ディートマー・ハマン(ドイツ) 1993-1998
アンドレアス・ヘルツォーク(オーストリア) 1995-1996
メーメット・ショル(ドイツ) 1992-2007
マリオ・バスラー(ドイツ) 1996-1999
クリスティアン・ネルリンガー(ドイツ) 1986-1998
ハサン・サリハミジッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 1998-2007
オーウェン・ハーグリーブス(イングランド) 1999-2007
セバスティアン・ダイスラー(ドイツ) 2002-2007
ミヒャエル・バラック(ドイツ) 2002-2006
ゼ・ロベルト(ブラジル) 2002-2006
バスティアン・シュヴァインシュタイガー(ドイツ) 2002-
トルステン・フリンクス(ドイツ) 2004-2005
アリ・カリミ(イラン) 2005-
アンドレアス・オットル(ドイツ) 2005-
フランク・リベリー(フランス) 2007-
ルードビッヒ・ケーグル(ドイツ)
トーマス・シュトルンツ(ドイツ)
オラフ・トーン(ドイツ) 1988-1994
ウリ・ヘーネス(ドイツ)
セーレン・レアビー(デンマーク)
イェンス・イェレミース(ドイツ)
ミヒャエル・タルナト(ドイツ)
トルステン・フィンク(ドイツ)

5.4 FW

ゲルト・ミュラー(ドイツ) 1965-1979
カール=ハインツ・ルンメニゲ(ドイツ) 1974-1984
ブライアン・ラウドルップ(デンマーク) 1990-1992
ジャン=ピエール・パパン(フランス) 1994-1996
ユルゲン・クリンスマン(ドイツ) 1995-1997
カルステン・ヤンカー(ドイツ) 1996-2002
アリ・ダエイ(イラン) 1998-1999
アレクサンダー・ツィックラー(ドイツ)
ロケ・サンタ・クルス(パラグアイ) 1999-
クラウディオ・ピサーロ(ペルー) 2001-2007
ホセ・パオロ・ゲレーロ(ペルー)
ロイ・マカーイ(オランダ) 2003-
ルーカス・ポドルスキー(ドイツ) 2006-
バヒド・ハシェミアン(イラン) 2004-2005
エミール・コスタディノフ(ブルガリア)
ルカ・トーニ(イタリア) 2007-
マルセロ・ヴィテチェク(ドイツ)
ディーター・ヘーネス(ドイツ)
マンフレード・ベンダー(ドイツ) 
ローランド・ボールファルト(ドイツ)
ルジェロ・リッツィテッリ(イタリア)


6. 外部リンク

公式サイト(ドイツ語)
公式サイト(日本語版)
ホームユニフォーム
アウェイユニフォーム
UEFAチャンピオンズリーグ用
バイエルン・ミュンヘン - 2006-2007
1 カーン | 2 サニョル | 3 ルシオ | 5 ファン・ブイテン | 6 デミチェリス | 7 リベリー | 8 カリミ | 9 トーニ | 10 マカーイ | 11 ポドルスキー | 17 ファン・ボメル | 18 ゲルリッツ | 21 ラーム | 22 レンジンク | 24 サンタ・クルス | 25 イスマエル | 29 ドレーアー | 30 レル | 31 シュヴァインシュタイガー | 32 フンメルス | 34 マイヤーホーファー | 36 フュルストナー | 37 サバ | 39 オットル | 監督 ヒッツフェルト | 編集
サッカー・ブンデスリーガ(ドイツ) 2006-2007シーズン
1部
アルミニア・ビーレフェルト | アレマニア・アーヘン | ヴェルダー・ブレーメン | ヴォルフスブルク | エネルギー・コットブス | シャルケ04 | シュトゥットガルト | ニュルンベルク | バイエル・レバークーゼン | バイエルン・ミュンヘン | ハノーファー96 | ハンブルガーSV | フランクフルト | ヘルタ・ベルリン | VfLボーフム | ボルシア・ドルトムント | ボルシアMG | マインツ

2部
アイントラハト・ブラウンシュヴァイク | FCアウクスブルク | SpVggウンターハヒンク | ロートヴァイス・エッセン | FCエルツゲビルゲ・アウエ | カイザースラウテルン | カールスルーエSC | FCカールツァイス・イェーナ | キッカーズ・オッフェンバッハ | SpVggグロイター・フュルト | 1FCケルン | TuSコブレンツ | MSVデュースブルク | SCパーダーボルン07 | SVヴァッカー・ブルクハウゼン | ハンザ・ロシュトック | SCフライブルク | TSV1860ミュンヘン


UEFAチャンピオンズリーグ
2006-2007
AEKアテネ | アーセナル | インテル | オリンピアコス | ガラタサライ | コペンハーゲン | シャフタール・ドネツク | ステアウア・ブカレスト | スパルタク・モスクワ | スポルティング・リスボン | セルティック | CSKAモスクワ | チェルシー | ディナモ・キエフ | バイエルン・ミュンヘン | バルセロナ | バレンシア | ハンブルガーSV | PSVアイントホーフェン | ブレーメン | ベンフィカ | ポルト | ボルドー | マンチェスター・ユナイテッド | ACミラン | リヴァプール | リヨン | リール | レアル・マドリード | レフスキ・ソフィア | ローマ

ヨーロッパ・ビッグクラブ連合体
"G-14" ※実際は18チーム

アーセナル | アヤックス | インテル | バイエル・レバークーゼン | バイエルン・ミュンヘン | パリ・サンジェルマン | バルセロナ | バレンシア | PSVアイントホーフェン | ボルシア・ドルトムント | ポルト | マルセイユ | マンチェスター・ユナイテッド | ACミラン | ユヴェントス | リヴァプール | リヨン | レアル・マドリード

カテゴリ: ドイツのサッカークラブ | ミュンヘン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:欧州サッカー



           
↓優良メル友なら、ココ↓
              
優良出会いサイトならココ!
◆あなたの好みの子に出会える!!
Link1
◆「ASP.NET + SQL Server」搭載!Windowsレンタルサーバ
Link2
あなたの、おなかポッコリがスッキリ!
おなかと姿勢をスッキリ見せる。姿勢ウォーカー
links
selected entries
             
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
 
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM